【2020年】ゲーミングモニターおすすめ:15選【ちもろぐ厳選】

ゲーミングモニターを専用の機材を使って測定レビューする「ちもろぐ」的に、おすすめなゲーミングモニターを15個まとめて紹介です。性能だけでなく、用途や特徴も解説するので、人それぞれのニーズに合ったモニターを選びやすいガイドにしました。

(公開:2019/02/22 | 更新:2020/11/02

おすすめなゲーミングモニター:15選

前提:ゲーミングモニターの選び方

おすすめゲーミングモニターの解説に入る前に、かんたんにゲーミングモニターの基本的なことについて説明します。

  • リフレッシュレート(Hz)
  • 応答速度(ms)
  • 画面の解像度とサイズ(フルHDや24インチ)
  • パネルの種類(TN / IPS / VA)
  • ゲーマー向け機能

ゲーミングモニター選びで特に重視したいポイントは、以上の5つ。たったの5つです。

なお、スペックの読み方や選び方について、もっと詳しく知りたい方は「ゲーミングモニターの選び方を解説:おすすめな選び方とは?」をどうぞ。


「リフレッシュレート」は、1秒あたりの画面の更新回数です。144 Hzなら、1秒あたり144回、240 Hzなら1秒あたり240回です。リフレッシュレートが高ければ高いほど、モニターに映る映像はスムーズでヌルヌルとします。

さらに、リフレッシュレートが高いほど入力ラグ(入力遅れ、入力遅延など)は短縮され、他のゲーマーに対してより速く行動できます。ザックリ言うと、240 Hzは60 Hzより12.5 ミリ秒、144 Hzは60 Hzより9.7 ミリ秒もラグが少ないです。

ゲーミングPCでゲームをプレイするなら、最低でも144 Hz以上をおすすめします。

なお、PS4やSwitchなど家庭用ゲーム機は60 Hzまで対応。次世代ゲーム機(PS5 / Xbox Series X)は120 Hzまで対応(※4K120 HzはHDMI 2.1が必要)なので、ゲーム機用に144 Hz以上を選ぶ必要はありません。


「応答速度」は、モニターが1フレームを表示するのに掛かった時間です。1 msなら1枚の映像を表示するのに1 ミリ秒(1000分の1秒)かかる、という意味です。応答速度が速いほど、残像の少ないクリアでハッキリした映像を表示できます。

ゲーミングモニターの「応答速度」を写真で比較

応答速度の違う3つのゲーミングモニターを使って、比較写真を撮りました。見て分かるとおり、応答速度が速いモニターほど、残像が少ないです。

応答速度が速いほど敵プレイヤーをハッキリと視認できるので、FPS / TPSゲームを有利にプレイするなら、応答速度はできれば「1 ミリ秒台」は欲しいところ。

読む:ゲーミングモニターの応答速度を計測する方法(ちもろぐ式)

読む:モニターの応答速度を図解:何ミリ秒がおすすめ?


モニターの「画面解像度」について図解

「画面の解像度」は、何十種類もありますが、ゲーミングモニターで知っておきたいのは3つだけ。

  • フルHD(1920 x 1080):もっとも一般的な解像度(シェア約65.5%)
  • WQHD(2560 x 1440):フルHDの約1.8倍の解像度(シェア約6.9%)
  • 4K(3840 x 2160):フルHDのなんと4倍の解像度(シェア約2.3%)

過半数のゲーマーがフルHDを使ってます。画面の解像度が大きいほど、ディティールの細かい精細な映像を得られますが、快適に動かすために高性能なパソコンも必要です。

よって、コスパ的にフルHDが最適解ですし、FPS / TPSゲームにおいて解像度の大きさはほとんど有利に働きません。むしろプロゲーマーの中には、負荷を軽くするためにあえてHD(1280 x 720)を使う人もいるほどです。

読む:フルHD / WQHD / 4K別にグラボの性能を解説

ディスプレイの大きさ(画面サイズ、インチ数)の比較写真

画面のサイズ(インチ)は、ゲーミングモニターを使う環境と、画面の解像度に合わせて選んでください。

画面サイズおすすめ解像度使用環境
21.5 インチフルHDPCデスク
24.5 インチ
27.0 インチフルHD
WQHD
31.5 インチWQHD
4K
43.0 インチ4KPCデスク
ソファー
48.0 インチソファー
55.0 インチ

フルHDの場合、画面サイズは21.5~27インチが適正な範囲で、24インチ台が人気です。WQHDは27~32インチの範囲が適正で、27インチがちょうどよいディティール感(= 画素ピッチ)で人気を集めています。

4Kは31.5インチ以上がおすすめですが、PCデスクで使うなら32インチが限度とされています。個人的には、画素ピッチを考えると43インチまではOKという考えで、筆者本人は43インチの4Kモニターで今まさにブログを執筆中です。

48インチ以上はPCデスクで使うには画角が広すぎて端っこの方は歪んで見え、画素ピッチも粗っぽいので、2メートル以上の距離を取れる場合におすすめ。たとえば、ソファーで寝転んでごろごろとゲームをするなら、48インチ以上がちょうど良いです。


TN、IPS、VAパネルの視野角(比較写真)

パネルの種類は、ゲーミングモニターでは「TN」「IPS」「VA」の3つが定番です。

読む:液晶パネルの違いまとめ:TN / VA / IPSのメリットと弱点

それぞれの特徴を、ザックリまとめて説明すると・・・↓

  • TNパネル応答速度が速い、ゲームに強い、画質の美しさはイマイチ
  • IPSパネル:応答速度はまぁまぁ、美しい画質、人を選ばない万能タイプ
  • VAパネル応答速度は普通、濃い黒色、映像を見るのにベスト

何のためにゲーミングモニターを買うのか?

目的によって人それぞれピッタリなパネルは違いますが、2020年時点ではパネルの技術がかなり進歩しており、予算3万円以上ならIPSパネルが万人向けです。

予算3万円以下は、FPSゲーム重視ならTNパネルが確実です。VAパネルは、HDR対応ゲームをリアルな画質でプレイしたい人向け。FPS / TPSゲームだと優位性はありません。


暗所補正機能:Black eQualizerの効果(写真)
彩度補正機能:Color Vibranceの効果(写真)
残像低減機能:DyAc(Dynamic Accuracy Plus)の効果(写真)
適応垂直同期:G-SYNCのテアリング抑制効果(写真)

ゲーマー向け機能は、主にFPS / TPSゲームを有利にプレイするために開発された機能のこと。主に4つあります。

  • 暗所補正機能:Black eQualizer / Shadow Boostなど暗いところを明るく見せる
  • 彩度補正機能:Color Vibranceなど色を見分けやすく調整する
  • 残像低減機能:DyAc / ELMB / ULMBなど黒フレーム挿入で残像をクリアに
  • 適応垂直同期:G-SYNC / FreeSyncなどテアリングとスタッタリングを防ぐ

暗所補正、彩度補正、そして残像低減機能はメーカーのパネル制御技術の差がハッキリと出る部分です。

過去にちもろぐでレビューしてきたゲーミングモニターの中で、機材による測定と撮影で明らかに高性能だと判明したモニターは「BenQ Zowie XL」シリーズでした。

ライバル他社も似たような機能をいろいろと搭載していますが、まるでPhotoshopで加工したかのように効果が出るのは、BenQに限られます。↑に掲載した参考写真も、1~3枚目までBenQで撮影したモノです。

【2020年版】おすすめなゲーミングモニター:15選

1. BenQ GL2480

PS4やSwitchにおすすめなゲーミングモニター

BenQ GL2480
画面サイズ24インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート60 ~ 75 Hz
パネルTN
応答速度平均4.24 ミリ秒最速:1.95 ms / 最悪:6.72 ms
入力遅延8.5 ミリ秒
色の正確さイマイチやや白っぽい
エルゴノミクス
  • 高さ調整
  • 上下チルト(+20 ~ -6.5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格13980 円

BenQの格安ゲーミングモニター「GL2480」は、最大60 Hz対応のゲーム機(例:PS4 / PS4 Pro / Switch)用に、コスパよく高性能がほしいゲーマーにおすすめです。

低価格でも応答速度が速いTNパネルを採用し、筆者の測定テストでは応答速度は平均4.24 ミリ秒でした(60 Hz時)。最大60 Hzのゲーム機でFPSゲームをするなら、4 ミリ秒台は十分すぎるほど高性能。

ただし、TNパネルなので画面の色がやや白っぽく見えやすく、視野角が狭くちょっとの角度差で色が変わって見えます。TNパネルならでは、「格安だけど高速性能」の定番デメリットです。

BenQ / サイズ : 24インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 75 Hz / パネル : TN / 同期技術 : なし / 保証 : 3年
  • 値段は安いほうが良い
  • FPSゲームをよくプレイする
  • PS4やSwitchで使いたい

GL2480は、とにかく価格が安いくせに応答速度が速いのがメリットです。PS4 / PS4 Pro / Switchなど、リフレッシュレートが60 Hzのゲーム機で残像の少ない映像を出すなら、GL2480はかなりおすすめ。

