電源ユニット「ASUS ROG THOR」はデザインと性能の両立を実現するが…

電源ユニット「ASUS ROG THOR」はデザインと性能の両立を実現するが...

デザインが良い代わりに品質は手抜き、逆に品質は良いけれどデザインは地味。というPCパーツは多いが、11月22日から発売されたASUS製の電源ユニット「ASUS ROG THOR」はデザインと性能を両立したハイエンド電源です。

欲しいかも…と思っている人向けに、ROG THORの素性をまとめます。

Sponsored Link

「ASUS ROG THOR」のスペックと仕様

ASUS / 1200W / 80+ Platnium / 10年保証
ASUS ROG THOR型番 : ROG-THOR-1200P
製造元Seasonicベース : Prime Ultra Platinum
容量1200 W
効率認証80 PLUS Platinum / ETA-A
認証レポート80 PLUS : 未確認
Cybenetics : 提出済み
10%負荷85.3%
20%負荷89.8%
50%負荷91.6%
100%負荷88.8%
平均効率89.895%
静音認証LAMBDA-A+
平均ノイズ : 17.45 dBA
ケーブルフルプラグイン式
Haswell対応ATX12V v2.4
Intel C6/C7 Power State対応
動作温度0 ~ 50℃
レール構成3.3 V / 25 A最大125 W
5 V / 25 A
12 V / 100 A最大1200 W
5 VSB / 3 A最大15 W
-12 V / 0.3 A最大3.6 W
※12Vはシングルレール仕様で問題なし
PFCActive PFC(平均力率98.7%)
保護回路OVP : 実装過電圧保護OTP : 実装加熱保護
UVP : 実装低電圧保護回路SCP : 実装短絡・ショート保護回路
OPP : 実装過電力保護回路SIP : 実装サージ・突入電流保護
OCP : 実装過電流保護NLO : 実装無負荷運転保護
冷却ファン135mm / ダブルボールベアリング軸受 / セミファンレス動作
フォームファクタATX / 152mm x 88mm x 192mm
※奥行きはケーブルを含めて200mmを超える
重量2.37 kg
MSRP£ 315 / $ 250
参考価格約60000円うっそ…、為替考慮しても明らかに盛り過ぎでは?

端的に言って、ハイエンド電源ユニットです

なにせ、元となったベースモデルはSeasonic製「Prime Ultra Platinum」シリーズ。しばしば、国内で入手可能な電源ユニットの中では、相当の高品質と評されることの多い電源ユニットなので、信頼性は折り紙付き。

ただし、Prime Ultra Platinumから今回のROG THORへ作り変えられる過程で、いくつか劣化した部分があります。

  • ファンは「FDB」ではなく「ダブルボールベアリング」へ改悪
  • 保証期間は「12年」ではなく「10年」へ短縮
  • OLEDとヒートシンクの追加で大型化

劣化したとは言え、依然としてハイスペックであることに変わりはない。「一応仕様が下方修正されているよ。」ということを伝えておきたかった。保証が2年減ったのは、コンポーネントの追加の影響です。

Seasonicとしては「設計が同じなら12年保証できると言い切れるけど、若干変更したし…ファンはダブルボールになったし、OLEDも付けてしまった。12年は多分ムリだろうね…」という言い分になると思う。

それでも10年あるから全然「余裕」ですけど。

コンポーネントは極めて高品質

ASUSの公式サイトに掲載されている内部写真と、サイバネティクス社に公開されているレポートから、ASUS ROG THORの内部コンポーネントについて解説します。

基本的な設計は「Prime Ultra Platinum」とほぼ同じですが、見ての通り1次回路側のヒートシンクが大幅に巨大化されている。この巨大ヒートシンクによって、冷却効率を高める狙いです。

ヒートシンク周辺には、突入電流をシャットアウトするためのNTCサーミスタ+リレー(水色の小さいパーツ)がしっかりと取り付け済み。青色の巨大コンデンサは日立製の105℃品で問題なし。

