「Fortnite Battle Royale」を平均60fpsで動かす推奨スペックを分かりやすく解説

無料版PUBGとして爆発的に人気を集めているのが、Epic Gamesが送る「Fortnite Battle Royale」だ。さて、このゲームは無料ではあるが決して軽いわけではない。平均60fpsを出すにはそれなりのスペックが必要なので、この記事ではFortniteの推奨スペックに詳しく解説してみる。

Sponsored Link

Fortniteの公式スペック

最低スペック推奨スペック
CPUCore i3 @2.4Ghz 以上Core i5 @2.8Ghz 以上
GPUIntel HD 4000 以上GTX 660 / Radeon HD 7870 以上
VRAM2GB 以上
メモリ4GB8GB
OSWindows 7 64bit
Windows 8 64bit
Windows 10 64bit
Mac OS X Sierra

Epic GamesのQ&Aに乗っている公式スペックはこの通り。少なくともCPUに「Core i3」、GPUに「Intel HD Graphics 4000」という内蔵グラフィックスがあればFortniteは動くらしい…。

基本的に公式スペックは遊んでくれるプレイヤーにあまり敷居を感じさせないように、あえて低めのスペックを掲載する傾向がある。だから内蔵GPUで動くというのは、ちょっと無理があるんですよ。

もちろん動くと言えば動きますが…、解像度は1280×1024くらいの狭い画面にする必要があるし、画質も当然「最低設定」にする必要があるだろう。

Fortnite Battle RoyaleはPUBGと同じくMOTPSで、競技性が非常に重視されるため、動くかどうかギリギリの状態でプレイするのは正直精神的にキツイと思います。

やかもち
撃ってる最中に画面がカクカクして逆に殺されちゃったよ。
自作歴16台のやかもち
…というわけで推奨スペックを解説していくよ。

グラボ別フレームレートで「推奨GPU」を決める

これが「グラフィックボード」、フレームレートを上げるなら一番重要。

Fortniteの公式スペックはあまりアテにならないため、複数のグラフィックボードで実際にFortnite Battle Royaleを動かし、そのフレームレートを計測することで「推奨グラフィックボード」を探す。

よくベンチマークスコアが何点だからFortniteはこれくらいのフレームレートが出るはずだ…という紹介がありますが、ちょっとそれって怖くないですか。本当にフレームレート出るのか。

だからグラボ別に平均フレームレートを見るんです。

テスト環境 & グラフィック設定

テスト環境
CPUCore i7 5960X @4.6Ghz
GPU複数
M/BGIGABYTE X99 UD 7
メモリDDR4-2666 32GB
電源1250W 80+ GOLD
OSWindows 10 Pro 64bit
ドライバNVIDIA Driver 384.94
AMD Radeon Crimson 17.7.1

CPUは4.6Ghzにオーバークロック済みの「Core i7」(8コア搭載)を使い、メモリーには2667Mhzで動作する高速メモリーを4枚使って合計32GBも搭載しています。

これだけハイスペックな環境であれば「ボトルネック」の心配も無いから、グラフィックボード本体の性能を忠実に測ることが出来る。推奨グラボを決めるには、なるべく他の影響は無い方が良いからね。

Fortnite側のグラフィック設定はすべて「Epic」にした。垂直同期は無効化し、フレームレート上限も無制限にしたので60fps以上になっても数値を拾えます。

  • フレームレート上限:無制限
  • 3D解像度:Epic
  • 描写距離:Epic
  • 影:Epic
  • アンチエイリアシング:Epic
  • テクスチャ:Epic
  • エフェクト:Epic
  • ポストプロセス:Epic
  • 垂直同期:無効
  • モーションブラー:有効
  • 草を表示:有効
  • フレームレートを表示:有効

さて、この最高設定でどれくらい動くのか。まずはゲーミングで一番主流になっている「フルHD」(1920×1080)から確認していこう。

フルHD画質のFortniteはそこそこの重たさ

Fortnite Battle Royale – Epic設定 – フルHD(1920×1080)

