RTX 2080 Superをレビュー:1080 Tiより良いが必要性は薄い

「RTX 2080 Super」は、8~10万円の価格帯を確実に抑えるためにNVIDIAが新たに追加したGPUです。しかし現状は1つ下の2070 Superがとても魅力的で、4Kゲーミングなら2080 Tiが強力です。では2080 Superに価値を見いだせるのか否か、実際に検証します。

Sponsored Link

「RTX 2080 Super」のスペックと概要

RTX 2080 Superのスペックを解説
GPURTX 2080 SuperRTX 2080GTX 1080 Ti
ダイRadeon RTX 2080 Super(ダイ画像)Radeon RTX 2080(ダイ画像)Radeon GTX 1080 Ti(ダイ画像)
世代TuringTuringPascal
プロセス12nm製造 : TSMC12nm製造 : TSMC16nm製造 : TSMC
トランジスタ数136.0 億136.0 億118.0 億
ダイサイズ545 mm2545 mm2471 mm2
シェーダー数CPUのコア数に相当307229443584
TMU数Texture Mapping Unitのこと192184224
ROP数Render Output Unitのこと646488
演算ユニット数484628
Tensorコア数機械学習向けの特化コア384368
RTコア数レイトレ用の特化コア4846
クロック周波数1650 MHz1515 MHz1481 MHz
ブーストクロック1815 MHz1710 MHz1582 MHz
VRAM容量8 GB8 GB11 GB
VRAM規格GDDR6GDDR6GDDR5X
VRAMバス256 bit256 bit352 bit
VRAM帯域幅495.9 GB/s448.0 GB/s484.4 GB/s
理論性能(FP32)11.15 TFLOPS10.07 TFLOPS11.34 TFLOPS
TDP250 W215 W250 W
補助電源8 + 6 pin8 + 6 pin8 + 6 pin
MSRP$ 699$ 699$ 699
参考価格最安Top5の平均価格83600 円81700 円87630 円

RTX 2080 Superのスペックを、おおむね同じ値段のグラフィックボードと比較してみた。ザックリと言えば、RTX 2080 SuperはRTX 2080(無印)よりわずかに性能アップしただけのスペックです。

ゲーム性能の目安になるシェーダー数はたったの4.3%増えただけで、ブーストクロックとVRAMの速度を底上げしてパフォーマンスの改善を目指す設計になっています。

とはいえ、たしかにスペック的な改善点は小さいですが、価格設定は同じ699ドルを据え置きです。RTX 2080より性能が上がったのに値段は同じですから、一応コストパフォーマンスは改善されています。

チップの微増とオーバークロックで性能アップ

チップTU102TU104TU106
ダイサイズ754 mm2545 mm2445 mm2
演算ユニット最大 72個最大 48個最大 36個

現在、NVIDIAのゲーム用GPUに使われるチップで最強なのが「TU102」です。RTX 2080 Superでは、TU102の次に優秀な「TU104」チップを引き続き続投しています。

本音を言えばTU102に格上げして、もっと意欲的な性能アップを目指してほしいところでしたが、NVIDIAはあくまでも「8~10万円の価格帯を抑えられれば問題ない」との考えで今回の2080 Superを作っているようです。

TU104チップに搭載できる演算ユニットは最大で48個まで。RTX 2080はすでに46個だったので、TU104チップを使って性能アップを狙っても演算ユニットはあと2個しか増やせません。

演算ユニットをたったの2個増やしただけでは、性能の改善は地味です。そこでNVIDIAは消費電力の増加をいとわず、ブーストクロックとVRAMクロックのさらなるオーバークロックで性能アップを目指してしまいました。

GPURTX 2080 SuperRTX 2080性能差
演算ユニット数4846+4.3%
シェーダー数CPUのコア数に相当30722944+4.3%
TMU数Texture Mapping Unitのこと192184+4.3%
ROP数Render Output Unitのこと64640.0%
Tensorコア数機械学習向けの特化コア384368+4.3%
RTコア数レイトレ用の特化コア4846+4.3%
ブーストクロック1815 MHz1710 MHz+6.1%
VRAMクロック7750 MHz7000 MHz+10.7%
VRAM帯域幅495.9 GB/s448.0 GB/s+10.7%
理論性能(FP32)11.15 TFLOPS10.07 TFLOPS+10.7%
TDP250 W215 W+16.3%

スペックの変化をまとめました。演算ユニットを46から48個へ増やしたため、シェーダーなど基本スペックは約4.3%高いスペックに。しかし先程も説明したとおり、たった4%シェーダーを増やしただけでは大して変わりないです。

なので、RTX 2080 Superのブーストクロックは、1710 MHzから約6%高い1815 MHzに引き上げられました。VRAMのクロックも7000 MHzから1割高い、7750 MHzに引き上げられています。

7750 MHzは、RTXシリーズでは過去最高のVRAMクロックです。結果的に、RTX 2080 Superの理論性能は、RTX 2080と比較して10.7%高くなりました。同じ値段で1割の性能アップですね(一応)

まとめ:同じ値段でGTX 1080 Tiを圧倒できるか?

Pascal世代の最上位GPU「GTX 1080 Ti」と同じ699ドルの価格が付けられている「RTX 2080 Super」。注目するべきは、同じ価格できちんと性能アップを果たせているかどうかです。

8~10万円のセグメントでまともに競争相手になるのはGTX 1080 Tiしかないので、明確に1080 Tiを打ち負かせないなら…2080 Superの立ち位置は2080と同様やはりイマイチな評価になってしまいます。

  • RTX 2080より4%増えたスペック
  • より高いブーストクロック
  • RTXシリーズ最速のVRAM
  • 価格設定はそのまま据え置き
  • NVIDIAの最新技術をサポート
  • 消費電力はかなり増加
  • 既存のRTX 2080はディスコン

スペック解説のまとめは以上の通りです。

なお、RTX 2080(無印)はSuper版の発売をもってディスコン(販売終了)しましたが、まだ在庫は市場に余っていて販売が続いています。新品価格は2000円しか変わらないので、誤って無印版を買わないように注意してください。

