RTX 2060が登場。スペックや性能、価格と発売日をまとめた

ついにGeForce 20シリーズ(Turing世代)でもっとも売れると推定されているミドルクラスのGPU「RTX 2060」が登場。そのスペック(仕様)や性能を、従来のGTX 1060や他の10シリーズと比較してどれくらい違うのか。

そしていつ発売され、価格はいくらなのか?をまとめてみた。

Sponsored Link

「RTX 2060」の仕様をGTX 1060と比較

GPURTX 2060GTX 1060GTX 1070 Ti
ダイ
世代TuringPascalPascal
プロセス12nm FFN製造 : TSMC16nm製造 : TSMC
トランジスタ数106億44億72億
ダイサイズ445 mm2200 mm2314 mm2
CUDAコア数CPUのコア数に相当192012802432
TMU数Texture Mapping Unitのこと12080152
ROP数Render Output Unitのこと484864
Tensorコア数機械学習の処理に特化したコア240
演算ユニット数151019
クロック周波数1365 MHz1506 MHz1607 MHz
ブーストクロック1680 MHz1709 MHz1683 MHz
VRAM容量6 GB6 GB8 GB
VRAM規格GDDR6GDDR5GDDR5
VRAMバス192 bit192 bit256 bit
VRAM帯域幅336.0 GB/s192.2 GB/s256.3 GB/s
理論性能(FP32)6.500 TFLOPS ※暫定値4.375 TFLOPS 8.186 TFLOPS
光線描写数Ray Tracingの処理性能50 億本/s
TDP160 W120 W180 W
補助電源8 pin6 pin8 pin
MSRP$ 349$ 299$ 399
参考価格43600 円26980 円49800 円

ミドルクラスとしては、異様なほど豪華なスペック。というのが第一印象です。GTX 1060の後継に位置するナンバリングではあるが、このスペックはGTX 1070レベルの後釜を狙っている感じが強い。

NVIDIAはコスパ改善路線ではなく、AppleのiPhone X以降のように商品単価を引き上げて利益率を改善しようとする狙いがあるようにも思えます(ライバルのAMDが苦戦している事情もある…)。

ダイサイズ(チップ面積)は2倍以上に大型化

RTX 2060のダイサイズは2倍以上

GPUの単価に影響が大きい「ダイサイズ」(チップの面積、大きさ)は、なんとGTX 1060の200 mm2から一気に445 mm2にまで拡大。実に2倍以上の面積です。

これはGTX 1070の314 mm2よりも巨大なチップであり、チップの大きさだけでも性能はGTX 1060を軽く超えてしまうことが予測できる。だが、チップの巨大化は手放しで喜べる要素ではない。

チップが大きいほど、製造時の歩留まり(=不良品の発生率)は悪化するため、チップ1個あたりのコストが高くつく。もちろんそれは商品価格にも転嫁されるので、価格が上昇する要因になります。

実際、現時点でRTX 2060の希望小売価格(MSRP)は349ドル。GTX 1060が299ドルなので、2割の値上げです。ただ、GTX 1070の399ドルよりは安い。

性能の伸び次第では、349ドルでも十分にコスパが良い。という状況になる可能性はあります。

初心者もち
せっかくプロセス微細化したのに巨大化とは。
自作歴24台のやかもち
コア数も増えたし、RTX独自のコアも増えましたからねぇ。

CUDAコア数は増加し、クロック周波数は低下だが

ゲーミング時にフレームレートがどれくらい出るかは、チップに搭載されいている「CUDAコア数」と「GPUクロック周波数」でだいたい決まる。

  • RTX 20601920コア / 1680 MHz
  • GTX 1060:1280コア / 1709 MHz

CUDAコア数は50%増えて1920コアに。クロック周波数はブースト時に1680 MHzで、GTX 1060より約1.7%低下した。これだと、GTX 1060を圧倒する性能になるのは間違いないですね。

