おすすめな「Z390」マザーボード7選:Core i7やi9に最適なマザボとは?

第9世代のインテルCPUで自作パソコンを作るなら、おすすめなマザーボードはやはり「Z390」搭載モデル。第9世代を正式にサポートするチップセットですし、第9世代のi7やi9を前提にした電力設計になっているのが特に魅力です。

本記事では50種を超えるZ390マザーボードから、おすすめなマザボを7個に絞って紹介する。

Sponsored Link

「Z390」チップセットの仕様とスペック

初心者向けに、そもそもZ390チップセットとは何なのか。仕様やスペック上の特徴について解説しておきます。

チップセット「Intel 300シリーズ」と比較

チップセットZ390Z370H370B360H310
ロゴ
拡張性
PCIeリビジョン3.02.0
PCIeレーン数x24x20x12x6
レーンの分割単位x1 / x2 / x4
USB 3.1 Gen1x10x8x6x4
USB 3.1 Gen2x6x0x4x0
最大USBポート数x14までx12までx10まで
最大SATAポート数x6
メモリチャネルデュアルチャネル(x2)
1チャネルのメモリ枚数2枚まで1枚まで
機能性
出力モニター数最大3枚最大2枚
PCIe分割パターンx16x16
x8 / x8
x8 / x4 / x4
対応RAIDPCIe 0 / 1 / 5なし
SATA 0 / 1 / 5 / 10なし
Intel Optane Memory対応なし
Intel RST対応
PCIe用RST対応なし
最大RST数3210
WiFi(802.11ac)対応なし対応
SDXCカード対応なし
CPUオーバークロック対応不可
メモリオーバークロック対応不可
Intel Smart Sound対応
Intel vProなし
その他
DMI規格3.02.0
DMI帯域幅8 GT/s5 GT/s
HSIOレーン302414
TDP6 W

ものすごくザックリと言うと、Z390は現行のチップセット「Intel 300シリーズ」の中で、もっとも柔軟性と拡張性に優れているハイエンドチップセットということです。

Z390の前身にあたるZ370との違いは、主にUSB 3.1 Gen2とWiFiモジュールをネイティブにサポートしているかどうか、のみ。基本的な機能はほぼ同じですが、Z370は既に終息しています。

よって、新品のマザーボードを購入する場合、「Z390かZ370か?」で悩むことはほとんど無い。

「Q370」は企業向けなのでスペック表から省きました。

知っておきたい「Z390」の優位性

Z370との比較だとZ390はかなり地味ですが、他のH370やB360といったミドルからローエンド級のチップセットと比較すると、何かと優位性が多いので知っておいて損は無い。

  • 汎用PCIeレーンは24本
  • USBポートが多い
  • グラボ用にPCIeレーンを分割可能
  • PCIeストレージのRSTに対応
  • RSTできるストレージは最大3個
  • CPUとメモリのオーバークロックが可能
  • HSIOレーンが30本と多め

機能性は一部H370とかぶっているが、Z390は全体的に「柔軟」かつ「拡張性に優れ」ている。

NVMe SSDやキャプチャボードなどを接続するために使われている、汎用PCIeレーンは24本もあるので、計算上はNVMe SSDをフル帯域で6個まで使うことが出来る(マザーボードに端子があれば…の話)。

そして一番優位性になるのが、オーバークロック機能です。H370以下のチップセットは、オーバークロックに対応したCPUやメモリを使っていても、オーバークロックは不可能になってしまう。

オーバークロックが可能な「K付き」のCPUは無印版より若干値段が高いので、せっかくならオーバークロックに対応したZ390マザーボードを選ぶ価値はそこそこ大きいと思って良いです。

他には、Z390はグラフィックボード用のPCIeレーン(要するにCPU側が持っているPCIeレーン)を、細かく分割できるのもメリット。H370以下は、16本あるレーンを16本より細かく分割できません。

これがどういう不都合を生み出すかと言えば、グラボを複数使ったマルチGPUに支障があります。特にNVIDIAの場合は、グラボ1枚につきPCIeレーンを8本与える必要があるので、無条件にH370以下はNVIDIA SLIに対応しない。

AMD CrossFireは汎用PCIeレーンと組み合わせることでマルチGPUを実現するが、片方の帯域がチップセット経由の4レーンしか無いので効率は落ちます(そもそもCrossFire自体の効率が…)。

あと、HSIOレーンが30本と多めですが、これはSATAポートやUSBポートの数や実行速度に影響する。HSIOレーン1本あたり、8 Gbpsの帯域幅があるので、30本で最大240 GBpsになります。

ポート最大数帯域幅HSIOレーン(消費数)HSIO合計
USB 3.1 Gen2610 Gbps21226
USB 3.1 Gen185 Gbps18
SATA66 Gbps16

そのためZ390の仕様では「USB 3.1 Gen2が最大6ポート、Gen1は最大8ポート(USBは最大14ポートまでです)、SATAが6ポート」となっているが、全て問題なくフル帯域で動作可能な計算です。

初心者もち
なるほど~。Z390は大幅なスペック変更にも耐えられるのがメリットなのかな?
自作歴24台のやかもち
そういうこと。自作初心者が「なんか心配だから。」という理由でZ390を選ぶのは全然アリです。

そもそも、Z390チップセットは第9世代にネイティブ対応する点も優秀なところ。H370やB360も第9世代に対応しているが、BIOSの更新を必要とするため、通販だと古いBIOSに当たる確率が高い。

確実に第9世代に対応しているという意味でも、Z390チップセットは意外と自作初心者にやさしい仕様です。

おすすめなZ390搭載マザーボード:7選

ここからはようやく本題の、筆者から見ておすすめできるZ390マザーボードの紹介です。消費電力が大きい傾向にある第9世代を安定さえる上で重要な、電力回路の設計が選定で重視するポイント。

