「The Crew 2」で60fpsを出すには?推奨スペックを解説

500万人以上のプレイヤー人口を誇っていたというオープンワールドのレーシングゲーム「Crew」の4年ぶりの続編が登場。PC版もSteamで配信されているので、さっそくCrew 2の推奨スペックを60fpsで動かせる推奨スペックついて解説します。

Sponsored Link

Crew 2の推奨スペックを決める

Crew 2の推奨スペック

PlayStation 4とXbox One向けに開発された影響かどうかは断定できないが、Crew 2は2018年に発売されたレーシングゲームでありながら「60fps制限」が掛かっています。RPGならまだ良いですが、レースゲームで60fps制限とはいったい…。

そのため、PC版の推奨スペックは「平均60fpsを出せるかどうか」になってくる。どれだけ高性能なマシンがあっても、Crew 2では60fps以上を出せないからね。Crew 2以外のゲームもするなら高性能に意味はあるが、Crew 2専用なら60fps出ればOK。

グラフィック設定の影響

Crew 2のグラフィック設定は13種類ありますが、Video Preset(プリセット)から一括で4段階の設定に切替可能。設定を切り替えることでどれくらい画質が変化し、そして動作が重たくなるのか。まとめておきました。

ULTRAHIGHMEDIUMLOW

PUBGに似た雰囲気のあるグラフィックです。ウルトラ設定だとオブジェクトが多く、陰影がハッキリと描写されています(※画像はクリックで拡大)。

設定を低(Low)まで落とすと、描写されている影の量が大幅に減って、オブジェクトのテクスチャ品質も大きく低下。生えている雑草も芝刈りされたかのように激減。かなり粗い画質になってしまう。

設定によるフレームレートの変化 / GTX 1070 / 3840×2160

  • Ultra
    31.2
  • High
    35.3
  • Medium
    39.0
  • Low
    57.7

グラフィック設定がパフォーマンス(フレームレート)に与える影響はこの通り。あれだけ画質が落ちれば、だいぶ軽量化されますね。低(Low)とウルトラ設定ではフレームレートが2倍近くも変化した。

Crew 2の推奨グラフィックボード

Crew 2の推奨スペック(グラボ編)
Crew 2 / テスト環境
CPUCore i7 8700K
GPU各種
マザーボードMSI Z370 Gaming Pro Carbon AC
メモリDDR4-3200 8GB x2
SSDSamsung 860 EVO 4TB
OSWindows 10 Pro 64bit
ドライバAMD 18.6.1
NVIDIA 398.36
ロケ地ミッション「Rally Raid Portfoliage」

CPUは最高のゲーミング性能を持つ「Core i7 8700K」。メモリは高速動作のDDR4-3200が合計16GB。ゲームを起動するストレージは「SSD」なのでオープンワールドゲームも余裕で読み込める。

よってボトルネックになる要因はほぼ全て取り除かれているため、Crew 2におすすめなグラフィックボードを正確に調べることができる環境が整っています。では、以下画面の大きさ別に見ていく。

フルHD & 中設定

Crew 2 / フルHD(1920×1080) @Medium

  • GTX 1060 6GB
    60.0
  • GTX 1060 6GB
    57.7
  • RX 580 8GB
    60.0
  • RX 580 8GB
    57.7
  • RX 570 4GB
    60.0
  • RX 570 4GB
    57.3
  • GTX 1060 3GB
    60.0
  • GTX 1060 3GB
    57.2
  • GTX 1050 Ti
    53.5
  • GTX 1050 Ti
    44.9
  • GTX 1050
    49.1
  • GTX 1050
    40.1

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

一般的なフルHDモニター(1920×1080)でCrew 2の中設定(MEDIUM)をプレイするなら、「GTX 1060 3GB」があれば平均60fpsでプレイ可能。

フルHD & ウルトラ設定

Crew 2 / フルHD(1920×1080) @Ultra

  • GTX 1070
    60.0
  • GTX 1070
    60.0
  • GTX 1060 6GB
    59.6
  • GTX 1060 6GB
    53.8
  • RX 580 8GB
    59.9
  • RX 580 8GB
    55.5
  • RX 570 4GB
    58.8
  • RX 570 4GB
    53.3
  • GTX 1060 3GB
    58.1
  • GTX 1060 3GB
    50.2
  • GTX 1050 Ti
    37.7
  • GTX 1050 Ti
    32.3

