MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー:最強の静音性が凄い

10万円以下で最高の性能を持つ「RTX 2080 Super」。価格帯は7.9~10.6万円で、その中でも今回レビューする「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」は10万円を超える高級モデルです。最安値から2万円も高価ですが、果たしてその価値やプレミアムはどれほどのモノなのか試します。

Sponsored Link

スペックと仕様を解説:とにかく巨大な冷却設計

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」のスペック

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー
MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」は、RTX 2080 Superを搭載するMSIのフラグシップモデルです。全長30 cm近い巨大なデザインに、大口径のトリプルファンを詰め込み、トップクラスの冷却性能の実現を目指します。

GPUMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIORTX 2080 SuperRTX 2080
世代TuringTuring
プロセス12nm製造 : TSMC12nm製造 : TSMC
トランジスタ数136.0 億136.0 億
ダイサイズ545 mm2545 mm2
シェーダー数CPUのコア数に相当30722944
TMU数Texture Mapping Unitのこと192184
ROP数Render Output Unitのこと6464
演算ユニット数4846
Tensorコア数機械学習向けの特化コア384368
RTコア数レイトレ用の特化コア4846
クロック周波数1650 MHz1515 MHz
ブーストクロック1845 MHz1815 MHz1710 MHz
VRAM容量8 GB8 GB
VRAM規格GDDR6GDDR6
VRAMバス256 bit256 bit
VRAM帯域幅495.9 GB/s448.0 GB/s
理論性能(FP32)11.34 TFLOPS11.15 TFLOPS10.07 TFLOPS
TDP250 W215 W
補助電源8 + 8 pin8 + 6 pin8 + 6 pin
MSRP$ 699$ 699
参考価格最安Top5の平均価格102800 円81960 円80570 円

スペックを確認します。定格モデルのRTX 2080 Superと比較して、ブーストクロックは30 MHz(約2%)高く設定されています。大型トリプルファンを搭載する割には、意外と大人しいベンダーOCです。

体感できるか分からないわずかな性能差よりも、MSI Gaming X Trioはとにかく「冷却性能と静音性の両立」に力を入れています。

外観とデザインをレビュー

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(付属品)

フラグシップモデルだけあって、付属品はグラフィックボードとしては豪華な内容です。MSI Gaming X Trioは本体重量が約1.5 kgもある超重量級グラボなので、たわみを防ぐためのMSI純正サポートステイが付属します。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(付属品)

黒いMSIの封筒の中には、各種ノベルティが入ってました。MSIのマスコット「ラッキーくん」のセットアップガイドも付属します。

なお、最近はドライバーやユーティリティの入ったディスクを付属しないのが主流になりつつあり、今回のMSI Gaming X Trioもドライバディスクは付属しない。必要なソフト類は公式サイトからダウンロードしましょう。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(ボード外観)

ボードデザインを観察。とにかくデカくて重たいです。測ってみるとボードの長さは328 mmでした。奥行きは140 mmあり、厚みは56.5 mmで約2.5スロットを占有するほどの厚みです。

Palit JSシリーズの59.6 mmよりは薄いですが、どちらにせよ50 mmオーバーは厚みは「分厚い」部類に入ります。

自作歴27台のやかもち
グラボの冷却性能において、「分厚い」「でかい」は正義です。
MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(ボード外観)

ひと目見ただけで「あっ、MSIのグラボだ。」と分かってしまうほど、特徴的な冷却ファンは「TORX FAN 3.0」です。15枚ものファンブレードを詰め込み、高い静圧(空気を押し出す力)を生み出す高性能なファンを、合計3つも搭載します。

1つは90 mm径で、残り2つが100 mm径です。グラフィックボードのファン口径としてはどれも大口径。ファンの軸は長寿命なダブルボールベアリングを採用しています。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(ボード外観)

放熱性にダイレクトに関わるヒートシンクは、やはり分厚く、素材はアルミニウム製です。GPUチップから直接熱を回収する受熱ベースプレートは銅製、ヒートパイプを7本も使って、迅速に熱をヒートシンクに運び出します。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(映像出力)

映像出力端子はDisplay Port(1.4a)を3つ、HDMI(2.0b)を1つ、Virtual Linkに対応したUSB Type-Cを1つ搭載します。最大出力モニター数は4枚です。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(バックプレート)

