2022年のAmazonブラックフライデー【解説とおすすめセール品】

SK hynix Platinum P41をレビュー:SN850や980 PROを超える実用性能

「SK hynix P41 Platinum」は、サムスンにつづく業界シェア2位のSK hynixが自社でコントローラ・DRAM・NANDを製造開発しているNVMe SSDです。

サムスンの980 PROやWestern DigitalのSN850に対して、どれほどの優位性を示せるか。実際にベンチマークして確かめましょう。

(公開:2022/8/1 | 更新:2022/8/1

Sponsored Link

SK hynix Platinum P41【仕様】

SK hynix Platinum P41
スペックをざっくりと解説
容量500 GB1 TB2 TB
インターフェイスPCIe 4.0 x4(NVMe 1.4)
フォームファクタM.2 2280(片面実装)
コントローラSK hynix Aries
NANDSK hynix 176層 3D TLC NAND
DRAMSK hynix LPDDR4
SLCキャッシュ非公開
読込速度
シーケンシャル
7000 MB/s7000 MB/s7000 MB/s
書込速度(SLC)
シーケンシャル
4700 MB/s6500 MB/s6500 MB/s
書込速度(TLC)
シーケンシャル
非公開
読込速度
4KBランダムアクセス
960K IOPS1400K IOPS1400K IOPS
書込速度
4KBランダムアクセス
1000K IOPS1300K IOPS1300K IOPS
消費電力(最大)7.5 W8.3 W8.3 W
消費電力(アイドル)非公開
TBW
書き込み耐性
500 TB750 TB1200 TB
MTBF
平均故障間隔
150万時間
保証5年
MSRP$ 105$ 150$ 260
参考価格13900 円20900 円36900 円
GB単価27.8 円41.8 円36.9 円

SK hynix Platinum P41は、SK hynixが自社で製造するPCIe 4.0対応の超高速NVMe SSDです。

自社の12 nmプロセスで製造されるARM Cortexベースの独自コントローラ「SK hynix Aries」を、NANDに176層まで積み上げた3D TLC NANDを搭載します。

176層といえば、MicronのB47R FortisFlashが有名(Seagate FireCuda 530など)ですが、ようやくSK hynixも追いついた形です。ただし、Micronはすでに232層の実用化にこぎつけています。

DRAMキャッシュは省電力性に優れたLPDDR4メモリを搭載、もちろんSK hynixが自社で製造するDRAMメモリです。

SSD500 GB1 TB2 TB
SK hynix
Platinum P41
500 TBW750 TBW1200 TBW
FireCuda 530
FireCuda 530:レビュー
640 TBW1275 TBW2550 TBW
CFD PG4VNZ350 TBW700 TBW1400 TBW
Plextor M10PGN320 TBW640 TBW1280 TBW
Crucial P5 Plus300 TBW600 TBW1200 TBW
Samsung 980 PRO
980 PRO:レビュー
300 TBW600 TBW1200 TBW
WD Black SN850
SN850:レビュー
300 TBW600 TBW1200 TBW

耐久性能評価(TBW)は、FireCuda 530につづく2番手です。

定番の980 PROと比較して、500 GBモデルで約1.67倍、1 TBモデルでは約1.3倍の耐久性です。2 TBモデルは大きな性能差はありません。

ライバル製品と価格設定の比較

SK hynix Platinum P41の価格を比較

シーケンシャル性能が6000 MB/s超えのハイエンドNVMe SSD同士で価格を比較。2022年7月時点、1 TBが約21000円、2 TBが約37000円です。

PCIe 4.0でトップクラスに位置する「FireCuda 530」とかなり価格が近く、苦戦を強いられる雰囲気をひしひしを感じます。

やかもち
Micronの176層(FireCuda 530)と、SK hynixの176層(Platinum P41)、果たしてどちらがPCIe 4.0 SSDの頂点を掴むでしょうか・・・。

