10万円以下で最強「GTX 1080 Ti」の性能まとめ【GTX 1080と比較】

NVIDIAが2017年3月に投入したハイエンドGPU「GTX 1080 Ti」。GeForce 10シリーズの頂点に立つGPUだ。この記事では、GTX 1080 Tiの性能やコストパフォーマンスの高さなど。各種ベンチマークデータにもとづいて解説してみたい。

Sponsored Link

GTX 1080 Tiの基本仕様 / スペック

スペックGTX 1080 TiGTX 1080
ダイ
トランジスタ数120億個72億個
ダイサイズ471mm2314mm2
プロセス16nm16nm
CUDAコア数35842560
TMU数224160
ROP数8864
ベースクロック1480 Mhz1607 Mhz
ブーストクロック1582 Mhz1733 Mhz
理論性能11340 GFLOPS8873 GFLOPS
VRAM11GB GDDR5X8GB GDDR5X
メモリバス352-bit256-bit
メモリ帯域幅484.4GB/s320.3GB/s
TDP250W180W
希望小売価格$699$599

まずは「GTX 1080 Ti」の基本仕様から見ていく。比較対象には1つ下の「GTX 1080」を選んでおいた。なぜ先代の「GTX 980 Ti」では無いのか、についてですが…以下の記事でGTX 1070にすら負けていることが判明しているからです。

で、仕様を見るだけでも1080 Tiのヤバさが伝わってくるわけだ。トランジスタ数が100億個超えだし、CUDAコア数も恐ろしく多い。動作クロック周波数は、GTX 1080よりも抑えられているがコア数が違いすぎるので1080 Tiが強いのは間違いない。

そして驚くのが希望小売価格。仕様だけを見れば2~3割もいろいろと盛々なわけですが、価格は100ドルと15%程度しか違わない。次は各種ベンチマークデータを見ていって、価格差以上の性能差が出ているかを確認する。

GTX 1080 Tiの性能(ベンチマーク)まとめ

GTX 1080 Tiの性能を見ていく。比較対象は他のGeForce 10シリーズである「GTX 1070」や「GTX 1060」など。それと、AMDのハイエンドGPUである「Fury X」も比較対象にとりあげました。

テスト環境
CPUCore i7 5930K @4.2 Ghz
M/BGigabyte GA-X99-UD4
メモリDDR4-2666 16GB
ストレージSamsung 850 EVO 2TB
電源ユニットEVGA SuperNOVA 1300W
OSWindows 10 Pro 64bit
ドライバAMD Crimson 16.5.2/3
NVIDIA 365.19/.25

ベンチマーク検証には「Core i7 5930K @4.2 Ghz」が使用されている。6コア12スレッドのCore i7系CPUだから、ボトルネックを心配する必要はほぼ皆無です。

そして検証で見ていくのはいわゆるベンチマークスコアではなく、実際の動作フレームレート(平均)。やはりグラボにはゲーミング性能が求められているので、実際にどれくらい動くのか、という指標の方が遥かに重要だ。

Ashes of the Singularity

Ashes of the Singularity – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :100.9
GTX 1080 Ti :75
GTX 1080 Ti :95.7
GTX 1080 Ti :66
GTX 1080 Ti :65.6
GTX 1080 Ti :50
GTX 1080 :85.3
GTX 1080 :60
GTX 1080 :74.6
GTX 1080 :51
GTX 1080 :58.9
GTX 1080 :38
GTX 1070 :69.2
GTX 1070 :45
GTX 1070 :61.3
GTX 1070 :41
GTX 1070 :46.7
GTX 1070 :32
R9 Fury X :69.9
R9 Fury X :46
R9 Fury X :61.5
R9 Fury X :39
R9 Fury X :44.5
R9 Fury X :27
GTX 1060 6GB :51.6
GTX 1060 6GB :34
GTX 1060 6GB :45
GTX 1060 6GB :27
GTX 1060 6GB :31.6
GTX 1060 6GB :22
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

フルHD、WQHD、4K画質すべてに最高設定を使用して計測したデータ。DirectX12環境です。4K画質で平均fps60超えを達成しているのは「GTX 1080 Ti」のみ。それ以外は60を割ってしまっている。

