LANCOOL IIをレビュー:デザインと機能美の秀逸な完成形

台湾の老舗PCケースメーカー「Lian Li(リアンリ)」から、新作PCケース「LANCOOL II」がリリースされました。美しいLEDライティングに目が行きがちなPCケースですが、両開きのガラスパネルや可動するギミック構造など。優れた機能性もアピールするLANCOOL IIを詳しくレビューします。

Sponsored Link

「LANCOOL II」の仕様とスペック

Lian Li / 規格 : E-ATXまで / CPUクーラー : 176 mm / グラボ : 384 mm / 付属ファン : 3個(120 mm)

LANCOOL IIは、同社のPCケース「LANCOOL One」の後継モデル的な位置づけのように思えて、実際の設計やデザインではまったくの別物になっているので後継モデルを期待して購入する方は注意してください。

スピンオフモデルと考えた方がしっくり来ます。

Lian LiLANCOOL II
筐体の素材
  • スチール(0.8 mm厚のSGCC)
  • 強化ガラス(4.0 mm厚 / 両パネル)
パネル吸音材などは無し
マザーボードE-ATX / ATX / MicroATX / Mini-ITX※E-ATXは横幅280 mmまで
電源ユニットATX電源 / 奥行き210mmまで※3.5インチベイの位置調整でさらに余裕を取れます
グラフィックボード最大384 mm※フロントパネルのラジエーターとの干渉を含めず
CPUクーラー全高176 mm
対応ラジエータートップ(天面)240 mm
フロント(前面)360 / 280 / 240 mm
リア(背面)
対応ケースファントップ(天面)140 / 120 mm x3
フロント(前面)140 x2 / 120 mm x3
リア(背面)120 mm
ボトム(底面)120 mm x2
付属ケースファントップ(天面)120 mm
フロント(前面)120 mm
リア(背面)120 mm
電源トップ
防塵フィルタートップ / ボトム
拡張スロット7
ドライブベイ5.25インチベイ x0
3.5インチベイ x3
2.5インチベイx4
インターフェイス類
  • USB 3.0 x2
  • USB Type-C
  • 3.5 mmプラグ
サイズ横幅229 x 高さ494 x 奥行き478 mm
重量12.6 kg
保証3年間

スペック表をわかりやすくまとめました。フロント側のドライブベイを排除して、奥行きを抑えながらも大型PCパーツとの互換性を確保しています。マウントベイは3.5インチが3つ、2.5インチは4つです。5.25インチはありません。

最近流行りの魅せるPCケースとして、トレンドにしっかりと追従したデザイン(スペック)です。では実際にLANCOOL IIを見ていきましょう。PCケースはスペックを解説するより、実際に見たほうが理解が早いはずです。

やかもち
なお、本レビューではLian Li様に提供していただいた「LANCOOL II」で進めていきます。

LANCOOL IIを開封レビュー

デザインと外観をチェック

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

LANCOOL IIが描かれた頑丈な段ボールに梱包されて届きました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

中身は分厚い発泡スチロール製の梱包材でハンバーグ状態。段ボール含めて梱包材たちは引っ越し時にも使えそうなので、捨てずに置いておくと良いです。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー
外観※クリックで拡大します
Lian Li LANCOOL IIをレビューLian Li LANCOOL IIをレビュー
Lian Li LANCOOL IIをレビューLian Li LANCOOL IIをレビュー

デザインは全体的に洗練されています。厚み0.8 mmのスチール製のシャーシはまったく安っぽさを感じさせないし、4.0 mmの強化ガラスを使った両側パネルは高級感抜群です。

フロントパネルの下部には「Lian Li」のロゴが描かれたアルミニウム製のプレートがはめ込まれています。ロゴは削り加工で描かれ、光の加減によって印象が大きく変化する仕様です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

トップパネル(天面)には、マグネット式の防塵フィルターが取り付け済み。フィルターの内側にマニュアルが入っていました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ボトム側(底面)は高さ2.2 cmの足があります。足にはデスクへの負担を考慮して傷防止用のマットが貼り付けてあり、適度な滑りやすさで位置を動かしやすいです。

インターフェイス類

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

インターフェイスはトップパネルのフロント側に用意されています。

  1. LED切り替え(固定色)
  2. LED切り替え(グラデーション)
  3. リセットボタン
  4. 起動ボタン
  5. 3.5 mmオーディオプラグ
  6. USB 3.0
  7. USB 3.0
  8. USB Type-C(別売りのオプションが必要)

