「GTX 1070 Ti」は見事に1070と1080の間を貫く性能だが

NVIDIAは本当にGTX 1070とGTX 1080の中間に位置する「GTX 1070 Ti」というハイエンドGPUを市場に投入した。正直、中途半端なポジションという感じがすごくしますが…実際のところ「性能」と「コスパ」はどの程度のものなのか。

各種ベンチマークに基づいて解説してみる。

Sponsored Link

一応「GTX 1070 Ti」の仕様をチェック

2017年は割りと豊作だったように感じる。ローエンドGPU市場では「GT 1030」と「RX 550」が大きく性能を更新したし、ハイエンドGPUでも「GTX 1080 Ti」や「Titan Xp」が最高の性能を記録した。

AMDも「Polaris世代」はマイニングファームから信じられない人気を集めた(ゲーマーにとっては最悪な事態)。しかし、期待されていた「RX Vega」はGeForce 10に対し、十分な競争力を発揮することは出来ませんでしたね。

スペックGTX 1080GTX 1070 TiGTX 1070
ダイ
トランジスタ数72億個72億個72億個
ダイサイズ314mm2314mm2314mm2
プロセス16nm16nm16nm
CUDAコア数256024321920
TMU数160152120
ROP数646464
ベースクロック1607 Mhz1607 Mhz1506 Mhz
ブーストクロック1733 Mhz1683 Mhz1683 Mhz
理論性能8873 GFLOPS8186 GFLOPS6463 GFLOPS
VRAM8GB GDDR5X8GB GDDR5X8GB GDDR5
メモリバス256-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅320.3GB/s256.3GB/s256GB/s
TDP180W180W150W
希望小売価格$599$449$379

と…色々と出し切った感はあったものの、ここに来てNVIDIAが「GTX 1070 Ti」という変わったポジションにGPUを投入してきた。まずはカタログスペック(仕様)を見てみます。

搭載されているCUDAコア数は2432個で、これはGTX 1070より25%多い。ベースクロックも100Mhzほど伸びてGTX 1080と互角の水準で、全体的にGTX 1080寄りな仕様に仕上がっている。

 もう少し細かい話

GeForce 10シリーズは演算ユニット1つにつき、128個のCUDAコアが搭載されている。GTX 1080には20個の演算ユニットが搭載されているから2560個のCUDA。

ということは…2432個のCUDAが搭載されるGTX 1070 Tiは、演算ユニットが19個ということになります。要するにGTX 1070 TiはGTX 1080の演算ユニットを1つ削って、GTX 1070のメモリを採用したようなGPUということ。

メモリの帯域幅はGTX 1070と同様だが、コア数や動作クロックは概ねGTX 1080に酷似しており、その上MSRP(希望小売価格)はGTX 1080より150ドルも安いと来た。

  • カタログスペックはGTX 1080と非常に似ている
  • にも関わらずMSRPは150ドルも安い
  • メモリの性能はGTX 1070寄り

これは…なかなかヤバそうな予感がします。

やかもち
要するにGTX 1080の大幅値下げって感じなの?
自作歴16台のやかもち
それは言いすぎかも。フレームレートを見てみよう~。

性能は「GTX 1070 Ti」という名に偽り無し

さて、カタログスペックでは「ほぼGTX 1080」と言えるGTX 1070 Tiですが、実際のパフォーマンス(平均フレームレート)はどれほどの数値を叩き出せるのか。

テスト環境
CPUCore i7 5930K @4.5 Ghz
M/BGigabyte GA-X99-UD4
メモリDDR4-2666 16GB
ストレージSamsung 850 EVO 2TB
電源ユニットEVGA SuperNOVA 1300W
OSWindows 10 Pro 64bit
ドライバAMD Crimson 16.5.2/3
NVIDIA 365.19/.25

参照したデータベースは米PC GAMERより。

テスト環境は以上の通り。CPUには4.5 Ghzにオーバークロックし、シングルスレッド性能を大幅に底上げした6コアCPU「i7 5930K」が使用されている。

それともう一つ、ゲーミングCPUとして最強の座についた「Core i7 8700K」も、今回はテスト環境として使用された。GTX 1080に近いということは、それだけボトルネックも懸念しなければならないからね。

ボトルネック = グラフィックボード本来の性能を出し切れない現象。原因の多くが、CPUの性能不足である。(参考:データで分かる、ゲームをするのに最適なCPUを徹底解説