バックプレートは金属製で、基板のたわみを防止するだけでなく、基板上のコンポーネントから熱を回収して放熱する役割も果たします。余っている面積を無駄にせず、少しでも冷却性能を稼ぐ工夫が施されています。

LEDライティングもOK

MSI専用LEDライティングソフト「MSI Mystic LED」

MSI専用ユーティリティソフト「Dragon Center」の「Mystic Light」から、MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのLEDライティングを自由に設定できます。

LEDライティング
MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(LEDライティング機能)MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(LEDライティング機能)
MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(LEDライティング機能)MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー(LEDライティング機能)

ただ点滅するだけの単純なパターンから、波打つように色が変化する複雑なパターンまで、LEDライティングのプリセットは豊富です。もちろん、好きな色に固定する「単色」モードも用意されています。

Dragon Centerは公式サイトからダウンロード可能です。

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」の性能を検証

テスト環境

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのテスト環境
テスト環境「ちもろぐ専用ベンチ機」
CPUCore i9 9900K
CPUクーラーASSASSIN III140 mm x2の大型空冷
マザーボードASRock Z390 Phantom Gaming 6
メモリDDR4-2666 8GB x2使用メモリ「G.Skill FlareX C14」
グラフィックボードMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
SSDSATA 500GB使用SSD「Samsung 860 EVO」
SATA 2TB使用SSD「Micron 1100」
電源ユニット1200 W(80+ Platnium)使用モデル「Toughpower iRGB PLUS」
OSWindows 10 Pro 64bit検証時のバージョンは「1903」
ドライバNVIDIA 441.08
ディスプレイ3840 x 2160@60 Hz使用モデル「Acer ET430Kbmiiqppx」

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」の性能を検証するテストPCのスペックです。

現状もっともボトルネックが生じづらい、ゲーミング最強のCPU「Core i9 9900K」を軸に、適当なパーツを組み合わせています。メモリはごく標準的なDDR4-2666を合計で16 GBです。

検証に使用したグラフィックドライバは、NVIDIA GeForce Driver 441.08です。

比較のために用意したグラボ

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー
MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

主役はもちろん「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」です。MSIさんに貸し出して頂いたモデルで検証します。

Palit / ブーストクロック : 1815 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2.7スロット(59.6mm) / TDP : 215 W
MSI / ブーストクロック : 1755 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(55.6 mm) / TDP : 300 W / 備考 : 8 + 8 + 6 pinが必要
MSI / ブーストクロック : 1657 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット / TDP : 250 W
玄人志向 / ブーストクロック : 1797 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(43mm) / TDP : 180 W

性能比較のために使ったグラボは以上の通り。スペック的に競合するGTX 1080 Tiに加えて、2080 Superを挟むRTX 2080 TiとRTX 2070 Super、あとは同じナンバリングなのでGTX 1080も比較しておきます。

自作歴27台のやかもち
比較する5枚のグラボ中、3枚が「MSI Gaming X」です。ちょっと胸アツ。

ゲーミング性能をテスト

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike1920 x 1080 / Graphics Score
  • RTX 2080 Super
    29717
  • RTX 2070 Super
    26026
  • RTX 2080 Ti
    35683
  • GTX 1080 Ti
    29395
  • GTX 1080
    22293

DirectX11ベースのGPUベンチマーク「FireStrike」で基本的な性能をテスト。RTX 2080 Superは約3万点で、GTX 1080 Tiをしのぎます。

3DMark TimeSpy

3DMark TimeSpy Graphics Score3DMark TimeSpy1920 x 1080 / Graphics Score
  • RTX 2080 Super
    11671
  • RTX 2070 Super
    10284
  • RTX 2080 Ti
    15040
  • GTX 1080 Ti
    10153
  • GTX 1080
    7539

DirectX12ベースの「TimeSpy」になると更にスコアを伸ばして、明確にGTX 1080 Tiに打ち勝ちます。

FF14 : 漆黒のヴィランズ

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ1920 x 1080 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    152.9 fps
  • RTX 2070 Super
    145.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    171.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    150.8 fps
  • GTX 1080
    131.3 fps

FF14:漆黒のヴィランズ(フルHD)では、GTX 1080 Tiをしのぐ性能を記録。

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    121.8 fps
  • RTX 2070 Super
    112.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    133.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.6 fps
  • GTX 1080
    96.2 fps

