Apex Legendsの推奨スペックを検証 & 解説:意外と重たいよ

サービス開始からたったの1週間で、2500万人ものプレイヤーを世界中から集めた、超人気 & 大流行中のバトロワFPS「Apex Legends」。

無料なのであえて検証する必要は無いかな?、と思いつつも、非常に人気なのでApex Legendsの推奨スペックを検証する。初心者向けに分かりやすい解説もします。

Sponsored Link

Apex Legendsの必要動作スペック

「Apex Legends」必要動作環境

まずはApex Legendsの公式サイトより、PC版の公式推奨スペックを確認します。

スペック必要動作環境推奨動作環境
OS
  • Windows 7 64bit
  • Windows 10 64bit
CPUCore i3 6300Core i5 3570T
AMD FX-4350
メモリ6 GB8 GB
グラボGeForce GT 640GeForce GTX 970
Radeon HD 7730Radeon R9 290
VRAM1 GB以上8 GB以上
ストレージ22 GB以上

公式スペックは基本的に控えめな内容になりがちで、Apex Legendsも控えめな内容です。ただ、CPUはそれほど要求していない一方、グラボはかなりハードな要求です。

推奨動作にはGTX 970やR9 290相当のグラボが必要と書いてあり、加えてVRAM(ビデオメモリ)は8 GBも欲しいと書いています。8 GBはハイエンドグラボにしか搭載されていないので、非常にハードな内容。

メモリは少なくとも6 GBあれば良いみたいで、推奨は8 GBとのこと。CPUもメモリもそれほど必要ないみたいですが、グラボだけは妙にハードな要求ですね。

では、実際に検証してみてどれくらいのスペックが必要になるのかを確認していこう。

どれくらいで推奨スペック?

一応「推奨スペック」の定義を決めておきます。大抵の人は高価なゲーミングモニターではなく、普通のフルHDモニターを使っている。だから実用上は平均60 fps以上を維持できればOKです。

ゲーミングモニターを使っている場合は、リフレッシュレートに近いフレームレートを出せることが推奨スペックの条件になります。144 Hzのモニターなら、平均144 fps以上が望ましく、最低でも100 fpsは欲しいところ。

  • 144 fps以上:ゲーミングモニターを使うなら十分な性能
  • 100 fps以上ゲーミングモニターで遊ぶなら最低でも必要
  • 60 fps以上:普通のモニターには十分、ほとんどの人はこれでOK
  • 60 fps以下:慣れていないとキツイ(そして入力遅延が…オワタ)

まとめるとこの通り。

60 fps以上」が推奨スペックのキホンで、ゲーミングモニターを使っている(または購入予定)なら「100 fps以上」を目指すこと。ゲーミングモニターを100%活かすなら「144 fps以上」を狙う。

自作歴24台のやかもち
60 fps未満は「入力遅延」が酷いのでオススメしません。

テスト環境と方法

Apex Legendsの推奨スペックを検証
  • CPU:Core i9 9900K
  • メモリ:DDR4-2666 8GB x2(合計16 GB)
  • SSD:Samsung 860 EVO 500 GB
  • OS:Windows 10 Pro 64bit(Ver.1809)
  • ドライバ:NVIDIA 417.71 / AMD 18.10.1

ちもろぐ専用ベンチ機を使います。基本スペックは以上の通り。

CPUに最強クラスのゲーミングCPUであるCore i9 9900Kを使い、メモリは16 GB搭載している。Apexを入れるストレージはもちろんSSDです。

グラフィックボードの足を引っ張る要因はだいたい排除しているので、グラボの性能を忠実に計測できます。計測はトレーニングマップで行い、設定は「中」と「最高」を使った。

Apex Legendsの推奨グラフィックボード

フルHD(1920×1080)の場合

Apex LegendsApex Legends
1920 x 1080 / 中設定
  • RTX 2080 Ti
    251.3
  • RTX 2080
    201.5
  • RTX 2070
    167.1
  • RTX 2060
    142.5
  • GTX 1080 Ti
    178.0
  • GTX 1080
    133.8
  • GTX 1070 Ti
    131.0
  • GTX 1060 6GB
    84.9
  • GTX 1050 Ti
    50.0
  • GTX 1050
    42.4
  • RX 580 8GB
    99.7
  • RX 570 4GB
    85.3

GeForce 20GeForce 10Radeon RX

中設定にすると、Apex Legendsはそこそこ軽い動作でしたが、公式スペックにあった「GTX 970相当が必要」という内容は大げさでは無いですね。

GTX 1050 Ti程度では平均60 fpsに届かず、平均60 fps以上を維持するには「RX 570」や「GTX 1060 6GB」が必要です。コスパ重視で選ぶなら、RX 570やRX 580が意外と悪くない結果になった。

