GTX 1660 Superをレビュー:意外と中途半端の塊ではない。

「GTX 1660 Super」は、1660と1660 Tiの中間に位置するなかなかに中途半端なポジションのグラフィックボードです。しかし、大事なのはゲーム性能。1660より10ドル高いだけで、性能の伸びがそれ以上であれば存在価値は見いだせます。では、Super化した1660を実際に検証です。

Sponsored Link

「GTX 1660 Super」のスペックと概要

GTX 1660 Superのスペックを解説
GPUGTX 1660 SuperGTX 1660GTX 1660 TiGTX 1070
ダイGTX 1660 Super(ダイ画像)GTX 1660 Tiのダイ画像
世代TuringTuringTuringPascal
プロセス12nm製造 : TSMC12nm製造 : TSMC12nm製造 : TSMC16nm製造 : TSMC
トランジスタ数66億66億66億72億
ダイサイズ284 mm2284 mm2284 mm2314 mm2
シェーダー数CPUのコア数に相当1408140815361920
TMU数Texture Mapping Unitのこと888896120
ROP数Render Output Unitのこと48484864
演算ユニット数22222415
Tensorコア数機械学習向けの特化コア
RTコア数レイトレ用の特化コア
クロック周波数1530 MHz1530 MHz1500 MHz1506 MHz
ブーストクロック1785 MHz1785 MHz1770 MHz1683 MHz
VRAM容量6 GB6 GB6 GB8 GB
VRAM規格GDDR6GDDR5GDDR6GDDR5
VRAMバス192 bit192 bit192 bit256 bit
VRAM帯域幅336.0 GB/s192.1 GB/s288.0 GB/s256.3 GB/s
理論性能(FP32)5.027 TFLOPS5.027 TFLOPS5.437 TFLOPS6.463 TFLOPS
TDP125 W120 W120 W150 W
補助電源8 pin8 pin8 pin8 pin
MSRP$ 229$ 219$ 279$ 379
参考価格最安Top5の平均価格31560 円25900 円30680 円45620 円

GTX 1660 Superのスペックを、価格の近いグラボと比較してみました。見て分かる通り、GTX 1660 Superは今までのSuperシリーズと違って、基本的なスペックはほとんど変更されていません。

唯一アップグレードされたのが、使用されているVRAMの規格です。GTX 1660では従来のPascal世代で使われていたGDDR5を使用していたのに対し、今回のSuper版でやっとGDDR6に格上げされました。

VRAMの規格をアップグレードしただけなので、スペックはほとんど変化なし。消費電力の目安になるTDPが5 Wだけ増え、希望小売価格は10ドルの値上げにとどまりました。

しかし、国内の販売価格はGTX 1660(無印)が2.5~2.7万円から購入できる一方、GTX 1660 Superは少なくとも3万円は必要です。価格差は約5000円(2割近く)に達するため、Super版には6000円の価格差に説得力を持たせるだけの「性能差」が求められます。

Super化でVRAMはGDDR6に

GDDR6とGDDR5の違い

VRAM(ビデオメモリ)の規格がGDDR5からGDDR6に格上げされると何が変わるのか。アッサリとした言い方なら「GDDR6はGDDR5より速い。」です。

GTX 1660のGDDR5なら、帯域幅は8 Gbpsで1秒あたり192.1 GBです。GTX 1660 SuperのGDDR6は、帯域幅が75%多い14 Gbpsになり、1秒あたり336 GBの帯域幅に拡張されています。

もし、GTX 1660のスペックに対してVRAMの帯域幅がボトルネックになっていた場合、高速なGDDR6になったことでボトルネックが解消されてゲーム性能がさらに改善する可能性はありそうです。

加えて、GDDR6規格のVRAMはオーバークロック耐性が高い傾向もあるため、実際のゲーム中のクロック周波数(実効クロック周波数)が向上して性能アップを果たす可能性もあるかもしれません。

しかしどれも可能性の話であって、VRAMがやや高速化したくらいでグラフィックボードの性能がアップするかどうかは、実際にベンチマークやゲーミングを試してみないことには何とも言えないところです。

まとめ:価格差に見合った性能差が「カギ」

GTX 1660 Superは、GTX 1660と比較して基本的なスペックは何一つ変わっていません。VRAMが遅いGDDR5から、高速なGDDR6にアップグレードされただけです。それだけの変更でありながら、価格設定は10ドル引き上げられました。

国内の販売価格は10ドルどころか約5000円になります。

  • GTX 1660 Tiより速いVRAM
  • GTX 1660と約5000円の価格差
  • 消費電力はわずかに上昇
  • シェーダー数など基本スペックの改善なし

GTX 1660 Superは少なくとも、約5000円の価格差を納得させるだけの「性能差」が必須です。GTX 1660は約2.5万円、GTX 1660 Tiは約3万円で、GTX 1660 Superも同様に3万円は掛かります。

GTX 1660より多少性能が良いだけでは話にならず、GTX 1660 Tiに僅差で並ぶくらいの性能差を見せなければならない…非常に厳しい立場です。

自作歴27台のやかもち
ただでさえ中途半端な存在なのに、価格が上位モデルのGTX 1660 Tiとほぼ同じという状況。戦況は芳しくないですね。

「GTX 1660 Super」の性能を検証

テスト環境

GTX 1660 Superのテスト環境
テスト環境「ちもろぐ専用ベンチ機」
CPUCore i9 9900K
CPUクーラーASSASSIN III140 mm x2の大型空冷
マザーボードASRock Z390 Phantom Gaming 6
メモリDDR4-2666 8GB x2使用メモリ「G.Skill FlareX C14」
グラフィックボードGTX 1660 Super
SSDSATA 500GB使用SSD「Samsung 860 EVO」
SATA 2TB使用SSD「Micron 1100」
電源ユニット1200 W(80+ Platnium)使用モデル「Toughpower iRGB PLUS」
OSWindows 10 Pro 64bit検証時のバージョンは「1903」
ドライバNVIDIA 441.08
ディスプレイ3840 x 2160@60 Hz使用モデル「Acer ET430Kbmiiqppx」