解像度をWQHDに引き上げても、GTX 1080 Tiと互角の性能を保ちます。

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    65.2 fps
  • RTX 2070 Super
    57.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    83.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    65.4 fps
  • GTX 1080
    48.1 fps

4K解像度でも同様に、GTX 1080 Tiとほぼ同じ性能でした。

FINAL FANTASY 15

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark1920 x 1080 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    109.1 fps
  • RTX 2070 Super
    106.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    126.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    108.9 fps
  • GTX 1080
    86.2 fps

「FF15」のベンチマークでも、やはりGTX 1080 Tiと拮抗する結果に。

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark
2560 x 1440 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    87.3 fps
  • RTX 2070 Super
    79.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    104.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    81.6 fps
  • GTX 1080
    62.7 fps

しかしWQHDになるとGTX 1080 Tiを引き離し始めました。

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark
3840 x 2160 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    50.4 fps
  • RTX 2070 Super
    44.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    64.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    48.1 fps
  • GTX 1080
    35.3 fps

4Kでも同じような傾向です。

Apex Legends

Apex LegendsApex Legends1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    201.2 fps
  • RTX 2070 Super
    189.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    246.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    152.4 fps
  • GTX 1080
    122.6 fps

Apex Legendsになると、一気に3割近い性能差を付けました。Apex LegendsはTuring世代のグラボだと、すこぶる効率よくフレームレートが伸びるゲームですね。

Apex LegendsApex Legends
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    148.3 fps
  • RTX 2070 Super
    136.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    186.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    108.9 fps
  • GTX 1080
    86.4 fps

WQHDでも3割を超える性能差は健在です。

Apex LegendsApex Legends
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    80.1 fps
  • RTX 2070 Super
    74.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    104.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.0 fps
  • GTX 1080
    47.3 fps

4K解像度では若干性能差が抑えられますが、それでも約30%の性能差があります。

Battlefield V

今回のテストより、バトルフィールド5を検証タイトルに入れました。ロケ地は「最後の虎」にて、最初のチェックポイントまでを戦車で移動して計測(発砲は定点位置にいる敵のみ)。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    134.9 fps
  • RTX 2070 Super
    122.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    151.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.7 fps
  • GTX 1080
    93.9 fps

結果はこの通りで、Turing世代が強いです。RTX 2080 Superは明確にGTX 1080 Tiを打ち負かします。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    107.9 fps
  • RTX 2070 Super
    96.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    125.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    93.0 fps
  • GTX 1080
    71.7 fps

WQHDに引き上げても性能差は縮まりません。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    62.9 fps
  • RTX 2070 Super
    55.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    54.3 fps
  • GTX 1080
    39.9 fps

4Kでも結果は変わらず。平均60 fpsを維持したのはRTX 2080 SuperとRTX 2080 Tiの2つだけでした。

CS:GO

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    266.5 fps
  • RTX 2070 Super
    269.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    270.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    270.2 fps
  • GTX 1080
    271.5 fps

CSGOはどのグラフィックボードでも、出せる性能は飽和しています。

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    273.6 fps
  • RTX 2070 Super
    269.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    269.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    276.4 fps
  • GTX 1080
    272.6 fps

WQHDにおいても、性能は飽和気味。

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    245.8 fps
  • RTX 2070 Super
    225.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    255.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    247.3 fps
  • GTX 1080
    199.7 fps

4Kでようやく性能差が出始めました。GTX 1080 Tiとほぼ同じですね。

Call of Duty : Black Ops IV

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    202.7 fps
  • RTX 2070 Super
    202.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    237.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    196.0 fps
  • GTX 1080
    145.6 fps

Call of Duty : Black Ops IVでは、なぜか性能が伸び切らない。2080 Tiだけが突き抜けているのを見ると、VRAM不足が原因と推測しています。

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    135.4 fps
  • RTX 2070 Super
    119.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    176.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    130.6 fps
  • GTX 1080
    88.1 fps

WQHDではやや性能差が出ます。しかし、伸び切らない感覚は抜けません。

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    69.9 fps
  • RTX 2070 Super
    66.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    91.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    68.1 fps
  • GTX 1080
    44.7 fps

