「RTX 2060」の性能はGTX 1070 Tiの完全上位互換だが、課題も…

NVIDIAの最新世代「Turing」のミドルクラスに位置するグラボ「RTX 2060」が登場。先代のGTX 1060を大幅に超える性能と、最新技術に対応したハードを搭載する魅力あるグラボだが、実際のところはどれほどのモノなのか。

本記事では実際にレビューと検証を行い、RTX 2060を解説する。

Sponsored Link

「RTX 2060」の仕様とスペック

ザックリとした基本的な内容はYoutubeに動画版を作りました。ササッと見たい人は動画で、情報量多めで詳しく知りたい人は、以下のブログ版を読み進めてください。

GPURTX 2060GTX 1060 6GBGTX 1070 TiRadeon RX 580
ダイ
世代TuringPascalPascalPolaris 20
プロセス12nm製造 : TSMC16nm製造 : TSMC16nm製造 : TSMC14nm製造 : GlobalFoundries
トランジスタ数108億44億72億57億
ダイサイズ445 mm2200 mm2314 mm2232 mm2
CUDAコア数CPUのコア数に相当1920128024322304
TMU数Texture Mapping Unitのこと12080152144
ROP数Render Output Unitのこと48486432
演算ユニット数30101936
Tensorコア数機械学習向けの特化コア240
RTコア数レイトレ用の特化コア30
クロック周波数1365 MHz1569 MHz1607 MHz1257 MHz
ブーストクロック1800 MHz1784 MHz1683 MHz1430 MHz
VRAM容量6 GB6 GB8 GB8 GB
VRAM規格GDDR6GDDR5GDDR5GDDR5
VRAMバス192 bit192 bit256 bit256 bit
VRAM帯域幅336.0 GB/s192.2 GB/s256.3 GB/s268.8 GB/s
理論性能(FP32)6.912 TFLOPS4.567 TFLOPS8.186 TFLOPS6.589 TFLOPS
TDP160 W120 W180 W185 W
補助電源8 pin8 pin6 + 8 pin
MSRP$ 349$ 299$ 399$ 229
参考価格最安Top5の平均価格453002757052330 円24860 円

RTX 2060はナンバリングとしては、GTX 1060の後継に位置づけられるグラボですが、こうしてカタログスペック(仕様)を比較してみるとGTX 1070~1070 Tiに匹敵するスペックに進化してる。

初心者もち
めちゃ進化したね・・・( ゚д゚)
自作歴24台のやかもち
進化したのは間違いないが、手放しで喜べる内容でも無い。では、重要なところを解説します。

ダイサイズが2倍以上に拡大

RTX 2060のダイサイズ(チップ面積)

GTX 1060のチップ面積は200 mm2でこじんまりとしているが、RTX 2060は驚くことに445 mm2まで巨大化しました。実に2.2倍も巨大なチップなので、確実に歩留まりは悪化してしまう。

半導体のチップは、1個あたりの面積が大きければ大きいほど、製造に不良品が発生する確率が高くなる性質がある。そのため、GTX 1060と比較して2倍以上も大きいRTX 2060は、間違いなく製造コストが増加する。

もちろん、チップ面積が大きくなれば、それだけたくさんの部品を詰め込めるようになるので、性能は高くなりやすい。ただ、RTX 2060は性能のためだけに巨大化したわけではないのが肝です。

新しい部品「Tensor」と「RTコア」

RTX 2060の中身を解説

ゲームの性能(フレームレート)に大きく影響するのが「CUDAコア」と呼ばれるコアです(AMDの場合はストリームプロセッサと呼ぶ)。傾向として、CUDAが多いほどゲーム性能が高くなる。

RTX 2060には1920個のCUDAが入っているが、その割に445 mm2は大き過ぎる。原因はRTXシリーズで新たに追加された「Tensorコア」と「RTコア」です。

Tensor(テンサー)は機械学習の処理に特化させた専用コアで、NVIDIAの新しい技術「DLSS(Deep Learning Super Sampling)」を実行するために追加されました。

機械学習を使ったAA技術「DLSS」

「DLSS」は映像のギザギザをキレイに取り除く、アンチエイリアシングの新しい技術です。今まではTAAなどが使われていたが、滑らかにすればするほど、指数関数的にグラボの負荷が大きくなるのが欠点でした。

最新技術のDLSSは、その激重なTAAやSMAAなどの処理を、爆発的に効率化する新しいアンチエイリアシング機能。キレイな映像を保ったまま、フレームレートを向上できるので、ゲーマーにとって価値のある機能です。