GTX 1660 Superの性能を検証するテストPCのスペックです。

現状もっともボトルネックが生じづらい、ゲーミング最強のCPU「Core i9 9900K」を軸に、適当なパーツを組み合わせています。メモリはごく標準的なDDR4-2666を合計で16 GBです。

グラフィックドライバ(NVIDIA GeForce Driver)は、GTX 1660 Superをサポートするバージョン「441.08」を使用しました。

用意したグラボ

GTX 1660 Superをレビュー
ZOTAC / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(41 mm) / TDP : 125 W

今回の検証で使っていくGTX 1660 Superは、ZOTAC製の「GeForce GTX 1660 SUPER AMP」を用意しました(型番はZT-T16620D-10M)。5%ポイント還元中のドスパラで購入したので、価格は約31300円とほぼ最安値に近いです。

最安値となると品質を心配するかもしれませんが、ZOTACのAMPシリーズはいわゆるオーバークロックモデル。似た価格帯のGTX 1660 Superのブーストクロックは1785 ~ 1830 MHzが多いのに、ZOTACのAMPはなんと1845 MHzに設定されています。

GTX 1660 Superをレビュー

パワフルなオーバークロック設定を施しておきながら、全長21.7 cmのコンパクトなボードデザインが大きなメリットです。冷却ファンは「IceStorm 2.0」と名付けられた、90 mm径のファンを2つ搭載。

GPUチップから熱を受け取る受熱ベースプレートは銅製で、ベースプレートから熱をヒートシンクに運ぶヒートパイプは、銅製の6 mm径を3本接続しています。最安値に近いモデルなのに、冷却設計は非常にハイレベルです。

GTX 1660 Superをレビュー

天面にはバックプレートが取り付けられています。アルミニウム製ではなくスチール製で、バックプレートと基板の間にサーマルパッドなどの熱伝導材は挟まれていないため、あくまでもカードの変形を抑えるための補助的な役割だけを果たします。

GTX 1660 Superをレビュー

厚みは41 mmで、2スロット占有です。とてもコンパクトで薄型なデザインに仕上げられており、ほとんどのPCケースで干渉せずに取り付けが可能だと思われます。補助電源コネクタが「8ピン」なのは注意してください。

GTX 1660 Superをレビュー

映像出力端子はDisplay Port 1.4が3つ、HDMI 2.0bが1つで合計4つあります。

GTX 1660 Superと比較するグラボ
玄人志向 / ブーストクロック : 1683 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(43 mm) / TDP : 180 W
玄人志向 / ブーストクロック : 1784 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(43 mm) / TDP : 150 W
MSI / ブーストクロック : 1875 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(46 mm) / TDP : 120 W
玄人志向 / ブーストクロック : 1800 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(38.6 mm) / TDP : 120 W
MSI / ブーストクロック : 1809 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(39 mm) / TDP : 120 W

GTX 1660 Superと性能比較を行うグラフィックボードは、以上の5枚です。

同じGeForce 16シリーズに位置づけられる、GTX 1660とGTX 1660 Tiに加え、中古価格で競合することになるGTX 1070とGTX 1070 Tiの2枚。そして、一応は先代にあたるGTX 1060 6GBも検証することにしました。

果たしてGTX 1660 Superは価格差に見合うだけのパフォーマンスを発揮できるのかどうか、検証バトルの始まりです。

ゲーミング性能:GTX 1660 Tiに追いつく勢い

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike1920 x 1080 / Graphics Score
  • GTX 1660 Super
    16707
  • GTX 1660 Ti
    16860
  • GTX 1660
    13790
  • GTX 1070 Ti
    18611
  • GTX 1070
    18418
  • GTX 1060 6GB
    12878

DirectX11ベースのGPUベンチマーク「FireStrike」で基本的な性能をテスト。GTX 1660 Superのスコアは意外にも伸びて約16700点に達しました。GTX 1660 Tiとほとんど変わらないスコアで、正直なところ驚いてます。

3DMark TimeSpy

3DMark TimeSpy Graphics Score3DMark TimeSpy1920 x 1080 / Graphics Score
  • GTX 1660 Super
    6269
  • GTX 1660 Ti
    6434
  • GTX 1660
    5389
  • GTX 1070 Ti
    6607
  • GTX 1070
    6240
  • GTX 1060 6GB
    4296

DirectX12ベースの「TimeSpy」でも同様にGTX 1660 Superのスコアは大幅に伸びており、GTX 1660 Tiよりわずか3%低いスコアです。VRAMを高速化するだけでこれほど性能が伸びるとは、恐れ入りました。

FF14 : 漆黒のヴィランズ

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ1920 x 1080 / 最高品質
  • GTX 1660 Super
    111.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    112.2 fps
  • GTX 1660
    94.7 fps
  • GTX 1070 Ti
    119.2 fps
  • GTX 1070
    116.8 fps
  • GTX 1060 6GB
    90.7 fps

FF14:漆黒のヴィランズ(フルHD)では、GTX 1660から約17%も性能を伸ばしてGTX 1660 Tiにあと少しで追いつきそうな勢いです。

なお、今回のレビューからFF14の平均フレームレートはクライアント側のログファイルから読み取る方法に変更しました。シーン切り替え時の読み込み中のデータが平均値から除外されるため、より精度の高いデータになっています。
「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ2560 x 1440 / 最高品質
  • GTX 1660 Super
    72.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    74.4 fps
  • GTX 1660
    60.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    82.9 fps
  • GTX 1070
    78.6 fps
  • GTX 1060 6GB
    56.9 fps

解像度をWQHDに引き上げても性能差はほとんど変わらず、GTX 1660 Tiのすぐ後ろにつけています。

FINAL FANTASY 15

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark1920 x 1080 / 高品質
  • GTX 1660 Super
    69.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    71.2 fps
  • GTX 1660
    58.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    72.0 fps
  • GTX 1070
    70.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    51.3 fps

「FF15」のベンチマークでは、Super化した1660は更に19%も性能を向上させてGTX 1660 Tiに急接近しています。

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark2560 x 1440 / 高品質
  • GTX 1660 Super
    48.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    49.8 fps
  • GTX 1660
    39.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    52.1 fps
  • GTX 1070
    49.8 fps
  • GTX 1060 6GB
    35.7 fps