内容はPCケースのインターフェイスとしては、必要十分です。LED切り替えボタンを使えば、フロントパネルのLEDライティングをボタンひとつで調整できます。

付属品を紹介

付属品※クリックで拡大します
Lian Li LANCOOL IIをレビュー小ネジ(29個)2.5インチベイ / マザーボード固定用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー小ネジ(12個)3.5インチベイ固定用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー小ネジ(4個)電源ユニット固定用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー防振ゴムと小ネジ(8個)2.5インチベイ用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー
Lian Li LANCOOL IIをレビュースタンドオフボルト
Lian Li LANCOOL IIをレビュー長ネジ(8個)120 mmファン用
Lian Li LANCOOL IIをレビュータイラップ(2個)ケーブル配線用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー結束バンド(10個)ケーブル配線用
Lian Li LANCOOL IIをレビュー説明書

ネジがたくさん付属します。3.5 / 2.5インチベイ用、マザーボード用、電源ユニット用、120 mmケースファン用まで。PCケースにパーツを取り付けるために必要なネジはすべて揃っています。

説明書は必要な情報だけがイラスト付きでまとめてあり、驚くほど分かりやすいです。ウェブサイトのマニュアルを一切見ずに、付属の説明書だけで組み立てを進められました。

オプションアイテムについて

LANCOOL IIのアドインアイテム

LANCOOL IIには、デザイン性や機能性をさらに強化するためのオプションアイテム(別売り)も用意されています。グラフィックボードを縦置きに固定できる「LANCOOL II-1X」が主なアドインアイテムです。

Lian Li / アドイン : LANCOOL II専用 / 内容 : ビデオカード縦置きマウンタ + ライザーケーブル + 拡張スロットパネル
Lian Li / アドイン : LANCOOL II専用 / 内容 : 3.5インチベイホットスワップ対応キット
Lian Li / アドイン : LANCOOL II専用 / 内容 : フロントパネル用USB Type-C増設ケーブル

フロントパネルのUSB Type-Cを使うためのケーブルや、3.5インチベイをホットスワップ対応に変換するためのキットなどもあります。今のところはAmazonのみ取り扱いがある状況です。

LEDストリップの「LANCOOL II-2X」は2020年1月中旬に発売予定。

ケースの構造と拡張性をチェック

各パネルのギミックと構造

ここからはLANCOOL IIのギミックや構造を見ていきます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

フロントパネルはつかみやすいように凹んだデザインになっています。勢いよく引っ張るとフロントパネルを簡単に取り外し可能です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

フロントパネル内部にはLEDライティングがびっしりと詰め込まれ、LEDコントロール用の端子から信号を受け取るための接点もありました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

サイドパネルはマグネット式なので、軽い力で引っ張ればかんたんに開きます。フロントパネルには120 mmファンが取り付け済みです。140 mmファンを最大2個、120 mmファンを最大3個まで取り付け可能。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

強化ガラスを採用する4 mmの分厚いサイドパネルは、上にスライドさせるだけで取り外しができます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

両側のサイドパネルを外しました。組み立て時はサイドパネルを外したほうがラクです。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

下部側面のシュラウドパネルもマグネット式で、引っ張るだけで簡単に開きます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

シュラウドパネルを外すと3.5インチベイにアクセス可能です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

反対側もマグネット式のシュラウドパネルになっていて、こちらからは3.5インチベイの位置調整や、電源ユニットの取り付けができます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

トップパネルの防塵フィルターも、やはりマグネット式です。簡単に取り外せてラクですし、水洗いもサッとできます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

底面の防塵フィルターは引っ掛けスライド式でやや硬めです。それでも取り外しにはほとんど苦労しません。

PCケース側のコネクタ類

内部ケーブル※クリックで拡大します
Lian Li LANCOOL IIをレビューARGB(3 pin)コネクタフロントパネル用
Lian Li LANCOOL IIをレビューSATAコネクタフロントパネルの給電用
Lian Li LANCOOL IIをレビューARGB(3 pin)コネクタLEDライティング増設用
Lian Li LANCOOL IIをレビューUSB 3.0コネクタインターフェイスパネル用
Lian Li LANCOOL IIをレビューピンヘッダ類電源ボタンなど
Lian Li LANCOOL IIをレビューオーディオコネクタインターフェイスパネル用