モジュラーボードにはポリマーコンデンサをふんだんに使用

2次側のコンデンサも国産の高品質揃い。電解コンデンサはケミコン製の105℃品と、ルビコン製の105℃品を使っている。モジュラーボード側にびっしりと取り付けられているフィルター用のポリマーコンデンサはニチコン製FPCAPシリーズで固めてある。

初心者もち
フィルターって何?なにをフィルターしてるの?
自作歴23台のやかもち
電源ユニットの出力電圧には「ブレ」※が乗ってるから、ポリマーコンデンサを使って除去(=平滑化)します。ポリマーの質が高く、数が多いほど、「ブレ」を抑えられる。

※ 電圧のブレ幅のことを「リップル電圧」と呼ぶ。高品質な電源ユニットほど、リップル電圧が少ないため、パソコンへ与える無駄な負荷が少なく傾向にある。全体的な傾向として、Seasonic製はリップル電圧を10~15 mVに抑制するから恐ろしい。

Thermaltake(製造元はCWT)の1200W電源だと、フィルター用のコンデンサは台湾製で埋めてくるが、それでもリップル抑制は大したモノになる。それをSeasonicは贅沢に国産で埋めてくるわけですから、トップクラスのリップル抑制になるのは間違いない。

冷却ファンと静音性

冷却ファンはダブルボールベアリング軸受。Power Logic製の135mm口径ファンで、最大2000 rpm対応。公称スペックによれば最大41.6 dBAで動作するので、フル回転すると少々音が大きい可能性アリ(→ファンの仕様書)。

しかし、フル回転させるには少なくとも100%負荷が必要になるため、それほど問題にならない。

というより、そもそもASUS ROG THORはサイバネティクス社の「LAMBDA-A+」を取得しており、認証レポートの評価欄には驚くことに「平均17.45 dBA」と記載されている。つまり、ほとんどの負荷で極めて静かということ。

加えて、0dB技術に対応しているので内部温度が50℃になるまでは、ファンレス運用も可能。ただ、ファンが回っていても凄まじく静かなので、50℃というリスクを取ってまでファンレスにする必要はほぼ無い。

筐体デザインとOLEDパネルの機能

ASUSの資料より「外観」まとめ※画像はクリックで拡大します(資料

ROG THORは電源ユニットとして世界で初めてOLED(有機EL)パネルを搭載した、斬新なデザインを採用している。ROGファンにはたまらないデザインに仕上がっていると思う。

そして、そのOLEDパネルには「消費電力」が表示されるギミックになっています。電源ユニット内部に搭載されているMicroChip製のコントローラとフラッシュメモリで、消費電力を計測 & 記録して、パネルに表示する仕組みですね。

安物のワットチェッカーと違って、Seasonic側が仕込んだ方法で計測されるため、取得されている消費電力値の精度の高さには期待できる。

そして、OLEDパネルはLED制御に対応しているため、自由自在にLEDライティングの設定が可能。ただし、制御するためには「ASUS Aura Sync」に対応している必要があるので注意したい。

と思いきや、マザーボード側にLED制御をするためのコネクタ(4pinのRGBヘッダー)が設置されているなら、普通に使えるらしい。もちろん確実に行くなら、ASUSマザーボードがオススメです。

付属ケーブルと配線しやすいスリーブ仕様

柔らかくて取り回ししやすい「スリーブケーブル」を採用。必ず使うことになる、ATX 24pin(マザーボード給電用)、EPS 8pin(CPU給電用)、PCIe 6+2pin(グラボ給電用)のケーブルがスリーブ化されています。

付属ケーブル長さ本数コネクタ数太さ
ATX 24pinスリーブ仕様610mm1本1個18 ~ 20 AWG
EPS12Vスリーブ仕様650mm2本2個18 AWG
6+2pin PCIeスリーブ仕様680mm4本4個
6+2pin PCIeスリーブ仕様680mm + 70mm2本4個
SATA350mm + 150mm + 150mm + 150mm1本4個
SATA400mm + 115mm + 115mm + 115mm2本8個
Molex / SATA x2150mm1本2個
Molex350mm + 120mm1本2個
Molex450mm + 120mm + 120mm1本3個
FDD105mm1本1個22 AWG
RGBケーブル800mm1本1個
RGB Syncケーブル800mm1本1個24 AWG
電源ケーブル1380mm1本1個18 AWG

