【2022年版】RTX 3080搭載のおすすめBTO PCを5つ紹介

2020年9月に「RTX 3080」が登場しました(→ RTX 3080のレビューはこちら)。かつての最上位モデルRTX 2080 Ti以上の性能が、より安く手に入るように。

本記事では、「RTX 3080」を搭載するおすすめなゲーミングPCを「5台」に絞って紹介します(※2022年時点のおすすめです)

やかもち
スペックや価格的に「悪くない。」RTX 3080搭載BTO PCを5つピックアップしました。

(公開:2020/09/19 | 更新:2022/3/2

「RTX 3080」のキホンを解説

GeForce RTX 3080のベンチマーク比較:平均パフォーマンス
GeForce RTX 3080のベンチマーク比較:平均パフォーマンス(伸び幅を比較)

RTX 3080」は、NVIDIAの新しいグラフィックボード「RTX 30シリーズ」のハイエンドモデルです。

RTX 3080の現在価格はおよそ14万円から。かつて18~19万円で販売されていたRTX 2080 Tiより安く、ゲーム性能はRTX 2080 Tiの約1.2倍に達します。高いですがコスパは良好です。

  • RTX 2080 Tiより約15~25%高性能
  • 240 Hz対応モニターを余裕で使えます
  • 4K解像度で60 fps以上も狙える
  • コストパフォーマンスは優秀

RTX 3080は画質をできるだけ維持したままフレームレートを底上げする「NVIDIA DLSS」機能に対応します。

Cyberpunk 2077のグラボ別フレームレート:4K(レイトレ)

サイバーパンク2077やマインクラフト:RTXなど、DLSSに対応したゲーム※ではさらに性能が伸びるため、RTX 2080 TiやライバルのRX 6800 XTをはるかに上回る性能も可能です。

※対応するゲームはまだ少ないです。DLSSは実装コストが高いため、対応しているゲームは予算が潤沢なAAAタイトルに多いです。

RTX 3080搭載でオススメなBTO PC:5選

今回の記事でチョイスした5つのBTO PC

1. G-Tune XN-Z

【おすすめNo.1】コスパの良い “限定モデル”

最新の価格とスペックは公式サイトで確認してください
G-Tune XN-Z-AF(i7)
2022年3月時点
CPUCore i7 11700K
8コア16スレッド
CPUクーラー空冷CPUクーラー
マザーボードIntel Z590チップセット
メモリDDR4-3200 8GB x2(合計16GB)
グラフィックボードRTX 3080 10GB
SSD512 GB(NVMe)
HDD
光学ドライブ
電源ユニット容量800 W
80 PLUS Titanium
OSWindows 10 Home
納期3日~
参考価格285780(送料:2200円)
最新価格をチェックする

日本国内で最大規模のBTOメーカー「マウス」が手掛けるゲーミングPCブランドが「G-Tune」です。

G-Tuneはドスパラと双璧をなす有名なゲーミングPCブランドですが、最近はコストパフォーマンス(= スペックの割に安い価格)でライバルを攻めてます。

さらに上記の「G-Tune XN-Z(RTX 3080モデル)」は、ちもろぐとマウスコンピューターがコラボして実現した、限定カスタマイズモデルです。

一般販売されている同スペック品のG-Tuneと比較して、価格をグッと安く抑えられたので、RTX 3080の入ったゲーミングPCをとにかくコスパで選ぶならおすすめします。

G-Tune XN-Z

なお、G-Tune XNシリーズは剛性に優れた金属製のPCケースと、拡張性に優れたパーツ(Intel Z590マザーボード)を採用。

頑丈で重たいPCケースは歪みにくく、重量化するハイエンドグラフィックボードを搭載しても安心です。あとからSSDやHDDを追加するなど、パーツの増設や交換も難なく対応できます。

スペックの割に安いだけでなく、ビルドクオリティ(質)もしっかりとしたゲーミングPCです。

やかもち
ゲームで有利なLANポート「2.5G LAN」も標準搭載します。

2. OMEN by HP 40L

【おすすめNo.2】第12世代CPU搭載でコスパよし

最新の価格とスペックは公式サイトで確認してください
OMEN by HP 40L Desktop
2022年3月時点
CPUCore i7 12700K
12コア20スレッド
CPUクーラー水冷CPUクーラー
120 mmサイズ
マザーボードIntel Z690チップセット
メモリDDR4-3733 8GB x2(合計16GB)
グラフィックボードRTX 3080 10GB
SSD1 TB(NVMe)
HDD
光学ドライブ
電源ユニット容量800 W
80 PLUS Gold
OSWindows 11 Pro
納期5日(在庫限り)
参考価格275000 円(送料:0円)
最新価格をチェックする