4Kゲーミングになると性能差が落ち着きましたが、2080 Tiだけが突き抜けている状況は変わりません。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    236.5 fps
  • RTX 2070 Super
    216.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    273.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    199.3 fps
  • GTX 1080
    156.0 fps

レインボーシックスシージは付属ベンチマークで計測します。RTX 2080 Superは平均240 fpsに迫るパフォーマンスでした。

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    159.0 fps
  • RTX 2070 Super
    141.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    195.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    132.0 fps
  • GTX 1080
    100.1 fps

WQHDでは平均144 fpsオーバー。

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    82.1 fps
  • RTX 2070 Super
    71.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    106.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    67.2 fps
  • GTX 1080
    48.4 fps

4Kでは平均60 fpsを突破しています。

Fortnite : Battle Royale

Fortnite : Battle Royale1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    163.3 fps
  • RTX 2070 Super
    156.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    176.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    155.6 fps
  • GTX 1080
    134.8 fps

フォートナイトはミスティ・メドウズにて計測。RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiを約5%上回りました。

Fortnite : Battle Royale
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    120.9 fps
  • RTX 2070 Super
    113.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    144.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    119.4 fps
  • GTX 1080
    89.9 fps

WQHDではGTX 1080 Tiと並びます。

Fortnite : Battle Royale
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    62.0 fps
  • RTX 2070 Super
    57.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    80.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.8 fps
  • GTX 1080
    45.4 fps

4Kになるとほぼ互角に。

Overwatch

OverwatchOverwatch
1920 x 1080 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    264.9 fps
  • RTX 2070 Super
    246.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    298.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    268.9 fps
  • GTX 1080
    206.2 fps

オーバーウォッチではGTX 1080 Tiの方が、若干伸びやすい傾向です。

OverwatchOverwatch
2560 x 1440 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    183.4 fps
  • RTX 2070 Super
    164.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    236.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    190.2 fps
  • GTX 1080
    141.3 fps

WQHDになっても傾向は同じ。

OverwatchOverwatch
3840 x 2160 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    96.5 fps
  • RTX 2070 Super
    86.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    127.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.7 fps
  • GTX 1080
    74.4 fps

4Kゲーミングでもさほど変わらず。

PUBG

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    202.0 fps
  • RTX 2070 Super
    168.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    209.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    168.7 fps
  • GTX 1080
    139.3 fps

PUBGではGTX 1080 Tiに対して約20%高いパフォーマンスです。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG
2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    141.1 fps
  • RTX 2070 Super
    117.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    161.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    123.5 fps
  • GTX 1080
    96.6 fps

WQHDでも性能差は埋まりません。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG3840 x 2160 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    73.9 fps
  • RTX 2070 Super
    61.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    89.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    69.5 fps
  • GTX 1080
    51.0 fps

4KになるとGTX 1080 Tiがじわじわと差を詰めてきますが、RTX 2080 Superの方が優秀です。

Assassin Creed Odyssey

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    72.0 fps
  • RTX 2070 Super
    71.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    73.0 fps
  • GTX 1080
    60.0 fps

非常に重たいアサシンクリードオデッセイでは、やや飽和気味です。

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    61.0 fps
  • RTX 2070 Super
    59.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    68.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.0 fps
  • GTX 1080
    49.0 fps

解像度をWQHDに引き上げると実力差が少しずつ明確に。

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    44.0 fps
  • RTX 2070 Super
    39.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    51.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    40.0 fps
  • GTX 1080
    33.0 fps

4KではRTX 2080 SuperがしっかりとGTX 1080 Tiを引き離します。

ARK Survival Evolve

ARK Survival Evolve
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    80.1 fps
  • RTX 2070 Super
    68.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    99.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    73.6 fps
  • GTX 1080
    53.1 fps

超重量級のゲーム、ARK Survival EvolveではRTX 2080 SuperがGTX 1080 Ti以上の性能を記録。

ARK Survival Evolve
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    55.0 fps
  • RTX 2070 Super
    44.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    70.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    49.7 fps
  • GTX 1080
    36.2 fps

WQHDも同じく。

ARK Survival Evolve
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    29.4 fps
  • RTX 2070 Super
    24.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    38.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    26.7 fps
  • GTX 1080
    19.1 fps

