Colorful SL500 640GBをレビュー:噂の中華製SSDは買いか?




最近、ドスパラを筆頭にBTO各社で採用され始めている「Colorful SL500」という中華製SSD。ドスパラマシンを検証するついでに、このSL500という信頼し難いSSDを詳しく検証したのでレビューとして本記事にまとめます。

Sponsored Link

Colorful SL500のカタログスペック

スペックSL500 640GBMX300 525GB
規格2.5 inch2.5 inch
コントローラSilicon Motion SM2258XTMarvell 88SS1074
DRAMなしMicron LPDDR3
NANDIntel 3D TLCMicron 384Gb 32層 3D TLC
読み込み(Seq)最大540 MB/s最大530 MB/s
書き込み(Seq)最大450 MB/s最大510 MB/s
4kB Random Read QD3275000 IOPS92000 IOPS
4kB Random Write QD3275000 IOPS83000 IOPS
TBW不明160 TB
保証3年3年
MSRP$129.99$ 129.99

価格が非常に近い、Crucial MX300のスペックとまとめてみた。残念ながらColorfulのSSDは情報公開に乏しく、透明性に欠けます。

NANDフラッシュはIntel製の「29F04T2AWCMG2」が使われているが、これはIntelのデータシートに掲載されておらず、過去IntelのSSDに採用された事例は一件もありません。

Intel ARK内で「SSD 640GB」と検索をかけてくまなく調査しましたが、過去Intelが640GBのSSDを販売したことは無さそうです。よってSSDに使われた実績のあるNANDなのかどうか怪しい。

次にSSDコントローラ。代理店のリンクスインターナショナルによれば…

「Silicon Motion製コントローラIC SM2258XTを搭載しています。高速転送と優れたランダムアクセス性能を実現します。」

という触れ込みだが、SM2258は比較的ローエンドのSSDに広く採用される傾向のあるコントローラです。しかも「SM2258XT」はキャッシュ非対応型なので、下位版とも言える。

Colorful SL500はDRAMキャッシュを一切載せていないので、たしかにSM2258XTが適任のコントローラではあるんですけどね。…そう、DRAMキャッシュが無いんですよ。

じゃあどこをキャッシュとして使って、公称値の書き込み540 MB/sと書き込み450 MB/sを実現するのって話になります。恐らく、予備領域の一部をSLCキャッシュとして使う仕組みです。

実はSL500に使われているNANDフラッシュは768GBの容量があります。実際に使えるのは640GBで、余った128GBを「予備領域」として活用していると推測できる。

Colorful SL500の外観をチェック

パッケージングは簡素です。マットブラックなアルミケースに、COLORFULのログマークが刻印されているのみ。

裏面にシールが貼られている。

Micron 1100 SSDの性能を検証(ベンチマーク)

Crystal Disk Mark 6

まずは国内で定番のストレージ向けベンチマークである「Crystal Disk Mark 6」から試してみよう。

テストの内容は、指定したサイズのファイルをSSDに読み書きを行い、その速度を計測するというもの。サイズを変えることにより、テスト対象のSSDが持つ特徴を確かめることが可能。

50MB

Crystal Disk Mark 6で検証可能な最も小さいサイズ「50MB」のテスト結果。小さいサイズほどSSDは公称値通りのパフォーマンスを出しにくくなるが、まぁまぁ速度が出ています。

読み込みは503.4 MB/sで公称値に遠いが、書き込みは464.2 MB/sで公称値を上回っている。カタログスペックの時点では期待していなかったが、案外行けるんだな。

1000MB

標準的な「1GB」サイズ。書き込みはやはり公称値には遠い。そしてキューを重ねた時の性能が全体的に低下。書き込みはさほど変化なしです。

4000MB

大きめの「4GB」サイズ。SLCキャッシュが効きやすいのか、シーケンシャル速度は良い感じに改善したが…それ以外のパフォーマンスは更に低下しています。

16000MB

更に大きな「16GB」サイズ。シーケンシャル速度は安定しているが、キューを重ねたり、ランダムアクセス速度となると悪化する一方ですね。

32000MB

最も大きい「32GB」サイズ。酷いですね。データサイズを大きくすればするほど、キューを重ねる複雑な処理は低速化し、ランダムアクセス速度も悪化してしまう。

データサイズ50MB32000MB
速度読み込み書き込み読み込み書き込み
シーケンシャル503.4 MB/s464.2 MB/s519.5 MB/s461.7 MB/s
4KB Q8 / T8204.2 MB/s336.4 MB/s181.6 MB/s134.1 MB/s
4KB Q32 / T1204.0 MB/s337.9 MB/s181.7 MB/s134.1 MB/s
4KB Q1 / T124.9 MB/s98.6 MB/s20.8 MB/s67.9 MB/s

というわけで、DRAMキャッシュが無いと一貫したパフォーマンスは期待できないことを実証してしまった形に。

Colorfulよりも安い、超格安SSDと比較

最近ポータブルSSD用に購入した「Micron 1100 2TB」とパフォーマンスを比較してみた。

見ての通り、すべての項目でColorful SL500が勝っている要素はゼロ。この時点でSL500を選ぼうという気は、…おそらく起きないだろう。

AS SSD Benchmark 2.0

テストデータに非圧縮データを使うのが特徴的なAS SSD Benchmarkを検証。どちらも公称値にほど遠い結果になっているが、思っているより落ち込みは少ない。

総合スコアは791点。ローエンドSSDの域です。

  • SL500 640GB:791点
  • Micron 1100 2TB:1132点
  • Crucial MX500 525GB:1224点
  • Samsung 960 Pro 2TB:4415点

