CoD : Black Ops 4の推奨スペックを実際に徹底検証します

3日限定で開催されているCall of Dutyシリーズ最新作の「Black Ops 4」の推奨スペックについて、ちもろぐ専用ベンチ機を使って検証する。

本記事でグラボごとの平均フレームレート、CPUボトルネック、必要メモリー量など。CoD : BO4に必要なPCスペックが全て分かります。

Sponsored Link

CoD : Black Ops 4の推奨スペックを検証する

Call of Duty : Black Ops 4の推奨スペックを検証

ゲームの推奨スペックを調べる、もっともカンタンで確実な方法は「実際に複数のスペックでゲームを動かしてみる」こと。

今回、CoD : Black Ops 4の推奨スペックを検証するにあたって、当ブログの専用ベンチ機と合計9枚のグラフィックボード、4種類のCPUプロファイルを用いて検証しました。

テスト環境
CPUCore i7 8086K
冷却NZXT X62
グラボ全9種
メモリDDR4-2400 8GB x2
マザーボードGigabyte Z370 AORUS Ultra Gaming
SSDSamsung 860 EVO 250GB
電源750W(80+ Gold)
OSWindows 10 Pro 64bit

検証方法とグラフィック設定

Call of Duty : Black Ops 4の推奨スペックを検証

なるべく正しい結果を得るためには、検証方法も重要です。今回のオープンβテストでは「BLACKOUT」モードのみ解禁されていたので、そのモードを使って検証します。

検証時間が短すぎると結果にバラツキが生じるので、少なくとも5分以上は生存し、可能であれば10分以上は生存してデータを収集する。5分もあればマップ内をかなり移動出来るので、場所による負荷の違いを吸収できます。

そして5分以上生存して、ゲームが敵にやられるなどして終わったら、グラフィックボードやCPUを交換して、再び同じ内容の検証を繰り返すだけ。

黒い砂漠の推奨スペックを検証する方法 検証に使用したグラボまとめ
  1. GTX 1080 Ti(使用モデル:MSI Gaming X
  2. GTX 1080(使用モデル:GALAKURO White
  3. GTX 1070 Ti(使用モデル:ZOTAC AMP
  4. GTX 1070(使用モデル:GALAKURO White
  5. GTX 1060 6GB(使用モデル:MSI Gaming X
  6. GTX 1050 Ti(使用モデル:Palit STORMX
  7. GTX 1050(使用モデル:MSI OC
  8. RX 580 8GB(使用モデル:Sapphire NITRO+
  9. RX 570 4GB(使用モデル:ASUS ROG STRIX

検証に使ったグラフィックボードは以上の9つ。主流のNVIDIA製と、割りと安くて入手しやすいAMD製のRX 570とRX 580もテストに含めています。これだけあれば、全体的な傾向は十分に掴めるだろう。

設定
超高

※クリックすると拡大。

CoD : Black Ops 4のグラフィック設定と画質の違いをまとめた。

設定を一括で変更するプリセットは用意されていないので、筆者が自分で調整して「超高」「高」「中」「低」の4種類の画質を用意した。原則として「超高」画質を使いますが、設定ごとのフレームレートも検証します。

グラフィック設定のまとめ
セット超高
解像度1920 x 1080
レンダリング解像度100
垂直同期オフ
フレームレート制限カスタム(250fps)
テクスチャ品質超高
特殊効果品質超低
テクスチャフィルター
モデル品質
スクリーンスペースリフレクションオンオフ
小さなオブジェクトを除外
特殊効果シャドウオンオフ
影の解像度超高
ダイナミックシャドウ全てセルフ限定オフ
武器の影オンオフ
アンチエイリアス品質超高超低
アンビエントオクルージョン品質超高
モーションブラーオフ
サブサーフェススキャタリングオン
順序非依存型半透明処理

