【実測した】240 Hzゲーミングモニター【おすすめ:3選】

Apexやフォートナイトなど。一瞬の判断が勝利を左右する、競技性の強いFPSゲームにおいて、240 Hz対応のゲーミングモニターは心強い味方です。

本記事ではモニターオタクの筆者が、実際に測定して「応答速度が速い」と確認したおすすめゲーミングモニターを3つに絞って紹介します。

(公開:2020/10/09 | 更新:2020/10/19

Sponsored Link

リフレッシュレート「240 Hz」の優位性

リフレッシュレートを60 / 144 / 240 Hzに切り替えて、スローモーションカメラで撮影した動画です。リフレッシュレートが高いほど、「ちもろぐ」ロゴがなめらかに動いています。

動画を表示する範囲をもっと狭くすると、240 Hzの大きなメリットが分かります。実際にロゴが視界に入るまでの時間は、リフレッシュレートが高いほど有利なのです。

60 Hzだと最低でも16 ミリ秒の表示ズレがあるのに対して、240 Hzでは最低わずか4 ミリ秒に短縮できます。つまり、240 Hzモニターを使うだけで、敵プレイヤーに反応できる時間は4分の1です。

240 Hzモニターの優位性:表示ラグが短い

動体視力、反射神経の良さは関係ありません。ただ240 Hzモニターを使っているだけで、少なくとも敵プレイヤーが画面に表示される時間は、4分の1で済みます。

やかもち
240 Hz対応ゲーミングモニターは、理論上ほぼ間違いなくFPSゲームで有利です。

問題:応答速度はリフレッシュレートに追いつくか?

240 Hzのメリットは解説したとおりですが、ひとつ問題があります。

240 Hzとは、要するに1秒間に240回、画面を切り替えます。しかし、恐ろしく速い切り替えスピードに、肝心の「応答速度」は追いついているのか?

計算上、240 Hzモニターに必要な応答速度は4.166 ミリ秒以下です。

初心者もち
4ミリ秒台なら、余裕じゃん。メーカーは「0.5 ミリ秒」ってスペックに書いてあるし。

実はそこからが闇の深い世界です。メーカーの公称値は、意外とざっくりテキトーな数値ですし、測定する基準も特に決まっていません。悪く言えば「言ったもん勝ち」です。

とりあえず0.5ミリ秒と書いておけば、ユーザーはそれを信じるでしょう。他のブログもメーカー公称値を真に受けてオススメを紹介しているほどです。

そんな中、当ブログ「ちもろぐ」は専用の測定機材を使って、240 Hzゲーミングモニターの応答速度をきちんと測定しました。

やかもち
テキトーなおすすめはしません。測定してOKが出てるモニターのみ紹介します。

【おすすめな】240 Hzゲーミングモニター:3選

1. IPSパネルで280 Hz対応「ASUS VG279QM」

TUF Gaming VG279QMをレビュー(組み立て)
ASUS VG279QM
画面サイズ27インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート最大280 Hz
パネルIPS(AU Optronics製)
応答速度平均3.48 ミリ秒最速:2.42 ms / 最悪:4.80 ms
入力遅延33.4 ミリ秒(60 Hz)
2.3 ミリ秒(240 Hz)
色の正確さかなり正確だいたい合ってる
エルゴノミクス
  • 高さ調整:0 ~ 130 mm
  • 前後チルト:+33° ~ -5°
  • 左右スイベル:+90° ~ -90°
  • ピボット:+90° ~ -90°
ゲームに強い
  • ELMB(Extreme Low Motion Blur)
  • Dynamic Shadow Boost
目に優しい
  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格49400 円

「VG279QM」は、最大リフレッシュレート280 Hz対応で、しかも色が正確で美しいIPSパネルを採用する万人向けゲーミングモニターです。

IPSパネルは応答速度が遅いとされますが、VG279QMに採用されたIPSパネルは台湾AU OptronicsのAHVAパネル。ちもろぐの測定では、IPSパネルで2番目に速い平均3.48 ミリ秒を叩き出します。

