シックスのフィギュアなど、リトルナイトメアの関連グッズまとめ




PS4 / PC向けホラーゲームの「リトルナイトメア」。日本では基本的にソフト単体しか売っていないのだが、実は海外では「10cmのシックスフィギュア」など、様々な関連グッズや特別版が発売されているので、まとめてみました。

Sponsored Link

リトルナイトメア関連商品まとめ

リトルナイトメア本体(Steam版)

パソコンでプレイする場合はSteamで配信されているリトルナイトメアを購入すれば大丈夫。日本語・英語など12カ国語に対応しているので言語は問題ない。なお、リトルナイトメアには音声(会話)が無いため吹き替えは気にしなくていい。

価格は2376円

リトルナイトメア本体(PS4版)

PS4でプレイする場合は、PlayStationStoreにてDL版を販売している。これを購入してPS4にダウンロード(容量2.6GB)すれば遊べるようになります。DL版を購入したのは初めてですが、ディスク版と違って楽ですね。

価格はSteam版と同様に2376円。

なお、ディスク版がほしいという場合は残念ながら輸入版を購入するしか手がない。かなり割高なので、ゲーム本体だけがほしいならオススメはしない。

リトルナイトメア本体(XBOXONE版)

PS4版と同様に、XBOXONE版もある。ただし、輸入版です。

リトルナイトメア本体(特別版)

リトルナイトメアには実は「Six Edition」という特別版が存在する。中身は画像のとおりだが、一応まとめておきますね。

  • リトルナイトメア本体(PS4版 or XBOXONE版)
  • 高さ10cm主人公「シックス」のフィギュア
  • 特装ケース
  • 限定ポスター
  • ステッカーボード(シール)
  • オリジナル・サウンドトラック(by Tobias Lilja)

なかなか豪華ですが、海外で発売されている価格は35ドルくらいです。割りとお買い得なアイテムな気はするのですが、残念ながら日本では発売する予定が無いんですよね。

ということで簡単に入手するならAmazonで「輸入版」が発売されているので、それを購入するという手がある。

PS4版。

XBOXONE版。

そして、PCにインストールして使うDVD版。

 シックスの10cmフィギュア

ちょうどいいサイズで、再現度も高い。特別版のケースも良い感じ。ちょっと欲しくなってきた…。

リトルナイトメア / サウンドトラック

単品では販売されておらず、入手するにはSteamのDLCを540円で購入するのがベスト。ただ…この方法の欠点は、DLCなのでリトルナイトメア本体もSteam版を購入する必要があるってこと。

輸入版で入手可能な特別版「Six Edition」なら、サウンドトラックも同封されている。

リトルナイトメア / 漫画

海外ではTitan Comicsという出版社からリトルナイトメアのグラフィックノベル版が発売される。発売予定日は2017年5月31日あたりです。

  • 著者:John Shackleford
  • 作画:Aaron Alexovich
  • 言語:英語

中身のサンプルがTitan Comicsの公式サイトで公開されていたので、以下に少しだけ。

サンプル

これが112ページのペーパーバック(紙の本)版。価格は16ドルほど。このペーパーバック版を3つに分割したKindle版もある。

どの版に関わらず、今のところは「英語」しか無いので注意。英語が読める人なら買っても良いかな。個人的には日本語版があったら嬉しいんだが。

まとめ

今のところ、確認できているリトルナイトメアの関連商品をまとめておきます。

  • Steam版本体
  • PS4版本体
  • XBOXONE版本体
  • PC版本体
  • Steam版サウンドトラック
  • 特別版「Six Edition」
  • 漫画ペーパーバック版
  • Kindle漫画3冊

個人的に一番お得感があるのは「Six Edition」です。アメリカで35ドル程度、日本に輸入すると為替や送料で、約5000円くらいで入手できる。

ディスク版や、オリジナル・サウンドトラック、「シックス」フィギュア10cm版に惹かれたら「Six Edition」を買えば良いかな…という感じ。普通にゲーム本編だけ楽しみたいなら、PSSやSteamで。

漫画版は何かと興味深いのですが、英語版しか無いのがちょっとハードル高めかな。ただ、グラフィックノベルだから全編を通して「絵」が描かれる。アートワークとして楽しむのはアリかと。

以上、「リトルナイトメア」の特別版や関連グッズまとめ…でした。

関連リンク

ゲーム本編はPS4版を「3週」するくらい面白かったです。なのでレビュー記事も書いた。参考にどうぞ(ネタバレはちゃんと避けています)。

「とりあえず本編だけ!」という人は、上記のリンクからどうぞ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。