【黒い砂漠】9世代馬「幻想馬」と、駿馬システムの解説まとめ

2016年12月22日、韓国の黒い砂漠にて馬に関する新しいシステムが追加された。「駿馬」システムと呼ばれるもので、馬が特定のスキルを習得している場合に「駿馬」というランクを与え、8世代の駿馬は覚醒を行うことによって幻想アズアナアップデートを適用できるようになる。

この記事では幻想馬や駿馬システムについて、簡単に解説してみる。

Sponsored Link

駿馬システムと幻想馬

特設ページで公開された「幻想アズアナ」の外見

まず、特定のスキルを覚えている馬を「駿馬」として扱い、更にその駿馬が8世代の場合に限って「幻想馬」へアップデートするための「覚醒」に挑めるというのが全体的な流れ。今のところ、この幻想アズアナ(いわゆるペガサス)が「9世代馬」だと明言されていないけれど、実質的な立ち位置としては9世代馬と思っていいだろう。

駿馬

では、どのような馬が駿馬指定されるのか。

世代特定スキル
1世代突進
2世代突進
3世代突進 / ドリフト
4世代突進 / ドリフト
5世代突進 / ドリフト / スプリント
6世代突進 / ドリフト / スプリント
7世代突進 / ドリフト / スプリント / 瞬間加速 / 横移動
8世代突進 / ドリフト / スプリント / 瞬間加速 / 横移動 / 連:瞬間加速 / 速:横移動

世代の高い馬ほど、要求されるスキルの質は高くなっている。ここが地味に難しいところで、その世代の中でも最高の部類に位置する馬じゃないと「駿馬」にすらなれないのである…。

駿馬になった馬はこのように、金色の馬アイコンが付与される。

駿馬の特徴

  1. 駿馬になったからといって、馬のステータスが上昇するわけではない
  2. 皇室納品や、取引所の登録可能価格はより高くなる
  3. 駿馬同士の交配時にボーナスがあり、仔馬は1~2個のスキルを覚えることがある

駿馬それ自体の特徴は主にこの3つです。基本的に、駿馬になったその馬自体のメリットは8世代馬の「覚醒」くらいで、他の世代の駿馬は「交配」と「販売」時に大きなメリットがあるのみです。

しかし、駿馬同士の交配というのが地味に難易度が高い。片方が駿馬…という仕様でも良かった気はするが。しかも必ず2個ではなく、確率的に1~2個を覚えるというだけ。それでも2個覚えてくれれば、大きなアドバンテージになることはある。

実質的な9世代馬「幻想馬」

9世代馬には3種類いることが知られているが、今回のアップデートでは「ペガサス」(仮称)と呼ばれている「幻想アズアナ」が実装された。翼を用いた滑空など、移動能力が飛躍的に進歩した新しい馬です。

幻想アズアナを始めとした「幻想馬」は既存の馬では習得することが出来ない「気象」「二段跳躍」「帆:突進」といったスキルがある。

スキル効果
気象駐車時に、生命力と持続力が自動で回復
二段跳躍文字通り、ジャンプした後に、もう一度ジャンプできる(空中)
帆:突進突進を2回連続で使用する

実際にあったら本当に便利そうなスキルばかり。とくに休憩中に自動回復は地味に便利だと思う。二段跳躍も山越えをする時にあると役に立つ。

そして、これらのスキルは幻想馬の基本的スキルであり、それとは別に固有スキルもある。今回の「幻想アズアナ」(ペガサス)の場合は…

ペガサススキル効果
風の翼二段跳躍時、一定時間落下ダメージが100%減少
自由の翼風の翼発動時、左右方向の操作が可能になる

このように、落下ダメージが完全になくなる効果と、ジャンプ中に自由に操作できるスキルまで用意されている。ただし、風の翼は生まれながらに覚えるスキルだが、自由の翼は確率的に習得する仕様。運が悪いと、覚えないことも…。

