ノートPC向けCPU「Core i7 6700HQ」と「7700HQ」の性能比較

10万円を超えて、20~30万円ほどの価格が付いているハイエンド / ゲーミングなノートPCによく搭載されているのが「HQ」という接尾語がついているCPU。

2017年時点で、10万円台のノートPCにおいては「Core i7 7700HQ」が主流。前身の「6700HQ」からどれくらい性能が伸びたのか、比較してみます。

Sponsored Link

Core i7 6700HQ / 7700HQのスペック

CPUCore i7 6700HQCore i7 7700HQ
世代SkylakeKabylake
プロセスルール14nm
ダイサイズ122 mm2
ベースクロック2.60 Ghz2.80 Ghz
ブーストクロック3.50 Ghz3.80 Ghz
コア数4
スレッド数8
L2 Cache1 MB
L3 Cache6 MB
搭載GPUIntel HD Graphics 530Intel HD Graphics 630
GPUクロック350 – 1050 Mhz350 – 1100 Mhz
対応メモリDual-Channel DDR3L-1600 / DDR4-2133
拡張機能AVX2
TDP45 W
希望小売価格$ 378

まずは「基本仕様」(スペック)を確認する。6700HQがSkylake世代、つまり第6世代のCPUなのに対して、7700HQはKabylake世代、つまり第7世代ですね。

世代をひとつ更新したことによってベースクロックとブーストクロックが両方共、上昇している。ベースクロックは200 Mhzアップして、ブーストクロックは300 Mhzもアップした。

コア数やキャッシュ容量(L2/L3)は全く変化なしで、内蔵GPUがHD 530からワンランク上のHD 630へ更新された。GPUクロックも50 Mhzと僅かながら上昇しています。

単純に言うと7700HQは、6700HQと比較して…

  • CPUのクロック周波数が10%程度アップ
  • 内蔵GPUの性能がアップ

ということです。

【CPU / ベンチマーク】6700HQ vs 7700HQ

次はCore i7 6700HQと7700HQ、両者のCPU本体の処理性能を比較していく。基本的に、比較にはベンチマークソフトを使う。どちらが優秀なのか、ベンチマーク「スコア」を競うことで判明します。

Geekbench 4.0で比較

Geekbench 4.0 Single-Core
Core i7 6700HQ : 4234
Core i7 7700HQ : 4423
Geekbench 4.0 Multi-Core
Core i7 6700HQ : 12796
Core i7 7700HQ : 13993

ノートパソコンやスマートフォン向けCPUによく使われる「Geekbench 4.0」によるベンチマーク。シングルスレッド性能は5%ほど上昇、マルチスレッド性能は10%の上昇が確認できる。

まぁ、世代を1つ更新したし、順当なパフォーマンスアップという感じ。

Cinebench R15で比較

Geekbench Cinebench R15 Single-Core
Core i7 6700HQ : 144
Core i7 7700HQ : 159
Geekbench Cinebench R15 Multi-Core
Core i7 6700HQ : 676
Core i7 7700HQ : 735

CPUのベンチマークでは定番のCinebench R15によるテスト。こちらもGeekbench同様に、シングルスレッド/マルチスレッド性能が伸びている。

そして驚きなのが、ノートPC向けでありながらマルチスレッド性能が600~700点台ということ。薄型ノートPCによく搭載されている「Core i7 7600U」だと300点台ですからね。同じCore i7なのに、すごいスコア差。

Mozilla Kraken 1.1で比較

Mozilla Kraken 1.1
Core i7 6700HQ : 1009
Core i7 7700HQ : 967.2

ウェブブラウザの動作速度を競うベンチマーク。速ければ速いほど性能が高いということです。6700HQが1009 msで、対する7700HQは967.2 msと1秒を割っている。なかなか高速…。

X264 HD Benchmark 4.0で比較

X264 HD Benchmark 4.0 – 2Pass
Core i7 6700HQ : 42
Core i7 7700HQ : 45
X264 HD Benchmark 4.0 – 1Pass
Core i7 6700HQ : 158
Core i7 7700HQ : 166

「X264」は単純に言えば、エンコードの処理性能を競うベンチマークです。高速処理の「1Pass」と、丁寧な処理をする「2Pass」。ともにスコアは向上していることが分かる。

3DMark 06 (CPU)で比較

3DMark 06 – CPU –
Core i7 6700HQ : 7092
Core i7 7700HQ : 7727

3DMarkによるCPU性能の計測。7700HQが約10%程度高いスコアを出している。世代更新によって処理性能が順当にアップしているのが、ほぼ間違いない…というのが分かってきたな。

Super Pi mod 1.5 XSで比較

Super Pi mod 1.5 XS – 1M
Core i7 6700HQ : 10.9
Core i7 7700HQ : 10.1
Super Pi mod 1.5 XS – 2M
Core i7 6700HQ : 24.2
Core i7 7700HQ : 23.0
Super Pi mod 1.5 XS – 32M
Core i7 6700HQ : 565.0
Core i7 7700HQ : 544.5

最後は円周率の計算速度を競うベンチマークで締める。「1M」では100万桁の計算速度を競っており、6700HQは約11秒だが、7700HQはほぼ10秒と、1秒ほど高速化した。