Assassin’s Creed Origins

Assassin’s Creed Origins – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    94.2
  • GTX 1080
    82.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    74.9
  • GTX 1070 Ti
    72.2
  • GTX 1070
    72.1
  • RX 580 8GB
    47.0
  • GTX 1060 6GB
    57.2
  • GTX 1080 Ti
    79.0
  • GTX 1080
    63.5
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    57.2
  • GTX 1070 Ti
    56.0
  • GTX 1070
    54.0
  • RX 580 8GB
    37.7
  • GTX 1060 6GB
    41.2
  • GTX 1080 Ti
    50.2
  • GTX 1080
    38.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    33.7
  • GTX 1070 Ti
    33.7
  • GTX 1070
    31.5
  • RX 580 8GB
    22.5
  • GTX 1060 6GB
    23.4

フルHD(1920×1080)WQHD(2560×1440)4K(3840×2160)

アサシンクリード最新作「オリジン」の平均フレームレート。意外とGTX 1070 Tiは苦戦しており、GTX 1070と大差無い結果になってしまった。

CUDAコア数などのスペック面でGTX 1080に近いにも関わらず届かない理由は、おそらくメモリの帯域幅がGTX 1070相当だからだろう。CUDAコア2432個分の処理に追いつくには、少し足りないのかもしれない。

Battlefield 1

Battlefield 1 – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    159.1
  • GTX 1080
    140.2
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    126.7
  • GTX 1070 Ti
    127.6
  • GTX 1070
    108.0
  • RX 580 8GB
    87.0
  • GTX 1060 6GB
    77.7
  • GTX 1080 Ti
    118.9
  • GTX 1080
    103.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    93.1
  • GTX 1070 Ti
    94.3
  • GTX 1070
    77.1
  • RX 580 8GB
    65.0
  • GTX 1060 6GB
    55.0
  • GTX 1080 Ti
    65.8
  • GTX 1080
    56.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    51.4
  • GTX 1070 Ti
    51.5
  • GTX 1070
    40.5
  • RX 580 8GB
    34.8
  • GTX 1060 6GB
    28.9

Battlefield 1では良好な結果。GTX 1080は平均140fps前後で動き、GTX 1070 Tiは平均126fps程度。GTX 1070は平均108fpsなので、見事に「1070 Ti」という位置づけです。

他の解像度でも同様の結果になっている。WQHD、4K画質のすべてで「1070 Ti」にふさわしい性能に落ち着いた。NVIDIAさん、上手い具合に性能を調整しましたね…。

Civilization VI

Civilization VI – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    104.5
  • GTX 1080
    104.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    99.0
  • GTX 1070 Ti
    101.1
  • GTX 1070
    91.6
  • RX 580 8GB
    79.3
  • GTX 1060 6GB
    77.2
  • GTX 1080 Ti
    103.8
  • GTX 1080
    94.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    86.3
  • GTX 1070 Ti
    85.8
  • GTX 1070
    77.3
  • RX 580 8GB
    67.6
  • GTX 1060 6GB
    67.9
  • GTX 1080 Ti
    84.0
  • GTX 1080
    72.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    62.2
  • GTX 1070 Ti
    62.5
  • GTX 1070
    56.0
  • RX 580 8GB
    50.6
  • GTX 1060 6GB
    50.0

Civilization 6はGTX 1070 Tiらしい性能を発揮。見事に「中間」に位置していますね。

Deus Ex : Mankind Divided

Deus Ex : Mankind Divided – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    115.0
  • GTX 1080
    88.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    81.5
  • GTX 1070 Ti
    80.7
  • GTX 1070
    73.5
  • RX 580 8GB
    60.2
  • GTX 1060 6GB
    51.6
  • GTX 1080 Ti
    79.7
  • GTX 1080
    59.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    53.8
  • GTX 1070 Ti
    54.4
  • GTX 1070
    48.1
  • RX 580 8GB
    39.0
  • GTX 1060 6GB
    34.6
  • GTX 1080 Ti
    42.7
  • GTX 1080
    30.7
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    28.0
  • GTX 1070 Ti
    28.3
  • GTX 1070
    24.7
  • RX 580 8GB
    18.8
  • GTX 1060 6GB
    17.4

Deus Ex : Mankind Dividedでも同様に、GTX 1070 Tiが良い感じに機能している。概ねGTX 1070に対して10%ほど高いパフォーマンスで安定しています。