圧倒的スピードと、人を選ばない正確な色設定。加えて、残像感をクリアに除去する「ELMB Sync」や、暗いところを明るく補正する「Dynamic Shadow Boost」にも対応。

ASUS / サイズ : 27インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 280 Hz / パネル : IPS / 同期技術 : G−SYNC Compatible / 保証 : 3年

画質も欲しい、キレのある速い映像も欲しい。どっちも両立したい欲張りゲーマーに「VG279QM」はベストな240 Hz(280 Hz)モニターです。

やかもち
価格は約4.9万円。今のところ、同じ価格でVG279QMに対抗できるモニターは存在しません。独占的な立場です。

2. 最速の240 Hzモニター「BenQ XL2546K」

BenQ XL2546Kをレビュー:組み立て方法
BenQ Zowie XL2546K
画面サイズ24.5インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート最大240 Hz
パネルTN(AU Optronics製)
応答速度平均1.29 ミリ秒最速:0.50 ms / 最悪:2.01 ms
入力遅延8.7 ミリ秒(60 Hz)
色の正確さそこそこ正確※標準モード時
エルゴノミクス
  • 高さ調整:0 ~ 155 mm
  • 前後チルト:+23° ~ -5°
  • 左右スイベル:+45° ~ -45°
  • ピボット:+90°
ゲームに強い
  • Black eQualizer
  • Color Vibrance
  • DyAc+(Dynamic Accuracy Plus)
目に優しい
  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格58560 円

「XL2546K」は、TNパネルで最速クラスだった「XL2746S」の24.5インチモデルです。しかも、ただ24.5インチに小型化しただけでなく、デザインの改良や機能性の強化などパワーアップしてます。

対応リフレッシュレートは最大240 Hzで、残像感をほぼ完全に取り除く「DyAc+(Dynamic Accuracy Plus)」も対応。BenQのDyAc+は、他社の追随を許さない最強の残像低減機能です。

BenQ XL2546Kをレビュー:DyAc+の残像低減効果を撮影

DyAc+モード時のクリアな映像は、誰が見ても体感できます。そしてXL2546Kの応答速度は、ちもろぐの実測で平均1.29 ミリ秒、最速は0.5 ミリ秒に達します。

従来モデルのXL2546より大幅に応答速度は高速化し、OLEDテレビにも迫るほど突出した応答速度です。最速のゲーミングモニターでFPSゲームを有利にするなら、XL2546Kがベストです。

BenQ / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 240 Hz / パネル : TN / 保証 : 3年 / 備考 : XL Setting to Share対応

「DyAc+」以外のゲーム機能も強いです。色を鮮やかに補正して視認性を高める「Color Vibrance」、暗い部分を自然な明るさに調整する「Black eQualizer」に対応しています。

やかもち
240 Hzは珍しくないですが、実測で平均1 ミリ秒台は初めて見ました。と・・・とにかく速い。

3. 360Hzでしかも最速のIPS「ASUS PG259QN」

ASUS ROG Swift 360Hz PG259QNUをレビュー(外観デザイン)
ASUS PG259QN
画面サイズ24.5インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート最大360 Hz※240 / 300 / 360 Hz対応
パネルIPS(AU Optronics製)
応答速度平均1.92 ミリ秒最速:1.04 ms / 最悪:3.48 ms
入力遅延1.75 ミリ秒(360 Hz)
色の正確さ正確工場でキャリブレーション済み
エルゴノミクス
  • 高さ調整:0 ~ 120 mm
  • 前後チルト:+20° ~ -5°
  • 左右スイベル:+25° ~ -25°
  • ピボット:+90°
ゲームに強い
  • ULMB(※240 Hzまで)
  • Shadow Boost
  • G-SYNC(1~360 Hz)
目に優しい
  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格85980 円

「ROG Swift 360Hz PG259QN」は、世界初の360 Hz対応ゲーミングモニターです。ただ単に360 Hzに対応しただけでなく、実測で平均1.92 ミリ秒を叩き出す、世界最速のIPSゲーミングモニターでもあります。

