「CS:GO」の推奨スペックを徹底検証:最新のグラボ別fps

「CS:GO」の推奨スペックを徹底検証:最新のグラボ別fps

2012年にロンチされてから現在に至るまで、FPSゲームとして圧倒的な人気を誇るタイトル「Counter Strike : Global Offensive」(略してCS : GO)。発売から6年が経ち、情報も古くなってきたので「最新の推奨スペック」を徹底的に検証してみました。

Sponsored Link

CS:GOの推奨スペックを検証する方法

CSGOの推奨スペック

「推奨スペック」といえば、公式サイトの動作環境を見るのが基本ですが、動作環境は当時(2012年)のままになっていることが多く正直なところ信頼できない。

そして、いろいろなサイトが「CSGO推奨スペック」という記事をアップしてくれているが、その情報も古くなっていたり…データを一切載せずにテキトー言ってるだけのサイトも珍しくないです。

ちもろぐ専用ベンチ機
テスト環境
CPUCore i7 8086K
冷却NZXT X62
グラボ全10種
メモリDDR4-2666 8GB x2
マザーボードGigabyte Z370 AORUS Ultra Gaming
SSDSamsung 860 EVO 250GB
電源750W(80+ Gold)
OSWindows 10 Pro 64bit

そこで当ブログでは、「ちもろぐ専用ベンチ機」を使って、実際にCS:GOの推奨スペックを検証していく。やはり実際に計測した方が、信頼性は抜群に高いです。

検証方法とグラフィック設定

CS:GOの設定

グラフィック設定は「最高」にしました。解像度はフルHD(1920 x 1080)で、モニターは「BenQ XL2536」(144Hzモニター)を使用した。

検証方法は、マップ「Dust II」にてボットとカジュアルモードにてプレイ。Dust IIの外周をグルリと1周した後、少なくとも2マッチ勝つまでフレームレートを計測した。

検証に使用したグラボまとめ
  1. RTX 2080 Ti(使用モデル:MSI Gaming X
  2. GTX 1080 Ti(使用モデル:MSI Gaming X
  3. GTX 1080(使用モデル:GALAKURO White
  4. GTX 1070 Ti(使用モデル:ZOTAC AMP
  5. GTX 1070(使用モデル:GALAKURO White
  6. GTX 1060 6GB(使用モデル:MSI Gaming X
  7. GTX 1050 Ti(使用モデル:Palit STORMX
  8. GTX 1050(使用モデル:MSI OC
  9. RX 580 8GB(使用モデル:Sapphire NITRO+
  10. RX 570 4GB(使用モデル:ASUS ROG STRIX

検証に使ったグラフィックボードは以上10個。最新のRTX 2080 Tiから、ローエンドで大人気のGTX 1050 Tiまで。主流のグラフィックボードはほぼ全て揃えている。

フレームレートと体感:60fps以上がベスト

筆者はゲーミングモニター(BenQ XL2536)を使っているので、60fps以上の違いも分かります。それを踏まえた上での、フレームレートと体感は以下の通り。

  • 144fps前後:快適です。ゲーミングモニターもOK。
  • 60fps前後:十分に快適だが、144fpsに慣れると遅く感じる。
  • 50fps前後:微妙に重たいので、設定の調整が必要になる。
  • 40fps以下:慣れていなければ、かなり疲れやすい。

こんな感じです。本記事では平均144fps以上を叩き出せるスペックを「推奨」として扱うことにする。

CS:GOの推奨グラフィックボード

CS:GOの推奨グラボとフレームレート

CS:GO / 1920×1080 / 最高設定

  • RTX 2080 Ti
    263.5
  • GTX 1080 Ti
    262.4
  • GTX 1080
    260.9
  • GTX 1070 Ti
    257.5
  • GTX 1070
    257.2
  • GTX 1060 6GB
    253.5
  • GTX 1050 Ti
    182.2
  • GTX 1050
    166.8
  • RX 580
    248.6
  • RX 570
    227.0

平均フレームレート推奨グラフィックボード

さすがに2012年のゲームです。めちゃくちゃ動作が軽い。ローエンドグラボのGTX 1050や1050 Tiでも、平均フレームレートは余裕で144fpsを突破してしまった。