なお、フレームレート制限は「250」に設定したが、ゲーム中ではなぜか90fps以上に達しなかった。βテスト中の制限の影響らしい。

フレームレートと体感:60fps以上がベスト

筆者はゲーミングモニター(BenQ XL2536)を使っているので、60fps以上の違いも分かります。それを踏まえた上での、フレームレートと体感は以下の通り。

  • 60fps以上:快適です。推奨スペックなら60fps以上欲しい。
  • 60fps前後:場所によっては重たさを感じるが、支障はない。
  • 50fps前後:微妙に重たいので、設定の調整が必要になる。
  • 40fps以下:慣れていなければ、かなり疲れやすい。

こんな感じです。やっぱり平均60fps以上を狙いたいところですね。もちろん、本記事では平均60fps以上を叩き出せるスペックを「推奨」として扱う。

CoD : Black Ops 4の推奨グラフィックボード

Call of Duty : Black Ops 4の推奨グラフィックボード

CoD : Black Ops IV / 1920×1080 / 超高設定

  • GTX 1080 Ti
    88.0
  • GTX 1080
    87.9
  • GTX 1070 Ti
    87.5
  • GTX 1070
    87.3
  • GTX 1060 6GB
    79.4
  • GTX 1050 Ti
    39.9
  • GTX 1050
    30.4
  • RX 580
    77.3
  • RX 570
    53.2

平均フレームレート推奨グラフィックボード

前回検証したBFVと同様、最新ゲームとしてはそこまで重たいわけではない。GTX 1060 6GBを使って、簡単に平均60fpsを超えてしまったので、高いグラフィック品質の割にはよく最適化されていると思います。

Radeon RX 580も、1060と同じような結果を出せており、NVIDIAとAMDの両方に最適化が施されている。ただ、一つ気になるのは1050 Tiと1060の性能差。恐らくVRAMの消費量が怪しい印象。

  • 平均60fps以上:GTX 1060 6GB / RX 580
  • ゲーミングモニター:GTX 1070 Ti 以上

CoD : Black Ops 4のおすすめグラフィックボードは以上の2点で決まりです。

 設定別にフレームレートを検証

初心者もち
GTX 1050 Ti使ってるんだけど…設定落としたら60fps行きますかねぇ。
自作歴23台のやかもち
あるある質問なので調査しておきました。
Call of Duty : Black Ops 4の設定別のフレームレート

1920×1080 / GTX 1050 Ti 4GBで4画質を検証

  • 超高
    39.9
  • 56.9
  • 57.7
  • 65.0

GTX 1050 Tiを使って、4種類のグラフィック設定でフレームレートの計測を行いました。結果、「低」画質まで落とせば平均60fps超えは容易です。低スペックPCでも遊べます。

CoD : BO4の推奨グラボをまとめる

解像度モニター推奨グラボfps目安
1920 x 1080普通(60Hz)GTX 1060 6GB平均79fps
RX 580 8GB平均77fps
ゲーミング(144Hz)GTX 1070 Ti 8GB平均87fps

ここまでの検証の結果、CoD : Black Ops 4の推奨グラフィックボードは以上の3種類で決まりです。普通のモニターなら「GTX 1060」か「RX 580」で十分に間に合う。

筆者のようにゲーミングモニターをを使うつもりなら、とりあえず「GTX 1070 Ti」があれば十分に行けると思います。

玄人志向 / デュアルファンモデル / オーバークロック済み

既にそこそこ性能の良いパソコンを持っていて、グラボさえ替えれば何とかなりそうという人には「GTX 1060」の単品購入をおすすめする。

玄人志向のGTX 1060は安いが普通に使えるので、メーカーにこだわりが無いならほぼ一択の状況。なお、静音性を重視するなら、少々お高いですが「MSI Gaming X」を推奨しておく。

筆者が使っているGTX 1060もMSI Gaming Xシリーズです。

ゲーミングモニターを使ってCoD : BO4をプレイするなら、現状は「i7 8700 + GTX 1070 Ti」の構成で、かつコスパがそこそこ良いガレリアXVをおすすめする。筆者による実機検証も終えています。