WQHDに解像度を引き上げても傾向はそれほど変わりません。GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiに追いつきそうな性能です。

Apex Legends

Apex LegendsApex Legends1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    108.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    112.5 fps
  • GTX 1660
    94.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    109.1 fps
  • GTX 1070
    100.9 fps
  • GTX 1060 6GB
    68.8 fps

Apex LegendsはTuring世代のグラボと相性がいいため、GTX 1660 Superや1660 Tiは、GTX 1070や1070 Tiを上回る性能を見せました。

Apex LegendsApex Legends2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    77.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    82.1 fps
  • GTX 1660
    68.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    79.7 fps
  • GTX 1070
    72.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    49.4 fps

WQHDになってもTuring世代が強い傾向は同じで、GTX 1660 SuperはGTX 1070 Tiとほとんど同じ性能です。

CS:GO

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    263.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    270.4 fps
  • GTX 1660
    266.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    234.6 fps
  • GTX 1070
    267.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    257.3 fps

CSGOはどのグラフィックボードでも、出せる性能は飽和しています。

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    243.9 fps
  • GTX 1660 Ti
    246.8 fps
  • GTX 1660
    225.3 fps
  • GTX 1070 Ti
    205.2 fps
  • GTX 1070
    254.1 fps
  • GTX 1060 6GB
    220.6 fps

WQHDになると性能差が若干出ますが、平均200 fpsを軽く超えているので実用上はまったく問題ありません。

Call of Duty : Black Ops IV

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    122.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    128.6 fps
  • GTX 1660
    99.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    122.3 fps
  • GTX 1070
    120.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    85.5 fps

Call of Duty : Black Ops IVでは、GTX 1660と比較してなんと20%も性能が改善しています。GTX 1660 Tiには追いつかないものの、GTX 1070 Tiとまったく同じ性能を発揮します。

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    72.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    76.9 fps
  • GTX 1660
    59.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    53.0 fps
  • GTX 1070
    69.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    49.9 fps

WQHDになると更に性能差は開いて、GTX 1070 TiやGTX 1070を明確に打ち負かしました。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    139.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    144.4 fps
  • GTX 1660
    123.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    137.9 fps
  • GTX 1070
    131.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    95.7 fps

レインボーシックスシージの付属ベンチマークでは、GTX 1660 Superが2番手です。

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    86.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    89.1 fps
  • GTX 1660
    76.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    88.0 fps
  • GTX 1070
    83.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    59.9 fps

WQHDでは性能差が縮小しますが、GTX 1660 SuperはGTX 1070 Tiとおおむね同じ性能でした。

Fortnite : Battle Royale

Fortnite : Battle Royale1920 x 1080 / エピック設定
  • GTX 1660 Super
    114.5 fps
  • GTX 1660 Ti
    115.6 fps
  • GTX 1660
    92.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    116.5 fps
  • GTX 1070
    116.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    82.6 fps

フォートナイトはプレイグラウンドモードでプレイし、ミスティ・メドウズにて計測を行います。結果、GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiとほとんど同じ性能でした。

Fortnite : Battle Royale2560 x 1440 / エピック設定
  • GTX 1660 Super
    73.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    73.9 fps
  • GTX 1660
    59.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    75.4 fps
  • GTX 1070
    70.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    51.7 fps

WQHDでも全体的な傾向は同じです。GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiに並んでしまいます。

Overwatch

OverwatchOverwatch
1920 x 1080 / エピック設定(100%)
  • GTX 1660 Super
    150.2 fps
  • GTX 1660 Ti
    155.9 fps
  • GTX 1660
    126.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    178.8 fps
  • GTX 1070
    171.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    121.3 fps

オーバーウォッチでは、GTX 1660 SuperはGTX 1660より約19%も高い性能を記録し、GTX 1660 Tiにあと少しというところまで来ました。

OverwatchOverwatch
2560 x 1440 / エピック設定(100%)
  • GTX 1660 Super
    99.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    104.1 fps
  • GTX 1660
    84.3 fps
  • GTX 1070 Ti
    123.2 fps
  • GTX 1070
    116.6 fps
  • GTX 1060 6GB
    81.9 fps

WQHDに引き上げても、GTX 1660 Superの位置は変わりません。

PUBG

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • GTX 1660 Super
    97.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    99.0 fps
  • GTX 1660
    83.8 fps
  • GTX 1070 Ti
    119.5 fps
  • GTX 1070
    120.1 fps
  • GTX 1060 6GB
    93.2 fps

PUBGではGTX 1660 SuperとGTX 1660 Tiの性能差はわずかなものです。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • GTX 1660 Super
    67.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    69.4 fps
  • GTX 1660
    58.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    83.2 fps
  • GTX 1070
    82.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    59.8 fps

WQHDでも結果は変わりません。

Assassin Creed Odyssey

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    51.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    54.0 fps
  • GTX 1660
    47.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    50.0 fps
  • GTX 1070
    49.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    40.0 fps

非常に重たいアサシンクリードオデッセイでは、シェーダー数が多いGTX 1660 Tiが健闘しています。さすがにVRAMが速いだけでは追いつけないようです。

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    42.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    43.0 fps
  • GTX 1660
    35.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    40.0 fps
  • GTX 1070
    40.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    30.0 fps

WQHDでは若干性能差が縮まりますが、GTX 1660 Tiには追いつきません。

ARK Survival Evolve

ARK Survival Evolve
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    40.5 fps
  • GTX 1660 Ti
    41.5 fps
  • GTX 1660
    35.7 fps
  • GTX 1070 Ti
    47.8 fps
  • GTX 1070
    44.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    31.9 fps

超重量級のゲーム、ARK Survival EvolveではGTX 1660 SuperとGTX 1660 Tiの性能が近いです。しかし、どのグラフィックボードも平均60 fpsは超えられませんでした。

ARK Survival Evolve
2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    27.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    28.1 fps
  • GTX 1660
    24.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    32.7 fps
  • GTX 1070
    29.8 fps
  • GTX 1060 6GB
    21.6 fps