自作歴27台のやかもち
NVIDIAさん。2080 Superには「TU102」使ってほしかったな。

「RTX 2080 Super」の性能を検証

テスト環境

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOのテスト環境
テスト環境「ちもろぐ専用ベンチ機」
CPUCore i9 9900K
CPUクーラーASSASSIN III140 mm x2の大型空冷
マザーボードASRock Z390 Phantom Gaming 6
メモリDDR4-2666 8GB x2使用メモリ「G.Skill FlareX C14」
グラフィックボードRTX 2080 Super
SSDSATA 500GB使用SSD「Samsung 860 EVO」
SATA 2TB使用SSD「Micron 1100」
電源ユニット1200 W(80+ Platnium)使用モデル「Toughpower iRGB PLUS」
OSWindows 10 Pro 64bit検証時のバージョンは「1903」
ドライバNVIDIA 441.08
ディスプレイ3840 x 2160@60 Hz使用モデル「Acer ET430Kbmiiqppx」

「RTX 2080 Super」の性能を検証するテストPCのスペックです。

現状もっともボトルネックが生じづらい、ゲーミング最強のCPU「Core i9 9900K」を軸に、適当なパーツを組み合わせています。メモリはごく標準的なDDR4-2666を2枚組で使って合計16 GBに。

検証に使用したグラフィックドライバは、NVIDIA GeForce Driver 441.08(レビューを行った時点の最新版)です。

用意したグラボ

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOをレビュー
MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

本レビューで使用するRTX 2080 Superは、MSI製のハイエンドモデル「RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」です。大型ヒートシンクと大口径トリプルファンによって、トップクラスの冷却性能と静音性を両立するモンスター級グラボ。

性能とクオリティは申し分ないグラフィックボードですが、価格もその分だけプレミアムです。RTX 2080 SUPER GAMING X TRIOそのもののレビューについては、以下の記事を読んでください。

Palit / ブーストクロック : 1815 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2.7スロット(59.6mm) / TDP : 215 W
MSI / ブーストクロック : 1755 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(55.6 mm) / TDP : 300 W / 備考 : 8 + 8 + 6 pinが必要
MSI製 / 2連ファンモデル / OCクロック : 1683 MHz
玄人志向 / ブーストクロック : 1797 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2スロット(43mm) / TDP : 180 W

RTX 2080 Superと性能を争うグラフィックボードは以上の4枚。

スペック的や価格で競合するGTX 1080 Tiはもちろんのこと、2080 Superを上下から挟むRTX 2080 TiとRTX 2070 Super、同じナンバリングで先代に位置するGTX 1080も比較に加えました。

自作歴27台のやかもち
GTX 1080 TiとRTX 2080 Superどちらも「MSI Gaming X」です。さてどんな戦いになるかな。

ゲーミング性能:1080 Ti超えだが中途半端な感も

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike1920 x 1080 / Graphics Score
  • RTX 2080 Super
    29717
  • RTX 2070 Super
    26026
  • RTX 2080 Ti
    35683
  • GTX 1080 Ti
    29395
  • GTX 1080
    22293

DirectX11ベースのGPUベンチマーク「FireStrike」で基本的な性能をテスト。RTX 2080 Superのスコアは約29700点で、GTX 1080 Tiをわずかに上回ります。

3DMark TimeSpy

3DMark TimeSpy Graphics Score3DMark TimeSpy1920 x 1080 / Graphics Score
  • RTX 2080 Super
    11671
  • RTX 2070 Super
    10284
  • RTX 2080 Ti
    15040
  • GTX 1080 Ti
    10153
  • GTX 1080
    7539

DirectX12ベースの「TimeSpy」はTuring世代が得意とするベンチマークなので、RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiを約17%も引き離すスコアです。

FF14 : 漆黒のヴィランズ

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ1920 x 1080 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    152.9 fps
  • RTX 2070 Super
    145.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    171.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    150.8 fps
  • GTX 1080
    131.3 fps

FF14:漆黒のヴィランズ(フルHD)の公式ベンチマークで性能を計測。結果はわずかにGTX 1080 Tiを上回りますが、思ったほど大きな性能差ではありません。

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    121.8 fps
  • RTX 2070 Super
    112.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    133.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.6 fps
  • GTX 1080
    96.2 fps

解像度をWQHDに引き上げても、性能差は広がらずほぼ互角の水準です。

「FF14:漆黒の追従者」ベンチマークFF14:漆黒のヴィランズ3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    65.2 fps
  • RTX 2070 Super
    57.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    83.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    65.4 fps
  • GTX 1080
    48.1 fps

4K解像度でもやはり性能差は変わらないどころか、むしろ縮小してほとんど同じ性能になりました。

FINAL FANTASY 15

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark1920 x 1080 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    109.1 fps
  • RTX 2070 Super
    106.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    126.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    108.9 fps
  • GTX 1080
    86.2 fps

FF15のベンチマークなら差が開きそうですが、意外にもGTX 1080 TiとRTX 2080 Superは互角の性能です。

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark
2560 x 1440 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    87.3 fps
  • RTX 2070 Super
    79.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    104.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    81.6 fps
  • GTX 1080
    62.7 fps

WQHDに引き上げてようやく、GTX 1080 Tiを1割ほど超える性能に。

Final Fantasy XV(Windows版):ベンチマークFINAL FANTASY XV : Benchmark
3840 x 2160 / 高品質
  • RTX 2080 Super
    50.4 fps
  • RTX 2070 Super
    44.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    64.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    48.1 fps
  • GTX 1080
    35.3 fps

4K解像度でも、おおむね同じ傾向です。

Apex Legends

Apex LegendsApex Legends1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    201.2 fps
  • RTX 2070 Super
    189.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    246.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    152.4 fps
  • GTX 1080
    122.6 fps

Turing世代とすこぶる相性の良いApex Legendsでは、さすがにRTX 2080 Superが圧倒的なパフォーマンスを見せつけます。性能差は約3割を超え、GTX 1080 Tiを明確に打ち負かします。

Apex LegendsApex Legends
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    148.3 fps
  • RTX 2070 Super
    136.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    186.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    108.9 fps
  • GTX 1080
    86.4 fps

WQHDでも傾向はまったく同じで、RTX 2080 Superが猛威をふるいます。

Apex LegendsApex Legends
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    80.1 fps
  • RTX 2070 Super
    74.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    104.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.0 fps
  • GTX 1080
    47.3 fps

4K解像度では若干性能差が抑えられますが、それでも約30%の性能差があります。

Battlefield V

今回のテストより、バトルフィールド5を検証タイトルに入れました。ロケ地は「最後の虎」にて、最初のチェックポイントまでを戦車で移動して計測(発砲は定点位置にいる敵に対してのみ)。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    134.9 fps
  • RTX 2070 Super
    122.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    151.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.7 fps
  • GTX 1080
    93.9 fps