キャッシュ搭載のSATA SSDだと、最近は1000点を超えるのが当たり前の状況になってきた。

ATTO Disk Benchmark

様々なテストサイズで一括テストができるATTO Disk Benchmark。SSDの良し悪しが分かりやすいソフトです。

意外にも割りと安定しています。扱うデータ量が大きくない内はSLCキャッシュが上手く機能するようです。

最大の弱点、大容量ファイルの書き込みがダメ

ここまでのベンチマーク結果を見る限り、Colorful SL500は想像以上に悪くないSSDだと思ってしまう。某秋葉原のレビューサイトでも、「想像以上のSSD」と評されているとおりです。

しかし、DRAMキャッシュは無いし、SSD採用歴が怪しいNANDを使っているわけです。欠陥が無いとは思えない…そこで、Steamゲーム(256GB分)の書き込みを実行させてみた。

予想は的中。転送速度が全く安定しません。書き込みサイズが80GBを超えたあたりから、頻繁に速度が1~6MBまで落ち込みます。

残り10分と表示されているが、実際に256GBの書き込みが終わるのに掛かった時間は…64分ほど。最後の方になるにつれて、転送速度は低下していきました。

録画倉庫や写真倉庫として、大量のデータを格納しようと思っているならSL500は選択肢から外したほうが良いですね。特に録画はダメでしょう。

PS4用に使う場合も、データ移行にものすごく時間がかかることを覚悟したほうが良い。データが大きいほど、書き込みが終わるのにかかる時間は伸びます。

256GBの移動に今回は1時間弱ですが、仮に500GBだと3時間くらいかかるかもしれない。1TBならどこまで伸びるのだろうか、8~9時間掛かっても違和感無いな。

Sponsored Link

まとめ「典型的な、安かろう悪かろう」

ハッキリ言って、他人に自信を持ってオススメできるSSDではありません。一貫したパフォーマンスを出せないため、事前に用途をハッキリさせておく必要がある。

  • 古いノートパソコンのリノベーション
  • 格安自作PCのシステムストレージ用

こういう使い方に、お似合いなSSDです。まぁ…上記2つが目的なら、Silicon Power S55の方が適任なので、あえてSL500を選ぶ必要性は無かったりするが。

不透明な部分が多いのも問題

性能だけでなく、情報に不透明な部分が多いことも、SL500をオススメしない理由です。

  • 書き込み耐性(TBW)は非公表
  • SL500で採用されているNANDはSSD採用歴無し
  • Colorful公式ページのスペックシートがテキトーすぎる
  • 肝心なところが掲載されていない代理店のスペックシート

信頼に足るSSDベンダーである「Samsung」「Micron」「Intel」の3社は、基本的にWebページまたはPDF形式の詳細なスペックシートを公開しています。

意味のないスペックシート(Colorfulより)

しかし、Colorfulのスペックシートは意味のないモノですし、国内代理店リンクスインターナショナルの製品ページもTBWが非掲載など、情報が少ない。

SSD選びの基本は、中身がいったい何なのか分かりにくいSSDを選ばないこと。中国語で検索する技術があれば何とかなるが、それを踏まえたとしてもSL500は微妙です。

Colorful SL500 640GB / レビューまとめ

  • 容量単価は確かに安い(2018年6月時点)
  • リノベーション用なら悪くない
  • 一貫性の無い、不安定な性能
  • TBWが非公表だから寿命を推測できない
  • メーカー側の不透明で、不誠実な姿勢(代理店含む)
  • 某レビューサイトのべた褒め記事の存在…
  • そもそも「Micron 1100」に、容量単価で30%も負けている

「オススメのSSDです。」とは言えないな…。

以上「Colorful SL500 640GBをレビュー:噂の中華製SSDは買いか?」に対するファイナルアンサーは、「買う必要性は薄い。」でした。

2018/06時点:容量単価で最安かつ、高信頼のSSD

国内にどれだけの在庫が存在するのか不明ですが、2018年6月時点では「Micron 1100 SSD」が過去に例がないGBあたり17円を実現しています。

レビューした結果、信頼に足る優秀なSSDなので「安くて大容量、更に信頼性も欲しい。」という煩悩の多い方にオススメのSSDですよ。

Sponsored Link

6 件のコメント

  • なぜドスパラで採用したのだろうか。初期のSSDとかよりはましだろうけど・・・
    ドスパラの電源評判なくなってきたのに今度はSSDになりそうだ。
    それに〇の中にIntel入ってないのにIntel製とはたまげたなぁ

    格安レイド構成ぐらいなら使えるかな?

    • < それに〇の中にIntel入ってないのにIntel製とはたまげたなぁ

      実は、IntelのNANDフラッシュはそういう印字なんですよね。

      この画像はIntel Optane SSD 900p(元画像はAnandtechより)ですが、見ての通りロゴマークの中にIntelの文字は印字されていません。
      Colorfulを擁護するつもりはないですが、偽チップかどうかまでは断定できないのです…。

  • お勧めする、Silicon Power S55にSL500と同じテストを実施して公表して頂けませんか?
    (特に250GB連続書き込み)
    このブログ内を探しているのですが見つからないので・・・お勧め品とSL500でどう違うかを知りたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。