WD製のポータブルHDD「My PassPort」をレビュー【WD Elementsと比較】




I-O DATA製のポータブルHDD「超高速カクうす」を約3年ほど使い込んできたが。最近ちょっと調子が悪い。勝手にファイルが破損したことになってたり、Win 10に「ディスクチェックしろ。」と言われたり。

そろそろ寿命っぽい雰囲気が漂ってきたので、WD製のポータブルHDD「My PassPort」を買ってみた。

Sponsored Link

デザインに惹かれて「My PassPort」を購入

新しいポータブルHDDを探すにあたり、条件は「容量2TB」「色はブルー」「そこそこ普通な価格」の3つで絞っていった。

最初はBUFFALO製「耐衝撃対応」というHDDが良い感じだなと思ったが、青色だと1TBしかない上に…レビューに「読書速度がやたらと遅い。」という書き込みがあったためやめた。

しかも「言うほど耐衝撃性はない。ポータブルHDD専用ケースに入れていたのに壊れた。」なんて書き込みまであったので余計に手を出す気が無くなった。

結局、青色で2TBは「My PassPort」くらいしか無かったのでそれで決まった形。安くて大容量な「WD Elements」は青色が無いのが惜しいね…。あればそちらを選んでたかも。

「My PassPort」を開封する

パッケージはこんな感じ。日本語はどこにも無く、輸入品なんじゃないかと思わせる。Amazonで買ったから本当に輸入品かもしれない…分からないけど。

本体はしっかりと固めの梱包材でハンバーグ状態になってます。

開封してみると簡単な説明書(一応日本語があった)と、ヘルプカード。そしてMy PassPort本体とUSB 3.0ケーブルが入ってた。

好みは分かれそうだけど先鋭的なデザイン

上の方はツルツルなデザインになってて、少しだけ映り込みが出るくらいツヤツヤ。指紋が付きやすい。下の方は波打つようなデザインに、マットな素材。

動作状況を示すライトと、MicroUSB 3.0端子が取り付けてある。2TBモデルなので、そこそこ分厚い。1TBだともう少し厚みが減ります。

横から見るとこんな感じ。存在感があって良いと思います。暗いデザインだったり目立たないデザインだとね、たま~にどこに置いたか見失うから…、これくらいが丁度いいよ。

「WD Elements」「超高速カクうす」とも見比べてみる

ゼリオ氏
まだ何も入れてないから借りていいよ。

たまたま機会があり、PUBG仲間のゼリオ氏にWD Elementsを借りることが出来た。ここからは3台のポータブルHDDで比較を行っていく。

さすがに「My PassPort」が一番目立つね。「WD Elements」もシンプルなデザインで良いとは思うけど、個人的にはシックな青色を用意してくれれば嬉しい。

「超高速カクうす」は割りと普通なデザイン。当時としては悪くないと思ってたけど、My Passportの先鋭的というか挑戦的なデザインと比較すれば大人しいよね。

こうやって見るとMy PassPortはゴツい印象を受ける。角のあるデザインだから、丸みのあるデザインのWD Elementsの方がコンパクトさで勝ってる。

あと、超高速カクうすさぁ…、カクうすと言いつつも単に1TBモデルだから薄いだけであって、他のポータブルHDDも1TBモデルなら同じくらい厚みな気がする。

厚みを比較してみる。やはりMy PassPortは分厚め。中に入っているHDD自体の大きさは両方2.5インチモデルなため、分厚い分だけ若干堅牢性が高めだと信じたい。名前もPassPortだし…。

裏面の比較。WD製のポータブルHDDは揃ってゴム足が4箇所に装着済み。滑って落ちることも無く、落としづらいかと。ちなみに「カクうす」は肘で押して落としたことがある、何も無かったかのように動作はしていますが。

ケーブルはWD ElementsもMy PassPortもほぼ同じで、色違いなだけ。「カクうす」のケーブルは付属品が壊れたので、自分で買ってきたケーブル。個人的に細いケーブルのほうが取り回ししやすいので好きです。

「My PassPort」の性能をチェック

Crystal DiskMarkを使って読書速度をベンチマーク。データのやり取りは可能であれば速い方が良い。少なくとも2015年に買った「カクうす」より速くなってないと、気持ち的に悲しい。