ゲーミングモニターを使うなら「RTX 2060」がコスパ的にも性能的にも十分です。中設定でプレイするなら、Apex Legendsはそれほど重たくはない。

Apex LegendsApex Legends
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Ti
    198.6
  • RTX 2080
    160.6
  • RTX 2070
    130.6
  • RTX 2060
    111.2
  • GTX 1080 Ti
    139.1
  • GTX 1080
    108.0
  • GTX 1070 Ti
    102.8
  • GTX 1060 6GB
    65.0
  • GTX 1050 Ti
    37.2
  • GTX 1050
    29.5
  • RX 580 8GB
    76.5
  • RX 570 4GB
    64.7

GeForce 20GeForce 10Radeon RX

最高設定では最新のAAAタイトル並にグッと重たい動作になります。GTX 1060ですら平均60 fpsをちょっと上回るのがやっとで、維持するには少なくとも「RX 580」が必要ですね。

最高設定のままゲーミングモニターで快適なプレイをするには、コスパ重視なら「RTX 2060」で間に合うが、パフォーマンス重視なら「RTX 2070」がおすすめです。

WQHD(2560×1440)の場合

Apex LegendsApex Legends
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Ti
    141.5
  • RTX 2080
    117.3
  • RTX 2070
    84.7
  • RTX 2060
    72.9
  • GTX 1080 Ti
    92.2
  • GTX 1080
    70.7
  • GTX 1070 Ti
    67.0
  • GTX 1060 6GB
    40.9
  • GTX 1050 Ti
    22.9
  • GTX 1050
    20.4
  • RX 580 8GB
    48.5
  • RX 570 4GB
    41.4

GeForce 20GeForce 10Radeon RX

フルHDよりも約1.8倍大きいワイド画面(WQHD)は、当然だが更に重たくなった。平均60 fpsを狙うなら少なくとも「RTX 2060」が必要。

ゲーミングモニターを使うなら「RTX 2080」や、GeForce 20シリーズの最上位モデル「RTX 2080 Ti」も選択肢になります。

4K(3840×2160)の場合

Apex LegendsApex Legends
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Ti
    79.0
  • RTX 2080
    59.6
  • RTX 2070
    44.8
  • RTX 2060
    37.2
  • GTX 1080 Ti
    49.3
  • GTX 1080
    37.1
  • GTX 1070 Ti
    34.1
  • GTX 1060 6GB
    20.8
  • RX 580 8GB
    23.8

GeForce 20GeForce 10Radeon RX

フルHDの実に4倍という超解像度の「4K」では、想像を絶する重さに。これでも一番重たいゲームと比較すると、全然軽いのですが、平均60 fpsには「RTX 2080」が必要なので文句なしに重たいです。

RTX 2080 Tiを使っても100 fpsには届かなかったため、4KゲーミングモニターでApexを快適にするなら、「RTX 2080 Ti」を使いつつ設定を「中」まで落とすことが必須に。

Apex Legendsの推奨グラボまとめ

解像度モニター推奨グラボ
1920 x 1080普通(60 Hz)
  • GTX 1060 6GB
  • RX 580 8GB
2560 x 1440
  • RTX 2060
3840 x 2160
  • RTX 2080
1920 x 1080ゲーミング(144 Hz)
  • RTX 2060
  • RTX 2070
2560 x 1440
  • RTX 2080
  • RTX 2080 Ti
3840 x 2160
  • RTX 2080 Ti

表にまとめました。使っているモニターの解像度や、リフレッシュレートに合わせて、最適なグラフィックボードを選べば大丈夫です。

ASUS / ブーストクロック : 1380 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2.5スロット / TDP : 185 W

普通のモニターを使ってコストパフォーマンス良く平均60 fps以上を安定させるなら、おすすめなグラボは「RX 580」。GTX 1060とほぼ同価格のグラボですが、Apexでは2割ほど性能が高い。

ZOTAC / ブーストクロック : 1800 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 160 W

ゲーミングモニターでApexを快適に動かすなら、平均110 fpsくらいを叩き出す「RTX 2060」をおすすめする。コスパも良く、消費電力も少なめでバランスのよいグラボです。

Apex LegendsとCPUボトルネック

公式スペックによれば、あまりCPUは重視していない印象を受けましたが、実際のところはどれくらいCPUボトルネックが発生するのか。

もっとも性能の高い「RTX 2080 Ti」を使って、CPU別にフレームレートを計測しました。良いグラボの性能をしっかりと引き出すには、CPUの性能も意外と無視できないことが多いです。

