クラッシュショットの細工の効率とか。

今や、誰もが知っているスキルの一つである、「クラッシュショット」。こういう言い方をすると、誰も知らないスキルなんてあるの?なんて思うかもしれないが、やっちは色々なフレンドと遊んでいて、
Sponsored Link

「今の何ですか?」

「やっちの知ってる魔法じゃない・・・」

「ウォーターキャノンで10000って出るんですね。」

「両手使って雲出してるwww。」

てな具合で、知らないスキルのほうが多いかもしれない。

特に驚いたのは、蒼い糸で敵を集めるスキル。

聞いてみると、キョンシーの技らしいw。

それで、やっちの無知力はどうでも良くて、クラッシュショット・・・略称クラショの話を

したいと思う。

したくなった理由は、クラショ細工の装備を買うことにしたから。

やはり安い買い物ではないので、詳しく書いておこうと思った次第。

クラショはおそらく、弓系のスキルで頂点に君臨する最強の破壊力を誇る

スキルだと思う。

中心部で10万を出す人も少なくない。

周囲に25000なんていう異次元のダメをばら撒く人もいる。

この記事を書くために、改めてクラッシュショットについて、ググった。

クラッシュショット

クラショとは、どうやら矢に周囲の敵を探知する機能をつけて、発射して、探知したら矢(やじり)が爆発して、その破片を範囲内にばら撒くということらしい。

こうやって原理を見ると、結構面白いアイディアのスキルだよね。

矢が敵に命中してから、実際に爆発するまでに時間(約1秒)があるので、その時間中に、命中した敵の位置を動かして、範囲内への調整ができる。

あえて群れから遠方の敵を狙って、そしてウィンドミルで蹴飛ばしたりして、群れの中心に持っていけば、見事に爆発する。

周囲(範囲内)に敵が一匹もいないと、爆発せずに不発で終わる。あと、びっくりしたことだが、実装当初は今よりもずっと準備時間やCTが短かったようだ。

しかし、現在のように、かなり間隔のあるスキルになってしまった理由は皮肉にも「細工」が強すぎたからだ。

まったくもって、細工が強すぎた。クラッシュショットの為に用意された細工。

  1. 破片ダメージ
  2. 発射体ダメージ
  3. 破片数
  4. 破片範囲

贅沢にも、クラショの要素のすべてを強化できる。そして、やっちが初めてクラショをランク1にした時の感想は、ウィンドミルよりも弱い・・・ゴミスキル。と、言ったところだ。

その当時、やっちは属性細工すら持っていない。つまり、ランク1にした程度では、あまり使いものにならない。てことは、細工前提のスキルということになるんじゃないかな。

範囲だって細工なしでは、お世辞にも広いとはいえない。

破片ダメージ

呼んでその字のごとく。

爆発してから、ばら撒かれる破片のダメージを増やす。

  • 破片ダメージレベル1で、+3.5%される。
  • レベル20で、なんと70%の追加。
  • ランク1なら、250+70で、合計320%だ。

部位は、手の部分にしかつかない。

発射体ダメージ

クラショの最初の一撃の威力を引き上げる細工だ。

  • 発射体ダメージレベル1あたり、+2.5%。
  • レベル20で、+50%。

初撃ダメージは、すべてのランクで100%となっているので、強化する方法は細工しかない。

発射体20レベルがあるだけで、クラショの威力は1.5倍になる。多分。ならない。

ちなみに結構レアな細工らしく、属性と発射体が両方入った弓はかなり良品。いや、属性入ってるだけでも良品だけどね!!

部位は武器(弓)のみである。

破片数

爆発した後、ばら撒かれる破片の数が増える。

  • 命中する敵が増える。
  • 破片数レベル1あたりで、1個増える。
  • 最大でレベル5まであるので、5個破片を増やせる。
  • ランク1で、合計11個の破片となる。

当たる敵が増えるだけではないのが、怖い所。

クラショには基本破片ダメージが存在し、ランク1でそれは150%となっている。中心部の爆発ダメージは、この基本破片ダメージに破片数を掛けたモノになる。

つまり、普通のランク1で、150%*6で、900%だ。細工で破片数を11個まで増やしていると、150%*11で、1650%となる。多分。

これで、中心部で10万を出せるのも、無理は無いというのがわかる。ちなみに、10万出そうと思ったら、約2000近い火力が必要かも。

属性や赤石改造、そしてクリティカルを併用して、約2000か、1500くらいの火力があったら、10万出るんじゃないかな。

部位は体(服)。

破片範囲

破片が散らばる、範囲を拡大する細工。

ランク1では、700という範囲らしいが、これはメートルだろうか?