しかも、RTX 2060のVRAMは最新規格「GDDR6」を採用しているため、オーバークロック耐性が高いという特徴もある。各ベンダーのオーバークロックモデルがすごい仕様になることも、十分に想定できる。

たとえばRTX 2070の場合、MSIのハイエンドモデルだと標準スペックのクロックに200 MHzも盛った状態で販売されています。性能の伸び幅が大きい点も、RTX 2060の大きなメリットになるだろう。

価格と消費電力は増加だが、性能次第です

  • RTX 2060160 W / 349ドル
  • GTX 1060:120 W / 299ドル

消費電力は120Wから33%増えて160Wに。補助電源コネクタは6本から、8本も必要になった。

そして希望小売価格は299ドルから約20%増えて349ドルになりました。RTXシリーズはだいたいドル価格に125円を掛けた価格になっているので、43600円という予想になる。

  • GTX 1060:26000円~
  • RTX 206043600円~
  • GTX 1070:43800円~
  • GTX 1070 Ti:49800円~

価格帯はちょうどGTX 1070あたりです。つまり、RTX 2060は少なくとも、GTX 1070以上の性能を叩き出さなければ「無価値」と言って良いグラボになってしまいます。

「DLSS」と「RTX」に対応

RTX 2060には、従来のGTX 1060には無かった「Tensorコア」と「RTコア」が追加されています。CUDAコアの増加だけでなく、こういった独自コアの追加も、チップの巨大化に拍車を掛けている※。

※TensorはCUDAコアと同じ面積、RTはチップ全体の約16.7%を占有する。お世辞抜きに「デカイ」です。

機械学習に特化した「Tensor」はNVIDIAの新しいAA技術「DLSS」(Deep Learning Super Sampling)の処理が主な目的。あとは、リアルタイムに光を計算して映像に反映する「RTX」機能の効率化にも使われています。

「DLSS」は従来のAA技術(TAAなど)と比較して、効果が大きい割に圧倒的に軽いため、フレームレートの向上が狙える。FF15の場合だと2割くらいフレームレートが伸びるので、そこそこ意味はある。

一方、レイトレと呼ばれる「RTX」機能は、実用性が低い上にフレームレートを大幅に落とします。チップ全体の16.7%を占めるRTコアは、正直なところ「お荷物」な状況です。

注意点:RTX 2060は「6種類」あるらしい

今回のスペック表はRTX 2060の最上位モデルに合わせているが、驚くことにあと5種類も下位モデルがあるらしい。

GPUVRAM規格VRAM容量価格
RTX 2060GDDR66 GB349ドル
GDDR5不明
GDDR64 GB
GDDR5
GDDR63 GB
GDDR5

GTX 1060も「3GB版と6GB版が存在した」し、亜種が出てきても違和感はない。価格設定によっては、4GB版は売れ筋になりそうです。3GBは中途半端ですが、4GBなら悪くないので。

まとめ:RTX 2060は確実にGTX 1060以上を目指す

  • CUDAコア数は50%増加
  • VRAMは「GDDR6」に更新
  • 価格はGTX 1060以上だがGTX 1070並
  • 割りと強い「DLSS」に対応
  • TensorコアとRTコアを増設
  • お荷物機能「RTX」に対応
  • チップ面積は2倍以上に増加

というわけで、RTX 2060は単なるGTX 1060の後継機ではなく、GTX 1070前後に位置する後釜モデルを目指していることが分かった。

対応する「後釜」モデル
RTX 2080 TiGTX 1080 Tiを超える
RTX 2080GTX 1080 Ti並
RTX 2070GTX 1080を超える
RTX 2060 NEW!GTX 1070前後か?