Dishonored 2

Dishonored 2 – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    121.4
  • GTX 1080
    103.2
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    97.3
  • GTX 1070 Ti
    99.5
  • GTX 1070
    88.3
  • RX 580 8GB
    58.1
  • GTX 1060 6GB
    62.9
  • GTX 1080 Ti
    98.7
  • GTX 1080
    77.8
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    70.8
  • GTX 1070 Ti
    72.8
  • GTX 1070
    62.7
  • RX 580 8GB
    41.9
  • GTX 1060 6GB
    44.6
  • GTX 1080 Ti
    58.8
  • GTX 1080
    43.9
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    40.7
  • GTX 1070 Ti
    41.0
  • GTX 1070
    35.2
  • RX 580 8GB
    22.7
  • GTX 1060 6GB
    24.2

Dishonored 2では、フルHD(1920×1080)の場合に限るがGTX 1070 TiがGTX 1080に迫る性能を発揮している。150ドル安いGPUがここまで出来るのは素直に喜べることだ。

The Division

The Division – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    139.8
  • GTX 1080
    105.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    93.9
  • GTX 1070 Ti
    93.8
  • GTX 1070
    84.6
  • RX 580 8GB
    67.9
  • GTX 1060 6GB
    58.6
  • GTX 1080 Ti
    101.5
  • GTX 1080
    73.4
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    67.1
  • GTX 1070 Ti
    66.5
  • GTX 1070
    59.8
  • RX 580 8GB
    49.7
  • GTX 1060 6GB
    41.5
  • GTX 1080 Ti
    67.5
  • GTX 1080
    47.4
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    43.4
  • GTX 1070 Ti
    43.1
  • GTX 1070
    38.4
  • RX 580 8GB
    33.7
  • GTX 1060 6GB
    28.2

Divisionではこんな感じ。ちゃんとGTX 1070 Tiとしての仕事をしているといったころ。強すぎず、弱すぎず、GTX 1070 Tiの枠内で仕事をこなしている印象。

Fallout 4

Fallout 4 – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    153.0
  • GTX 1080
    137.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    127.8
  • GTX 1070 Ti
    130.4
  • GTX 1070
    118.1
  • RX 580 8GB
    83.8
  • GTX 1060 6GB
    84.5
  • GTX 1080 Ti
    125.3
  • GTX 1080
    95.2
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    85.4
  • GTX 1070 Ti
    86.5
  • GTX 1070
    78.7
  • RX 580 8GB
    56.5
  • GTX 1060 6GB
    56.3
  • GTX 1080 Ti
    65.8
  • GTX 1080
    49.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    44.3
  • GTX 1070 Ti
    44.8
  • GTX 1070
    40.7
  • RX 580 8GB
    29.0
  • GTX 1060 6GB
    28.7

Fallout 4もキレイにGTX 1070とGTX 1080の中間にピッタリと収まる処理性能を発揮。

Far Cry Primal

Far Cry Primal – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    118.7
  • GTX 1080
    103.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    96.0
  • GTX 1070 Ti
    99.2
  • GTX 1070
    89.9
  • RX 580 8GB
    64.3
  • GTX 1060 6GB
    65.3
  • GTX 1080 Ti
    96.5
  • GTX 1080
    74.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    67.8
  • GTX 1070 Ti
    69.8
  • GTX 1070
    62.5
  • RX 580 8GB
    46.7
  • GTX 1060 6GB
    44.9
  • GTX 1080 Ti
    56.6
  • GTX 1080
    40.7
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    37.2
  • GTX 1070 Ti
    37.7
  • GTX 1070
    33.6
  • RX 580 8GB
    26.3
  • GTX 1060 6GB
    23.9

Far Cry PrimalではGTX 1080に迫る性能。フルHDだとほぼ100fpsで動作しており、GTX 1080の103fpsに追いつきそうです。

Ghost Recon Wildlands

Ghost Recon Wildlands – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    73.0
  • GTX 1080
    59.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    54.5
  • GTX 1070 Ti
    55.5
  • GTX 1070
    50.8
  • RX 580 8GB
    35.7
  • GTX 1060 6GB
    39.7
  • GTX 1080 Ti
    58.1
  • GTX 1080
    46.2
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    42.2
  • GTX 1070 Ti
    42.7
  • GTX 1070
    38.6
  • RX 580 8GB
    27.3
  • GTX 1060 6GB
    29.6
  • GTX 1080 Ti
    35.9
  • GTX 1080
    27.9
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    25.5
  • GTX 1070 Ti
    25.6
  • GTX 1070
    23.1
  • RX 580 8GB
    16.5
  • GTX 1060 6GB
    16.7