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

ウルトラ設定はこんな感じ。平均60fps付近を狙うなら「GTX 1060 6GB」または「Radeon RX 580」があれば余裕。常時ほぼ60fpsで動かしたいなら「GTX 1070」も選択肢です。

でも、コストパフォーマンスを考えれば「GTX 1060 6GB」でほぼ決まりです。RX 580はまだ高騰してて、搭載しているゲーミングPCも少ない。GTX 1070はCrew 2の60fpsプレイには過剰ですし。

WQHD & ウルトラ設定

Crew 2 / WQHD(2560×1440) @Ultra

  • GTX 1080 Ti
    60.0
  • GTX 1080 Ti
    56.9
  • GTX 1080
    60.0
  • GTX 1080
    56.0
  • GTX 1070
    56.3
  • GTX 1070
    48.9
  • GTX 1060 6GB
    40.2
  • GTX 1060 6GB
    34.3
  • RX 580 8GB
    42.0
  • RX 580 8GB
    35.9
  • RX 570 4GB
    39.7
  • RX 570 4GB
    34.5
  • GTX 1060 3GB
    37.5
  • GTX 1060 3GB
    31.7

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

フルHDより1.8倍大きい「WQHD」(2560×1440)だと一気に重たくなりました。フルHDで余裕だったGTX 1060は40fps前後でボロボロ。少なくとも「GTX 1080」が無いと平均60fpsに届きません。

4K & ウルトラ設定

Crew 2 / 4K(3840×2160) @Ultra

  • GTX 1080 Ti
    49.9
  • GTX 1080 Ti
    42.1
  • GTX 1080
    34.8
  • GTX 1080
    30.0
  • GTX 1070
    29.0
  • GTX 1070
    24.6
  • GTX 1060 6GB
    20.4
  • GTX 1060 6GB
    17.5
  • RX 580 8GB
    21.1
  • RX 580 8GB
    18.4
  • RX 570 4GB
    20.3
  • RX 570 4GB
    17.8
  • GTX 1060 3GB
    18.1
  • GTX 1060 3GB
    15.2

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

もっと大画面の「4K」(3840×2160)では、全てのグラフィックボードがダメダメ。GeForce 10で最強のGTX 1080 Tiですら、平均50fpsがやっとの状況。

Crew 2の4Kを60fpsで動かそうと思うなら、グラボを2枚使う必要があります。だいたい2枚にすると1.3~1.4倍くらいの性能になるので、GTX 1080 Tiを2枚使えば60fpsが可能ですね。

Crew 2におすすめなグラボまとめ

Crew 2におすすめなグラフィックボード
フルHD @MiddleGTX 1060 3GB平均60fps
フルHD @UltraGTX 1060 6GB平均59.6fps
WQHD @UltraGTX 1080平均60fps
4K @UltraGTX 1080 Ti x2平均60fps

結果をまとめた。意外と驚きだったのは、Radeon系が互角かそれ以上の性能を出せていること。どうやらCrew 2はかなり最適化が上手く行っているようです。Radeonは値段が少し高いのが残念ですが…。

Crew 2の推奨CPU

Crew 2の推奨スペック(CPU編)

CPUとの相性をチェックします。もっともボトルネックが出やすいGTX 1080 Tiを使って、CPUの組み合わせごとのフレームレートを計測する。そうすればCrew 2に最適なCPUを求められます。

GTX 1080 Ti / WQHD(2560×1440) @Ultra

  • Core i7 8700K
    60.0
  • Core i7 8700K
    56.9
  • Ryzen 7 2700X
    60.0
  • Ryzen 7 2700X
    56.7
  • Ryzen 5 2600X
    60.0
  • Ryzen 5 2600X
    56.3
  • Core i5 8400
    60.0
  • Core i5 8400
    56.3
  • Core i3 8100
    60.0
  • Core i3 8100
    54.9

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

平均フレームレートへの影響はほとんど無く、最低フレームレートだけが微妙に変化するだけでした。Crew 2は「Core i3 8100」以上のCPUなら十分です。

もちろん、他にもゲームをするつもりなら無難に「Core i5 8400」あたりをオススメする。i5 8400やi5 8500は数多くのゲームで最適な性能を叩き出しているCPUで、まずハズレないという安心感があります。

