ガレリアZGを実機レビュー:ドスパラ売れ筋No.3の実力を検証

ドスパラの売れ筋No.3モデル「ガレリアZG」にマイナーチェンジが施され、さらに魅力的なゲーミングマシンに進化した。本記事では、より進化したガレリアZGの性能を詳しく検証レビューします。

Sponsored Link

GALLERIA ZGのスペックと概要

ガレリアZGをレビュー
GALLERIA ZG
スペック標準仕様推奨カスタマイズ
CPUCore i9 9900KF※無料アップグレード中
冷却静音パックまんぞくコース※120 mmの中型空冷ファン虎徹Mark II(SCKTT-2000)※120 mmの中型空冷ファン
グリスノーマルグリスThermal Grizzly製グリス※よく冷えるし、経年劣化もしづらいグリス
グラボRTX 2080 8GB
※2スロット占有の内排気 / OCモデル採用
メモリDDR4-2666 8GB x2(合計16GB)
マザーボードIntel Z390搭載 ATX規格
SSD512 GB(NVMe SSD)※メーカー不明Samsung 500 GB SSD高耐久なSamsung 860 EVOを推奨する
HDD3 TB
ドライブ
電源700W 静音電源メーカー不明 / 80+ Gold認証850W 静音電源Corsair HX850i / 80+ Platinum認証
OSWindows 10 Home 64bit
保証1年間 / 持込修理保証
参考価格219980円(税抜き)最新価格をチェックする
スペック表は2019/06時点の製品ページに基いてまとめたので、最新のスペックは公式サイトで確認するようにしてください。

ドスパラのゲーミングPCで売れ筋No.3に上り詰めている「ガレリアZG」は、2019年に入ってからマイナーチェンジが施されました。大きく変わった点は3つあります。

  • CPUは第8世代のインテルCPUから第9世代に更新
  • マザーボードも第9世代に対応した高耐久な製品にチェンジ
  • グラフィックボードはオーバークロックモデルに変更

基本的な構成に大きな変更はないものの、採用している主要なパーツが新しい世代に更新されている。

2019年版のガレリアZGでは、CPUにゲーマー向けで最高性能を誇るCore i7 9700K(またはCore i9 9900KFを採用。グラフィックボードはRTX 2080 8GB」を搭載し、ほとんどのゲームを余裕で動かす。

高性能なCPUとグラボの組み合わせ、コアゲーマーから実況者や配信者のプレイに耐える、満足度の高いゲーミングマシンに仕上がっています。

※今回のレビューで検証するガレリアZGは、メーカーに用意していただいた貸出機です。

GALLERIA ZGを実機レビュー

外観とデザイン

ガレリアZGの外観(デザイン)

GALLERIA ZGはガレリア専用(ATXサイズ対応)のPCケース「KTケース」を採用。マットブラック塗装の無骨なデザインに、剛性と耐衝撃性に優れた頑丈なPCケースです。

サイドパネル(側面)には大きめのメッシュ(通気口)が設けられており、最大140 mmのケースファンを取付可能。ただしカスタマイズからは選べないので、取り付けたい場合は自分で行う必要があります。

自作歴26台のやかもち
標準構成でエアフロー十分に確保されているため、あえて追加する必要はない。
ガレリアZGの外観(デザイン)

反対側は小さめのスリット(通気口)が設けられています。マザーボードの熱を少しでも効率よくPCケース外に排出しようと工夫した結果、設けられたスリットとのこと。

ガレリアZGの外観(デザイン)

背面はおおむねマットブラック塗装で、スタイリッシュな印象です。ただしインターフェイスパネルは塗装されていません。

ガレリアZGのインターフェイス

インターフェイスパネル(リアパネル)の内容を確認します。

  1. WiFiアンテナ取り付け口
  2. USB 3.1 Gen1 x2
  3. PS/2
  4. DVI-D
  5. D-Sub
  6. HDMI
  7. USB 3.1 Gen2 Type-C x1
  8. USB 3.1 Gen2 Type-A x1
  9. USB 2.0 x2
  10. LANポート
  11. オーディオ入出力
端子解説
WiFiアンテナWiFiモジュールを取付可能
USB 3.1 Gen1約500 MB/sの速度で転送できるUSBポート
USB 3.1 Gen2 TypeA約1000 MB/sの速度で転送できるUSBポート
USB 3.1 Gen2 TypeCTypeAと違って、左右対称・小型なポート
LANポートここにLANケーブルを挿すとネットにつながる
オーディオ入出力緑が「出力」で、ピンクが「マイク入力」
PS/2超古いキーボードやマウスを使うための端子
HDMI最近のモニターなら大抵はついてる端子
Display Port値段が高めのモニターについてる端子
DVI-D安物のモニターに多い端子(最近は減ってきた)
D-Sub安物のモニターで見かける端子(最近は減ってきた)