バトルフィールド5では、Turing世代が目立って優秀な結果となりました。RTX 2080 Superは、GTX 1080 Tiに対しておおむね1割高いフレームレートです。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    107.9 fps
  • RTX 2070 Super
    96.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    125.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    93.0 fps
  • GTX 1080
    71.7 fps

解像度をWQHDに引き上げても、傾向はほとんど変わりません。

Battlefield 5(BF5)の平均フレームレートBattlefield V
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    62.9 fps
  • RTX 2070 Super
    55.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    54.3 fps
  • GTX 1080
    39.9 fps

4K解像度では更に性能差が開き、RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiより約16%も高いパフォーマンスでした。

CS:GO

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    266.5 fps
  • RTX 2070 Super
    269.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    270.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    270.2 fps
  • GTX 1080
    271.5 fps

CSGOは最新のフラグシップGPUなら、260~270 fps前後で飽和します。

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    273.6 fps
  • RTX 2070 Super
    269.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    269.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    276.4 fps
  • GTX 1080
    272.6 fps

WQHDでも性能は飽和しています。

CSGO(Counter Strike : Global Offensive)Counter Strike : Global Offensive
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    245.8 fps
  • RTX 2070 Super
    225.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    255.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    247.3 fps
  • GTX 1080
    199.7 fps

4K解像度でようやく負荷がいい感じにかかってきて、飽和がマシになりました。GTX 1080 TiとRTX 2080 Superはほぼ同じ性能を記録します。

Call of Duty : Black Ops IV

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    202.7 fps
  • RTX 2070 Super
    202.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    237.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    196.0 fps
  • GTX 1080
    145.6 fps

Call of Duty : Black Ops IVでは、一応GTX 1080 Tiより高いパフォーマンスですが、思ったほどには抜けきらない性能です。

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    135.4 fps
  • RTX 2070 Super
    119.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    176.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    130.6 fps
  • GTX 1080
    88.1 fps

WQHDではやや性能差が出ます。しかし、RTX 2080 Tiとの性能差が異様に大きく、なんとなくVRAM容量の大きさが性能の壁になっているような感覚があります。

Call of Duty : Black Ops IVCall of Duty : Black Ops IV
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    69.9 fps
  • RTX 2070 Super
    66.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    91.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    68.1 fps
  • GTX 1080
    44.7 fps

4Kゲーミングになると性能差が落ち着きましたが、2080 Tiだけが突き抜けている状況は変わりません。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    236.5 fps
  • RTX 2070 Super
    216.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    273.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    199.3 fps
  • GTX 1080
    156.0 fps

レインボーシックスシージは付属ベンチマークで計測します。RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiより約19%も高いフレームレートです。

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    159.0 fps
  • RTX 2070 Super
    141.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    195.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    132.0 fps
  • GTX 1080
    100.1 fps

WQHD解像度では約20%も高いフレームレートを記録し、平均144 fpsを超えています。

Rainbow Six SiegeRainbow Six Siege
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    82.1 fps
  • RTX 2070 Super
    71.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    106.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    67.2 fps
  • GTX 1080
    48.4 fps

4K解像度では更に性能差が開き、RTX 2080 Superが約22%も高いフレームレートでした。平均60 fpsは問題なくクリア。

Fortnite : Battle Royale

Fortnite : Battle Royale1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    163.3 fps
  • RTX 2070 Super
    156.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    176.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    155.6 fps
  • GTX 1080
    134.8 fps

フォートナイトはミスティ・メドウズにて計測。RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiを約5%上回るにとどまりました。

Fortnite : Battle Royale
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    120.9 fps
  • RTX 2070 Super
    113.9 fps
  • RTX 2080 Ti
    144.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    119.4 fps
  • GTX 1080
    89.9 fps

WQHD解像度では、GTX 1080 Tiとほとんど同じ性能になりました。

Fortnite : Battle Royale
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    62.0 fps
  • RTX 2070 Super
    57.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    80.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.8 fps
  • GTX 1080
    45.4 fps

4K解像度でも差は広がらず、GTX 1080 Tiとほぼ互角の性能にとどまってしまいます。

Overwatch

OverwatchOverwatch
1920 x 1080 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    264.9 fps
  • RTX 2070 Super
    246.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    298.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    268.9 fps
  • GTX 1080
    206.2 fps

オーバーウォッチではGTX 1080 Tiの方が、なぜか若干伸びやすい傾向です。

OverwatchOverwatch
2560 x 1440 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    183.4 fps
  • RTX 2070 Super
    164.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    236.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    190.2 fps
  • GTX 1080
    141.3 fps

WQHDになっても傾向は変わらないどころか、逆にGTX 1080 Tiに約4%も抜かされる展開に。

OverwatchOverwatch
3840 x 2160 / エピック設定(100%)
  • RTX 2080 Super
    96.5 fps
  • RTX 2070 Super
    86.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    127.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.7 fps
  • GTX 1080
    74.4 fps

4Kゲーミングでも差が開き、GTX 1080 Tiに約5%も抜かされてしまいます。

PUBG

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    202.0 fps
  • RTX 2070 Super
    168.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    209.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    168.7 fps
  • GTX 1080
    139.3 fps

PUBGでは、RTX 2080 Superが猛威をふるいます。GTX 1080 Tiより約20%も高いフレームレートです。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG
2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    141.1 fps
  • RTX 2070 Super
    117.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    161.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    123.5 fps
  • GTX 1080
    96.6 fps

WQHDでも性能差は埋まらず、RTX 2080 Superが圧倒的でした。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)PUBG3840 x 2160 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    73.9 fps
  • RTX 2070 Super
    61.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    89.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    69.5 fps
  • GTX 1080
    51.0 fps

4KになるとGTX 1080 Tiがじわじわと差を詰めてきますが、RTX 2080 Superの方が優秀です。

Assassin Creed Odyssey

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    72.0 fps
  • RTX 2070 Super
    71.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    73.0 fps
  • GTX 1080
    60.0 fps

非常に重たいアサシンクリードオデッセイでは、GTX 1080 TiとRTX 2080 Superはほぼ同じ性能に。

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
2560 x 1440 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    61.0 fps
  • RTX 2070 Super
    59.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    68.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.0 fps
  • GTX 1080
    49.0 fps

解像度をWQHDに引き上げても、両者の性能差はほとんど変わりません。

アサシンクリードオデッセイAssassin Creed Odyssey
3840 x 2160 / 最高品質
  • RTX 2080 Super
    44.0 fps
  • RTX 2070 Super
    39.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    51.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    40.0 fps
  • GTX 1080
    33.0 fps