RTX 2080 Tiでボトルネックを検証

Apex LegendsApex Legends
1920 x 1080 / 中設定
  • Core i9 9900K
    251.3
  • Core i7 9700K
    261.5
  • Core i5 9400F
    263.3
  • Core i3 8100
    255.9
  • Pentium G5400
    232.1

第9世代インテル第8世代インテル

結果は意外で、Core i3以上のCPUではほとんど差が出なかった。Apex Legendsを快適に動かすには、CPUは4コアあれば十分で、クロック周波数はそれほど影響しないようです。

公式スペックがグラボだけ厳しめで、CPUは控えめな内容だったが、嘘ではないことが分かりました。コスパ重視なら「i3 8100」程度、マルチタスク性能が欲しいなら「i5 9400F」で良いでしょう。

Apex LegendsApex Legends
1920 x 1080 / 最高設定
  • Core i9 9900K
    198.6
  • Core i7 9700K
    207.8
  • Core i5 9400F
    206.4
  • Core i3 8100
    200.5
  • Pentium G5400
    200.9

第9世代インテル第8世代インテル

最高設定にすると傾向がちょっとだけ変化したが、やはり大きな差はなく、Core i5以上のCPUがあればCPUボトルネックはほとんど無視できるレベルです。

そしてCore i9 9900Kよりも、i7 9700Kやi5 9400Fの方がフレームレートが高い。Apex Legendsはハイパースレッディング(CPUのコア数を2倍に見せかける機能)を使わない方が、伸びやすいということ。

リアルタイム配信など、重たいタスクをしないなら「Core i7 9700K」や「Core i5 9400F」で十分ですね。

Apex Legendsに最適なCPUまとめ

用途と目的最適なCPU
普通のモニターでプレイ
  • Core i3 8100
  • Core i5 8400
  • Core i5 9400F
ゲーミングモニター
  • Core i5 9400F
  • Core i7 8700K
  • Core i7 9700K
ゲーム実況配信もする
  • Core i9 9900K

悩むのが面倒くさいならCore i5 9400F」がコスパ的にもベストです。ゲームがとりあえず動けばいいから、とにかく予算を抑えたい…という人には「Core i3 8100」も選択肢としてアリですね。

ゲーミングモニターを使う場合は、ボトルネックがほとんど出ないCore i7 9700Kが最適。他のゲームでも安定してフレームレートを叩き出せる、ゲーマーのためのCPUです。

Apex Legendsをしながら、リアルタイムに配信(OBSなど)をしたい場合はCore i9 9900Kをおすすめします。リアルタイムなエンコードという重量タスクを、難なくこなすパワーがある。

Apex Legendsに必要なメモリ

公式サイトによれば、最低でも6 GB、推奨は8 GBのメモリが必要とのこと。メモリの使用量は、グラフィックボードによって差が出るので、いくつかのグラボを使ってメモリの使用量をチェックします。

メモリは最低でも8 GB欲しい

Apex Legendsのメモリ使用量(単位:GB)

  • RTX 2080 Ti 11GB
    6.76
  • GTX 1080 8GB
    6.44
  • GTX 1060 6GB
    6.15
  • GTX 1050 Ti
    7.30
  • GTX 1050
    9.30

まぁまぁ使いますね。

VRAM(ビデオメモリ)が4 GBに満たないGTX 1050 TiやGTX 1050だと、メモリ使用量は7~9 GBに達した。VRAMが6 GB以上あるグラボだと、メモリ使用量は6 GB台で済んでいる。

結論、Apex Legendsには最低でも8 GBのメモリが必要です。同時にネットを見たりYoutubeを見るつもりなら、16 GBを推奨します。8 GB程度では驚くほどあっさり使い切ってしまう。

VRAM(ビデオメモリ)はどれくらい使う?

VRAMが11 GBもある「RTX 2080 Ti」を使って計測しました。

設定別のVRAM使用量(RTX 2080 Ti)

  • フルHD(中)
    3.48
  • フルHD(最)
    5.29
  • WQHD(最)
    5.04
  • 4K(最)
    5.84

フルHDの中設定だと約3.5 GBしか使わない。このくらいなら、VRAMが4 GBのGTX 1050 TiやRX 570でも、問題なく間に合います。

しかし、最高設定にした途端にVRAMの消費量が一気に増えて5~6 GBになった。公式サイトに「推奨:8 GB」と書いてある通り、Apex Legendsは意外とVRAMを大量に使うゲームです。

というわけで、グラフィックボードを選ぶ場合は少なくともVRAMを6 GB搭載しているモノが良い。幸い、最近のグラボはミドルクラスでも6 GBは積んでいる※ので、割りと足りると思います。