表にまとめるとこんな感じ。この調子だと、(出るかは不明だが)RTX 2050はGTX 1060相当になるのかな。そしてRT 2030(あるいはGT 2030)がGTX 1050並に。

初心者もち
肝心の性能がどうなんの?ってとこかな。大事なのは。
自作歴24台のやかもち
では、次は性能についてまとめます。

RTX 2060のゲーミング性能

米VideoCardZより、NVIDIAのレビューガイドに準拠したデータが発売に先立って公開されたので、そちらのデータを分かりやすく他の競合グラボと比較しながらグラフで紹介。

使用されたグラボは「RTX 2060 Founder’s Edition」で、テスト環境のCPUは「Core i9 7900X(10コア)」。メモリは16GBです。おおむね、ボトルネック要因は排除された環境でテストされている。

Battlefield 1

Battlefield 11920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    153 fps
  • RTX 2060
    154 fps
  • GTX 1070 Ti
    141 fps
  • GTX 1070
    122 fps
  • GTX 1060 6GB
    101 fps

GTX 1060 6GBと比較して、RTX 2060は54%も高いフレームレートを叩き出す。GTX 1070 Tiすら突破しているのが恐ろしい。

Battlefield V

Battlefield V
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    113 fps
  • RTX 2060
    110 fps
  • RTX 2060 RT Mode
    58 fps
  • GTX 1070 Ti
    104 fps
  • GTX 1070
    94 fps
  • GTX 1060 6GB
    72 fps

BF Vでは、GTX 1080にあと一歩という性能。レイトレ機能を有効化(ウルトラモード)すると、フレームレートは一気に半減するが、ほぼ平均60 fpsを保っている。

でも…フレームレートが落ちて、しかも実用性が皆無なレイトレ機能を使う人は少数派だと思いますが。

Deus EX : Mankind Divided

Deus EX : Mankind Divided
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    87 fps
  • RTX 2060
    81 fps
  • GTX 1070 Ti
    82 fps
  • GTX 1070
    73 fps
  • GTX 1060 6GB
    54 fps

激重なDXMDは、平均60 fpsの節目を超えて81 fpsを付ける。

The Division

The Division
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    94 fps
  • RTX 2060
    81 fps
  • GTX 1070 Ti
    89 fps
  • GTX 1070
    74 fps
  • GTX 1060 6GB
    56 fps

Divisionでは、GTX 1070とGTX 1070 Tiのちょうど中間に位置する性能を記録。

DOOM

DOOM 20161920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    178 fps
  • RTX 2060
    154 fps
  • GTX 1070 Ti
    168 fps
  • GTX 1070
    144 fps
  • GTX 1060 6GB
    110 fps

DOOMもDivisionと同様、1070よ1070 Tiの真ん中です。

Fallout 4

Fallout 4
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    133 fps
  • RTX 2060
    126 fps
  • GTX 1070 Ti
    128 fps
  • GTX 1070
    120 fps
  • GTX 1060 6GB
    104 fps

Fallout 4はGTX 1070 Tiに肉薄する性能を発揮。

Far Cry 5

Far Cry 5
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    102 fps
  • RTX 2060
    101 fps
  • GTX 1070 Ti
    99 fps
  • GTX 1070
    91 fps
  • GTX 1060 6GB
    71 fps

Far Cry 5はほぼGTX 1080並の性能を出しているが、どうやら100 fpsに壁があるようですので、直接的な比較にはならない。

Ghost Recon : Wildlands

Ghost Recon : Wildlands
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    66 fps
  • RTX 2060
    62 fps
  • GTX 1070 Ti
    61 fps
  • GTX 1070
    55 fps
  • GTX 1060 6GB
    44 fps

DXMDと並ぶ激重ゲームとして知られるGhost Recon Wildlandsは、平均62 fpsをつけた。GTX 1060より42%も速い性能です。

Hitman 2

Hitman 2
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    88 fps
  • RTX 2060
    84 fps
  • GTX 1070 Ti
    86 fps
  • GTX 1070
    86 fps
  • GTX 1060 6GB
    72 fps

Hitman 2ではほぼ上限の性能を叩き出した。

PUBG

PUBG
1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • GTX 1080
    123 fps
  • RTX 2060
    122 fps
  • GTX 1070 Ti
    113 fps
  • GTX 1070
    105 fps
  • GTX 1060 6GB
    98 fps