初心者もち
「DLSS」は存在価値アリ、ってことなんだね?
自作歴24台のやかもち
そういうこと。DLSSを使えるゲームでは、積極的に使いたい機能です。

というわけで、Tensorの追加はまだ良い。厄介なのは「RTコア」の方。RTコアはNVIDIAの新しい機能「RTX(Ray Tracing)」を効率化するために追加された部品になります。

新機能「RTX」は、光の反射をリアルタイムに計算して映像化する技術。たとえば、金属でできた戦闘機に、周囲の雲や太陽が写り込んだり。街の建物や空の風景が、水たまりに写り込んだり、などなど。

とにかく「リアリティ溢れる写り込み」の再現が凄まじい。しかし問題は、この機能を有効化するとフレームレートがガクッと落ちてしまう上に、FPSやTPSゲームでは全く有利にならないこと。

RPGやアドベンチャーゲームなど、オフゲーをプレイするなら悪くない機能ですけど、ゲーマーの多くは競技性の強い対人ゲームをプレイしている。だからフレームレートを落とすだけで、役に立たないRTX機能は「お荷物」と言える。

初心者もち
「RTX」は存在価値が薄いから、そのためのRTコアはチップの面積を無駄に食ってるだけなのね・・・。
自作歴24台のやかもち
NVIDIAの謳い文句は「もっとも安くレイトレを体験できるGPU」だったりするが、ちょっとズレてる気がする。

理論性能はGTX 1060比で1.5倍

  • RTX 2060:約6.9 TFLOPS
  • GTX 1060:約4.6 TFLOPS

RTX 2060はGTX 1060よりCUDAコアが1.5倍に増加し、クロック周波数も微増したため、グラボの計算速度を示す理論性能(FP32)も約1.5倍に向上した。

理論性能は実際のゲーム性能にそのまま当てはめることはできないので参考にしかならないが、RTX 2060の性能はGTX 1060より上で、GTX 1070 Tiまであと一歩というレベルです。

VRAMの規格は「GDDR6」に更新

RTX 2060のVRAM

RTX 2060のVRAMはSamsung製のGDDR6(Credit : TechPowerUp

VRAM(ビデオメモリ)の規格は、従来のGDDR5から最新のGDDR6に更新されている。VRAMのメモリクロックが進化して、1秒間あたりのデータ転送量(帯域幅)が大幅に伸びてます。

  • RTX 2060:1秒につき336.0 GB
  • GTX 1070 Ti:1秒につき256.3 GB
  • GTX 1060 6GB:1秒につき192.2 GB

GTX 1060より1.7倍。GTX 1070 Tiと比較しても、約1.3倍も高速です。間接的にゲーム性能が高くなる可能性がある。あと、GDDR6はオーバークロック耐性が高いのも特徴だったりする。

そのため、メーカーのオーバークロックモデルは、定格より大幅にクロックを追加した状態で販売されるということ。RTX 2060の性能は、スペック表から読み取れる以上に高くなる可能性が濃厚です。

故障率が低くて性能が高いSamsung製を採用したのは素直に高評価。

スペック盛り過ぎでTDPは微増

RTX 2060は16nmから12nmへ微細化したけれど、それ以上にスペックを大幅に強化したので、TDPはGTX 1060と比較して3割も増えた。

  • GTX 1070 Ti:180 W
  • RTX 2060:160 W
  • GTX 1060 6GB:120 W

補助電源コネクタも「6 pin」から2本増えて「8 pin」になっているため、既存のパソコンに増設しにくい仕様になる。ミドルクラスというより、ややハイエンド寄りな感じがする。

まとめ:RTX 2060はGTX 1060の後釜ではない

RTXシリーズ(GeForce 20)は、全体的にラインナップを1段階ずつ高くした内容になっていて、RTX 2060も例外ではないようです。

対応する「後釜」モデル
RTX 2080 TiGTX 1080 Tiを超える
RTX 2080GTX 1080 Ti並
RTX 2070GTX 1080を超える
RTX 2060 NEW!GTX 1070前後

GTX 1060の後継モデルではなく、どちらかと言うとGTX 1070やGTX 1070 Tiの後継モデルを目指している。以前のPascal世代との違いは、値段も上がってしまった…ということですね。

では、ここまでの解説をまとめます。

  • CUDAコアは50%増加
  • VRAMはGDDR6に更新
  • NVIDIAの最新機能に対応
  • クロック周波数の更なる上昇
  • VRAMの容量は6 GBのまま
  • チップ面積は約2.2倍
  • 価格は1070 Ti並に値上げ
  • 消費電力はやや増加

