Core i5を駆逐するAMDの「Ryzen 5」シリーズの強さと弱さ

ジムケラー氏がAMDに残していった「Ryzen」は、着実にIntelのCoreシリーズを駆逐し始めている。特にマルチスレッド性能において、同価格帯でRyzenに敵うIntel CPUは存在しない。

「Ryzen 7」で4万円台のCore i7を一通り駆逐し、4月11日にはCore i5を駆逐するために「Ryzen 5」を投入。しかし、強い部分がある一方で、弱い部分もあるようなのでまとめてみる。

Sponsored Link

Ryzen 5とは

シリーズモデルコア数スレッド数TDP基本クロックターボクロックOC価格日本円
Ryzen 51600X61295W3.6 Ghz4.0 Ghz可能$24927100
16003.2 Ghz3.6 Ghz$21923800
1500X4865W3.7 Ghz3.7 Ghz$18920600
14003.2 Ghz3.4 Ghz$16918400

今のところは4モデルが出ている。上位モデルは「6コア・12スレッド」という、Core i7の上位モデル並のスペック。クロックも基本で3.0Ghz以上あるし、ターボ時は最大で4.0Ghzに達する。オーバークロックも可能で、10%程度の性能アップなら案外行ける。

価格も6コアCPUとしては異例の200ドル台。日本円(109円で換算)では24000~28000円くらいになる。「Core i5 7600K」あたりを購入できる価格で、6コア12スレッド…。下位モデルも4コア8スレッドが揃っており、これもCore i7並のスペック。

現状のCore i5では、どのモデルもHTT(ハイパースレッディング技術)がオフに設定されていて、4コア4スレッドが限界になっている。しかし、Ryzen 5の下位モデルであればHTTが有効で8スレッドに設定されている。

ということで、基本的なスペックは既に既存のCore i5や一部のCore i7も駆逐している。Ryzenの設計者であるジムケラー氏は天才としか言いようがない。

Ryzen 5の強さ

もう説明してしまった感があるけれど。簡単にまとめると。

  • CPU自体の性能が非常に高い
  • 価格が一般向けで書いやすい
  • コストパフォーマンスが高い
  • ハイスペックだがTDPは意外と抑えられている

ということ。全体的に優秀なCPUで、十分にIntel Core プロセッサたちと戦っていけるスペック。CPUの性能の高さは世界中のベンチマーカーによって調査されていて、驚異的なスコアが記録されている。

シングルコア性能(CPU-Z)スコア
Core i7 7700K2235
Ryzen 7 1800X2229
Ryzen 5 1600X2228
Ryzen 7 1700X2181
Ryzen 5 1500X2174
Core i5 7600K2134
Core i7 6700K2118
Ryzen 7 17002048

まずはシングルコア(1コアのみ)性能。CPU-Zのベンチマーク機能で計測されたスコアはこの通り。基本的に1コアあたりの性能は他のCore i5 ~ i7と同格になっているようだ。

マルチコア性能(CPU-Z)スコア
Ryzen 7 1800X19211
Ryzen 7 1700X18094
Ryzen 7 170016627
Core i7 6950X16119
Ryzen 5 1600X14203
Core i7 6900K12980
Core i7 5960X12979
Core i7 7700K9537
Ryzen 5 1500X9314

次はマルチコア(搭載されている全てのコアで処理する)性能。CPU-Zはマルチスレッドに対応しているため、やはりコア数が多いRyzenシリーズは概ね高いスコアを叩き出す傾向にある。

特にすごいのは、10万円台のCore i7のハイエンドモデルすら凌駕する性能だ。2万円程度で購入できる「Ryzen 5 1500X」のマルチコア性能は、39000円くらいで推移している「Core i7 7700K」に匹敵するスコアを出している。

半額で同等のマルチスレッド性能を得られる…。これって普通にすごいことなんだよね。

シングルスレッド性能(Cinebench R15)スコア
Core i7 7700K191
Core i7 6700K177
Core i7 4790K173
Ryzen 7 1800X161
Ryzen 5 1600X161
Core i7 6900K154
Ryzen 5 1500X148

Cinebenchのスコアも見てみる。シングルスレッド性能では「Core i7」がかなり健闘。1コアあたりの性能はかなり強いようだ。「Ryzen 5」も負けずと高いスコアを出しているものの、Core i7 7700Kには及ばない。

マルチスレッド性能(Cinebench R15)スコア
Core i7 6950X1827
Ryzen 1800X1627
Core i7 6900K1549
Ryzen 7 1700X1527
Ryzen 7 17001415
Core i7 5960X1308
Ryzen 5 1600X1245
Core i7 7700K960
Core i7 4790K836
Ryzen 5 1500X799

しかし、Ryzenシリーズは圧倒的なコア数を背景に、マルチスレッド性能では既存のCore i7を圧倒してみせる。3万円台のRyzen 5 1600Xのマルチスレッド性能は、4万円台のCore i7 7700Kよりも30%程度高い。