「OMEN by HP 40L」は、外資系の超大手BTOメーカーのHP(ヒューレット・パッカード)が手掛けるゲーミングPCです。

OMENシリーズは旧モデルから、妙にこだわったパーツを使って組み上げているのが特徴で、使っているパーツの割には価格が意外と安いので隠れた良コスパマシンだったりします。

2022年3月から新発売の「40L」モデルも、DDR4-3733メモリやWD Black SN850 NVMeなど、ゲーミングPCらしい速さに特化したパーツを採用します。

一般人からするとDDR4-3733なんてアピールされても意味が分からないと思いますが、(体感できるかどうかはともかく)ちょっとだけゲームの性能が良くなるとイメージしておけばOKです。

OMEN by HP 40L Desktop(画像)
OMEN by HP 40L Desktop(画像)
OMEN by HP 40L Desktop(画像)

デザインはさすがヒューレット・パッカード、外資系らしいスタイリッシュな筐体設計です。

拡張性もそこそこ。キャプチャボードはあと1枚、M.2 SSDはあと1個、SSDやHDDは2~4台まで増設できます。十分な拡張性です。

電源ユニットは容量800 W(80 PLUS Gold認証)を搭載、より強力なグラフィックボードへのアップグレードも一応は対応可。RTX 3080に乗り換えもできます。

高速な無線LAN規格Wi-Fi 6(最大2.4 Gbps)も標準で搭載しています。おおむねコスパが良いのでデザインさえ気に入ったら購入候補に入れていいゲーミングPCです。

やかもち
現状は「即納(5日)」ですが、明らかにコスパがいいスペックしてるので、購入はお早めに・・・※。

※過去に売ってた「30L」もコスパが優秀でしたが、いったん在庫を切らすと納期が2~3ヶ月に伸びる状況でした。


3. G-GEAR

【おすすめNo.3】手堅いパーツと業界No.1の保証

最新の価格とスペックは公式サイトで確認してください
G-GEAR GA7J
2022年3月時点
CPUCore i7 12700
12コア20スレッド
CPUクーラー空冷CPUクーラー
マザーボードIntel B660チップセット
メモリDDR4-3200 8GB x2(合計16GB)
グラフィックボードRTX 3080 10GB
カスタマイズで変更します
SSD1 TB(NVMe)
HDD
光学ドライブ
電源ユニット容量750 W
80 PLUS Gold
OSWindows 10 Home
納期4日
参考価格289500 円(送料:2200円)
最新価格をチェックする

保証にめっぽう強いのがツクモのゲーミングBTO「G-GEAR」です。

今回見つけた「G-GEAR GA7J」はツクモらしい、バランスの良いスペック構成と拡張性に優れたパーツを採用しつつ、それなりに手頃な価格設定で総合的なコストパフォーマンスは決して悪くないです。

良いところ微妙なとこ
  • 手堅いパーツ選定
  • カスタマイズ可能
  • 余裕のある拡張性
  • まともな価格設定
  • 延長保証で
    自然故障に対応できます
  • カスタマイズは割高
  • 価格だけ見ると高い

ツクモが提供する延長保証サービスは、本体価格+5%で受けられます。他社の延長保証サービスと一線を画するのが「自然故障も保証対象」という1点です。保証を重視するならツクモが最高峰です

もちろん、パーツの増設・交換もOKです。保証規約によると、パーツの増設が原因で故障した場合は保証対象外と書いてあるだけで、増設・交換の行為そのものは問題ありません。

踏み込んだ話をすると・・・いざ保証を受けるとなったら、パーツを元に戻せば大丈夫です。元から入っていたパーツ等はなるべく使うか、交換して不要なら大事に保管しておきましょう。

G-GEAR:BTOモデルのカスタマイズについて

今回紹介したG-GEARはカスタマイズモデルなので、カスタマイズ内容についてかんたんに解説します。

G-GEARのグラフィックボードを変更

標準スペックだとRTX 3070 Tiが選択されているので、「RTX 3080 10GB」に変更します。

G-GEARの電源ユニットを変更

電源ユニットはそのままでも特に問題なく使えますが、将来的なパーツ増設やグラボの交換に備えるなら、「G-GEAR電源」や「Thermaltake PS-TPG-0850FPCGJP-R」に変更してOKです。

「G-GEAR電源」は米国の大手電源ユニットメーカーCWTが製造している、やや高性能なモデルです。

「Thermaltake Toughpower GRAND Gold 850W(認証レポートあり)」は、台湾メーカーのHighpower(旧Sirtec)社が製造している、そこそこ高性能な電源です。