WQHDに引き上げると傾向はおおむね同じですが、平均60 fpsどころか30 fpsすら厳しい状況です。

Deus Ex : Mankind Divided

Deus Ex: Mankind DividedDeus Ex : Mankind Divided
1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • GTX 1660 Super
    73.5 fps
  • GTX 1660 Ti
    75.1 fps
  • GTX 1660
    51.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    77.8 fps
  • GTX 1070
    74.2 fps
  • GTX 1060 6GB
    53.0 fps

DXMDでは、GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiに迫る性能です。

Deus Ex: Mankind DividedDeus Ex : Mankind Divided
2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • GTX 1660 Super
    50.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    51.7 fps
  • GTX 1660
    39.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    53.7 fps
  • GTX 1070
    51.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    36.7 fps

WQHDでも傾向はそれほど変わりません。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V1920 x 1080 / 最高設定(MSAA x2)
  • GTX 1660 Super
    92.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    94.5 fps
  • GTX 1660
    81.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    92.4 fps
  • GTX 1070
    94.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    73.0 fps

Grand Theft Auto VはフルHDだと、平均100 fpsに近づくにつれて性能が飽和します。GTX 1660 Superはほぼ飽和するところまで性能を伸ばしています。

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V2560 x 1440 / 最高設定(MSAA x2)
  • GTX 1660 Super
    70.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    70.5 fps
  • GTX 1660
    57.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    71.6 fps
  • GTX 1070
    70.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    52.5 fps

WQHDになるとパフォーマンスの差が現れやすいですが、GTX 1660 Superと競合するグラボでは平均70 fps前後が限界のようです。

NieR : Automata

NieR : AutomataNieR : Automata
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    58.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    58.2 fps
  • GTX 1660
    58.2 fps
  • GTX 1070 Ti
    57.5 fps
  • GTX 1070
    58.3 fps
  • GTX 1060 6GB
    47.9 fps

ニーアオートマタでは、ほぼ上限に近い性能で動作します。

NieR : AutomataNieR : Automata
2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    47.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    49.4 fps
  • GTX 1660
    40.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    44.7 fps
  • GTX 1070
    42.9 fps
  • GTX 1060 6GB
    30.0 fps

WQHDでは平均59 fps前後を維持できなくなりますが、GTX 1660 SuperはGTX 1070 Tiを超えるパフォーマンスを示しました。

※NieR : Automataはゲーム側で最大60 fpsに上限が設けられています。よって平均59 fps前後なら問題ありません。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • GTX 1660 Super
    72.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    74.0 fps
  • GTX 1660
    62.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    73.0 fps
  • GTX 1070
    72.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    53.0 fps

トゥームレイダーでは、GTX 1660 SuperはGTX 1660より約16%高い性能です。

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
2560 x 1440 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • GTX 1660 Super
    52.0 fps
  • GTX 1660 Ti
    54.0 fps
  • GTX 1660
    43.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    52.0 fps
  • GTX 1070
    49.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    36.0 fps

WQHDでは性能差はさらに開き、約21%もGTX 1660 Superの方がGTX 1660より高い性能でした。

Watch Dogs 2

WATCH DOGS 2Watch Dogs 2
1920 x 1080 / 最大設定
  • GTX 1660 Super
    75.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    74.2 fps
  • GTX 1660
    65.2 fps
  • GTX 1070 Ti
    82.6 fps
  • GTX 1070
    84.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    67.5 fps

Watch Dogs 2ではGTX 1660 Superが、GTX 1660 Tiを僅差で上回るパフォーマンスです。

WATCH DOGS 2Watch Dogs 2
2560 x 1440 / 最大設定
  • GTX 1660 Super
    60.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    60.6 fps
  • GTX 1660
    51.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    68.6 fps
  • GTX 1070
    67.2 fps
  • GTX 1060 6GB
    51.6 fps

WQHDになると、GTX 1660 SuperとGTX 1660 Tiはほぼ同じ性能に。

Witcher 3

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
1920 x 1080 / 最高設定 + HairWorks x4
  • GTX 1660 Super
    71.1 fps
  • GTX 1660 Ti
    73.7 fps
  • GTX 1660
    62.2 fps
  • GTX 1070 Ti
    72.4 fps
  • GTX 1070
    71.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    51.2 fps

Witcher 3ではGTX 1660 Superは、GTX 1070などと並ぶ性能になりました。

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
2560 x 1440 / 最高設定 + HairWorks x4
  • GTX 1660 Super
    52.2 fps
  • GTX 1660 Ti
    54.5 fps
  • GTX 1660
    45.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    56.0 fps
  • GTX 1070
    54.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    38.7 fps

WQHDでは、GTX 1660 SuperはGTX 1070より少し低いパフォーマンスに落ち着きます。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドMonster Hunter World1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    60.9 fps
  • GTX 1660 Ti
    62.9 fps
  • GTX 1660
    52.7 fps
  • GTX 1070 Ti
    64.8 fps
  • GTX 1070
    61.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    43.5 fps

モンスターハンターワールドでは、GTX 1660 SuperはGTX 1660でクリアできなかった平均60 fpsを達成。モンハンするなら最低限欲しいグラボは、GTX 1660 TiからGTX 1660 Superに置き換わりました。

モンスターハンターワールドMonster Hunter World2560 x 1440 / 最高設定
  • GTX 1660 Super
    38.7 fps
  • GTX 1660 Ti
    40.0 fps
  • GTX 1660
    33.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    42.4 fps
  • GTX 1070
    40.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    28.2 fps

WQHDに引き上げても傾向は変わらず、GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiに近い性能です。ただし平均60 fpsは遠いですね。

黒い砂漠

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
1920 x 1080 / リマスター品質
  • GTX 1660 Super
    83.5 fps
  • GTX 1660 Ti
    85.8 fps
  • GTX 1660
    73.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    87.5 fps
  • GTX 1070
    84.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    61.3 fps

