BF1の推奨スペックを徹底解説【最適なCPUとグラボ】

「BF1 推奨スペック」で検索すると、とんでもなくテキトーなページで溢れているので真面目にBF1の推奨スペックを解説してみようと思う。基本的に推奨スペックを考える上で大事なのは「どのグラボで何fps出せて」かつ「ボトルネックの無いCPUはどれか」の2点。これがデータで分かっていればカンタンです。

Sponsored Link
追記:BFVの推奨スペックを検証しました

2018年9月に、Battlefield Vのオープンβテストが始まったので、筆者の持っている「ベンチ機」を用いて実際に推奨スペックを検証しました。

BFVが動くスペックならBF1も当然動作するので、これからゲーミングPCやグラフィックボードの購入を検討している方はぜひ「BFV」の推奨スペックを確認してください。

BF1の公式スペック

BF1の公式スペック最低推奨
CPUCore i5 6600KCore i7 4790
AMD FX-6350AMD FX-8350
グラボGTX 660 2GBGTX 1060 3GB
Radeon HD 7850 2GBRadeon RX 480 4GB
メモリ8GB16GB
ストレージ空き容量50GB以上
OSWindows 7 64bit以上Windows 10 64bit以上

開発元が公開している「公式スペック」です。開発が言っているんだから正しい、という考え方はもっともらしく思えるが実際のところ想像以上にアテになりません。グラボは良いとしても、推奨CPUがなんかオカシイ。

シングル性能とマルチ性能の違い

  • FX-8350
    111
  • FX-8350
    728
  • i7 4790
    157
  • i7 4790
    764

シングルスレッド性能マルチスレッド性能

AMD FXシリーズはマルチスレッド性能こそ優秀ですが、シングルスレッド性能は悪いです。「データで分かる、ゲームをするのに最適なCPUを徹底解説」でも解説しているとおり、シングルスレッド性能が低いCPUはゲーム向けではない。

FX-6350やFX-8350といったシングルスレッド性能が低いCPUを「推奨CPU」に挙げている時点で、開発元の推奨スペックはどこか疑わしいということ。というわけで、データで順番に見ていこう。

データで分かる、BF1の推奨グラフィックボード

グラボのテスト環境
CPUCore i7 5930K @4.5 Ghz
グラボ各種
メモリDDR4-2666 4GB x4
SSDSamsung 960 Pro 512GB
Samsung 850 EVO 2TB
OSWindows 10 Pro 64bit

グラフィックボード別にBF1がどれくらい動くかを検証したテスト環境は以上の通り。CPUは4.5 GHzにオーバークロックされているため、シングルスレッド性能は抜群に良い。

メモリは4GBを4枚で合計16GB。BFを起動させるストレージはちゃんとSSD。ボトルネックになりうる要因はほぼ排除されているため、グラフィックボードの持つ性能を正確に計測可能だ。

フルHD(中設定)の平均フレームレート

BF1 / 1920×1080 / 「中」設定

  • GTX 1080 Ti
    198.5
  • GTX 1080
    193.2
  • GTX 1070 Ti
    183.0
  • GTX 1070
    167.8
  • GTX 1060 6GB
    122.6
  • GTX 1060 3GB
    115.3
  • RX 580 8GB
    126.1
  • RX 570 4GB
    111.9

推奨グラボゲーミングモニター向け

「グラフィックのクオリティー:中」に設定した場合の平均フレームレートです。さすがに最新のグラボだと、どれも余裕の結果ですね。

  • BTOで選ぶなら:GTX 1060 6GBがオススメ
  • 自作で行くなら:RX 580 8GBも選択肢
  • ゲーミングモニターを使いたい:GTX 1070以上をオススメ

BF1のフルHD(中設定)における推奨グラボはこの3つ。基本的にGTX 1060 6GBがあれば問題ない。なお、3GB版は他のゲームで不都合が出ることがあるのでオススメしません。

フルHD(最高設定)の平均フレームレート

BF1 / 1920×1080 / 「最高」設定

  • GTX 1080 Ti
    159.1
  • GTX 1080
    140.2
  • GTX 1070 Ti
    127.6
  • GTX 1070
    108.0
  • GTX 1060 6GB
    77.7
  • GTX 1060 3GB
    75.2
  • RX 580 8GB
    87.0
  • RX 570 4GB
    79.3

推奨グラボゲーミングモニター向け

次が肝心の「グラフィックのクオリティー:最高」に設定した場合の平均フレームレート。「中」と比較して35~40%くらい動作が重たくなります。それでもGTX 1060レベルのグラボがあれば平均60fpsは難しくない。

  • BTOで選ぶなら:GTX 1060 6GBがオススメ
  • 自作で行くなら:RX 580 8GBがオススメ
  • ゲーミングモニターを使いたい:GTX 1080以上をオススメ

BF1の最高設定における推奨グラボは以上の3つになった。ドスパラやサイコムなどBTOで選ぶ場合はGTX 1060 6GBがおすすめ。RX 580はBF1をするならオススメだけれど、BTO搭載品は割高になっています。