PUBGはウルトラ設定で平均122 fpsを記録している。

Rise of the Tomb Raider

Rise of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    90 fps
  • RTX 2060
    79 fps
  • GTX 1070 Ti
    82 fps
  • GTX 1070
    68 fps
  • GTX 1060 6GB
    52 fps

トゥームレイダーはGTX 1070 Ti並の性能。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定
  • GTX 1080
    63 fps
  • RTX 2060
    59 fps
  • GTX 1070 Ti
    58 fps
  • GTX 1070
    48 fps
  • GTX 1060 6GB
    37 fps

トゥームレイダー最新作でも似たような傾向で、やはりGTX 1070 Tiに並ぶ性能を発揮している。

Witcher 3

Witcher 3 : Wild Hunt
1920 x 1080 / 最高設定 + HairWorks
  • GTX 1080
    99 fps
  • RTX 2060
    94 fps
  • GTX 1070 Ti
    94 fps
  • GTX 1070
    78 fps
  • GTX 1060 6GB
    57 fps

NVIDIA HairWorksを入れた状態のWitcher 3を、RTX 2060は軽々と平均94 fpsで動かしてしまった。先代のGTX 1060だと60 fpsすら出ていない。

VR Mark

VR Mark1920 x 1080 / 「Cyan」モード
  • GTX 1080
    194 fps
  • RTX 2060
    222 fps
  • GTX 1070 Ti
    180 fps
  • GTX 1070
    153 fps
  • GTX 1060 6GB
    114 fps

VRゲーム向けのベンチマーク「Cyan」は、GTX 1080すら超える性能を発揮しているが、ベンチマーク上の結果なので参考程度にしておきましょう。

Superposition

Unigine SuperpositionPreset : 1080p Medium(中設定)
  • GTX 1080
    83 fps
  • RTX 2060
    77 fps
  • GTX 1070 Ti
    77 fps
  • GTX 1070
    66 fps
  • GTX 1060 6GB
    48 fps

Superpositionベンチマークでは、平均77 fpsをつけている。GTX 1060より約60%も速い、驚きの結果です。

RTX 2060の平均フレームレート

GeForce RTX 20601920 x 1080における平均パフォーマンス
  • GTX 1080
    111 fps
  • RTX 2060
    107 fps
  • GTX 1070 Ti
    104 fps
  • GTX 1070
    92 fps
  • GTX 1060 6GB
    74 fps

平均フレームレートをまとめると、RTX 2060はちょうどGTX 1070 TiとGTX 1080の間に挟まる性能を埋めることになった。

NVIDIAのレビューガイドに準拠したテスト内容なので少し控えめに見る必要があるが、RTX 2060のスペック面を考えると、割りと実現可能な性能なのでそれほど違和感は無い。

GTX 1060と比較して、RTX 2060はCUDAコアが1.5倍に増えているし、VRAM規格も高速かつオーバークロック耐性が高いGDDR6に更新されています。

そしておそらく、テストに使われたドライバはRTX対応のVer 400以降のはず。NVIDIAのドライバは400以降を使うと、GeForce 20シリーズは性能が向上し、10シリーズは下がる傾向にある。

そういった事情を考慮すれば、「RTX 2060はGTX 1060の約1.4倍の性能なんです。」と言われても、十分理解できます。

RTX 2060のコストパフォーマンス

GeForce RTX 2060
1920 x 1080における「1ドルあたりのフレームレート」
  • GTX 1080
    0.185 fps
  • RTX 2060
    0.307 fps
  • GTX 1070 Ti
    0.261 fps
  • GTX 1070
    0.244 fps
  • GTX 1060 6GB
    0.248 fps

希望小売価格(MSRP)にもとづいて、1ドルあたりのフレームレートを求めるとこの通り。349ドルでGTX 1060の1.4倍の性能を叩き出せるRTX 2060が首位です。

初心者もち
RTX 2070以上の良品になりそうじゃん。
自作歴24台のやかもち
そうですね。単価は高額だがコスパは良い。NVIDIAらしいやり方です。

発売日と価格

2019年1月7日~15日(ただし米国)