デザインや機能性は、やや重要度(ウェイト)を落としている。やはりCPUが安定しなければ話になりませんから、ぼくは電力回路の設計を重視してマザーボードを選びます


1. 安価なのにフェーズ重視なGIGABYTE Z390 UD

スペックZ390 UD
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX305 mm x 230 mm
メモリスロット
  • DDR4 4266(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 10 + 2フェーズ
  • PWMコントローラ「ISL69138」
  • 増幅ダブラー「ISL6617A」x5
CPU用コネクタ8 + 4 pin
LANチップRealtek 8118(1.0 GBps)
サウンドチップRealtek ALC 887
マルチGPU2-Way AMD CrossFire
PCIeスロットx16スロット:1本(16レーン接続)
x16スロット:2本(4レーン接続)
x1スロット:3本
M.2スロット1スロット(SATA or NVMe / type 2242~22110)
USBポート
  • USB 3.1 Gen1:8個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 1.4(4096 x 2160@30 Hz)
  • HDCP 2.2対応
音声出力3.5mmプラグ:3個
レガシー端子
  • PS/2マウス
  • PS/2キーボード
保証2年
参考価格13800 円
  • PS/2マウス
  • PS/2キーボード
  • USB 3.1 Gen1 x6
  • HDMI 1.4
  • LANポート
  • 3.5mmプラグ x3

GigabyteはZ370ボードだと微妙な製品もありましたが、Z390で大幅に改善されたようです。Gigabyteのマザーボードでもっとも廉価ブランドに位置する「UD」ですら、フェーズは10 + 2なので驚いた。

PWMコントローラは「ISL69138」で、対応フェーズ数は5 + 2です。増幅ダブラー「ISL6617A」を5個取り付けてあるため、フェーズが2倍に増幅されて合計「10 + 2」となる仕様。

CPU用に10本もフェーズがあるなら、Core i9 9900Kを定格で使う程度の負荷には、ケロッと耐えて安定動作してしまうでしょう。13800円という価格を考えれば、コストパフォーマンスはとても良好です。

消費電力が更に大人しいCore i7 9700Kやi5 9600Kなら、オーバークロックも問題ない。空冷クーラーでVRMフェーズに風をあてるなど、VRMの熱対策は必須ですが、基本的にOCは十分に耐えられる。

Z390 UDの良いところ
  • 安価なのにフェーズ回路はしっかりしてる
  • 良好なコストパフォーマンス
Z390 UDの微妙なとこ
  • NVIDIA SLIに対応していない
  • LANチップはRealtek製
  • サウンドチップは廉価なALC 887
  • 全体的に拡張性は控えめ

これだけの安さでフェーズ回路に力を入れた分だけ、他の機能性は当然落ちています。LANチップはRealtek製ですし、サウンドチップはごく普通のALC 887を採用している。

Z390チップセットを搭載していながら、NVIDIA SLIに対応していないのも廉価マザーボードならではの仕様です。拡張性は必要十分と言えるが、他と比較すれば控えめなのは間違いない。

Gigabyte Z390 UDは、とにかく安くCore i9 9900Kやi7 9700Kを使いたい人向けにオススメです。

GIGABYTE / チップセット : Intel Z390 / フォーム : ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : CFのみ対応

1. コスパ良くハイエンド級の堅牢性ASRock Z390 Extreme4

ASRock Z390 Extreme4
スペックZ390 Extreme4
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX305 mm x 244 mm
メモリスロット
  • DDR4 4300(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 12 + (2?)フェーズ
  • PWMコントローラ「uP9521p」
  • 増幅ダブラー「uP1965p」x7
CPU用コネクタ8 + 4 pin
LANチップIntel I219V(1.0 Gbps)
サウンドチップ
  • Realtek ALC 1220
  • NE5532(ヘッドセットアンプ搭載)
マルチGPU
  • 2-Way NVIDIA SLI
  • 3-Way AMD CrossFire
PCIeスロットx16スロット:3本(Z390の仕様通りに分割)
x1スロット:2本
M.2スロット
  • SATA or NVMe:1本(type 2242~2280)
  • SATA or NVMe:1本(type 2242~22110)
  • WiFi:1本(type 2230)
SATAポート
  • 6本(Intel Z390)
  • 2本(ASMedia ASM1061)
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:2個
  • USB 3.1 Gen1:9個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 1.4(4096×2160 @30Hz)
  • DisplayPort 1.2(4096×2304 @60Hz)
  • D-Sub(1920×1200 @60Hz)
  • HDMIとDPは「HDCP 2.2」と「4K Ultra HD再生」に対応
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
レガシー端子PS/2
保証2年
参考価格21200 円
  • PS/2
  • USB 3.1 Gen1 x4
  • USB 3.1 Gen2 Type-A
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • HDMI 1.4
  • DP 1.2
  • D-Sub
  • LANポート
  • WiFi取付口
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

2万円台のZ390マザーボードでは、最もコスパに優れた秀逸なマザーボード。それが「ASRock Z390 Extreme4」です。

よく見ると「12 + 2」フェーズです。

特徴は60Aもの電流に耐える、高品位のプレミアムチョークを使ったASRockならではの堅牢なフェーズ設計にある。CPU向けに12フェーズを備え、スペック表に記載こそ無いが、アンコア向けに2フェーズまで備える。

ずっしりと重たいアルミニウム製ヒートシンク。

それらフェーズを、アルミニウム合金製の大型ヒートシンクを覆い被すことで、高い放熱性も実現しています。空冷クーラーを使っていれば、CPUをOCしても発熱は40℃台に抑えられる。