自作で行くなら安いRX 580を選べるので選択肢になる。なお、ゲーミングモニター(144Hz以上)を使いたい場合は、平均140fps前後が出ているGTX 1080が推奨グラボです。それ以下は微妙。

WQHD(最高設定)の平均フレームレート

BF1 / 2560×1440 / 「最高」設定

  • GTX 1080 Ti
    118.9
  • GTX 1080
    103.3
  • GTX 1070 Ti
    94.3
  • GTX 1070
    77.1
  • GTX 1060 6GB
    55.0
  • GTX 1060 3GB
    53.4
  • RX 580 8GB
    65.0
  • RX 570 4GB
    58.3

推奨グラボゲーミングモニター向け

横幅の広いワイドモニターでプレイする場合のフレームレートがこちら。面積が広い分、やはり負荷が大きい。フルHDで60fps以上を保っていたGTX 1060レベルのグラボは全体的にダメですね。

  • BTOで選ぶなら:GTX 1070 8GB(または1070 Ti)がオススメ
  • ゲーミングモニターを使いたい:GTX 1080 Ti以上をオススメ

BTOで選ぶならGTX 1070かGTX 1070 Tiを搭載したマシンを選ぶのがコスパ的にも丁度いい。ゲーミング仕様(144Hz以上)のワイドモニターで使うなら、GTX 1080 Tiしか選択肢がないので一択ですね。

4K(最高設定)の平均フレームレート

BF1 / 3840×2160 / 「最高」設定

  • GTX 1080 Ti
    65.8
  • GTX 1080
    56.6
  • GTX 1070 Ti
    51.5
  • GTX 1070
    40.5
  • GTX 1060 6GB
    28.9
  • GTX 1060 3GB
    26.5
  • RX 580 8GB
    34.8
  • RX 570 4GB
    25.8

推奨グラボゲーミングモニター向け

最後に4K(3840×2160)画質でBF1をプレイした場合のフレームレートを紹介。まぁ…FPSゲーを4Kモニターでプレイしようとする人は極めて稀なので、あまり意味のないデータかもしれないが。参考としてね。

  • BTOで選ぶなら:GTX 1080 Ti以上がオススメ
  • ゲーミングモニターを使いたい:GTX 1080 Tiが2~3枚は必要

BF1を4Kプレイする時の推奨グラボはこの通り。現状もっとも性能が高いGTX 1080 Tiを使うのが当たり前で、更にフレームレートを伸ばすなら2-way / 3-way SLIにしなければ実現不可能。

それほど4Kゲーミングはまだまだ重たい分野なんです。

データで分かる、BF1の推奨CPU

推奨グラフィックボードが分かったら、次はグラボの性能を最大限に引き出せるCPUについて。せっかく良いグラボを用意しても、CPUが原因で100%の性能が出せなければ勿体無いですから。

BF1 / 1920×1080 / 「最高」設定 / GTX 1080 Ti

  • i7 8700K
    172.8
  • i5 8400
    171.9
  • i9 7900X
    160.9
  • R7 1800X
    155.6
  • R7 1700X
    147.4
  • i5 7600K
    157.5
  • i3 7100
    126.3
  • R5 1400
    93.5

GTX 1080 Tiを使った、CPU別のフレームレートがこれ。見ての通り、CPUによって実際に出ているフレームレートが全然違うことが分かる。

データを見る限りでは、コア数が多ければ多いほど良いというわけではなく、ほど良いコア数(4~6コア)と4.0 GHz前後の高いクロック周波数を持つCPUの方がBF1では有利なようです。

  • ゲーミング重視:i5 8400またはi7 8700K
  • 同時に生配信をしたい:Ryzen 7またはCore i9

ただBF1をするだけなのか、リアルタイムに配信をしたいのか。大抵の場合はゲーミング重視だと思うので、BF1用のマシンを探しているならCPUはi5 8400かi7 8700を選べば間違いない。

データで分かる、BF1の必要メモリ容量

BF1 / 1920×1080 / メモリの使用量

  • 最高設定
    4.21 GB
  • 高設定
    4.19 GB
  • 中設定
    4.18 GB
  • 低設定
    4.12 GB

BF1の公式スペックによればメモリ容量は16GBが推奨されていた。しかし、BF1単体のメモリ使用量は、グラフィックボードに十分な量のVRAM(6GB以上)があれば設定に関わらず4GB前後しか使わない。

Windows 10自身が使用する分を合わせれば、せいぜい6~7GBくらいの消費量で済む計算になる。よって、BF1をプレイするだけならメモリは8GBで十分に足ります。

逆に言えば、Chromeでタブを大量に開いてネットサーフィンしたり、同時にBandiCamなどの録画ソフトを使ったりするなら簡単に8GB以上に達するということ。「BF1 + 何か」するなら、余裕を持って16GB積んでおこう。