普通に考えてメートルだと、思う。まさか、エーテルだとか、ナオテルだとか、メルだとか、訳の分からない数値ではないだろう。

700、つまり7メートルというのが、ランク1での範囲だが、お世辞にもこれが、広くないのだ。

青枠がラビダンジョン部屋。

ラビダンジョンの部屋は、だいたい縦横で15メートルらしい。

つまり、普通のランク1では、その部屋の半分にも見たない範囲だ。

  • 破片範囲レベル1あたり、+15センチメートル。
  • レベル20で、+300センチで3メートルの追加。
  • ランク1なら、10メートルまで範囲を拡大できる。
  • 3メートルも追加されると、流石に大きい。

以前、秘奈さんに1.5メートル拡大できるネコヘルムをお借りしたことがあったが、十分に体感できるレベルだった。ちなみに、クラショのランク1の範囲と、ダッシュパンチのランク1の射程は同じ7メートルらしい。

部位は頭。

クラショ細工まとめ

総合すると、クラショの低火力に悩んでいるような人(悩む人は勝手に解決するが・・)は手っ取り早い話、属性を入れればいい。極論金を積めば、誰でも強くなれるのが現代のマビノギなんだ。

破片ダメージは70%の追加だが、これは、全体として28%の向上。28%ということは、属性値4を用意すれば簡単に上回れる。属性4は約33%の向上。

しかも、破片ダメージだけが上がるのであって、爆発ダメージは向上しない。爆発ダメージは初撃ダメージに準じているからね。ちなみに、破片ダメージレベル20とか、18を用意するよりも、属性3とか4を用意するほうが、安い。

発射体ダメージも、簡単にクラショを強化できるが、高い・・。破片数は、2とか、3なら、結構安い。

レベル5自体なら、そこそこ安いこともあるが、多くの場合、仕上がっていることが多いので価格は高くなる。(仕上がっているとは、アンコール待ち伏せなど。)

範囲は、細工だけなら、安い時もあるけど、思い切ってネコヘルムを買ったほうがいいかもしれない。贅沢な話、クラショは全部そろえたら、それはそれはとても強い。

しかし、とても金がかかる。

高レベル品となると、細工だけの品でも、そこそこの値段になるし、それにエンチャント保護して、エンチャントをしていくとなると、更に経費がかさむ。

更に贅沢な話では、ボヘミアンやヌアザ系の装備に、細工を入れてESを揃える人もいるそうだ・・・というか、結構多いw。

やっちは、ただの細工品にエンチャントして、揃えようと思う。まぁ破片範囲は、多分完成品を購入するかな。古代暗黒(小手先)で強いからね。わざわざ、苦労してエンチャントを貼る必要は

ないだろう。

破片ダメージ18レベルを購入したわけだが、非常に困ったことになってるんだよ。前(prefix)は「ソリスト」でいいんだが、後(suffix)がとても問題だった・・・。

後ろで手に貼ることができて、暗黒に匹敵する強さを持っているのが「大変な」しかないようなんだ。そして、この「大変な」なんだが、名前の通り本当に大変だ。

まず、価格がやばい。

9000円とか!

安い時でも3000円!

しかも、素材の状態で・・・。

もしも失敗したら、笑いものじゃないぞ。

アンコールが失敗するくらい、どうでもいいが、流石に数千円の「大変な」はやばい・・。

結局さ、ただの細工品を購入しても、完成品と同等の価格になることもあるってことだね。あ、細工をする経費を除けば、大したことないか。(細工運ないので・・・。やっちは。)

てな具合で、クラショを手安く手早く、強くする方法は属性弓を買えばいいってこと。属性4くらいあれば、クラショで素1000ダメージくらいは出るよ。

  1. 属性(全体を強くする)
  2. 発射体(クラショ全体を強くする)
  3. 範囲(機会の拡大、破片数の有効化)
  4. 破片数(機会の拡大)
  5. 破片ダメージ(まぁ強くなる)

2の発射体は強くなるだろうけど、あまりおすすめしない。

それだけなら、強いが、弓にしかつかないので、どうせなら属性もついてるものを・・・ってなるわけだが、当然両方入ってる奴なんて、価格は相当なものになる。

1がもっとも単純で、リーズナブルに強くなれる。しかも、クラショに限らず、ほとんどのダメージが向上するんだから。そして、何故か5の破片ダメを揃えたやっち。

理由は、4000円程度で、ダメージが大きくなるから。範囲も破片数も、結構値段が張るんだよ・・・。そんなこんなで、クラショの細工についての話でした。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。