Ghost Reconもやはり1070と1080の間にすっぽり入っています。GTX 1080が約60fpsで、GTX 1070は約50fps、そしてGTX 1070 Tiは約55fpsと本当にピッタリ中心です。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto V – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    132.7
  • GTX 1080
    112.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    100.6
  • GTX 1070 Ti
    102.7
  • GTX 1070
    95.4
  • RX 580 8GB
    59.5
  • GTX 1060 6GB
    69.7
  • GTX 1080 Ti
    103.8
  • GTX 1080
    77.5
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    66.9
  • GTX 1070 Ti
    70.0
  • GTX 1070
    64.8
  • RX 580 8GB
    40.6
  • GTX 1060 6GB
    46.3
  • GTX 1080 Ti
    83.6
  • GTX 1080
    61.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    55.5
  • GTX 1070 Ti
    55.9
  • GTX 1070
    49.5
  • RX 580 8GB
    35.8
  • GTX 1060 6GB
    34.9

GTA Vはこんな感じで、すべての解像度においてGTX 1070 Tiは中間ポジションをしっかりと取っています。

Hitman

Hitman – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    153.3
  • GTX 1080
    138.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    128.1
  • GTX 1070 Ti
    129.9
  • GTX 1070
    114.2
  • RX 580 8GB
    89.4
  • GTX 1060 6GB
    82.3
  • GTX 1080 Ti
    127.7
  • GTX 1080
    110.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    95.8
  • GTX 1070 Ti
    95.4
  • GTX 1070
    84.8
  • RX 580 8GB
    66.1
  • GTX 1060 6GB
    61.5
  • GTX 1080 Ti
    77.6
  • GTX 1080
    66.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    56.2
  • GTX 1070 Ti
    56.6
  • GTX 1070
    49.8
  • RX 580 8GB
    38.0
  • GTX 1060 6GB
    35.2

Hitman 2016でも同様にキレイなポジション取りをこなしていますね。概ねGTX 1070 TiはGTX 1070に対して15%程度高いパフォーマンスを記録している。

Shadow of War

Shadow of War – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    123.5
  • GTX 1080
    98.4
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    86.5
  • GTX 1070 Ti
    84.2
  • GTX 1070
    81.6
  • RX 580 8GB
    58.7
  • GTX 1060 6GB
    58.1
  • GTX 1080 Ti
    92.7
  • GTX 1080
    68.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    58.1
  • GTX 1070 Ti
    57.8
  • GTX 1070
    55.1
  • RX 580 8GB
    40.4
  • GTX 1060 6GB
    38.8
  • GTX 1080 Ti
    53.0
  • GTX 1080
    37.7
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    32.5
  • GTX 1070 Ti
    32.6
  • GTX 1070
    31.4
  • RX 580 8GB
    22.9
  • GTX 1060 6GB
    21.2

ミドルアース最新作の「シャドウオブウォー」では、GTX 1070 Tiがやや苦戦気味。思った以上にGTX 1070を引き離せずにいるが…これはゲーム側のVRAM消費量がかなり高いのが原因かもしれない。

前作の「シャドウオブモルドール」でもそうだったが、このシリーズはだいたいVRAMの使用量がやけに多いんですよね。

Rise of the Tomb Raider

Rise of the Tomb Raider – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    125.2
  • GTX 1080
    103.0
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    84.0
  • GTX 1070 Ti
    86.7
  • GTX 1070
    81.2
  • RX 580 8GB
    55.9
  • GTX 1060 6GB
    61.0
  • GTX 1080 Ti
    85.9
  • GTX 1080
    72.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    58.2
  • GTX 1070 Ti
    59.6
  • GTX 1070
    55.5
  • RX 580 8GB
    39.2
  • GTX 1060 6GB
    41.0
  • GTX 1080 Ti
    63.6
  • GTX 1080
    50.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    40.8
  • GTX 1070 Ti
    41.5
  • GTX 1070
    39.3
  • RX 580 8GB
    30.0
  • GTX 1060 6GB
    28.7