一方、応答速度よりも映像の美しさを重視するなら、IPSパネルを使ったモニターの方が良いでしょう。詳しくは「PS4 / PS4 Proにおすすめなゲーミングモニター」を読んでください。

読む:BenQ GL2480のレビュー


2. Pixio PX247

安くIPSの144 Hzモニターが欲しい人向け

Pixio PX247
画面サイズ23.8インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート144 HzHDMI : ~120 Hz / DP : ~144 Hz
パネルIPS
応答速度平均4.8 ミリ秒最速:2.35 ms / 最悪:6.55 ms
入力遅延8.3 ミリ秒(60 Hz)
色の正確さかなり正確万人向けのキレイな色
エルゴノミクス
  • 高さ調整
  • 上下チルト(+15 ~ -10°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • Black Equalizer
  • MPRT(残像低減機能)
  • FreeSync(適応垂直同期)
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証2年
参考価格20980 円

「Pixio PX247」は、わずか2万円台でリフレッシュレート144 Hz対応、しかもTNパネルではなくIPSパネルを採用します。2万円でIPS(144 Hz)ゲーミングモニターです。

あまり価格が安いので実際にレビューしたところ、応答速度は平均4.8 ミリ秒(144 Hz時)で低価格な割には、なかなか優秀。色も最初からキレイに合っていて、入力ラグも問題なし。

エルゴノミクスと機能性は値段なりに弱いですが、低予算でIPSパネルを使った144 Hzゲーミングモニターがほしい人にとって、とてもコストパフォーマンスの高いモニターです。

Pixio / サイズ : 23.8インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : IPS / 同期技術 : G−SYNC Compatible / 保証 : 2年
  • モニターの性能が良ければOK
  • 多ジャンルのゲームをプレイする
  • コスパよく144 Hzが欲しい

144 Hzモニターの中で、コスパNo.1のゲーミングモニターです。マトモに正確な色、平均5 ミリ秒を下回るそこそこ速いパネル、2万円台で保証は2年付き。「値段」で選ぶならオススメします。

読む:Pixio PX247のレビュー


3. ASUS VG259Q

万人向けにおすすめなゲーミングモニター

ASUS TUF Gaming VG259Q
画面サイズ24.5インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート144 HzHDMI : ~144 Hz / DP : ~144 Hz
パネルIPS
応答速度平均4.9 ミリ秒Reddit 調べ
入力遅延10.5 ミリ秒(60 Hz)
色の正確さそこそこ正確万人向けのキレイな色
エルゴノミクス
  • 高さ調整(130 mm)
  • 上下チルト(+33 ~ -5°)
  • 左右スイベル(+90 ~ -90°)
  • ピボット(90°)
ゲームに強い
  • Shadow Boost
  • ELMB(残像低減機能)
  • FreeSync(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格31700 円

ASUS「VG259Q」が、ある意味・・・今回の記事の主役級です。VG259Qは約3万円ちょっとの価格帯において、PCゲーマーから据え置きゲーマーまで、いろいろな用途でおすすめできるゲーミングモニターです。

リフレッシュレートは最大144 Hzに対応します。パネルはIPSを採用し、色は最初からそこそこ正確で美しく、応答速度もIPSパネルの割にはかなり速いほうです。表示できる色の広さは、一般ユーザーにとっては不足なし。

モニターの性能は文句なしに優秀です。加えて、エルゴノミクスは高さ / 上下 / 左右 / ピボットまでフル装備。ゲーマー機能は暗所補正の「Shadow Boost」、残像を低減する「ELMB(Extreme Low Motion Blur)」も搭載します。

ASUS / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : IPS / 同期 : G-SYNC Compatible & FreeSync / 機能 : ELMB
  • 「とりあえずコレ !!」な一台がほしい
  • 幅広いジャンルのゲームをプレイする
  • 単なる安さより満足度を重視したい

3万円くらいで買える144 Hzゲーミングモニターの中で、VG259Qはもっとも万人向けなヤツPCゲーマーはもちろん、次世代ゲーム機(Play Station 5)用にも、おすすめできるゲーミングモニタです。

読む:ASUS TUF Gaming VG259Qのレビュー


4. BenQ XL2411K

FPSゲームに特化したゲーミングモニター

PS5におすすめなゲーミングモニター:競技ゲーム向けな「BenQ XL2411K」
BenQ Zowie XL2411K
画面サイズ24インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート144 HzHDMI 2.0 : ~144 Hz / DP 1.2 : ~144 Hz
パネルTN
応答速度公称1 ミリ秒まだ計測してません
入力遅延不明まだ計測してません
色の正確さイマイチゲームに特化した白っぽい色
エルゴノミクス
  • 高さ調整(110 mm)
  • 上下チルト(+23 ~ -5°)
  • 左右スイベル(+45 ~ -45°)
  • ピボット(90°)
ゲームに強い
  • Black eQualizer
  • Color Vibrance
  • DyAc(残像低減機能)
  • FreeSync(適応垂直同期)
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格27480 円

BenQ Zowieは定番のゲーミングモニターですが、やはり外すことはできません。「XL2411K」は、Zowieシリーズで飛ぶように売れている人気モニター「XL2411P」の実質的な後継モデルです。

最新の高速TNパネルで応答速度はさらに縮小します。TNパネルの影響で画面はやや白っぽく見えますが、ゲームで有利になるためにユーザー側が色をいじくり倒す前提のモニターですから、大した問題ではありません。

BenQ独自のゲーマー機能は引き続きそのまま続投です。暗所を明るく補正する「Black eQualizer」と、色の鮮やかさを調整して色を見分けやすくする「Color Vibrance」に対応します。

そしてXL2411Kでは、今まで上位モデルだけに限定されていた「DyAc(Dynamic Accuracy)」についに対応。DyAcは残像をクリアにする機能で、今となってはそれほど珍しいモノではありませんが・・・

「DyAc」を使うと残像感がクリアに、キレのある映像に変化する

依然としてBenQの残像低減機能は、他社の追随をまったく許さない状況※です。DyAcモードを有効化しても画面の明るさがそれほど変化せず(他社は暗くなってしまう)、残像の消え方もトップクラス。

BenQ / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : TN / 保証 : 3年 / 備考 : XL Setting to Share対応
  • FPSゲームで有利になりたい
  • 画質よりも「敵の見つけやすさ」を重視
  • 残像が少ないキレのある映像

競技性の強いFPS / TPSゲームで勝つためにモニターを選ぶなら、先に紹介したVG259QよりもXL2411Kを強く推します。

IPSパネルの技術が進歩したとはいえ、やはりTNパネルの高速応答は強いです。そこにBenQ独自の強力なゲーマー向け機能が加わると、さらに強力なのは言うまでもありません。

やかもち
とにかく「ゲームで有利になるには?」を巧みに具現化したゲーミングモニターです。

※実際に他社の残像低減機能を、くわしく測定して出した結論です。筆者の「感想」なんかではなく、「データ(事実)」にもとづいて書いてます。DyAcがトップクラスの残像低減機能です。

ここからWQHD(2560 x 1440)ゲーミングモニター

5. BenQ EX2780Q

万能タイプのWQHDゲーミングモニター

BenQ EX2780Q
画面サイズ27インチ(2560 x 1440
リフレッシュレート144 HzHDMI 2.0 : ~144 Hz / DP 1.4 : ~144 Hz
パネルIPS
応答速度平均5.69 ミリ秒最速:2.72 ms / 最悪:9.27 ms
入力遅延8.6 ミリ秒
色の正確さやや正確鮮やかで美しい色合い
エルゴノミクス
  • 高さ調整
  • 上下チルト(+20 ~ -5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • Black eQualizer
  • Color Vibrance
  • FreeSync(適応垂直同期)
HDR対応
  • Display HDR 400
スピーカー内蔵(2.1チャンネル)内蔵スピーカーとしては「高音質」
保証3年
参考価格47800 円

「BenQ EX2780Q」は用途をあまり選ばない、万能タイプのWQHDゲーミングモニター(最大144 Hz)です。高品質なIPSパネルを採用し、娯楽向けに調整された美しい色設定と、ピーク輝度400超えのHDR映像がおもな魅力。

応答速度はWQHDのIPSモニターとしては普通レベルですが、全体的にバランスよくまとまっており、人を選ばない万人向けのWQHDゲーミングモニターといえます。

「DisplayHDR 400」認証を取得したマトモなHDRモニターで、アニメや映画などコンテンツの映像美はとても優秀。グラフィックが進化しつづける、最新のRPGやADVゲームとの相性もバッチリです。

実はBenQ独自のゲーマー機能「Black eQualizer」と「Color Vibrance」に対応しています。だからFPSゲームも有利にプレイ可能です。

BenQ / サイズ : 27インチ / 解像度 : 2560 x 1440 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : IPS / HDR : DisplayHDR 400 / 同期技術 : FreeSync / 保証 : 3年
  • 「映像美」でモニターを選びたい
  • ゲームもがっつりプレイしたい
  • 内蔵スピーカーの音質も大事