  • GTX 1080 Ti
    139
  • GTX 1080 Ti
    127
  • GTX 1080
    107
  • GTX 1080
    93
  • GTX 980 Ti
    93
  • GTX 980 Ti
    76
  • GTX 1070
    88
  • GTX 1070
    76
  • R9 Fury X
    72
  • R9 Fury X
    62
  • GTX 980
    72
  • GTX 980
    59
  • GTX 1060 6GB
    64
  • GTX 1060 6GB
    56
  • R9 Nano
    65
  • R9 Nano
    56
  • GTX 1060 3GB
    63
  • GTX 1060 3GB
    53
  • GTX 970
    60
  • GTX 970
    50
  • RX 480 8GB
    56
  • RX 480 8GB
    48
  • RX 470 4GB
    50
  • RX 470 4GB
    43
  • GTX 960
    43
  • GTX 960
    35
  • GTX 1050 Ti
    35
  • GTX 1050 Ti
    31
  • RX 460
    25
  • RX 460
    22

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

最近のゲームらしい重たさと言える。平均60fpsを出すには最低でも「GTX 970」が必要で、今主流のグラボなら「GTX 1060 6GB」が必要ということになる。

GTX 1060には3GB版と6GB版がありますが、VRAMを4GB以上使うゲームも珍しくなくなってきたため、中長期的な安定性を確保するなら「6GB版」の方がオススメ。それにVRAM容量だけでなく性能も違いますし。

というわけで、フルHD画質でプレイする場合の推奨グラフィックボードは…

  • 平均60fpsを狙うなら:「GTX 1060 6GB」
  • ゲーミングモニターを使うなら:「GTX 1080 8GB

ですね。ゲーミングモニターを使う場合はGTX 1080 Tiがベストではありますが、やはり価格が高いのでGTX 1080を使って画質設定を妥協してフレームレートを出す方向性がコスパは良いと思います。

WQHDでは全体的に重たくなり、ハイエンドGPUが必須に

Fortnite Battle Royale – Epic設定 – WQHD(2560×1440)

  • GTX 1080 Ti
    93
  • GTX 1080 Ti
    81
  • GTX 1080
    71
  • GTX 1080
    62
  • GTX 980 Ti
    58
  • GTX 980 Ti
    51
  • GTX 1070
    61
  • GTX 1070
    49
  • R9 Fury X
    51
  • R9 Fury X
    41
  • GTX 980
    47
  • GTX 980
    38
  • GTX 1060 6GB
    46
  • GTX 1060 6GB
    37
  • R9 Nano
    43
  • R9 Nano
    37
  • GTX 1060 3GB
    42
  • GTX 1060 3GB
    33
  • GTX 970
    39
  • GTX 970
    32
  • RX 480 8GB
    39
  • RX 480 8GB
    39
  • RX 470 4GB
    35
  • RX 470 4GB
    27
  • GTX 960
    28
  • GTX 960
    23
  • GTX 1050 Ti
    23
  • GTX 1050 Ti
    20
  • RX 460
    18
  • RX 460
    14

WQHDはフルHDの1.77倍の大きさを持つ解像度。とても大きい画面なので、グラフィックボードに掛る負担もだいぶ違ってきます。だから見ての通り、全体的に非常に苦戦していますね。

平均60fpsを達成するには「GTX 980 Ti」が必要だが、今はあまり流通していないので主流の「GTX 1070」が有力候補だ。予算が許すなら「GTX 1080」を使えばいい。

WQHDのゲーミングモニターを使う人はほとんどいないと思いますが、WQHDでEpic設定のまま3桁fpsを出すのは無理なので設定を妥協する必要はあります。

4K画質は非常に重たく、現実的ではない

Fortnite Battle Royale – Epic設定 – 4K(3840×2160)

  • GTX 1080 Ti
    51
  • GTX 1080 Ti
    40
  • GTX 1080
    37
  • GTX 1080
    31
  • GTX 980 Ti
    30
  • GTX 980 Ti
    26
  • GTX 1070
    30
  • GTX 1070
    25
  • R9 Nano
    30
  • R9 Nano
    24
  • R9 Fury X
    27
  • R9 Fury X
    22
  • GTX 980
    23
  • GTX 980
    20
  • GTX 1060 6GB
    22
  • GTX 1060 6GB
    19

4KはフルHDより4倍も大きい、超高解像度のデカイ画面です。4倍も大きいので必要な処理量も桁違いになり、普通のグラフィックボードでは全く歯が立たなくなった。

Epic設定のままで平均60fpsを狙うのは現実的ではなく、設定を少し落として「GTX 1080 Ti」を使うのが一番現実的ですね。

あるいは資金にものすごく余裕のある人は、GTX 1080 Tiを2枚以上使う「SLI」で対処するのも選択肢だが。残念ながらFortniteはSLI / Crossfireともにサポートしていないので今のところは無理だ。