「強い。」のは間違いないけれど、肝心のコストパフォーマンスや、ワットパフォーマンスはどう変化したのか。次は実際にRTX 2060と競合グラボ3種を使って、比較検証を行います。

RTX 2060を検証する

テスト環境と用意したグラボ

RTX 2060のテスト環境
テスト環境パーツ備考 / 詳細
CPUCore i9 9900K出荷設定のまま
冷却無限五 Rev.B120mmファン搭載の中型空冷
グラボRTX 2060と他3種後述
メモリDDR4-2666 8GB x2G.Skill Sniper X
マザーボードIntel Z390ASRock Z390 Extreme4
SSDSATA 250GBSamsung 860 EVO M.2
SATA 2TBMicron 1100 2TB
電源ユニット1200W(80+ Platinum)Toughpower iRGB PLUS 1200W
OSWindows 10 Pro 64bitVer 1809
ドライバNVIDIA 417.71 WQHLRTXシリーズ対応ドライバ
ディスプレイ1920 x 1080 @144HzBenQ EX3200R

RTX 2060の検証は、「ちもろぐ専用ベンチ機」を使いました。なお、RTX 2060はなぜかWindows 10が認識してくれず、NVIDIAのドライバを入れようとすると互換性エラーが発生して困った。

結局、Windows 10をVer 1803から最新の1809にアップデートすると、ドライバもあっさり入るように。というわけで、RTX 2060を使う人は事前にWindows 10を最新の状態(1809)にしておこう。

RTX 2060 ZOTAC

検証のために用意したRTX 2060はZOTAC製「RTX 2060 Twin Fan」です。長さが210mmしか無い、とてもコンパクトなオーバークロックモデル。

ZOTAC / ブーストクロック : 1680 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 160 W
RTX 2060と比較検証するグラボ
  1. GTX 1060 6GB Gaming X(MSI製)
  2. RTX 2060 Twin Fan(ZOTAC製)
  3. RX 580 Nitro+ Special Edition(Sapphire製)
  4. GTX 1070 Ti AMP Edition(ZOTAC製)

競合として比較検証するグラボは、以上の3種(とRTX 2060)になります。

MSI / ブーストクロック : 1809 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 120 W
Sapphire / ブーストクロック : 1430 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 185 W

では、RTX 2060 vs 競合3つ(GTX 1060 / GTX 1070 Ti / RX 580)のベンチマークバトルを始める。

ゲーミング性能:RTX 2060は1070 Tiに迫る勢い

3DMark FireStrike

結果まとめ※クリックで拡大
  • RTX 2060
    19728
  • GTX 1070 Ti
    20533
  • GTX 1060 6GB
    13645
  • RX 580
    15698

フルHD向けの定番ベンチマーク「Fire Strike」では、RTX 2060はGTX 1070 Tiにあと4%の性能を発揮しました。高クロック化とVRAMの高速化がしっかり効いている様子。

FF14 : 紅蓮のリベレーター

FF14:紅蓮のリベレーター1920 x 1080 / 最高品質
  • RTX 2060
    127.3 fps
  • GTX 1070 Ti
    129.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    95.2 fps
  • RX 580
    85.0 fps

比較的軽いベンチマークのFF14 : 紅蓮のリベレーターは、平均127.3 fpsを叩き出して、ほぼGTX 1070 Tiと同じ性能でした。

FINAL FANTASY 15

FINAL FANTASY 15 : BenchmarkFINAL FANTASY XV : Benchmark1920 x 1080 / 高品質
  • RTX 2060
    80.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    77.9 fps
  • GTX 1060 6GB
    51.6 fps
  • RX 580
    42.9 fps

フルHD向けでは非常に重たい部類に入る、Final Fantasy VXでは、GTX 1060が抜けられなかった平均60 fpsを軽々と突破しました。

CS:GO

「CS:GO」の推奨スペックを徹底検証:最新のグラボ別fpsCounter Strike : Global Offensive1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    273.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    269.5 fps
  • GTX 1060 6GB
    259.5 fps
  • RX 580
    266.5 fps

非常に動作が軽い、ややレガシーなFPSタイトル「CS:GO」では、検証した4種類すべてのグラボが、上限の300 fpsに迫る性能を発揮しました。

Call of Duty : Black Ops IV

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    147.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    134.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    88.6 fps
  • RX 580
    106.9 fps