個人的に驚いたのは「R9 Fury X」が意外と強いこと。GTX 1070相当のパフォーマンスを出せているのが分かる。DX12環境ではAMD製は強くなる傾向があるので、それが原因かもしれない。

Battlefield 1

Ashes of the Singularity – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :160.2
GTX 1080 Ti :121
GTX 1080 Ti :117.7
GTX 1080 Ti :93
GTX 1080 Ti :64.4
GTX 1080 Ti :55
GTX 1080 :130.2
GTX 1080 :100
GTX 1080 :94.3
GTX 1080 :77
GTX 1080 :50.6
GTX 1080 :42
GTX 1070 :112.0
GTX 1070 :106
GTX 1070 :88
GTX 1070 :76.4
GTX 1070 :48
GTX 1070 :40.5
R9 Fury X :103.8
R9 Fury X :87
R9 Fury X :77
R9 Fury X :41
R9 Fury X :36.8
R9 Fury X :34
GTX 1060 6GB :80.2
GTX 1060 6GB :70
GTX 1060 6GB :59
GTX 1060 6GB :54
GTX 1060 6GB :31.2
GTX 1060 6GB :28
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

すべての画質においてウルトラ設定を使って検証。AMD製にはDX12を適用し、NVIDIA製にはDX11を適用して計測している。全体的な傾向を見ていると、やはりシングルボードで4K画質を安定させるのは相当に難しいことが分かる。

4K画質で平均60fpsを維持しているのは依然として「GTX 1080 Ti」だけだ。

Civilization 6

Civilization 6 – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :90.3
GTX 1080 Ti :66
GTX 1080 Ti :90.2
GTX 1080 Ti :66
GTX 1080 Ti :88.1
GTX 1080 Ti :63
GTX 1080 :87.1
GTX 1080 :65
GTX 1080 :87.1
GTX 1080 :65
GTX 1080 :80
GTX 1080 :63
GTX 1070 :76.5
GTX 1070 :65
GTX 1070 :82.6
GTX 1070 :60
GTX 1070 :70.1
GTX 1070 :51
R9 Fury X :76.3
R9 Fury X :50
R9 Fury X :69.5
R9 Fury X :49
R9 Fury X :56.2
R9 Fury X :41
GTX 1060 6GB :77.2
GTX 1060 6GB :53
GTX 1060 6GB :67.9
GTX 1060 6GB :47
GTX 1060 6GB :50
GTX 1060 6GB :39
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

フルHD、WQHD、4Kのそれぞれ画質でウルトラ設定、そして4xMSAA(アンチエイリアシング)を適用して検証。DirectX12環境。一定のフレームレートで頭打ちになっており、4K画質で平均60fps以上出せたのは「GTX 1080 Ti」「GTX 1080」「GTX 1070」の3枚。

それほど重たいゲームではないから、このくらいは出て当然だろう。

Deus Ex : Mankind Divided

Deus Ex : Mankind Divided – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :115.0
GTX 1080 Ti :87
GTX 1080 Ti :79.7
GTX 1080 Ti :63
GTX 1080 Ti :42.7
GTX 1080 Ti :35
GTX 1080 :88.6
GTX 1080 :68
GTX 1080 :59.1
GTX 1080 :48
GTX 1080 :30.7
GTX 1080 :24
GTX 1070 :65.2
GTX 1070 :53
GTX 1070 :43.1
GTX 1070 :36
GTX 1070 :22
GTX 1070 :19
R9 Fury X :70.9
R9 Fury X :52
R9 Fury X :47.2
R9 Fury X :39
R9 Fury X :23.4
R9 Fury X :15
GTX 1060 6GB :47.6
GTX 1060 6GB :39
GTX 1060 6GB :30.6
GTX 1060 6GB :26
GTX 1060 6GB :15.4
GTX 1060 6GB :13
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

かなりの重量級として知られる「デウスエクスマキナ・マンカインド」。全ての画質で「非常に高い」設定を使用して、AMDにはDX12を、NVIDIAにはDX11を適用して計測している。

