データで確認する「CPUの内蔵グラフィックって性能良いの?」

もともとCPU内蔵グラフィックスは性能の高いグラボの代替品になることが目的ではなく、低価格PCのコスト削減やCPUの不得意分野を内蔵GPUで補って、総合的な性能を高めるのが目的だった。

しかし「内蔵GPUでゲームって出来るのか?」という疑問を持つ人は割りといるので、この記事では内蔵GPUの性能についてまとめてみる。

Sponsored Link

内蔵GPUの主流は主に2つ

デスクトップPCやノートPC向けのCPUに搭載されている内蔵GPUは、ほぼ決まって2種類です。

  • Intel HD Graphics
  • AMD APU

Intel製のCPUには「Intel HD Graphics」という製品が搭載され、AMD製のAPU(CPU + 内蔵GPUという意味)には「Radeon」が搭載されています。

APUはグラフィック専用のチップ(=GPU)を専門にするATIというメーカーを買収して生まれたモノなので、AMDの内蔵GPUはIntelのそれとは一線を画する性能を持っていた。

しかし、最近はIntel製の内蔵GPUも非常に高性能になってきており、2~3世代前のローエンド向けのグラフィックボードに匹敵する性能の内蔵GPUも登場している。

やかもち
ブラウザゲーとかだったら余裕なんだね。じゃあ真面目なゲームは動くの?

基本的に3DCGが多用されるような「重たいゲーム」をプレイするつもりだったら、内蔵GPUをアテにするべきはない。別途、グラフィックボードを使ったほうが絶対に幸せです。

CPU内蔵グラフィックスの性能まとめ

グラボが有利と言っても…内蔵GPUでゲームはどこまで動くのか、気になります。という人向けにちょっと詳しくまとめていく。

  1. GeForce MX150
  2. GeForce 940MX
  3. Intel Iris Plus 650
  4. Intel UHD 630
  5. Intel HD 620
  6. Intel HD 615
  7. Intel Iris Pro 580
  8. Intel Iris 550
  9. Intel HD 530
  10. Intel HD 520
  11. Intel HD 510
  12. Intel HD 500
  13. Intel HD 4600
  14. Radeon R7 Bristol
  15. Radeon R7 Kaveri

見ていくのは以上13種類の内蔵GPU(+比較用に、ノートPC向けのGPU2種)です。比較的新しい2014~2017年のモノばかりをまとめ、あまり古いモノは載せていない。

1~2番のMX150と940MXは、CPUに内蔵されるグラボではなく、ノートパソコン向けのグラフィックボードです。ただし性能はローエンドなので、比較としてちょうど良いかなと。

3DMark – Ice Storm Unlimited offscreen

3DMark – Ice Storm Unlimited Graphics Score 1280×720 offscreen

  • GeForce MX150
    232351
  • GeForce 940MX
    143929
  • Intel Iris Plus 650
    161538
  • Intel UHD 630
    104913
  • Intel HD 620
    79018
  • Intel HD 615
    73237
  • Intel Iris Pro 580
    184880
  • Intel Iris 550
    139193
  • Intel HD 530
    80241
  • Intel HD 520
    75601
  • Intel HD 510
    43274
  • Intel HD 500
    20352
  • Intel HD 4600
    42242
  • Radeon R7 Bristol
    52245
  • Radeon R7 Kaveri
    91999

NVIDIAIntel HDAPU Radeon

低性能なノートパソコンやスマートフォン向けのベンチマーク。内蔵GPUは10万点をほとんど超えられないが、最上位の「Iris」になってくると大きく超えてローエンドGPU並です。

3DMark – Fire Strike

3DMark – Fire Strike Graphics 1920×1080

  • GeForce MX150
    3589
  • GeForce 940MX
    1940
  • Intel Iris Plus 650
    1698
  • Intel UHD 630
    1325
  • Intel HD 620
    916
  • Intel HD 615
    752.5
  • Intel Iris Pro 580
    1903
  • Intel Iris 550
    1520
  • Intel HD 530
    935
  • Intel HD 520
    840
  • Intel HD 510
    621
  • Intel HD 500
    301
  • Intel HD 4600
    635
  • Radeon R7 Bristol
    1013
  • Radeon R7 Kaveri
    1616

Ice Stormと似たような傾向。MX150(GT 1030相当)が圧倒的で、Irisクラスなら940MXとも戦える性能。それだけのスコアを出せるなら、軽いゲームなら問題なく動きそう。