4Kでは性能差はあるものの平均30 fpsを下回り、スムーズな動作とは言えません。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V1920 x 1080 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    106.3 fps
  • RTX 2070 Super
    101.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    101.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    104.7 fps
  • GTX 1080
    104.4 fps

Grand Theft Auto VはフルHDだと性能が100 fps前後で飽和してしまいます。

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V
2560 x 1440 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    101.5 fps
  • RTX 2070 Super
    100.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    97.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    96.6 fps
  • GTX 1080
    86.0 fps

解像度をWQHDに引き上げると、少しだけ性能差が見えてきました。

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V
3840 x 2160 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    62.0 fps
  • RTX 2070 Super
    55.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    77.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.4 fps
  • GTX 1080
    43.0 fps

4Kに引き上げてやっと実力差が出てきました。GTX 1080 Tiと互角の性能です。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    126.0 fps
  • RTX 2070 Super
    118.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    133.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.0 fps
  • GTX 1080
    82.0 fps

トゥームレイダーでは、GTX 1080 Tiを6%上回るパフォーマンスです。

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
2560 x 1440 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    95.0 fps
  • RTX 2070 Super
    82.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    114.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    85.0 fps
  • GTX 1080
    61.0 fps

WQHDでさらに性能差は広がり、約12%のパフォーマンス差に。

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
3840 x 2160 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    51.0 fps
  • RTX 2070 Super
    43.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    66.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    45.0 fps
  • GTX 1080
    33.0 fps

4KではGTX 1080 Tiに対して約13%高い性能でした。

Ghost Recon Breakpoint

Battlefield Vをテストに加えるついでに、ベンチマークとして今ひとつ参考に欠けるNieR : AutomataとWatch Dogs 2を撤廃し、UBI Softの最新作「Ghost Recon Breakpoint」に変更しました。

付属ベンチマークはなかなか重たいので、アルティメット設定ではなくウルトラ設定を使って検証を行います。そもそもUBIいわくアルティメット設定は、次世代GPU向けの内容らしく、現状を評価するならウルトラ設定のほうが適切とのこと。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    110.0 fps
  • RTX 2070 Super
    104.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    121.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.0 fps
  • GTX 1080
    85.0 fps

RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiに対して、1割高いパフォーマンスを記録しました。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    89.0 fps
  • RTX 2070 Super
    83.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    102.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    83.0 fps
  • GTX 1080
    68.0 fps

しかしWQHDになると、少し性能差が縮小してしまいます。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
3840 x 2160 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    58.0 fps
  • RTX 2070 Super
    53.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    71.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    56.0 fps
  • GTX 1080
    41.0 fps

4Kでは約4%の性能差しかなく、GTX 1080 Tiと互角くらいの性能に。

Witcher 3

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
1920 x 1080 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    129.8 fps
  • RTX 2070 Super
    111.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    146.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    113.3 fps
  • GTX 1080
    86.1 fps

Witcher 3では、RTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiに対して約15%高いパフォーマンスです。

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
2560 x 1440 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    98.6 fps
  • RTX 2070 Super
    83.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    119.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    87.2 fps
  • GTX 1080
    66.7 fps

WQHDになっても性能差をやや維持し、約13%高いパフォーマンス。

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
3840 x 2160 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    57.4 fps
  • RTX 2070 Super
    49.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    72.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    53.6 fps
  • GTX 1080
    39.4 fps

しかし4Kになると、やはりGTX 1080 Tiに差を縮められ、約7%のパフォーマンス差になりました。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドMonster Hunter World1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    110.8 fps
  • RTX 2070 Super
    97.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    126.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    96.5 fps
  • GTX 1080
    75.3 fps

モンスターハンターワールドでは、GTX 1080 Tiを約15%上回る性能です。

モンスターハンターワールドMonster Hunter World
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    74.8 fps
  • RTX 2070 Super
    63.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    92.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    64.1 fps
  • GTX 1080
    49.3 fps

WQHDでは約17%の性能差に拡大。

モンスターハンターワールドMonster Hunter World
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    38.9 fps
  • RTX 2070 Super
    31.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    48.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    33.5 fps
  • GTX 1080
    24.9 fps

4K解像度でも性能差を保持し、約16%の性能差です。

黒い砂漠

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
1920 x 1080 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    114.6 fps
  • RTX 2070 Super
    112.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    131.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    114.9 fps
  • GTX 1080
    93.9 fps