結論

Ryzen 5は2万円台から購入できるCPUとは思えないような圧倒的なマルチスレッド性能を見せる。CPUのパワーを安価に欲しいなら、これ以外の選択肢が見当たらないくらい優秀。

しかし、その一方で1コアあたりの性能はCore i7に劣っている部分もある。これはマルチコアの処理に最適化されていないソフトウェアの場合、Ryzenのパワーを効率よく使えない可能性があるということ。

10年ほど前のオンラインゲームに「マビノギ」というゲームがあった。マビノギはマルチコアに全く対応しておらず、1コアあたりの性能が高いCPUの方が動作が軽くなりやすいという特徴を持つ。コア数が多くても動作が軽くならないので、安価に1コアの性能が優秀なPentiumやCore i3が推奨スペックになる。

逆にマルチコアに対応しているCinebench R15やCPU-Zなどのベンチマークにおいては、Ryzenの性能は圧倒的。実用上はCPUパワーが要求される、動画のエンコードや、仮想通貨のマイニング、CAD系の高度な3Dソフトにおいても、Ryzenの優位性は高い。

Sponsored Link

Ryzen 5の弱さ

しかし、その一方で1コアあたりの性能はCore i7に劣っている部分もある。

各種ベンチマークを見ていて、Ryzenのシングルコア性能の低さが「ゲーミング」においては弱点になるのではないか。そんな懸念が頭の中をよぎった。

Far Cry Primal DX11FPS
Core i7 7700K108
Core i5 7600K108
Core i7 6950X100
Core i7 4790K96
Ryzen 5 1600X94
Ryzen 7 1800X94
Ryzen 5 1500X93

Far Cry Primal(DX11)のベンチマーク。ディスプレイ画質はFull-HD(1920*1080)で、グラフィックボードにはGTX 1080を使ってテストされている。見ての通り、CPU本体の性能は圧倒的にも関わらず、ゲーミングにおいてはCore i7よりもフレームレートが出づらいという現象が起こっている。

これは単に、今の3DゲームがRyzenの最適化されていなかったり、多くのゲームが4コア以上のマルチコアにあまり対応できていないのが原因らしい。そしてCore i7 7700Kは1個あたりの性能が極めて高水準なのも効いている。

Far Cry Primal DX11FPS
Core i5 7600K82
Ryzen 7 1800X82
Ryzen 5 1600X82
Core i7 7700K81
Ryzen 5 1500X81
Ryzen 7 1700X81
Core i7 6950X80

ただ、ディスプレイ画質をWQHD(2560*1440)に引き上げるとパフォーマンスの差が途端に無くなる。つまりFull-HDまではCore i5の方がゲーミング向けだが、それ以上の画質では大差ないという結果になりやすい。

Division DX11FPS
Core i7 7700K119
Core i7 6950X106
Core i7 4790K118
Ryzen 7 1800X100
Ryzen 5 1600X99
Ryzen 5 1500X99
Core i5 7600K98

次はトムクランシーの「Division」のベンチマーク。やはりこのゲームでも、Full-HD画質でのテストではCore i7の方が優秀という結果に。

Division DX11FPS
Core i7 7700K86
Core i7 4790K85
Core i7 6950X78
Ryzen 7 1800X74
Ryzen 5 1600X74
Ryzen 5 1500X72
Core i5 7600K72

WQHD画質だと差は無くなると思いきや…やはりCore i7に軍配が上がってしまっている。Ryzen 7 1800XがCore i7 6950Xに負けてしまっていることから、Ryzenはまだまだ最適化が進んでいない印象。

Watch Dogs 2 DX12
Core i7 4790K82
Core i7 5960X81
Ryzen 7 1800X80
Ryzen 5 1600X79
Ryzen 5 1500X78

最後に「Watch Dogs 2」のベンチマークを。ウォッチドッグス2は正式にDirectX12に対応いている他、AMD GPUにも最適化されているという謳い文句だ。実際にこの結果を見てみると、Full-HD画質でもCore i7を大差無いパフォーマンスになっているのが分かる。

Watch Dogs 2 DX12
Ryzen 5 1600X58
Ryzen 7 1800X58
Core i7 5960X58
Core i7 4790K58
Ryzen 5 1500X57

WQHD画質では完全に差が無くなり、ほぼほぼグラフィックボード本体の性能次第というパフォーマンスに落ち着いている。このことから、RyzenはDX11よりもDX12の方が得意としている可能性が高いね。Radeon RXシリーズでもDX12の方が高いパフォーマンスが出やすいことから、AMD製品はソフトウェアが最新であればあるほど、高いパフォーマンスを叩き出せるのだろう。

結論

RyzenのCPUとしての性能は、販売価格の安価さを考えると「異常な域」に達しているものの、ゲーミング用途では現状のIntel Core プロセッサたちに弱みを見せてしまった。特に…