現時点の発売予定は、米国で2019年1月7日です。遅くとも1月15日には、流通するようになるとのこと。NVIDIAのFounder’s Editionだけでなく、各ベンダーのオリファンモデルも同様です。

しかし、あくまでも米国での話であり、日本でも1月7日から発売されるかどうかは不透明。

追記:日本は1月18日になりそう

ASUS JAPANは、ビデオカードの新製品として「ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING」を発表。1月18日より発売する。

(中略)

価格は未定。なお、後日、同GPUを搭載した「TURBO」と「DUAL」シリーズのビデオカードの発売も予定されている。

価格.com より

価格コムのリリースより、ASUSが1月18日に国内でRTX 2060搭載グラフィックボードを3種類、発売することが判明。価格は未定ですが、素直に楽しみですね。

価格はMSRPでは「349ドル」

希望小売価格は何度か言及したように、NVIDIAによれば「349ドル」とのこと。国内価格は43600円を想定。発売当初は5万円台になる可能性もあります。

RTX 2060を購入する

現時点では、主要なPCパーツショップにはRTX 2060の販売情報は一切掲載されていないが、とりあえず「サーチリンク」をまとめておきました。

ショップ別サーチリンク
Amazon「RTX 2060」を検索
ドスパラ「RTX 2060」を検索
TSUKUMO「RTX 2060」を検索
PCショップアーク「RTX 2060」を検索
Yahoo Shopping「RTX 2060」を検索

該当するキーワードを検索した結果ページにリンクしているので、わざわざ販売店のページで検索する手間が省けます。

以上「RTX 2060が登場。スペックや性能、価格と発売日をまとめた」でした。


「GeForce 20」シリーズの関連記事

GeForce 20のゲーマー向けGPUで頂点に位置する「RTX 2080 Ti」の実機レビューはこちら。約18万円もするモンスターGPUだが、性能はほぼ最強クラスです。

GeForce 20シリーズでもっともバランスが取れた、比較的おすすめしやすいGPUが「RTX 2070」。GTX 1080 Tiより安く、GTX 1080 Tiに迫る性能を叩き出せます。

Sponsored Link

24 件のコメント

  • RTXシリーズはコスパもワッパも良くないと思うのは私だけでしょうか?
    あとグラボは2スロット厚までにして欲しいですね、3スロットはでかすぎだと思うんですよ。

    • RTX 2070は最近、価格がこなれてきたので良いのですが、RTX 2080以上のコスパは悪いです。ワッパもDLSSで下駄を履かせないと、それほど良くないですね。

      グラボの占有スロット数はベンダー次第なので何とも。GeForce 10の頃から、3スロットモデルは存在していたので。まぁ…、小型モデルはZOTACやELSAに期待しましょう。

  • レイトレは可視光じゃなくてレーダーとかには使えないのだろうか
    ミリタリーゲーが面白くなりそう

  • 元日から更新とは…お疲れ様です。
    今年もよろしくお願いします。

    設定を下げたり、ソフトがDLSSに対応したならそれに切り替えるなどすれば、144Hzモニターが使えそうですね

    あと、メモリを変えてバリエーションをつけるのってどうなんでしょうね?
    クロック周波数が上がらないとか、出来損ないな感じのコアと型落ちメモリを合わせたり…はあるかもしれませんがその場合コアの差よりメモリの差がかなり出て、ボッタクリな感じで売られそう…

  • 元日から更新とは… 恐れ入りますw
    いつもこちらのサイトには非常にお世話になっておりますので、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

    追伸
    それにしてもRTX 2060、個人的にはなんとも中途半端…

  • 1060の時も980の性能をって感じだったので
    順当進化をさせたって感じですね(´・ω・`)
    プロセスの都合上ミドルというには巨大すぎるダイになったという感じか
    おそらく来年あたりには7nmにシュリンクを果たした本命がでるのではなかろうか

