PUBGにおすすめなマウスを考える【実際に7個使って検証】

PUBGにおすすめなヘッドセット編」を書いてから3ヶ月ほど。「おすすめのマウスも気になる!!」というコメントが何度かあったのでリクエストに答えてみます。ただ、おすすめなマウスを断定するのは非常に難しいので、PUBGのSQUAD仲間にも協力を仰いで「検証」していく形にしてみた。

初心者もち
7個のマウスの中で、良さげなマウスを決めていく感じなんだね。
自作歴17台のやかもち
ヘッドセットより遥かに、マウスは人によって合う合わない…が全然違うので。
Sponsored Link

PUBGにおすすめなマウスを実機プレイで探る

PUBGを始めてばかりの頃は、バッファローの静音マウス(約1000円)を使っていました。それまではFPSの「UT99」や「DOOM」をプレイしていたが、リコイルの概念が無いためマウスの操作性は気になっていなかったんですよ。

しかし、PUBGでは銃を撃つと激しく上下左右にズレていくリコイルが実装されている。恐ろしく弾が当たらないので、初めてゲーミングマウスと呼ばれるモノを導入してみた。すると体感できるほどリコイル制御しやすい。

マウスでこんなに変わるとは…」それ以来SteelSeriesのRIVAL 100を使い続けていますが、ちょっと他のマウスにも興味が出てきたのと「おすすめのマウスを知りたい」というリクエストもあり。

この通り、SQUAD仲間に手伝ってもらってPUBGにおすすめなゲーミングマウスを探ってみることにした。SQUADの方に持ち寄ってもらったマウス3つと、やっちがAmazonにて自前で用意した4つで合計7個のマウスを、以下より検証する。

SQUAD仲間のレビューについて

普段からSQUADを楽しんでる方にも、短文のレビューを書いてもらった。書いていただいたSQUAD仲間の経歴(歴な)ものも一応紹介。マウスの感想はその人のプレイ歴によっても左右されるはずなので。

ゼリオ氏
R6Sを1200時間、PUBGを300時間やってる人。近接エイムが上手く、PUBGにおけるキル率もメンバー内でトップクラス。
Hinaline
黒い砂漠でキャラメイクが巧い人。PUBGが初めてのオンラインTPSで、プレイ時間は250時間ほど。AKMを意外と信用している。
4人目だ
匿名希望。PUBGを始めてそろそろ80時間くらいになる。アイテム拾いが大好きで、時にそれが仇になることも。

1. 静音マウス「iBUFFALO BSMBU17」は…酷い

PUBGに出会い、ゲーミングマウスを買うまでの長い間愛用してきたマウスです。アマゾンで買ったのが2015年なので少なくとも約30ヶ月は使っていたことに。

ゲーミングマウスを買う前までは、普通に使いやすいしクリック音も非常に静かで「良いマウスだな」と思っていたのですが…。RIVAL 100に慣れてから改めて使うと、思い通りに動かないマウスカーソルに苛立ちが溜まる。

よくこんなマウスに30ヶ月も不満を感じずに使い続けてきたものだと、驚くばかり。SQUAD仲間にも使ってもらったので、その感想を以下にまとめます。みんな「次は静音マウスかぁ、マジでこれ罰ゲームだな。」と嫌がっていたね。

やかもち
もうね。使ってて「3D酔い」を起こすのよ。キツイ。ふわふわとしたカーソルの動き方もイライラする。
ゼリオ氏
ゴミ。クリックしても反応しない。長押しすると反応する。dpiが小さい過ぎて使いにくい。でもクリック音が小さいのはで良い。
Hinaline
めっちゃ静かなぁ、クリック。「ぬるぬる~。」とカーソルが動いて気持ち悪い。実際に動かしてから、画面が動くまでにラグ(遅延)を感じる。クリックしても反応…しなかったり。コレ壊れてる。…でも持ちやすい。
4人目だ
クリック音が無いのは良いけど、クリックの反応が悪いのは良くない。もう使いたくない。