結果は見ての通り、やはりこのタイトルは相当に重たいことが伺える。「GTX 1080 Ti」ですら、シングルボードでの60fps死守は失敗しており、守れたのはWQHD画質まで。設定を妥協しなければ、平均60fpsの維持は難しいだろう。

The Division

The Division – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :139.8
GTX 1080 Ti :86
GTX 1080 Ti :101.5
GTX 1080 Ti :61
GTX 1080 Ti :67.5
GTX 1080 Ti :39
GTX 1080 :101.1
GTX 1080 :66
GTX 1080 :71.4
GTX 1080 :46
GTX 1080 :47.4
GTX 1080 :27
GTX 1070 :81.0
GTX 1070 :54
GTX 1070 :58.6
GTX 1070 :40
GTX 1070 :39.5
GTX 1070 :22
R9 Fury X :79.7
R9 Fury X :50
R9 Fury X :59.5
R9 Fury X :38
R9 Fury X :38.9
R9 Fury X :25
GTX 1060 6GB :58.6
GTX 1060 6GB :41
GTX 1060 6GB :41.5
GTX 1060 6GB :27
GTX 1060 6GB :28.2
GTX 1060 6GB :16
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

フルHD、WQHD画質はウルトラ設定。4K画質のみハイ設定を使用。DirectX12環境。「R9 Fury X」が中々頑張っています。「GTX 1080 Ti」は相変わらず4K画質で平均67.5fpsを叩き出し、シングルボード最強を欲しいままにしている。

Doom

Doom – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :200.0
GTX 1080 Ti :168
GTX 1080 Ti :193
GTX 1080 Ti :153
GTX 1080 Ti :103.6
GTX 1080 Ti :81
GTX 1080 :199.5
GTX 1080 :166
GTX 1080 :153.1
GTX 1080 :119
GTX 1080 :77.9
GTX 1080 :62
GTX 1070 :168.8
GTX 1070 :128
GTX 1070 :110.2
GTX 1070 :92
GTX 1070 :54.8
GTX 1070 :45
R9 Fury X :176.8
R9 Fury X :141
R9 Fury X :119.6
R9 Fury X :100
R9 Fury X :62.2
R9 Fury X :51
GTX 1060 6GB :123.0
GTX 1060 6GB :92
GTX 1060 6GB :79.9
GTX 1060 6GB :59
GTX 1060 6GB :38.4
GTX 1060 6GB :30
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

全ての画質でウルトラ設定を使い、SMAA(アンチエイリアシング)も適用。なお、DoomはVulkan APIに対応しているのでそれも使用している。さすがVulkan API、「R9 Fury X」が猛威を振るっています。

シングルボードで4K画質を制したのは「GTX 1080 Ti」「GTX 1080」「R9 Fury X」の3枚。

Fallout 4

Fallout 4 – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :142.9
GTX 1080 Ti :108
GTX 1080 Ti :125.3
GTX 1080 Ti :89
GTX 1080 Ti :65.8
GTX 1080 Ti :43
GTX 1080 :137.3
GTX 1080 :101
GTX 1080 :95.2
GTX 1080 :68
GTX 1080 :49
GTX 1080 :33
GTX 1070 :118.4
GTX 1070 :88
GTX 1070 :78.8
GTX 1070 :57
GTX 1070 :40.3
GTX 1070 :28
R9 Fury X :96.3
R9 Fury X :73
R9 Fury X :69.8
R9 Fury X :54
R9 Fury X :39.3
R9 Fury X :31
GTX 1060 6GB :84.5
GTX 1060 6GB :64
GTX 1060 6GB :56.3
GTX 1060 6GB :38
GTX 1060 6GB :28.7
GTX 1060 6GB :21
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

ウルトラ設定で検証。なお、iPresentintervalを「0」に設定し、フレームレートの制限を解除しています(通常は144fpsで頭打ち)。4K画質を平均60以上で動かしているのは「GTX 1080 Ti」のみ。WQHD画質だと「R9 Fury X」まで行けています。