エアフローのない状況でも70℃程度に抑えられ、しかも性能をほとんど犠牲にしないままCPUをオーバークロック状態で安定稼働が可能です。とにかく、OC耐性と安定性に力を込めた逸品でした。

ASRock / チップセット : Intel Z390 / フォーム : ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : SLI対応
Z390 Extreme4の良いところ
  • 優れたコストパフォーマンス
  • i9 9900Kの5 GHzに耐えるフェーズ回路
  • サウンドチップALC1220とアンプを搭載
  • RGB LED機能もそこそこ豊富
  • 十分な拡張性
Z390 Extreme4の微妙なとこ
  • 価格的に上位のPhantom Gaming 6と悩む
  • USB 2.0ポートがリアパネルに無い

2万円弱のマザーボードとして、非常に優秀。コストを抑えつつ、Core i9 9900Kやi7 9700Kをまじめにオーバークロックしたいユーザーにおすすめなマザーボードです。

実機レビューはこちらより。


3. デュアルLAN搭載の最安MBASRock Z390 Phantom Gaming 6

ASRock Z390 Phantom Gaming 6
スペックZ390 Phantom Gaming 6
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX305 mm x 244 mm
メモリスロット
  • DDR4 4300(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 12 + (2?)フェーズ
  • PWMコントローラ「uP9521p」
  • 増幅ダブラー「uP1965p」x7
CPU用コネクタ8 + 4 pin
LANチップ
  • Intel I219V(1 Gbps)
  • Realtek Dragon RTL8125AG(2.5 Gbps)
サウンドチップ
  • Realtek ALC 1220
  • NE5532(ヘッドセットアンプ搭載)
  • Creative Sound Blaster Cinema 5対応
マルチGPU
  • 2-Way NVIDIA SLI
  • 3-Way AMD CrossFire
PCIeスロットx16スロット:3本(Z390の仕様通りに分割)
x1スロット:2本
M.2スロット
  • SATA or NVMe:1本(type 2242~2280)
  • SATA or NVMe:1本(type 2242~22110)
  • WiFi:1本(type 2230)
SATAポート
  • 6本(Intel Z390)
  • 2本(ASMedia ASM1061)
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:2個
  • USB 3.1 Gen1:9個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 1.4(4096×2160 @30Hz)
  • DisplayPort 1.2(4096×2304 @60Hz)
  • D-Sub(1920×1200 @60Hz)
  • HDMIとDPは「HDCP 2.2」と「4K Ultra HD再生」に対応
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
レガシー端子PS/2
保証2年
参考価格23800 円
  • PS/2
  • USB 3.1 Gen1 x4
  • USB 3.1 Gen2 Type-A
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • HDMI 1.4
  • DP 1.2
  • D-Sub
  • LANポート(2.5 Gbps)
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • WiFi取付口
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

同じくASRockのミドルクラスに位置するマザーボードです。基本的なスペックや設計は、「Z390 Extreme4」とほとんど同じですが、2.5 GbpsのLANポートを1つ追加してデュアルLAN仕様になっているのが特徴

2つのLANを使うことで、最大3.5 Gbpsの速度で有線ネットワークが可能になるので、ネットワークNASを使っている人に恩恵がある。更に、レイテンシ(ping)を短縮できる効果もあるので、(理論上は)ゲーマーにも嬉しい。

Z390 Extreme4に+2000円のコストでPhantom Gaming 6を選べるため、多くのユーザーが「デュアルLANってなんか強そう。どうせならPG6にしようかな。」と、揺れてしまうでしょう。

Z390 Extreme4の良いところ
  • 優れたコストパフォーマンス
  • i9 9900Kの5 GHzに耐えるフェーズ回路
  • サウンドチップALC1220とアンプを搭載
  • Creative Sound Blaster 5をサポート
  • RGB LED機能もそこそこ豊富
  • 2.5 + 1.0 GbpsのデュアルLAN対応
  • 十分な拡張性
Z390 Extreme4の微妙なとこ
  • USB 2.0ポートがリアパネルに無い

欠点はほとんど無い。デザインも、明暗のアクセントが効いたソリッドな仕上がりで洗練されている。Z390マザーボードで悩んだら、とりあえずこれで良いというレベルです。

もちろん、コスパを重視するならZ390 Extreme4がベストになる。デュアルLANに惹かれるなら、Phantom Gaming 6を選ぼう。

ASRock / チップセット : Intel Z390 / フォーム : ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : SLI対応 / その他 : 2.5G LAN搭載

4. 3万円台で最高のZ390マザボGIGABYTE Z390 AORUS Master

Gigabyte Z390 AORUS Master
スペックZ390 AORUS Master [Rev.1]
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX305 mm x 244 mm
メモリスロット
  • DDR4 4133(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 12 + 2フェーズ
  • PWMコントローラ「IR35201」
  • 増幅ダブラー「IR3599」x6
CPU用コネクタ8 + 8 pin
LANチップIntel I219V(1.0 Gbps)
WiFiモジュールIntel 9560 802.11ac 2×2(1.73 Gb/s)
サウンドチップ
  • Realtek ALC 1220-VB
  • ESS SABRE 9118 DAC
マルチGPU
  • 2-Way NVIDIA SLI
  • 3-Way AMD CrossFire
PCIeスロット
  • x16スロット:1本(16レーン接続)
  • x16スロット:1本(8レーン接続)
  • x16スロット:1本(4レーン接続)
  • x1スロット:3本
M.2スロット
  • SATA or NVMe:2本(type 2242~22110)
  • NVMe:1本(type 2242~2280)
  • WiFi:1本(type 2230)
SATAポート6本(Intel Z390)
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:5個
  • USB 3.1 Gen1:4個
  • USB 2.0:8個
映像出力
  • HDMI 1.4(4096×2160 @30Hz)
  • 「HDCP 2.2」対応
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
レガシー端子なし
付属ソフトXSplit Gamecaster + Broadcaster(12ヶ月版)
保証2年
参考価格36000 円
  • 再起動ボタン
  • 起動ボタン
  • WiFi取付口
  • USB 3.1 Gen1 x2(DAC-UP対応)
  • USB 3.1 Gen2 Type-A x3
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • USB 2.0 x4
  • HDMI 1.4
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