内蔵スピーカーは2.1チャンネルシステム(ステレオ + サブウーファー)で、2000 ~ 3000円の外付けスピーカーにも負けないほど高音質です。

FPSゲーム、RPGゲーム(オフゲー)、アニメや映画まで幅広いジャンルで「EX2780Q」が1台あれば対応できます。高性能な内蔵スピーカーのおかげで、ゲーム機用にもオススメできる1台です。

やかもち
下手に安いだけのIPSテレビを買うより、EX2780Qの方が高画質 & 音質も良いです。

読む:BenQ EX2780Qのレビュー


6. HP OMEN 27i

コスパで選ぶWQHDゲーミングモニター

コスパが良い165Hz対応WQHDゲーミングモニター「OMEN 27i」
Omen by HP 27i
画面サイズ27インチ(2560 x 1440
リフレッシュレート144 ~ 165 HzHDMI 2.0 : ~144 Hz / DP 1.2 : ~165 Hz
パネルIPS
応答速度平均4.9 ミリ秒最速:2.9 ms / 最悪:7.5 ms(RTINGS
入力遅延7.9 ミリ秒
色の正確さイマイチやや暖色に偏った色合い
エルゴノミクス
  • 高さ調整(130 mm)
  • 上下チルト(+20 ~ -5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • FreeSync(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証1年引取修理 / パーツ保証
参考価格39800 円HP Direct Plus直販サイト限定

「HP OMEN 27i」は、HP(ヒューレット・パッカード)がOMENブランドで販売しているゲーミングモニターです。

取り扱いがHP公式直販に限定されているため、あまり存在は知られていませんが、価格は39800円。WQHDで最大165 Hz、そこそこ速いIPSパネル、最低限のエルゴノミクスを装備して「39800円」です。

確認:HP OMEN 27i(直販ページで価格を)

格安な代わりに、ゲーマー向け機能はFreeSync(G-SYNC互換)のみ。標準保証はゲーミングモニターとしては短い1年(+4950円で3年保証に変更可能)です。

やはり他社の同スペックモデルより明らかに価格設定が7000~10000円は安い分だけ、デメリットも目立つものの・・・コスパ重視でWQHDモニターを選ぶなら「HP OMEN 27i」は推奨できます。

1台限定なんてことはなく、特にこれといった購入制限もありません。ベゼル幅はわずか8 mm(0.8 cm)でかなり薄型、OMEN 27iを2~3台使って、高解像度なマルチディスプレイ環境を作りたい方にもオススメです。

HP / サイズ : 27インチ / 解像度 : 2560 x 1440 / リフレッシュレート : 165 Hz / パネル : IPS / 同期技術:G-SYNC Compatible / 保証:1年間
  • モニターの性能が良ければOK
  • 多ジャンルのゲームをプレイする
  • コスパよくWQHD(165 Hz)が欲しい

WQHDゲーミングモニターで特にコスパに優れた1台です。気の利いたゲーマー機能、フル装備のエルゴノミクス、標準3年保証はありません。必要最低限のコストで、あくまでもモニターとしての性能だけを提供する製品です。

やかもち
マルチディスプレイ前提で2~3台買う人と相性がいいモニターです。

7. DELL S2721DGF

高性能で保証も熱いWQHDの165Hzモニター

比較的コスパよく165Hz対応WQHDモニター「Dell S2721DGF」
DELL S2721DGF
画面サイズ27インチ(2560 x 1440
リフレッシュレート144 ~ 165 HzHDMI 2.0 : ~144 Hz / DP 1.4 : ~165 Hz
パネルFast IPS
応答速度平均3.8 ミリ秒最速:3.1 ms / 最悪:4.7 ms(RTINGS
入力遅延7.5 ミリ秒
色の正確さイマイチやや暖色に偏った色合い
エルゴノミクス
  • 高さ調整(130 mm)
  • 上下チルト(+21 ~ -5°)
  • 左右スイベル(+45 ~ -45°)
  • ピボット(90°)
ゲームに強い
  • FreeSync Premium(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
HDR対応
  • Display HDR 400
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年3年間無輝点交換保証
参考価格49800 円

シンプルに高性能で保証も手厚いWQHDゲーミングモニターが欲しい人に、米DELL「S2721DGF」がオススメです。

最大165 Hz対応、パネルは応答速度に優れるFast IPSを採用します。平均3.8 ミリ秒は、IPSパネルを使ったWQHDゲーミングモニターの中ではトップクラスの性能です。

エルゴノミクスは4つすべてを装備済み。ゲーマー向け機能はFreeSync Premium、またはG-SYNC互換モードに対応します。テアリングがほとんど見えない、スムーズで破綻のない映像を出力できます。

地味ながらHDRもサポート。メーカー独自のなんちゃってHDRではなく、きちんとVESA社から「Display HDR 400」を取得済み。HDR表示に必要な広い色域と、そこそこ明るい画面が保証されます。

ローカル調光に対応する「DELL S2721DGF」

ザックリとしたローカル調光なのでハロー現象は避けられない(via : RTINGS

画面の明るさを確保するため、HDRモード時はローカル調光に対応。ただし、調光のゾーン数が少ないので、画面の一部だけが明るいシーンではハロー現象(ブルーミング)が発生します。

DELL S2721DGFは価格5万円の、比較的に普及帯のWQHDゲーミングモニターです。コスト増に直結する、大量の調光ゾーンの実装は無理があるようです。

Dell / サイズ : 27インチ / 解像度 : 2560 x 1440 / リフレッシュレート : 165 Hz / パネル : IPS / 同期技術:G-SYNC Compatible / 保証:ドット抜け(3年間)
  • 高性能なWQHDモニターがほしい
  • 充実のエルゴノミクス
  • 3年間のドット抜け保証

S2721DGFは、3年間の無輝点交換保証つきです。ゲーム向けモニターとしてもっとも手厚い部類の保証内容ですので、「性能」だけでなく「保証」や「安心感」を求めるユーザーにおすすめ。

やかもち
高性能 & マトモな保証で、かなり手堅いモニターです。
ここからフルHD(240Hz以上)ゲーミングモニター

8. ASUS VG279QM

万人向けの超高速IPSゲーミングモニター

ASUS VG279QM
画面サイズ27インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート280 HzHDMI 2.0 : ~240 Hz / DP 1.2 : ~280 Hz
パネルFast IPS
応答速度平均3.48 ミリ秒最速:2.42 ms / 最悪:4.80 ms
入力遅延33.4 ミリ秒(60 Hz)
2.3 ミリ秒(240 Hz)
色の正確さかなり正確だいたい合ってる
エルゴノミクス
  • 高さ調整(130 mm)
  • 前後チルト(+33° ~ -5°)
  • 左右スイベル(+90° ~ -90°)
  • ピボット(+90° ~ -90°)
ゲームに強い
  • Dynamic Shadow Boost
  • ELMB(残像低減機能)
  • FreeSync(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格49400 円

「VG279QM」は、最大リフレッシュレート280 Hz対応で、しかも色が正確で美しいIPSパネルを採用する万人向けゲーミングモニターです。

IPSパネルは応答速度が遅いとされますが、VG279QMに採用されたIPSパネルは台湾AU OptronicsのAHVAパネル。ちもろぐの測定では、IPSパネルで2番目に速い平均3.48 ミリ秒を叩き出します。

圧倒的スピードと、人を選ばない正確な色設定。加えて、残像感をクリアに除去する「ELMB Sync」や、暗いところを明るく補正する「Dynamic Shadow Boost」にも対応。

ASUS / サイズ : 27インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 280 Hz / パネル : IPS / 同期技術 : G−SYNC Compatible / 保証 : 3年
  • 性能は欲しいが映像美も大事
  • 280 Hzは気持ち的にうれしい
  • FPSゲーム~いろいろな用途に対応

画質も欲しい、キレのある速い映像も欲しい。どっちも両立したい欲張りゲーマーに「VG279QM」はベストな240 Hz(280 Hz)モニターです。

やかもち
価格は約4.9万円。今のところ、同じ価格でVG279QMに対抗できるモニターは存在しません。独占的な立場です。

読む:ASUS TUF Gaming VG279QMのレビュー


9. BenQ XL2546K

競技ゲーマーにおすすめな240 Hzモニター

BenQ Zowie XL2546K
画面サイズ24.5インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート240 HzHDMI 2.0 : ~240 Hz / DP 1.2 : ~240 Hz
パネルTN(AU Optronics製)
応答速度平均1.29 ミリ秒最速:0.50 ms / 最悪:2.01 ms
入力遅延8.7 ミリ秒(60 Hz)
色の正確さそこそこ正確※標準モード時
エルゴノミクス
  • 高さ調整(155 mm)
  • 前後チルト(+23° ~ -5°)
  • 左右スイベル(+45° ~ -45°)
  • ピボット(+90°)
ゲームに強い
  • Black eQualizer
  • Color Vibrance
  • DyAc+(残像低減機能)
  • FreeSync Premium(適応垂直同期)
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格58560 円