ペガサスは空を自由に滑空する馬ということになる。スキルを覚えればの話だが。

ペガサス「幻想アズアナ」の作り方

石尻尾の丘馬牧場にいるグルラ
  1. LV30の8世代駿馬を用意する
  2. 石尻尾の丘馬牧場にいるグルラより「訓練」と「覚醒」を行う

この手順で幻想馬を作ることが可能。そして駿馬の訓練は3つ用意されている。

  • 筋肉トレーニング
  • 技術訓練
  • 気品訓練

それぞれの項目ごとに訓練を進めるための専用アイテムが必要。

筋肉トレーニングには「濃い青のひづめの根」と「清らかな森の息吹」である。根は採集をしている時に低確率で入手できる。息吹はモンスターを倒していると入手可能。

技術訓練には「虹の宝石フルーツ」が必要で、石尻尾の丘馬牧場の「石尻尾馬事会皇室使用人」に、輝く黄金の印章(皇室御用達)をわたすことで入手可能。そして気品訓練は「風キメソラ海藻」が必要で、これは釣りで入手できる。

なお、「虹の宝石フルーツ」「風キメソラ海藻」「濃い青のひづめの根」は皇室使用人のデイリークエスト「駿馬に向けた調教にふさわしい姿勢」の報酬より、どれか1つを選んで入手可能です。ちなみにクエストの内容は野生馬を拾ってくること。

項目ごとの練習量は100%が上限で、合計200%に達すると「覚醒」を試みることが出来る。訓練に必要な素材は取引所ですべて購入可能なので、集めるのが面倒くさいと思ったら購入するのもアリだろう。

駿馬の覚醒

訓練をしっかり(合計200%)と行ったら、覚醒の準備に取り掛かる。覚醒には「三日月への原石」というアイテムが1つだけ必要。しかし、作るのは地味に面倒くさい(取引価格は500万ほど)。

皇室使用人に、皇室馬納品印章1個と交換できる「揺れる風の彫刻」と、競馬印章1個と交換できる「揺れ動く大地の彫刻」を、それぞれ25個ずつ集めて簡易錬金して完成。これ以外の方法はカーマスリビア地方のクエスト報酬がある(詳細不明)。

そして覚醒は失敗することもあり、失敗した場合は訓練の練習量がすべて消える。また練習量を貯める作業が面倒くさいと感じる場合は、クロン石を使って防ぐ方法が用意されています。クロン石100個で練習量100%を残せる(1億シルバー使って50%しか防げないのか…)。

「三日月への原石」は馬納品や競馬をこなす必要があるものの取引所で購入可能なので、こっちはそれほど問題ではないね。もちろん、実装当初はトップブリーダーたちがこぞって覚醒に挑むので、予約購入を使って相場よりも遥かに高い価格で競争することにはなるだろうが。

幻想アズアナ(ペガサス)の動画

なお、駿馬による価格上昇は約20%くらいになるようです。8世代駿馬だと、19800万が23400万に上昇したらしいので。これでも安いので6億~8億くらいに上方修正したほうが良いと思うけどね。というか馬市場はマクロ対策しないのかな…。

韓国ではこの9世代アップデートを歓迎する一方で、8世代馬を用意するだけで大変なのに、その上駿馬になるためにはスキルも完備しないと行けないのかよ…無理だよ…という非難の声も多い。以上「9世代馬「幻想馬」と、駿馬システムの解説まとめ」でした。

黒い砂漠の新コンテンツ系の記事

→ 新コンテンツ「修練の祭壇」について簡単に解説

カーマスリビアとカルフェオン南の山脈に用意された新しいバトルコンテンツに関して。

→ 新クラス「ダークナイト」のスキル詳細と動画まとめ

事前にダークナイトの様子を見ておきたい人に。まぁ今の黒い砂漠はスキルの振り直しが簡単なので、実装されてからのんびりと調べても全然問題は無さそうですけどね。

→ 今後予定されている4+1個の巨大アプデまとめ

開発のパールアビスはすごい。日本では海洋が来たが、まだまだカーマスリビア、9世代馬、ダークナイト、巨大海洋生物などが残されている。

Sponsored Link