フルHDゲーミングにおいて最高のグラボであるGTX 1060 6GBだと平均250fpsに達しており、それ以上のグラボを使ってもフレームレートは250~260fpsで頭打ちとなった。

  • 平均144ps以上:GTX 1050 または GTX 1050 Ti
  • 240Hzモニター:GTX 1060 6GB または RX 580

CS:GOにおすすめなグラフィックボードは以上の4点で、だいたい決まりですね。

CSGOの推奨グラボをまとめる

解像度モニター推奨グラボfps目安
1920 x 1080普通(60Hz)GTX 1050 Ti平均180fps
ゲーミング(144Hz)
ゲーミング(240Hz)GTX 1060 6GB平均250fps
RX 580

古いゲームだけあって、動作は余裕。1.5~1.8万円で買える「GTX 1050 Ti」さえあれば、CS:GOを動かすのに一切苦労しない。ゲーミングモニター(144Hz)も余裕で使えます。

玄人志向 / GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF / シングルファンモデル

なお、GTX 1050ではなくGTX 1050 Tiをオススメする理由は、値段の差が2000~3000円しか無いから。どうせ買うなら、VRAM容量が2倍のGTX 1050 Tiで良いでしょう。

玄人志向 / GF-GTX1060-E6GB/OC2/DF / デュアルファンモデル

もっと高性能なゲーミングモニター(240Hz)を使いたいとか、他の重たい3Dゲームで快適な動作を狙いたい。という場合はGTX 1060 6GBがオススメ。重たいゲームでもだいたい平均60fpsを叩き出す。

GTX 1060 6GBを搭載しているゲーミングPCを買うつもりなら、オススメのマシンは「ガレリアDT」。Core i5 + GTX 1060で、フルHDゲーミングに十分な王道スペックを備える。

CS:GOのCPUボトルネックを検証

グラフィックボードについては十分に分かった。次はCPU性能がグラボの足を引っ張る「ボトルネック」の具合について検証していく。せっかく良いグラボを用意しても、CPUで台無しになったら勿体無い。

  • Core i7 8700(6コア / 12スレッド / 4.30 GHz)
  • Core i5 8500(6コア / 6スレッド / 3.90 GHz)
  • Core i7 7700K(4コア / 8スレッド / 4.40 GHz)
  • Core i3 8100(4コア / 4スレッド / 3.60 GHz)
  • Pentium G5400(2コア / 4スレッド / 3.70 GHz)

本記事では5種類のCPUにて検証。

ボトルネックの調査に使うグラフィックボードは「GTX 1080 Ti」。RTX 2080 Tiを使うかは悩むところでしたが、まだまだ普及する気配の無いグラボなので、既に普及しているGTX 1080 Tiを続投です。


CS:GOのCPUボトルネックを検証

CPU別の平均フレームレート

  • Core i7 8700
    262.5
  • Core i5 8500
    255.2
  • Core i7 7700K
    264.2
  • Core i3 8100
    228.7
  • Pentium G5400
    192.3

同じGTX 1080 Tiを使っていても、CPUの性能によって実際に出せるフレームレートは大きく変化する。CPUのコア数が2~4と少なく、かつクロック周波数が低いと、フレームレートが伸びにくいようです。

4コアCPUでもクロック周波数が4 GHzを超えるi7 7700Kは、上位のi5 8500やi7 8700と互角のゲーミング性能を発揮しています。

CPU別の最低フレームレート

  • Core i7 8700
    207.9
  • Core i5 8500
    157.6
  • Core i7 7700K
    154.7
  • Core i3 8100
    130.8
  • Pentium G5400
    115.7