Rise of the Tomb RaiderでもGTX 1070 Tiは上手く機能していない。GTX 1070をほとんど引き離せておらず、GTX 1080には20%も引き離されています。

The Witcher 3

The Witcher 3 – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    123.3
  • GTX 1080
    90.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    84.3
  • GTX 1070 Ti
    86.4
  • GTX 1070
    74.3
  • RX 580 8GB
    55.5
  • GTX 1060 6GB
    51.8
  • GTX 1080 Ti
    93.9
  • GTX 1080
    68.9
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    63.2
  • GTX 1070 Ti
    64.5
  • GTX 1070
    55.6
  • RX 580 8GB
    41.8
  • GTX 1060 6GB
    38.8
  • GTX 1080 Ti
    57.4
  • GTX 1080
    41.6
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    37.7
  • GTX 1070 Ti
    37.6
  • GTX 1070
    33.1
  • RX 580 8GB
    24.6
  • GTX 1060 6GB
    22.6

最後にWitcher 3、良い感じにGTX 1070 Tiが仕事している。WQHD画質の場合、GTX 1070なら平均60fpsに届かないが1070 Tiなら60fpsを達成しているのが特に良い感じだ。

GTX 1070には無理だけどGTX 1070 Tiなら行ける…という状態は、ユーザーの選択肢になるかどうかにおいて重要なポイントになるからね。

平均パフォーマンス:GTX 1070 Tiって感じだ

平均パフォーマンス – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    121.7
  • GTX 1080
    102.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    93.1
  • GTX 1070 Ti
    93.9
  • GTX 1070
    85.4
  • RX 580 8GB
    62.4
  • GTX 1060 6GB
    62.4
  • GTX 1080 Ti
    95.3
  • GTX 1080
    75.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    67.3
  • GTX 1070 Ti
    67.9
  • GTX 1070
    60.9
  • RX 580 8GB
    45.4
  • GTX 1060 6GB
    44.4
  • GTX 1080 Ti
    59.4
  • GTX 1080
    45.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    40.5
  • GTX 1070 Ti
    40.7
  • GTX 1070
    36.3
  • RX 580 8GB
    27.5
  • GTX 1060 6GB
    26.1

ここまでのフレームレートを平均するとこうなる。想像以上に行きすぎず悪すぎずピッタリと「GTX 1070 Ti」らしい処理性能を発揮した。

ゲームによってはGTX 1070並だったり逆にGTX 1080に迫ったりしていたが、平均的に見ればちゃんとGTX 1070 Tiはしっかりと中間ポジションを取りきったということ。

「GTX 1070 Ti」は新たなるWQHDの覇者ではあるが…

平均パフォーマンス – WQHD(2560×1440)

  • GTX 1080 Ti
    95.3
  • GTX 1080
    75.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    67.3
  • GTX 1070 Ti
    67.9
  • GTX 1070
    60.9
  • RX 580 8GB
    45.4
  • GTX 1060 6GB
    44.4

見ての通り、GTX 1070だとWQHDにおいて平均60fpsを出せるが、割りとギリギリ感が否定できなかった。GTX 1070 Tiなら余裕を持って60fpsを超えられるので、GTX 1070の不安を払拭した出来栄えだ。

価格もGTX 1080より150ドル安くなっているので「WQHD画質で安定させたいけど、1070はなんだかな…かと言って1080はオーバースペックだし…。」という人には良い選択肢だろう。

しかし、多くの人はGTX 1070 Tiにそこまで興奮を感じないかもしれない。空いている隙間を埋めるのは確かに重要なことかもしれないが、あまり感動を覚えないですね。

コスパはGTX 1070に劣るものの、GTX 1080より遥かに良い

  • GTX 1070より約10%高い性能
  • 価格差は18%

性能は10%ほど伸びたが、価格差は379ドルに対して449ドルなので18%高いです。価格あたりの性能は確実に低下しているのはデメリットだ。

コストパフォーマンスの比較 – フルHD / WQHD / 4K

  • GTX 1080
    5.9
  • GTX 1070 Ti
    4.8
  • GTX 1070
    4.4
  • GTX 1080
    8.0
  • GTX 1070 Ti
    6.6
  • GTX 1070
    6.2
  • GTX 1080
    13.2
  • GTX 1070 Ti
    11.0
  • GTX 1070
    10.4

フルHD(1920×1080)WQHD(2560×1440)4K(3840×2160)