しかし4K解像度では、RTX 2080 Superが明確にGTX 1080 Tiを打ち負かす展開に。

ARK Survival Evolve

ARK Survival Evolve
1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    80.1 fps
  • RTX 2070 Super
    68.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    99.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    73.6 fps
  • GTX 1080
    53.1 fps

超重量級のゲーム、ARK Survival EvolveではRTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiを約9%上回りました。

ARK Survival Evolve
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    55.0 fps
  • RTX 2070 Super
    44.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    70.7 fps
  • GTX 1080 Ti
    49.7 fps
  • GTX 1080
    36.2 fps

WQHDでも性能差は同じです。

ARK Survival Evolve
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    29.4 fps
  • RTX 2070 Super
    24.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    38.6 fps
  • GTX 1080 Ti
    26.7 fps
  • GTX 1080
    19.1 fps

4K解像度でも性能差はありますが、RTX 2080 Ti以外はどれも平均30 fps以下の動作になってしまうので何とも。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V1920 x 1080 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    106.3 fps
  • RTX 2070 Super
    101.6 fps
  • RTX 2080 Ti
    101.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    104.7 fps
  • GTX 1080
    104.4 fps

Grand Theft Auto VはフルHDだと性能が100 fps前後でGPU使用率が伸びなくなり、今ひとつ性能が出し切れない状況に。

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V
2560 x 1440 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    101.5 fps
  • RTX 2070 Super
    100.8 fps
  • RTX 2080 Ti
    97.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    96.6 fps
  • GTX 1080
    86.0 fps

解像度をWQHDに引き上げると、少しずつ性能差が出てきます。

Grand Theft Auto VGrand Theft Auto V
3840 x 2160 / 最高設定(MSAA x2)
  • RTX 2080 Super
    62.0 fps
  • RTX 2070 Super
    55.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    77.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    62.4 fps
  • GTX 1080
    43.0 fps

4K解像度まで引き上げると、ようやくGPUのスペックに見合った性能が判明します。GTX 1080 TiとRTX 2080 Superはほとんど互角のフレームレートです。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
1920 x 1080 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    126.0 fps
  • RTX 2070 Super
    118.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    133.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    120.0 fps
  • GTX 1080
    82.0 fps

Shadow of the Tomb Raiderでは、RTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiを5%上回る性能に。

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
2560 x 1440 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    95.0 fps
  • RTX 2070 Super
    82.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    114.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    85.0 fps
  • GTX 1080
    61.0 fps

WQHDでさらに性能差は広がり、性能差は約12%に開きました。

Shadow of the Tomb RaiderShadow of the Tomb Raider
3840 x 2160 / 最高設定(SMAA / DX12)
  • RTX 2080 Super
    51.0 fps
  • RTX 2070 Super
    43.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    66.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    45.0 fps
  • GTX 1080
    33.0 fps

4K解像度になると性能差はさらに大きくなり、約13%の性能差になりました。

Ghost Recon Breakpoint

バトルフィールド5を新たにテストに加えるついでに、UBI Softの最新作「Ghost Recon Breakpoint」もテストに迎えました。と同時に、ベンチマークとして今ひとつ参考に欠ける上に、プレイヤー人口も激減しているNieR : AutomataとWatch Dogs 2をテストから外します。

次にテスト方法ですが、Ghost Reconに付属しているベンチマークを使います。設定はアルティメットではなく「ウルトラ」です。UBIいわくアルティメット設定は次世代向けで、現状の評価にはウルトラ設定の方が適切とのこと。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
1920 x 1080 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    110.0 fps
  • RTX 2070 Super
    104.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    121.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.0 fps
  • GTX 1080
    85.0 fps

Breakpointはいい感じに重たく、フレームレートが伸びにくいです。RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiに対して、1割高いフレームレートでした。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
2560 x 1440 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    89.0 fps
  • RTX 2070 Super
    83.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    102.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    83.0 fps
  • GTX 1080
    68.0 fps

WQHD解像度では、性能差は広がるどころか逆に縮小して約7%の性能差になりました。

Tom Clancy's Ghost Recon Breakpointの平均フレームレートGhost Recon Breakpoint
3840 x 2160 / ウルトラ設定
  • RTX 2080 Super
    58.0 fps
  • RTX 2070 Super
    53.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    71.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    56.0 fps
  • GTX 1080
    41.0 fps

4K解像度になると更に性能差は縮まり、約4%のパフォーマンス差に。GTX 1080 Tiの方がシェーダーの数そのものは多いので、高解像度で性能差が出づらい可能性が高いですね。

Witcher 3

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
1920 x 1080 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    129.8 fps
  • RTX 2070 Super
    111.1 fps
  • RTX 2080 Ti
    146.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    113.3 fps
  • GTX 1080
    86.1 fps

Witcher 3では、RTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiに対して約15%高いパフォーマンスを記録して好調でした。

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
2560 x 1440 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    98.6 fps
  • RTX 2070 Super
    83.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    119.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    87.2 fps
  • GTX 1080
    66.7 fps

WQHDになっても性能差をまだ維持しており、約13%高いパフォーマンスに。

The Witcher 3 : Wild HuntWitcher 3
3840 x 2160 / 最高設定 + HairWorks x4
  • RTX 2080 Super
    57.4 fps
  • RTX 2070 Super
    49.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    72.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    53.6 fps
  • GTX 1080
    39.4 fps

しかし4K解像度になると距離を詰められ、約7%の性能差に抑えられました。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドMonster Hunter World1920 x 1080 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    110.8 fps
  • RTX 2070 Super
    97.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    126.9 fps
  • GTX 1080 Ti
    96.5 fps
  • GTX 1080
    75.3 fps

モンスターハンターワールドでは、GTX 1080 Tiを約15%上回る性能です。

モンスターハンターワールドMonster Hunter World
2560 x 1440 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    74.8 fps
  • RTX 2070 Super
    63.3 fps
  • RTX 2080 Ti
    92.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    64.1 fps
  • GTX 1080
    49.3 fps

WQHD解像度でも、おおむね同じくらいの性能差を維持します。

モンスターハンターワールドMonster Hunter World
3840 x 2160 / 最高設定
  • RTX 2080 Super
    38.9 fps
  • RTX 2070 Super
    31.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    48.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    33.5 fps
  • GTX 1080
    24.9 fps

4K解像度でもGTX 1080 TiとRTX 2080 Superの距離はほぼ変わらず、約16%のパフォーマンス差でした。

黒い砂漠

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
1920 x 1080 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    114.6 fps
  • RTX 2070 Super
    112.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    131.2 fps
  • GTX 1080 Ti
    114.9 fps
  • GTX 1080
    93.9 fps