SK hynix Platinum P41を開封レビュー

パッケージデザイン & 開封

SK hynix Platinum P41をレビュー(パッケージデザイン)

今回レビューで使うサンプルはAmazonより、約17800円にて1 TBモデルを自腹で購入しました。

ふだんの価格だと約21000円でやや割高ですが、タイムセール時にかなりの頻度でセール値引きをしています。セール時に買えれば非常にお買い得です。

SK hynix Platinum P41をレビュー(パッケージデザイン)

紫色のクリスタルが宇宙空間に浮かぶ独特のパッケージデザインです。

Amazonの販売ページいわく、国内正規保証品とのことですが、代理店のシール等は貼られていません。

SK hynix Platinum P41をレビュー(付属品など)

説明書、保証書が同封されています。プラスチック製のケースにSSD本体がすっぽりと収まっています。

基板コンポーネント

SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

マットブラック塗装の基板上に、SSDを構成する3つのコンポーネントが配置され、コンポーネントを覆い隠すようにシールが貼ってあります。

メーカーの保証規定によると、ラベルの損害や改ざんをすると製品保証を適用できないとのこと。M.2ヒートシンクを装着する際は、シールを剥がさずにそのままヒートシンクを付けた方が安全です。

SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

基板の裏側にコンポーネントはありません。製品ナンバーやシリアルナンバーが印刷されたラベルだけが貼られているのみ。

SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

コンポーネントが片側にしか実装されていない、シンプルな片面実装のNVMe SSDです。ノートパソコンやゲーム機(PS5など)、取り付けスペースが狭いハードに増設しやすいです。

SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

シールを剥がして基板のコンポーネントを目視で確認します(※真似をしないでください、5年の製品保証が切れます)

  • コントローラ:SK hynix Aries
  • DRAM:SK hynix LPDDR4-4266 1GB
  • NAND:SK hynix 176層 3D TLC NAND(512 Gb)
SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

SSDコントローラはSK hynix社の「Aries」を搭載。SK hynixは詳細を明らかにしていませんが、おそらくARM CortexベースのSoCです。製造プロセスは12 nmで、Phison PS5018-E18とほぼ同じ。

Phison製コントローラと比較すると、パッケージサイズ(面積)が広く、放熱性で有利です。

DRAMはSK hynix製「LPDDR4-4266(1024 MB)」を搭載。刻印はH54G36AYRBです。

SK hynix Platinum P41をレビュー(基板コンポーネント)

NANDメモリはSK hynix製「176層 3D TLC NAND」を搭載(刻印はH25T2TC88C)。88層のNANDを2段重ね(2スタック)にして176層を実現しています。

SK hynixの176層NANDの記憶密度は10.8 Gbit/mm2で、ライバルのMicron(B47R Forits Flash)やWD東芝連合(KIOXIA BiCS6)をやや上回る水準に。

やかもち
なお、SK hynix 176層 TLC NANDの記憶容量はMicronと同じく512 Gbです。同等クラスの書き込み性能も期待できます※。

※記憶容量が上がれば上がるほど、少ないNANDチップで大容量を実現できる一方、並列化できる数も減ってしまうため結果的に書き込み性能が悪化する傾向があります。詳しくはWD Blue SN570のレビューにて。

Sponsored Link

SK hynix Platinum P41の性能をベンチマーク

テスト環境を紹介

SK hynix Platinum P41をレビュー(テストPCスペック)
テスト環境
「ちもろぐ専用:SSDベンチ機」
CPURyzen 9 5950X16コア32スレッド
CPUクーラーNZXT X63280 mm簡易水冷クーラー
マザーボードASUS ROG STRIXX570-E GAMING
メモリDDR4-3200 16GB x2使用メモリ「G.Skill Trident Z C16」
グラフィックボードRTX 3070 8GB
SSDSK hynix Platinum P41 1TB
電源ユニット1200 W(80+ Platnium)使用モデル「Toughpower iRGB PLUS」
OSWindows 10 Pro 64bit検証時のバージョンは「1909」
ドライバNVIDIA 471.41
ディスプレイ3840 x 2160@144 Hz使用モデル「DELL G3223Q