ただ、1フレームレートあたりの価格(コスパ)で比較して見ると、GTX 1080よりは大幅に良くなっています。

特にWQHD(2560×1440)で目的でこのあたりのグラボを買うつもりなら、GTX 1070 Tiはやはり魅力的な選択肢になるのは間違いない。…GTX 1070からの買い替えは微妙ですけど。

GTX 1070 Tiの消費電力とGPU温度

消費電力

GPU単体の消費電力(単位:ワット) – GTX 1070 Ti FE

  • アイドル時
    10.9
  • Web閲覧
    49.3
  • ゲーミング時
    180.1

定格で動作するFE版では、アイドル時が約11W / Web閲覧をすると約50W / ゲーミングに入るとほぼ180Wと公称値どおりの消費電力に収まりました。

システム全体だと300W程度に達するのは簡単なので、電源ユニットは500Wくらいの製品を使っておけば十分(Core i7と組み合わせるという前提で)。

GPU単体の消費電力(単位:ワット) – MSI GTX 1070 Ti Titanium

  • アイドル時
    16.6
  • Web閲覧
    50.7
  • ゲーミング時
    183.2
  • 最大値(2001Mhz)
    233.2
  • 最大値(2001Mhz / スパイク)
    290.0

最大で2001Mhzで動作可能な、オーバークロックモデルだとこうなります。2001Mhzで動作させると公称値を50Wオーバーし230Wまで。発生時間が短いスパイク※だと290Wに達します。

※発生時間が1000msにも満たない、非常に短い間隔で発生するためグラフで見るとトゲのように見える。だからトゲ(=スパイク)と呼ばれている。

スパイク時に300W近くまで消費電力が跳ね上がる現象は、古い電源ユニットを使っているとPCの強制終了などの原因になりやすいが、最近の電源ユニットを使っていれば大きな問題にはならない。

GPUの温度

GPUの温度 – ゲーミング時

  • GTX 1070 Ti FE
    82.0
  • GTX 1070 Ti Titanium
    65.0

ゲーミング時のGPU温度はFE版では82度で推移し、高性能なGPUファン「TwinFrozr VI」を採用しているTitaniumでは65度で推移した。この冷却性能はさすがのMSIといったところです。

まぁ…80度はまだ安全圏なのでそこまで問題視するほどでは無いが、中長期的に運用していきたいと考えるならオリファンを採用した各社ベンダー製のボードがベストでしょうね。

大抵の場合はTwinFrozrを採用しているMSI製の「Gaming X」や「Titanium」を選んでおけば、まずハズレないです。

課題はGTX 1070 Tiの国内価格

Amazonで一番安いGTX 1070 TiはZOTAC製。しかし、現時点(2017/11)で68000円と非常に高価です。MSRPは449ドルなので、ボッタクリと言える…ボッタクリ過ぎだろ。

もっともハズレないMSI Gaming XのGTX 1070 Tiだと70000円超と、GTX 1080が買えてしまう価格設定。TwinFroze VI採用のボードでは一番安いので、どうせ買うならこれが欲しいところだが。

コストパフォーマンスの比較 – MSI Gaming XのAmazon国内価格で算出

  • GTX 1080
    685
  • GTX 1070 Ti
    759
  • GTX 1070
    687
  • GTX 1080
    932
  • GTX 1070 Ti
    1049
  • GTX 1070
    963
  • GTX 1080
    1545
  • GTX 1070 Ti
    1751
  • GTX 1070
    1616

フルHD(1920×1080)WQHD(2560×1440)4K(3840×2160)

うーん…高すぎる。現時点ではGTX 1070 Tiがもっとも割高な選択肢になるため、いろいろと本末転倒です。なお、GTX 1070も意外と割高なんですが、困ったことにマイニング用途でも売れている事情があります…。

 2017/11時点の国内価格(Amazon)を計算に使っています。

まとめ:GTX 1070 TiはWQHD画質で最高の選択肢

平均パフォーマンス – フルHD / WQHD / 4K – 最高設定

  • GTX 1080 Ti
    121.7
  • GTX 1080
    102.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    93.1
  • GTX 1070 Ti
    93.9
  • GTX 1070
    85.4
  • RX 580 8GB
    62.4
  • GTX 1060 6GB
    62.4
  • GTX 1080 Ti
    95.3
  • GTX 1080
    75.1
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    67.3
  • GTX 1070 Ti
    67.9
  • GTX 1070
    60.9
  • RX 580 8GB
    45.4
  • GTX 1060 6GB
    44.4
  • GTX 1080 Ti
    59.4
  • GTX 1080
    45.3
  • GTX 1070 Ti + 8700K
    40.5
  • GTX 1070 Ti
    40.7
  • GTX 1070
    36.3
  • RX 580 8GB
    27.5
  • GTX 1060 6GB
    26.1