    気になるのは
    来週のAMDのカンファで対抗機種の発表があるかどうかですねぇ
    7nmでRX580の倍載せが来るならレイトレ以外ならいい勝負ができそうです

    • 7nm版が今年秋以降出てくる可能性大ですよね。
      消費税が上がりますがダイの縮小化で2080Ti OC相当品が12万、2080 OC相当品が8.5万、2070 OC相当品が6万、2060 OC相当品が4万円、xx50もRTXで2.5万と特に最上位のTiがお求めやすくなりそうで、かつこのころはDXRなどTuringで拡張された機能が使われてるものが増えているでしょうから本格的にRTXの時代が来るかなと。

  • RTXは本当にDLSSに対応するゲームが充実していくまでは様子見だなぁ… あるもん(Tensorコア)を使わないなら真のコスパも算定できんし…

  • いつもお世話になってます
    記載のフレームレート通りだと、2060は1070tiと同等以上の性能となりますが、2070が1080をやや上回るレベルなので、データの信憑性には疑問があると思います。
    しかし何にせよ発売が楽しみですね。

    • 発表されましたが、各所のレビューをみるかぎり盛っていないようですね。
      むしろ1070Tiより速いケースのほうが割合多く、現時点でも1070Ti以上な出来と言えるかなと。

    • 1070 Tiと同等以上の性能は平均を見るとでしょうけど、個々にゲームを見ると1070 Ti前後で同等レベルを示唆してますし、1070はスペックから確実に超えるのは予想できるので、データは信憑性どうこう問題するレベルではないと思えます。
      あとRTX 2060 Founder’s Editionは349ドルらしいですがOC版だと思いますので、それで1070 Ti相当かなと思います。

    • < データの信憑性には疑問があると思います。

      NVIDIAの息がかかったレビューですし、かなり盛られている感は否定できないですよね(-_-;)

  • 2060の消費電力が上がってしまったとすれば、近い将来2050が出たとしても補助電源を要求されそうな悪寒。
    ※GTX1050/Tiは一部OCモデルを除いて補助電源は不要。

  • お荷物コアが実用性を持つまでは完全スルーかな
    少なくとも今世代のRTXは買う気になれない
    しばらくはRadeonに注目したほうが良さげ
    どっちも実用性のない付加価値まみれだったらVGA暗黒時代突入もありえる
    少なくとも補助電源の有無の違いはデカイ

    • RADEONは現状のワッパの悪さが7nmでPascal前後にはしてきそうですが、あまり注目ポイントはなさそうでNaviの次のDXR本格対応だと思われる次々世代に注目ですね。
      おそらく2020年だと思いますが。

  • テンサーコアは対応タイトルが増えれば意味が出ますけど
    RTコアはダイサイズの無駄ですよねぇ、レイトレが実用範囲なのは2080Tiくらいですし・・・

    • レイトレはまだゲームへの実装が後付け的の突貫なせいか呼び出し部が洗練されていない側面もありそうですが、2080 Tiから2060までの実際の性能差は大きくない感じがします。

      2070でもレイトレ最高で80fps、中で90fps出せる検証もあり、2060でも十分なRT性能がありそうです。
      http://ascii.jp/elem/000/001/788/1788924/index-7.html

  • 春頃にはこいつを搭載したノーパソが出てくるかな
    9世代coreとセットで投入してくるだろうから
    ちょっとした買い替え時ではあるけど
    俺的には9世代coreは微妙なポジションだから
    キリのいい10世代(10nm来るか?)が出てくるであろう来年まで
    4代目で引っ張りたいと思う。

    話は飛ぶけど
    もう少し安価なKaby Lake-G搭載の2in1が出て来てくれないだろうか
    ゲームや動画編集に大活躍してくれそうなんだけど

    • GTX1160の存在が噂されてますね
      RTコアを省いたバージョンのようですが(テンサーは不明)
      実際出るかは分かりません

    • レイトレでも60fpsは出せるようなので寧ろ2060番のほうが60fps超を当たり前に求められないクラスでもあるので性能的に無理がなくちょうどいいかなと思えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。