Overwatch

Overwatch – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    122
  • GeForce 940MX
    65.2
  • Intel Iris Plus 650
    79.2
  • Intel UHD 630
    62
  • Intel HD 620
    48
  • Intel HD 615
    0
  • Intel Iris Pro 580
    60.5
  • Intel Iris 550
    58.8
  • Intel HD 530
    45.1
  • Intel HD 520
    35.1
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    42.3
  • Radeon R7 Bristol
    0
  • Radeon R7 Kaveri
    59

というわけで、ここからは実際のゲーミング性能で見ていく。Overwatchは割と軽量なゲームですが、内蔵GPUで快適に遊ぼうと思うなら解像度をHD(1280×720)に落とす必要がある。

それでも平均60fpsを狙うには「Iris」クラスや、最新世代の「UHD 630」などが必要になってくる。それ以下の内蔵GPUではちょっと厳しそうな結果に。

Deus Ex Mankind Divided

Deus Ex Mankind Divided – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    43.1
  • GeForce 940MX
    24.7
  • Intel Iris Plus 650
    19.2
  • Intel UHD 630
    18.8
  • Intel HD 620
    14.5
  • Intel HD 615
    9.1
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    26
  • Intel HD 530
    0
  • Intel HD 520
    12.9
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    9.4
  • Radeon R7 Bristol
    15.5
  • Radeon R7 Kaveri
    24.9

非常に重たいゲームです。内蔵GPUだと20fps前後くらいしか出ない。

Battlefield 1

Battlefield 1 – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    87
  • GeForce 940MX
    51
  • Intel Iris Plus 650
    46.1
  • Intel UHD 630
    39.3
  • Intel HD 620
    24
  • Intel HD 615
    13
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    49.6
  • Intel HD 530
    29.7
  • Intel HD 520
    30.1
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    21
  • Radeon R7 Bristol
    23.3
  • Radeon R7 Kaveri
    24.9

Battlefield 1は意外と動きます。Intel HDが世代を更新する毎にちゃんと性能が伸びていて、こういったFPSも(HD画質ですが)一応は動くんですよね…。

The Division

The Division – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    70
  • GeForce 940MX
    40
  • Intel Iris Plus 650
    30
  • Intel UHD 630
    27.1
  • Intel HD 620
    20.2
  • Intel HD 615
    0
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    32.4
  • Intel HD 530
    17.1
  • Intel HD 520
    20
  • Intel HD 510
    13.4
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    12
  • Radeon R7 Bristol
    17.4
  • Radeon R7 Kaveri
    0

Divisionは重め。内蔵GPUではせいぜい30fpsを出すのがやっとだ。

Fallout 4

Fallout 4 – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    45.8
  • GeForce 940MX
    37
  • Intel Iris Plus 650
    0
  • Intel UHD 630
    0
  • Intel HD 620
    19.2
  • Intel HD 615
    10.1
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    21.3
  • Intel HD 530
    0
  • Intel HD 520
    15
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    18
  • Radeon R7 Bristol
    0
  • Radeon R7 Kaveri
    0

データが少ないですが、傾向としては内蔵GPUじゃ厳しい結果ですね。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto V – 1024×768(低設定)

  • GeForce MX150
    119
  • GeForce 940MX
    77
  • Intel Iris Plus 650
    56.5
  • Intel UHD 630
    0
  • Intel HD 620
    27.8
  • Intel HD 615
    19.9
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    0
  • Intel HD 530
    0
  • Intel HD 520
    35
  • Intel HD 510
    30.9
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    26
  • Radeon R7 Bristol
    41.5
  • Radeon R7 Kaveri
    54.4

Iris Plus 650は健闘。ちなみにこの内蔵GPUは約20万円ほどするMacBook Pro(2017)に搭載されている。それ以外のマシンにはほとんど採用例が無い。

The Witcher 3

The Witcher 3 – 1024×768(低設定)

  • GeForce MX150
    60
  • GeForce 940MX
    35
  • Intel Iris Plus 650
    21.4
  • Intel UHD 630
    0
  • Intel HD 620
    14
  • Intel HD 615
    0
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    0
  • Intel HD 530
    21
  • Intel HD 520
    12
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    12
  • Radeon R7 Bristol
    13
  • Radeon R7 Kaveri
    30.9

Witcher 3も内蔵GPUで動くが、狭い画面(1024×768)でこの程度。動くというより、かろうじて動いている…というレベル。

Rise of the Tomb Raider

Rise of the Tomb Raider – 1024×768(低設定)