クリックの反応が悪いという評価が多くて驚いた。やはり長いこと使っていたので知らず知らずのうちに慣れてしまっていて、クリックの反応の鈍さに自分は気づけていなかったようです。

まぁ…それを抜きにしてもあの直感的に動かないカーソルの操作感ではキツイだろう。リコイルコントロールもブレやすく、手数が多いので(=ゼリオ氏:dpiが小さすぎて使いにくい)ゲーム用途には決してオススメできないマウスとなった。

「一般向けの安物マウスがダメなのは当然だろ。」と思う人もいるかもしれないが、ゲーミングマウスを一度も使ったことがない人間からすれば未知の領域ということを忘れずに。

自分もRIVAL 100を使っていなければ、未だにバッファローの静音マウスを愛用し続けていたかもしれない。

ちなみに、2015年当時に買った静音マウスはもう入手不可。今はリニューアル版が販売されているが、レビューを見ると当たりハズレの多いマウスになってしまったようです。無念。

2. 最高レベルのコスパ「RIVAL 100」

日本勢のプロゲーマー、Stylish Noob氏も割りとオススメしているエントリーゲーマー向けのマウス。3000円台というかなり安い価格帯のマウスではあるが、独自センサー「SDNS-3059-SS」の性能がものすごく優秀。

かれこれ240時間くらい、このRIVAL 100でPUBGを続けているのですが、もう静音マウスには戻れない。思った通りに動くマウスカーソル。若干浮く、サッサッという動かし方をしても誤反応しない。

静音マウスのリコイルがブレブレなのにRIVAL 100は恐ろしく安定しやすいため、一瞬「これは…ズルいな。」と思ってしまうほど。この性能が3000~4000円なら、何一つ文句は無いと個人的には思ってます。

やかもち
めちゃくちゃ良いよ、コレ。みんなはどう?
ゼリオ氏
撃ちやすい。けど、それなりの気がする。リコイルコントロールは確かにやりやすい。
Hinaline
するする滑らかな動き。クリック感はやや重め。色んな人の手のサイズに合いそうな癖のない形状です。撃ちやすいと思います。
4人目だ
RIVAL 110と違いが(鈍感なオレには)分からない。

RIVAL 100は左右対称のデザイン(ボタンの位置は右手用ですが)と、小柄なサイズ感も特徴。よって誰が使っても「持ちにくい」という可能性がかなり低く、初めてゲーミングマウスを買う人でもハズレにくいのが強みだ。

  • リコイルコントロールのし易さ
  • 滑らかで、しっかり止まるマウスカーソル
  • 小柄で軽量、疲れにくく使いやすいデザイン
  • 専用ソフトSteelSeries Engineで細かい設定も可能
  • 3000~4000円という買いやすい価格帯

総合して初心者さんにもオススメ。事実、PUBGを始めて数時間の自分もRIVAL 100に乗り換えてその性能を体感しているので尚更オススメしやすい。安いから「自分には合わないな。」となってもリスクは小さい。

3. 違いは今ひとつ「RIVAL 110」

RIVAL 100の後継機として開発されたのが「RIVAL 110」。センサーが「TrueMove 1」に変更され、カタログスペックの上ではかなりの性能アップを果たしています。

  • CPIが最大7200になり、刻み値が100に
  • IPSも2倍近い240に
  • 加速度は最大で30gsまで
  • 重量がやや軽くなった

デザインもRIVAL 100と全く同じ形状で、手に収まって持ちやすいRIVAL 100の持ち味は110でもしっかり健在。ただし表面素材は変わっていて、RIVAL 110はザラザラとしていて滑りにくくなった。

このザラザラ感は結構良い感じで、ツルツルな表面のRIVAL 100だと少しだけ物足りなさはある。マウスホイールは100から進化していて、ホイールをどれくらい回したかが直感的にわかりやすくなっている。