Apex Legendsやシージで高ランク帯を目指す、ガチなゲーマーにおすすめのモニターが「XL2546K」です。

XL2546Kは、競技ゲーマー向けに開発されているBenQ Zowie XLシリーズの最新モデルで、圧倒的に速いTNパネルとBenQならではの強力なゲーマー機能を兼ね備えます。

対応リフレッシュレートは最大240 Hzで、残像感をほぼ完全に取り除く「DyAc+(Dynamic Accuracy Plus)」に対応。BenQのDyAc+は、他社の追随を許さない最強の残像低減機能です。

BenQ XL2546Kをレビュー:DyAc+の残像低減効果を撮影

DyAc+モード時のクリアな映像は、誰が見ても体感できます。もちろん、DyAc+を使わなくても残像は非常に少なく、応答速度をちもろぐで実測すると平均1.29 ミリ秒、最速は0.5 ミリ秒に達します。

従来モデルのXL2546より大幅に応答速度は高速化し、OLEDテレビにも迫るほど突出した応答速度です。Apex Legendsやフォートナイトといった競技ゲームを有利にするなら、XL2546Kがベストです。

BenQ / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 240 Hz / パネル : TN / 保証 : 3年 / 備考 : XL Setting to Share対応
  • 一番速いゲーミングモニターがほしい
  • ゲームで勝つためのモニターがほしい

「DyAc+」以外のゲーム機能も強いです。色を鮮やかに補正して視認性を高める「Color Vibrance」、暗い部分を自然な明るさに調整する「Black eQualizer」に対応しています。

やかもち
240 Hzは珍しくないですが、実測で平均1 ミリ秒台は初めて見ました。と・・・とにかく速い。

読む:BenQ Zowie XL2546Kのレビュー


10. ROG Swift PG259QN

世界最速のIPSモニターが欲しい人に【360Hz】

ASUS ROG Swift 360Hz PG259QN
画面サイズ24.5インチ(1920 x 1080)
リフレッシュレート360 HzHDMI 2.0 : ~240 Hz / DP 1.4 : ~360 Hz
パネルFast IPS
応答速度平均1.92 ミリ秒最速:1.04 ms / 最悪:3.48 ms
入力遅延1.75 ミリ秒(360 Hz)
色の正確さ正確工場でキャリブレーション済み
エルゴノミクス
  • 高さ調整(120 mm)
  • 上下チルト(+20 ~ -5°)
  • 左右スイベル(+25 ~ -25°)
  • ピボット(90°)
ゲームに強い
  • ULMB(残像低減機能)※240 Hzまで対応
  • Shadow Boost
  • G-SYNC(適応垂直同期)G-SYNCプロセッサーを搭載
HDR対応
  • Display HDR 400
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格85980 円

理論上、240 Hzより更にゼロラグに近いゲーミングを可能にする、360 Hz駆動のゲーミングモニターが登場。

それが「ROG Swift 360Hz PG259QN」です。台湾AU Optronics社の最新世代「AHVA(IPSパネル)」を採用して、最大360 Hzに対応、応答速度はちもろぐの実測で平均1.92 ミリ秒を叩き出します。

2020年時点、PG259QNは世界でもっとも残像が少ないキレのある映像を出力できる、唯一のIPSゲーミングモニターです。最速のIPSゲーミングモニターが欲しい人に、PG259QNを強くオススメします。

さらにG-SYNCプロセッサー搭載による完全な「G-SYNC」に対応。リフレッシュレート1 ~ 360 Hzすべての範囲で、テアリングとスタッタリングをほぼ完全に除去可能です。

ASUS / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 360 Hz / パネル : IPS / 保証 : 3年 / 備考 : G-SYNCモジュール搭載
  • 最速のIPSゲーミングモニターがほしい
  • 異次元の「360 Hz」を体験したい
  • FPSゲーム~いろいろな用途に対応

ちなみに、PG259QNは工場出荷時にキャリブレーションが施され、何もしなくても色が非常に正確(ΔE > 1.5)。画面の明るさはピーク時に400 cd/㎡オーバー、コントラスト比は約1480に達します。

ゲームは圧倒的に強く、コンテンツにも強い、万能型ゲーミングモニターに仕上がっています。(お高い値段を除き・・・)誰にでもおすすめできる性能を持つモニターです。

読む:ASUS ROG Swift 360Hz PG259QNのレビュー

やかもち
言うまでもないですが、360 Hzを活かすには相当ハイエンドなグラボが必要なので注意。
ここからUWQHD(ウルトラワイド / 3440 x 1440)ゲーミングモニター

11. LG 34GN850-B

21:9ゲーミングに没頭したい人におすすめ

LG 34GN850-B
画面サイズ34インチ(3440 x 1440
リフレッシュレート144 ~ 160 HzHDMI 2.0 : ~85 Hz / DP 1.4 : ~160 Hz
パネルNano IPS
応答速度平均3.91 ミリ秒最速:2.43 ms / 最悪:5.03 ms(TechSpot
入力遅延8.35 ミリ秒
色の正確さやや正確鮮やかで美しい色合い
エルゴノミクス
  • 高さ調整(110 mm)
  • 上下チルト(+15 ~ -5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • Black Stabilizer
  • FreeSync Premium(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
HDR対応
  • Display HDR 400
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格117600 円

「LG 34GN850-B」は、広視野角「21 : 9」に対応したゲームに没頭したいゲーマーにイチオシのゲーミングモニターです。

解像度はとんでもなく横に広い3440 x 1440(UWQHD)を備え、リフレッシュレートは最大160 Hz(※HDMIは85 Hzまで)に対応します。パネルはLG自社製品の「Nano IPS」を採用して、UWQHDトップクラスの応答速度です。

モニター本体は湾曲しており、視野角の問題を物理的に解消します。中央から画面の端っこまで、どこを見ても自分の方にパネルが向いているため、面積が大きいだけの平面パネルより「没入感」を得やすいです。

一方で、湾曲によって抜群の没入感と安定した視野角を手に入れられる代わりに、汎用性(= 万能タイプ)は失われます。特にクリエイティブな用途と相性は悪いです。線が曲がって表示されるゆえ、平面に戻すと歪む可能性大。

少なくとも、ぼく自身は湾曲モニターでイラストを描くのは・・・慣れれば何とかなる予感はするけれど、慣れてしまうのも不安が残る印象でした。湾曲モニターはゲーム用に使うのが無難でしょう。

LG / サイズ : 34インチ / 解像度 : 3440 x 1440 / リフレッシュレート : 144~160 Hz / パネル : IPS / 同期技術:G-SYNC Compatible
  • 「21 : 9」ゲーミングにどっぷり浸かりたい
  • 湾曲モニターで視野角の心配なし
  • 高性能なUWQHDモニターがほしい

21 : 9ゲーミング用に、高性能な144 Hz以上のモニターが欲しいゲーマーにおすすめ。日本で買えるウルトラワイドゲーミングモニターの中で、34GN850-Bが一番コスパよく高性能です。

似たようなスペックだと、Dell AW3420DWやAcer X34Pがありますが価格が13~14万円とかなり割高な割に・・・リフレッシュレートは最大120 Hzにとどまっています。あえて選ぶ理由は薄いです。

やかもち
自社でパネルを作れるメーカーは、価格競争力が強いね。UWQHD(3440 x 1440)だとLG製のコスパが本当に優れています。
ここから4K(3840 x 2160)ゲーミングモニター

12. BenQ EW3280U

4K HDRでリアルなゲーム体験におすすめ

BenQ EW3280U
画面サイズ32インチ(3840 x 2160
リフレッシュレート60 HzHDMI 2.0 : ~60 Hz / DP 1.4 : ~60 Hz
パネルIPS
応答速度平均8.6 ミリ秒最速:3.55 ms / 最悪:15.05 ms
入力遅延8.3 ミリ秒
色の正確さやや正確鮮やかで美しい色合い
エルゴノミクス
  • 高さ調整
  • 上下チルト(+20 ~ -5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
HDR対応
  • Display HDR 400ピーク輝度は437 cd/㎡を記録
スピーカー内蔵(2.1チャンネル)内蔵スピーカーとしては「高音質」
保証3年
参考価格79800 円

4K HDR対応によるリアルな映像で、没入感ある高画質なゲームプレイをするなら「EW3280U」がおすすめ。

Display HDR 400認証を取得したマトモな4K HDRモニターです。安価な4Kモニターでありがちな、なんちゃってHDR対応とは、まさに別格の高画質を出力できます。

色は最初からとても美しく調整されていて、おそらく誰が見ても「高画質」「色が鮮やかでキレイ」と感じやすいです。クリエイティブ用途だと色はズレてますが、映画用やゲーム用に使う場合は気にしなくて大丈夫。

応答速度はIPSパネルとして普通で、入力ラグは体感できません。基本的な性能はOKですね。ただし、ゲーマー向け機能は特に無いので、FPSゲームをする人には向かないです。

4K Ultra HDR対応の高画質なアニメや映画の鑑賞、Death StrandingやThe Elder Scrolls VIのような、HDR対応コンテンツやゲームを高画質で楽しむならベストなモニターです。

BenQ / サイズ : 32インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 60 Hz / パネル : IPS / HDR : DisplayHDR 400 / 同期技術 : FreeSync / USB給電 : 60 W / 保証 : 3年
  • 4K HDR対応で映像美がすごい
  • 32インチの大画面でゲームに没頭
  • 内蔵スピーカーの音質も大事

内蔵スピーカーは「BenQ treVolo」を搭載します。2.1チャンネルのスピーカーシステムによって、内蔵タイプとは思えない臨場感のある音質です。2000~3000円の外付けスピーカーよりは、音質が良いです。

パソコン用としてはもちろん、PS4 ProやPS5などゲーム機用にもおすすめできます。

読む:BenQ EW3280Uのレビュー


13. LG 27GN950-B

最高の4Kゲーミングに相性ぴったり !!