無料MMORPG「黒い砂漠」のリマスター品質では、GTX 1660 Superは無印版より約14%高いパフォーマンスです。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠1920 x 1080 / ウルトラ品質
  • GTX 1660 Super
    26.3 fps
  • GTX 1660 Ti
    26.6 fps
  • GTX 1660
    21.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    30.9 fps
  • GTX 1070
    28.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    19.4 fps

リマスター品質より遥かに重たいウルトラ品質では、GTX 1660 SuperとGTX 1660 Tiはほとんど変わらない性能になります。

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
2560 x 1440 / リマスター品質
  • GTX 1660 Super
    56.6 fps
  • GTX 1660 Ti
    59.0 fps
  • GTX 1660
    48.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    64.1 fps
  • GTX 1070
    58.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    41.3 fps

WQHDのリマスター品質も検証します。GTX 1660 Superはあと一歩60 fpsに届きませんが、GTX 1660より約17%も高くなりました。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠2560 x 1440 / ウルトラ品質
  • GTX 1660 Super
    16.9 fps
  • GTX 1660 Ti
    21.5 fps
  • GTX 1660
    13.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    20.1 fps
  • GTX 1070
    18.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    12.3 fps

WQHDのウルトラ品質は残念ながら、60~70番台のグラボでは到底ムリです。

平均パフォーマンス

GTX 1660 Superの平均パフォーマンスGTX 1660 Super1920 x 1080 / 平均パフォーマンス
  • GTX 1660 Super
    88.5 fps
  • GTX 1660 Ti
    90.7 fps
  • GTX 1660
    75.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    93.4 fps
  • GTX 1070
    91.2 fps
  • GTX 1060 6GB
    67.3 fps

フルHDゲーミングの平均パフォーマンスは、GTX 1660を約17%も上回り、上位モデルのGTX 1660 TiやGTX 1070に対してたったの3%しか変わらないパフォーマンスです。

GTX 1660 Superは、約5000円(2割近い)の価格差に見合っただけの「性能差」を見事に示すことに成功しました。と同時に、GDDR5ではスピード不足という事実も明らかになりました。想像以上にVRAMの帯域幅は重要です。

GTX 1660 Superの平均パフォーマンスGTX 1660 Super
2560 x 1440 / 平均パフォーマンス
  • GTX 1660 Super
    60.8 fps
  • GTX 1660 Ti
    62.8 fps
  • GTX 1660
    51.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    64.6 fps
  • GTX 1070
    62.6 fps
  • GTX 1060 6GB
    45.1 fps

WQHDゲーミングの平均パフォーマンスでは、GTX 1660を約18%上回り、上位のGTX 1660 TiとGTX 1070に対して約3%低いパフォーマンスです。傾向としてはフルHDとほとんど同じと言っていいでしょう。

よってフルHDとWQHDともに、GTX 1660 Superは無印版に対して2割近い性能アップを実現しており、値段の差を説明するのに十分説得力のある「性能差」を示します。期待していなかった分、良い意味で裏切られました。

※平均パフォーマンスは、「CSGO」と「黒い砂漠(ウルトラ品質)」を除いた平均値を求めています。

クリエイティブ性能:配信性能は1660を圧倒する

ゲーミング性能の次は、クリエイティブ性能について検証します。GPUレンダリングの定番「Blender」に加え、OpenCL系の「LuxMark」。それとOpenGL系の「SPECviewperf 13」や、OBSによる実況配信の検証も行います。

GPUレンダリング

Blender(Cycles Benchmark BMW)Blender 2.79.7Cycles benchmark「BMW」
  • GTX 1660 Super
    107 秒
  • GTX 1660 Ti
    113 秒
  • GTX 1660
    114 秒
  • GTX 1070 Ti
    97 秒
  • GTX 1070
    111 秒
  • GTX 1060 6GB
    159 秒

Blenderの公式サイトで無料配布されているCycles Render向けのデモファイル「BMW」を読み込んで、GPUのみ使用する設定に切り替えてから、レンダリングを行います。描画に掛かった時間が短いほど高性能です。

GTX 1660 Superのレンダリング時間は、GTX 1070やGTX 1660 Tiより少し短く済みました。シェーダーが4割も多いGTX 1070より速く処理できることから、シェーダーの多さだけでなく、VRAMの帯域幅の重要性が伺えますね。

自作歴27台のやかもち
にわかに信じがたい結果だったので、1660 Tiと1660は追加で2回テストして最速値を採用していますが、それでも1660 Superが速い結果に(困惑)。
LuxMark 3.1(LuxBall HDR)LuxMark 3.1LuxBall HDR(ポリゴン数 : 21.7万)
  • GTX 1660 Super
    16813
  • GTX 1660 Ti
    16143
  • GTX 1660
    14493
  • GTX 1070 Ti
    16868
  • GTX 1070
    17400
  • GTX 1060 6GB
    12355

LuxMarkはレンダリングソフト「LuxRender」のパフォーマンスを評価できるベンチマークソフト。さきほどのCycles Renderと違って、「OpenCL」を使ってテストが実行されます。

GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiより速く、GTX 1070 Tiに並んでしまうスコアになりました。

LuxMark 3.1(Neumann TLM-102 Special Edition)LuxMark 3.1Neumann TLM-102(ポリゴン数 : 176.9万)
  • GTX 1660 Super
    11275
  • GTX 1660 Ti
    10962
  • GTX 1660
    9505
  • GTX 1070 Ti
    10234
  • GTX 1070
    10177
  • GTX 1060 6GB
    7083

更に重たい「Neumann」になると、GTX 1660 Superがトップの位置につけました。

LuxMark 3.1(Hotel Lobby)LuxMark 3.1Hotel Lobby(ポリゴン数 : 497.3万)
  • GTX 1660 Super
    3909
  • GTX 1660 Ti
    3910
  • GTX 1660
    3606
  • GTX 1070 Ti
    4412
  • GTX 1070
    3977
  • GTX 1060 6GB
    2735

もっと重たい「Hotel Lobby」では、GTX 1070などに追い抜かれ、GTX 1660 Tiとほぼ同じスコアに。

3DCG / 3DCAD(OpenGL描画処理)