ほかの「2M」200万桁、「32M」3200万桁の計算でも傾向は全く同じ。7700HQの方が間違いなく優秀なのです。

CPU性能比較のまとめ

世代を更新したことにより、7700HQの処理性能は確実に6700HQから進化しました。ただ、その差は5~10%程度に収まっていて大幅に進化したわけではないんですよ。

ということは、例えば中古ノートパソコンを探す時に、6700HQ搭載と7700HQ搭載が並んでいて、どちらにするか悩んだ時。性能差と価格差を意識して選ぶことが可能ってことだ。

【GPU / ベンチマーク】6700HQ vs 7700HQ

CPUの処理性能は十分に分かった。残るは内蔵されているGPU(グラフィック専用のCPU)の性能だ。

3DMark – Fire Strike Physicsで比較

3DMark – Fire Strike Physics 1920×1080
Core i7 6700HQ : 9636
Core i7 7700HQ : 10457

6700HQには「HD 530」が、7700HQには「HD 630」が搭載されている。当然のことながら、世代が違うので「HD 630」の方が格上だ。

3DMark – Cloud Gate Standard Physicsで比較

3DMark – Cloud Gate Standard Physics 1280×720
Core i7 6700HQ : 6916
Core i7 7700HQ : 7405

ベンチマークの難易度を上げても傾向は全く同じ。

3DMark – Ice Storm Unlimited Physicsで比較

3DMark – Ice Storm Unlimited Physics 1280×720
Core i7 6700HQ : 45682
Core i7 7700HQ : 50723

スマホのグラフィック性能の確認によく使われる「Ice Storm Unlimited」だと、6700HQが45000点で、7700HQが50000点。現行、スマホ向けCPUで最強の「Snapdragon 835」が18000点なので、圧倒的と言える。

まぁ、HQモデルとスマホ向けCPUを比較するのは場違いですけどね(Core Mとの比較なら分かるが)。

3DMark – Ice Storm Extreme Physicsで比較

3DMark – Ice Storm Extreme Physics 1920×1080
Core i7 6700HQ : 41221
Core i7 7700HQ : 45883

「HD 630」の方が優秀。

3DMark – Ice Storm Standard Physicsで比較

3DMark – Ice Storm Standard Physics 1280×720
Core i7 6700HQ : 41481
Core i7 7700HQ : 46305

こちらのベンチマークでも傾向は同じ。

GPU性能比較のまとめ

「HD Graphics 530」と「HD Graphics 630」では概ね10%程度の性能アップが確認できた。とは言っても…まぁ10%だから、過度な期待は出来ません。あくまでも必要最低限のグラフィック性能です。

3Dゲームは出来なくは無いが、画質は1280×720で、グラフィック設定は最低で動かすのが前提になる。Battlefield 1やOverwatchはそれなりに動くが、FF14やWatch Dogs2などはかなり厳しい。

結論

当然といえば当然の結果になったが、「7700HQ」の方が全体的に見て10%くらい優れているということ。逆に言えば10%しか進化していない、とも言える。販売価格によっては6700HQ搭載を選んだほうがいい場合もあるだろう。

CPUPassmark
Core i7 7700HQ8983
Core i7 6700HQ8137
Core i7 7600U5561
Core i7 6600U4817
Core m3 7Y303624
Core m7 6Y753543

あと言っておきたいことは…。そうそう、この「Core i7 7700HQ」搭載PCと、「Core m3 7Y30」や「Core i7 7600U」搭載PCがあるのだけれど、価格にあまり差が無いことがあります。

ノートパソコンを性能重視かつコスパで選ぶ場合は、なるべく「7700HQ」といったHQモデルがオススメで、少なくともUモデルが良い。低電圧モデルの「Core M」は性能がお世辞にも高いわけではないからね。

以上、ノートPC向けCPU「Core i7 6700HQ」と「7700HQ」の性能比較…でした。

Sponsored Link

3 件のコメント

  • 今回は不掲載でお願いしたいです

    例えば http://www.4gamer.net/games/251/G025177/20160815081/
    他にも各所で書かれているようにNVIDIAでは去年から
    デスクトップ用GPUをカスタマイズしてノートPCに搭載しているようです
    色々なベンチを見ると以前のMシリーズと違い性能もほとんど同じです。

    今までのようにゲーミングノート!と頑張らなくても手に入る時代なのかも知れません
    特に一般家庭では「圧倒的」にノートPCを選ぶのでそういう家庭への影響が今までは0に等しかったので今後は多少なりとも変わってくるのでは?と思っています。
    子育て世代はノート:デスクトップ比率が10000:1以下なのでその子供が大きくなってもPCでゲームなんて思わないですよね。

    長くなりましたがこれからも応援していますよ。

    • IIYAMAから出ている10万円前後のモデルでも、「7700HQ」+「GTX 1050 Ti」だったりと、コスパがかなり良い製品もありました。
      2~3年前なら19~20万円くらい出さないと届かない性能が、今では10万円前後で入手可能になったため、そのへんも書かないとダメですかね。
      あと…そもそも「Core M」と「Core I HQ」を比較するのはちょっと違う気がするなぁ~と、読み直してて思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。