PS4のロード時間をポータブルSSDで高速化【換装不要】




PlayStation 4の内蔵ストレージは「HDD」なので、ゲームのロード時間がとても遅いという問題がある。解決策として「SSD換装」が有名ですが…PS4の場合は換装よりも「ポータブルSSD」の方が期待できる効果は大きく、手間も少ないという話を解説してみたい。

Sponsored Link

「換装」より「外付け」が良い理由

実はPlayStation 4はHDDを使う前提で設計されたためか、なぜか内蔵ストレージ用のコネクタに「SATA 2.0」というかなり古い規格を採用しています。

SATA 2.0は秒速300MBの速度が限界。だから秒速500MB~600MBという猛スピードが出るSSDを使っても、実際に活躍するのはそのうちの50%(半分)に過ぎないのです。

一方、PS4のUSBコネクタはしっかりしている。初期型PS4は「USB 3.0」が、その後に登場したPS4 Slimは「USB 3.1 Gen1」を採用しています。

USB 3.0の場合は最大で秒速500MBの速度を実現可能で、USB 3.1 Gen1も同様に秒速600MBの速度を出せる。SATA 2.0と比べて約2倍のスピードを期待できます。

まとめると…

  • PS4はSATA 2.0なので、SSD換装の効果が少ない
  • ただしUSBは「3.0」または「3.1 Gen1」だから速い

ということになる。

SSDの換装はPS4用ソフトウェアの移動やバックアップを行ったり、ケースを開けて交換したりと、何かと手間が多い。けれどポータブルSSDならUSBに挿し込むだけで済む。

手間も少ないので、PS4のロード時間を短縮したいと考えているなら「ポータブルSSD」の方がずっとオススメということだ。

注意点:ポータブルSSDのスペックについて

なお、PS4で使えるポータブルSSDにはスペックに条件があるので注意。

  • 容量が256GB以上であること
  • 容量が8TB以下であること
  • USB 3.0以上に対応していること

USB 3.0対応の500GBくらいあるポータブルSSDなら確実に使えますね。

手順解説:PS4のポータブルSSD化

実際にPS4にポータブルSSDを挿し込んで、初期設定からゲームファイルの移動までを解説してみる。

ポータブルSSDとPS4をつなぐ

PS4の前面にUSBポートがあるので、ポータブルSSDを挿し込む。ポートは2個ありますが、両方USB 3.0(Slim版なら3.1 Gen1)なのでどちらに挿し込んでも大丈夫。

PS4用にフォーマット設定

ただ挿し込むだけでは、ゲームをインストールできるストレージとして認識してくれないので、フォーマットの設定を行っていく。

道具箱の形をした「設定」へ。

とりあえず「ストレージ」を選んでみる。

すると「周辺機器」から設定をやってくださいと注意文が出てきます。

戻って「周辺機器」を選ぶ。

「USBストレージ機器」を選択。

挿し込んだポータブルストレージが認識されています。

開くと「フォーマットする必要があります。」と表示されるので、下にある「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選びます。

「次へ。」

フォーマットすると既に入っているデータは消滅するが、新品のポータブルSSDを使っているので問題なし。「フォーマット」を実行します。

また確認が表示される。「はい」を選んで、本当にフォーマットを実行する。

数秒ほどでフォーマットが完了。「OK」を選んでください。

USBストレージ機器から確認すると、ちゃんとストレージが認識されていることが分かる。

ゲームデータをポータブルSSDに移動

認識されたポータブルSSDを選択して、「コンテンツを管理する」を選んでください。

「本体ストレージ」を選択する。

「アプリケーション」へ。

本体ストレージに入っているゲームが表示される。OPTIONSボタンを押してメニューを開き、「拡張ストレージへ移動する」を選択します。

起動しているアプリケーションを全て終了する。と言われるので「はい」を。

移動したいアプリケーションを選んで「移動」を実行。

「OK」を押して確定。

約230GBのゲームデータを移動するのに表示では38分ですが、実際にはザッと50分くらいは掛かりました。

終わりました。ストレージを確認すると、拡張ストレージにちゃんとゲームデータが移動しているのが分かる。

ポータブルSSDでPS4のロード時間は?

ここまでの作業で、ポータブルSSDにゲームデータの移動が完了した。あとはUSB経由のポータブルSSDで、どこまでゲームの起動やロード時間が高速化されるのかを確認します。