無料MMORPG「黒い砂漠」のリマスター品質では、GTX 1080 Tiとほぼ同じ性能です。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠1920 x 1080 / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    58.3 fps
  • RTX 2070 Super
    53.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    77.8 fps
  • GTX 1080 Ti
    56.2 fps
  • GTX 1080
    30.3 fps

更に重たいウルトラ品質モードでは、若干RTX 2080 Superの方が高性能でした。

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
2560 x 1440 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    99.1 fps
  • RTX 2070 Super
    91.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    105.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    94.6 fps
  • GTX 1080
    70.8 fps

WQHDのリマスター品質も検証。RTX 2080 SuperがGTX 1080 Tiを引き離します。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠2560 x 1440 / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    39.2 fps
  • RTX 2070 Super
    35.7 fps
  • RTX 2080 Ti
    57.1 fps
  • GTX 1080 Ti
    32.7 fps
  • GTX 1080
    19.3 fps

ウルトラ品質モードでは、GTX 1080 TiがTuring世代との競争から脱落気味です。

黒い砂漠(リマスター品質)黒い砂漠
3840 x 2160 / リマスター品質
  • RTX 2080 Super
    59.6 fps
  • RTX 2070 Super
    51.0 fps
  • RTX 2080 Ti
    75.3 fps
  • GTX 1080 Ti
    54.1 fps
  • GTX 1080
    38.8 fps

4K解像度のリマスター品質は、RTX 2080 Superがほぼ平均60 fpsを達成しました。GTX 1080 Tiとはほぼ1割の性能差です。

黒い砂漠(ウルトラ品質)黒い砂漠3840 x 2160  / ウルトラ品質
  • RTX 2080 Super
    11.0 fps
  • RTX 2070 Super
    14.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    17.5 fps
  • GTX 1080 Ti
    8.8 fps
  • GTX 1080
    5.8 fps

4K解像度のウルトラ品質モードになると、なぜか性能が伸びません。とはいえ4Kをウルトラ品質モードでプレイする人は皆無なので、気にする必要は無いです。

平均パフォーマンス

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスRTX 2080 Super
1920 x 1080 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    148.1 fps
  • RTX 2070 Super
    137.5 fps
  • RTX 2080 Ti
    166.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    136.4 fps
  • GTX 1080
    109.2 fps

フルHDゲーミングの平均パフォーマンスは、RTX 2080 Superが平均148 fps、GTX 1080 Tiが平均136 fpsでした。性能差は約9%になり、コストパフォーマンスは1割ほど改善したことになります。

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスRTX 2080 Super
2560 x 1440 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    110.5 fps
  • RTX 2070 Super
    99.4 fps
  • RTX 2080 Ti
    131.4 fps
  • GTX 1080 Ti
    101.3 fps
  • GTX 1080
    77.6 fps

WQHDゲーミングの平均パフォーマンスは、GTX 1080 Tiに対してRTX 2080 Superが約10%高いです。WQHDゲーミングにおいても、1割のコストパフォーマンス改善に成功です。

RTX 2080 Superの平均パフォーマンスRTX 2080 Super
3840 x 2160 / 平均パフォーマンス
  • RTX 2080 Super
    61.4 fps
  • RTX 2070 Super
    54.2 fps
  • RTX 2080 Ti
    78.0 fps
  • GTX 1080 Ti
    57.1 fps
  • GTX 1080
    41.6 fps

しかし4Kゲーミングの平均パフォーマンスは若干縮小し、GTX 1080 Tiに対して約8%高いだけにとどまりました。ゲームによっては、シェーダーを約3600個も持つGTX 1080 Tiの方が有利なのが原因です。

とはいえ約8%性能は高いわけですし、新品価格で比較した場合のコストパフォーマンスはすべての解像度においてRTX 2080 Superの方が優秀です。少なくとも「正統進化」したと評価はできます。

※平均パフォーマンスは、「CSGO」と「黒い砂漠(ウルトラ品質)」を除いた平均値を求めています。

クリエイティブ性能:1080 Tiに出る幕なし

ゲーミング性能の次は、クリエイティブ性能について検証します。GPUレンダリングの定番「Blender」に加え、OpenCL系の「LuxMark」。それとOpenGL系の「SPECviewperf 13」を使った検証も行います。

GPUレンダリング

Blender(Cycles Benchmark BMW)Blender 2.79.7Cycles benchmark「BMW」
  • RTX 2080 Super
    67.0 秒
  • RTX 2070 Super
    81.3 秒
  • RTX 2080 Ti
    50.3 秒
  • GTX 1080 Ti
    90.2 秒
  • GTX 1080
    100.2 秒

Blenderの公式サイトで無料配布されているCycles Render向けのデモファイル「BMW」を読み込んで、GPUのみ使用する設定に切り替えてから、レンダリングを行います。描画に掛かった時間が短いほど高性能です。

シェーダー数で圧倒しているGTX 1080 Tiの方が健闘しそうですが、VRAMが強化されているTuring世代の方がBlenderのレンダリングは速い傾向にあります。RTX 2080 Superは1080 Tiより約25%速いです。

LuxMark 3.1(LuxBall HDR)LuxMark 3.1LuxBall HDR(ポリゴン数 : 21.7万)
  • RTX 2080 Super
    30445
  • RTX 2070 Super
    29862
  • RTX 2080 Ti
    42849
  • GTX 1080 Ti
    21607
  • GTX 1080
    13854

LuxMarkはレンダリングソフト「LuxRender」のパフォーマンスを評価できるベンチマークソフト。BlenderのCycles RenderではCUDAを使うのに対し、LuxMarkはOpenCLを使うのが違いです。

結果はRTX 2080 Superが、GTX 1080 Tiより4割も高いスコアになりました。

LuxMark 3.1(Neumann TLM-102 Special Edition)LuxMark 3.1Neumann TLM-102(ポリゴン数 : 176.9万)
  • RTX 2080 Super
    19944
  • RTX 2070 Super
    20552
  • RTX 2080 Ti
    28617
  • GTX 1080 Ti
    13685
  • GTX 1080
    8855

更に重たい「Neumann」でも、RTX 2080 Superの方が46%も高速です。

LuxMark 3.1(Hotel Lobby)LuxMark 3.1Hotel Lobby(ポリゴン数 : 497.3万)
  • RTX 2080 Super
    6855
  • RTX 2070 Super
    6711
  • RTX 2080 Ti
    9285
  • GTX 1080 Ti
    5753
  • GTX 1080
    3852