SPECviewperf 13(3ds Max)SPECviewperf 133ds Max(3dsmax-06)
  • GTX 1660 Super
    147.35
  • GTX 1660 Ti
    162.34
  • GTX 1660
    129.13
  • GTX 1070 Ti
    127.83
  • GTX 1070
    158.25
  • GTX 1060 6GB
    128.38

3ds Maxにおけるパフォーマンスは、GTX 1660とGTX 1660 Tiのちょうど中間です。

SPECviewperf 13(Maya)SPECviewperf 13Maya(maya-05)
  • GTX 1660 Super
    201.52
  • GTX 1660 Ti
    217.09
  • GTX 1660
    177.22
  • GTX 1070 Ti
    241.01
  • GTX 1070
    228.60
  • GTX 1060 6GB
    166.44

Mayaにおいても、3ds Maxとおおむね同じような傾向です。

SPECviewperf 13(Solidworks)SPECviewperf 13Solidworks(sw-04)
  • GTX 1660 Super
    83.65
  • GTX 1660 Ti
    84.31
  • GTX 1660
    77.21
  • GTX 1070 Ti
    88.39
  • GTX 1070
    79.09
  • GTX 1060 6GB
    69.72

Solidworksでは差が縮まり、GTX 1660 Tiとほぼ同じスコアになりました。

OBSでゲーム実況配信(NVEncの性能)

OBSでゲーム実況配信(NVEnc)
OBSの設定※画像はクリックで拡大します
OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)

NVIDIAのグラフィックボードに搭載されている「NVEnc」を使うことで、非常に負荷が重たいことで知られるゲーム実況配信を、CPUと比較して遥かに少ない負荷で実行できるようになります。

特に最新のTuring世代では、NVEncが進化してCPUでエンコードする場合と比較してもまったく劣らないほどにまで画質が改善されたとか。では、FF14(紅蓮のリベレーター)でリアルタイムに配信と録画をテストです。

エンコーダはTuring世代に対応した「NVIDIA NVENC H.264(new)」。ビットレートを6000(CBR)に、使用したプリセットは「Quality」、ゲーム中のフレームレート制限は144 fpsまたは60 fpsです。

配信中のドロップフレーム率全3000フレームに対するドロップフレーム数
GPU平均fps144 fps制限60 fps制限
GTX 1660 Super100.9 fps16.2%0.9%
GTX 1660 Ti102.0 fps10.8%1.1%
GTX 166080.5 fps83.1%6.2%
GTX 1070 Ti111.2 fps3.9%0.1%
GTX 1070107.7 fps1.8%0.2%
GTX 1060 6GB79.1 fps16.7%4.2%

テスト結果をまとめました。

結果から分かることは1つです。GTX 1660 Superは、VRAMが単にGDDR6に格上げされただけのグラボですが、録画配信におけるパフォーマンスは比較にならないほど飛躍的な進化を遂げています。

特にフレームレートを144 fpsに制限したときの配信性能は、GTX 1660が83.1%もドロップするのに対し、GTX 1660 Superは16.2%にまで抑えられています。VRAMの高速化がスムーズな配信に与える影響は極めて大きいです。

GTX 1660 Superの熱と消費電力

ゲーミング時の実効クロック

GTX 1660 Superの実効クロック周波数

「FF14:漆黒のヴィランズ」ベンチマークを実行中に、GPUコアクロックを記録してグラフ化しました。

  • GTX 1660 Super(出荷設定):1925 MHz
  • GTX 1660 Super(手動OC):1998 MHz
  • GTX 1660(出荷設定):1899 MHz

出荷設定(メーカー側のオーバークロックが施された状態)では、GPUクロックは最大で1995 MHzに達し、平均値は1925 MHzでした。GTX 1660と比較して26 MHz(約1.3%)実効クロックが高くなっています。

MSI Afterburnerを使って手動オーバークロックを施すと、GPUクロックは平均1998 MHzで動作しました。常に2 GHz近いクロックで動作しており、GTX 1660より若干ながらオーバークロック耐性は改善した感覚です。

グラボの温度をチェック

GTX 1660 SuperのGPUコア温度(比較)

FF14ベンチマークを実行中に、HWiNFOを使ってGPUコア温度を計測します。なお、グラフィックボードの温度はオリファンモデルの出来によって完全に左右されるため、各GPUの比較は参考程度に見てください。

GPU温度(最大値)

  • GTX 1660 Super
    65 ℃
  • GTX 1660 Ti
    60 ℃
  • GTX 1660
    68 ℃
  • GTX 1070 Ti
    69 ℃
  • GTX 1070
    70 ℃
  • GTX 1060 6GB
    59 ℃

ZOTAC AMPは全長わずか21.7 cm、厚み2スロットのコンパクトなデザインながら、冷却性能はかなり優秀です。GPU温度は最大65℃に収まっていて、運用上の問題はまったくありません。オーバークロックの余地も十分にありそうです。

GTX 1660 Superのファンノイズ(動作音)

ファンの動作音はピーク時に43.6 dBAでした※。静音というわけではなく、割と普通な動作音です。コンパクトなボード設計で、100 W前後の熱を最大65℃に抑えているわけですから、多少のファンノイズは仕方がないですね。

それにZOTAC AMPは最安値に近い価格のグラボです。最安値に近いグラボなのに、ブーストクロックは非常に高く設定され、普通の動作音で65℃まで抑えてくれる高い冷却性能。コストパフォーマンスはとても優秀です。

ZOTAC / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(41 mm) / TDP : 125 W

※ファンノイズの計測は、バラック状態のグラフィックボードから30 cmの距離をとり、FF14ベンチマークを実行中に行います。実際の運用ではPCケース内になるため、動作音は更に小さくなります。

消費電力を実測してチェック

電力ロガー機能の付いた電源ユニットを2つ使って、グラフィックボードの消費電力を実測します。CPUを1つの電源ユニットで給電し、その他のパーツは2つ目の電源ユニットで給電します。

検証の後、マザーボードからグラフィックボードを外した状態でベンチマークを実行して消費電力を計測し、求められた計測値を引き算してグラフィックボード単体の消費電力を求めました。

GTX 1660 Superの消費電力(フルHD)

FF14ベンチマーク(フルHD)を実行中に計測した結果です。

消費電力(平均値)