  • DirectX11環境ではCore i7に対して20%ほどフレームレートが劣る
  • Full-HD画質の環境ではCore i5 – i7に対してパフォーマンスが劣りやすい
  • ソフトウェアとの最適化が未熟な段階

これらの事実が各種ベンチマークから判明している。逆にDX12環境とWQHD以上の画質において、Ryzenはグラフィックボードのボトルネックにはならない。しかし、まだまだFull-HD画質が主流だし、現状はDX11のソフトのほうが多い。

この弱点がある限り、「適度に軽快なゲーミング環境が欲しい」という需要に対してはCore i5 7000番台が選択肢に入ってしまうだろう。惜しい部分ですが、今後Ryzenの最適化が進んで改善されることを祈るばかりです。

まとめ「Ryzen 5はCore i5を駆逐したかのように見えたが」

「Ryzen 5」は18000~30000円で購入できるCPUとしては、既存のIntel製品に対して圧倒的なCPUパワーを見せつけた…。そう、ソフトウェア側の環境さえ揃っていればね。

現状のRyzenは、最適化の具合があまりよくない。BIOSのアップデートや、メモリの帯域を2400 Mhzではなく3200 Mhzの製品を使う、などの方法でパフォーマンスの改善が報告されている。このことから、Ryzenは今後の最適化の改善で一般的な用途でも強くなってくると思う。

Ryzen 5はどんな人にオススメか

CPUパワーをとにかく要求する作業において、Ryzenは極めて良い選択肢。例えば以下のような用途。

  • ゲーム動画を録画しながらゲーミングをする
  • ゲームと同時に、動画の編集や動画のエンコードを行う
  • 高解像度のイラスト制作(Adobe系)
  • 高度な3DソフトやCAD系ソフト(Cinema 4Dや、Mayaなど)
  • 仮想通貨のマイニング(GPGPUの方が効率的という意見はここでは無視する)

要するにマルチタスクを前提にするなら、Ryzenはとてもコストパフォーマンスに優れている。とにかく、重たいゲームをしながら、同時に様々な作業をこなしたい。

このような場合は間違いなくCore i5よりも、Ryzen 5に軍配が上がるだろう。マルチスレッド性能はCore i7すらも凌駕するため、動画のエンコード速度など、純粋なCPU仕事も当然Ryzen 5の方が速い。

逆にこのような用途なら、安易にRyzen 5はオススメできない(現時点では)。

  • 重量級の3Dゲームをする
  • 重たいMMORPGを最高画質で動かす
  • 同時にYoutubeやニコ動でBGMやアニメを再生したり

この程度の使い方なら、今のところはCore i5の方が良いかも。純粋にゲームのパフォーマンスだけが大事という場合、Ryzen 5ではGPUの性能をCore i5 – i7ほどに引き出せないためです。

とは言っても(個人的まとめ)

確かにCore i5 – i7と比較するとフレームレートが少し出づらい…という欠点があるものの。どうせ買うならRyzen 5で良い気はするんですけどね。

下位モデルの「Ryzen 5 1500X」は、米国では189ドルなので国内では20000~22000円くらいになるはず(価格コム見たら25000円してた)。この値段でCore i7並のマルチスレッド性能ですから、どうせ買うならこっちが欲しくなる。

そして今主流のi7が、Core i7 7700Kで価格は39000~42000円くらい。今回のベンチマークデータでは、確かに10%くらいはCore i7に劣るものの、よくよく考えると価格は40%くらい安いわけですよ。

逆に言えば、その10%のフレームレート向上のために、倍近い値段がするCore i7を買うべきなのか…と言われると微妙というか。要するにこの「Ryzen 5」ってなんだかんだ言って…

Core i7並のマルチスレッド性能で、グラフィック性能は10%劣るが、価格は半分くらいで買えてしまうCPU

ということですからね。やっぱりすごい。個人的には十分にRyzenはCore プロセッサたちを駆逐できると思っています。以上「Core i5を駆逐するAMDの「Ryzen 5」シリーズの強さと弱さ」でした。

Ryzen搭載のBTO

→ 早くもドスパラがAMD Ryzen搭載マシンを販売開始してた

ドスパラが良さげなマシンを売っている。ただ、国内価格が微妙に高いせいなのか、ちょっと微妙な価格な気もする。

 追記

→ ドスパラが販売しているRyzen搭載のBTOを9品まとめました

ドスパラが販売しているRyzen搭載マシンを、分かっている範囲ですべてまとめた。様々なラインアップを確認したいという人にオススメです。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • Ryzenはキャッシュのレイテンシが高すぎるしメモリも2chでAVXも弱くTSXも未対応です
    intelで言えば第4世代i5を高速にした感じなのでゲームや
    同時に何かしようとせず軽い環境で単一の計算を高速化する用ですね。

  • 60Hzのモニター使ってれば60fps張り付きになるので100fpsも120fpsも変わらないですね
    120Hzの液晶使ってる人は0.5%も居ません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。