この価格帯では10 Gbps LANを搭載するような、突出した機能面で勝負してくるマザーボードが目立つが、その中でも「Z390 AORUS Master」はあくまでも「マザボとしての機能」にしっかりと力を入れた製品です。

フェーズ回路は「IR35201」によって統率されており、ネイティブにCPU向けフェーズ6本 + メモリ向けフェーズ2本を制御できる。そこに増幅ダブラー「IR3599」を6個投入して、CPUフェーズを2倍の12本に倍増させた仕様

回路設計が堅牢だと評されるASRock Taichiシリーズと全く同じコンポーネントを採用しているため、CPUに対するオーバークロック耐性はかなり優れており、大型ヒートシンクによって発熱も抑制できる。

2万円台のZ390マザーボードは70℃を超える発熱ですが、3万円台になると60℃台に落ち着く。AORUS Masterはその中でもトップクラスに冷えるため、簡易水冷ユニットを安心して使えるのが魅力的です。

Z390 AORUS Masterの良いところ
  • i9 9900Kの5 GHzに耐えるフェーズ回路
  • ALC1220をES9118 DACで更に強化
  • 配信ソフト「XSplit」が12ヶ月無料
  • RGB LED機能が豊富
  • インテル製のハイエンドWiFi搭載
  • USB 3.1 Gen2が多め
  • リアパネルに電源ボタンがある
  • M.2ヒートシンクをすべて装備
  • 十分な拡張性
Z390 AORUS Masterの微妙なとこ
  • ちょっと値段が高い

さすがに36000円もするので、機能面や性能でほとんど不満のない出来栄えになってます。微妙なところは「高い。」ことだが、ハイエンドボードですし、気にしたら負けですね。

GIGABYTE / チップセット : Intel Z390 / フォーム : ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : SLI対応

5. 現行最強のZ390ゲーミングマザーMSI Z390 MEG Godlike

MSI Z390 MEG Godlike
スペックMEG Z390 Godlike
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタE-ATX305 mm x 272 mm
メモリスロット
  • DDR4 4600(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 16 + 2フェーズ
  • PWMコントローラ「IR35201」
  • 増幅ダブラー「IR3599」x8
  • MOSFET「Infineon TDA21462」x16
CPU用コネクタ8 + 8 pin
GPU用コネクタ6 pin
LANチップ
  • Killer E2500(1.0 Gbps)
  • Killer E2500(1.0 Gbps)
WiFiモジュールKiller 1550 802.11ac 2×2(1.73 Gb/s)
サウンドチップ
  • Realtek ALC 1220(フロント用)
  • Realtek ALC 1220(リア用)
  • ESS E9018
マルチGPU
  • 2-Way NVIDIA SLI
  • 4-Way AMD CrossFire
PCIeスロット
  • x16スロット:1本(16レーン接続)
  • x16スロット:1本(4レーン接続)
  • x16スロット:1本(8レーン接続)
  • x16スロット:1本(4レーン接続)
  • x1スロット:1本
M.2スロット
  • SATA or NVMe:2本(type 2242~22110)
  • SATA or NVMe:1本(type 2242~2280)
  • 付属の「M.2 Xpander-Z」で2スロット増設可
U.2ポートNVMe:1本(M.2_2と排他制御)
SATAポート6本(Intel Z390)
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:6個
  • USB 3.1 Gen1:2個(ASM1042)
  • USB 3.1 Gen1:4個(ASM1074)
  • USB 2.0:4個
映像出力なし
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
  • 6.3mmプラグ:1個
レガシー端子PS/2
付属品
  • M.2 Xpander-Z
  • Streaming Boost
  • WiFiアンテナ
保証1年
参考価格74700 円
  • BIOSフラッシュバック
  • CMOSクリアスイッチ
  • WiFi取付口
  • USB 3.1 Gen1 x4
  • USB 3.1 Gen2 Type-A
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • 6.3mm金メッキプラグ
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

現行のZ390マザーボードでは、まさに最強スペックに位置するのが「MSI Z390 MEG Godlike」です。

まずVRMフェーズ回路を見ていくと、Z390で最強の16フェーズを備える。しかも映像出力端子を省いているため、Z390 MEG Godlikeは内蔵GPUを使うことができません。

だから内蔵GPU向けのフェーズを省いて、16フェーズ全てをCPU向けに用意している。統率するコントローラは「IR35201」。本来6 + 2フェーズ仕様のコントローラを、本ボードでは8フェーズ仕様にカスタムした。

それら8フェーズを「IR3599」を8個使って倍増して、合計16フェーズ。残りの2フェーズは「Primarion」と言うコントローラと、On Semiconductor製のMOSFETを使って、メモリ(VCCSAとVCCIO)向けに用意している。

要するにフェーズ回路をCPUに極振りした設計になっている、ということです。ヒートシンクも非常に巨大で、パッシブ冷却でも発熱は50℃に達しない冷却性能を実現する。

280~360mmの大型簡易水冷ユニットを用いてゴリゴリと冷やして、Core i9 9900Kを常時5.0 GHz以上で運用したい、超ハイエンドゲーマーにおすすめです。