USBポートは全部で6個。USB 3.1以上のポートは4個あるので、ポータブルSSDなどの高速ストレージを不便なく使いこなせます。

ガレリアZGのインターフェイス
  1. USB Type-C
  2. Display Port
  3. HDMI
  4. Display Port
  5. Display Port

グラフィックボード側のコネクタは「Display Port」が3つ、「HDMI」が1つの合計4ポート。最近のモニターなら問題ないですが、古いモニターだとD-SubやDVIだったりするので事前に確認すること。

MacLab. / 相性保証30日間 / 金メッキ仕様

DVI端子のモニターで使うなら、変換コネクタを使います。筆者が使っているのはMacLab製。安いけどちゃんと機能しています。

あるいは、ガレリアZGを購入するついでに「ゲーミングモニター」を用意するのも手です。ZGは3桁台のフレームレートを叩き出すマシンで、普通のモニターだと性能を持て余す可能性大。

ガレリアZGの外観(デザイン)

フロント側をチェック。「ガレリアらしい」ビシッとした直線的で無骨なデザインです。左右の斜めに入ったカットデザインは「日本刀」をイメージしたものらしい。

ガレリアZGのインターフェイス

フロントパネル側のインタフェースパネル(フロントパネル)は必要十分な内容です。電源ボタンの下に位置するGALLERIAロゴがカッコイイですね。

  1. USB 3.1 Gen1
  2. USB 3.1 Gen1
  3. SDカードスロット
  4. イヤホン入出力
  5. 再起動ボタン
  6. 電源ボタン

USBは合計2ポート。USB接続のヘッドセットやポータブルストレージを使う分には、問題なく足りるポート数です。SDカードスロットがあるのが地味に親切。

ガレリアZGの外観(デザイン)

フロントパネルの角部分にCore i9とNVIDIAのロゴシールが貼ってありました。

ガレリアZGの外観(デザイン)

天面は完全平面デザインに、幅140 mmのメッシュ(通気口)が2つ用意されています。標準カスタマイズの時点で、すでに140 mmケースファンが1つ取り付け済みです。

ガレリアZGの天面を収納スペースとして利用

エアフローを遮らない形で「収納スペース」にできます

天面が平面になっているおかげで収納スペースとして活用できます。ただし、ケースファンを取り付けている方を遮らないよう注意が必要です(エアフローがこもってしまう)。

ガレリアZGの外観(デザイン)

底面をチェック。ケースの四隅に取り付けてある足は「インシュレーター」です。インシュレーターはケース自体の滑り止めとして機能し、更に振動を吸収して耐久性を高める効果もあります。

ガレリアZGの外観(デザイン)

なお、底面のフロント側にあるスリットは外気を取り込むために用意されています。

取り込んだ外気は背面のケースファンから排出される。ガレリアZGのエアフローは標準構成のままでも、しっかりと一方通行になっているので特にファンを追加する必要はなさそうです。

中身とパーツをチェック

両側のサイドパネル(フタ)を開けて、ガレリアZGの内部コンポーネントをレビューしていく。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

配線は必要十分な範囲でまとめてあります。可動パーツに当たらないように配線してあり、ガチガチな裏配線や過剰な固定はされていません。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

メンテナンス性を考慮すると、これくらい緩めの配線で問題なし。「ガレリア」は初心者にも使いやすいPCを目指しているので、こういった配慮は嬉しいです。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

反対側のサイドパネルを開くと、3.5インチベイにアクセスできるようになります。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

HDDやSSDをセットする3.5インチベイと、サイドパネルの隙間は十分に余裕がありました。ストレージ類のコネクタに不要なストレスを掛ける心配はない。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