もっと重たい「Hotel Lobby」になると、性能差は縮小しますが、それでもRTX 2080 Superの方が約19%速い結果に。レンダリング用途でGTX 1080 Tiを選ぶ価値は、ほとんど無さそうですね。

3DCG / 3DCAD(OpenGL描画処理)

SPECviewperf 13(3ds Max)SPECviewperf 133ds Max(3dsmax-06)
  • RTX 2080 Super
    223.64
  • RTX 2070 Super
    212.59
  • RTX 2080 Ti
    273.24
  • GTX 1080 Ti
    222.37
  • GTX 1080
    175.62

3ds Maxにおけるパフォーマンスは、GTX 1080 Tiと互角です。

SPECviewperf 13(Maya)SPECviewperf 13Maya(maya-05)
  • RTX 2080 Super
    334.43
  • RTX 2070 Super
    307.62
  • RTX 2080 Ti
    406.21
  • GTX 1080 Ti
    331.26
  • GTX 1080
    262.80

Mayaにおいても、3ds Maxとほとんど同じ傾向になります。

SPECviewperf 13(Solidworks)SPECviewperf 13Solidworks(sw-04)
  • RTX 2080 Super
    102.32
  • RTX 2070 Super
    102.16
  • RTX 2080 Ti
    109.74
  • GTX 1080 Ti
    96.61
  • GTX 1080
    83.46

Solidworksでは若干RTX 2080 Superの方が高いスコアです。

自作歴27台のやかもち
クリエイティブ性では、2080 SuperがGTX 1080 Tiと同じコストでより高性能でした。

OBSでゲーム実況配信(NVEncの性能)

OBSでゲーム実況配信(NVEnc)
OBSの設定※画像はクリックで拡大します
OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)OBSでゲーム実況配信(NVEncの設定)

NVIDIAのグラフィックボードに搭載されている「NVEnc」を使うと、非常に負荷が重たいリアルタイムなゲーム実況配信をCPUと比較して遥かに少ない負荷で実行できます。

特に最新のTuring世代では、NVEncが進化してCPUでエンコードする場合と比較してもまったく劣らないほどにまで画質が改善されています。では、FF14(紅蓮のリベレーター)でリアルタイムの録画配信を検証です。

  • エンコーダ:NVIDIA NVENC H.264(new)
  • ビットレート:6000 kbps(CBR)
  • プリセット:Max Quality

検証に使った設定は以上のとおり。なお、NVEncを使った録画配信はGPU使用率が90%付近になると途端に不安定になります。対策として、配信中はゲームのフレームレートに制限を設定しました。

検証ではポピュラーな60 fps制限に加え、ゲーミングモニターを使って配信したい人向けに144 fpsと240 fps制限もテストします。

配信中のドロップフレーム率設定は「Max Quality」で固定
上限グラボレンダリングラグエンコードラグ平均fps
240 fpsRTX 2080 Ti1.2%1.2%185.5 fps
RTX 2080 Super0.0%0.0%175.8 fps
RTX 2070 Super0.0%0.0%162.6 fps
GTX 1080 Ti0.0%0.0%178.6 fps
GTX 10800.2%0.2%139.1 fps
144 fpsRTX 2080 Ti1.1%1.3%139.2 fps
RTX 2080 Super0.0%0.0%138.8 fps
RTX 2070 Super0.0%0.0%137.3 fps
GTX 1080 Ti0.0%0.0%139.3 fps
GTX 10800.1%0.1%128.1 fps
60 fpsRTX 2080 Ti0.0%0.0%60.0 fps
RTX 2080 Super0.0%0.0%60.0 fps
RTX 2070 Super0.0%0.0%60.0 fps
GTX 1080 Ti0.0%0.0%60.0 fps
GTX 10800.0%0.0%60.0 fps

テスト結果をまとめました。まさかここまでスムーズに配信できるとは思ってなかったので、驚きです。配信中のドロップフレーム(コマ落ち)はほとんど皆無に近く、極めて安定したゲーム録画配信でした。

平均フレームレートもかなり維持できているので、ゲーミングモニターを活用しつつリアルタイムなゲーム録画配信ができます。

RTX 2080 Superの熱と消費電力

ゲーミング時の実効クロック

RTX 2080 SuperのGPUクロック

「FF14:漆黒のヴィランズ」ベンチマークを実行中に、GPUコアクロックを記録してグラフ化しました。

  • RTX 2080 Super(出荷設定):1955 MHz
  • RTX 2080 Super(手動OC):2037 MHz

出荷設定(メーカー側のオーバークロックが施された状態)では、GPUクロックは最大で1980 MHzに達し、平均値は1955 MHzでした。ブーストクロックが引き上げられ、実効クロックは2 GHzに迫ります。

MSI Afterburnerを使って手動オーバークロックを設定すると、GPUクロックは最大2070 MHzを記録して、平均値は2037 MHzになりました。常に2 GHzを超える動作を実現しており、OC耐性はかなり高いです。

グラボの温度をチェック

RTX 2080 SuperのGPU温度を比較

FF15ベンチマークを実行中に、HWiNFOを使ってGPUコア温度を計測します。なお、グラフィックボードの温度はオリファンモデルの出来によって完全に左右されるため、各GPUの比較は参考程度に見てください。

GPU温度(最大値)

  • RTX 2080 Super
    70 ℃
  • RTX 2070 Super
    68 ℃
  • RTX 2080 Ti
    75 ℃
  • GTX 1080 Ti
    75 ℃
  • GTX 1080
    68 ℃

MSI Gaming X Trioはさすがに優秀ですね。TDPの仕様が250 WのRTX 2080 Superを最大70℃に抑えています。28℃で正規化した結果で70℃なので、夏場でも最大80℃には簡単に達しないでしょう。

MSI / ブーストクロック : 1845 MHz / ファン : トリプル内排気 / 厚み : 2スロット(56.5 mm) / TDP : 250 W

消費電力を実測してチェック

電力ロガー機能の付いた電源ユニットを2つ使って、グラフィックボードの消費電力を実測します。CPUを1つの電源ユニットで給電し、その他のパーツは2つ目の電源ユニットで給電します。

検証の後、マザーボードからグラフィックボードを外した状態でベンチマークを実行して消費電力を計測し、求められた計測値を引き算してグラフィックボード単体の消費電力を求めました。

RTX 2080 Superの消費電力(フルHDゲーミング時)

