Core i5 12400Fを購入:価格は25237円でAmazonに登場

筆者やかもちが待ちわびた、最新世代のミドルクラスCPUがついに登場。TSMC 7 nmよりもロジック密度の高い「Intel 10 nm」プロセスで製造される、6コア12スレッドCPUです。

Core i5 12400Fの価格:Amazonにて25237円

筆者が購入に使用したリンクはこちら

ASUSがうっかりAmazonでセット販売のページを公開してしまったようで、その販売ページから「Core i5 12400F」単品のASIN(Amazonの製品コード)が判明。

  • ASUS TUF GAMING B660M-PLUS D4(23212円 / B09NLFTKGM)
  • ASUS TUF GAMING H670-PRO WIFI D4(29273円 / B09NLCBK97)
  • Intel Core i5 12400F(25237円 / B09NPJRDGD)

あとはAmazonのストアページ生成機能に、判明したASINコードを打ち込んで上記のページを作成しました。単品のASINのみを登録しているので、Core i5 12400Fだけを狙って購入できます。

追記:コメントより注文できなくなったと指摘をいただきました。確認するとたしかに「予約注文ボタン」が消えています。

来年2022年1月6日~10日の間に届く予定です。表示の価格はAmazonポイントを一部使ったので24000円ですが、販売価格は「25237円」となります。

ASINを直接入力して購入するのは初めてなので、購入は自己責任でお願いします。Konozama(結局届かない)になる可能性も十分に考えられます。

Core i5 12400Fの詳細スペック

CPUCore i5 12400FCore i5 12600KRyzen 5 5600X
世代12th Alder Lake S12th Alder Lake S4th Zen 3
プロセス10 nm10 nm7 nm
TIMCPU内部の熱伝導材不明※従来どおりならグリスソルダリング薄化ダイ & IHSを分厚くソルダリング
ソケットLGA 1700LGA 1700Socket AM4
チップセットIntel 600Intel 600AMD 400 / 500
コア数6106
スレッド数121612
ベースクロック2.50 GHz3.70 GHz3.70 GHz
ブーストクロック全コア使用時4.40 GHz4.90 GHz~ 4.60 GHz
手動OC不可可能可能
L1 Cache480 KB864 KB384 KB
L2 Cache7.5 MB9.5 MB3 MB
L3 Cache18 MB20 MB32 MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
チャネルx2x2x2
最大メモリ128 GB128 GB128 GB
ECCメモリ不可不可U-DIMMのみ
PCIeレーンGen5 + Gen4Gen5 + Gen4Gen4
16 + 416 + 416 + 4
レーン構成1×16 + 41×16 + 41×16 + 1×4
2×8 + 42×8 + 42×8 + 1×4
1×8 + 2×4 + 1×4
内蔵GPUなしUHD 770なし
GPUクロック300 ~ 1450 MHz
TDP65 W125 W65 W
MSRP$ 199$ 299$ 299
参考価格25317 円39000 円36980 円

Core i5 12400Fの詳細スペックです。

従来世代と同じく、6コア12スレッドを続投。上位モデルのCore i5 12600Kで導入された「Eコア(省電力コア)」は付いてません。最新のGolden Cove設計にもとづく、高速コアが6個だけ入っています。

おそらく、インテルが過去販売してきた6コアCPUとして史上最高の性能です。Core i5 10400Fと比較して5000円ほど値上がりしていますが、ご祝儀が終われば2.1万円くらいになると予想中。

  • Core i5 10400F:約2.1万円 → 約1.7万円
  • Core i5 11400F:約2.3万円 → 約1.9万円
  • Core i5 12400F:約2.5万円 → 約2.1万円(?)

あとは実際にベンチマークを行い、価格が1万円以上も高い「Ryzen 5 5600X」を打ち負かせるかどうか?・・・ですね。

というわけで、年明け最初の楽しみはAMDではなくインテルが提供しました。2021年のAMDに対してはどちらかといえば失望が大きいです(株価はウハウハですけど)。楽しみにしていたRyzen 5 5600(無印)も出ず、Ryzen 5 5300のようなローエンドモデルも音沙汰なし。

AMDには本当にがっかりです。でもインテルが恐ろしく競争力のあるプロセッサ(第12世代Alder Lake)を投入してくれたおかげで、CPUをベンチマークする楽しみを噛みしめています。

Sponsored Link

24 件のコメント

  • ちもろぐさん zen3以降AMDヘイトですよね(‘ω’)
    以前から読んでてひしひしとつたわってます。
    それが染みついてて割とコスパがいい感じになった6600のレビューでもこき下ろしてるし。

    • インテルが殿様やってたころ、一応はCore i3やPentiumといったローエンドも出していました。一方のAMDさんはZen3になった途端、1~2万円台のローエンドをまったく出さなくなりました(※出たと思ったら旧世代です)。
      個人的にちょっとどうなの・・・と思ってます。