PCケース内部に生えているケーブルは全部で6種類です。ARGBコネクタとSATAコネクタは、フロントパネルのLEDライティングを機能させるために必須なので、光らせるなら必ず接続しましょう。

もう1本のARGBコネクタは、LEDストライプなど他の光るパーツを使う場合につなぎます。なお、LANCOOL IIのARGBコネクタはすべて3ピン仕様になっているので、マザーボードによっては使えない場合があります。

事前にマザーボード側のARGBコネクタが「3ピン」仕様かどうかをチェックしておきましょう。

ストレージ用のマウントベイ

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

底面に位置する3.5インチベイは、ツールレス機構を採用。指で引っ張るだけでドライブを取り出せます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

付属の小ネジで両側側面からネジ止めして、HDDをマウントベイに固定します。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

そして押し込んでもとに戻し、HDDの取り付けが完了です。何も難しいところはないですね。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

2.5インチベイは反対側のシュラウドパネルに2つ、PCケースの側面に2つ(↑写真)にネジ止めされています。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

マウントベイを取り外し、SSDを底から小ネジで4箇所とめて固定完了。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

元の位置に戻します。SSDの取り付けもスマートでいい感じです。

電源ユニットの取り付け

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

電源ユニットの空きスペースは、出荷時だと最大210 mmも確保されています。ハイエンド電源ユニットも入る大きなスペースですが、配線の分を考えると実際には30 ~ 50 mmほど余裕が必要です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

試しに奥行き180 mmの「Toughpower iRGB PLUS 1200W PLATINUM」を取り付けてみた。取り付け時は電源ユニットのファンを底面に向けて、裏側から付属のネジで4箇所を固定します。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

予想通り、ケーブル用のスペースがギリギリになったので、3.5インチベイのネジを外して横にスライドして調整しました。3.5インチベイをかなり自由に動かせるため、ほとんどの電源ユニットを余裕で収納できます。

マザーボードを組み込む

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

LANCOOL IIはE-ATXサイズのマザーボードまで対応。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

配線用のバーを左右反転にセットできます

E-ATXに対応させる場合は、配線用のバーをいったん取り外して左右反転してセットし直すと、最大で横幅280 mmまでのマザーボードに対応できるフレキシブルなギミックを採用しています。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

マザーボード用のスペーサーは、最初からすべて取り付け済み。個人的にスペーサーを取り付ける作業はとても面倒くさいと感じているので、取り付け済みは嬉しい仕様です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ASRock X570 Taichi(ATXサイズ)を組み込んでみた。問題なく取り付けができます。

CPUクーラーのクリアランス

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

CPUクーラーの高さ(クリアランス)は、仕様に書いてあるとおり「176 mm」でした。Noctua NH-D15やASSASSIN IIIなど、大型空冷CPUクーラーも安心して搭載できます。

グラフィックボードのクリアランス

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

拡張スロットは全部で7スロットです。1スロットごとにネジで固定されています。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

全長30 cmを超える巨大なグラフィックボード「MSI RTX 2080 Ti GAMING X TRIO」を取り付けてみた。仕様どおり最大384 mmまで対応しているため、クリアランスにまったく問題はありません。

ただし、分厚いラジエーターをフロントパネルに取り付ける場合は、ラジエーターの厚みの分だけクリアランスは減ってしまうので注意してください。

ラジエーターの設置スペース

対応ラジエータートップ(天面)240 mm
フロント(前面)360 / 280 / 240 mm
リア(背面)

ラジエーターはトップパネル(天面)に240 mmサイズ、フロントパネルは360 / 280 / 240 mmサイズに対応しています。

厚みはトップパネル側は60 mmくらいまで行けそうですが、マザーボード上のコンポーネント(ヒートシンクの高さなど)によっては干渉するかもしれないです。フロントパネル側は110 mmまで対応しています。

やかもち
えっ、110 mm?(EKの分厚いラジエーター搭載できそうな予感)

60 mmの分厚いラジエーターを取付可

では、実際にEKWBの大型ラジエーター「EK-CoolStream XE 360(Triple)」を取り付けてみます。

EKシリーズについて

EKWBのEKシリーズは厚み60 mmを誇る大型ラジエーターで、冷却フィンなどの素材に純度90%の銅(Copper)を採用しています。静圧の強いファンを使えば、同サイズで最高クラスの冷却性能を発揮する優秀なラジエーターです。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