※ GTX 1060 6GB、RTX 2060は「6 GB」搭載。RX 580は「8 GB」搭載している。

Apex Legendsの推奨スペックまとめ

Apex Legendsの推奨スペックを検証

グラボは「RX 580」「RTX 2060」でOK

解像度モニター推奨グラボ
1920 x 1080普通(60 Hz)
  • GTX 1060 6GB
  • RX 580 8GB
2560 x 1440
  • RTX 2060
3840 x 2160
  • RTX 2080
1920 x 1080ゲーミング(144 Hz)
  • RTX 2060
  • RTX 2070
2560 x 1440
  • RTX 2080
  • RTX 2080 Ti
3840 x 2160
  • RTX 2080 Ti

フルHDモニターでコスパ良く「中設定」でApexをプレイするなら「GTX 1060 6GB」で十分です。「最高設定」でプレイする場合は、更に余裕のある「RX 580」がおすすめ。コスパ的にもRX 580は優秀。

ゲーミングモニターを使う場合は「RTX 2060」が性能、コスパ、ともにベストなグラボ。WQHDや4Kモニターを使うなら「RTX 2080」クラスのグラボを要検討。

CPUはCore i3(4コア)でも行けるが

用途と目的最適なCPU
普通のモニターでプレイ
  • Core i3 8100
  • Core i5 8400
  • Core i5 9400F
ゲーミングモニター
  • Core i5 9400F
  • Core i7 8700K
  • Core i7 9700K
ゲーム実況配信もする
  • Core i9 9900K

とにかくコストパフォーマンスを重視するなら「Core i3 8100」で特に問題ない。ただ、i3 8100はApex Legendsをプレイする分には問題なくとも、ボトルネックが出やすいゲームでは性能差がハッキリしやすい。

長期的な目線で「今後も出てくるゲームに対応したい。」と考えるなら、6コア搭載の「Core i5 9400F」の方が何かと安全なので、予算に余裕があるならそちらをオススメします

ゲーミングモニターを使う場合は、他のゲームのことも考慮して「Core i7 9700K」がベスト。配信や動画エンコードなどの重労働を想定する人は「Core i9 9900K」が汎用性も高く、扱いやすい。

メモリはできれば16 GB推奨

用途と目的メモリ容量
Apex Legendsをプレイ最低8 GB
同時にネット見る16 GB欲しい
リアルタイム配信余裕持って16 GB

Apex Legendsはメモリを6~7 GBは使ったため、最低でも8 GBを用意すること。他のアプリケーションを同時に使う、マルチタスクを想定するなら16 GBあった方が快適です。

Apex LegendsにおすすめなゲーミングPC

ApexをフルHDでプレイ「GALLERIA DT」

GALLERIA DT
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i5 9400F
冷却標準クーラー
※80mm小型空冷ファン
グラボGTX 1060 6GB
メモリDDR4-2666 4GB x2(合計8GB)8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel H310搭載 MicroATX規格
SSD240GB
HDD1TB
ドライブなし
電源450W 静音電源(80+ Bronze認証)
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格119980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2019/2時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

Apex Legendsを平均60fpsでプレイするなら、当ブログでフルHDゲーミング向けで最高のマシンと評している「ガレリアDT」をおすすめする。

「i5 9400F + GTX 1060 6GB」は現時点での王道のスペック構成なので、フルHDゲーミングをコスパ良くプレイしたいなら、だいたいこれで決まりです。


ゲーミングモニタでApexを快適に「GALLERIA ZV」

GALLERIA ZV
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i7 9700K
冷却静音パックまんぞくコース
120mm中型空冷ファン
グラボRTX 2060 6GB
メモリDDR4-2666 8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel Z390搭載 ATX規格
SSD500 GB
HDD2TB
ドライブなし
電源650W 静音電源SilverStone ER650-B / 80+ Bronze認証
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格159980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2019/2時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

144Hzのゲーミングモニターをコスパ良く活用できるマシンを用意したい、という人に向いているのが「ガレリアZV」です。「i7 9700K + RTX 2060」というバランスの良い構成が特徴。

標準カスタマイズの時点で、16 GBメモリを搭載しているのも「ZV」の大きなメリット。価格は約16万円と、スペックの割にはコスパ良くまとめられているので、ゲーミングモニターを使うならベストなマシンです。