あらゆるIPSモニターよりもキレのある映像を出力可能で、360 Hzのおかげで入力遅延とは無縁のゼロラグゲーミングを可能にします。1 ~ 360 Hzすべてをカバーする完全な「G-SYNC」も搭載し、テアリングもほぼ完全に除去可能です。

まさに最速のIPSゲーミングモニターです。

ASUS / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 360 Hz / パネル : IPS / 保証 : 3年 / 備考 : G-SYNCモジュール搭載

ちなみに、PG259QNは工場出荷時にキャリブレーションが施され、何もしなくても色が非常に正確(ΔE > 1.5)。画面の明るさはピーク時に400 nitオーバー、コントラスト比は約1480に達します。

ゲームは圧倒的に強く、コンテンツにも強い、万能型ゲーミングモニターに仕上がっています。値段を除き、誰にでもおすすめできる性能を持つモニターです。

やかもち
言うまでもないですが、360 Hzを活かすには相当ハイエンドなグラボが必要なので注意。

+a. 賛否両論27インチだが速い「BenQ XL2746S」

BenQ XL2746Sをレビュー(レビューまとめ)
BenQ Zowie XL2746S
画面サイズ27インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート最大240 Hz
パネルTN(AU Optronics製)
応答速度平均1.89 ミリ秒最速:0.94 ms / 最悪:3.09 ms
入力遅延8.7 ミリ秒(60 Hz)
色の正確さそこそこ正確※標準モード時
エルゴノミクス
  • 高さ調整:0 ~ 140 mm
  • 前後チルト:+20° ~ -5°
  • 左右スイベル:+45° ~ -45°
  • ピボット:+90°
ゲームに強い
  • Black eQualizer
  • Color Vibrance
  • DyAc+(Dynamic Accuracy Plus)
目に優しい
  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格79740 円

「XL2746S」は、XL2546Kの27インチ版と考えてくれれば、イメージとしてはだいたい合ってます。

多くのFPSゲーマーは24インチ前後を好む傾向があるので、27インチのXL2746Sはやや賛否両論あります。日本の狭い住宅事情を考えると、なおさら24インチの方が好まれやすいでしょう。

あえて27インチを使う最大のメリットは、24インチと比較して画面が大きく表示されるため、敵プレイヤーも画面に大きく映るということ。当たり前といえばそうですが、敵が大きく見えるのは明らかにメリットです。

ただし、先に紹介したXL2546Kは約5.8万円。こちらのXL2746Sは約7.9万円で、コストパフォーマンスはXL2546Kが圧倒的に良いです。

BenQ / サイズ : 27.9インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 240 Hz / パネル : TN / 同期技術 : FreeSync / 保証 : 3年

測定は平均1.89 ミリ秒で文句なしのスピード。でも今から買うなら、XL2546Kの方が万人向けですね。27インチのために追加で2万円を払えるゲーマーは、それほど多いとは思えません。


+a. WQHDで240 Hz対応「HP OMEN X 27」

WQHDで240 Hz対応「HP OMEN X 27」
HP OMEN X 27
画面サイズ27インチ(2560 x 1440)
リフレッシュレート最大240 Hz
パネルTN
応答速度平均3.13 ミリ秒最速:1.18 ms / 最悪:6.38 ms (TechSpot調べ
入力遅延2.1 ミリ秒(240 Hz)
色の正確さかなり正確だいたい合ってる
エルゴノミクス
  • 高さ調整:0 ~ 132 mm
  • 前後チルト:+20° ~ -5°
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • AMD FreeSync 2
目に優しい
  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証1年
参考価格49800 円

最後に「+α」として「HP OMEN X 27」を紹介。

こちらのゲーミングモニター、なんとWQHD(2560 x 1440)で240 Hzに対応する珍しいモニターです。高精細な大画面で、240 Hzのスムーズな映像を堪能するなら、おすすめに挙げられます。

海外の検証データによると、OMEN X 27の応答速度は平均3.13 ミリ秒で十分なスピード。TNパネルなのでコントラスト比は不足気味ですが、色の正確さは初期設定の時点でビックリするほど合ってます。