フロントパネル側にラジエーターを搭載するので、まずは「ファントレイ」を取り外します。ファントレイは左右2箇所からネジで固定してあるので、ネジを外せば簡単に取り外し可能です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ファントレイを外しました。ただし、このままでは厚み60 mmのラジエーターは到底入り切らないので、LANCOOL IIのギミックを利用します。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

実は、3.5インチベイのすぐ上に位置するシュラウドパネルは、たったネジ1本で取り外し可能です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

シュラウドパネルを取り外し、3.5インチベイの位置をグイッと押し込んで調整すれば、最大で110 mmのクリアランスを確保できます。冷却ファンはファントレイの外側に取り付けるので、内側には60 mmのスペースがあればOKです。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

厚み60 mmのラジエーターが入りました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

LANCOOL IIに付属する長ネジ(120 mmファン用)を使えば、ケースファンごとラジエーターをファントレイ側に固定できます。シングルラジ構成なら、本格水冷も比較的組みやすいデザインです。

簡易水冷クーラーを取り付ける

次は、スタンダードな240 mmサイズの簡易水冷クーラー「Corsair H100i Pro RGB」を取り付けてみます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ファントレイから付属のケースファンを取り外しておきます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ラジエーターをファントレイに固定して完了です。

ラジエーターを2つのファンで挟みたい人や、ファンを外側に取り付けて内側のクリアランスを広く取りたい人は、長ネジを使ってケースファンごとラジエーターを固定すれば問題ありません。

LANCOOL IIでPCを組んでみた

裏配線は意外と余裕があります

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

裏配線スペースには、配線を隠蔽するためのケーブルカバーが2つ、ネジで止めてあります。配線をするときはジャマになるのでいったん外しておきます。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ケーブルカバーを外しました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

配線用のケーブルホールはトップパネル側に3箇所と、フロントパネル側に大きく1箇所、合計で4箇所あります。テキトーでも普通に組めますし、ていねいにやればビシッと決められるデザインです。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

配線を通したらシュラウドパネルを閉じます。シュラウドパネルのマグネットはかなり強力で、裏配線スペースから少しケーブルがはみ出ていても問題なく締まります。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

ケーブルホールから配線を引っ張って、各種パーツに接続しました。

基本的にケーブルホールの位置がよくできているので特に苦労はしませんが、マザーボードのCPUコネクタはトップパネル側のケースファンと重なる位置にあります。慣れてないとコネクタが挿しにくいので、組み立て時はケースファンを外しておくと良いでしょう。

組み立て完了 & LEDライティングを眺める

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

取り外したケーブルカバー、シュラウドパネル、左右のガラス製サイドパネル、フロントパネルをすべて元に戻して完成です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

組み込み後の印象はショーケースのようで、スタイリッシュな雰囲気です。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

電源を入れるとさっそくフロントパネルのLEDライティングが点灯しました。

Lian Li LANCOOL IIをレビュー

LEDライティングは初期設定では、7色の美しいグラデーションでした。トップパネル側のインターフェイスにある「LED切り替えボタン」で、グラデーションや固定色を切り替え可能です。

LED(固定色)※クリックで拡大します
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック

LEDライティング(固定色)は全部で7種類です。とても美しいのですが、イエロー純色は用意されていないのが惜しいです。

LED(グラデーション)※クリックで拡大します
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェックLian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック
Lian Li LANCOOL IIのLEDライティングをチェック

グラデーションは全部で6パターン + 無点灯モードがありました。規則正しく点灯したり、上から下へとテトリスのように光が充填されていく特殊なパターンまで、バリエーション豊かで飽きさせないライティングです。

やかもち
特にグラデーションはとてもキレイです。

まとめ:デザインと機能性の両立がGood

「LANCOOL II」の微妙なとこ

  • 単色LEDモードに「黄色」がない
  • 付属のケースファンはやや騒がしい
  • サイドパネルはフロントパネルを外さないと開けにくい
  • シュラウドパネルのファン取り付けは干渉に注意

非常に完成度の高いPCケースなので、弱手を探すのは少し苦労しました。なんとか頑張って絞り出したLANCOOL IIの弱点は以上の4点です。

値段の割にはスゴイので仕方がない部分もありますが、付属の120 mmケースファンは静音性には優れません。風量はあるのでケース内の冷却に役立っています。でも静かとは言えないので、静音にこだわるなら交換をおすすめします。