  • GTX 1660 Super
    110.9 W
  • GTX 1660 Ti
    108.4 W
  • GTX 1660
    94.5 W
  • GTX 1070 Ti
    145.8 W
  • GTX 1070
    141.0 W
  • GTX 1060 6GB
    101.6 W

ベンチマーク中の消費電力を平均しました。GTX 1660 Superの消費電力は約111 Wで、GTX 1660 Tiとほぼ同じでした。TDPでは5 Wしか変わらないのに、実際の消費電力は15 W近くも増えてしまっています。

GTX 1660 Tiに迫る性能を発揮するものの、消費電力ではやや劣っていることになります。ただし、GTX 1070やGTX 1070 Tiよりは遥かに少ない消費電力です。

GTX 1660 Superの消費電力(WQHD)

FF14ベンチマークをWQHD画質で実行して、消費電力を計測します。フルHDからWQHDに引き上げ、GPU負荷率を上げることで消費電力がどう変化するのかをチェックする目的です。

消費電力(平均値)

  • GTX 1660 Super
    112.6 W
  • GTX 1660 Ti
    110.6 W
  • GTX 1660
    98.5 W
  • GTX 1070 Ti
    158.0 W
  • GTX 1070
    152.5 W
  • GTX 1060 6GB
    107.7 W

GTX 1070とGTX 1070 Tiは更に消費電力が増加しましたが、GTX 1660 Superはほとんど変わらない消費電力でした。というわけで、おおむねGTX 1660 Tiをわずかに上回る消費電力ですが、TDPの仕様内には収まっているので良しとしましょう。

ワットパフォーマンスはほぼ同じ

ワットパフォーマンス(FF14 – フルHD)

  • GTX 1660 Super
    1.00 fps
  • GTX 1660 Ti
    1.04 fps
  • GTX 1660
    1.00 fps
  • GTX 1070 Ti
    0.82 fps
  • GTX 1070
    0.83 fps
  • GTX 1060 6GB
    0.89 fps

フルHD時のワットパフォーマンス(消費電力1 Wあたりの平均フレームレート)は、GTX 1660と全く同じです。GTX 1070 Tiと比較すると、約20%も優れたワットパフォーマンスになります。

ワットパフォーマンス(FF14 – WQHD)

  • GTX 1660 Super
    0.64 fps
  • GTX 1660 Ti
    0.67 fps
  • GTX 1660
    0.61 fps
  • GTX 1070 Ti
    0.52 fps
  • GTX 1070
    0.52 fps
  • GTX 1060 6GB
    0.53 fps

WQHD時のワットパフォーマンスも同様に計算します。GTX 1660 SuperはGTX 1660よりワットパフォーマンスが改善し、GTX 1070 Tiなどと比較すると約23~25%も省エネになっています。

GTX 1660 Superのオーバークロック検証

手動オーバークロックを試す

GTX 1660 Superを手動オーバークロック

MSI Afterburnerを用いて、GPUクロックと消費電力を追加する基本的な手動オーバークロックを検証しました。MSI Afterburnerに入力したOC設定は以下の通りです。

  • コア電圧(Core Voltage):出荷状態のまま
  • 電力制限(Power Limit):+5%
  • 温度制限(Temp Limit):83℃
  • コアクロック(Core Clock):+100 MHz
  • メモリクロック(Memory Clock):+750 MHz
  • ファン設定:出荷状態のまま

内容としては、消費電力を5%追加して、ブーストクロックを1845 MHzから1945 MHzに引き上げています。今回検証に使っているZOTAC AMPはすでにオーバークロックされているため、伸びしろはそれほど多くないはずです。

しかし実際にやってみると、+100 MHzの設定がすんなりと通ってしまいました。

性能の変化(FF14 – WQHD)

  • 出荷設定
    72.3 fps
  • 手動OC
    76.5 fps

手動オーバークロックによって性能は約6%アップし、GTX 1660 Tiを超えられるパフォーマンスに。

GTX 1660 Superの消費電力(オーバークロック)

消費電力は約111 Wから、約118 Wに増加しました。消費電力は約6%増えただけで性能の伸びと一致するので、ワットパフォーマンスは出荷設定とほぼ同じです。

GTX 1660 SuperのGPUコア温度(オーバークロック)

グラフィックボードの温度は最大65℃だったのが、最大67℃に増加。ちょっと消費電力が増えたくらいでは、温度への影響はそれほど大きくありません。

設定出荷設定手動OC
実効クロック1925 MHz1998 MHz
GPU温度65℃67℃
消費電力110.8 W118.2 W
性能72.3 fps76.5 fps

VRAMがGDDR6になったことで、手動オーバークロックが少し素直になった感覚です。実効クロックを2 GHz前後に留める程度のオーバークロックなら、ワットパフォーマンスもほとんど悪化しません。

最初から多少オーバークロックが施されたオーバークロックモデルを選んで、そこから更に自分でオーバークロックを加えることで、GTX 1660 Tiに対して下剋上を狙うと美味しいです。

まとめ:意外とGTX 1660より魅力的です

「GTX 1660 Super」のデメリットと弱点

  • GTX 1660 Tiよりわずかにコスパが悪い
  • 消費電力はちょっと増えた
  • 「中途半端」と言われがちなポジション

GTX 1660 Superは、無印版と比較して単にVRAMがGDDR6に更新されただけのグラボです。そのため、筆者も含めて多くのユーザーから「出す必要あるのか?」「中途半端すぎるポジション」など、ネガティブな印象を抱かれています。

確かに、現時点では希望小売価格よりも割高な値段で売り出されているため、コスパはGTX 1660 Tiよりわずかに悪いです。ワットパフォーマンスは変わらないとはいえ、消費電力そのものは無印版より増えています。

しかし、これらはあくまでも現時点に基づいた評価です。実際の値段は10ドル高いだけなので、国内の販売価格が落ち着いて1000~2000円しか変わらない状況になれば、中途半端になるのはGTX 1660の方です。

そもそもSuperシリーズ自体が、既存のラインナップを置き換える「実質的な値下げ」なので、Super版と比較して無印版が中途半端な立場になってしまうのは、ごく自然な流れだと思います。