マウントベイの空き状況は良好です。DVDドライブなどをセットする「5.25インチベイ」は3スロット。HDDやSSDを増設する「3.5インチベイ」は4スロットの空きがあります。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

3.5インチベイはツールレス機構を採用しているので、プラスドライバなどの工具がなくても素手で取り出しが可能です。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

フロントパネルは強めの力で引っ張るとカンタンに開封できます。こちらから5.25インチベイにDVDドライブを挿し込んだり、120 mmケースファンを交換したりできる。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

CPUクーラーは標準で「静音パックまんぞくコース」を搭載。今回はDeepCool製の120 mm中型空冷ファンが採用されていました。

ケースファンはCPUクーラーを取り囲むように設置されており、クーラーのすぐ後ろに120 mmケースファン、直上に140 mmケースファンをセットすることでCPUの排熱をすばやくケース外へ運びます。

ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

グラフィックボードは「RTX 2080 8GB」です。搭載モデルはドスパラが直接取引しているベンダー「Palit  Microsystems」製のGamingPro OCでした。

RTX 2070の定格クロックは1740 MHzですが、Palit GamingPro OCモデルでは1815 MHz(+4.3%)にオーバークロックが施されているため、通常より高い性能を期待できます。

ガレリアZGの拡張性(マザーボードの空きスロット)

マザーボードはなんと「ASRock Z390 Phantom Gaming 4」が搭載されています。CPUの安定性に影響するVRMフェーズを10個も搭載するなど、コストを抑えつつ安定動作を実現する。

  1. PCI Express x1
  2. PCI Express x16(グラボで使用済み)
  3. PCI Express x1
  4. PCI Express x16
  5. PCI Express x1
  6. M.2スロット(使用済み)
  7. SATA 3.0(空き3本)
  8. M.2スロット
  9. SATA 3.0(空き2本)

必要十分な拡張性が揃ってます。サウンドカードやキャプチャボードの増設から、M.2 SSDやHDDなどストレージの増設まで。たいていは事足りるレベルの拡張性です。

スロット解説
PCI Express x16グラフィックボードや高性能なLANカードを増設できる
PCI Express x8ローエンドなグラボや高性能なLANカードを増設できる
PCI Express x4LANカードやサウンドカードを増設できる
PCI Express x1主にサウンドカードやキャプチャカードの増設に使う
PCI スロットものすごく古い拡張カードなら出番があるかも…(化石)
M.2 ソケットM.2規格の小型SSDやWiFiモジュールを増設できる
SATA 3.0主にSATA規格のHDD / SSD / 光学ドライブの増設に使う
ガレリアZGの中身(パーツをチェック)

M.2スロットの取り付け済みのM.2 SSDは、東芝製のNVMe SSDでした(詳しい製品名などは残念ながら不明…OEM向けのカスタムモデルのようです)

ゲーム用にはそれほど悪いSSDではありませんが、個人的にはカスタマイズから+2000円で選べる「Samsung 860 EVO 500GB」の方をおすすめしたい。性能が安定していて、耐久性も高い。

ガレリアZGの電源ユニット

搭載されている電源ユニットはFSP製(Aurum AS-700)でした。容量700 Wで、効率は80 Plus GOLDを取得(レポートによれば最大91%を実現)している、そこそこ高品質な電源です。

ゲーミング性能を徹底検証

ガレリアZGの性能を検証する

パーツチェックの次は、ガレリアZGがゲーミングPCとしてどこまで優れた性能を発揮できるのか。詳しい動作検証を行います。

  • 定番ベンチマークだけでなく
  • 実際のゲームプレイで実測検証もする

直感的に性能が分かりやすいように、実際にゲームを動かしてどれくらいの平均フレームレートを出せるのかを確認していく。ベンチスコアよりも平均fpsの方がずっと重要です。

定番ベンチマーク

ベンチマーク結果画像
3DMarkFireStrike27832総合 : 23764 / 上位2%
3DMark
TimeSpy
10869
総合 : 10796 / 上位8%
FINAL FANTASY 14漆黒の反逆者 : 1920×108018642
評価 : 非常に快適
FINAL FANTASY 14漆黒の反逆者 : 3840×21608906
評価 : 非常に快適
Final Fantasy XVベンチマーク : 1920×108010865
評価 : とても快適
Final Fantasy XVベンチマーク : 3840×21604701
評価 : やや快適
BIOHAZARD 626494
ランク : S(快適)
PSO 2PHANTASY STAR ONLINE 2119097
評価 : 快適
モンスターハンターフロンティア65978
評価 : 快適
SteamVR11 点
生成フレーム : 20150
UnigineHeaven Benchmark3509
平均fps : 139.3
UnigineSuperPosition Benchmark8879
平均fps : 66.4