Far Cry Primal

Far Cry Primal - 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :113.8
GTX 1080 Ti :71
GTX 1080 Ti :96.4
GTX 1080 Ti :70
GTX 1080 Ti :56.6
GTX 1080 Ti :45
GTX 1080 :103.1
GTX 1080 :71
GTX 1080 :74.3
GTX 1080 :60
GTX 1080 :40.7
GTX 1080 :35
GTX 1070 :89.4
GTX 1070 :66
GTX 1070 :62.3
GTX 1070 :51
GTX 1070 :33.6
GTX 1070 :29
R9 Fury X :73.4
R9 Fury X :53
R9 Fury X :55
R9 Fury X :42
R9 Fury X :32.4
R9 Fury X :22
GTX 1060 6GB :65.3
GTX 1060 6GB :48
GTX 1060 6GB :44.9
GTX 1060 6GB :37
GTX 1060 6GB :23.9
GTX 1060 6GB :21
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

全部ウルトラ設定です。Far Cry Primalは少々重たい傾向。「GTX 1080 Ti」を持ってしても平均60を割ってしまった。シングルボードで50fps以上出てるなら、十分な性能とも言えるけれど。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto V – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :129.2
GTX 1080 Ti :91
GTX 1080 Ti :103.8
GTX 1080 Ti :77
GTX 1080 Ti :83.6
GTX 1080 Ti :63
GTX 1080 :112.6
GTX 1080 :83
GTX 1080 :77.5
GTX 1080 :56
GTX 1080 :61.6
GTX 1080 :44
GTX 1070 :95.9
GTX 1070 :71
GTX 1070 :65
GTX 1070 :46
GTX 1070 :50.1
GTX 1070 :35
R9 Fury X :76.3
R9 Fury X :56
R9 Fury X :53.6
R9 Fury X :39
R9 Fury X :47.6
R9 Fury X :36
GTX 1060 6GB :68.7
GTX 1060 6GB :53
GTX 1060 6GB :46.3
GTX 1060 6GB :35
GTX 1060 6GB :34.9
GTX 1060 6GB :27
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

全ての設定をウルトラにして、4xMSAAを適用して検証。4K画質のみ4xMSAAを抜いている。それぞれのグラボの性能差がハッキリと出ていて、4K画質で平均60超えは「GTX 1080 Ti」「GTX 1080」の2枚だけ。

Hitman(2016)

Hitman(2016) – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :147.7
GTX 1080 Ti :87
GTX 1080 Ti :127.1
GTX 1080 Ti :81
GTX 1080 Ti :77.6
GTX 1080 Ti :56
GTX 1080 :132.6
GTX 1080 :80
GTX 1080 :102.6
GTX 1080 :69
GTX 1080 :61.6
GTX 1080 :45
GTX 1070 :97.1
GTX 1070 :64
GTX 1070 :71.7
GTX 1070 :50
GTX 1070 :42
GTX 1070 :32
R9 Fury X :102.8
R9 Fury X :49
R9 Fury X :80
R9 Fury X :40
R9 Fury X :48.2
R9 Fury X :26
GTX 1060 6GB :66.3
GTX 1060 6GB :43
GTX 1060 6GB :48.5
GTX 1060 6GB :36
GTX 1060 6GB :28.2
GTX 1060 6GB :22
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

DirectX12環境のHitman(2016)。設定はすべてウルトラ。「GTX 1080 Ti」は4K画質を平均77.6fpsで動かし、最低fpsも56に抑えている。安定性は抜群。「GTX 1080」も割りと頑張って平均61.6fpsで4Kを動かしきった。

Rise of the Tomb Raider

Rise of the Tomb Raider – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :125.2
GTX 1080 Ti :103
GTX 1080 Ti :88.3
GTX 1080 Ti :76
GTX 1080 Ti :63.6
GTX 1080 Ti :52
GTX 1080 :103.0
GTX 1080 :72
GTX 1080 :72.3
GTX 1080 :58
GTX 1080 :50.1
GTX 1080 :40
GTX 1070 :81.2
GTX 1070 :64
GTX 1070 :55.5
GTX 1070 :46
GTX 1070 :39.3
GTX 1070 :32
R9 Fury X :58.0
R9 Fury X :48
R9 Fury X :42
R9 Fury X :32
R9 Fury X :36.2
R9 Fury X :33
GTX 1060 6GB :61.0
GTX 1060 6GB :50
GTX 1060 6GB :41
GTX 1060 6GB :36
GTX 1060 6GB :28.7
GTX 1060 6GB :26
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