まずはその「カクうす」の読書速度を。読み込み速度は約88MB/sで、書き込み速度も約88MB/sだった。一応USB 3.0接続だが、意外と遅いですね。小さいファイルの移動も苦しそう(4Kサイズの読書速度)。

そして「My PassPort」の読書速度はこんな結果に。読み込み速度が約111MB/s、書き込み速度は約111Mb/sでした。4Kサイズの読み込み速度は大差無いが、書き込みに関しては約3倍に高速化された。

「WD Elements」はこんな感じ。安い割に、驚くほど速い。読み込み速度は約114MB/s、書き込み速度は約114Mb/sでした。4Kサイズのベンチマークは大差なし。うーん、Elementsの方が上とは、意外な結果だ。

実際に約2.8GBのファイルを移動させると、秒間90MBくらいで動作しました。ポータブルHDDとしては必要十分な速度。

中に入っているHDDを確認

My PassPortの中身は「WD20NMVW-11EDZS6」というHDD。WDが販売しているHDDで最も安価な「WD Blue」というブランドの製品になる。ごくごく普通のHDDと言える。

WD Elementsの中身は「WD20NMVW-11EDZS7」でした。My PassPortに使われているHDDと同じく「WD Blue」シリーズです。性能が若干上なのは、中のHDDが新しいモデルだからか。

カクうすの中身は「ST1000LM024 HN-M101MBB」という型番。当時サムスン(現Seagate)が製造していた2.5インチHDDで、価格コムのレビューには「壊れやすい。」という悪評が並ぶ(苦笑)。

よく2015年から使い続けて派手に壊れることもなく動いてきたな~、とちょっと関心(3回くらい落下させてるし)

My PassPortの付属ソフトについて

初期状態だと、「WD Discovery」というアプリケーションがプリインストールされています。主にMy PassPortにパスワードを設定するために使うアプリとのこと。

個人的にポータブルHDDにパスワードを設定する気が無いのと、もし何らかの不具合でパスワードを認識しなくなって中のデータを見られなくなるリスクを考えると…使わないことにした。

ちなみにWD側は、パスワードを忘れたり、認識できなくなった場合はフォーマット(ドライブロックの解除)するしか打てる手が無いと言ってる。微妙に怖いから手を出せないな。

まとめ:My PassPortはデザインに価値を感じるならアリ

残念なことに、コストパフォーマンスという観点だけでポータブルHDDを選ぶなら「WD Elements」に軍配が上がります。容量あたりコスト、読み込み速度などの性能面。明らかにElementsが優秀です。

WD Elementsのメリット・デメリット
  • 2TBモデルが1万円以下で買える
  • わずかだが、My PassPortよりコンパクト
  • 読み込み速度はMy PassPortより微妙に速い
  • カラーの選択肢は「黒」のみ
  • デザインは良くも悪くも「普通」

まとめると、こういう評価になる。

しかし、デザイン面でポータブルを選ぶならMy PassPortの方が良いと思う。性能面では2~3%劣っているだけで、体感できるほどの差は無い。

これだけ豊富なカラーを揃えていて、かつ2TB以上のモデルを用意しているのは今のところWD My PassPortくらいしか選択肢が無いですし。デザイン重視で行くなら、なかなか良い選択肢だと思います。

WD My PassPortのメリット・デメリット
  • 先鋭的かつ特徴的なデザイン
  • 全6色もある豊富なカラーラインナップ
  • 全てのカラーに1~4TBモデルが用意されている
  • Elementsより、ほんの少しだけゴツい
  • 読書速度はElementsより2~3%遅い
  • パスワード機能はまだ信用出来ていない

まとめると、こういう評価だ。「青色で2TB以上のモデルがあり、そこそこ書いやすい値段」だから買ったんですよ、本当に。

色やデザインにこだわりが無いならWD Elementsの方がオススメですね…。コスパで負けているのは否定できない。

以上「WD製のポータブルHDD「My PassPort」をレビュー【WD Elementsと比較】」についてでした。

ストレージ関連の記事

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 一応突っ込ませていただきます
    >まとめると、こういう評価だ。「青色で2TB以上のモデルがあり、そこそこ書いやすい値段」だから買ったんですよ、本当に。

    「買いやすい」ですよね…?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。