無料MMORPG「黒い砂漠」のリマスター品質では、GTX 1080 Tiとほぼ同じ性能に落ち着きました。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠1920 x 1080 / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    58.3 fps
  • RTX 2070 Super
    53.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    77.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    56.2 fps
  • GTX 1080
    30.3 fps

更に重たいウルトラ品質モードでは、若干RTX 2080 Superの方が高性能でした。

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
2560 x 1440 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    99.1 fps
  • RTX 2070 Super
    91.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    105.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    94.6 fps
  • GTX 1080
    70.8 fps

WQHDのリマスター品質も検証。RTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiを引き離します。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠2560 x 1440 / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    39.2 fps
  • RTX 2070 Super
    35.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    57.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    32.7 fps
  • GTX 1080
    19.3 fps

ウルトラ品質モードでは、GTX 1080 Tiが競争から脱落気味の状態に。

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
3840 x 2160 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    59.6 fps
  • RTX 2070 Super
    51.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    75.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    54.1 fps
  • GTX 1080
    38.8 fps

4K解像度のリマスター品質は、RTX 2080 Superがほぼ平均60 fpsを達成しました。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠3840 x 2160  / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    11.0 fps
  • RTX 2070 Super
    14.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    17.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    8.8 fps
  • GTX 1080
    5.8 fps

しかし、ウルトラ品質モードになるとなぜか性能が伸びません。とはいえ、4Kをウルトラ品質モードでプレイする人は皆無なので、気にする必要は無いです。

平均パフォーマンス

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
1920 x 1080 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    148.1 fps
  • RTX 2070 Super
    137.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    166.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    136.4 fps
  • GTX 1080
    109.2 fps

フルHDゲーミングの平均パフォーマンスは、GTX 1080 TiとRTX 2070 Superを約9%上回り、(中古価格を除外するなら)価格相応のパフォーマンスです。

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
2560 x 1440 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    110.5 fps
  • RTX 2070 Super
    99.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    131.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.3 fps
  • GTX 1080
    77.6 fps

WQHDゲーミングの平均パフォーマンスでは、同じくGTX 1080 TiとRTX 2070 Superに対して約10%ほど高いパフォーマンスになります。

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
3840 x 2160 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    61.4 fps
  • RTX 2070 Super
    54.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    57.1 fps
  • GTX 1080
    41.6 fps

4Kゲーミングの平均パフォーマンスはなぜか性能差が縮小してしまい、GTX 1080 Tiに対して約8%高い性能にとどまりました。

やや地味な印象は否定できませんが、新品価格で比較した場合のコストパフォーマンス的にはRTX 2080 Superの方が高いです。

※平均パフォーマンスは、「CSGO」と「黒い砂漠(ウルトラ品質)」を除いた平均値を求めています。

熱と消費電力を実測テスト

ゲーミング時の実効クロック

「FF14:漆黒のヴィランズ」ベンチマークを実行中に、GPUコアクロックを記録してグラフ化しました。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのGPUクロック

GPUコアクロックは最大で1980 MHzでした。ベンチマーク実行中は平均で1955 MHzで推移しており、NVIDIAの自動オーバークロック機能「GPU Boost」が正常に効いているのが分かります。

GPU Boostは温度に余裕があれば自動的にコアクロックを引き上げる機能なので、定格より100 MHzも高いクロックで動いているMSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOの冷却性能はかなり高いです。

グラボ温度とファン動作音

FF14ベンチマークを実行中に、HWiNFOを使ってGPUのコア温度を計測します。仕様上250 Wの熱を出すRTX 2080 Superを、「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」は冷やし切ることができるかどうか検証です。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのGPU温度(冷却性能)

結果は「余裕」でした。

分厚いアルミニウム製ヒートシンクと、MSI独自の大口径トリプルファン「TRUX FAN 3.0」によって、250 W前後のTDPを誇るRTX 2080 Superがあっさりと70℃以下に抑えられます。

もちろん凄いのは冷却性能だけでなく、静音性も信じられないほどハイレベルです。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのファン動作音(騒音値)