DirectX12環境。フルHD、WQHDでは「非常に高い」設定を適用。4Kでは「高い」設定を適用している。性能差がかなりハッキリ出ていて、それぞれの実力が把握しやすい。「GTX 1080 Ti」はやはり4K画質を守り、圧倒的な性能を見せつけてる。

The Witcher 3

The Witcher 3 – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :123.3
GTX 1080 Ti :89
GTX 1080 Ti :93.9
GTX 1080 Ti :71
GTX 1080 Ti :57.4
GTX 1080 Ti :44
GTX 1080 :90.6
GTX 1080 :70
GTX 1080 :68.9
GTX 1080 :54
GTX 1080 :41.6
GTX 1080 :32
GTX 1070 :74.5
GTX 1070 :57
GTX 1070 :55.8
GTX 1070 :45
GTX 1070 :34.5
GTX 1070 :26
R9 Fury X :65.1
R9 Fury X :53
R9 Fury X :51.5
R9 Fury X :43
R9 Fury X :32.5
R9 Fury X :29
GTX 1060 6GB :51.8
GTX 1060 6GB :41
GTX 1060 6GB :38.8
GTX 1060 6GB :27
GTX 1060 6GB :22.6
GTX 1060 6GB :19
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

NVIDIA HairWorksをすべて無効にしたウルトラ設定で検証。意外と重たいですね、Witcher 3は。「GTX 1080 Ti」でも、4K画質をギリギリ耐えられていない。それでも平均57.4fpsで、最低44fpsだから実用上はまぁ行けるだろう、と言ったところ。

全画質の平均動作フレームレート

All Title Average FrameRate – 1080p 1440p 2160p / Ultra

GTX 1080 Ti :134.9
GTX 1080 Ti :93
GTX 1080 Ti :109.1
GTX 1080 Ti :79
GTX 1080 Ti :68.2
GTX 1080 Ti :50
GTX 1080 :116.7
GTX 1080 :84
GTX 1080 :86.3
GTX 1080 :64
GTX 1080 :52.1
GTX 1080 :39
GTX 1070 :95.7
GTX 1070 :72
GTX 1070 :68.5
GTX 1070 :53
GTX 1070 :41
GTX 1070 :32
R9 Fury X :86.3
R9 Fury X :59
R9 Fury X :64.6
R9 Fury X :44
R9 Fury X :40
R9 Fury X :29
GTX 1060 6GB :70.6
GTX 1060 6GB :52
GTX 1060 6GB :49.7
GTX 1060 6GB :37
GTX 1060 6GB :29
GTX 1060 6GB :22
フルHD(1920×1080) :平均fps
WQHD(2560×1440) :平均fps
4K(3840×2160) :平均fps
各画質の :最低fps

最後に、それぞれのタイトルで集まったフレームレートを平均したものを確認する。4K画質で平均68.2fpsを記録したのが「GTX 1080 Ti」。それ以降のグラフィックボードはどれも平均60fpsを割り込んでしまった。

これらの検証でおおむねGTX 1080 Tiが、4K画質をシングルボードで動かせる超高性能のGPUということが分かった。もちろん、GTX 1080 Ti以外にもシングル最強GPUは存在するが、一般向けの価格で入手できるのはGTX 1080 Tiだけなので無視します。

「Titan Xp」の価格は2倍だが、性能は5~10%程度しか上がらない。熱狂的なNVIDIAファンでなければ、選択肢に入ることはないだろう。

GTX 1080 Tiは「4K画質までほぼ完全に制圧した最強GPU」

All Title Average FrameRate – 1080p 1440p 2160p / Ultra
GTX 1080 Ti :134.9
GTX 1080 Ti :93
GTX 1080 Ti :109.1
GTX 1080 Ti :79
GTX 1080 Ti :68.2
GTX 1080 Ti :50
GTX 1080 :116.7
GTX 1080 :84
GTX 1080 :86.3
GTX 1080 :64
GTX 1080 :52.1
GTX 1080 :39
GTX 1070 :95.7
GTX 1070 :72
GTX 1070 :68.5
GTX 1070 :53
GTX 1070 :41
GTX 1070 :32