フルHD向けのベンチマークはオールクリア。更に重たい4K向けのベンチマーク(FF14 / FF15 / Unigine SuperPotision)は、FF15を除いて平均60 fpsをクリアしています。

さすがオーバークロック済みの「RTX 2080」は高性能ですね。動かせないゲームは皆無で、フルHDならゲーミングモニターも余裕で使えるレベルです。

フルHDゲーミングのfpsを実測

ゲーム内のグラフィック設定を「最高」にして、MSI Afterburnerを使ってフレームレートを記録します。そして記録から平均フレームレートを計算して、以下グラフにまとめました。

ガレリアZGのゲーミング性能GALLERIA ZGフルHD(1920 x 1080) / 最高設定

GALLERIA ZG / フルHDゲーミング

  • Apex Legends
    185.4 fps
  • Call of Duty : BO4
    201.6 fps
  • CS:GO
    261.4 fps
  • Overwatch
    232.2 fps
  • PUBG
    187.4 fps
  • Rainbow Six Siege
    236.9 fps
  • Dead by Daylight
    59.9 fps
  • DOOM
    169.9 fps
  • Deus EX : Mankind Devided
    117.5 fps
  • Fallout 4
    142.5 fps
  • Grand Theft Auto V
    127.9 fps
  • Monster Hunter World
    107.7 fps
  • NieR : AutomatA
    58.8 fps
  • Rise of the Tomb Raider
    157.3 fps
  • Watch Dogs 2
    86.6 fps
  • Witcher 3
    117.9 fps
  • 黒い砂漠
    119.6 fps
  • Unigine Heaven
    139.3 fps
  • 平均フレームレート
    150.5 fps

平均100fps超平均60fps以上平均60fps未満

ゲーマーにもっとも人気のある「フルHD」(1920 x 1080)解像度では、平均150 fpsをマークしました。ほとんどのゲームで平均100 fps以上を出せているので、ゲーミングモニターは間違いなく使えます。

WQHDゲーミングのfpsを実測

ガレリアZGのゲーミング性能GALLERIA ZGWQHD(2560 x 1440) / 最高設定

GALLERIA ZG / WQHDゲーミング

  • Apex Legends
    137.4 fps
  • Call of Duty : BO4
    101.9 fps
  • CS:GO
    272.1 fps
  • Overwatch
    173.3 fps
  • PUBG
    135.0 fps
  • Rainbow Six Siege
    151.1 fps
  • DOOM
    159.0 fps
  • Deus EX : Mankind Devided
    84.6 fps
  • Fallout 4
    143.8 fps
  • Grand Theft Auto V
    119.6 fps
  • Monster Hunter World
    70.3 fps
  • NieR : AutomatA
    58.8 fps
  • Rise of the Tomb Raider
    114.0 fps
  • Watch Dogs 2
    75.9 fps
  • Witcher 3
    85.3 fps
  • 黒い砂漠
    93.8 fps
  • 平均フレームレート
    123.5 fps

平均100fps超平均60fps以上平均60fps未満

フルHDより更に広いWQHD(2560 x 1440)では若干フレームレートが下がりますが、それでも平均123 fpsでした。横長なゲーミングモニターも問題なく使える性能です。

4Kゲーミングのfpsを実測

ガレリアZGのゲーミング性能GALLERIA ZG4K(3840 x 2160) / 最高設定

GALLERIA ZG / 4Kゲーミング

  • Apex Legends
    81.6 fps
  • Call of Duty : BO4
    62.1 fps
  • CS:GO
    233.7 fps
  • Overwatch
    89.2 fps
  • PUBG
    73.2 fps
  • Rainbow Six Siege
    76.6 fps
  • Dead by Daylight
    49.2 fps
  • DOOM
    106.8 fps
  • Deus EX : Mankind Devided
    46.2 fps
  • Fallout 4
    98.1 fps
  • Grand Theft Auto V
    97.9 fps
  • Monster Hunter World
    34.9 fps
  • NieR : AutomatA
    43.0 fps
  • Rise of the Tomb Raider
    57.2 fps
  • Watch Dogs 2
    46.0 fps
  • Witcher 3
    49.1 fps
  • 黒い砂漠
    51.2 fps
  • 平均フレームレート
    76.2 fps