4K大画面で144 Hzに対応「LG 27GN950-B」
LG 27GN950-B
画面サイズ27インチ(3840 x 2160
リフレッシュレート144 ~ 160 HzHDMI 2.0 : ~60 Hz / DP 1.4 : ~160 Hz
パネルNano IPS
応答速度公称1 ミリ秒
入力遅延不明まだ計測してません
色の正確さ正確工場でキャリブレーション済み
エルゴノミクス
  • 高さ調整(110 mm)
  • 上下チルト(+15 ~ -5°)
  • 左右スイベル
  • ピボット
ゲームに強い
  • Black Stabilizer
  • FreeSync Premium(適応垂直同期)G-SYNC互換モードも対応
HDR対応
  • Display HDR 600
スピーカーなしスピーカー端子あり
保証3年
参考価格99720 円

4K(60 Hz)では物足りないマニアなゲーマーにおすすめが「LG 27GN950-B」です。

数ある4Kモニターの中でも非常に珍しい、4K解像度で最大144 Hz(OCモードで160 Hz)に対応します。ハイエンドグラボ「RTX 3080」や「RX 6800 XT」の性能を活かすために、適任なスペックです。

パネルはLG製「Nano IPS」を採用し、IPSパネルの4Kモニターで屈指の応答速度(公称値は1 ミリ秒)を実現します。加えて144 Hz駆動の効果で視覚的に残像を減らせるし、入力ラグも60 Hzより約60%もカットできます。

ダイレクトな操作感、ヌルヌルとした自然な4K映像体験において、LG 27GN950-Bの右に出る者はいないでしょう(※少なくとも日本国内だと同じ10万円台で皆無)

しかも27GN950-Bの魅力は「速さ」だけ、ではありません。映像美も力が入ったモニターです。色設定はメーカーが工場にてキャリブレーション済みで、色の正確さはΔE > 2.0と驚くほど正確に調整されています。

リアルな映像体験をもたらすHDRも対応。VESA社の「Display HDR 600」認証を取得しており、最大600 cd/㎡を超えるピーク輝度と、DCI P3で97%以上をカバーする広大な色域で優れたHDR映像を出力できます。

LG / サイズ : 27インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : Nano IPS / 同期技術:G-SYNC Compatible / 保証 : 3年
  • 4Kで144 Hzを体験したい
  • 質の高い4K HDRゲームに没頭
  • ハイエンドグラボの性能を活かしたい

コアゲーマーはもちろん、写真加工や動画編集を行うクリエイターにとっても魅力的な性能を兼ね備えた、多用途かつ高性能な4Kゲーミングモニターです。

なお、注意点がひとつあります。映像出力端子はHDMIだと最大60 Hzまで、Display Portで144~160 Hz対応です。つまり・・・HDMI 2.1を使用する次世代ゲーム機では60 Hzどまりです。

PS5やXbox Series Xで4K120 Hzを出したい人は、この次に紹介する「LG C9 OLED」「LG CX OLED」を検討してください。2020年時点で、HDMI 2.1を装備するゲーミングモニターは存在しません。


14. LG C9 OLED 55″

PS5で4K120 Hzにコスパ最高のOLED TV

PS5におすすめなゲーミングモニター:コスパ最高の有機ELテレビ「LG C9 OLED」
LG C9 OLED型番:OLED55C9PJA
画面サイズ55インチ(3840 x 2160
リフレッシュレート120 HzHDMI 2.1 : ~120 Hz
パネルOLED
応答速度平均0.25 ミリ秒最速:0.15 ms / 最悪:0.37 ms
入力遅延15.9 ミリ秒HDMI 2.1 VRR時(Rtings調べ)
色の正確さかなり正確だいたい合ってる
エルゴノミクス
ゲームに強い
  • ブラックフレーム挿入
  • HDMI 2.1 VRR
  • ALLM(自動低遅延モード)
HDR対応
  • 4K Cinema HDR(Dolby Vision / HDR10 /  HLG)
  • HDR Dynamic Tone Mapping Pro
スピーカー内蔵(2.2チャンネル)非常にマトモな音質です
保証1年
参考価格169800 円

「LG C9 OLED」はゲーミングモニターではなく、有機EL(OLED)パネルを使った4Kテレビです。なぜテレビが、ゲーミングモニターおすすめに登場するのか?

理由はシンプルで、次世代ゲーム機(PS5 / Xbox Series X)の4K120 Hz出力を使うためにはHDMI 2.1が必要ですが、残念ながらHDMI 2.1を搭載する4Kモニターがまだ1台も存在しないからです。

そこで有力候補に挙がったのが、筆者も愛用中の4Kテレビ「LG C9 OLED」というわけ。2019年発売のテレビにも関わらず、HDMI 2.1を装備し、VRR(可変リフレッシュレート)ALLM(自動低遅延モード)も対応します。

基本的な画質と性能はさすが有機EL(OLED)パネル。美しく調整された色設定、完璧な黒による無限のコントラスト比、TNパネルを遙かに上回る応答速度(筆者の実測で平均0.25 ミリ秒)などなど。圧巻の性能です。

HDRも対応しており、有機ELテレビとしてトップクラスのHDR性能を出せます。ただし、画面全体が真っ白なシーンでは画面の明るさが意図的に下げられる仕様※があります。幸い、部屋を暗くすれば気にならないレベルです。

※正式名称は「ABL(Auto Brightness Limiter)」です。有機ELパネルは画面全体が明るくなると故障しやすいので、故障を予防する目的で「ABL」が導入されています。設定で無効化はできません。

LG / サイズ : 55インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 120 Hz / パネル : OLED / 同期技術:HDMI 2.1 VRR(4K60 Hzまで)
  • PS5を「4K120 Hz」でプレイしたい
  • 55インチの大画面で没入感がすごい
  • ハイエンドグラボの性能を活かしたい

55インチの大画面は「没入感」がやっぱりスゴイですが、PCデスクで使うには不向きなので注意。リビングやソファーで2~3メートル程度の距離をとれる環境にオススメです。

なお、HDMI 2.1は次世代ゲーム機だけでなく、最新のグラボ「RTX 30シリーズ(RTX 3070 / 3080 / 3090)」も対応しています。PCゲームで大画面ゲーミング環境を構築したい人にも、LG C9 OLEDは選択肢です。

Club3D / 規格:HDMI 2.1 / 対応:8K@30 Hzまで / DSC時:10K@120 Hzまで / 長さ:3.0 m / 保証:1年 / 備考:HDMIライセンス認定
やかもち
日本ではLGが不人気メーカーという事情もあり、最高峰のOLED TVがSonyより割安に買えるのも地味なメリット(苦笑)。
LG / サイズ : 55インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 120 Hz / パネル : OLED / 同期技術:HDMI 2.1 VRR / 備考:キャリブレーションなし

約16万円の「C9 OLED」と、約13万の「B9 OLED」のもっとも大きな違いは、初期設定時の色合いの美しさと正確さです。C9は最初から何もしなくていいほど、キレイに色が調整済み。一方、B9の色はやや暖色に歪んでいて、万人向けではありません。

調整すればC9と同レベルの色合いに改善はできますが、キャリブレーション機材などを使わず、人間の目で見ながら手動で調整するのはかなり苦労します。ホントに苦労するので、3万円程度の差額なら、キャリブレーション済みのC9を買ったほうが良いです。


15. LG CX OLED 48″

PS5で4K120 HzにイチオシのOLED TV

PS5におすすめなゲーミングモニター:48インチの有機ELテレビ「LG CX OLED」
LG CX OLED型番:OLED 48CXPJA
画面サイズ48インチ3840 x 2160
リフレッシュレート120 HzHDMI 2.1 : ~120 Hz
パネルOLED
応答速度公称1 ミリ秒以下※OLEDパネルの応答速度はほぼ瞬時
入力遅延11.1 ミリ秒HDMI 2.1 VRR時(Rtings調べ)
色の正確さかなり正確だいたい合ってる
エルゴノミクス
ゲームに強い
  • ブラックフレーム挿入
  • HDMI 2.1 VRR
  • ALLM(自動低遅延モード)
HDR対応
  • 4K Cinema HDR(Dolby Vision / HDR10 /  HLG)
  • HDR Dynamic Tone Mapping Pro
スピーカー内蔵(2.2チャンネル)非常にマトモな音質です
保証1年
参考価格193800 円

