マビノギ・効率とレベル上げ 前編

Leveling-of-High-Eff

真面目なコンテンツを作成しようと思いました。ただ・・・。今のマビノギに、ガチ初心者という人はいるのでしょうか。かなり疑問がある部分ではあるのです。

でも、効率の良い方法を駆使している人(廃人)にあまり近づきたくないという人は、中級者でも知らない方法が、ひとつはあるかもしれない。

※やっちはあまり差別や偏見がないので、誰と遊んでも抵抗がない。そのため、トリアナのトップクラスの廃人と遊べる機会が割りとあったので、そういう意味でも序盤から、効率が良かった。

そしてこの「マビノギのレベル上げ」という内容は一度ブログでやってみたいと思っていたので、思い切って今回作ることにしました。

Sponsored Link

さて、やっちは以前「雛徹」というキャラクターでマビノギをプレイしていました。そのキャラクターで、確か一年か二年はプレイしていたと思います。それだけのプレイ時間にも関わらず、累積レベルは決して高くはありませんでした。

もちろん、当時は今のマビノギの仕様と違って、レベル毎の必要経験値が多かったため、レベル100に到達するのは、割りと厳しい一面がありました。そうだとしても、頭を使って、時間と効率についてしっかりと考えれば、おそらく累積7000くらいにはなっていたと思います。

「雛徹」がアカウントハックに遭遇した時の累積レベルは、3000程度でした。ですが、ある意味で言えば、そのアカウントハックに遭遇して、良かったと、思う一面もあります。今となっては、ね。

その後、2012年の12月頃に、懲りずに「やかもち」が生まれました。「雛徹」とは、比にならないほどのスピードで成長しました。すでに累積が3000ほどあった「秘奈」さんを、確か2013年の5月~6月の間に抜いたと思います。

※今はまた抜かれてます

※2013年4月25日での累積

垢ハク前の「雛徹」の3倍以上の速度でレベル上げを行っていたんです。そして7月頃に、リアルでの問題でやかもちはインが不安定になりました。でも、この時期があったからこそ、効率の本当の意味での大切さに気づきます。

マビノギは累積が上がれば、勝手に強くなります。相対的に効率も上昇しますが、やはり序盤が肝心です。「雛徹」はアイススピアなど、魔法を中途半端に覚えているくせに、アローリボルバー、木工、分身術、弓系全般に、手を付けていなかった。

交易サポーターで加速しながら両手剣を振り回していました。効率厨の方に会ってなかったら、いかに非効率的で無駄の多い戦闘をしていたか、気づけなかったでしょう。

あと、あくまでも、この記事は序盤から効率よくプレイしたいと思っている、中級者や初心者に向けて、鰹武士の主観の混じった記事になっています。

「俺は魔法使い突き通すんじゃ。」

「効率は別にいいです、まったり、のんびり影ミッション。」

と言った人には向いてないかもしれないので、そのあたりは了承願います。

 

「レベル上げ」のために、序盤で上げておきたいスキル

では、本題ですが。やっぱりマビノギは序盤が肝心です。好奇心が強くて、あれこれ上げてしまうのも、可愛いですが、後々辛くなります。「雛徹」はその典型でした。

2011年5月頃

アローリボルバーは覚えていないし、クラッシュショットはAPが多いと言って、練習止まりでした。・・・おそらくレンジアタックもFランクだったと思います。

ちなみにこんなキャラです。今と違って、赤でした。

多くの初心者が悩むのは、何を上げるか。そして、累積の割には、妙にぱっとしないという人は、序盤で間違えてしまった。何を上げるかは、プレイスタイルにもよりますけどね。

鍔迫(やっちのフレンド)は、実は格闘を極めました。かなり序盤の時期から、鰹武士で武道を回るときの魔法・錬金術士を処理する係になりたいということで、格闘を上げてました。

ただ、やかもちたちが中々武道を回れる水準まで強くならなかったので、一時はつら~い時期がありましたね(笑)

武道周回を決定的に可能にしたのは秘奈さんでした。ギルドのトップクラスの効率厨かと、思います。やっちは今でもあれこれ考えてしまうところがあるので、秘奈さんが速い。

やっぱり序盤で上げていきたいスキルは、近接と弓だと思います。

魔法使いなども極めれば強いし、好きな人は好きそうだけど、そこそこの水準に達するまでに使うAPで、近接は概ねマスターできるAPに匹敵するので、あまりおすすめできない。