CoD : Black Ops 4のCPUボトルネックを検証

グラフィックボードについては十分に分かった。次はCPU性能がグラボの足を引っ張る「ボトルネック」の具合について検証していく。せっかく良いグラボを用意しても、CPUで台無しになったら勿体無い。

  • Core i7 8700(6コア / 12スレッド / 4.30 GHz)
  • Core i5 8500(6コア / 6スレッド / 3.90 GHz)
  • Core i3 8100(4コア / 4スレッド / 3.60 GHz)
  • Pentium G5400(2コア / 4スレッド / 3.70 GHz)

本記事では4種類のCPUにて検証。

グラボは普段の検証ではもっともボトルネックが出やすい「GTX 1080 Ti」を使うが、BO4はフレームレート制限が掛かっているため「GTX 1080」でボトルネックを検証することにした。

GTX 1080 Tiでは性能があまりにも良すぎて、ボトルネックの影響があっても90fps以下に落ちてこず、観測できない可能性があるためです。


Call of Duty : Black Ops 4の推奨CPUとボトルネック

CPU別の平均フレームレート

  • Core i7 8700
    87.9
  • Core i5 8500
    88.1
  • Core i3 8100
    86.4
  • Pentium G5400
    77.5

見ての通り、無事ボトルネックを観測できました。CoD : BO4は異様なほどCPU使用率が高いゲームで、2~4コアCPUでは80~100%をウロウロとする。

そのため4コアのi3 8100では、フレームレートが安定しない。2コアのPentium G5400では、安定性は更にひどくなった。CoD : BO4には、6コア以上のCPUを推奨する。

CPU別の最低フレームレート

  • Core i7 8700
    83.9
  • Core i5 8500
    83.1
  • Core i3 8100
    59.0
  • Pentium G5400
    42.0

次に、動作の安定性を示す最低フレームレートを見てみると、Pentiumは全然ダメで、Core i3ですら不安定なことがよく分かる。Core i5とCore i7はやはり安定している。

結論として、Call of Duty : Black Ops 4をプレイするなら、CPUは6コアを搭載する「i5 8500」や「i7 8700」を選んだほうが良い。4コア以下は不安定です。

CoD : Black Ops 4に必要なメモリ

最後に、メモリー周りの推奨スペックを調査する。公式(Battle.net)によれば、BO4の推奨メモリーは「12GB以上」でしたが、これは非常に多い。本当にそれだけ必要なのか確かめよう。

結論、メモリーの使用量は異常に多い

Call of Duty : Black Ops 4に必要なメモリー容量を検証

結果はこの通り。驚くことに、ここ最近のゲームとしてはぶっちぎりでずば抜けたメモリー使用量です。グラボ別に、メモリー使用量の平均値を以下にまとめた。

グラボ別のメモリー使用量(単位:GB)

  • GTX 1080 Ti 11GB
    9.93
  • GTX 1060 6GB
    10.30
  • GTX 1050 Ti 4GB
    10.68
  • GTX 1050 2GB
    11.91

VRAMが少ないGTX 1050だと、メモリー使用量は約12GBに達した。VRAMが多めのGTX 1050 Ti以上になるとマシにはなるが、それでも約10GB前後を必要とするなど、驚くこほどメモリー使用量が多い。