これはホイールを使って武器のチェンジをする人には大きな強みになるかも。あとは…そうそう、RIVAL 110は約3g軽くなっているが、残念ながらその違いはあまり体感できませんでした。

やかもち
日本では100より1400円くらい高い。性能的な違いはほとんど体感できていないため、安価に買えるRIVAL 100で良いだろう。
ゼリオ氏
センサーが違うのでCPI調整が細かい。でも、使いやすさはRIVAL 100とそう変わりない
Hinaline
100よりほんのり重い。相変わらず持ちやすい。クリック感も気持ちい感じ。
4人目だ
G PROより大きくて持ちやすい。しかし相変わらずG502や310には敵わない。

「4人目」さんは随分と手が大きいので、こういった小柄なマウスはどうも合わないようでした。3g軽いはずが「100よりほんのり重い。」という意見もあり、やっぱり100と比較して実用上の差はほとんど無い様子だ。

唯一の決定的な違いはSteelSeries Engineから、よりきめ細やかな設定が出来ることだが…。正直なところ、1000円以上の差額に見合う違いかと言われると微妙。

  • 体感できるほどの性能差は無かった
  • 国内価格がなぜか1000円以上も高い
  • これなら「RIVAL 100」で良いのでは

残念ながら、RIVAL 110はオススメできるほどのゲーミングマウスでは無いですね。

4. ハイエンドの実力「RIVAL 310」

日本では7000円前後する高級なマウス。新型センサー「TureMove 3」によって、圧倒的な低レイテンシーと高いトラッキング性能を実現したゲーミングマウスだ。どれくらい凄いのか試してみた。

やかもち
自分の手にはかなり大きく感じられた。長く使っていると、関節がやや疲れてくるなど、手に合わなささが目立つ。しかしマウスとしての性能は確かに良いものがあった。リコイルコントロールはわずかな調節で効いてくれるし、ポインタの止まり方はRIVAL 100以上に「スッ」と止まる制動性。DPIの調整も100dpi単位で可能なので、きめ細かな設定が可能なのも強み。ただ、手が小さい人には合わない可能性が濃厚。長時間使って、掴み方に慣れが出てくれば「名機」になりそう。
ゼリオ氏
大きくてちょっと重いけど、感度が早い自分には微調節がしやすくエイムが合わせやすい。なかなか良い。
Hinaline
柔らかい押し心地だけどちょっと重い。サイズも大きいし、重量感あって重いかも…。でもクリックに関しては、正確な感じだと思います。
4人目だ
超、持ちやすい。手が大きいのでとてもフィットする。使わせてもらった7個の中で、RIVAL 310が一番いいと思った。マウスホイールも気に入った。

RIVAL 100と比較すると「大きさ」が目立った意見に。マウスとしての性能は確かに凄くて良品なんですが、いかんせん大きいので小さいマウスをサッサッと動かすような使い方をしている自分には合わなかった。

事実、手の大きい「4人目」さんはRIVAL 310が今回検証した7個の中で最高と評しており、しっかりと掴める人には最適だろう。なお、「重い」という意見があるが、これはサイズ感から来る誤った認識。

重量は約90g程度しかないので、実際の重量はRIVAL 110とそう変わらないのだ。

  • カーソルの動きの精度、止まり方は驚異的
  • リコイルコントロールは更にしやすく、微調整が効く
  • 7000円という価格に見合った性能が、確かにある
  • 手が小さい方には合わない可能性が高い
  • 大きめのサイズゆえ、俊敏性を補うため敏感にする必要があるかも

というわけで、「自分、手小さいかも。」という人は大型の家電量販店などで実際に触ってみることをオススメします。

大きい人にとっては、RIVAL 310は非常に良いマウスに成りえるのでAmazonで買ってしまっても良いと思うよ。

5. エイミングには向かない「Logicool G300s」

Amazonで一番人気のゲーミングマウスです。個人的に、性能・価格のバランスを考えるとRIVAL 100が1位になってもおかしくはないはずなんですが、依然1位はG300sなんですよね…。