4KモニターでApexをプレイ「GALLERIA ZZ」

GALLERIA ZZ
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i9 9900K
冷却静音パックまんぞくコース
120mm中型空冷ファン
グラボRTX 2080 Ti 11GB
メモリDDR4-2666 8GB x2(合計16GB
マザーボードIntel Z390搭載 ATX規格
SSDNVMe 500GB
HDD3TB
ドライブなし
電源750W 静音電源SilverStone SST-ST75F-PT / 80+ Titanium認証850W 静音電源Corsair HX850i / 80+ Platinum認証
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格339980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2019/1時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。
  • 4KモニターでApex Legendsに没頭したい」
  • 「同時にリアルタイム配信もしたい
  • 「あらゆるタスクに対応したい」

という具合の、ハードな要求には「Core i9 9900K + RTX 2080 Ti」を搭載する「ガレリアZZ」が最適です。とにかく圧倒的な性能を持っているので、性能を妥協したくないコアゲーマーにおすすめ。

Core i9 9900K搭載でOBSを使ったリアルタイムエンコード(生配信)を軽く処理してくれる。それ以外のクリエイティブなタスクも、圧倒的な速度でこなします。とにかく高性能です。


ノートパソコンでApexを「GCF1060GF」

GALLERIA GCF1060GF
GALLERIA GCF1060GF2019/2時点のスペック表
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 8750H6コア / 12スレッド / 2.2 ~ 4.1 GHz
メモリDDR4-2666 4GB x2
GPUGTX 1060 6GB
SSD250GBSATA SSD / M.2 2280
HDD1TB2.5inch HDD / 5400 rpm
サウンドRealtek High Definition Audio搭載型番不明
スピーカー2個搭載
光学ドライブ
有線LANRealtek RTL8168/8111
無線LAN
  • Intel Wireless-AC 9560
  • Bluetooth 5.0
ディスプレイ
    • サイズ : 15.6 inch
    • 解像度 : 1920 x 1080
    • リフレッシュレート : 最大120 Hz
    • 表面加工 : ノングレア
キーボード光学式キーボード
カメラ100万画素(720p)
サイズ27 x 388 x 265 mm
重量
  • 本体 + 電源 : 2.08 kg
保証12ヶ月
価格164980 円(税抜)

ノートパソコンは同じスペックでもデスクトップ版と比較して1~2割ほど性能が低下してしまうが、それでも「コンパクトさ」「省スペース性」「利便性」に魅力を感じているなら、選択肢としてはアリ

「GCF1060GF」の基本スペックは「Core i7 8750H + GTX 1060」で、Apex Legendsを「中設定」で動かすには十分な性能があります。ちなみにモニターは120 Hz対応で、地味にゲーミング仕様だったりする。

上記はGCF1060GFのスリム版のレビューになります。

以上「Apex Legendsの推奨スペックを検証 & 解説:意外と重たいよ」について、解説でした。


Sponsored Link

10 件のコメント

  • CPUはそうでもないのにGPUにスペックを要求するゲームって珍しい気がしますね

    あと誤字報告です
    Apex Legendsに最適なCPUまとめのところで
    ×他のゲームでも安定してフレームレートを叩き出せる、ゲーマーのためにCPUです。
    ○他のゲームでも安定してフレームレートを叩き出せる、ゲーマーのためのCPUです。

    • つ「デッドバイデイライト」
      通信やデータ管理系をシンプルにしてるんでしょう。
      PS4がRadeon系だから、そちらの最適化から伸びが良いんでしょうね。
      あと、OCしたAthlon200GE(私は4.0GHz)で遊ぶだけならぎりぎり可能っぽいです。
      この場合はCPU100%近い消費になります。

  • 1060とrx570がほぼ同等ってかなり珍しいですね~
    値段は元よりおまけも考えると今はほんと570と580はお勧めですね。

  • core i5 8400 RAM8GB GTX760 VRAM4GB 1360×768で快適に動いたので軽いゲームなんだと思ってましたが意外ですね。

    あと細かいですが「4GB以下」の方が正確かもしれません。
    > VRAM(ビデオメモリ)が4 GBに満たないGTX 1050 TiやGTX 1050だと

  • スペック検証・比較記事には,ぜひRadeon VII かVEGA64も導入してもらってスコアを載せてもらいたい…

  • RX570にはVRAM 8GBの物がありますが、これはどう思われますか?
    フルHD 60fpsであれば、GTX1060と同程度のパフォーマンスが出そうな感じがしますが。

    • う~ん、ゲーム側の最適化具合によっては1060と同等になりますが、平均的にはGTX 1060には届かないですね。VRAMだけが多くても、搭載シェーダー数やクロック周波数に大きな差が無いなら、性能差を埋めるのは容易ではありません。

  • そういえば、このゲームはSLIやCFは効くのでしょうか?
    見ていると効きそうな気はしますが・・・
    できれば追試してほしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。