980 PROのレビュー以降、SSDをテストするベンチマーク機を更新しました。PCIe 4.0に対応するプラットフォーム「Ryzen 5000」と「AMD X570」をベースに、適当なパーツを組み合わせます。

CPUは16コア32スレッドの「Ryzen 9 5950X」です。16コア32スレッドの圧倒的なCPU性能があれば、最大7000 MB/s超のSSDが相手でもボトルネックになる可能性はほぼ皆無です。

マザーボードはASUS製「ROG STRIX X570-E GAMING」を採用。テスト対象のNVMe SSDをCPU直結レーンのM.2スロット、またはPCIeスロットに挿し込んで各ベンチマークを行います。

SSDの冷却について

SSDを熱から保護するサーマルスロットリングによって性能に悪影響が出ないように、以下のような手段でテスト対象のSSDを冷却しながらベンチマークを行います。

  • マザーボード付属のヒートシンクを装着
  • ケースファンを使ってヒートシンクを冷やす

SSDを徹底的に冷やして、サーマルスロットリングがテスト結果に影響を与えないように対策しています。5分間の発熱テストのみ、ヒートシンクを外してケースファンも使いません。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Crystal Disk Info)
  • インターフェース:NVM Express
  • 対応転送モード:PCIe 4.0 x4
  • 対応規格:NVM Express 1.4
  • 対応機能:S.M.A.R.T. / TRIM / VolatileWriteCache

「SK hynix Platinum P41(SHPP41-1000GM)」の初期ステータスをCrystal Disk Infoでチェック。特に問題なし。

Crystal Disk Mark 8

「Crystak Disk Mark 8」は、日本どころか世界で一番有名と言っても過言ではない、定番のSSDベンチマークソフトです。性能の変化をチェックするため、初期設定の「1 GiB」に加え、最大設定の「64 GiB」もテストします。

Crystal Disk Mark 8の結果※クリックで画像拡大します
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Crystal Disk Mark 8)SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Crystal Disk Mark 8)
テストサイズ:1 GiB(MB/s)テストサイズ:64 GiB(MB/s)
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Crystal Disk Mark 8)SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Crystal Disk Mark 8)
テストサイズ:1 GiB(レイテンシ)テストサイズ:64 GiB(レイテンシ)

読み込み速度が約7400 MB/sに迫り、書き込み速度は6500 MB/s超えでシーケンシャル性能は公称スペック以上です。

テストサイズを64 GiBまで引き上げても、シーケンシャル書き込み性能がわずかに下がるだけで、ほぼ同じ性能を維持します。

SK hynix Platinum P41(Crystal Disk Mark 8で応答時間を比較)

体感性能や実用性能に影響が大きい、4KBランダムアクセスのレイテンシ(応答時間)の比較グラフです。

SK hynix Platinum P41は47.04 μsで、競合する他のPCIe 4.0 SSDと互角の水準です。

SK hynix Platinum P41(Crystal Disk Mark 8で応答時間を比較)

書き込みレイテンシも非常に高速で、Samsung 980 PROを上回ります。

ATTO Disk Benchmark

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ATTO Disk Benchmark)

ATTO Disk Benchmarkは、512 B~64 MB(合計21パターン)のテストサイズでスループットを測定し、SSDの性能が安定しているかどうかを視覚的に示してくれるベンチマークソフトです。

ベンチマーク結果からSSDの評価が非常に分かりにくいので、表計算ソフトを使ってグラフ化して他のSSDと比較します。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ATTO Disk Benchmark)

読み込み速度は7000 MB/s前後でピークに達したあと、安定した性能を維持します。980 PROやSN850を上回るシーケンシャル読み込み速度を示します。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ATTO Disk Benchmark)