さて、このマウス。ボタンが多く、マクロ機能も優秀なのでコマンドが多いゲーム(RPGやMOVA)だと役立ちやすい。事実Hinalineさんは、黒い砂漠を遊ぶ場合はG300sを使っているくらいですし。

Hinaline
いやー、でもね。RIVALのスムーズなカーソル運びに慣れてしまったから、最近は黒い砂漠でも使ってないのよ。言うてキャラメイクしかしないしw。

こんな感じでやや見捨てられ気味だが、PUBGではどの程度使えるのか。みんなの感想からどうぞ。

やかもち
マウスを浮かせても反応してしまうため、シュッシュッという動かし方をしている人にはキツイ。ボタンも親指で押すのが難しいため、PUBGでは不利。あと解像度が粗いのか、微妙な照準合わせが難しい。総じてFPSゲーをするには性能不足という印象が拭えないため、競技性を求められるゲームではオススメできないマウスだ…。
ゼリオ氏
マウスパッドに接地していないにもかかわらず、勝手に反応してしまう。あまり、良いモノではない。
Hinaline
手が小さいので持ちやすいといえば良いけど。ちょっと軽すぎるのが気になるところ。安定感があんまりなくて、カーソルの動きが、こうブレブレな感じがする…かなぁ(3D酔い)。でもボタン沢山設定できるので~、オンラインゲーム用です。
4人目だ
G502に比べて明らかに持ちにくい(オレの手がデカイから)。G PROと比べても持ちにくい。

意見を総合すると「悪い」です。バッファローの静音マウスほどでは無いにしろ、浮いていても容易に反応するため振り向くと思った位置に視点が回らなかったり、行き過ぎたり。エイムが微妙にズレたり。

PUBGをするには良いマウスとは言えないですね。

6. PUBGには必要ないかも「Logicool G502」

あえてメカニカルなマウスも1種用意しました。正直、形状からして「PUBGなど競技性重視ゲーム向けのマウスではなさそうだが。」と、察しているものの好奇心に負けて買ってしまったんですよ。

同じようなマウスばかりなのも気になるし。ではレビューをまとめます。

やかもち
大きい割に操作がしやすい持ちやすさが不思議。ボタンが多いため零点距離の調節や、しゃがみジャンプの割当がしやすいなどのメリットも良い。カーソルの滑りの止まりやすさも非常にピッタリで、ごつい見た目と大きさの割に操作のし易さが意外。
ゼリオ氏
大きいけれど、手にしっかりと馴染む形で使いやすい。だがマウスパッドとの接地面積が広くて、動かしにくさが気になったかも。
Hinaline
クリック音がカチカチと明確な音。見た目通り、重い。ボタンの位置がちょっと気になる、かも。結構シャーって動くから慣れるのに時間がかかるかも~。持ちにくい。
4人目だ
メカメカしいデザインはかっこいい。クリック音も好み。大きくて持ちやすい。

RIVAL 310と同様に、G502も大きいマウスなのでつかみにくさに個人差が出やすい。そして重量が124gもあるので、重たいです。ゼリオ氏が「接地面積が…」と感想を出しているが、原因は重さにあるだろう。

RIVAL系は概ね90g前後。それより30%も重量が重いのだから、動かしづらさが出ても全く違和感はない。付属品の「おもり」を底面に取り付けることで重量を調節できるが、元の重さが124gでは出番はなさそうだ。

カーソルの動きやリコイルのしやすさは、さすが7000円クラスのゲーミングマウスと言ったところですが…、この重さは看過できないかな。積極的にオススメはしづらいかと。少なくともPUBGには向かないかも

7. RIVAL 100の対抗馬「Logicool G PRO」

Logicoolいわく、ゲーミングマウス業界でも最高クラスのトラッキング精度を誇るセンサー「PMW3366」を搭載し、重量をわずか83gに抑えることで圧倒的な使いやすさを追求したという「G Pro」。