フルHD(1920×1080)WQHD(2560×1440)4K(3840×2160)

18%割高ですが、WQHD画質においてより安定したフレームレートを得られるというのは十分なプレミアムです。GTX 1070を買うか躊躇していたユーザーには最高の選択肢だ。

やかもち
1080は高いし、1070は性能が…だから1070 tiはちょうどいいかも。

しかし問題はさきに書いた通り、馬鹿げた「国内価格」です。今は初売価格だからGTX 1080相当の価格だが、少なくとも5万円後半にならないと厳しいですね。一応、買っても問題がない適正価格を考えておく。

AmazonのGTX 1080 Gaming Xが約7万円で入手可能なので、MSRPに対する比率は116.8円。これに基づけば、GTX 1070は44000円(379ドル)、GTX 1070 Tiは52500円(449ドル)となります。

最低でもあと15000円ほど値下がりしてくれないと買えません。

  • GPUの性能は正真正銘「GTX 1070 Ti」にふさわしい
  • コスパよく、GTX 1070より安定したWQHD環境をつくれる
  • 国内価格がボッタクリ過ぎ、少なくとも55000円が妥当だろう

というわけでGPU本体には「Sランク」をつけたいところですが、国内価格に問題があるのは間違いないため「A+」にしておきます。

以上「GTX 1070 Tiは見事に1070と1080の間を貫く性能だが」について書きました。

 「だが」…に続くのは国内価格が高すぎるということ。

GTX 1070 Ti 本体を入手する

もっとも安価なのは玄人志向製のGTX 1070 Tiです。コストパフォーマンス重視で選ぶなら、現状はこれ一択。

冷却性能とコスパを重視するなら、やはりMSI Gaming Xになる。ハイエンドのGaming Xには「TwinFrozr VI」が採用されているため、高負荷時も65度前後まで温度を抑えられる。

GTX 1070 Ti搭載のマシン

GALLERIA ZV
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 8700K (6コア / 12スレッド / 3.70~4.70Ghz)
GPUGTX 1070 Ti 8GB
メモリーDDR4-2400 8GB*1
マザーボードIntel H370搭載マザーボード(ATX)
SSD500GB
HDD2TB
電源500W 静音電源(80+ BRONZE)
保証1年間 持込修理保証

安くGTX 1070 Ti搭載のマシンを買うならドスパラ製が一番よさげ。Palitの代理店ということで、安価なPalit製GTX 1070 Ti(単品価格は約6万円)を使って安く組み上げている。

G-Master Spear Z370
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 8700K (6コア / 12スレッド / 3.70~4.70Ghz)
GPUGTX 1070 Ti 8GB (MSI Gaming Xを選択可能)
メモリーDDR4-2400 4GB*2
マザーボードASRock Z370 Pro4
SSD525GB
HDD
電源750W 静音電源(80+ Gold)
保証1年間 持込修理保証

ドスパラ以外にはサイコムというメーカーもGTX 1070 Tiを採用している。このBTOメーカーはGaming Xをカスタマイズから選べるのがメリット。しかし、ドスパラと同じ構成で比較するとやや割高なのが難点。

他にもあるよ、グラボ記事

GeForce 10、Polaris 20、Vegaまで、2017年に活躍した様々なグラフィックボードからベストなGPUを7品まとめた記事。動作フレームレートなど、データに基づいて性能を分かりやすく解説したのが特徴です。

Vega世代も含む、125種類ものグラフィックボードの性能スコアをまとめた記事。性能比較がしやすいので、グラボ探し(特に中古グラボの選定)に使いやすい。

Sponsored Link

4 件のコメント

  • 僕は詳しくないのでよく分かりませんが…。
    MSIはGeForce GTX 10シリーズから、コンデンサが海外メーカーになり、
    素人目で見てもコストダウンが分かってしまい残念に思います。

  • なんで1080より高いのかホント謎
    えーと中間商売の人が主に値段決めたりしてるんだっけ?
    なんていう人らだったか・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。