COD最新シリーズのCall of Duty : Black Ops IVでは、平均147.6 fpsをつけてGTX 1070 Tiを超える性能でした。RTX 2060はVRAMを食うゲームだと強いですね。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    165.8 fps
  • GTX 1070 Ti
    140.6 fps
  • GTX 1060 6GB
    95.1 fps
  • RX 580
    110.1 fps

レインボーシックスシージは付属のベンチマークを実行。こちらもなぜかGTX 1070 Tiを大幅に突破して、平均165.8 fpsを記録した。驚くべき性能です。

Overwatch

Overwatch
1920 x 1080 / エピック設定(100%)
  • RTX 2060
    176.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    187.1 fps
  • GTX 1060 6GB
    123.3 fps
  • RX 580
    108.3 fps

オーバーウォッチは割りと軽いゲームではあるが、エピック画質にするとちょっとだけ重たい。RTX 2060はGTX 1070 Tiに迫る性能を見せた。

PUBG

PUBG1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • RTX 2060
    142.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    135.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    88.4 fps
  • RX 580
    88.8 fps

バトロワの雄「PUBG」は、RTX 2060で平均140 fpsを超えることに成功。意外とリーク情報通りの性能が出ているので、割りと驚いてます。

DOOM

DOOM1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    136.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    139.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    112.8 fps
  • RX 580
    100.4 fps

DOOM(2016年版)では、RTX 2060はGTX 1070 Tiとほとんど同じ性能を記録しました。本当にRTX 2060は強い。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto V1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    97.1 fps
  • GTX 1070 Ti
    103.0 fps
  • GTX 1060 6GB
    76.1 fps
  • RX 580
    61.6 fps

GTA VはNVIDIAに最適化されているAAA級タイトルで有名。だいたいGTX 1070 Tiと似たような性能です。

NieR : Automata

NieR : AutomataNieR : Automata
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    58.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    58.9 fps
  • GTX 1060 6GB
    50.9 fps
  • RX 580
    46.9 fps

激重として知られるニーアオートマタでは、GTX 1060では超えられない平均60 fpsの壁にしっかりと迫りました。ほぼ上限のフレームレートを叩き出せています。

Rise of the Tomb Raider

Rise of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    102.0 fps
  • GTX 1070 Ti
    106.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    67.8 fps
  • RX 580
    68.3 fps

トゥームレイダーも、基本的な傾向は大きく変わらず、RTX 2060はGTX 1070 Tiに肉薄する高いパフォーマンスを記録した。

Witcher 3

Witcher 3
1920 x 1080 / 最高設定 + HairWorks
  • RTX 2060
    80.5 fps
  • GTX 1070 Ti
    78.7 fps
  • GTX 1060 6GB
    50.1 fps
  • RX 580
    52.3 fps

HairWorksを有効化した激重なWitcher 3もこの通り。アッサリと60 fpsを突破した上、GTX 1070 Tiすら超えている

バイオハザードRE:2

Resident Evil 21920 x 1080 / カスタム設定(VRAM : 7.38 GB消費)
  • RTX 2060
    134.8 fps
  • GTX 1070 Ti
    126.1 fps
  • GTX 1060 6GB
    81.7 fps
  • RX 580
    99.4 fps

AMDのキャンペーンで貰えたので、バイオハザードRE:2も検証しておいた。結果はGTX 1070 Tiを超えており、VRAMの帯域強化が割りと効き目がある可能性を示唆しました。

モンスターハンターワールド

Monster Hunter World1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    75.6 fps
  • GTX 1070 Ti
    71.8 fps
  • GTX 1060 6GB
    46.1 fps
  • RX 580
    51.4 fps

GTX 1060程度では歯が立たなかったモンスターハンターワールドですが、RTX 2060なら余裕で60 fpsを超えます。しかも、GTX 1070 Tiより高い性能を発揮した。

黒い砂漠

黒い砂漠黒い砂漠
1920 x 1080 / リマスター品質
  • RTX 2060
    93.4 fps
  • GTX 1070 Ti
    91.9 fps
  • GTX 1060 6GB
    60.0 fps
  • RX 580
    50.3 fps

最高画質の無料MMORPG「黒い砂漠」のリマスター品質では、RTX 2060は平均93.4 fpsでした。GTX 1060と比較すると、実に1.5倍の性能アップ。GTX 1070 Tiと同等の性能です。