      あと、インテルとAMDの両者には競争してほしいので、今はAMDに押され気味でAlder Lakeでリベンジをかけてきたインテルを応援したい気持ちが(正直)あります。

      • そもそもAlder Lakeは実際AMD比で2万円、内臓GPUが無いF付だと2.5万円安い感じでもあり、Z690マザーボード新品が数千円で買えるおまけのような感覚も狙っているような安さなので、現状ではシングル性能が高い高性能さもあって必然的にAlder Lakeを選ぶ流れですね。
        今更お買い得モデルになりそうだった5600や5700を出しても、Alder Lakeがそれ以上のお買い得感で出てきたのとで。
        意外というか、Alder Lakeはその程度だと思わせての進化ぶりが予想以上でした。

  • このごろintelレビュー多くて嬉しいです
    amdは最近ちょっと元気なさげですが、intelと代わりばんこに殴り合いしてて競争のよさを実感しますね
    (そしていつかくるamdの殴り返しターンにも期待)
    12400fのレビュー楽しみにしてます!

  • Acerの360hz気になってるのでレビューお願いしたいです応答速度と天秤にかけてxl2546kかasusの360Hzか迷ってます

  • いやほんとzen3以降完全に舐めプしてますからね
    tsmcが作れない事もあるでしょうがちょっとやりすぎですよね
    5800xがいきなり半額とかになったら許しますが

    • Alder Lakeに関してはEコアの有無や5.0GHz以上でも冷えやすくかなり回りやすいので、K付きの遊び要素もお買い得度も上がっている。
      予算に余裕があるなら今回は間違いなくK付き12600K(F)がお勧め。
      しかし簡易仕様ではないZ690マザーは近年の価格上昇もあって2.5万円以上となりそうで、合計で最下位チップのH610マザーとnonKとの比では2万円差はあるでしょうから悩みどころでしょうね。

    • リーク情報通りなら12600K比で明確に落ちるね。
      それでも平均でRyzen5600Xと同等以上の性能を発揮しているので、価格を考えたら年明けに出てくる予定のH以下のマザー込みでコスパ最強になりそうだけど。
      将来的にはどうだか分からないけど現状ではEコアが邪魔して上手く性能を発揮出来なくなるタイトルも存在するみたいなので、12400F良さそうよ。

  • 去年の段階では11世代が出たら5600出すだろとか呑気なこと言ってたんだがなあ
    Zen2がバカ売れしたからAM4マザー持ちなら乗り換えしないで換装を選ぶ人も多かろうに

  • 安いi5を買うなら安いマザボで組みたいけど・・・
    廉価版のチップセット出るまで待ちですかね

    • 安いi5と廉価なH610マザーは同時販売予定で待つ必要はないですね。
      実際どちらも狙ったタイミングで入手できるかはともかく。

  • Zen3に関しては、日本の代理店がボリすぎなんだよ。
    アメリカじゃそこまで高くない。
    下位モデル作らないのは世界的に工場不足な現状では仕方ないかと。

    • ドルベースでも性能やiGPUの有無に対するAlder LakeはZEN3と比べてかなり安いので、コストパフォーマンス差は日本と変わらないかなと。
      例えば12600Kはシングルもマルチも5800Xより1割以上速いですが、12600Kは300ドルで5800Xは1.5倍の450ドルが元々のMSRPです。
      Alder Lake発売前に400ドルに下がってもいて発売後はそれでも十分ではなくMSRPを下回る350ドルでの実売があるほど下がってはいますが、それでもまだまだ差は大きく必然でしょうね。

  • 個人の感想なんですが、intel の12世代のCPUのコア数表記を「10コア16スレッド」と表記するより「6+4コア12+4スレッド」みたいに表記してもらえるとわかりやすくてありがたいです。

  • 12400F用の安価なマザボが普及し始めたら来年はいよいよ勢力図が変わりそうで楽しみですね

  • ずっとCore i5 12400Fの発売を待っていまして、
    やかもちさんの情報が入ってきてアマゾンに張り付いていたのですが
    さきほどアマゾンで予約できました。
    ただ、B660マザボを狙っているのですが、買えるかなー。
    無理だとZ690早めに買わないとなくなっちゃいますかねー
    CPUだけ文鎮になることだけは避けたい!
    情報ありがとうございました。

  • CES2022前日、ついにAlder Lake無印の価格表が出てきましたね…
    12400FのMSRPは$167でした。
    5600XのMSRPは$299なのでこれは安すぎる…

  • 円安の時期が悪かった感じですね。インテルにしては実売価格(日本円)が少し高めでした。また、1/5って時期も悪いのかな?会社の帰りに閉店間際のお店に行ってきましたが、今日1個も売れていないとのことでした。じっくり選んでB660と12500持って帰ってきました。地方は平和ですねえ。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。