RIVAL 100と同じ5ボタン仕様・左右対称のデザインで、サイズ感と重量もコンパクトで何かとRIVAL 100と共通点が多い印象。実際のところはどうなのだろうか。以下、感想。

やかもち
“RIVAL 100のように、つまんで持ちやすいサイズ感がフィットしている(自分の手には)。リコイルコントロールは相応にしやすく、スーッと動いてくれる感じが良い。流すような動きで視野やエイムをピタッと合わせやすいため、振り向きエイムもかなりしやすい印象。”
ゼリオ氏
小さくて持ちやすく、非常に扱いやすい。ボタン一つで感度を変更出来るのも便利で、左側についてる2つのボタンでゼロイン(零点距離)の調節をしたり便利。
Hinaline
LEDの細かいカラー設定が出来る。G300sのLEDは数種類の決まった色から選択するタイプだったから良い。クリック感が、超良い。軽すぎず重すぎないピッタリな押し心地。私は手が小さいけれど、手にフィットして気持ちが良い。ケーブルが柔軟性のある紐のような感じなので絡まりづらい。
4人目だ
丸くて小さいのでオレには持ちにくい、手の形に合ってないな。マウスホイールがとても滑らかに動くわ。

まとめると、非常に使いやすいゲーミングマウスでした。フィットしやすく馴染みやすいフォルムなので、自分の思った通りに動かせる追従性の高い操作感も優秀。

自分はRIVAL 100をかれこれ200時間以上は使っているわけで、普通の作業をする時も使っている。使い慣れたマウスから違うマウスを使うと、何かしら違和感はあるものだが…G Proにはそれが少ない。

  • シンプルなフォルムでつかみやすく、動かしやすい
  • クリック感は本当に絶妙、連打しやすく誤射はしづらい
  • リコイルコントロールもRIVAL 100同様にやりやすい
  • 価格は4500円でそこそこリーズナブル
  • 手が大きいと使いづらい、かもしれない

RIVAL 100の方が1000円ほど安いので、コストパフォーマンス重視ならRIVAL 100で良いと思います。

性能的には、互いに甲乙付け難いところ。結論、オススメなのは間違いない。

PUBGにオススメなゲーミングマウス3選

7個のマウスをSQUADメンバーで使い回して、PUBG用に使って問題ないオススメなマウスを3つに絞り込みました。

1.  SteelSeries RIVAL 100

価格目安センサーCPI加速度重量
3500円前後SDNS-3059-SS100 ~ 4000(250刻み)20gs87.5g

「初めてゲーミングマウスを買うんですけど。」という人に一番オススメしやすいゲーミングマウスです。エントリー向けだからと言って、舐めてかかってはいけない。

  • リコイルコントロールのし易さ
  • 滑らかで、しっかり止まるマウスカーソル
  • 小柄で軽量、疲れにくく使いやすいデザイン
  • 専用ソフトSteelSeries Engineで細かい設定も可能
  • 3000~4000円という書いやすい価格帯

最近はAmazon価格が希望小売価格(約30ドル)に近い価格に下がってきたおかげで、更にコストパフォーマンス優秀な良いマウスになった感がある。誰が使ってもハズレにくいマウスだとは思いますが、仮にハズレたとしても。

3500円くらいなら痛手は小さい。「PUBGを始めたのでマウス買いたいけど、何が良いか全然わからない。」のであれば、とりあえずRIVAL 100を手に取っておけばいい。

やかもち
愛用中。普段使いもRIVAL 100です。サブPC用に、LEDが光らない廉価版「RIVAL 95」も買ったぐらいだからね。
Hinaline
私はやかもちにもらったRIVAL 110を愛用中。G Proも良かったけど、わざわざ買い換えるほどではないかなぁ。