後者の電源を筆者がRTX 3080やRTX 3080 Tiと組み合わせて使っていますが、強制シャットダウンなど、目立った不具合なく安定して稼働しています。BTOのカスタマイズで選べる電源としては立派なモノです。


4. GALLERIA

【おすすめNo.4】初心者でも安心の親切設計

最新の価格とスペックはドスパラ公式サイトで確認してください
GALLERIA ZA7C
2022年3月時点
CPUCore i7 12700K
12コア20スレッド
CPUクーラー水冷式クーラー
240 mmサイズ
マザーボードIntel Z690チップセット
メモリDDR4-3200 8GB x2(合計16GB)
グラフィックボードRTX 3080 10GB
SSD1 TB(NVMe)
HDD
光学ドライブ
電源ユニット容量750 W
80 PLUS Gold
OSWindows 10 Home
納期3日
参考価格319980 円(送料:3300円)
最新価格をチェックする

「ガレリア」は知名度が非常に高い、ドスパラのゲーミングPCブランドです。

ひとめでゲーミングPCと分かるスタイリッシュなデザインに加えて、PC初心者でも扱いやすい親切な設計で人気を集めています。

スペックと価格のバランス(=コスパ)は、先におすすめに挙げた「G-Tune」や「OMEN 40L」と比較すると正直劣っていますが、ガレリアも普通にいいゲーミングPCなので紹介します。

GALLERIAのVGAサポートステイについて(グラボ支え棒)
GALLERIA(ガレリアZシリーズ)を徹底解説レビュー(メンテナンス性に優れた設計)
GALLERIA(ガレリアZシリーズ)を徹底解説レビュー(LEDライティング)

ガレリアの中身はけっこう広々としていて、あとからパーツを足したり交換するときに便利です。

拡張性に優れたPCパーツ(Intel Z690マザーボード)を使っているため、あとからメモリやストレージ(SSDやHDD)を増設できる余裕もあります。

電源ユニットは容量750 W(80 PLUS Gold認証)を搭載、より強力なグラフィックボードへのアップグレードも一応は対応可ですが、RTX 3080以上に備えるなら容量800 W以上にカスタマイズを推奨します。

FPSゲームで有利なLANポート「2.5G LAN」も対応しています。


5. G-Master Hydro

【最強スペック】CPUもグラボも水冷化!?

サイコムの水冷PC「G-Master Hydro」写真
サイコムの水冷PC「G-Master Hydro」写真
サイコムの水冷PC「G-Master Hydro」写真
G-Master Hydro Z690/D4
2022年2月更新
パーツ詳細 / スペックパーツ詳細 / スペック
CPUCore i9 12900K16コア / 24スレッドクーラー水冷式
120 mmサイズ
240 mmサイズ(+2900円)
メモリ16 GBDDR4-3200 / 2枚組マザーボードIntel Z690
グラボ【標準】GeForce RTX 3070 8GB
※水冷式(120 mmサイズ)
【+62000円】RTX 3080 10GB
【+247000円】RTX 3090 24GB
※水冷式(240 mmサイズ)
SSD512 GB(NVMe)HDDなし
ドライブなし電源850 W80+ GOLD認証
OSWindows 10 Home保証1年間無償修理
最大3年まで延長可
価格460830 円(送料:2920円)
最新価格をチェックする

最後に紹介するゲーミングPCは、予算にいとめをつけない最強スペックマシン「G-Master Hydro Z690/D4」です。

CPUにゲーム最強のCore i9 12900K(16コア24スレッド)、カスタマイズでRTX 3080 10GB(240 mm水冷式)を選べます。

サイコムの水冷PC「G-Master Hydro」写真

グラフィックボードは水冷クーラーを使うと非常に冷えやすいため、グラボの自動オーバークロック機能が働いてさらに性能が伸びます。

性能差はせいぜい数%程度とはいえ、RTX 3080クラスのハイエンドグラボだと数%の差は意外と大きいです。たとえば220 fps出せるゲームが240 fpsくらいに伸びるわけですから、水冷化のメリットはなかなかのモノ。

しかも、グラフィックボード本体のファンを無理に回さなくても高い冷却性能を得られるため、一般的な空冷パソコンより静音性に優れている点も水冷化の大きなメリットです。

性能の目安(平均)
フルHD
(1920 x 1080)
4K
(3840 x 2160)
  • Apex Legends:210 fps~
  • タルコフ:144 fps
  • フォートナイト:300 fps~
  • Flight Simulator 2020:60 fps
  • サイバーパンク2077:105 fps
  • 原神:60 fps(上限)
  • :100 fps
  • :65 fps
  • :105 fps
  • :45 fps
  • :70 fps
  • :60 fps(上限)