書き込み速度はピーク時に6000 MB/s前後に達します。980 PROやSN850よりも一貫してPlatinum P41の方が書き込み性能が高速です。

ただし、ATTO Disk Benchmarkのテストは基本的にキャッシュ範囲内に収まる内容ゆえに、上記のテスト結果だけでは本当の性能をまったく判断できないので注意が必要です。

HD Tune Pro

HD Tune Proは有料のSSDベンチマークソフトです。SSDの容量全域に渡ってテストを実行して、SSDの性能変化(SLCキャッシュの有無や、キャッシュが剥がれた後の性能など)を手軽に調べられます。

HD Tune Proの結果※クリックで画像拡大します
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(HD Tune Pro)
  • 読み込み速度:1664.9 MB/s
  • アクセスタイム:0.026 ms
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(HD Tune Pro)
  • 書き込み速度:2259.9 MB/s
  • アクセスタイム:0.073 ms
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(HD Tune Pro)
  • 読み込み速度:6357 MB/s
  • 書き込み速度:1753 MB/s
  • SLCキャッシュ:98 GB

HD Tune Proで注目するのは「書き込み速度の変化」です。3枚目のファイルベンチマーク(250 GB分)を見ると、約100 GB書き込んだあたりで書き込み速度が1500 MB/sにまで落ち込みます。

やはり176層まで積み上げた3D TLC NANDを持ってしても、書き込み性能を維持するのは至難の業です。過去にレビューしてきた980 PROやFireCuda 530も同様の傾向でした。

やかもち
基本的なベンチマークを見る限り、SK hynix Platinum P41は既存のPCIe 4.0ライバルを上回っているように見えます。

SK hynix Platinum P41を実運用で試す

ゲームのロード時間を比較

FF14:暁月のフィナーレ(ベンチマークモード)で、ゲームロード時間を測定します。ベンチマーク終了後に、ログファイルからロード時間を読み取ります。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(FF14のゲームロード時間)

ロード時間は「7.33 秒」で、980 PROやSN850とまったく互角です。同じ176層NANDのFireCuda 530は6秒台でさらに速い領域に達しています。

ファイルコピーの完了時間

Windows標準のコピペ機能と目視によるストップウォッチでは正確性に欠けるので、ファイルコピーに便利なフリーソフト「DiskBench」を使って、ファイルコピーに掛かった時間を計測します。

  • ゲームフォルダ(容量62 GB / 76892個)
  • 写真ファイル(容量113 GB / 6000枚)
  • 圧縮データ(容量128 GB / zip形式)

ファイルコピーに使う素材は以上の3つ。ファイルコピーの基準となるストレージは、PCIe 4.0対応かつ書き込み性能が高速なSamsung 980 PRO(1 TB)です。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)

書き込み(980 PRO → SK hynix Platinum P41)速度はおおむねシーケンシャル性能に従った結果ですが、ゲームフォルダ(62 GB)の書き込みだけは、SN850やFireCuda 530に対して大きく遅れを取ります。

Secure Eraseで初期化してテストをやり直しても、結果はほとんど変わらず。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)
SK hynix Platinum P41をベンチマーク(ファイルコピーに掛かった時間)

次は読み込み(SK hynix Platinum P41 → 980 PRO)のコピペ時間です。

ゲームフォルダ以外なら、シーケンシャル性能に沿った結果が出ており、SN850やFirecuda 530と互角の速さ。なぜかゲームフォルダのコピーだけが目立って遅いです。

テストに用意したゲームフォルダに、SK hynix Platinum P41と極端に相性の悪いパターン(ファイルの分布や細かさ)が入っているのかもしれません・・・。