黒い砂漠(ウルトラ画質)の場合

  • RTX 2060
    35.9 fps
  • GTX 1070 Ti
    32.3 fps

更に重たいウルトラ画質だと、60 fpsは出せないがGTX 1070 Tiを明確に超える性能を見せました。

GPUレンダリング

Blender : BMW1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2060
    106.1 秒
  • GTX 1070 Ti
    163.7 秒
  • GTX 1060 6GB
    236.8 秒
  • RX 580
    243.4 秒

最後は「GPUレンダリング」の性能も検証しておいた。NVIDIAの場合は「CUDA」、Radeonの場合は「Open CL」という方法でレンダリングをしてくれる。

結果は驚くべきもので、てっきり理論性能に沿った結果になるかと思いきや、RTX 2060が圧倒的に早い結果になりました。スペック的には1070 Tiがずっと有利なのに、ここまでの差が出るとは。

要因としては、VRAMの帯域改善がレンダリング速度の向上に影響がありそう。

平均パフォーマンス

RTX 2060の平均パフォーマンスGeForce RTX 20601920 x 1080 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2060
    126.2 fps
  • GTX 1070 Ti
    123.4 fps
  • GTX 1060 6GB
    89.8 fps
  • RX 580
    89.3 fps

ここまでの検証データを平均化して、平均パフォーマンスをまとめた。RTX 2060は、GTX 1070 Tiと同等か、若干「上回る」程度の性能があります。

初心者もち
リーク通りとは・・・驚きだわ。
自作歴24台のやかもち
順当な性能アップでしたね。

補足「DLSS」の効果について

FINAL FANTASY 15 : BenchmarkFINAL FANTASY XV : Benchmark3840 x 2160 / カスタム(DLSS有効化)
  • RTX 2060 +DLSS
    33.4 fps
  • RTX 2060
    23.7 fps

記事執筆時点で、DLSSに対応しているのはFF15のみ。しかも4K解像度だけで、フルHDやWQHDではDLSSを有効にできなかった。結果は約41%の性能アップで、やはりDLSSは劇的な効果があります。

DLSSを使えるゲームがもっと増えれば、RTX 2060の性能は3~4割も引き上げられることになるため、潜在的にはGTX 1080を超えるレベルの性能を持っていることになる。

RTX 2060の熱と消費電力

GPU温度を計測

RTX 2060の消費電力
  • RTX 2060
    66.0 ℃
  • GTX 1070 Ti
    65.0 ℃
  • GTX 1060 6GB
    64.0 ℃
  • RX 580
    75.0 ℃

GPU温度はグラフィックボード自体の設計にも依存するので、参考程度に。

ここから分かることは、長さがたったの21cmしか無い小柄なボードでも、「ZOTAC Twin Fan」は性能を落とさないまま適切にRTX 2060を冷却できるということです。

まさに「コンパクトでパワフル」を実現している。

消費電力を実測

RTX 2060のGPU温度
  • RTX 2060 DLSS
    182.1 W
  • RTX 2060 OFF
    181.7 W
  • RTX 2060
    182.5 W
  • GTX 1070 Ti
    214.9 W
  • GTX 1060 6GB
    136.0 W
  • RX 580
    209.6 W

消費電力は+3V / +5V / +12Vレールの実測値を合算して、CPU自体の消費電力(CPU Package Power)を差し引いて求めました。

マザーボードの消費電力が含まれるため、若干の誤差が生じるものの、おおむねTDPに沿った結果になっています。DLSS有効時でも消費電力が大きく変化しないのは、意外な結果です。

ワットパフォーマンス

1 Wあたりの平均フレームレート

  • RTX 2060
    0.69 fps
  • GTX 1070 Ti
    0.57 fps
  • GTX 1060 6GB
    0.66 fps
  • RX 580
    0.43 fps

平均パフォーマンスを、消費電力で割って1 Wあたりのフレームレートを求めると、ワットパフォーマンスが分かります。

RTX 2060のワットパフォーマンスはGTX 1070 Tiと比較すると、21%ほど改善です。GTX 1060と比較すると、若干の省エネ化に留まっている。今回は16nm → 12nmへのシュリンクなので、劇的な改善にはならない。

まとめ:2060は1070 Tiの完全上位互換だが

「RTX 2060」のデメリットと弱点

  • レイトレの性能は期待しないこと
  • 目玉機能の「DLSS」対応ゲームが少ない
  • GTX 1060と比較するとコスパは微妙

弱点は、肝心のレイトレ性能がイマイチなことです。Battlefield Vでレイトレを入れると、100 fps前後が一気に55~60 fpsにまでガタッと落ちます。しかも有利というわけでもない。微妙な機能です。