Core i9 12900KとRTX 3080の組み合わせは実質最強です。フルHDゲーミングは基本的に100 fps超え、Apex Legendsは平均200 fps以上、フォートナイトでは平均300 fps以上を狙えます。

4Kゲーミング(最高画質)は重たいゲームでも平均60 fps台です。軽いゲームなら平均100 fps以上も余裕です。

なお、カスタマイズからさらに上位のRTX 3080 TiやRTX 3090を選べますが、差額に見合った性能差を得られないので注意してください。2022年時点の実質最強グラボはRTX 3080です。

やかもち
実質最強スペックを水冷化して、さらに性能を伸ばすコンセプトです。

RTX 3080搭載BTO PC【比較まとめ】

おすすめNo.1G-Tune XN-Z-AF(i7)
  • CPU:Core i7 11700K(8コア / 16スレ)
  • グラボ:RTX 3080 10GB
  • メモリ:16 GB(DDR4-3200 / 2枚組)
  • SSD:512 GB(NVMe)
  • HDD:なし
  • マザボ:Intel Z590チップセット
  • 電源:800 W(80 PLUS Titanium認証)
  • 保証:1年間(無料で修理)
価格285780 円(送料:2200円)
最新価格をチェックする
おすすめNo.2OMEN by HP 40L Desktop
  • CPU:Core i7 12700K(12コア / 20スレ)
  • グラボ:RTX 3080 10GB
  • メモリ:32 GB(DDR4-3733 / 2枚組)
  • SSD:1 TB(NVMe)
  • HDD:なし
  • マザボ:Intel Z690チップセット
  • 電源:800 W(80 PLUS Gold認証)
  • 無線LAN:Wi-Fi 6
  • 保証:1年間(無料で修理)
価格306900 円(送料:0円)
最新価格をチェックする
おすすめNo.3G-GEAR GA7J
  • CPU:Core i7 12700(12コア / 20スレ)
  • グラボ:RTX 3080 10GB
    【カスタマイズで変更】
  • メモリ:16 GB(DDR4-3200 / 2枚組)
  • SSD:1 TB(NVMe)
  • HDD:なし
  • マザボ:Intel B660チップセット
  • 電源:750 W(80 PLUS Gold認証)
  • 保証:1年間(無料で修理)
価格289500 円(送料:2200円)
最新価格をチェックする
GALLERIA ZA7C
2022年3月時点のスペック
  • CPU:Core i7 12700K(12コア / 20スレ)
  • グラボ:RTX 3080 10GB
  • メモリ:16 GB(DDR4-3200 / 2枚組)
  • SSD:1 TB(NVMe)
  • HDD:なし
  • マザボ:Intel Z690チップセット
  • 電源:750 W(80 PLUS Gold認証)
  • 保証:1年間(無料で修理)
価格319980 円(送料:3300円)
最新価格をチェックする
G-Master Hydro Z690/D4
  • CPU:Core i9 12900K(16コア / 24スレ)
  • グラボ:RTX 3080 10GB(水冷)
  • メモリ:16 GB(DDR4-3200 / 2枚組)
  • SSD:512 GB(NVMe)
  • HDD:なし
  • マザボ:Intel Z690チップセット
  • 電源:850 W(80 PLUS Gold認証)
  • 保証:1年間(無料で修理)
価格460830 円(送料:2920円)
最新価格をチェックする

以上の5台が、筆者的にいい感じだと評価できるRTX 3080搭載BTO PCです。

現時点でイチオシは「G-Tune XN-Zです。国内で最大級のBTOメーカー、マウスが製造するマトモなクオリティのゲーミングPCがコスパ良く買えます。

予算的にまだ余裕がある方は、2番目に紹介した「OMEN by HP 40L」を検討してみてください。スペックの差が価格差よりも大きいのでコスパはかなり良いです。

以上「GeForce RTX 3080搭載のおすすめBTO PCを5つ紹介」について、解説でした。RTX 3080が搭載されたPCを探している方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

8 件のコメント

  • 紹介されてたBTOほとんどというか全て完売してて草w
    すげーななんでこんなに今PC売れてるんだ??
    あと気になった所だけどガレリアの推奨カスタマイズでSSD1TB?追加ってことなのかな?
    G-GEAR GAの推奨カスタマイズもWD500GBのも1TBだけどCrucial MX500のSATAとダウングレードしてるし追加ならわかるけど、この表だと追加ディスクとかいう欄がないからちょっと混乱。

    • PCが売れているのではなくてグラボが品薄。
      世界的な半導体不足で今市場にグラボが全く無い状態です。

  • HPは在庫有となっていて、注文受付から注文確定メールがくるまでに二週間かかったことがありますので、まったく信用なりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。