LG C9 OLEDの後継モデル(2020年モデル)として、「LG CX OLED」が登場。

従来モデルは55インチが一番小さいサイズでしたが、今回のCXから日本の住宅事情にもマッチしていて、PCデスクでも比較的使いやすい48インチモデルがラインナップされています。

48インチと55インチの大きさを比較

基本的な性能はC9 OLEDと大きく違いはありません。

キレイに調整済みの色の正確さ、ほぼ瞬時の応答速度、OLEDテレビで依然トップクラスのHDR性能(※ABLの仕様は変わらず)などなど。C9 OLEDに引き続き、ハイレベルな性能です。

では従来のC9 OLEDと何が違うのか。

  • 48インチ版の登場
  • 入力遅延がさらに短縮された
  • 4K時のVRRが最大120 Hzに対応
  • 2.2 ch内蔵スピーカーの音質アップ

ハッキリ分かる違いは以上の4つです。

HDMI 2.1に対応する次世代ゲーム機やグラフィックボードの登場に合わせて、仕様を少し改善しています。特に4K VRRの対応リフレッシュレートが40 ~ 60 Hzから120 Hzに改善された点は、ゲーマーにとって嬉しい知らせです。

なお、RTX 30シリーズを使うとG-SYNCが正しく機能しない不具合※が発見されていますが、LGはファームウェアの更新で修正する方針です。過去のLG OLEDシリーズもファームウェア更新で穴を埋めてきたので、ほとんどの問題は時間が解決してくれるでしょう。

元ネタは米Forbesより「RTX 30でG-SYNCを使うと、高フレームレート時にスタッタリングが発生」するとのこと。LGは「ファームウェア更新で修正を約束する」と声明を出しています。

LG / サイズ : 48インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 120 Hz / パネル : OLED / 同期技術:HDMI 2.1 VRR(4K120 Hzまで)
  • 48インチで設置しやすい大きさ
  • PS5を「4K120 Hz」でプレイしたい
  • ハイエンドグラボの性能を活かしたい

4K120 HzのOLED TVをコストパフォーマンスで選ぶなら型落ちで値段が安くなった「LG C9 OLED」を、ゲーム向けに強化された性能を重視するなら最新の「LG CX OLED」を選んでください。

やかもち
LG CX OLEDのデメリットは「値段リセット」くらいですね。型落ちで安くなる「C9」の存在が悩ましい。

おすすめなゲーミングモニターをまとめ

おすすめゲーミングモニター性能機能HDRコスパ
万人向けPixio PX247
ASUS VG259Q
BenQ EX2780Q
FPSゲームで勝つBenQ GL2480
BenQ XL2411K
BenQ XL2546K
ASUS VG279QM
ASUS PG259QN
WQHDゲーミングHP OMEN 27i
DELL S2721DGF
ウルトラワイドLG 34GN850-B
4KゲーミングBenQ EW3280U
LG 27GN950-B
4K120 Hz対応LG C9 OLED(55″)
LG CX OLED(48″)

目的別に、PS5におすすめなゲーミングモニターを表にまとめました。

ASUS / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : IPS / 同期 : G-SYNC Compatible & FreeSync / 機能 : ELMB

万人向けにおすすめなモニターは「ASUS VG259Q」です。そこそこ速い応答速度、最初からキレイな色設定、各種ゲーマー向け機能など。ホントにバランスよくまとまったモニターです。

WQHD以上に興味がないのであれば、とりあえずVG259Qでほとんどのユーザーは満足できるはず。

BenQ / サイズ : 24.5インチ / 解像度 : 1920 x 1080 / リフレッシュレート : 144 Hz / パネル : TN / 保証 : 3年 / 備考 : XL Setting to Share対応

FPS / TPSゲームをとにかく有利にプレイしたいコアゲーマーは「BenQ XL2411K」が強いです。とても高速なTNパネルを搭載し、他社の追随を許さない強力なゲーマー向け機能を搭載します。

Black eQaulizerもDyAcも他社にパクられてますが、肝心の性能はいまだにBenQがトップを独走中。なお、Color Vibranceに至っては同じ価格帯だと、まだパクられていません。

やかもち
WQHD / 4K以上は、それぞれ自分のニーズに合ったモノを選んでください。
Sponsored Link

ゲーミングモニターのよくあるQ&A

パネルはTN / IPS / VA / OLEDのどれがいい?

あえてひとつ挙げるなら「IPS」パネルが良いです。それぞれのパネルの特徴を以下にまとめます。

パネルの種類メリットデメリット相性の良い用途
TNパネル
  • 価格が安い
  • 応答速度が速い
  • 普及率が高い
  • 視野角がせまい
  • コントラスト比が低い
  • 色ムラ(均一性)が悪い
  • ゲーミング
VAパネル
  • コントラスト比が高い
  • 視野角はTNより良い
  • 色ムラ(均一性)が良い
  • 応答速度が遅い
  • 映像鑑賞
IPSパネル
  • 視野角がとても広い
  • 色がキレイな傾向
  • 普及率が高い
  • 応答速度はやや遅い
  • 色ムラ(均一性)が悪い
  • イラスト
  • 写真編集
  • 映像鑑賞
OLED
  • 広い視野角
  • 色がとても美しい
  • 応答速度が速い
  • コントラスト比
  • 価格が高い
  • 全白シーンが暗い
  • 焼き付きリスク
  • ゲーミング
  • 映像鑑賞

IPSパネルは低価格で色が美しく、応答速度も技術の進歩で少しずつ高速化しています。Display HDR 400以上を取得した製品では画面の明るさ、表示できる色の広さもかなり良好で、万人向けの特性を持つパネルです。

読む:「IPSパネル」の仕組みと特徴を解説

TNパネルは視野角が狭い影響で、発色が全体的に白っぽくなりやすく、万人にはウケないパネルです。一方で、IPSパネルより遙かに速い応答速度から生み出される、残像感の少ないキレのある映像は、競技ゲーマーから支持されています。

読む:「TNパネル」の仕組みと特徴を解説

VAパネルは、バックライトの光漏れをきちんと抑えて、深い黒色を出せるようにしたパネルです。高いコントラスト比が大きなメリットで、おもに映画やアニメの視聴と相性が良いです。

フルアレイローカル調光(FALD)や量子ドット(QLED)と組み合わせ、飛躍的にコントラスト比とピーク輝度を高めた製品も多く見られ、HDR性能を重視するとVAパネルに行き着くと思います。

読む:「VAパネル」の仕組みと特徴を解説

そして最後に有機EL(OLED)パネルについて。OLEDはパネル本体が発光します。バックライトが不要になったので、TNパネルですら勝てない応答速度を実現し、ローカル調光を使わずに完璧な黒色を出力可能です。

ただしOLEDは既存のパネルを置き換える、最高のパネルではありません。仕組み上どうしても避けられない「焼付きリスク」と、パネルを保護するABLによって「全白シーンの輝度低下」がOLEDの大きなデメリット。

UIが固定表示されるゲームやWindowsとの相性は悪いです。HDRコンテンツを最高のクオリティで表示させたい、コアなコンテンツユーザーにとって、輝度低下があるOLEDは選択肢から外れるでしょう。

パネルの種類メリットデメリット相性の良い用途
Mini LED
  • 圧倒的なピーク輝度
  • 色がキレイ
  • 高いコントラスト比
  • 色ムラ(均一性)が良い
  • 広い視野角(IPSなら)
  • 焼き付きなし
  • 応答速度はやや遅い
  • コストが高い
  • 普及率が低い
  • イラスト
  • 写真編集
  • 映像鑑賞
OLED
  • 広い視野角
  • 色がとても美しい
  • 応答速度が速い
  • コントラスト比
  • コストが高い
  • 全白シーンが暗い
  • 焼き付きリスク
  • ゲーミング
  • 映像鑑賞

「Mini LED(ミニLED)」は総合性能でOLEDパネルより高性能ですが、ゲーミングモニター向けではないです。普通のTNやIPSパネルと比較して応答速度が遅いですし、リフレッシュレートは最大120 Hzにとどまっています。

最高の映像体験、特にHDR性能を求めるコンテンツユーザーにとって、Mini LEDは現実的な値段で買える最良の選択肢です。でもゲーム目的だとミスマッチな性能が多く、普通のTNやIPSパネルで十分にニーズを満たせます。

低価格化、144 Hz以上の高リフレッシュレート化、そしてTNパネル並に速い1 ミリ秒台の応答速度。この3つを実現できたとき、Mini LEDをゲーミングモニターおすすめに掲載できると思います。

ASUS / サイズ : 32インチ / 解像度 : 3840 x 2160 / リフレッシュレート : 60 Hz / パネル : IPS(Mini LED) / 保証 : ドット抜け3年保証 / 備考 : X-rite i1 Display Proが付属

応答速度のメーカー公称値ってウソなの?

メーカー公称値の応答速度は信用していいの?