自作歴22台のやかもち
Elgato HD60 Pro」を使って、頑張って録画・編集しました…。

モンスターハンターワールド

待合エリアのロード時間
  • PS4内蔵HDD:46.86秒
  • 自作ポータブルSSD:18.97秒

待合エリアへのロード時間は、47秒から19秒へ短縮。約60%もの圧倒的な高速化です。

クエストのロード時間
  • PS4内蔵HDD:24.64秒
  • 自作ポータブルSSD:13.63秒

クエストマップへの移動時間も、約45%の短縮に成功。

FINAL FANTASY XV

FF15のロード時間
  • PS4内蔵HDD:117.37秒
  • 自作ポータブルSSD:27.27秒

FF15はHDDから読み込むと約2分も掛かっていたが、ポータブルSSD化でたったの27秒に。77%も速くなった。

Call of Duty : WW2

CoD:WW2のロード時間
  • PS4内蔵HDD:27.31秒
  • 自作ポータブルSSD:16.47秒

CoD:WW2は約40%の短縮。

レインボーシックスシージ

R6Sのロード時間
  • PS4内蔵HDD:26.11秒
  • 自作ポータブルSSD:17.10秒

マップ「ファベーラ」のロード時間は、26秒から17秒に。だいたい35%の高速化。

バイオハザード7 :グロテスク版

バイオ7のロード時間
  • PS4内蔵HDD:102.94秒
  • 自作ポータブルSSD:44.65秒

バイオハザード7は意外と時間がかかりますね…、HDDでは103秒掛かっていたロード時間がポータブルSSD化で45秒に。57%の短縮です。

ポータブルSSD化で「ほぼ半分」に高速化

ゲーム内蔵HDDポータブルSSD高速化
MHW:待合エリア46.86 秒18.97 秒-59.5%
MHW:クエスト24.64 秒13.63 秒-44.7%
FF15117.37 秒27.27 秒-76.8%
CoD:WW227.31 秒16.47 秒-39.7%
R6S:ファベーラ26.11 秒17.10 秒-34.5%
バイオハザード7102.94 秒44.65 秒-56.6%
平均ロード時間57.54 秒23.02 秒-60.0%

PS4標準の内蔵HDDから、ポータブルSSD(しかも自作)にゲームデータを移動するだけで、ロード時間は平均で「60%」も速くなりました。

ただポータブルSSDを挿し込んで、データを移動するだけ。それだけの手間でここまで高速化できるので、PS4の場合はわざわざ「換装」なんていう面倒なことをする必要は無さそうだ。

まとめ:PS4のロード時間短縮は外付けSSDを

PS4は内部コネクタが「SATA 2.0」なので、最近の新しいSSDを使っても50%(つまり半分)の性能しか発揮できません。

だから今回USBにつなぐだけで行ける「ポータブルSSD」を使って、ロード時間がどこまで速くなるかを検証してみたわけだが。結果は想像以上のモノでした。

「換装」しないデメリット

PS4の場合、「SSD換装」をするメリットは1mmも無いけれど…あえてデメリットを挙げてみると、いくつかあります。

  • 内蔵しないので、少しだけ場所を取る
  • セルフパワー型の「外付けストレージ」だと、コンセントが必要

そう、基本的に内蔵する場合とくらべて「省スペース性」が劣るのです。PS4の上に置いておくだけなので、個人的にはさほど気にならないが。一応デメリットではある。

「ポータブルSSD」(外付け)のメリット

2.5インチの小型ケースなら省スペース性もなかなか。

一方、PS4で外付けストレージを使う場合のメリットはたくさんある。圧倒的に有利です。

  • 「SSD換装」と比較して、はるかに手間が少ない
  • USB 3.0経由なので、SSDの性能を80~90%は使える
  • USBポートは2個あるので、拡張性にも優れる

一番大きいメリットが「手間の少なさ」。本当、これに尽きる。プラスドライバーなどの工具は不要だし、PS4のシステムデータのバックアップも必要ない。

USBに挿し込んで、フォーマットして、データを移動するだけ。ただそれだけで「ロード時間の高速化」が実現できてしまうから、デメリットよりメリットが遥かに強い。

唯一の問題「ポータブルSSDは高い」をどうする?

ポータブルSSDは、内蔵SSDと比較して値段が2倍くらい高い。だからわざわざ換装をしているんだ…という人も多分いるかもしれない。

実はポータブルSSDって、非常にカンタンに「自作」できるので、安い内蔵SSDを買ってきて「ポータブル化」すればOKです。

  • サムスンの2TB SSD:約95000円
  • 筆者の自作2TB SSD:約38000円

具体的なやり方はこの記事で解説している。ポータブルだと9万円もする2TB SSDを、自作することでたったの3.8万円で済ませることに成功。半額以下ですね。

初心者もち
SSD換装のためにPro版を買うのもアレだし、ポータブル化で良さげ。

以上「PS4のロード時間をポータブルSSDで高速化【換装不要】」の解説でした。


Sponsored Link

9 件のコメント

  • こんにちは。MHWSSDプレイは導入費にいくら払っても元が取れるんですが、注意点が2点ありまして

    1.記事のグラフにもありますがProであれば内蔵>外付け、Proでなければ外付け>内蔵になる事(ここが本当にややこしい)
    2.最低容量が決められている事⇒外付け=250GB(システム認識なので256GB以上の物がベター)⇒内蔵=160GB(なおシステム使用領域として100GB程度持って行かれます)

    外付けに最低容量の制約が無ければ5k程度で済むから誰にでもおススメ出来るんですけどねぇ

  • こんばんは、キレイなグラフや豊富な情報量でいつも楽しく拝見させていただいてます。
    ただ、ですます調とだ・である調が混在しているのがどうしても気になってしまって…
    改善していただければ嬉しく思います。
    ブログ自体は非常に楽しんでおりますし他は全く気になってないのです、そこだけですのでどうかお気に障らず、一意見として受け止めてもらえれば幸いです。

  • SATA IIIハードディスク用アダプター つかえば換装しなくても良いから
    使ってます。
    PS4proだとhddでもff15以外はssdの効果あまりなかったのでps4はssdすべですね

  • いつも楽しく読ませて頂いております
    まさか、USB接続の方が早かったとは・・・驚きました
    今日買ってきて早速ポータブルSSDを接続しました!
    非常に快適でなんでもっと早くやらなかったんだろうと・・・笑
    とても有益な情報をありがとうございますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。