平均100fps超平均60fps以上平均60fps未満

フルHDの4倍広い4K(3840 x 2160)になると、全体的にフレームレートが大きく低下。平均では76 fpsですが、重たいゲームはおおむね平均60 fpsを割り込んでいます。

まとめると、ガレリアZGは4Kゲーミングをするには性能不足で、フルHD~WQHDのゲーミングモニターを使うならピッタリなゲーミングPCです。

もし4Kゲーミングを快適にしたいと考えている人は、上位モデルの「ZZ」や「ZZ-SLI」を検討してください。どちらもレビュー記事を作成済みなので参考にどうぞ。

CPU性能とコンテンツ作成能力

今回のガレリアZGには「Core i9 9900KF」が搭載されています。8コア16スレッドで、ゲーミングだけでなくクリエイティブなタスクにも高い性能を発揮するはずなので検証します。

定番ベンチマーク

ベンチマーク結果画像
Cinebench R15シングルスレッド性能218 cb速い
Cinebench R15マルチスレッド性能2031 cb速い
CPU-Zシングルスレッド性能557.5速い
CPU-Zマルチスレッド性能5589.4速い
Geekbench 4シングルスレッド性能5970速い
Geekbench 4マルチスレッド性能32110速い
PCMark 8Home / 日常的なアプリ6226上位1%
PCMark 8Creative / 写真や動画編集10265上位1%
PCMark 8Work / オフィスワーク6361上位1%
x264 Handbrake平均処理フレーム数116.16 fpsやや速い
x265 Handbrake平均処理フレーム数58.1 fpsやや速い
7-Zip / 圧縮49716 MIPSやや速い
7-Zip / 解凍53810 MIPSやや速い
Mozilla Kraken 1.1Webアプリの処理速度758.5 ms速い

さすがにCore i9 9900KFは強い。シングルスレッド性能は今のところ最速クラスで、16スレッドによって生み出されるマルチスレッド性能も非常に優秀です。

動画エンコードの処理速度(x264)

過去ちもろぐでレビューを行ってきたゲーミングPCと、動画エンコード速度の比較をまとめてみると、トップクラスの性能に位置することが分かります。

レンダリング時間「Blender」

無料で使える有名なレンダリングソフト「Blender」にて、BMWプリセットを読み込んでレンダリングを行い、処理が終わるまでの時間を計測してみた。

Blenderの処理速度を比較

計測結果は3分33秒(213秒)で、ほぼトップに近い処理速度を発揮しました。Core i9 9900KFの高クロックな16スレッドは、レンダリング系の処理にも強い。

画像編集「Photoshop CC」

ガレリアZGを実機レビュー(写真)

クリエイティブなタスクと言えばAdobeが有名。その中でも特に有名な「Photoshop CC 2018」の処理速度を、バッチファイルを使い実際に動かして計測しました。

マシンGALLERIA ZGGALLERIA ZZ
CPUCore i9 9900KFCore i9 9900K
GPURTX 2080 8GBRTX 2080 Ti 11GB
RAM16GB16GB
総合スコア970.2 /10001017.6 /1000
一般処理のスコア93.397.0
フィルタ系のスコア98.6105.7
Photomergeのスコア101.3103.4
GPUスコア111.3112.9

ガレリアZGのスコアは970点に達しており、ほぼ満点に近いスコアになりました。Photoshopは高クロックなCPUほど早く動かせるソフトなので、Core i9の手にかかれば効率よく動作します。