ゲーミングモニターのスペックでよくアピールされている「応答速度」ですが、残念ながらメーカー公称値はあまり信用しすぎない方が良いです。

パネルの製造メーカーから提供されたスペックをそのまま掲載しているか、特定の条件でしか測定できないベストな数値を掲載しているに過ぎません。

そもそも一般ユーザーが実際の応答速度を正確に確かめる方法は存在しないので、悪く言えばメーカーの「言ったもん勝ち」です。

読む:ゲーミングモニターの応答速度を客観的に計測する方法(ちもろぐ式)

ASUS ROG Swift 360Hz PG259QNUをレビュー(応答速度を比較)

ちもろぐが過去のレビューで行った測定では、ほとんどのゲーミングモニターが速くて2 ミリ秒前後遅くて6~21 ミリ秒に収まります。有機ELテレビだと0.2 ミリ秒、最速のTNパネルでようやく1 ミリ秒台です。

つまり、極端な数字(例:0.2 ミリ秒や0.5 ミリ秒)をメーカー公称値としてスペック表に掲載しているゲーミングモニターの大部分は、信用できません。

専用の測定機材を使わず、人間の目を使って応答速度を確かめる方法があるので紹介します。

UFO Test : Ghostingで応答速度をチェック

Web上でチェックできるUFO Testの「Ghosting」テストを表示します。左から右へと一定周期で流れるUFOを、目で追ってください。すると応答速度が遅いモニターほど、UFOが残像でびよ~んと伸びて見えるはずです。

ゲーミングモニターの「応答速度」を写真で比較

デジカメでUFOを追尾撮影(スライダーショット)すると、応答速度違いをハッキリと撮影できます。

なお、同じ応答速度でも、

  • IPSパネルの方が残像は伸びて見えやすい
  • VAパネルはもっと伸びて見えやすい
  • リフレッシュレートが高いほど残像は短くなる

上記のような特徴があります。

というわけで、比較写真のとおり応答速度が「1 ミリ秒台」ならUFOの残像はほとんど見えません。よって、残像が伸びて見えるなら少なくとも1 ミリ秒ではない・・・と判断ができます。

入力ラグはどれくらいが良いの?

入力遅延(ラグ)を計測する様子

安物のモニターでも入力遅延は意外とマトモ

16 ミリ秒以下なら問題ありません。↑の写真では8.6 ミリ秒なので、問題ないです。

16 ミリ秒をオーバーして、24 ミリ秒くらいになると、ゲームに慣れている人なら体感できます。32 ミリ秒を超えればほとんどの人が「画面の反応が遅いような?」と気づきます。

本記事で紹介した7つのゲーミングモニターは、すべて入力遅延が16 ミリ秒以下(9 ミリ秒前後)です。どれを選んでも、体感できるほどの入力遅延はないので安心して選んでください。

やかもち
リフレッシュレートが高いほど入力ラグも短くなるから、120 Hz以上なら基本的に大丈夫です。

144 Hzや240 Hzは高性能なゲーミングPCが必要なの?

いくらモニター側のリフレッシュレートが高速でも、パソコン側が出せるフレームレート(fps)が不足すると、せっかくの高リフレッシュレートを活かせません。

GeForce RTX 3080のベンチマーク比較:Apex Legends

たとえばApex Legendsの場合、フルHDで240 fps以上を出せるグラボは「RTX 3080」です。設定を「低」に落としても、少なくとも「RTX 2070 Super」以上はほしいところ。

安定して240 fps以上を出すためには、思っている以上にハイエンドなグラボが必要なので、PCスペックに自信がない場合はグラボのアップグレード。またはゲーミングPCの買い替えを検討してください。

参考になる記事を↓に置いておきます。

画面の大きさはどれくらいが良い?

ディスプレイの大きさ(画面サイズ、インチ数)の比較写真

画面の大きさ(インチ数)は、ゲーミングモニターを使う環境と、画面の解像度に合わせて選んでください。

画面サイズおすすめ解像度使用環境
21.5 インチフルHDPCデスク
24.5 インチ
27.0 インチフルHD
WQHD
31.5 インチWQHD
4K
43.0 インチ4KPCデスク
ソファー
48.0 インチソファー
55.0 インチ

フルHDの場合、画面サイズは21.5~27インチが適正な範囲で、24インチ台が人気です。WQHDは27~32インチの範囲が適正で、27インチがちょうどよいディティール感(= 画素ピッチ)で人気を集めています。

4Kは31.5インチ以上がおすすめですが、PCデスクで使うなら32インチが限度とされています。個人的には、画素ピッチを考えると43インチまではOKという考えで、筆者本人は43インチの4Kモニターで今まさにブログを執筆中です。

48インチ以上はPCデスクで使うには画角が広すぎて端っこの方は歪んで見え、画素ピッチも粗っぽいので、2メートル以上の距離を取れる場合におすすめ。たとえば、ソファーで寝転んでごろごろとゲームをするなら、48インチ以上がちょうど良いです。

HDMIとDisplay Portどちらが良い?

「HDMIだと240 Hzを選べない」または「Display Portだと144 Hzまでだった」など、設定から240 Hzを選べない原因としてよく挙げられるのが「ケーブルの種類」です。

結論から言うと、どちらが良いというより、使っているモニター側が対応しているかどうかを確認するべき。

HDMI 1.4で「144 Hz」に対応しない製品もある

240 Hz対応モニターなのに、HDMI端子だと最大144 Hzまで・・・Display Portのみ240 Hz対応といったトンチンカンなゲーミングモニターは確かに存在します。

なお、使用するケーブルは基本的に付属品で大丈夫ですが、心配な人はついでに購入しておくと良いでしょう。万が一、付属品が不良だった場合の保険として安い投資です。

HORIC / 長さ : 2.0m / 最大解像度 : 4K60p (18Gbps) / 端子 : 金メッキ / 保証 : 1年

【ASUS / BenQ / LGなど】おすすめなメーカーはある?

ゲーミングモニターの性質上、メーカーでざっくりと決めるのはおすすめしません。

使われているパネルの種類や製造元メーカー、実際のパフォーマンス(応答速度や機能性など)で選んだ方が失敗しづらいです。有名なメーカーだからといって、実際に良いモノかどうかは製品次第なんです。

それでもおすすめなメーカーを知りたい人には、多少は信頼できるメーカーとブランドをいくつか紹介します。

  • ASUS(エイスース):TUF GamingやROG Swiftブランド
  • Acer(エイサー):NitroやPredatorブランド
  • BenQ(ベンキュー):Zowie XLやMOBIUZ EXブランド
  • LG:Nano IPS採用のUltraGearブランド
  • DELL:3年間のドット抜け保証は高信頼

要するに、メーカーがお金をかけてマーケティングやブランディングに力を入れているブランドなら、ある程度の品質と信頼性が担保されています。

初心者もち
あれ?日本のEIZOはどうなの?

EIZOは製品の信頼性こそ高いです。10万円近い高価格なモデルはパネルの個体差が少ないように見えますし、保証はDELLを上回る「5年間のドット抜け保証」が付いています。

しかし、ゲーマー向けのモニターは値段の割にはスペックがイマイチな傾向が強く、2019年の「FORIS NOVA(OLED)」を最後にゲーマー向けの新製品が出ていません。少なくともゲーマー的に魅力的なEIZO製品は(今のところ)ないです。

モニター付属スピーカーの音質は良い?

PCゲーマーは、何かしらスピーカーやヘッドセットを使っているので、モニターの内蔵スピーカーの音質なんて気にしません。

問題はゲーム機でモニターを使おうと考えている、据え置きゲーマーですね。結論だけ言うと、モニター付属スピーカーの音質はかなり貧弱で、スカスカな音質です※。

ゲーム機ごとに解説を用意したので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

読む:【PS4 / PS4 Pro】おすすめなヘッドセット、音質の改善方法

読む:【PS5】ヘッドセットを接続してTempest 3D オーディオを使う

※BenQ EX2780Qなど、内蔵スピーカーにこだわったモニターや、LG C9 OLEDのようにマトモなスピーカーを搭載するハイエンド4Kテレビは例外です。

「ちもろぐ厳選」は信用できるの?

おすすめゲーミングモニターの「ちもろぐ厳選」って信用できんの?