  • GeForce MX150
    65
  • GeForce 940MX
    37
  • Intel Iris Plus 650
    25.9
  • Intel UHD 630
    25
  • Intel HD 620
    18
  • Intel HD 615
    13
  • Intel Iris Pro 580
    30.2
  • Intel Iris 550
    25
  • Intel HD 530
    16
  • Intel HD 520
    16
  • Intel HD 510
    11.1
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    15
  • Radeon R7 Bristol
    20
  • Radeon R7 Kaveri
    31

だんだんと傾向が分かってきたね。Iris & UHDと、普通のHDで性能はざっくりと分かれている感じ。そしてA10-7850K(1.2万円くらいのCPU)に入っているR7 Kaveriも優秀だ(内蔵としては)。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege – 1024×768(低設定)

  • GeForce MX150
    129
  • GeForce 940MX
    82
  • Intel Iris Plus 650
    54.2
  • Intel UHD 630
    51.7
  • Intel HD 620
    39
  • Intel HD 615
    24.6
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    51
  • Intel HD 530
    0
  • Intel HD 520
    32
  • Intel HD 510
    25
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    22
  • Radeon R7 Bristol
    47.1
  • Radeon R7 Kaveri
    68

R6Sは新しい内蔵GPUを使えばちゃんと動く様子。もちろん画面サイズは1024×768なので、とても狭い…。FPSゲームで狭い画面は厳しそう。

Ghost Recon Wildlands

Ghost Recon Wildlands – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    51
  • GeForce 940MX
    31
  • Intel Iris Plus 650
    17.6
  • Intel UHD 630
    19.1
  • Intel HD 620
    13
  • Intel HD 615
    9.8
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    0
  • Intel HD 530
    13.4
  • Intel HD 520
    6.6
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    10
  • Radeon R7 Bristol
    11.9
  • Radeon R7 Kaveri
    0

Ghost Reconはかなり重たい様子。HD画質なのにIrisやUHDが20fpsにすら届いていない。

World of Warships

World of Warships – 1366×768(低設定)

  • GeForce MX150
    130.8
  • GeForce 940MX
    115.2
  • Intel Iris Plus 650
    0
  • Intel UHD 630
    80.5
  • Intel HD 620
    66.7
  • Intel HD 615
    49.9
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    118.5
  • Intel HD 530
    84.8
  • Intel HD 520
    70.1
  • Intel HD 510
    48.7
  • Intel HD 500
    19.1
  • Intel HD 4600
    41.6
  • Radeon R7 Bristol
    47.1
  • Radeon R7 Kaveri
    59.1

内蔵GPUでもサクサク動いている。グラフィックの質がそこまで高くなく、ワールド内を動き回るようなゲームでなければ、内蔵グラフィックでも意外と行けるんですね。

Mirror’s Edge Catalyst

Mirror’s Edge Catalyst – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    81.4
  • GeForce 940MX
    47.3
  • Intel Iris Plus 650
    0
  • Intel UHD 630
    27.4
  • Intel HD 620
    28.8
  • Intel HD 615
    15.5
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    0
  • Intel HD 530
    25.3
  • Intel HD 520
    27.4
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    18.5
  • Radeon R7 Bristol
    16.9
  • Radeon R7 Kaveri
    24.6

ミラーズエッジは重たそう。

Far Cry Primal

Far Cry Primal – 1280×720(低設定)

  • GeForce MX150
    61
  • GeForce 940MX
    32
  • Intel Iris Plus 650
    32
  • Intel UHD 630
    24.5
  • Intel HD 620
    18
  • Intel HD 615
    12
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    26.5
  • Intel HD 530
    16
  • Intel HD 520
    15
  • Intel HD 510
    0
  • Intel HD 500
    0
  • Intel HD 4600
    13
  • Radeon R7 Bristol
    15
  • Radeon R7 Kaveri
    10

Far Cry Primalも同様に、内蔵GPUでは苦戦します。30fpsを出せたのはIris Plus 650のみ。

結論:内蔵GPUの性能はまだまだ快適ではない

内蔵GPUの平均パフォーマンス

  • GeForce MX150
    81.9
  • GeForce 940MX
    51.9
  • Intel Iris Plus 650
    38.2
  • Intel UHD 630
    37.5
  • Intel HD 620
    27.0
  • Intel HD 615
    17.7
  • Intel Iris Pro 580
    45.4
  • Intel Iris 550
    45.5
  • Intel HD 530
    29.8
  • Intel HD 520
    25.2
  • Intel HD 510
    25.8
  • Intel HD 500
    19.1
  • Intel HD 4600
    20.1
  • Radeon R7 Bristol
    24.4
  • Radeon R7 Kaveri
    38.7