マシンGALLERIA ZGGALLERIA ZZ
CPUCore i9 9900KFCore i9 9900K
GPURTX 2080RTX 2080 Ti
RAM16GB16GB
総合スコア970.21017.6
一般処理のスコア93.397
フィルタ系のスコア98.6105.7
Photomergeのスコア101.3103.4
GPUスコア111.3112.9
テストの詳細結果
RAW画像の展開2.794.08
500MBへのリサイズ1.291.23
回転0.870.9
自動選択10.7210.78
マスク3.893.27
バケツ1.611.6
グラデーション0.350.31
塗りつぶし12.5811.27
PSD保存7.737.49
PSD展開2.562.41
Camera Raw フィルタ5.475.5
レンズ補正フィルター15.4815.02
ノイズ除去17.3716.9
スマートシャーペン16.5116.33
フィールドぼかし13.5413.86
チルトシフトぼかし13.1312.9
虹彩絞りぼかし14.2513.99
広角補正フィルター21.0717.89
ゆがみツール(Liquify)13.718.58
Photomerge(2200万画素)76.6175.7
Photomerge(4500万画素)107.37104.39

※「Puget Systems Adobe Photoshop CC Benchmark」を使用しました。

ゲーム配信「OBS」

ゲーム配信ソフトで特に有名な「OBS(略:Open Broadcaster Software)」を使って、ガレリアZGの配信性能を検証します。

OBSの設定画面
ガレリアZGを実機レビュー(写真)ガレリアZGを実機レビュー(写真)ガレリアZGを実機レビュー(写真)

検証方法はFinal Fantasy 14:紅蓮のリベレーター(最高設定)を、フルHD(1080p 60fps)で配信と録画を行い、どれだけのゲーム映像をちゃんと配信できたかをチェック。

なお、検証には4種類の設定を使いました。「superfast(超軽い)」「veryfast(軽い)」「faster(やや軽い)」「fast(普通)」の4つです。「medium」以上は重すぎるので原則検証しません。

ドロップフレーム率(約3000フレーム中)

  • fast
    19.1 %
  • faster
    0.3 %
  • veryfast
    0.0 %
  • superfast
    0.0 %

さすがに8コア16スレッドの配信性能はすごい。superfastからfasterまでは、ほとんどコマ落ちせず配信できました。ガレリアZGはゲーム実況者にもオススメできます。

ストレージ性能と詳細

ガレリアZGの標準ストレージは「512GB NVMe SSD + 3TB HDD」です。搭載されているSSD / HDDの詳しい情報や、その性能を検証する。

ストレージSSDHDD
詳細情報
ベンチマーク

SSDはモデル名は不明ですが、東芝製のNVMe SSDです。読み込みが3000 MB/s超え、書き込みは2000 MB/s超えで非常に速い。

ただし、詳細が分からないSSDはなんとなく信頼性が不安なので、ぼくとしてはカスタマイズで+2000円で選べる「Samsung SSD 500GB」をおすすめしておきます。

HDDはSeagateの「DT3000DM007」が入っていました。読み込みは198 MB/s、書き込みが193 MB/sで、データ保存向けのHDDとしてはごく普通の性能です。

エアフロー

ガレリアZGのエアフロー

サーモグラフィーカメラを使って「ガレリアZG」の内部温度を撮影しました。フロントパネル側に吸気ファン、リア側に排気ファンがあり、一方通行のエアフローが生成されています。

内部コンポーネントの温度

ガレリアZGのエアフロー

マザーボード周辺のVRMフェーズ回路の温度は、ゲーミング時で48~53℃くらいで、とても落ち着いた動作です。VRMフェーズが10個も搭載されていると、それなりに余裕があります。

ゲーミング時の動作温度をチェック

ゲームにしてはCPUへの負荷が大きい「FINAL FANTASY XV」を実行している時に、CPUの温度を計測してみました。

ガレリアZGのCPU温度

Core i9 9900KFの温度は、最大で77℃(平均66℃)でした。ゲーミング時のCPU温度はとくに問題ありません。

ガレリアZGのグラフィックボードの温度

RTX 2080 8GB(Palit GamingPro OC)は、最大75℃に抑えられています。定格クロックから4.3%もオーバークロックを施してあることを考慮すると、冷却性能はとても優秀です。

静音性能を騒音計で検証

ガレリアZGの静音性(動作音の大きさ)

校正済みのデジタル騒音メーターで、ガレリアZGの動作音(騒音レベル)を計測します。

  • PC起動前:30.2 dBA(極めて静か)
  • アイドル時:35.7 dBA(静か)
  • ゲーミング時:44.3 dBA(普通)