FF14ベンチマーク(フルHD)を実行中に計測した結果です。

消費電力(平均値)

  • RTX 2080 Super
    176.7 W
  • RTX 2070 Super
    174.9 W
  • RTX 2080 Ti
    229.1 W
  • GTX 1080 Ti
    218.3 W
  • GTX 1080
    160.4 W

さすがにTuring世代は省エネな傾向が強いです。性能はGTX 1080 Tiより1割増しを実現しつつ、消費電力は約20%もカットしています。とはいえ、これはフルHDゲーミングの場合です。

もっと負荷を上げていけば、違った結果が得られるはず。

RTX 2080 Superの消費電力(WQHDゲーミング時)

FF14ベンチマークをWQHD画質で実行して、消費電力を計測しました。フルHDからWQHDに引き上げ、GPU負荷率を上げることで消費電力がどう変化するのかをチェックする目的です。

消費電力(平均値)

  • RTX 2080 Super
    214.9 W
  • RTX 2070 Super
    198.3 W
  • RTX 2080 Ti
    288.0 W
  • GTX 1080 Ti
    259.4 W
  • GTX 1080
    184.2 W

消費電力が増えました。RTX 2080 Superは、GTX 1080 Tiより約17%少ない消費電力です。

ワットパフォーマンスは大幅に改善

ワットパフォーマンス(FF14 – フルHD)

  • RTX 2080 Super
    0.87 fps
  • RTX 2070 Super
    0.83 fps
  • RTX 2080 Ti
    0.75 fps
  • GTX 1080 Ti
    0.69 fps
  • GTX 1080
    0.82 fps

フルHD時のワットパフォーマンス(消費電力1 Wあたりの平均フレームレート)は、GTX 1080 Tiを約25%も上回ります。

ワットパフォーマンス(FF14 – WQHD)

  • RTX 2080 Super
    0.57 fps
  • RTX 2070 Super
    0.57 fps
  • RTX 2080 Ti
    0.46 fps
  • GTX 1080 Ti
    0.46 fps
  • GTX 1080
    0.52 fps

WQHD時のワットパフォーマンスも同様に計算します。RTX 2080 SuperはGTX 1080 Tiより約24%高いワットパフォーマンスで、8~10万円のセグメントではもっとも効率の良いグラフィックボードです。

RTX 2080 Superのオーバークロック検証

手動オーバークロックを試す

RTX 2080 Superのオーバークロック設定

MSI Afterburnerを用いて、GPUクロックと消費電力を追加する基本的な手動オーバークロックを検証しました。MSI Afterburnerに入力したOC設定は以下の通りです。

  • コア電圧(Core Voltage):+100
  • 電力制限(Power Limit):+14%
  • 温度制限(Temp Limit):84℃
  • コアクロック(Core Clock):+90 MHz
  • メモリクロック(Memory Clock):+1150 MHz
  • ファン設定:出荷状態のまま

オーバークロックの内容はシンプルです。コア電圧を追加し、消費電力の上限を引き上げてから、ブーストクロックとVRAMクロックを更に引き上げました。

オーバークロックの効果
ベンチマーク出荷設定手動OC性能差
FF142560 x 1440119.1 fps124.4 fps+4.4%
FF152560 x 144087.3 fps92.7 fps+6.2%

オーバークロックの効果はそこそこです。FF14で約4%、FF15で約6%の性能アップを達成します。オーバークロックによって、GTX 1080 Tiをより明確に打ち負かすことが可能です。

RTX 2080 Superの消費電力(オーバークロック時)

消費電力は約215 Wから少しだけ伸びて、約230 Wに増加しました。

RTX 2080 SuperのGPU温度(オーバークロック時)

グラフィックボードの温度は最大69℃から、最大71℃に上昇。消費電力の差が大きいシーンでは、明らかに温度差が大きくなっているのが分かります。と言っても3℃程度の差なので、まだまだ余裕はありそうです。

やはりRTXシリーズ最速のVRAMを搭載しているだけあって、素のOC耐性は高めです。GPUクロックは簡単に2.0 GHz以上を維持でき、VRAMクロックは9.0 GHz近い水準にまで引き上げられます。

まとめ:ニーズを掴みきれない中途半端な高性能

「RTX 2080 Super」のデメリットと弱点

  • 今ひとつパッとしない性能
  • 消費電力はちょっと増えた

ひとつ下のRTX 2070 Superと比較して、RTX 2080 Superは本当にパッとしない立ち位置です。確かにゲーム性能やクリエイティブ性能も、同じ価格帯のGTX 1080 Tiを上回るものです。

しかし性能差は10%前後にとどまり、ゲームによってはほとんど変わらない場合もあります。GTX 1080 Tiを買うよりはマシな選択肢です。しかし、今ひとつインパクトに欠けるのもまた事実です。

「RTX 2080 Super」のメリットと強み

  • GTX 1080 Tiより1割高いゲーム性能
  • 安定したストリーミング性能(実況配信)
  • RTXシリーズ最速のVRAM
  • 2 GHzを軽々と超えるオーバークロック耐性
  • レイトレーシングとDLSSをサポート
  • GTX 1080 Tiより25%優れたワットパフォーマンス
  • GTX 1080 Tiを買うよりコスパは良い

RTX 2080 Superの最大のメリットは「GTX 1080 Tiを買うよりはマシ。」の一点に尽きます。

GTX 1080 Tiを1割ほど上回るゲーム性能でありながら、新品価格はほぼ同じで、消費電力は20%も少ないです。コストパフォーマンス、ワットパフォーマンスともにGTX 1080 Tiを打ち負かしています。

8~10万円の価格帯で新品のグラフィックボードを買うつもりなら、RTX 2080 Super以外のグラボはまず選択肢になりません。クリエイター用途ならRadeon VIIが競合になりえますが、ゲーム用途では2080 Superが支配的です。

平均1 fpsあたりの価格(コスパ)

  • RTX 2080 Super
    553.6 円
  • RTX 2070 Super
    452.9 円
  • RTX 2080 Ti
    819.4 円
  • GTX 1080 Ti
    642.6 円
  • GTX 1080
    601.0 円

新品価格で計算した平均1 fpsあたりの価格(単純なコスパ)は、GTX 1080やGTX 1080 Tiよりも優秀です。しかし、RTX 2070 Superのコスパの良さがどうしても目立ちます。

そう。確かに8~10万円の間なら、RTX 2080 Superは支配的な存在です。問題は、RTX 2080 Superの性能は良いけれど「その性能に8万円を払う必要性がイマイチ。」なところです。