Z390 MEG Godlikeの良いところ
  • Z390マザーボードで最高のフェーズ回路
  • ESS E9018で強化されたサウンド性能
  • キャプチャボードが付属
  • M.2スロット拡張ボードが付属
  • OLEDを活用したギミックで洗練されたデザイン
  • KillerブランドのデュアルLAN対応
  • USB 3.1 Gen2が多め
  • リアパネルに電源ボタンがある
  • M.2ヒートシンクをすべて装備
  • SLIを4スロット間隔で構築可能
  • 抜群の拡張性
Z390 MEG Godlikeの微妙なとこ
  • 値段が高い
  • 国内保証が短い
  • 内蔵GPUは使えない(確かに必要性はない)

総じてぶっ飛んだ仕様で、最強のZ390マザーボードであることは疑いようが無い。コスパを度外視して、最高のゲーミングマシンを組むなら、これほど最適なマザーボードは無いと言える。

あと、これは地味に見落としがちですが、1番目と3番目のPCIeスロットが4スロット離れているのも大きな特徴です。空冷グラボでNVLink SLI(グラボの2枚挿し)を組む場合、間隔が狭すぎると熱が問題になる。

だからZ390 MEG Godlikeのように4スロットも間隔があると、空冷のグラボでも比較的エアフローに余裕を持たせたままSLIを組むことが可能です。まさに超ハイエンドゲーマーのために存在するマザボです。

MSI / チップセット : Intel Z390 / フォーム : E-ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : SLI対応

6. MicroATXでコスパ最高のZ390ASRock Z390M Pro4

ASRock Z390M Pro4
スペックZ390M Pro4
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX244 mm x 244 mm
メモリスロット
  • DDR4 4300(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 7 + 3フェーズ
  • PWMコントローラ「ISL95866C」
  • 増幅ダブラー「ISL6608」x3
CPU用コネクタ8 pin
LANチップIntel I219V(1.0 Gbps)
サウンドチップRealtek ALC 892
マルチGPU2-Way AMD CrossFire
PCIeスロット
  • x16スロット:1本(16レーン接続)
  • x16スロット:1本(4レーン接続)
  • x1スロット:2本
M.2スロットSATA or NVMe:2本(type 2230~2280)
SATAポート
  • 6本(Intel Z390)
  • ※M2_2を消費するとSATA_4~5を喪失
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:2個
  • USB 3.1 Gen1:8個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 1.4(4096×2160 @30Hz)
  • DVI-D(1920 x 1200 @60Hz)
  • D-Sub(1920×1200 @60Hz)
  • HDMIとDVI-Dは「HDCP 2.2」対応
  • HDMIは「4K Ultra HD再生」対応
音声出力3.5mmプラグ:3個
レガシー端子PS/2
保証2年
参考価格13500 円
  • PS/2マウス
  • PS/2キーボード
  • USB 3.1 Gen1 x4
  • USB 3.1 Gen2 Type-A
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • D-Sub
  • DVI-D
  • HDMI 1.4
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • 3.5mmプラグ x3

MicroATX規格のZ390マザーボードは、「MSI MPG Z390M」とかなり悩んだが、価格とフェーズ回路のバランスを吟味した結果、「ASRock Z390M Pro4」の方がコストパフォーマンスに優れているので選んだ。

情報が少ないので推測を含むが、VRMフェーズは全部10本。統率するのはルネサス製の「ISL95866C」で、対応フェーズは4 + 3です。よって、増幅ダブラー「ISL6608」を3個使って6本に倍増させ、CPU向けに7本のフェーズを確保している。

あとの3本は、おそらくは1本がCPUのアンコア向けフェーズ(内蔵グラフィックスなど)で、2本がメモリ(VCCSAとVCCIO)向けのフェーズと推測されます。

端的に言って、自分の経験では7フェーズだとCore i9 9900Kは著しく安定性が低下する。Core i7 9700Kまでなら余裕だが、9900Kになると特にオーバークロック耐性が目に見えて低下します。

定格で使うか、消費電力に制限を掛けて使うなら、問題なく使えるはずです(そもそもZ390M Pro4は、最大95 Wまで対応と公式サイトに書いてあるので、9900KのOCは無理がある)

MicroATX規格のマザーボードとPCケースで、定格運用が前提のコンパクトマシンを組みたい。というユーザーに、Z390M Pro4は極めてコスパに秀でているのでオススメです。

Z390M Pro4の良いところ
  • 優れたコストパフォーマンス
  • i7 9700Kまでなら余裕のあるフェーズ回路
  • そこそこの機能性
  • MicroATXとして標準的な拡張性
Z390M Pro4の微妙なとこ
  • 最大95 WまでのCPUに対応
  • NVIDIA SLIには対応しない
  • フェーズの発熱はややある

コストをかなり抑えて作られたMicroATXマザーボードなので、制約は何かとある。それでも、コンパクトにi7 9700程度なら動かせるフェーズ回路の設計はさすがASRockといったところです。

ASRock / チップセット : Intel Z390 / フォーム : MicroATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : CFのみ対応
ASRock / チップセット : Intel Z390 / フォーム : MicroATX / ソケット : LGA 1151(v2) / マルチGPU : なし

価格は40000円超えでMicroATXとしてトップクラスに高額だが、VRMフェーズは12本(10 + 2)備えるのでCore i9 9900Kのオーバークロックに余裕で耐える

巨大なヒートシンクのおかげでVRMの発熱もかなり抑制されているため、PCケース内に一貫したエアフローを確保してあげれば、簡易水冷ユニットも使えます。弱点はメモリスロットが2本しか無いこと…。