エルゴノミクスは前後チルトと高さ調整に対応、左右の首振りとピボットは無し。値段の割にはエルゴノミクスは少ないです。とはいえ、WQHDで240 Hzはかなりニッチなニーズに向けた製品です。

ニッチ向け製品はやはり数を出せないため、必然的にコスパは悪くなりやすいです。どうしても首振りとスイベルは必要なら、別途モニターアームを用意しましょう。

HP / サイズ : 27インチ / 解像度 : 2560 x 1440 / リフレッシュレート : 240 Hz / パネル : TN / 同期技術 : AMD FreeSync 2 HDR / 保証 : 1年

日本国内で入手できるWQHD(240 Hz)モニターは、HP OMEN X 27ただひとつのみ。幸い、価格は約5万円で意外とリーズナブルですし、性能もTNパネルとしてはマトモです。

大画面で240 Hzにこだわる、ニッチゲーマーに「OMEN X 27」を推奨します。

やかもち
なお、WQHDで平均240 fpsを出すには、相当ハイスペックなPCが必要です。「RTX 3080」クラスは必要だと思います。

おすすめな240 Hzゲーミングモニターをまとめ

おすすめな「PS4向けモニター」まとめ性能機能HDRコスパ
万能タイプVG279QM280 Hz / FHD / IPS
PG259QN360 Hz / FHD / IPS
コアゲーマー向けXL2546K240 Hz / FHD / TN
XL2746S240 Hz / FHD / TN
大画面(WQHD)OMEN X 27240 Hz / WQHD / TN

タイプ別に、おすすめな240 Hz対応ゲーミングモニターをまとめました。

万人向けにおすすめできる万能タイプの240 HzモニターはASUS VG279QM」です。最大280 Hz対応、色がキレイで応答速度も速いIPSパネル、ELMB SyncやShadow Boostなどの機能性。

性能から機能までバランスよくまとまっていて、コストパフォーマンスも優秀です。

ASUS / サイズ : 27インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 280 Hz / パネル : IPS / 同期技術 : G−SYNC Compatible / 保証 : 3年

Apex Legends、フォートナイト、シージなどなど。競技性の強いFPSゲームで、ガチで勝つためにオススメな240 Hzモニターは「BenQ XL2546Kです。

とにかく応答速度が圧倒的で、ゲーマーのために開発された「DyAc+」「Color Vibrance」「Black eQualizer」もゲームを有利にすすめる上で極めて強力。

TNパネル採用で色の美しさはIPSパネルに譲りますが、ゲームで勝つために必要な「性能」はまったく負けません。

BenQ / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 240 Hz / パネル : TN / 保証 : 3年 / 備考 : XL Setting to Share対応

240 HzモニターでよくあるQ&A

高性能なゲーミングPCが必要ってホント?

ホントです。

いくらモニター側のリフレッシュレートが高速でも、パソコン側が出せるフレームレート(fps)が不足すると、せっかくの高リフレッシュレートを活かせません。

GeForce RTX 3080のベンチマーク比較:Apex Legends

たとえばApex Legendsの場合、フルHDで240 fps以上を出せるグラボは「RTX 3080」です。設定を「低」に落としても、少なくとも「RTX 2070 Super」以上はほしいところ。

安定して240 fps以上を出すためには、思っている以上にハイエンドなグラボが必要なので、PCスペックに自信がない場合はグラボのアップグレード。またはゲーミングPCの買い替えを検討してください。

参考になる記事を↓に置いておきます。

HDMIとDisplay Portどちらが良い?

「HDMIだと240 Hzを選べない」または「Display Portだと144 Hzまでだった」など、設定から240 Hzを選べない原因としてよく挙げられるのが「ケーブルの種類」です。

結論から言うと、どちらが良いというより、使っているモニター側が対応しているかどうかを確認するべき。

HDMI 1.4で「144 Hz」に対応しない製品もある

240 Hz対応モニターなのに、HDMI端子だと最大144 Hzまで・・・Display Portのみ240 Hz対応といったトンチンカンなゲーミングモニターは確かに存在します。

なお、使用するケーブルは基本的に付属品で大丈夫ですが、心配な人はついでに購入しておくと良いでしょう。万が一、付属品が不良だった場合の保険として安い投資です。

HORIC / 長さ : 2.0m / 最大解像度 : 4K60p (18Gbps) / 端子 : 金メッキ / 保証 : 1年

競技ゲームでは「TNパネル」が有利?