一方DLSSは革新的な技術なのは間違いないが、対応しているゲームがあまりに少なすぎるのが難点。

「RTX 2060」のメリットと強み

  • GTX 1070 Tiと同等か、それ以上の性能
  • 1070 Ti比で、改善されたコスパとワッパ
  • 「DLSS」により潜在的な性能はGTX 1080超え
  • コンパクトで高性能なオリファンモデルがある

RTX 2060の強みは、なんと言っても「コンパクトで1070 Ti超えな性能」を実現するオリファンモデルが存在することです。最初はこんなに小さくて大丈夫なのかと不安だったが、実際に試して払拭された。

GTX 1070 Tiよりコストパフォーマンスに優れている以前に、コンパクトでパワフルという一面に大きな価値がありますね。

1 fpsあたりのコスト

  • RTX 2060
    359.0 円
  • GTX 1070 Ti
    424.2 円
  • GTX 1060 6GB
    307.0 円
  • RX 580
    278.5 円

なお、コストパフォーマンスはGTX 1060やRX 580と比較すると、かなり悪い。GTX 1070 Tiより17%コスパが良いが、GTX 1060比だと2割くらいコストパフォーマンスが良くない。

RTX 2060の評価まとめ

というわけで、筆者の個人的な評価は「A+ランク」で決まり。DLSSの汎用性がもっと良ければ、普通にSランクを与えられる惜しいGPUですね。

コスパよくフルHDゲーミングなら、依然としてGTX 1060やRX 580が強いポジションを取っています。逆に144 Hzのゲーミングモニターをコスパよく使うなら、RTX 2060は非常に魅力的なグラボと言えます。

自作歴24台のやかもち
ゲーミングモニターを使うか、「余裕」を求めるか?…で評価が変わりそうです。

以上「RTX 2060の性能はGTX 1070 Tiの完全上位互換だが、課題も…」でした。


「RTX 2060」を入手する

RTX 2060 ZOTAC
ZOTAC / ブーストクロック : 1680 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 160 W

Amazonで普通に流通しているので、入手はカンタン。ぼくのおすすめは、今回検証に使った「ZOTAC RTX 2060 Twin Fan」。ボート長21cmというコンパクトさで、高性能かつ静かに冷えます。

主要ショップのサーチリンクはこちらからどうぞ。とにかくコスパ重視なら「玄人志向」、パフォーマンス重視なら「ASUS ROG Strix OG Gaming」や「MSI Gaming Z」などの高クロック版を推奨する。

「RTX 2060」搭載BTO

GALLERIA XV

ドスパラ / CPU : Core i7 8700 / メモリ : DDR4-2666 4GB x2 / グラボ : RTX 2060 6GB / SSD : 500GB

大手BTOの中では、コスパが良い割に比較的ユーザーフレンドリーなパーツ選びを行う、ドスパラの「ガレリアXV」をおすすめしておきます。実機レビューは1070 Ti版ですが、内容はほぼ同じです。

他のRTXレビューも読んでみる

Sponsored Link

38 件のコメント

  • けど大半のユーザーはこんなにスペック高いのいらないと思うんだよね、で値段が4〜5万だから買うユーザーも少ない

    • 1070 Ti相当ならこんなに高いスペックというほどでもなく、むしろもうこれくらいは欲しい基準になっているくらいかと。
      DLSSでの加速込みならば旧ハイエンド1080Tiと並ぶか超えそうなので特に1080pだと持て余すことがこれからもありえそうですが・・・レイトレも使うならばそうでもなくセットでこれくらいは欲しいレベルでもあり。
      安いのでも4万ちょっとはするので3万まで縛って考えるなら来月出てきそうな1660Tiでしょうね。

  • 2080Tiの半分の性能が349ドルと考えると実は安いくらいですが、下位に1660Tiと1660があるのでレイトレ不要で性能より価格ならそちらに流れるのは必然でしょう。

    1070Ti並みもしくは以上の性能で それより安く 低消費電力。
    まだTuringに最適化されていない状況でも、もやは旧70番の1070や1070Tiを買う意味はないようですね。
    でも新たな60番としては性能は魅力的になったものの、旧60番とのコストパフォーマンスでは・・・となりますね。

    RTとTensorコアが有効なゲームでは旧世代では不可なのでコストパフォーマンスは旧60番とでも逆転することになると思いますが、性能や機能的にかなりお得としてもお値段は1万円以上も違うので、コストパフォーマンスではない単に安いのをと考えると購入動機になりにくいなと。
    もはや今更安いだけで購入するのもどうかなとは思わなくもない状況になりつつもありますが、あと1~2万もだせない人もいるでしょうから。