7. Mini-ITXでOCに耐えるASRock Z390 Phantom Gaming-ITX/ac

Z390-Phantom-Gaming-ITX-ac
スペックZ390 Phantom Gaming-ITX/ac
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタMini-ITX170 mm x 170 mm
メモリスロット
  • DDR4 4500(OC)
  • 最大2スロット(最大32 GBまで)
VRMフェーズ
  • 5 + 2フェーズ
  • PWMコントローラ「ISL69138」
  • MOSFET「ISL Smart Power Stage」x7
  • 増幅ダブラーは無し(ネイティブに7フェーズ)
CPU用コネクタ8 pin
LANチップIntel I219V(1Gbps)
WiFiモジュールIntel 9560 802.11ac 2×2(1.73 Gb/s)
サウンドチップ
  • Realtek ALC1220
  • NE5532(ヘッドセットアンプ搭載)
  • Creative Sound Blaster Cinema 5対応
マルチGPUなし
PCIeスロットx16スロット:1本(16レーン接続)
M.2スロット
  • SATA or NVMe:1本(type 2280)
  • SATA or NVMe:1本(type 2260~2280)
SATAポート
  • 4本(Intel Z390)
  • ※M2_1を消費するとSATA_1を喪失
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:2個
  • USB 3.1 Gen1:8個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 2.0(4096×2160 @60Hz)
  • Display Port 1.2(4096×2304 @60Hz)
  • Intel Thunderbolt 3(4096×2304 @60Hz)
  • HDMIは「Auto Lip Sync」「Deep Color」「xvYCC」「HBR」「HDR」対応
  • HDMIとDPとIT3は「HDCP 2.2」「4K Ultra HD」対応
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
レガシー端子PS/2
保証2年
参考価格24700 円
  • CMOSクリアスイッチ
  • WiFi取付口
  • PS/2
  • HDMI 2.0
  • DP 1.2
  • USB 3.1 Gen2 Type-A x4
  • USB 3.1 Gen1 x2
  • Intel Thunderbolt 3
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

ASRockはマザーボードメーカーの中では、特にフェーズ回路の設計技術や、そのコンパクト化(=フェーズ1つあたりの質を高める技術)に突出して長けている。世界初のRyzen対応の超小型ベアボーンを出したのも、ASRockでした。

そのASRockが生み出した魔物が「Z390 Phantom Gaming-ITX/ac」です。

ではVRMフェーズの回路設計を解説する。フェーズ数は全部で5 + 2で、「ISL69138」を使って統率している。そこに最大60Aの電流に耐える高性能MOSFET「ISL Smart Power Stage」を贅沢に7個も投入。

増幅ダブラーは使わず、ネイティブに7フェーズを用意した。7フェーズの内容は、CPU向けに5フェーズ、メモリ向けに2フェーズです。高さ4cmを超える分厚いヒートシンクで冷却する。

問題はCPU向けにたったの5フェーズでCore i7やi9を安定動作できるのかですが、驚くことにCore i9 9900Kのオーバークロックすらケロッとこなしてしまう性能を持っている。

競合には「Supermicro C9Z390-CG-IW」が立ちはだかるものの、CG-IWはフェーズの発熱が非常に激しく、メモリのオーバークロックが安定しないという弱点を抱えているため、総合的に見るとPG-ITX/acの圧勝です。

今のところZ390のMini-ITXボードで、ASRock Z390 Phantom Gaming-ITX/acは最強のマザボと言って良い。

Z390 Phantom Gaming-ITX/acの良いところ
  • 妥当なコストパフォーマンス
  • i9 9900Kすら扱える強靭なフェーズ回路
  • HDMI 2.0で4K HDRを利用可能
  • 高速なインテル製ハイエンドWiFi搭載
  • サウンドチップにALC1220を採用
  • 何気にM.2ストレージを最大2枚使える
  • Z390のMini-ITXマザボでは「最強」
Z390 Phantom Gaming-ITX/acの微妙なとこ
  • Mini-ITXなので拡張性は悪い(当たり前)
  • メモリスロットは2個のみ

マザーボードとして高性能なだけでなく、高速WiFIを装備していたり、HDMI 2.0やThunderbolt 3を装備するなど。機能性もバッチリです。欠点らしい欠点はほとんど見当たらない。

ASRock / チップセット : Intel Z390 / フォーム : Mini-ITX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : なし

+a. 変態的な機能性Supermicro C9Z390-PGW

Supermicro C9Z390-PGW
スペックC9Z390-PGW
ソケットLGA 1151
チップセットIntel Z390
フォームファクタATX305 mm x 244 mm
メモリスロット
  • DDR4 4000(OC)
  • 最大4スロット(最大64 GBまで)
VRMフェーズ
  • 6 + 2フェーズ
  • PWMコントローラ「PXE1610」
  • MOSFET「TDA21232」x6
  • メモリ用PWMコントローラ「PXM1310」
  • メモリ用MOSFET「TDA21240」x2
CPU用コネクタ8 pin
LANチップ
  • Aquantia AQC107(10.0 Gbps)
  • Intel I219V(1.0 Gbps)
WiFiモジュールIntel 9560 802.11ac 2×2(1.73 Gb/s)
サウンドチップ
  • Realtek ALC 1220
  • OPA1612(オペアンプ)
PLXチップBroadcom PEX8747
マルチGPU
  • 4-Way NVIDIA SLI
  • 4-Way AMD CrossFire
PCIeスロット
  • x16スロット:4本
  • 分割パターン #1:16/NA/16/NA
  • 分割パターン #2:16/NA/8/8
  • 分割パターン #3:8/8/16/NA
  • 分割パターン #4:8/8/8/8
  • x1スロット:1本
M.2スロット
  • NVMe:1本(type 2260~22110)
  • NVMe:1本(type 2260~2280)
  • WiFi:1本(type 2230)
U.2ポート
  • NVMe:1本
  • ※M.2_1を消費するとU.2を喪失
SATAポート
  • 6本(Intel Z390)
  • ※M.2_2を消費するとSATA_4と5を喪失
USBポート
  • USB 3.1 Gen2:6個
  • USB 3.1 Gen1:4個
  • USB 2.0:2個
映像出力
  • HDMI 2.0a
  • Display Port 1.2
  • Display Port 1.2
音声出力
  • 3.5mmプラグ:5個
  • S/PDIF:1個
レガシー端子PS/2
保証2年
参考価格52700 円
  • PS/2
  • USB 3.1 Gen1 x2
  • DP 1.2
  • DP 1.2
  • USB 3.1 Gen2 Type-A x3
  • USB 3.1 Gen2 Type-C
  • LANポート(1.0 Gbps)
  • LANポート(10.0 Gbps)
  • WiFi取付口
  • HDMI 2.0a
  • 3.5mmプラグ x5
  • S/PDIF端子