グラフィックボードから30 cmの距離をとって、騒音ロガーを使って騒音値(ノイズレベル)を計測した結果がこちらのグラフです。

ファンが回り始めると騒音値が上昇しますが、普通な動作音とされる40 dB前後を超えることはありません。せいぜい37 dBが限界で、ベンチマーク中の騒音値はたったの35 dB前後でした。

あまりにも静かすぎるので「ファンは回ってるのかな?」と、何度か目視で確認するほどです。GPUに負荷がかかっていない状態で、温度が60℃以下になるとファンを停止する機能も付いているため、ゲームをしていない時は「無音」で動作します。

自作歴27台のやかもち
ここまで静かなグラボは、自分が検証した中では他にありません。最強の静音性と言っていいです。
MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

消費電力を実測してチェック

電力ロガー機能の付いた電源ユニットを2つ使って、グラフィックボードの消費電力を実測します。CPUを1つの電源ユニットで給電し、その他のパーツは2つ目の電源ユニットで給電します。

検証の後、マザーボードからグラフィックボードを外した状態でベンチマークを実行して消費電力を計測し、求められた計測値を引き算してグラフィックボード単体の消費電力を求めました。

RTX 2080 Superの消費電力(フルHD)

FF14ベンチマーク(フルHD)を実行中に計測した結果です。

消費電力(平均値)

  • RTX 2080 Super
    176.7 W
  • RTX 2070 Super
    174.9 W
  • RTX 2080 Ti
    229.1 W
  • GTX 1080 Ti
    218.3 W
  • GTX 1080
    160.4 W

平均値は約177 Wで、なぜかRTX 2070 Superよりちょっと高いだけの消費電力に。フルHDだと負荷が少なすぎて、シェーダーの数だけで高いパフォーマンスを出せるのかもしれません。もっと負荷を上げてみましょう。

RTX 2080 Superの消費電力(WQHD)

消費電力(平均値)

  • RTX 2080 Super
    214.9 W
  • RTX 2070 Super
    198.3 W
  • RTX 2080 Ti
    288.0 W
  • GTX 1080 Ti
    259.4 W
  • GTX 1080
    184.2 W

FF14をWQHDでテストすると全体的に消費電力が増加し、RTX 2080 Superの消費電力は約215 W(平均)でした。

まとめ:静かすぎるRTX 2080 Super搭載グラボ

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」の微妙なとこ

  • 価格設定はやや高い
  • 大きいのでPCケースを選ぶ

まずはデメリットから。

価格設定はRTX 2080 Superとしては、最安値から2万円の差があるので「高い」です。しかし、巨大なヒートシンクと大口径トリプルファンによって実現された、驚異の静音性を考えれば妥当な価格と言ってしまって良いでしょう。

より問題になりやすいのは、全長33 cm、実質的に2.5スロットを占有する巨大さです。30 cmまでなら割と問題ないけれど、30 cmを超えるとPCケースと干渉しやすい。購入の前に、必ずPCケースの空きスペースを確認してください。

「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」の良いところ

  • 驚くべき「静音性」
  • 極めて優れた冷却性能
  • ゲームをしていない時は「無音」です
  • GTX 1080 Tiを上回るゲーミング性能
  • WQHDゲーミングも余裕
  • 4Kゲーミングはちょっと設定落とせばOK
  • 高いワットパフォーマンス
  • 自由に設定できるLEDライティング機能
  • オーバークロックの余地あり

ちゃんと動いているのか一瞬心配になるほどの「静音性」が、MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOの最大のメリットです。これほどまでに静音性に優れたグラフィックボードは、ハイエンドクラスでは初めての体験でした。

セミファンレス仕様なのでゲームをしていない時など、負荷がかかっていない状態(または60℃以下の状態)ならファンが止まって「無音」になるのもGoodです。

圧倒的な静音性と同時に、優れた冷却性能も両立しています。検証した範囲では、70℃を少し超える程度でした。よく冷えているため、自動オーバークロックで定格よりも100 MHzくらい高いクロックで動作するほどです。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

まとめると「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」は、ファンの騒音をとにかく抑えたい方に強くオススメします。特に、高性能な静音ゲーミングPCを組むのであれば、間違いなく最高の選択肢です。

自作歴27台のやかもち
RTX 2080 Tiのための冷却設計を、下位モデルに使うと異常なほど静かに冷えるんですね(感無量)。

以上「MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー:最強の静音性が凄い」でした。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。