「光る必要はない。」という人はRIVAL 95も選択肢だよ。100より更に安く、性能は全く同じ。単にLEDが光らないだけです。

2. Logicool Pro

価格目安センサーCPI加速度重量
4500円前後PMW3366200 ~ 12000(100刻み)40gs83.0g

略して「G Pro」と読んでいますが、正しくは「Logicool Pro ゲーミングマウス」らしい。RIVAL 100と比較して1mmも遜色ない使いやすさが特徴。正直な話、最初にG Proを選んでいたら今の愛用マウスはG Proになっていたと思うレベル。

それくらい、このマウスは良い製品だよ本当に。RIVALより1000円高いけれど、絶妙なクリック感(個人差アリ)や明らかにRIVAL上位モデル並の「スペック」を見れば…1000円の価格差に見合った価値はあります。

個人的にはRIVAL 100の4000 CPIすら使い切れていないので、G Proの12000 CPIは過剰というか正直要らないですが、無いよりはあったほうが良いですよね。

  • シンプルなフォルムでつかみやすく、動かしやすい
  • クリック感は本当に絶妙、連打しやすく誤射はしづらい
  • リコイルコントロールもRIVAL 100同様にやりやすい
  • 価格は4500円でそこそこリーズナブル
  • 手が大きいと使いづらい、かもしれない

「使い心地は似ていると言っても、どうせ買うなら1000円の差額を出して上位スペック品を買ってみたい。」という人は、初めてのゲーミングマウスにG Proをどうぞ。

ゼリオ氏
愛用中~。別に不満ないから、壊れるまではG Proを継続する予定。

3.  SteelSeries RIVAL 310

価格目安センサーCPI加速度重量
7000円前後TrueMove3100 ~ 12000(100刻み)50gs88.3g

RIVAL 310ものすごく良いマウスですよ、コレ。

自分の手にはかなり大きく感じられた。長く使っていると、関節がやや疲れてくるなど、手に合わなささが目立つ。しかしマウスとしての性能は確かに良いものがあった。

リコイルコントロールはわずかな調節で効いてくれるし、ポインタの止まり方はRIVAL 100以上に「スッ」と止まる制動性。DPIの調整も100dpi単位で可能なので、きめ細かな設定が可能なのも強み。

ただ、手が小さい人には合わない可能性が濃厚。長時間使って、掴み方に慣れが出てくれば「名機」になりそう

大きめのフォルムが原因でRIVAL 100やG Proといった小さめのマウスに慣れていると、確かにとっつきにくさがある。しかし、感度を敏感にするなどして手に掛ける負担を減らしていけば乗り換えたさのあるマウスでした。

他にもいくつか具体的なメリットを挙げると。

  • サイドラバーはシリコン製なので、ジメッとしにくく滑りづらい(長時間の使用もOK)
  • サイドボタンが押しやすい(手が小さいと奥のボタンは遠く感じる)
  • G Pro以上の撃ちやすく軽いクリック感、連射も疲れにくい
  • RIVAL 100を超える、ポインタ精度(ペイントを使うと分かりやすい)
  • 滑らかで回しやすい、かつ行き過ぎず止まってくれるホイール

やはり「上位品」にふさわしい出来栄え。

スタヌーさんの評価も上々(リニューアル前のRIVAL 300ですが)。というわけで、「手が大きめ」「マウスをしっかり掴む派」という方ならRIVAL 310を初めてのゲーミングマウスにしても、恐らくハズレ無いと思います。

カーソルの動きがビビるくらい正確なので、普段使い用に使っても後悔しないレベル。センサー「TureMove 3」には恐れ入った。
やかもち
「4人目」さんにあげちゃったけど、自分もちょと欲しいと思ってました。
4人目だ
オレこれ(RIVAL 310)すごい好き。マジで当分これで行くわー。初ゲーミングマウスだけどホント最高。

マウスバンジーについて

マウスのケーブルが手前でゴチャゴチャしていると邪魔くさいし、埃が溜まるし、余計な摩擦が発生してわずかにマウスの操作感に支障が出たりする。これを解決するのがマウスバンジーというアイテムです。