平均フレームレートを見ての通り、GTX 1080 TiはフルHD・WQHD・4Kの全ての画質で「平均60fps以上」を記録している。GTX 1070はWQHDまでで、GTX 1080は4Kを制圧しきれていない。

フルHD画質のパフォーマンスにおいて、GTX 1080 TiはGTX 1080より16%ほど速い。この点はギリギリ価格差通りの性能差、といえるところだが4K画質を見てみると違うことが分かる。

4Kにおいては、GTX 1080 Tiは31%も速いのだ。GTX 1070に対しては66%も高速です。このため、WQHD担当が「GTX 1070」で、4K担当が「GTX 1080 Ti」と、キレイに役割分担が実現されています。

と同時に「GTX 1080」の立ち位置の微妙さが浮き彫りに…。どうせ599ドルで1080を買うなら、あと100ドル出して1080 Tiを買ったほうが「お得」という感じがしてしまう。

価格と性能GTX 1080 TiGTX 1080GTX 1070
フルHD(1080p)+40.9%+15.5%0%
WQHD(1440p)+59.2%+26.4%0%
4K(2160p)+66.3%+30.9%0%
希望小売価格+84.4%+16.7%0%

GTX 1070を起点に、性能差と価格差をまとめてみた。こうしてみるとGTX 1070のコスパの良さが際立つわけだが、GTX 1070はWQHD画質までしか制空権を持ちません。よって、4K画質以上の世界では…。

価格と性能GTX 1080 TiGTX 1080
フルHD(1080p)+15.5%0%
WQHD(1440p)+26.4%0%
4K(2160p)+30.9%0%
希望小売価格+16.7%0%

この通り。GTX 1080 Tiの優秀さが際立ってくる。フルHD画質では価格差どおり、順調な性能差を見せるもののWQHDや4Kになってくると、価格差以上の性能差を見せている。

4K画質のディスプレイでゲーミングするのであれば、予算をもう少し奮発して「GTX 1080 Ti」を手にした方が結局コスパが良いし、合理的な選択である。という結論になります。

ただ、GTX 1080 Tiは無敵では無い

平均パフォーマンスを見る限りでは、確かにGTX 1080 Tiは600ドル台のGPUで唯一「平均60fps」以上を叩き出せる。しかし、タイトルによっては60fpsを出せないという事実も忘れないように。

  • The Witcher 3(57.4fps)
  • Far Cry Primal(56.6fps)
  • Deus Ex : Mankind Divided(42.7fps)

今回分かった範囲では、この3タイトルは特に重量級でした。

  • PUBG(50.9fps)

ついでにPUBGの記録も載せておきます。このゲームもかなりの重量級タイトルなんですよね…。SLI非対応(2017年7月時点)だから、設定を調整してフレームレートを出すしか無い。

追記:GTX 1080 Tiは性能が良すぎるのでCPUに要注意

ここまで見てきた通り、GTX 1080 Tiは10万以下のグラフィックボードでは最高の性能を持っています。しかし、性能が良すぎるゆえにCPUが原因のボトルネックが発生しやすい。

CPU別 / GTX 1080 Ti(平均パフォーマンス)
i7 8700K @4.8Ghz :123.6
i7 8700K :120.6
i7 7700K :112.8
i7 5930K :106.2
i5 8400 :113.9
Ryzen 7 1800X :101.7
Ryzen 7 1700 :92.4

これは「【レビュー】「Core i7 8700K」は、史上最強のゲーミングCPU」から引用してきた、GTX 1080 TiのCPU別フレームレートです(平均)。

見ての通り、i7 7700Kで112.8fpsなのに、更に性能が高いi7 8700Kを使うと120.6fpsまで伸びているのです。オーバークロックを含めると123.6fpsまで出ている。

だからGTX 1080 Tiを使うつもりの人はCPUにもコストを掛けたほうが無難と言えます。

GTX 1080 Tiはどういう人に必要か

GTX 1080 Tiは10万円以下のハイエンドGPUとしては、2017年上半期の時点で「最強」の性能を保有している。4K画質を平均フレームレートで60以上出せるのは、現状はGTX 1080 Tiしか無い。