付属ケーブルは以上の通り。CPUは最大16ピン。グラボは最大で48ピンまで対応。これだけあれば、よほどぶっ飛んだ構成にしない限りは、十分に間に合う内容ですね。

まとめ:ASUS ROG THORは良品だが…

ASUS / 1200W / 80+ Platnium / 10年保証

最後に、ここまでの内容をまとめてしまいます。

「ASUS ROG THOR」の良いところ

  • ベースモデルはSeasonic製「Prime Ultra Platnium」
  • 静音認証は「LAMBDA-A+」取得
  • 効率認証は「80+ Platnium」「ETA-A」を取得
  • 耐久性と静音性に優れる135mm冷却ファン
  • 1次 / 2次側ともに国産105℃コンデンサ使用
  • ポリマーコンデンサも国産105℃を大量に使用
  • トップクラスのリップル抑制を実現
  • ASUS Aura SyncでLED制御ができる
  • 唯一無二の斬新でスタイリッシュなデザイン
  • OLEDパネルから消費電力(実測値)が分かる
  • スリーブケーブルと、豊富な付属ケーブル
  • フルプラグイン式
  • 10年保証

という感じで、モノとしての出来栄えはやはりSeasonic。ハイレベルな仕上がりです。内部コンポーネントは贅沢ですし、実際の効率・冷却・静音どれを取っても完成度が高い。

更に付け加えると、1200W電源でサイバネティクスの「LAMBDA-A+」を取得したのは、ROG THOR 1200Wが世界初だったり。取得には平均騒音レベルが20 dBAを下回る必要があるので、極めて静かな電源ということ。

結論として、OLEDパネルを使ったソリッドなデザインと圧倒的な品質を両立させた、初の電源ユニットなのは間違いない。購入してハズレる確率は極めて低いですね。

「ASUS ROG THOR」のダメなとこ

  • 国内価格が異様なほど高い
  • LED制御は対応マザーボードが必要
  • 奥行き192mmの大型なのでPCケースを選ぶ
  • OLEDパネルは固定なのでPCケースを選ぶ
  • ハンマーの柄が付属しない

MSRPは米国で250ドルです。意外と安いけれど、国内では60000円前後で流通。為替を多めに考慮しても35000円くらいになってくれて良さそうだが、まさかの6万円。舐められてますね…。

価格以外で注意したいところは、PCケースとの干渉や、デザインの見栄えを事前にチェックしておく必要があること。OLEDパネルは動かせないので、位置によっては見えなくなる可能性がある。それとハンマーの柄も付属しません

でも、別に大きいとかPCケースを選ぶとかは、それほど大した問題ではない。とにかく価格が問題です。6万円とは一体…、せめてPrime Ultra Platniumと同じく、4.3~4.5万円くらいに抑えて欲しいところですね。

ASUS / 1200W / 80+ Platnium / 10年保証
ASUS / 850W / 80+ Platnium / 10年保証
初心者もち
シーソニックのベース品より2万円も高いんだって?。ASUSへの信仰心が問われるね~。
自作歴23台のやかもち
でも、元は250ドルですよ?明らかに盛り過ぎです。

というわけで、以上「電源ユニット「ASUS ROG THOR」はデザインと性能の両立を実現するが…」でした。

電源ユニットな記事たち

デザイン良し、性能良し、電力ロガー機能良し、価格は2.4万円な超コスパ電源。ぼくが検証マシンにて運用中の電源ユニットです。

ハイエンドだけでなく、ローエンド品もまとめてあるから助かるらしい、筆者のおすすめ電源ユニットまとめ。

Sponsored Link

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。