サーバー向けにエンタープライズレベルのマザーボードを製造している、Supermicro社のゲーミングブランド「SuperO」のフラグシップモデルです。もちろん「C9Z390-PGW」はサーバーグレードの堅牢性を謳い文句にしています。

その割にはVRMフェーズ数が6 + 2で非常に少ない印象を受ける。が、ここがSupermicroの技術力の見せ所で、高品質なコンポーネントとフェーズ設計で、少ないフェーズ数でCore i9 9900KのOCに耐えられるようになっている。

5 GHz超えのオーバークロックだと、フェーズを冷やすためのエアフローは必須になるが、4.9 GHz以下までなら十分な余裕があります。フェーズ回路は他のハイエンドボードと互角に渡り合えるレベルを実現している

加えて、「C9Z390-PGW」は他のZ390マザーボードでは見られない極めて特殊な「変態的な機能性」が大きな特徴です。

まずPLXチップ「Broadcom PEX8747」。PCIeレーンの帯域を分割することが出来る特殊な機能を持つチップで、本来16本しかないCPUのレーンを、擬似的に32本に倍増させることが可能。

フェーズの増幅ダブラーのように「分散」することで増やす仕組みと思えばOK。だから32本に増えても、実態は16レーンしか無いのでボトルネックが発生する。

グラボのPCIe x16スロットに、それぞれ8レーンずつ分割できるため、構造上は4-Way NVIDIA SLIが可能です。と思いきや、驚くことに「C9Z390-PGW」はNVIDIA SLIをそもそもサポートしていない

確かにPLXで分割されたレーンを使ったSLIは、普通にSLIをするより効率を叩き出すのが難しくなる。とはいえ、そんな理由でわざわざSLIだけサポートしていないのは不自然で、ライセンス的な問題があったか…インテルからの圧力か。

真相は分からないが、SLIをサポートしていない点は大きな欠点になる。せめて2-Way SLIはサポートするべきだった。せっかくPCIe x16の間隔が4スロットのマザーボードなのだから。

その点を除けば、U.2ポート、10 Gbps LANを備えていたり、HDMI 2.0aとDP 1.2を2個装備しているので、4K @60Hzでトリプルモニタ環境を構築できるなど。圧倒的な機能性は評価できます。

C9Z390-PGWの良いところ
  • i9 9900KのOCに耐えるフェーズ回路
  • HDMI 2.0で4K HDRを利用可能
  • 高速なインテル製ハイエンドWiFi搭載
  • サウンドチップにALC1220を採用
  • 10 Gbps LAN搭載
  • 4-Way CrossFireに対応
  • 4スロット間隔のPCIe x16
  • 4K 60Hzで3画面出力が可能
C9Z390-PGWの微妙なとこ
  • NVIDIA SLIをサポートしない
  • 5.0 GHzを超えるとフェーズの発熱が大きい
  • UEFI(BIOS)画面が分かりづらい
  • コストパフォーマンスは微妙

NVIDIA SLIに対応していない。この一点だけで、コストパフォーマンスを大幅に損なっている極めて惜しいマザーボードです。

Supermicro / チップセット : Intel Z390 / フォーム : ATX / ソケット : LGA 1151 (v2) / マルチGPU : CFのみ対応

まとめ「Z390はASRockとGigabyteが魅力的」

ここまで、ぼくから見てオススメできるZ390マザーボードを「7選 +a」まとめてきた。

デザインだけを見ればASUSとMSIが依然として猛威を振るっているし、実際に人気を集めている。しかし、安定動作に大きく寄与するVRMフェーズ回路から見ていくと、ASRockはいつも通り安定しています。

大きく様子が変わったのがGigabyteです。Z370マザーボードでは、価格の割にフェーズが手抜き…な製品がぼちぼち目立っていたが、Z390では廉価モデルの「UD」ですら、Core i9 9900Kを動かせるレベルまで改善した。

リビジョン商法や偽フェーズなど、一時期は微妙な雰囲気が漂うメーカーだったのに、Z390からすっかり優良メーカーに化けてしまった感が凄い。

あとはSupermicroについて。ごく最近になって「SuperO」ブランドで一般市場に攻め込んで来たものの、惜しいマザーボードが多い。フェーズ回路は流石に優秀だけど、どうもゲーマーの需要を捉えられていない。

特にフラグシップである「C9Z390-PGW」が、SLIをサポートしていないのは致命的。CrossFireは対応しているが、4-Way CFをするなら他にも選択肢があります。

初心者もち
ASRockかGigabyteの2万くらいの買えば、だいたい間違いないんだね?
自作歴24台のやかもち
現状はそうなります。

以上「おすすめな「Z390」マザーボード7選:Core i7やi9に最適なマザボとは?」について解説でした。

コスパ良くCore i9 9900Kを5 GHzでオーバークロックできるマザーボードが欲しいなら、Z390 Extreme4が非常におすすめ。実機レビューで、空冷でも5 GHz安定を確認しています。