  • 4Kディスプレイかつ、なるべく高い画質設定ゲーミングを予定している
  • コストパフォーマンス重視で、4KゲーミングやVRゲーミングを行いたい
  • 10万円までの予算で、可能な限りの高い演算処理能力を必要としている

こういった需要にGTX 1080 Tiは応えられる唯一のグラフィックボードです。10万円以下なら、現状これよりも高い性能を持っているグラボは存在しませんから…。

 GTX 1070 SLI

ちなみに、GTX 1070を2枚使ってSLI化すると、GTX 1080 Ti相当の性能になります。しかし、この方法には多くの欠点があるので慎重に行いたい。

  • 消費電力がそもそも大きい
  • SLIに対応しているタイトルは意外と多くない
  • コスパはほぼ同じか、むしろ劣っていることも多い

メリットがあまり多くないので、GTX 1080 Tiが存在する今は無理に選ぶ理由が無い。

GTX 1080 Tiの国内価格

「Keepa」を使い、Amazonにおける新品価格の推移をチェックしました。最初は10万円と、ご祝儀価格だったが最近は落ち着いてきて84000~88000円が安価帯になっています。

元の価格が699ドルですから、特に問題などが起こらずに時間が経てば78000~83000円程度には下がるかと。なお、オーバークロックモデルは割高で、10万円台になってしまっている…。

MSI製の無難なボードです。価格はGTX 1080 Tiの中ではかなり抑えられているため、コストパフォーマンスを重視するなら「GTX 1080 Ti ARMOR」で問題ない。

どうせ買うならもっと良いものが欲しい、という人はMSIの「Gaming X」がオススメ。先の「ARMOR」よりも冷却ファンの性能がだいぶ良くなってて、冷却性能に関しては平均で5度くらいは違ってくる。

次に静音性に関してもGaming Xが上。同じ冷却性能を得るためにARMORだと概ね1800rpmは回転しますが、Gaming Xでは1300rpm程度で済んでしまう。5~10dBは変わってくるので、静かで冷えやすいのが欲しいならこれで確定です。

もっと冷えるボードを…という人には「Sea Hawk X」が良いとは思いますが、20%くらいは割高な価格(11~12万)になるため万人向けでは無い。ちなみにGaming Xと比べて更に20度は冷えます。

GTX 1080 Tiのまとめ

最後に、「GTX 1080 Ti」について簡単にまとめます。

  • 先代のGTX 980 Tiを遥かに凌駕する性能
  • 4K画質をおおむね制圧している最強クラスのGPU
  • 2017年時点、10万円以下のグラボでは間違いなく最強の性能
  • 一部の超重量級タイトルでは、シングルボードで平均60fpsを出せないので注意

10万円以下でGTX 1080 Tiよりも優秀なGPUが存在しない事。性能を考慮すると十分な省電力性(ゲーミング時 = 210~220W)。多くのタイトルで平均60fps(4K画質)を出せること。

よってGTX 1080 Tiの評価は「Sランク」としました。以上「10万円以下で最強GPU「GTX 1080 Ti」の性能まとめ【GTX 1080と比較】」でした。

GTX 1080 Ti搭載のおすすめマシン

GALLERIA ZZ
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700K (4コア / 8スレッド / 4.20~4.50Ghz)
GPUGTX 1080 Ti 11GB
メモリーDDR4-2400 8GB*2
マザーボードIntel Z270搭載マザーボード(ATX)
SSD500GB
HDD2TB
電源650W 静音電源(80+ BRONZE)
保証1年間 持込修理保証

GTX 1080 Ti搭載のマシンなら「ガレリアZZ」がオススメです。CPUに「i7 7700K」が採用されているので、オーバークロックすることで更にGTX 1080 Tiの性能を引き出すことも可能だ。

他にもあるよ、グラボ記事

2017年時点で、WQHD画質までを支配下においているのが「GTX 1070」です。4Kは大きすぎるから要らない、という人は一読をおすすめします。

GeForce 10、Polaris 20、Vegaまで、2017年に活躍した様々なグラフィックボードからベストなGPUを7品まとめた記事。動作フレームレートなど、データに基づいて性能を分かりやすく解説したのが特徴です。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。