最低フレームレートはこの通りで、CPU性能に応じてキレイに変化しました。平均フレームレートと同じで、やっぱり2~4コアCPUは今ひとつ。

クロック周波数がそこそこ高く(4 GHz前後くらい)て、かつ4コア以上のCPUがCS:GOにオススメです。

CS:GOに必要なメモリ

最後はCS:GOに必要なメモリー容量や、グラフィックボードのVRAM使用量をチェック。

メモリー使用量は少なめ

CSGOに必要なメモリー容量

2種類のグラボで、CSGOのメモリー使用量を計測した。

  • GTX 1080 Ti 11GBの場合:平均 5450MB
  • GTX 1050 2GBの場合:平均 5300MB

グラフィックボードに関わらず、CSGOのメモリー使用量はWindows 10と合わせて約5GB程度でした。メモリーは8GBあれば、問題なく足りそうです。

必要なVRAM容量も少ない

CSGOのVRAM消費量
  • 平均 1100MB

CSGOのVRAM使用量は約1GBにとどまった。非常に少ないです。推奨グラフィックボードのGTX 1050 Tiには「4GB」ものVRAMが搭載されているので、全く問題ない。

CS:GOの推奨スペックをまとめる

CSGOの推奨スペックをまとめ
解像度1920 x 1080
使うモニター普通(60Hz)ゲーミング(144Hz)ゲーミング(240Hz)
志向コスパ安定安定
CPUCore i3 8100Core i3 8100Core i5 8500
グラボ
  • 推奨:GTX 1050 Ti 4GB
  • 選択:GTX 1050 2GB
  • 推奨:GTX 1060 6GB
  • 選択:RX 580 8GB
メモリ8GB
SSD少なくとも250GB以上

CS:GOはもともと軽い動作になるように開発されている上に、ロンチが2012年と古い。だから、最高設定でもローエンドグラボの「GTX 1050 Ti」があれば144fps以上を叩き出せる。

グラボをもうひとつ上位の「GTX 1060 6GB」にすると、240fps以上を出すことも可能。ハイエンドなゲーミングモニター(240Hz)を使うつもりなら、GTX 1060 + Core i5も選択肢になります。


CSGOをコスパよく遊ぶなら「STORM EX-WV」

STORM EX-WV
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i3 8100
冷却インテル付属クーラー
※80mm小型空冷ファン
グラボGTX 1050 Ti 4GB
メモリDDR4-2400 4GB x1(合計4GBDDR4-2400 8GB x1(合計8GB)
マザーボードIntel H310搭載 MicroATX規格Intel H370搭載 MicroATX規格
SSDなし250GB
HDD1TBなし
ドライブDVDドライブ
電源750W(80+ Gold
OSなしWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格カスタマイズ後 99852円(税込み)最新価格をチェックする
スペック表は2018/9時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

コストパフォーマンス重視でとりあえず「CS:GOをプレイできる」ゲーミングマシンなら、STORMの「EX-WV」シリーズがおすすめ。「GTX 1050 Ti + i3 8100」なので、CS:GOの推奨スペックを満たします。

ただし、標準カスタマイズが見ての通りかなりショボイため、筆者の推奨カスタマイズ(表の右側)に変更することを忘れずに。標準だとWindowsが入っていないし、ストレージはHDD。メモリーも4GBしか無い。


CSGOをゲーミングモニターで「GALLERIA DT」

GALLERIA DT
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i5 8500
冷却標準クーラー
※80mm小型空冷ファン
グラボGTX 1060 6GB
メモリDDR4-2666 4GB x2(合計8GB)8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel H310搭載 MicroATX規格
SSD240GB
HDD1TB
ドライブなし
電源450W 静音電源(80+ Bronze認証)
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格119980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2018/8時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

CS:GOを240Hzゲーミングモニターでプレイするなら、平均250fps前後を叩き出せる「GTX 1060 6GB」搭載の「ガレリアDT」がピッタリなマシン。CPUには「i5 8500」(6コア)が入っているので、ボトルネックも心配無用。

「i5 8500 + GTX 1060 6GB」は現時点において、フルHDゲーミングの王道スペック。フルHDゲームをコスパ良くプレイしたいなら、だいたいこれで決まりなゲーミングPC界です。


以上「CS:GOの推奨スペックを徹底検証:最新のグラボ別fps」でした。

Sponsored Link

4 件のコメント

    • ギリギリ出ると思いますが、ノートパソコンによります。
      自分の持ってるLenovo(13インチ)だと、熱設計の関係で性能にリミッターがかかっており…60fps出ないですね…orz

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。