    これまでも先行投資として割り切る新しいもの好きな人なら迷わないでしょうし、また過渡期の効果が徐々に反映されていくのも新鮮で、コストパフォーマンスには代えがたい魅力や面白さは今まで以上にあるとは思います。

  • 新しい鉄板グラボになりそうですね。
    たしかにゲーマーにとってどれぐらい「買い」かはこれから発売されるタイトルがどれほどDLSSやリアルタイムレイトレーシングに対応してくるかにもよるかと思います。
    しかし、レイトレ以外の用途にRTコア、Tensorコアを使えるならば動画編集やマイニング(流行は過ぎましたが)などにも使えそうですし、何をするにしてもとりあえずは事足りる、そんな感じになりそうだと思いました。

    AMDには頑張ってもらわないとこれからNVIDIAは強くなりすぎそうで恐ろしいです。
    NVIDIAが7nmや5nmに手を付け始めたらどうなることやら‥

    そういえば、RTXシリーズのグラフィックボードの場合、RTコアやTensorコアのOCはできるものなんでしょうか?
    あまりフレームレートに影響しなさそうですが。

    • クロック周波数がCUDAだけなのか、RTやTensorも含んだクロック周波数なのかが分からないので、オーバークロックの効果はちょっと分からないですね。

  • ひとつ気になる点が。

    >消費電力は+3V / +5V / +12Vレールの実測値を合算して、CPU自体の消費電力(CPU Package Power)を差し引いて求めました。

    とありますが、pcieレーンは+3.3v/+12v、補助電源は12vのみなはずですので、+5vラインは測定する必要はないと思いましたが、どうでしょう。

  • RTX2060結構よさそうですね。
    ただ、価格とコスパから売れそうではあるが定番になるかどうかはわからない感じがしますね、予想される下位モデルの価格と性能次第では下位モデルに持っていかれて、そちらが定番になる可能性もあり得る。
    それとRX580って意外にコスパいいんですね、少し驚きました、Fluidmotionを使うのならばかなりお買い得では、私はRX580ユーザーなので買ってよかったと思いました。

    • マイニング需要が完全に弾けたおかげで、Radeon RXは全体的にすごく安くなりましたね。「コスパ」だけを見るならベストです、ホントに。

  • 結果を見るに、解像度がFullHDで60fpsを安定して出そうと思ったら2060が安パイな感じですね
    メモリが6GBで足りないゲームなら1070tiが選択肢になるんでしょうが、現状で6GBで足りなくて8GB必要なゲームって何がありましたっけ?

    あと、2060全体が日本で買うから高いだけで、米尼だと割とお手頃なんですよね
    ZOTACのRTX 2060 AMP Editionも輸送費+デポジット含めて45000円ぐらいです

    • 8GB使うゲームは、CoD : BO4やバイオハザードRE2ですね。どちらも使おうと思えば8GB以上消費できます。でも実用上は、6GBで特に困ってません。

      • ふむふむ、CoD:BO4やバイオハザードRE2ですか・・・自分じゃやらない系統なので1070tiは候補から外しても良さそうですね
        どうもありがとうございます

  • 安値帯のものでいいからOCモデルが3万円台になれば、1060から乗り換えも視野に入るかなって感じですが、夏頃まではかかりそうな予感。
    Naviを見てからでも遅くはないかなあ…?

      • Vega発売から大体2年でVIIだからNaviも予想外なこと起きなければ2、3年ぐらいに発売としてGTX1060は今から2、3年前の製品だからそれまでぶっ壊れないかどうか…
        グラボの寿命って大体どれくらいだろう。

        • グラボの寿命は性能に関するものを除くとすると、クーラーの性能や耐性に依存するかと。
          環境によっては温度上昇でファンそのものの寿命を短くしやすく最悪1年でファンに何かしらの不具合が発生する場合もありえます。そうなるとコアやメモリや回路に想定外の負担が掛かりますし、クーラーがしっかりしている期間ならまず簡単に壊れたりはしないと思います。

  • 1660がもっと安くて性能があってくれることを祈る
    高いモデルでも5万5千円ぐらいで出てくらさい

    • 1660は2種ある情報があり、1660Ti (1536SP)と1660(1280SP)があるようです。
      1920SPの2060よりは性能は下回るはずです。恐らくTi付は1070のやや下、Ti無しは1060の2割増しくらいかなと。
      TensorコアがあるならDLSSで更に1.4~1.5倍にはなりそうですが。
      値段はTi付が279ドル(出始め3.4~4.3万)でTi無し229ドル(出始め2.8~3.6万)かなと。