  • 平均60fpsを狙うなら:画質を調整して「GTX 1080 Ti」
  • ゲーミングモニターを使うなら:今のところ「不可能」

VRAMの消費量もチェック

VRAM(ビデオメモリ)の容量はかなり重要。オブジェクトやテクスチャを毎回ロードしているとフレームレートが安定しづらいので、VRAMに一時的に保存(キャッシュ)することで解決する。

だからVRAMが多いほど、VRAM不足が原因のフレームレート急落現象が起きづらくなります。というわけで、FortniteはどれくらいのVRAMを使うかをチェックし、推奨グラボを確定する。

Fortnite Battle Royale – 解像度別のVRAM使用量

  • GTX 1080 8GB
    2024
  • GTX 1060 6GB
    1777
  • GTX 1060 3GB
    1703
  • RX 480 8GB
    2037
  • GTX 1080 8GB
    2452
  • GTX 1060 6GB
    2078
  • GTX 1060 3GB
    2145
  • RX 480 8GB
    2430
  • GTX 1080 8GB
    3657
  • GTX 1060 6GB
    3215
  • GTX 1060 3GB
    2841
  • RX 480 8GB
    3785

フルHDWQHD4K

FortniteはあまりVRAMを使わない。フルHDなら2GBくらい消費しないので、VRAM容量は3GBもあれば足りるということ(Fortniteに限った話ですが)。

WQHDだとやや増えるが、それでも2.5GB前後にしかならない。4Kでは大幅に増えて最大3.8GB程度。あまりVRAMを気にする必要は無さそうです。

  • 最低:3GB以上
  • 推奨:6GB以上

ただ、途中で解説したように「最低3GB」というのはFortniteに限定した話。必要なVRAMは年々増加傾向なので、どうせ良いグラボを使うつもりならVRAMが多いのを選んだほうが良い

推奨は6GBです。これだけあれば…あと3~4年は安心でしょう。

FortniteのCPUボトルネックはどれくらいか

推奨グラフィックボードが分かったら、次は「推奨CPU」を決めます。最初の方でちょっと解説した通り、グラボが良くてもCPUが足を引っ張ることがあるので、ボトルネックは確認しておく必要がある。

GTX 1080 Tiの場合

Fortnite Battle Royale – CPU別fps / Epic設定(フルHD) – GTX 1080 Ti 使用

  • Core i7 5960X
    131
  • Core i7 5960X
    115
  • Core i7 6700
    129
  • Core i7 6700
    115
  • Core i7 4770K
    131
  • Core i7 4770K
    110
  • Core i5 6600
    113
  • Core i5 6600
    100
  • Ryzen 7 1800X
    111
  • Ryzen 7 1800X
    92
  • Core i3 6100
    115
  • Core i3 6100
    90
  • Ryzen 5 1600X
    108
  • Ryzen 5 1600X
    89
  • FX 9590
    90
  • FX 9590
    78
  • FX 8350
    77
  • FX 8350
    67
  • FX 6300
    68
  • FX 6300
    59
  • FX 4300
    61
  • FX 4300
    45

GTX 1080 Tiは性能が良すぎてボトルネックは非常に起こりやすい。Fortniteも同じで、CPUの性能によってフレームレートが大きく変化しています。

「GTX 1080」や「GTX 1080 Ti」などのハイエンドGPUを使うつもりなら、CPUは「Core i7 6700」(現在はi7 7700Kが主流)が一番効率よくフレームレートを出せる。

ということ。

GTX 1060 6GBの場合

Fortnite Battle Royale – CPU別fps / Epic設定(フルHD) – GTX 1060 6GB 使用

  • Core i7 5960X
    64
  • Core i7 5960X
    56
  • Core i7 6700
    64
  • Core i7 6700
    56
  • Core i7 4770K
    64
  • Core i7 4770K
    56
  • Core i5 6600
    64
  • Core i5 6600
    56
  • Ryzen 7 1800X
    64
  • Ryzen 7 1800X
    56
  • Core i3 6100
    64
  • Core i3 6100
    56
  • Ryzen 5 1600X
    64
  • Ryzen 5 1600X
    56
  • FX 9590
    64
  • FX 9590
    56
  • FX 8350
    64
  • FX 8350
    56
  • FX 6300
    64
  • FX 6300
    56
  • FX 4300
    61
  • FX 4300
    45

そしてボトルネックはグラボの性能が良いほど起きやすく、ミドルクラスあたりのグラボになればCPUの性能差によるボトルネックは起きづらくなる。Fortniteではその傾向がかなり強い。