Crew 2のメモリー使用量

Crew 2の推奨スペック(メモリ編)

Crew 2 / メモリー使用量(単位:GB)

  • 3840×2160
    5.9
  • 2560×1440
    5.7
  • 1920×1080
    5.5

画面が大きいほどメモリー使用量が増えていくが、それでも約6GBです。Crew 2をするだけならWindows 10が使用する分を考慮しても「8GB」で何とか足りそう。

しかし、同時にChromeで検索したり、YoutubeなどでBGMを再生する。あるいは録画をするなど。同時に使うアプリケーションが多いなら余裕を持って「16GB」にするべきです。

Crew 2の推奨スペックまとめ

Crew 2の推奨スペック(まとめ編)

ここまで順番に確認してきた、CPU / グラボ / メモリのベンチマークからCrew 2の推奨スペックをまとめます。

Crew 2の推奨スペック
解像度フルHDWQHD4K
設定MiddleUltra
CPUCore i3 8100Core i5 8500
グラボGTX 1060 3GBGTX 1060 6GBGTX 1080GTX 1080 Ti x2
メモリ8GB16GB

フルHD(Middle = 中設定)でプレイするだけなら「i3とGTX 1060」があれば十分に快適動作が可能です。設定をウルトラにするなら「i5とGTX 1060 6GB」の構成で事足りる。

やや大きめのWQHDやワイド画面ならグラボを「GTX 1080」に。更にデカイ4Kモニターを使うつもりなら「GTX 1080 Ti 1枚」で設定を妥協するか、2枚使ってSLIを構成するか…になります。

CPUはCore i5 8400 ~ 8500があればCrew 2には十分ですが、ゲームをしながら同時に何をするのか。用途に応じて変えてください。

Crew 2におすすめなゲーミングPC:3選

フルHD推奨マシン

GALLERIA DT標準スペックおすすめカスタマイズ
CPUCore i5 8500
グラボGTX 1060 6GB
メモリ8GB16GB
SSD240GB
HDD1TB
電源450W 静音電源(80+ Bronze)
付属品GALLERIA専用キーボード / マウス

フルHD画質でゲーミングなら「ガレリアDT」が適任。Crew 2以外のゲームも大抵は平均60fpsで動かすだけの性能があるし、価格もかなり抑えられているため総合的なコスパはトップクラス。

WQHD推奨マシン

im610PA1標準スペックおすすめカスタマイズ
CPUCore i7 8700
グラボGTX 1080 8GB
メモリ8GB16GB
SSDなし250GB
HDD1TB
電源500W 静音電源(80+ Bronze)

WQHDにおすすめは「NEXTGEAR-MICRO im610PA1」です。Core i7とGTX 1080を搭載するマシンとしては、各社BTOと比較してかなり安価。ドスパラがGTX 1080マシンを売っていないため、限られた選択肢となる。

まだ「im610PA1」の実機レビューは行っていないが、同じシリーズのスペック違いはレビュー済みなので「G-tuneのマシンはどんな感じなのか?」を知りたい方は以下のレビューをどうぞ。

4K推奨マシン

GALLERIA ZZ-SLI標準スペックおすすめカスタマイズ
CPUCore i7 8700K
グラボGTX 1080 Ti x2 SLI
メモリ16GB
SSD640GB
HDD3TB
電源750W 静音電源(80+ Platinum)
付属品GALLERIA専用キーボード / マウス

4Kゲーミングにおすすめは「GARRERIA ZZ-SLI」で決まり。CPUは最速のゲーミング性能と、優れたマルチスレッド性能を持つ「i7 8700K」を搭載。

グラフィックボードはGTX 1080 Tiを2枚。「HB Bridge」を使って2-way SLIを構築済み。大抵のゲームを4K画質で平均60fps動作を可能にする。

推奨スペックガイド

Sponsored Link

2 件のコメント

  • >RX 580はまだ高騰してて

    価格.com曰くもう既にGTX1060 6GBと同じくらいの値段に下落してるモデルもあるんですがそれは……………

    ま、販売店にもよるので一概には言えませんケド

  • 匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。