8GBだと確実に不足するので、CoD : BO4をプレイするなら少なくとも16GB以上のメモリーを揃えるべきですね。

必要なVRAM容量も凄まじい

Call of Duty : Black Ops 4に必要なVRAM容量

BO4はVRAMの必要量も規格外。普通は多くても4GBくらいに収まるのだが、BO4では「あればあるだけVRAMを使い尽くす」仕様のようです。

CoD : Black Ops 4の推奨スペックをまとめる

Call of Duty : Black Ops 4の推奨スペックをまとめ

以上の徹底検証で、CoD : BO4に必要なPCスペックがほぼ解明されたと思います。最後に、ここまでの検証で分かった推奨スペックをまとめて終わりたい。

解像度1920 x 1080
使うモニター普通(60Hz)ゲーミング(144Hz)
志向コスパ安定コスパ安定
CPUCore i5 8500Coore i5 8500Core i7 8700
グラボ
  • 推奨:GTX 1060 6GB
  • 選択:RX 580 8GB
  • 推奨:GTX 1070 Ti 8GB以上
メモリ少なくとも16GB以上
SSD少なくとも250GB以上

最新のAAAタイトルとしては、それほど重たいわけでもなかったが、メモリーの使用量だけは圧倒的でした。少なくとも16GB以上のメモリーを入れるのを忘れずに。


CoD:BO4をフルHDでプレイするなら「GALLERIA DT」

GALLERIA DT
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i5 8500
冷却標準クーラー
※80mm小型空冷ファン
グラボGTX 1060 6GB
メモリDDR4-2666 4GB x2(合計8GB)8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel H310搭載 MicroATX規格
SSD240GB
HDD1TB
ドライブなし
電源450W 静音電源(80+ Bronze認証)
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格119980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2018/8時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

単にCoD : BO4を平均60fpsでプレイするだけなら、当ブログでフルHDゲーミング向けで最高のマシンと評している「ガレリアDT」をおすすめする。

「i5 8500 + GTX 1060 6GB」は本当に王道の構成なので、フルHDゲームをコスパ良くプレイしたいなら、だいたいこれで決まりなゲーミングPC界隈。


ゲーミングモニターを使うなら「GALLERIA XV」

GALLERIA XV
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i7 8700
冷却静音パックまんぞくコース
120mm中型空冷ファン
グラボGTX 1070 Ti 8GB
メモリDDR4-2666 4GB x2(合計8GBDDR4-2666 8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel H370搭載 ATX規格
SSD640GB(中華製)Crucial 500GB ~ 1TB
HDD2TB
ドライブなし
電源500W(80+ Bronze)
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格164980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2018/8時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

ゲーミングモニターを使いたいけどコストパフォーマンスも捨てられない。という人に向いているのが「ガレリアXV」になる。「i7 8700 + GTX 1070 Ti」というバランスの良い構成が特徴。


以上「CoD : Black Ops 4の推奨スペックを実際に徹底検証します」でした。

Sponsored Link

5 件のコメント

    • システムメモリを圧迫しないVRAM 6GB以上のビデオカードだとシステム約10GBの消費ですみますよ。
      ※例外的なVRAM 2GBでもピークで12.2GBまでですみますので到底32GBまではいきません。

      メモリ10GB以上は必要そうですが、12GBあれば十分、16GBもあれば余裕でしょう。

  • コメント失礼致します
    自作パソコンについてなのですが、rtx2080tiかgtx1080tiで悩んでます。
    というのも、北米Amazonでは9万程で2080が販売しており、7万で1080tiがうってます(1080は4.7万)
    もし良かったらrtxとgtxどちらを買うべきか、北米Amazonと日本版はどちらが得?みたいな記事を書いてくれると嬉しいです!

    • 2万円の差額なら、RTX 2080を買ってみても良いかなぁ…とは思います。
      しかし、性能差は+6~9%程度に収まっているので、コスパ重視なら1080 Tiの方が良いかと。

      < rtxとgtxどちらを買うべきか
      これに関しては、RTX 2080 Ti / 2080のレビュー記事を予定しています。

      • わざわざ返信ありがとうございます!
        1080tiにしてみます!
        最後にもう1つ質問なんですが、evga製のグラボってmsiやgigabiteと比べて長所と短所みたいなのありますか?海外ではベタらしいですが、日本では聞いたことがなかったので…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。