近接がいいと思います。とりあえず、改造グラディウスや使い捨てビームソードの二刀流で、中級都市を3分、高級都市を5分くらいで回れるレベルにはすぐになります。

やかもちは最初から近接を上げまくりました。1ヶ月ほどでアタックとウィンドミルとクリティカルをランク1にしただけで、改造グラディウス二刀流で、高級都市を5分で周回できたので、累積に対しての効率はそれなりに良かったと思う。

圧倒的に、上げておきたいスキル。

そしてダウンアタックなどを上げていくと、だいぶコンボがスムーズになる。近接の醍醐味は、やっぱりコンボの組み合わせです。ダイナシが実装されてから、一層楽しくなりました。(まぁ最初は相当戸惑ったけどね。)

ディフェンスは、割りと後回しでもいいと思います。

  • 一歩下がって、あるいは近づいてウィンドミル
  • ディフェンス→スマッシュ
  • アイスボルト→スマッシュ(ループ可能)

頭を使えば、敵から攻撃を受けることはそんなにないです。近接がある程度終わったら、弓系をやっていきたいと思う。APがあれば、すんなりと上がる。この時点で魔法などを上げてしまっていると、レベル上げの効率が悪く、APが上手く稼げない。

そしてスキルが中々上がらず、辛くなる・・・と思う。戦闘が上手くいかないと、つまらないと思う。つまらないと続かないので、序盤で詰まってしまう。

変なことは考えずに、近接がいいと思います。近接のいいところはお金がかからないところでもある。

弓は強い、しかし・・・。

そう。

近接がだいたい終わったら、弓に移っていきたいのですが、その前に色々と面倒なことがあるんです。別に飛ばしてもいい部分ではあるのですが、後々になって

「もっとダメージが上がらないかな・・・」

と、思うようになると、大変な部分です。それはDEXを回収しておくこと。生産スキルに「精錬」というスキルがあります。

インゴットなどを製造できる「精錬」

このスキルは、DEXの高さが成功率に関わってくるのですが。このスキルのトレーニング内容に「失敗する」というものがあるんです。

なので、先に弓系スキルを上げて、DEXが上がってしまうと・・・。DEXに比例して成功率が上がってしまって、失敗しづらくなる。結果、トレーニングが進まず、詰んだりすることも・・。

前にもこういう初心者を見て、辛くなったね。ギルドに入っていながら、誰も助言しなかったのかと。その子のDEXは200を超えていたそうですが、その時点で詰んでしまう。

200なんて、レンジアタックを1にしてしまうだけで、今はなってしまうんじゃないか。どうせ弓系を上げるなら、「精錬」を先に1にするべきです。

DEXがほとんど上がっていなかったら、トレーニングは決して大変ではないので。「応急治療」「紡織」などは後回しでもいいと思います。やかもちはさっさとやってしまいましたが。

「精錬」を乗り越えたら、あとは弓系を上げていくだけです。弓と近接の両方が揃ってくると、それなりの強さになると思います。

パーティーでビーパーに遭遇して、

「すいません、弓ないんです・・・。(内心)」

なんてこともなくなります。ちなみに昔の雛徹は、弓がなかったので割りと迷惑な子でした(-_-;)。

アロリボ。打ち放題、最高。

アローリボルバーも今は、習得にそこまでのハードルはないので、ぜひ覚えておきたい。このスキルは一度覚えてしまうと、その快感から逃れられなくなります。快感に浸って、やかもちは属性4の弓を2本とも、耐久2にしてしまいました。(アロリボの打ち過ぎで。)

アローリボルバーは確か8ページが入手困難だったと思いますが、いちいちダンジョンに行って時間を無駄にしている暇があったら、数百円払って購入したほうが絶対にいいです。

バイトをしている人なら、わかりやすいかもしれない。ダンジョンに行っている時間をバイトに費やしたら、十分にページを購入できる代金は用意できると思うので。

弓系と近接が終わったら・・。

「木工」や「分身術」などと言ったスキルを上げて、ステータスの回収がいいかもしれない。面倒だという人はフレンドやギルドに入ったりして、交流を作って、武道などを回ると、美味しい。

次は鰹武士たちがよく使うレベリングの手段を書こうと思う。・・・と思ったのだが、すでに結構長くなってしまったので、次回、「マビノギ・効率とレベル上げ 後編」に続く。

Sponsored Link