パネルの性質からして、TNパネルの方が有利になりやすいです。

パネルの種類メリットデメリット相性の良い用途
TNパネル
  • 価格が安い
  • 応答速度が速い
  • 普及率が高い
  • 視野角がせまい
  • コントラスト比が低い
  • 色ムラ(均一性)が悪い
  • ゲーミング
VAパネル
  • コントラスト比が高い
  • 視野角はTNより良い
  • 色ムラ(均一性)が良い
  • 応答速度が遅い
  • 普及率はイマイチ
  • 映像鑑賞
IPSパネル
  • 視野角がとても広い
  • 色がキレイな傾向
  • 普及率が高い
  • 価格がやや高い
  • 応答速度はやや遅い
  • 色ムラ(均一性)が悪い
  • イラスト
  • 写真編集
  • 映像鑑賞

TNパネル最大のメリットは、やはり応答速度の速さです。IPSパネルも技術進化のおかげで、体感では分からないほど応答速度が速くなりましたが、安定して応答速度が速いのがTNパネル。

安定して応答速度が速いため、オーバードライブ機能を使っても「逆残像」が見えにくく、IPSパネルより残像感(ボヤッとした感じ)が大幅に減っています。

応答速度0.5 ミリ秒って本当なの?

240 Hz対応ゲーミングモニターで、スペック表に「0.5 ms(G2G)」と記載するメーカーは珍しくないです。残念ながら、おそらく大半のモニターは0.5 msなんて出てません。

たとえば、今回の記事で1番目に紹介した「VG279QM」がいい例です。スペック表に0.5 msと書いてあるのに、実際に測定すると平均3.58 ミリ秒で、最速値ですら2.42 ミリ秒でした。

IPSパネルで0.5 ミリ秒は、オーバードライブを強く設定しないと不可能だと思っていいです。TNパネルで0.5 ミリ秒は、まだ信頼できます。実際「XL2546K」は0.5 ミリ秒を叩き出します。

なお、応答速度は速ければ速いほど良いのですが、実用上はリフレッシュレートより短いならOKです。240 Hzの場合は4.166 ミリ秒以下でおおむね合格。

入力ラグはどれくらいが良いの?

入力遅延(ラグ)を計測する様子

安物のモニターでも入力遅延は意外とマトモ

16 ミリ秒以下なら問題ありません。↑の写真では8.6 ミリ秒なので、問題ないです。

16 ミリ秒をオーバーして、24 ミリ秒くらいになると、ゲームに慣れている人なら体感できます。32 ミリ秒を超えればほとんどの人が「画面の反応が遅いような?」と気づきます。

本記事で紹介した4つの240 Hz対応ゲーミングモニターは、すべて入力遅延が16 ミリ秒以下(9 ミリ秒前後)です。どれを選んでも、体感するような入力遅延はないので安心して選んでください。

というわけで、以上「【実測した】240 Hzゲーミングモニター【おすすめ:3選】」について、解説でした。


Sponsored Link

5 件のコメント

  • この記事を逆に解釈すれば「FPSは機材に金が かかるジャンル、他ゲームは高FPSいらないから安い投資でイケる。」と言えます。
    重いゲームと有名なarkもモンハンワールドも144Fps必要な場面は全くありません。
    RPGやSLGは言わずもがな。
    競技性が高いFPSさえしなかったらゲーミングPCの敷居は下がります。
    Fpsでもfarcryシリーズは競技性ゼロなので低スペックでイケます。

  • どれくらいのPCがFPS以外のゲーム必要かと言えば中古で2万しないNECMateにGTX1650LP差せば現在の98%のゲームはFHD60fps動きます。

  • 24インチ台のお勧めのXL2546Kは群を抜いて高いので、
    4万前半までで(可能なら4まん切り)お勧めあれば知りたいです。
    パネルはTNでもIPSでもどちらでもOK

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。