マザーボードのスペック表の読み方や、選び方など。基本的なガイドはこちらの記事を読んでください。

Sponsored Link

32 件のコメント

    • 価格帯が違うので、比較にならないような。3万円以上を出せるなら、AORUS MASTERで良いと思います。2万円台が良いならExtreme4やPG6で。

  • GIGABYTE Z390 UDはPS/2端子を両方とも持ってるのも一つのアピールポイントになるような?
    使う人は今でも使いますしね
    MSI Z390 MEG Godlikeもさすがに国内価格は高いですよね
    米尼で買っても輸送費とデポジット含めて65000ぐらいはするのでそうそう安くもないんですが・・・

    あと誤字報告です
    ×本来16本しかCPUのレーンを、
    ○本来16本しかないCPUのレーンを、

  • 同じシリーズでも高価な方が部品の選別をしっかりしているからハズレを引く確率が少ないとかあるんですかね?

    • マザーボードの選別事情はよく分かりませんが、高価なマザーボードの方が使われている部品が高品位なので、結果的に壊れにくいというのはあるかもしれません。

      ただ、自分の経験上、適切な使い方をしている限りマザーボードは驚くほど壊れないので…気にする必要はあまり無いです。PCパーツに似合ったマザーボードを選べばOKです。

  • すみません、基本的なことなのかもしれませんがチップセットの1チャネルのメモリ枚数とは何でしょうか?

      • なるほど、チップセットの1チャネルのメモリ枚数、2枚まで=4枚挿してのディアルチャネルまでということですね。ありがとうございます。

  • GIGABYTE Z390 AORUS MasterにてTaichiシリーズについて触れられていますが、Taichiシリーズが選ばれなかった理由はなんでしょうか?

    • 正直なところ悩みましたが、3万円台だとAORUS Masterは何かとバランスが良いので選んでます。最大1.73 Gb/sのハイエンドWiFi、M.2ヒートシンクのフル装備、サウンドをESS製DACで強化、USBのDAC UP機能、リアパネルの電源ボタンなど。フェーズ以外の部分で付加価値を足しているのが魅力的です。

      オーバークロック最優先なら、AORUS Masterの付加価値は必要のない機能に成り下がるため、5000円ほど安いTaichiで良いと思います。

      • 返信ありがとうございます。
        重ねての質問になってしまいますが、Taichi ultimateもOCを目的とした場合は最適なMBという認識でよろしいのでしょうか?

  • SuperMicroのマザボの問題点に起動するたびに「ピポピポピーwwww」とか音がするとか、サーバー仕様で、コンセント刺すだけで起動するとか、そこらへんも書いた方が良いと思った

    • 追加 米Amazonから
      メモリ2133MHzにしないとPOSTすら起動しない。極端にメモリを選ぶ。最新BIOSがwebに公開されてなくて、SuperMicroに問い合わせるしかない。
      Vcoreを+50mV上げると初めて安定した。

  • リアパネルの説明、ところどころ間違ってましたよ。
    例えば、再起動ボタンとCMOSのクリアボタンを間違えてました。

  • マザーボードメーカーによって独自のアプリや機能ありますが、そこの紹介とか別でいいので今後してほしいです。
    MSIの特殊なメモリOC技術とか面白そう。

    • マザーボードの独自機能って…逆に不安定の原因になりがちなので、ぼくは基本的にマザーボード付属のツールやユーティリティは必要に迫られない限りは導入してません。LAN、サウンド、チップセットのドライバだけ入れて、後は無視です。(※RGB LED制御のツールを入れることはありますが。)

      だから最近のマザーボードの独自機能については、あまり詳しくないんですよね。ただ、「紹介まとめ」的な感じで記事を書いてみようとは思ってます。

  • CPUのOCはしないのですが、メモリをOCで安定運用をしたい場合はマザボのどの部分の性能で判断するべきなのでしょう?メモリ向けフェーズというやつの見方がイマイチよく理解できていないので...一応3800mhzくらいまでは安定させたいです
    asrock製ならphantom gaming 6で十分でしょうか?それともやはりtaichi ultimateが無難ですか?

    • メモリ向けにフェーズがあるかどうか、ですね。PG6もTaichiも、メモリ向けに2本のフェーズがあり、XMPプロファイル適用時はVCCSAとVCCIOを自動制御してくれます。よって安定性は高いですが、より高確率で2666 MHz以上を目指すなら「質の高いメモリ」を選ぶべきです。

      安定性を最優先なら「Dominator Platinum」、安定性は置いておいて高クロックを最優先なら「G.Skill Trident Z」などが良いですね。

      • なるほど。メモリ用のフェーズが組み込まれているマザボであれば、その中で高価なマザボを選択するより、メモリ自体にお金を掛けた方が確実ということですね。

  • 米尼でtaichi ultが$239.99になってますね。昨日くらいから一気に14%も値下げされてました
    何かあったのかな

    • 値段の割にVRMフェーズ回路が緩い…です。i7 9700Kまでなら特に問題ないと思いますが、あえてオススメするほどでは無いかなと。

  • やかもちさんはじめまして!
    何気にRADEON VIIと同日で目立ってませんけど、今日発売になったばかりのGIGABYTEのZ390 DESIGNAREってどう思われますか?
    AORUS MASTERと同等と考えれば良いのでしょうか?

    • それぞれの価格帯でベストなマザボに絞ると、結果的にASUSは入らなかった。ということです。デザインに惹かれたなら選んでもいいかと。i9 9900Kを定格運用するなら問題ない電力回路周りです。

  • 伯琳 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。