やかもち
なぜかゲームフォルダだけはシーケンシャル性能通りの結果にならず、SN850などライバルに遅れを取っています。

Premiere Pro:4K素材プレビュー

動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」で、1秒あたり448 MBの4K動画素材をプレビューします。Premiere Proのプレビューは、素材を配置しているストレージの性能に影響を受けやすく、SSDの性能が不足すると「コマ落ち」が発生しやすいです。

コマ落ちしたフレーム数はPremiere Proの標準機能「コマ落ちインジケータ」で3回測定して平均値を出し、動画素材の総フレーム数で割り算してドロップフレーム率を計算します。

SK hynix Platinum P41をベンチマーク(Premiere Pro 4Kプレビュー)

4Kプレビューのドロップフレーム率は24%台です。ランダムリード性能が速いため、20%を割り込むかと思いましたが、実際にはSN850や980 PROに一歩遅れた位置にとどまります。

やかもち
3K動画素材(@251 MB/s)以下は、ドロップフレーム率「0%」で問題なし。比較グラフは省略します。

PCMark 10:SSDの実用性能

SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ストレージスコア)

PCMark 10 Professional Editionの「Storage Test」を使って、SSDの実際の使用シーンにおける性能を測定します。

Storage Testには23種類のテストパターン(Trace)が収録されており、パターンごとの転送速度や応答時間を測定し、SSDの実用性能をスコア化します。

なお、SSDは空き容量によって性能が大きく変化する可能性があるため、空き容量100%だけでなく容量を80%埋めた場合(= 空き容量20%)のテストも行いました(※2回:約2時間)

SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ストレージスコア)
SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ストレージスコア)
SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ストレージスコア)

SK hynix Platinum P41のストレージスコアは「2918点(空き容量20%時)」です。空き容量100%なら3769点で、ライバルたちを大幅に上回るスコアです。

同じ容量で比較すると、既存のライバルたち(SN850や980 PROやFireCuda 530)を超えるトップクラスに位置します。

これまでのテスト結果を見るに、SK hynixがPCMark 10に最適化している可能性は否定できないですが、基本性能がある程度高くなければハイスコアを出すのは無理です。

既存のライバルと十分に競争できる性能の持ち主を考えていいでしょう。

SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 Adobeソフト)
SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ゲームロード時間)
SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 ファイルコピー)
SK hynix Platinum P41の実用性能(PCMark 10 Microsoft Office)

Adobe系ソフト、ゲームロード時間の評価スコア、ファイルコピー性能のスコア、Microsoft Office系ソフトの評価スコア。それぞれの実用性能スコアは以上の通りです。

Adobeスコア、ゲームロードスコア、OfficeスコアでSK hynix Platinum P41が最高のスコアを示します。一方、ファイルコピーは大きく遅れを取ってしまい、970 PROをやや上回る水準に。

実用スコアの内訳
Full System Drive Benchmark
Adobe ScoreAdobe Acorbatの起動
Adobe After Effectsの起動
Adobe Illustratorの起動
Adobe Premiere Proの起動
Adobe Lightroomの起動
Adobe Photoshopの起動
Adobe After Effets
Adobe Illustrator
Adobe InDesign
Adobe Photoshop(重たい設定)
Adobe Photoshop(軽量設定)
Game ScoreBattlefield Vの起動(メインメニューまで)
Call of Duty Black Ops 4の起動(メインメニューまで)
Overwatchの起動(メインメニューまで)
Copy Score合計20 GBのISOファイルをコピー(書き込み)
ISOファイルを作成してコピー(読み込みと書き込み)
ISOファイルをコピー(読み込み)
合計2.37 GBのJPEGファイルをコピー(書き込み)
JPEGファイルを作成してコピー(読み込みと書き込み)
JPEGファイルをコピー(読み込み)
Office ScoreWindows 10の起動
Microsoft Excel
Microsoft PowerPoint