マウスバンジーは様々な製品が出ているが、一番ハズレなさそうなのが「COUGAR」の製品。

  • 対応しているケーブルの太さは最大で5mm程度(要するに大抵のマウスで使える)
  • 真空吸盤で固定するため安定性が抜群
  • デザインがゲーミング感あって良い

特に重要なのが「太いケーブルも行ける」ということと「吸盤による安定した固定」です。例えば最大3mm対応のバンジーだと「Sensei 310」や「G502」が使えない。5mmもあれば問題ないということ。

固定が大事なのは、急に動かした時にバンジーがブレると困るから。COUGARのマウスバンジーは、欠点なく必要な要素だけが詰め込まれているので、こだわりが無いならこれ一択で良いだろう。

マウスパッドについて

マウスパッドは、マウスの精度を高めるために絶対必要です。マウスバンジーを買おうか悩んでいるなら、まずはマウスパッドから選んだほうが良い。

自分はマウスもヘッドセットも愛用しているのはSteelSeries製なので、マウスパッドもお揃いにしています。「Qck Mini」を使っていたが、面積が狭いのが気になり標準サイズの「Qck」に移行した。

ミニサイズは約1000円くらいで買えるのでコスパがいい。動きが少ない人はこれで十分かな。

ぼくはその後、標準サイズに乗り換えたわけですが。常に安定した状態を保ちたくなったので、大きめのサイズにして端の方をディスプレイとキーボードで固定しています。(最近流行りのGetting Over Itも、これならやりやすい。)

ゼリオ氏
ぼくは愛用マウス「G PRO」に合わせて、マウスパッドもソフトな感触の「G240t」を使ってるよ。

基本的にゲーミングデバイスメーカーが製作しているマウスパッドなら問題ない。安い中華製のノーブランド品も、機能的には行けてますが…LogiやSteelのそれと比べると、ややカサつきが感じられて積極的に選びたくないな。

例えば実際に使ってたのはCandor製のマウスパッド。600円くらいでQck Miniより少し大きめの面積が手に入る。しかしQckと比較すると…しっとり感が違うんだよね。初めてのマウスパッドならこれでも良いとは思うけど。

4人目だ
オレ、このやかもちにもらったCandor普通にいいと思ってるよ。アレか、良いのを使ったことないから満足できてる例か。
やかもち
だろうね。ぼくもQck以外のマウスパッドはよく知らないから、もっと上があるのかもしれない。Qckで全然満足だけどね。

以上「PUBGにおすすめなマウスを考える【実際に7個使って検証】」についてでした。パッドやバンジーについても書けたので、PUBG用にマウスを探している人の参考になれば幸いです。

PUBGにオススメのヘッドセット

PUBGで60fpsを出せるゲーミングPC

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC
Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

8 件のコメント

  • Roccat Kone Pure Owl-Eyeは試したことありますか
    平均的な日本人のサイズの手でつまみ持ちするなら最強のマウスだと思っています

  • マウスパッドはぜひARTISANを試してみてください、日本製で種類が豊富で、こだわりを感じます。

  • なんの予備知識もなしに全然聞いたことないメーカーだけどまぁいいかと適当に買ったMIONIXのALIOTHとかいうゲーミングマウスパッドがめちゃめちゃ良くてお気に入りです。

  • 各レビュアーが普段どういうマウスの持ち方をしているかが載っていないのが勿体ない
    好まれてるマウスの傾向からつかみorつまみ持ちが多い面子なのだとは思いますが…
    かぶせ持ちのプレイヤーとはかなり好まれる要点が違うので、重要な情報ではないでしょうか?

    • もっとも大きな差はセンサーの違いですね。実際に使い比べたことは無いので、何ともいえないですが。

      Amazonレビューによれば、やっぱりセンサーの性能アップが大きいようです。

      • ヤフオクで安く売ってたのでPUBGように買おうと思ったんですけどね…やめたほうがいいでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。