BF1におすすめなゲーミングPC:3選

ここまで解説してきたBF1の推奨スペックをまとめます。

データで分かった、BF1の推奨スペック
画質設定CPUグラボ @60Hzグラボ @144Hz必要メモリ
1920×1080中設定i5 8400 / 8500GTX 1060 6GBGTX 10708GB
1920×1080最高設定GTX 1080
2560×1440最高設定i7 8700 / 8700KGTX 1070GTX 1080 Ti16GB
3840×2160最高設定GTX 1080 Ti2-way / 3-way GTX 1080 Ti

BTOで選ぶ場合の推奨スペックはこの通り。BF1に最適なマシンを探すなら、この表にまとめたスペックを軸に選べば間違いないです。…せっかくなので以下におすすめなゲーミングマシンを3つほどまとめておきました。

1. フルHDでコスパよくBF1をするなら

GALLERIA DT
CPUCore i5 8500
グラボGTX 1060 6GB
メモリDDR4-2400 8GB
マザーボードIntel H310搭載 MicroATX
SSD240GB
HDD1TB
電源450W 静音電源(80PLUS Bronze)
OSWindows 10 Home 64bit
サイズ185 x 395 x 370 mm
重量約8.2kg
付属品GALLERIA専用ゲーミングキーボード
保証持込修理保証 1年

※記事を執筆した時点のスペックです。最新の情報は以下の公式ページで確認してください。

ガレリアDTはフルHDゲーミングをするならコストパフォーマンスに優れたマシンです。BF1に限らず、他のゲームでも平均60fps前後を出せる性能があるので、コスパ重視で行くならDTがベスト。

ドスパラのガレリアシリーズの嬉しいところは、価格が抑えられている割には搭載されているパーツの品質がまぁまぁ良いこと。グラボはちゃんとデュアルファン仕様だし、SSDは信頼性の高いMicron製がよく採用される傾向にある。

2. ゲーミングモニターでBF1をプレイするなら

NEXTGEAR i680PA1
CPUCore i7 8700
グラボGTX 1080 8GB
メモリDDR4-2400 16GB
マザーボードIntel Z370搭載 ATX
SSDなし(カスタマイズ推奨)
HDD2TB
電源700W 静音電源(80PLUS Bronze)
OSWindows 10 Home 64bit
サイズ210 x 524 x 435 mm
重量約12.3kg
付属品なし
保証持込修理保証 1年

※記事を執筆した時点のスペックです。最新の情報は以下の公式ページで確認してください。

144Hz駆動のゲーミングモニターでBF1をプレイするなら、NEXTGEARシリーズがおすすめ。BF1にて平均140fps前後を出せるGTX 1080を搭載し、CPUはCore i7 8700が採用されている。

最初からメモリが16GBなのも嬉しいところ。しかし、なぜかSSDを標準搭載していないので、PCの動作をキビキビさせたいならカスタマイズからSSDを追加するのを忘れずに…。

3. ワイドモニターでBF1をプレイするなら

GALLERIA XV
CPUCore i7 8700K
グラボGTX 1070 Ti 8GB
メモリDDR4-2400 8GB
マザーボードIntel H370搭載 ATX
SSD500GB
HDD2TB
電源500W 静音電源(80PLUS Bronze)
OSWindows 10 Home 64bit
サイズ207 x 521 x 450 mm
重量約13.9kg
付属品GALLERIA専用ゲーミングキーボード & マウス
保証持込修理保証 1年

※記事を執筆した時点のスペックです。最新の情報は以下の公式ページで確認してください。

横幅の広いワイドディスプレイを使うなら、GTX 1070 Tiを搭載するガレリアXVが適任。2018年8月時点、ドスパラでもっとも人気の高いゲーミングマシンでもある。

そこそこの価格でありながら、標準カスタマイズの時点でバランスの良い構成にまとまっているのがガレリアXVの良いところです。メモリは8GBしか無いが、ここは用途に合わせて増やせばOK。

以上「BF1の推奨スペックを徹底解説【最適なCPUとグラボ】」について解説でした。

Sponsored Link

6 件のコメント

  • 私が見たいくつかのベンチマークだとストリーミング中ですら8700kが2700xを上回ってますが、ゲーム中に他の作業をするときにはRyzenが最適と言ってる人が多いのが気になります。

    • ストリーミングに使うソフトによって違うのかもしれませんね。
      OBSだとRyzen 7の方がドロップフレーム率を抑えられる(→ベンチマーク)ので、マルチスレッドに優れるRyzenは配信向けという認識です。

      < ゲーム中に他の作業をするときにはRyzenが最適~~
      使い方によるかと。ぼくが自作したRyzenマシンを使っているリア友は「4コアだけ動画エンコードに振り分ける。これでもまだ4コア残ってる。便利~。」と言っていたので、8コアの優位性は本当に使い方次第です。

  • ノートパソコン向けCPUだとどれくらい動くのでしょうか?
    RYZENとかだと内蔵グラフィックは強いという話ですが…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。