「GTX 1660 Super」のメリットと強み

  • GTX 1660 Tiに迫るパフォーマンス
  • GTX 1660より遥かに優れた配信性能
  • 「GDDR6」の格上げされたVRAM
  • 小型なデュアルファンでも冷える
  • 2 GHz前後まで行くオーバークロック耐性
  • GTX 1660と大差ないワットパフォーマンス

Twitterで「中途半端の塊」などと言ってしまったが、ここで発言撤回しておきます。それだけ期待していなかった分、実際に検証してGTX 1660 Superの良さが明らかになるにつれて、完全に評価が一変してしまいました。

第1に、ゲーム性能は上位モデルのGTX 1660 TiやGTX 1070に匹敵します。まさかVRAMをGDDR6にするだけで性能が2割近くも伸びるとは、まったく予想外です。

次にスゴイのがOBSを使ったゲーム実況配信です。GTX 1660だと、144 fps制限で配信をすると8割はコマ落ちしました。一方、GTX 1660 Superは2割強までコマ落ちを抑えられるようになっています。

ハッキリ言って桁違いの配信性能です。OBSでNVEncで配信しつつ、ゲーミングモニターも同時に活用したいゲーマーさんは、今後GTX 1660を選択肢に入れる必要はありません。

平均1 fpsあたりの価格(コスパ)

  • GTX 1660 Super
    356.8 円
  • GTX 1660 Ti
    338.1 円
  • GTX 1660
    342.5 円
  • GTX 1070 Ti
    575.1 円
  • GTX 1070
    500.0 円
  • GTX 1060 6GB
    452.9 円

新品価格で計算した平均1 fpsあたりの価格(単純なコスパ)は、残念ながら既存のラインナップに対してわずかに悪いです。

ただし、NVIDIAの希望小売価格は239ドルで、10ドルしか差がありません。国内価格はまだ割高なものの、GTX 1660と同様に落ち着けば、GeForce 16シリーズの中でもっともコスパに優れたグラボになります。

GTX 1660 Superのレビューまとめ

というわけで、GTX 1660 Superのレビュー評価は「A+」ランクで決まりです。GTX 1660よりたった10ドル高いだけで、GTX 1660 Tiに匹敵する性能、GTX 1660より遥かに優れたゲーム配信性能、高いオーバークロック耐性などなど。

得られるメリットは値段の違いよりずっと多いです。ほんとは「S」ランクにしてもいいくらいのグラボですが、現状は国内価格が割高なので「A+」にしておきます。

本来なら1000~2000円くらいの差額になるところが、約5000円はさすがに強気過ぎです。6000円も差があると、新品で買う場合はGTX 1660が悩ましいし、中古で買うならGTX 1070 Tiが魅力的になってしまいます。

最安値が2.7万円から、そこそこのOCモデルが3万円前後に落ち着いてくれれば最高です。

自作歴27台のやかもち
GTX 1660 Superは「欠点のないGTX 1660」でした。価格差が小さくなれば、GTX 1660の存在価値は消滅してしまうでしょう。

以上「GTX 1660 Superをレビュー:意外と中途半端の塊ではない。」でした。


GTX 1660 Superを入手する

GTX 1660 Superを搭載するグラフィックボードは、現在2.8~3.6万円の価格帯で入手できます。ほとんどはシングルファン、またはデュアルファンモデルが占め、3.6万円を超えるとトリプルファンモデルが登場します。

GTX 1660 Superをレビュー
ZOTAC / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(41 mm) / TDP : 125 W

その中で特におすすめは、今回のレビューで使用した「GeForce GTX 1660 SUPER AMP」です。コンパクトでそこそこ冷えて高性能、ポリゴン面のようなゴツゴツとしたデザインもクールな雰囲気ですごく良いです。

GeForce GTX 1660 SUPER GP OC

Palit / ブーストクロック : 1830 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(40 mm) / TDP : 125 W

デザインや静音性は気にしないので、とにかく安いのが欲しい。というコスパ重視派の方には、ドスパラWebで販売されている「GeForce GTX 1660 SUPER GP OC」がベスト。デュアルファンのOCモデルでもっとも安いです。

GTX 1660 Superを搭載するBTO

GTX 1660がまだ終売していない都合もあり、GTX 1660 Superを採用するゲーミングBTOはほとんどありません。自作代行系BTOのサイコムなら、低価格モデルの「Mace H370」などでGTX 1660 Superを選択可能です。

G-Master Mace H370

サイコム / CPU : 第9世代Intel / メモリ : DDR4-2666 8GB / グラボ : GTX 1660 Super(※選択可) / SSD : 480GB

ただし、標準スペックの時点でGTX 1660 Tiが搭載されており、GTX 1660 Superを選ぶと約2000円安くなるだけです。2000円しか変わらないなら、そのままGTX 1660 Tiで十分なのでイマイチな感はあります。

Sponsored Link

12 件のコメント

  • レビューありがとうございます

    GTX 1660 Superが健闘しているというよりは、GTX 1660 Tiの傑作ぶりが際立つ結果に思えますね。やっぱりRX 5500XTの対抗馬という位置付けなんでしょうかねぇ

    • 1650Superはメモリバスが128bitに据え置かれたのでlow profile版を期待したいのですがアナウンスありませんね…
      TDP100Wで要補助コネクタになるので厳しいかしら

  • 現時点ではtiの方が安いせいで買う意味がないのが残念ですね
    適正価格になればsuperの強みが出るのですが

  • レビューお疲れ様です。
    普段からレビュー記事をよく読んでますが、大抵のグラボで平均200fpsを超えているCS:GOでフレームレートを測定する必要はもう無いと思います。

    • それが悩ましいところで、CSGOはプレイヤー人口が結構多いタイトルです。だから現時点では検証から外す予定はないです。そのかわり、平均パフォーマンスの計算からは除外しています。動いて当たり前なので評価には含めない、という意味合いです。

  • 早速のレビューありがとうございます
    1660tiにせまる性能で配信性能が改善されたところで1660Sはミドルローの定番になると思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。