15分間の連続書き込みテスト

約1 MBのテストファイルを15分間に渡って、ただひたすら書き込み続ける過酷な検証方法です。

一般向けに販売されているほとんどのSSDは、数分ほど連続して書き込むだけで「素の性能」を明らかにできます。SLCキャッシュの有無やサイズ、キャッシュが切れた後の性能低下などなど。

15分の連続書き込みテストによって、SSDのいろいろな挙動が判明します。

SK hynix Platinum P41の連続書き込み性能(15分)をテスト

競合するPCIe 4.0対応NVMe SSDと比較したグラフです。

テスト開始直後は平均4350 MB/s前後の性能で推移し、キャッシュが切れると平均2240 MB/s程度まで下がります。SN850とFireCuda 530より若干高速で、980 PROにわずかに劣る性能です。

SK hynix Platinum P41の連続書き込み性能(15分)をテスト

時間あたりの書き込み量を比較したグラフです。

15分間の書き込み量で見ると、Samsung 980 PROがトップです(1 TBモデル)。SN850とFireCuda 530とは、ほとんど性能差がありません。

なぜこれほどまで書き込み性能に差がつかないのか、NANDメモリの記憶容量を以下にまとめました。

  • 980 PRO:112層3D TLC NAND(256 Gb)
  • Platinum P41:176層3D TLC NAND(512 Gb)
  • SN850:96層3D TLC NAND(256 Gb)
  • FireCuda 530:176層3D TLC NAND(512 Gb)

答えはとてもシンプルです。3D NANDの積層数を高く高く積み上げても、記憶容量もセットで高くされるとトータルの書き込み性能が犠牲になります。

たとえば、100層から200層まで積層数を増やして性能が1.5倍になっても、記憶容量が256 Gb → 512 Gbに倍増するとトータルの書き込み性能は25%の低下です。

その代わり同じ容量を達成するのに必要な部品(NANDメモリ)が半減するため、高積層化による製造コスト増を相殺でき、販売価格を抑えられるメリットがあります。

SSDの動作温度をテスト

高負荷時のセンサー温度

SK hynix Platinum P41で表示される温度センサー

モニターソフト「HWiNFO」で表示できる温度センサーは2つです。

  • Drive Temperature:NANDの温度
  • Drive Temperature 2:SSDコントローラの温度

まさか温度が2つ表示されるなんて・・・。一般的に、SSDコントローラはNANDメモリより発熱が激しいため、たいていのメーカーはNANDメモリの温度だけを表示する仕様です。

今回のSK hynix以外で温度センサーを2つ搭載するメーカーは、筆者が実際に見て知っている限りサムスンのみ。良心的で良い仕様です。

SK hynix Platinum P41のSSD温度をテスト(高負荷時)

ヒートシンクを取り外し、ケースファンによるエアフローを一切与えない環境で、SSDが激しく発熱しやすい「連続書き込みテスト」を5分間実行しました。

テスト開始5分でSSDコントローラの温度は90℃近くまで達し、同時にサーマルスロットリングらしき性能の低下も見られます。キャッシュ切れで平均2250 MB/s前後、温度保護が発動すると1000 MB/sまで下がります。

次はサーモグラフィーカメラを使って、実際の温度を確認します。

サーモグラフィーで表面温度を確認

SK hynix Platinum P41の表面温度(サーモグラフィー)
SK hynix Platinum P41の表面温度(サーモグラフィー)

テスト開始から5分経過したあたりで、サーモグラフィーカメラを使って撮影。

  • SSDコントローラ:85 ~ 86℃
  • NANDメモリ:73 ~ 78℃

HWiNFOに表示される数値とおおむね一致しています。NANDメモリの表示温度はなぜか低めに出ています。

長尾製作所 / 規格 : M.2 2280 / 型番 : SS-M2S-HS01

M.2ヒートシンクの必要性は人によりますが、SK hynix Platinum P41では明らかなサーマルスロットリングが発生してしまうため、性能を維持するならヒートシンク推奨です。