傾向としてガレリアの動作音はそこまで静かではない※。GAMEMASTERのようなハイエンドモデルは例外ですが、価格が安価なガレリアだとコスト重視のパーツが多いため、静音性は二の次です。

とはいえ動作音はごく普通のレベルなので、ケースを閉じて1.5mくらい距離をとればそれほど気にせずに使えます。静音性を重視する人は、カスタマイズで山洋電気製のファンに交換するか、自分で用意してセルフ交換するのがオススメ。

Noctua / 口径 : 120mm / 軸受 : SSO2 / ピン : 4pin PWM / 備考 : 分岐ケーブル付属

静音重視で選ぶならNoctua製のケースファンがおすすめ。値段はちょっとするけど、静音かつ高い送風量を得るならNoctua製は本当に良いモノです。

※過去のレビューに基づいた傾向です。稀にものすごく静かなガレリアもありましたが、個体差だと思われます。基本的には普通な動作音が多いです。

「GALLERIA ZG」レビューまとめ

ガレリアZGをレビュー
GALLERIA ZG

CREATVEマルチタスク性能97/100

GAMINGゲーミング性能95/100

SILENCE静音性73/100

EXTENSION拡張性92/100

COSTコストパフォーマンス84/100

89
RANK:S
PROSメリットと強み
  • ゲーミングモニターは余裕でOK
  • ゲーム実況配信も耐える
  • OC済みで冷却性能も良いグラボ
  • そこそこのコストパフォーマンス
  • 「翌日出荷」に対応
CONSデメリットと弱み
  • 普通な動作音
  • 「水冷クーラー」を選べない
  • 標準SSDの詳細がわからない
CONCLUSIONGALLERIA ZG / レビューまとめ

「ガレリアZG」はCPUとグラフィックボードを更新するマイナーチェンジによって、間違いなくマイナーチェンジ前のZGよりもパワフルなゲーミングPCに仕上がっています。

変更前のレビューでは86点だったレビュースコアは、今回のレビューでは89点にまで更新。CPUを第9世代に更新することで「ゲーム実況配信」がより安定するように。

グラフィックボードは同じRTX 2080ですが、より性能が高く、冷却性能にも優れたオーバークロック版になったことでゲーミング性能もある程度改善してみせた。同じ値段で得られる性能は、明らかに高くなっています。

ゲーミングモニターを100%活用したいコアゲーマー、コマ落ちしない安定したゲーム実況配信をしたいストリーマーなど。パワフルな性能をそこそこの価格で手に入れたいゲーマーに「ZG」はおすすめです。

以上「ガレリアZGを実機レビュー:ドスパラ売れ筋No.3の実力を検証」でした。


他におすすめなガレリアは?

GALLERIA ZZ 9900K

ドスパラ / CPU : Core i9 9900K / メモリ : DDR4-2666 8GB x2 / グラボ : RTX 2080 Ti 11GB / SSD : 500GB

4Kモニターで抜群の没入感に浸かったゲーミングをしたい人には、現行最強のグラボ「RTX 2080 Ti」を搭載するガレリアZZを検討する必要があります。ZGでは若干性能が足りません。

Sponsored Link

8 件のコメント

  • FF14の漆黒ベンチが出ましたがどれくらいなんでしょうか?
    機会がありましたら検証お願いします。

  • 電源について質問したいのですが、この構成(RTX2080+9900kf)で電源をCorsairの850Wにアップグレードするメリットは特にあるのでしょうか?
    この電源にすると16000円も追加投資しなければいけないので、迷っています。

    • 主なメリットは「静音性」「安定性」「信頼性(※HX850iのメーカー保証は10年)」です。

      あとは、標準の電源ユニットは今回は中堅メーカーのFSP製でしたが、必ずその電源が搭載されるわけではないので、カスタマイズには「自分でメーカーを指定できる」というメリットがあります。

      ガレリアZG自体がかなり高額なマシンなので、保険的な意味合いで高品質な電源ユニットに追加投資することは、決して悪いとは思いません(※長く使うつもりなら…という前提では)。

  • SSDはメーカー不明ということでしたので人柱的に買ってみたところ
    PHISON PS5012-E12 が組み込まれてましたよ。

  • cinebench r20が出てると思うんですがやかもちさんがr15をあえて選んでいる理由は何かあるのでしょうか?
    zen2発売後のレビューはr20のベンチマークもお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。