4Kゲーミングをするには性能がわずかに不足するので、RTX 2080 Tiを検討するべきです。WQHDゲーミングをするならRTX 2070 Superでも間に合います。フルHDゲーミングも同様にRTX 2070 Superで事足ります。

RTX 2080 Superのレビューまとめ

というわけで、RTX 2080 Superのレビュー評価は「A」ランクで決まりです。「GTX 1080 Tiを買うよりは良い。」と評価できますが、やはりRTX 2080 Superの上下がより魅力的です。

自作歴27台のやかもち
RTX 2080 Superは「GTX 1080 Tiの後継モデル」としてはOKです。しかし、肝心の性能はニーズを掴みきれていません。

以上「RTX 2080 Superをレビュー:1080 Tiより良いが必要性は薄い」でした。


RTX 2080 Superを入手する

RTX 2080 Superを搭載するグラフィックボードは、記事を書いた時点で7.9~10.5万円の価格帯で購入できます。ほとんどのオリファンモデルがデュアルファンモデルで、10万円以上ではトリプルファンモデルが多いです。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO

おすすめの1枚は、今回レビューで使用した「RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」です。分厚いヒートシンクと、大口径(90 mm / 100 mm)のトリプルファン仕様によって、最強クラスの静音性と冷却性能を両立します。

GeForce RTX2080 SUPER WGRP 8GB
Palit / ブーストクロック : 1860 MHz / ファン : デュアル内排気 / 厚み : 2.7スロット(59.6 mm) / TDP : 250 W

低予算モデルでは、ドスパラWeb専売の「Palit SUPER WGRP」を推します。100 mm径の大型デュアルファンを搭載し、厚み2.7スロット占有(59.6 mm)の極厚ヒートシンクで放熱性を高めた設計です。

ドスパラが代理店を通さず直接Palitから仕入れている都合上、代理店のマージンが値段に転嫁されていません。よって、低価格モデルの中ではもっとも競争力に優れたオリファンモデルになります。

RTX 2080 Superを搭載するBTO

ほとんどのBTOメーカーでRTX 2080 Superを採用したBTOモデルが販売されています。

ドスパラ / CPU : Core i9 9900KF / メモリ : DDR4-2666 8GB x2 / グラボ : RTX 2080 Super 8GB / SSD : 1 TB (NVMe)
FRONTIER / CPU : Core i9 9900KF / メモリ : DDR4-2666 8GB x2 / グラボ : RTX 2080 Super 8GB / SSD : 512 GB (NVMe) / 備考 : 水冷ユニット選べます

コアゲーマー向けの定番モデルを2つほど紹介。コスパで選ぶなら「ガレリアZG」が優秀です。ただしCPUクーラーは120 mmサイズの空冷なので、クリエイティブ用途だとCPU温度がやや心配なのがデメリット。ゲーム前提なら問題はないです。

一方その下のフロンティアの「GBシリーズ」は、値段はいくらか高くなる代わりに簡易水冷ユニットをカスタマイズから選べるのがメリット。予算に余裕があるなら、フロンティアを推しておきます。

他のレビューを読んでみる

フルHDゲーミングと60 fpsのゲーム録画配信なら、GTX 1660 Superが意外といい感じです。値段がちゃんと適正に落ち着いてきたら、GTX 1660(無印)の存在価値がかなり危うくなります。

WQHDゲーミング、またはゲーミングモニターを使うなら、コストに対してもっとも効果的なのはRTX 2070 Superです。2080 Superの立ち位置を微妙にした張本人でもあります。

Sponsored Link

13 件のコメント

  • データのバックアップについて、教えて欲しいんですが。倉庫的な使い方でHDDに貯めたデータのクローンを一機増やしたいです。やかもちさんなら、どのようにやりますか?市販のクローンコピー機って使ってますか?

    • ただのデータなら「Fastcopy」を使ってコピーしてます。システムドライブのクローンだったらAOMEIやEaseUSなど、有名なソフトでやります。

  • > RTX 2080 Superを搭載するグラフィックボードは、記事を書いた時点で7.9~10.5万円の価格帯で購入できます。ほとんどのオリファンモデルがデュアルファインモデルで、10万円以上ではトリプルファンモデルが多いです。

    トリプルファインになってますよ…

  • あの初心者なのですが価格重視で1080Tiの中古買うのとどちらがいいですか?今だと6万で買えるので悩んでます

  • すみません教えて欲しいのですが
    黒い砂漠で
    Ryzen7 2700x
    Rtx2080super
    の構成で
    どのような設定にしても狩りの時60fpsを下回ります
    またワールドボス等で負荷がかかると逆に使用率が10%ほどに落ちてガクガクになります
    何か対処方法はありますか?

    • 黒い砂漠でフレームレートが伸びない場合は、NVIDIAドライバーを完全に削除してから、最新のドライバーに更新してみてください。

      ただ…CPUがAMD Ryzenの場合は目立った改善にならないと思います。少なくとも、ぼくが検証した範囲では、CPUがAMD Ryzenだと黒い砂漠のフレームレートは伸びにくいです。

      CPUだけを交換してフレームレートを計測(黒い砂漠 / リマスター品質)

      ↑が、ぼくが実際に検証した結果です。

      第3世代Ryzenだと2~3割改善されますが、それでもインテルCPUと比較するとまだまだです。黒い砂漠のゲームエンジン側に欠陥があるとしか言えないので、今はとにかく開発元のパールアビスがゲームエンジンのアップデートをしてくれるのを待つばかりです。

  • 初めまして。
    BTOにて、2080 Superか2070 Superを検討してます!5年はこれでがんばりたいと思っていますが、どっちがおすすめでしょうか?4Kは考えていません!
    2080tiいければ良いですが高い……。
    ちなみに今は1070を使っています。

    • 4Kを使わないならRTX 2070 Superで十分です。ただ、5年を想定すると難しいですね…5年前のトップハイエンドがGTX 980 Tiで、現在のGTX 1070~1070 Ti並なので。

  • 記事とは別の質問なのですが…
    少し前に自作してゲームを楽しんでいたのですが、一ヶ月ほど経ってからnvlddmkmのイベントID13が出てゲームができなくなってしまいました…
    ネットで見つけた記事を試してはみたのですがどれも意味がありませんでした。これはグラボの不調なのでしょうか?動画の視聴などはできます。使用しているのはRTX2080(Micron製メモリ)でCPUが3700Xです。
    修理に出そうかずっと悩んでいます…もしお時間あれば宜しくお願い致します。

  • かぶちゃん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。