まとめサイトによくある「メーカー公称値のスペックで選んで、とりあえずペタペタと列挙してみた。」だけの記事よりも、今回の記事の方が信頼性は高いと思います。

一応、普通のブロガーさんやまとめ系ライターさんよりモニターに関して知識があり、測定機材を使ってきちんと客観的なレビューを行っている「ちもろぐ」の方が、信用できるはず。

モニターの性能を測定する専用の機材たち

写真の左から順番に、

  • モニターの「色」を測定する:分光測色計「X-rite i1 Pro 2」
  • 光ディテクターの測定結果をデジタル化:USBオシロスコープ「PicoScope 5242A」
  • モニターの「応答速度」を測定する:光ディテクター
  • モニターの「入力遅延」を測定する:Input Lag Tester(フルHD@60 Hzのみ)

を使っています。リース落ちを狙ったりして、安く入手する努力はしていますが・・・それでも高いです。

ちもろぐでは総額50万円近い専用の機材を使って、客観的にモニターの性能を測定して数値化するレビューを行っています。実際に自分で試していないゲーミングモニターに関しては、信頼できる客観的なデータ※をもとに選定しています。

決してメーカーの公称値をそのまま信じて、オススメを決めることはないです。同じ1 ミリ秒でも、TNとIPSパネルで実際の応答速度はまったく違うように、あくまでも実測された測定値を重視して選んでます。

やかもち
今回の記事に掲載したモニター15品で、実際に持っていないモニターは、お金に余裕あれば自分でも欲しいくらいです。「欲しくないな・・・」程度なら掲載してません。

以上「【2020年】ゲーミングモニターおすすめ:15選【ちもろぐ厳選】」について、解説でした。

Sponsored Link

29 件のコメント

  • 記事とは関係ないんですが、dx11,12両方使えるゲームでのcpugpu使用率やフレームレートの差などを検証して欲しいです

    • 使ってるグラフィックボードによって、DX11の方が良かったり、DX12が良かったりするので、かなり難しい検証ですね・・・。検証するタイトルを1~2本に絞ればできそうですが、11~12月はRyzen 5000(Zen3)やRX 6000(RDNA2)のレビューがあるので、年内の検証は期待薄だと思ってください。

  • いつも丁寧で客観的な検証・レビューお疲れ様です。自作PC歴3年ですが、このブログが一番分かりやすく参考になります。お金貰ってもいいくらいの内容なので、この先も読ませてください。

  • スピーカー「なし」が機種によってチェックだったりバツだったりでまちまちなんですが、どういう基準なんですかね?

    • すみません・・・在庫切れだったので、てっきり終息したモニターなのかと勘違いしてました。よく調べると2020年9月発売のかなり新しい製品なんですね。
      過去の価格を見ると5.8万円。UWQHD(3440 x 1440)で5.8万円はコスパは圧倒的に良さそうです。
      ただ、VAパネルは応答速度が遅い傾向があるので、評価はプレイするゲームに依って分かれると思います。FPS / TPSゲームよりも、RPGやレーシング系のゲームなら相性良さそうです。

  • グリーンハウスの常に2万円切りしている144HzのADSパネルのモニターってどうなのか気になります。

    • 「GH-ELCG238A-BK」のことでしょうか?
      2万円台の144 Hz IPSならPixio PX247で良いのでは。と思ったけど、グリーンハウスさんの方はエルゴノミクスまでしっかり作り込んであって、さらにコスパ良さそうですね。
      溜め込んでるレビューが一段落したら、試してみようと思います。

  • この記事をEIZOのFG2421で見てる俺氏、感情の置き場に困る模様。

    まあEIZOはFORISブランド死んでるしガチゲーミングユーザーを追いかけることはしなくなってますしオススメにあがることがないのは納得です。

    ただデータと実測を売りにしてるのに、ここだけ検証比較なしに「いらねぇ」と一言で切り捨ててるのは、売り文句に反して雑に言及してるなぁ感があります。
    迷走状態というのもデータではなく主観で、実際企業やプロのクリエイトではEIZOモニタは一括発注かけられる程度の信頼性がありますので、迷走の定義が怪しくなります。ゲーミング用途としては、と修飾するなら通ると思いますが、そもそもゲーミング向けブランドをほぼクローズしているので迷走ではなく展開していない、の方が客観的に正しいでしょう。

    信頼性について触れられていますが、EIZOの項目だけ急に数字ベースではなく感情ベースになり、なんのフォローもしていないのが公私でEIZOを使っている身としては無用な棘を出してどうなのだろう、とはなりました。「法人向けならともかく」など予防線を引くとか「性能がゲーミングの要件を満たさない」など事実ベースで止めておいてくれた方がスッキリしましたね…。個人ブログになにを言わんやと言われればそれまでですが。

    それはそれとしてゲーミングモニターではないC9の遅延など正確に数字を引っ張ってもらえるのはいつも助かっています。有機ELは1F以上遅延するのでゲームに使うなという言説に困らされていましたが、CXの遅延速度は11ms程度になっていると知ることができ購入の候補に挙げることができました。ありがとうございます。

    • 確かにEIZOさんは、商品のベクトルというか方向性がゲーマー向けからクリエイター向けに移行しているので、そのことについて記述するべきでしたね…
      DELL以上に手厚い「5年間のドット抜け保証」や、高価格モデルの個体差の少なさ(Twitterで見てると色ムラの個体差は少ないように見える)は特筆すべき点ですが、でもどうしても外資メーカーと比較すると割高な印象が拭えないんですよね。
      映像クリエイター向けだと、ASUSがMini LED(IPS + 1152ゾーンFALD)を推してきているので、いつまでも普通のIPSパネルでハイエンド商品を作ってると将来性が心配かなぁと思ったり。

      • こんにちはちもろぐさん、NHRです。
        ハイエンド製品に関してはFORIS NOVAのカラー印刷式有機EL(JOLEDの技術ですが。)がありますので将来性に関してはそれなりにあると思います。

      • わざわざご返信いただきお手数おかけ致しました。長文になっていたので読みづらくて申し訳ないです…。
        実際自分も個人ユースで現在のEIZOを選ぶのはあり得ないとは思います。業務用途でしたらクライアントと環境が合わせやすいとかもあり得るかもしれませんが…。そのうえで気になった点を、というか最早お気持ちを書かせて頂いておりました。失礼しました。

        ASUSのProArtは個人でもHDR映像を楽しむのに良いような話も聞きますので、ASUSが産業向けに耐えうるかどうかでEIZOの進退が変わりそうですね…

  • モニターの話とは少しずれるけど、
    Apex Legends射撃演習場で十分なFPS出ても、
    人の多いところで撃ち合ったら全然FPS出ない。
    レビュー信じて失敗したなんて書き込みもあった。

    まあ実際のプレイに近い情報を出してくれたほうが助かるとはいえ、
    正確にレビューしても受け手のリテラシーで、
    いくらでも左右されるしアンチも生まれると思った。

  • 10年くらい前まで、リアルでEIZO使ってた俺からひと言

    全く以てその通り

    当時と今じゃ評価する軸からして全然違うし、やかもちさんの興味外の事なら
    そらぁ塩対応待ったなしですわ。こんなの誰だってそうなりますもん

  • 文章の
    決してメーカーの公称値をピュアに信じて、「オススメを決めることはです。」あくまでも実測された測定値を重視して選んでます。
    「」のところ、誤字じゃないですかね?

  • ちなみにOLEDテレビは購入する場合ネットだけじゃなく、自分の家の近くの家電量販店の値段もチェックしたほうがいいです。家電量販店の場合テレビ下取りによる値引きなどが入ったりするので実はネットよりお得に買える可能性もあります。
    僕は家の近くの某家電量販店で購入しましたが、下取り料なども込み込みの価格で16万5000円ほど(ポイント含めてとかじゃなく実際に支払った金額、前のテレビのリサイクル料も込み)で買えました。もちろん配送・設置もしてくれます。

  • LGのCX48とRTX3080を繋いで使ってます。
    最新のドライバでゲームによってはGSYNC動いてます。

    デビルメイクライ5が最高設定で4K120fpsでヌルヌル動くのが凄い….
    ちなみに以前は100fps超えるとスタッターでした。

    正直4Kは大画面テレビと繋がないとメリットが無い気がします。
    PC用モニターであれば32インチで144Hzのものが出ないとなぁ….

  • 非常に参考になる記事で助かります。
    この記事のおすすめモニターは全てやかもちさんが実機を触った結果,という理解でよろしいでしょうか?

  • リストにはありませんが、32UL750-Wはどうでしょう。
    現在QHDのDell U2711を使っていて、そろそろ10年になるのでアップグレードをしたいと思いましたが、ここからだと4K一択ですし、G-sync CompatibleかつVAかIPSかの条件で探ってみたら、この製品だけが選択肢に残りました。

    VAパネルで60hz、32インチでG-sync対応、値段は尼だと55000円だったのでメーカーがLGという点を考えるとコスパ的にはかなり優れているのかな、と思っています。FPSなどはほぼせず、主にRPGやシミュレーションなどが目的なので…(FPSはかじり程度ですが、オンラインFPSは全然しないので、そこまで入力ラグへのこだわりもなし…)

  • 私はずっと三菱のDiamondCrysta(現在はIOデータのGigaCrysta)シリーズをディスプレイとして使っています。やかもちさんは一切言及されておられませんが、このシリーズのゲーミングディスプレイとしての性能は如何ほどのものなのでしょうか?

  • GIGABYTEやAORUSのモニターってどうなんでしょ?
    湾曲+HDR対応でスペックもそこそこ高そうなのが購入しやすい値段で並んでて気になってます
    機会があれば記事を見てみたいです

  • ASUS VG249Q1RはASUS VG259Qと比べてどこが違うのだろう。スタンドがチープなのと、サイズが微妙に小さいだけなら、1万円の差は大きいと感じる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。