特に高画質な録画(4Kゲーム配信)など、SSDに対して継続的な書き込みを行う用途ではM.2ヒートシンク必須といっていいでしょう。

最近のマザーボードはM.2ヒートシンクが付属しています。わざわざ買わなくても付属のヒートシンクを取り付けておけば基本的に大丈夫です。

Aquacomputer / 接続 : PCIe 3.0 or 4.0 x4 / 規格 : M.2 2280 ~ 2242(Key.M) / 備考 : 両面から冷却可能

ただし、M.2スロットの位置によって注意が必要です。特にグラフィックボードの排熱をもろに受ける位置だと、まったく冷えない場合があり、「アドインカード」タイプのヒートシンクも選択肢のひとつです。

まとめ:トップクラスの実用性能ですがコスパはセール次第

「SK hynix Platinum P41」のデメリットと弱点

  • 7400 MB/sのメリットは限定的
  • 空き容量による性能変化あり
  • ファイルコピー性能はライバルを圧倒できない
  • 高負荷時の発熱が激しい
  • サーマルスロットリングあり

「SK hynix Platinum P41」のメリットと強み

  • 最大7400 MB/sのシーケンシャル性能
  • 広大なSLCキャッシュ(100 GB以上)
  • 高速なランダムアクセス速度
  • かなり速いゲームロード時間
  • 必要十分な耐久性(500 ~ 1200 TBW)
  • コストパフォーマンスが高い
  • 5年保証

SK hynix Platinum P41は、サムスンやMicronにつづく完全自社製造のNVMe SSDです。

全体的なパフォーマンスは非常にハイレベル。実用性能においては、WD Black SN850やSamsung 980 PROなど名だたるライバルを抑えています。

一部のファイルコピー性能でライバルたちに一歩遅れを取っているのは目立った弱点ですが、ファイルコピー性能さえ気にしなければ、現状のPCIe 4.0 SSDの中で最高峰の実用性能です。

とはいえ実用性能の性能差もSN850やFireCuda 530とかなり僅差であり、定価で比較してしまうとコストパフォーマンスも目立って高いわけではありません。

セール時の値段(1.7~1.8万円)なら、文句なしの性能です。

SK hynix Platinum P41の評価まとめ

ちもろぐの個人的な評価は「A+ランク」で決まりです。

以上「SK hynix P41 Platinumをレビュー:SN850や980 PROを超える実用性能」でした。

やかもち
PCIe 4.0対応NVMe SSDの競争はますます激しい戦況です。各メーカーで性能がかなり僅差に狭まっているため、若干の値下げでベストな選択がコロッと変わってしまう状況に。

SK hynix Platinum P41を入手する

Sponsored Link

13 件のコメント

  • 上位はどれ買ってもいいから好きな会社のでいいのか

    それにしても小学生だって一言入れられるのに製品テストへの労いもなく自分勝手な要求しかできない人の多いことか

  • レビュー記事、有難うございます。大変助かります。

    先日、知人のPS5にこのSSDを勧めて増設してあげたのですが、「SK hynix?」と
    未だに不安視していますので、この記事をもって納得させて頂きます。

  • お疲れ様です、スペック表の”GB単価”行が多分割り算抜けになっています

    TBWが容量比例ではないのが少し気持ち悪いのを除けば、DRAM cache搭載の上級ランクとして普通に選択肢に上る品だと分かりました
    SSDでは比較的後発メーカーとは言え、さすがはメモリの老舗ですね

    それにしても、遅く出た方のキャッシュ切れテストでも今は1000MB/sですか
    これが特に優れている訳でもないようなので、NVMe SSD全体の進化はすごい

  • 既に他の方も言われてますが、Gold P31も是非今後のレビュー期待してます!
    発熱やコスパを考えるとPCIe3.0クラスもエンドユーザー需要は高いと思われるので…

  • SSDレビューほんとありがたいです
    このサイトのおかげでFireCuda530買ってめちゃ満足してます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。