通常、他のゲームではGTX 1060 6GBだとCore i3とCore i5の間に性能差が頻繁に確認されるんだが、Fortniteは別にどのCPUを使っても大差ない。というわけでGTX 1060の場合、推奨CPUは

  • ゲームはFortniteしかしない:Core i3 6100(現在はCore i3 7100)
  • Fortnite以外のゲームもする予定:Core i5 6600(現在はCore i5 7500)

推奨CPUはこうなりますね。おそらく、ほとんどの人はFortnite以外のゲームもプレイするはずなので、CPUはCore i5にしておくのが無難だ。

GTX 980 4GB – 最高設定(High + Very High) – 1920×1080

  • Core i7 5930K
    68.4
  • Core i7 4770K @4.5Ghz
    69.2
  • Core i7 4770K
    68.7
  • Core i5 4670K
    68.1
  • Core i3 4160
    61.9
  • Pentium G3240
    46.3
  • FX 8350 @4.5Ghz
    58.2
  • FX 8350
    56.4
  • FX 8300
    54.8
  • FX 6300
    51.1
  • FX 4300
    50.7

例えば「黒い砂漠」の場合、GTX 1060相当のグラボを使えばCore i3(2コア)とCore i5(4コア)の間に10%程度のボトルネックが発生しています。

このため、ミドルクラスのグラボには4コア以上のCPUを推奨したい。

処理に使えるCPUコア数

Fortnite Battle Royale – 処理に使われたCPUコア数

  • Core i7 5960X @1
    6
  • Core i7 5960X @2
    2
  • Core i7 5960X @3
    42
  • Core i7 5960X @4
    92
  • Core i7 5960X @5
    19
  • Core i7 5960X @6
    13
  • Core i7 5960X @7
    11
  • Core i7 5960X @8
    5
  • Ryzen 7 1800X @1
    27
  • Ryzen 7 1800X @2
    6
  • Ryzen 7 1800X @3
    3
  • Ryzen 7 1800X @4
    31
  • Ryzen 7 1800X @5
    5
  • Ryzen 7 1800X @6
    5
  • Ryzen 7 1800X @7
    54
  • Ryzen 7 1800X @8
    74

Fortniteはあまり最適化が施されていないことが分かる。最近の例だと「CoD:WW2」は8コア全てを効率よく使えていたが、Fortniteは見ての通り4コア程度しか使えていません。

GTX 1080 Tiを使った場合、8コア搭載のRyzen 7 1800Xでは平均90fps程度だったのが、4コア搭載のCore i7 6700では平均115fpsにまで跳ね上がる理由はここにあるんですよ。

よって推奨CPUの条件は…

  • シングルスレッド性能が高く
  • コア数が4個

ということに。つまり、無難に「Core i5」や「Core i7」が推奨CPUとして使いやすい。AMD Ryzenを効率よく使えるゲームはまだまだ少数派だ…。

Fortniteに必要なメモリー容量

Fortnite Battle Royale – システム全体のメモリ使用量

  • GTX 1080 8GB
    5410
  • GTX 1060 6GB
    5100
  • GTX 1060 3GB
    5399
  • RX 480 8GB
    5362
  • GTX 1080 8GB
    5360
  • GTX 1060 6GB
    5180
  • GTX 1060 3GB
    5455
  • RX 480 8GB
    5392
  • GTX 1080 8GB
    5971
  • GTX 1060 6GB
    5330
  • GTX 1060 3GB
    6433
  • RX 480 8GB
    5579

グラボのVRAM容量によって、使用されるメモリー容量は変わってくる。しかしFortniteはVRAMをそこまで使わないので、メモリー容量もあまり使いません。

Windowsを含めたシステム全体では、だいたい5.5GB程度あれば十分に足りているので、Chromeを40~50タブもつけるような重いマルチタスクをしないなら「8GB」で十分ですね。

黒い砂漠のメモリ使用量PUBGのメモリ使用量
 

もちろん、それはFortniteに限定した話であって、黒い砂漠だと7GBくらい使うし、PUBGは8GBスレスレまで使う。Fortnite以外にもゲームをするつもりなら、余裕を持って12~16GBは積んだ方が無難だ。

Fortniteの推奨スペックをまとめる

プレイ予定の解像度モニターの性能推奨グラボ推奨CPUメモリ容量他にもゲームするなら
フルHD(1920×1080)60HzGTX 1060 6GBCore i5 75008GB16GB
144HzGTX 1080Core i7 7700
WQHD(2560×1440)60HzGTX 1070Core i7 7700
144HzGTX 1080 TiCore i7 7700K
4K(3840×2160)60HzGTX 1080 TiCore i7 7700K
144Hz