NVIDIAIntel HDAPU Radeon

平均パフォーマンスをまとめるとこんな感じで、ほとんどの内蔵グラフィックスは3DゲームをHD画質(1280×720)で動かすのがやっとで、フルHD画質(1920×1080)で動かせる内蔵GPUは未だに存在しない。

インテルとAMDが共同開発を進めている「Vega世代の内蔵グラフィックス」なら、どこまで動くのか。確実に内蔵グラフィックスの性能は伸び続けているけれど、まだまだグラフィックボードには敵わないのが現状ですね。

だって、最近の3Dゲームをマトモに動かせるようなGPUって、大抵はこんな感じでCPUより遥かにサイズが大きいパーツ※なんですよね。これと同等の性能を、狭いCPUのパッケージ内に詰め込むのは技術的にまだまだ無理がある。

※ GPUのダイ本体はここまで大きくないが、そのGPUから発せられる熱を抑えるための冷却機構がどうしても大きくなってしまう。

カジュアルなゲームを少し遊ぶくらいなら十分

World of Warships – 1366×768(低設定)

  • GeForce MX150
    130.8
  • GeForce 940MX
    115.2
  • Intel Iris Plus 650
    0
  • Intel UHD 630
    80.5
  • Intel HD 620
    66.7
  • Intel HD 615
    49.9
  • Intel Iris Pro 580
    0
  • Intel Iris 550
    118.5
  • Intel HD 530
    84.8
  • Intel HD 520
    70.1
  • Intel HD 510
    48.7
  • Intel HD 500
    19.1
  • Intel HD 4600
    41.6
  • Radeon R7 Bristol
    47.1
  • Radeon R7 Kaveri
    59.1

オープンワールドなMMORPGや、競技性重視のFPS / TPS系のゲームを大画面(フルHD以上)でガッツリと遊ぶ。という目的じゃないなら、内蔵GPUはそれなりに十分な性能を提供できる。

World of Warshipsのようにグラフィック品質がそこまで高くないゲームなら、画面を小さくすることでマトモに動くので、これ以下のブラウザゲーや音ゲー、数年前の古い3Dゲームなら大丈夫かと。

やかもち
DQX程度なら余裕ってこと?
自作歴16台のやかもち
2013年のゲームだし、グラも粗い方だから余裕だよ。
    • Intel UHD 630
      37.5
    • Intel HD 620
      27.0
    • Intel HD 530
      29.8
    • Intel HD 510
      25.8
    • Intel HD 500
      19.1

ただ、世代やグレードによってかなり性能差があるので「内蔵GPUって意外と動くんだ。」ではなく、「UHD 630やHD 530ならそこそこ動く。」という認識を忘れずに。

下位モデルの内蔵GPUは見ての通り、50~60%程度の性能だったりするので、CeleronやPentiumに入っている内蔵GPUに期待は禁物。それなりに動くのはCore i5 / i7の内蔵GPUです。

CPU内蔵グラフィックス
i7 8700K / 8700UHD 630
i5 8600K / 8400
i3 8350K / 8100
i7 7500UHD 620
i5 7200U
Pentium 4405UHD 510
Celeron N3450HD 500

こんな感じで、CPUのグレードによって搭載される内蔵GPUのグレードが決まっている。良いCPUほど、高性能な内蔵グラフィックスが入っており、低性能なCPUほどグラフィックもしょぼい。

フルHD(1920×1080)で遊ぶなら、専用のグラボを

黒い砂漠」「PUBG」「ARK」「CS:GO」など、比較的重たい重量級タイトルをフルHDの画面でやるならグラボを忘れずに。

  • フルHD & 高設定:グラフィックボード
  • HD & 粗い低設定:内蔵グラフィックス

現状はこのように分けられます。

【おすすめグラフィックボード】GTX 1050 Ti

1万円台の安いグラボでも、内蔵GPUとは次元の違う性能を出せるよ

自作歴16台のやかもち
内蔵グラフィックスで消耗している人は、グラボを検討しようね。

以上「データで確認する:CPUの内蔵グラフィックって性能良いの?」でした。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。