【黒い砂漠】貿易バフと距離ボーナスの関係を簡単に解説

Top

貿易で金策する上でキホンとも言えるのが「距離ボーナス」、そして中級・上級者になってくると「貿易バフ」だと思います。この2つの仕様が大きく変更されるようなので、分かりやすく解説します。貿易初心者も読んでおいたほうがいいかも。

Sponsored Link

 

貿易バフの発生条件が変わる

従来であれば、貿易バフは以下の様な方法で効果を受けられた。

  1. 貿易名匠LV1以上でイベルヴオアシスのマルザナにて「貿易バフ」を受ける
  2. 貿易名匠LV2以上で巡礼者の聖所(分配)のサマヤにて「貿易バフ」を受ける
  3. 貿易バフを受けた状態なら首都バレンシア、イベルヴオアシス、トレント村にて売却時+50%ボーナス

これが従来までの貿易バフでした。1と2はどっちで受けても構わないが、イベルヴオアシスなら貿易名匠LV1でも受けられるというだけの話です。そして、バフ状態で特定の都市で売却することで+50%のボーナスを受けられると。

この仕様が以下のように変わっていく。

  1. 貿易バフを受けられる場所は変わらない
  2. 距離ボーナスが47%以下の場合は貿易バフの効果は無い
  3. 距離ボーナスが48%以上の場合のみ貿易バフの効果を受けられる

このように変更されます。韓国では既にそうなっているので、日本にもすぐに来ると思います。(仕様変更だけはパッチが来るのが速い・・。アバター衣装もそれくらいのペースで)

距離ボーナスが48%以上じゃないと貿易バフが無い。しかも、この距離ボーナスの計算方法まで仕様変更が入っている。具体的にどのように変わったのかは分かりませんが、例えば。

  • アルハラム海域とアンカト内港(砂漠地域も含む)の距離ボーナスが40%程度に下方修正

使っている人は使っていた、あの手法が使えないようになりました。他にも色々あり、以前は高かった距離ボーナスが低くなったりと変更された。近距離での砂漠バフ金策は、かなりやりづらくなったということ。

今回の仕様変更でイベルヴオアシスベースの距離ボーナスにも変更が入っており、オアシスを中心として一般貿易は壊滅的です。なぜなら砂漠地域の外側に行かないと貿易バフを享受出来ないから。確かアルティノですら範囲外になってしまったそうです。アレハザ村もね。

・・・しかし、距離ボーナスが48%以上あれば貿易バフは発動するため、依然として加工・釣りの長距離貿易には全く影響はありません。

距離ボーナスベリア村オルビア村ハイデルグリッシーカルフェオンケプラン村エフェリア港町トレント村アルティノタリフ村首都バレンシアシャカ・トゥ
ベリア村107131918243326176941
オルビア村1016181418152937287950
ハイデル71661914263122136942
グリッシー13186169252526167448
カルフェオン19141916991441328860
ケプラン村18181499181635268357
エフェリア港町241526259181849409465
トレント村3329312514161851429973
アルティノ263722264135495194827
タリフ村172813163226404295733
首都バレンシア6979697488839499485730
シャカ・トゥ4150424860576573273330

韓DaumGames社が公表している主要な距離ボーナスのデータ。これを見る限り、タリフ村までは首都バレンシアに運んでいれば貿易バフの効果を受けられる。いつもどおり、貿易バフの主要金策は利益を挙げ続けることが分かる。

追記:一応、日本Pmang社が公表しているデータも。

主要場所の距離ボーナス(%)
ベリアオルビアハイデルグリッシーカルフェオンケプランエフェリアトレントアルティノタリフバレンシアシャカトゥ
ベリア118152017263228207353
オルビア1118181519163139308364
ハイデル81871813252821126546
グリッシー15187158232326187151
カルフェオン20151815791538308363
ケプラン17191387171534257859
エフェリア261625239172145379070
トレント3231282315152149409374
アルティノ283921263834454994424
タリフ203012183025374095334
バレンンシア7383657183789093445351
シャカトゥ5364465163597074243451

さて・・この日本データと韓国データを比較すると、確かにズレているのがわかります。ただ、その差異をよく見ると日本もやがては韓DaumGames社が発表している開発提供のデータに近似すると思われます。

例えば、Daumのデータは首都バレンシア→シャカ・トゥの距離ボーナスを見ると「30%」で、日本は「51%」です。今回の仕様変更の趣旨は基本的には砂漠内での一般貿易殺しですから、前者のほうが趣旨にあってます。

あくまでも推測ですが、やはりDaumGames社が出しているデータにやがては日本もなる。ということでしょう。

 

この仕様変更による悪影響というか

なんと言いますか。開発か運営のどちらの思惑なのか、そこまで分からないけれど。

  1. 一般貿易が稼ぎづらくなった
  2. 砂漠バフの趣旨であった「砂漠を越えること」というコンセプトが失われた
  3. 依然として「釣り・加工」推し = 重量・バッグ課金による利益が大きい?

こんな風に思えてしまう仕様変更だよね。前の砂漠バフは、砂漠を越える(実際には砂漠に位置する都市に運びこむという条件)ことが発動条件であり、一般貿易も効果を受けやすかった。それが一般貿易殺しの仕様に変わり、更に釣りと加工を推す形に。

やはり釣りによるバッグ課金と、加工による重量課金は、かなり収益源になっているのかもしれない。それとも・・本当に開発側がゲームバランスを理解していないだけなのか。MMORPGの宿命・・「運営も開発もゲームやってね~だろ。」

ということで貿易バフの発動条件が「距離ボーナス48%以上の場合のみ」に変更されるよ、という話でした。砂漠地域での一般貿易で稼いでいた本物の貿易人にとっては複雑な仕様変更です。

< 著 : やかもち >

Sponsored Link