ここまでのデータをまとめるとこんな感じ。モニターの性能が144Hzなのはゲーミングモニターのことです。ゲーミングモニターを使わない人は60hzの方を見ればOK。

さてさて…Fortniteの推奨スペックは正確に分かったので、性能が足りないなと感じてる人はグラボをアップグレードしたり、メモリを増設したりすれば良い。

しかし、今とてもショボいパソコンを持っていてアップグレードが出来るのかどうかすら不安だ…という人はパーツを丸々買い集めて「自作」するか、BTOの「完成品」を購入することをオススメします。

やかもち
自作って勉強もいるし、時間もかなりかかりそうじゃん…。
自作歴16台のやかもち
BTOを買うメリットは「時間」と「安心」だよね。

ぼくはかなりの自作派ですが、実際「自作」はパーツ選定の知識もいるし、組立時にトラブルが起こった場合は自分の責任で対処しなければならない。

だから意外と積極的におすすめはしないんですよ。最近はBTOもだいぶ価格がこなれてきたので、お金さえ払えばプロが組み立てたマシンがすぐに届いてしかも保証もついてるBTOの方がお得かなと。

「自作やってみたいぞ。」という熱意と時間のある人は、本屋に行って自作PC専門誌を読むところから始めれば良いです。

Fortniteにおすすめなゲーミングマシン

というわけで、BTOで購入してさっさとパソコンを用意したいという人向けに、個人的におすすめできるゲーミングマシンをいくつかまとめます。

フルHD、Epic画質で戦うなら

GALLERIA DT
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i5 7500 (4コア / 4スレッド / 3.40~3.80Ghz)
GPUGTX 1060 6GB
メモリーDDR4-2400 4GB*2
マザーボードIntel B250搭載マザーボード(MircoATX)
SSD250GB
HDD1TB
電源400W 静音電源(80+ BRONZE)
保証1年間 持込修理保証

よくオススメしてるミドルスペックのゲーミングマシンです。「GTX 1060 6GB」と「Core i5 7500」という組み合わせでボトルネックの心配なく、Fortniteを平均60fpsで動かせる。

8GBモデルと16GBモデルの2種類ありますが、予算重視なら8GBモデルでも良いです。マルチタスク作業や他のゲームもがっつりさせたい人は16GBモデルを。実機レビューは以下よりどうぞ。

WQHD画質で没入感を得ながら戦いたい

GALLERIA XF
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700 (4コア / 8スレッド / 3.60~4.20Ghz)
GPUGTX 1070 8GB
メモリーDDR4-2400 4GB*2
マザーボードIntel H270搭載マザーボード(ATX)
SSD250GB
HDD1TB
電源500W 静音電源(80+ BRONZE)
保証1年間 持込修理保証

WQHD(2560×1440)解像度でFortniteをプレイするならGTX 1070搭載の「ガレリアXF」が、コストパフォーマンスに優れていてオススメ。

CPUにはGTX 1070に問題なく追いつける「Core i7 7700」が採用されているので、Fortnite以外のゲームプレイにも不安はゼロ。非常に安定した動作が可能だ。

ガレリアXFはメモリーを16GBに増設したバージョンを実際に使ったことがある。快適感がすごくて、10万後半の価格帯ではもっともコスパが良いと思います。レビュー記事は以下。

4KでFortniteをするなら

GALLERIA ZZ
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700K (4コア / 8スレッド / 4.20~4.50Ghz)
GPUGTX 1080 Ti 11GB
メモリーDDR4-2400 8GB*2
マザーボードIntel Z270搭載マザーボード(ATX)
SSD500GB
HDD2TB
電源650W 静音電源(80+ BRONZE)
保証1年間 持込修理保証

大画面「4K」でプレイしたい、あるいは144Hz対応のゲーミングモニターで超ヌルヌルな映像を出して競技性を重視したい。という人にはGTX 1080 Ti搭載の「ガレリアZZ」がオススメ。

4K画質に関してはグラフィック設定を落とさないと平均60fpsが出ませんが、フルHDでは平均140fps前後を叩き出せるのでゲーミングモニターを問題なく活用できます。

以上「Fortnite Battle Royaleを平均60fpsで動かす推奨スペックを分かりやすく解説」について書きました。ゲーミングマシン選びの参考になれば幸いです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。