Noctua / 口径 : 120mm / 軸受 : SSO2 / ピン : 4pin PWM / 備考 : 分岐ケーブル付属

サイドパネルはマグネット式でかんたんに外せますが、デザイン重視で完全にフラットな表面になっているため、フロントパネルを外さないと開きづらいです(薄いモノサシを刺して開けてます)。

背面からPCケース下部のシュラウドパネルを外せば、サイドパネルを簡単に開けられます。コメントで教えていただいた読者さんに感謝です。

シュラウドパネル(電源ユニットの直上)には、120 mmケースファンを2つ取り付けるスペースがありますが、ここにファンを付けるとマザーボード下部のコネクタ類とかなりの確率で干渉します。

とはいえ、わざわざケースファンを付けるような位置でもないので、大したデメリットではないです。

「LANCOOL II」の良いところ

  • 利便性に優れた可動するギミック構造
  • 両開きの強化ガラス製サイドパネル
  • 厚み0.8 mmの頑丈なスチール製シャーシ
  • 水冷用ラジエーターの高い自由度
  • 配線を隠すためのケーブルカバー
  • 美しいフロントパネルのLEDライティング
  • 広々としたスペースで高い互換性を実現
  • 必要十分なインターフェイス類
  • マグネット式の洗える防塵フィルター
  • 通気性に優れたフロントパネル
  • ストレージは最大で7台まで対応
  • 魅力的なオプションアイテム(※別売)
  • ケースファンが3つ付属
  • カラーリングは2モデル用意(黒と白)
  • 内容に見合った価格設定

LANCOOL IIは本当によくできたPCケースです。ざっくりと言うなら「デザインと機能性の両方をうまく両立した」PCケースと評価できます。

デザインの素晴らしさは言うまでもないです。フロントパネルのLEDライティングは、単色・グラデーション・無点灯の合計14パターンあり、ボタンひとつで切り替えができます。扱いやすく、LEDは美しいです。

素材も1万円前半のPCケースとしては優秀です。厚み0.8 mmのスチール製シャーシは、安物PCケースにありがちな薄っぺらさは皆無で、指を曲げて叩くとコンコンと硬い音が響きます。

厚み4.0 mmの強化ガラスパネルはPCケース内部がハッキリとよく見え、内部のLEDライティングもとてもキレイに映えます。

そしてLANCOOL IIの特にスゴイところは、数々の「実用的な可動ギミック」の実装です。配線用のホールバーを回転させてE-ATXマザーボードに対応し、取り外しできるシュラウドパネルで、フロントパネルには最大110 mmのラジエーターを搭載できます。

他にも、裏配線をすっぽりと隠蔽する取り外し可能な2つのケーブルカバーや、ツールレスにPCケースを閉じられるマグネット式のサイドパネルと左右のシュラウドパネルなどなど。

とにかく実用性に優れた可動ギミックとケースデザインに感動です。組んでいる間はついつい「なるほど、これは便利。」「引っ掛け式のサイドパネルとかもう使いたくないかも。」と、口から感想が漏れるくらいに感動してます。

Lian Li / 規格 : E-ATXまで / CPUクーラー : 176 mm / グラボ : 384 mm / 付属ファン : 3個(120 mm)
Lian Li / 規格 : E-ATXまで / CPUクーラー : 176 mm / グラボ : 384 mm / 付属ファン : 3個(120 mm)
やかもち
「LANCOOL II」は高い利便性とデザイン的な美しさを両立する、優秀なPCケースです。

以上「LANCOOL IIをレビュー:デザインと機能美の秀逸な完成形」でした。

Sponsored Link

5 件のコメント

  • いつも拝見しています。ケースもここまで詳しく解説してくれるともっとたくさんみたいですね。詳しく解説するのは大変だと思いますが、ケースを重点的にやってる人がほとんどいないので穴場かもしれませんね。

  • 色んな商品を本当に製品紹介という感じで忠実に作りどういうケースかはよくわかる。
    ただ記事やYouTubeでちょっとだけストラップ?ついてたりするけれどyacamochiさんがココこだわりポイント、デザイン重視や完全オリジナルケースを作る!ってのがあると面白いし、なによりデザインの参考になるのでそのうち出してほしいです。

  • 下半分を背面側から開けてからガラスパネルの下から指を入れてひらくと前面パネルを開かなくても開けられますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。