      あって無印229ドルで1280SPらしい情報がありますね。

    • この記事のバイオハザードRE:2は、VRAMを7.38GB消費する設定ですが、それでもRTX 2060が勝ってますね。あればあるだけVRAMを食うCoD : BO4も、やはりRTX 2060が…。VRAMボトルネックが仮にあったとしても、それだけでは埋められないほどの性能差がある、ということです。

      • 6GBを大きく超える設定でも簡単には落ちない感じがするので気にする容量ではない感じですね。
        あとDLSSですが、Port RoyalでDLSSを使うと50%ほどfpsが伸び画質も精細になっていますが、VRAM使用量が減っているのも注目ポイントかなと。

    • RTX 2070は2060より15~25%速いようですがコスパ的にはRTX 2060がいいようです。
      https://youtu.be/t0aJSACGq1s

      ただし、2060と2070間の差は1.25倍の性能で1.35倍の価格ですみ、且つメモリ容量が2GB増えてることを考えると、2070と2080や2080と2080Tiの差より合点がいき2070も良好でしょう。

      RTX 2060 4.5万
      RTX 2070 6.5万 2060より15~25%速いが1.35倍の価格で1.5~2万は高い +2GB
      RTX 2080 9.5万 2070より15~25%速いが1.55倍の価格で3~3.5万は高い
      RTX 2080Ti 16万 2080より20~35%速いが1.65倍の価格で6.5~7万は高い +3GB

  • 1060の後継にあたるであろう1660tiが遂に発売になりましたね。
    1060比でおよそ1.2~1.3倍、ゲームによっては1070に並ぶフレームレートを計測しているようですが、RTとTensorコアを省いた割には価格が3.6~4.6万と2060の8割という性能に対してあまりお得感が無いような…。

    • 安く下位になるほどコストシビアなので仕方がないのでしょうね。
      しばらく待ては29800円とかありそうですが。
      もっと安くなら来月の1660でしょうね。1280SPなら1060比でクロックにもよりますが1.2倍くらいはありそうですし。

  • RTX 2060 ご祝儀価格が終わって、MSIとかZOTACとかのがOCモデルでなければ
    4万前半で買えるようになって来ましたね。
    1ヶ月で1万下がり、ヤフーのポイント還元入れると実質3万後半ぐらいになったので、
    これなら割とありな気がします。

    • ヤフーなら本日3/4 6万円以下で使える8% offクーポンも使えますね。
      6万円以下というのがRTX 2060を狙いすましたかのよう・・・
      ZOTACのコンパクトツインファンモデルなら39,546円(税+送料込み)です。
      ポイント還元が最大で5,148円ですので34,398円で実質3万前半でRTX 2060が買えます。
      出たばかりで最新Turing + RTコア + Tensorコア の基本能力内容を考えると破格で、満足度も含めて今はこれ一択な感じがします。

  • GTX1660TIの価格が落ち着き、2万円台後半になればそちらに流れるユーザーが多そうですが、今の市場価格が2060とさほど変わらないとなると性能差がそこそこある以上、2060の選ぶユーザーが多そうですね。
    ところでGTX1660TIの記事お待ちしておりますよ。

  • 2060の記事とても良かったです。何度も読ませて頂きました。
    今回検証に使われた ZOTAC RTX 2060 Twin Fan をもっと詳しく知りたいです。
    他と比べて価格が安いので電源フェーズ数やコンデンサの品質などはどうでしょうか?
    GIGABYTE GV-N2060WF2OC-6GD とどちらが良いか迷っているのですが
    ブーストクロックの差やほんの少しの冷却性能の違いだけなのか気になります。

    • 同じコメントを送信してしまいすみません。
      削除して頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。

  • Zotac Twin FanとGV-N2060WF2OC-6GDではブーストクロックが最大5%違うので、期待できる性能が最大で5%くらい違います。性能を少しでも重視するなら、そちらのGigabyteグラボで良いと思います。

    ちなみにZotac Twin Fanを購入し、MSI Afterburnerなどで設定を変更して同じ性能にオーバークロックすることも可能ですが、定格外の行為なので推奨はしません…。

  • USBTypeC搭載モデルなら買う価値あるかなと思いましたが…
    無いモデルだけでも税込35000円程度になって欲しいです。

  • asusのデュアルファンモデル(2.7スロット)を使っていますが、OCはどれくらいまでできそうでしょうか?
    アドバイスお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。