【黒い砂漠】MASKで透過画像を作り、合成SSを5分で作る




黒い砂漠の水着。まさかの抱き合わせ商法で参りましたね。というわけで、本記事ではアバターを買わずに試着ルームのスクリーンショット(MASK)から透過画像を作り、Photoshopで合成してそれっぽいスクリーンショットを作る方法を解説します。

Photoshopさえあれば、誰でもカンタンに5分くらいで出来るよ。

Sponsored Link

MASKから透過画像を作る方法

黒い砂漠ではCtrl + Shift + PrintScreenで、3枚のスクリーンショットを撮影可能。

  1. 切り抜きPNG(精度が悪い)
  2. 素のSS
  3. MASK

切り抜き済みのPNG画像も出力してくれるが、切り抜き精度がかなり悪いので使えません。そこで、MASKから透過画像を作るのです。

「1分」で精度ほぼ100%切り抜きをする

まず、Photoshopに「素のSS」を取り込みます。ドラッグ & ドロップで勝手に読み込んでくれるので、特に難しいところは無い。

次に「MASK」も取り込みます。

すると…こんなエラーが出ることがある。スクリーンショット撮影時の形式を「JPEG」にしているとこうなってしまうので…、

MASKファイルの拡張子を「.PNG」にリネームすればOK。これで取り込み可能になります。面倒なら、設定からPNGで撮影するようにしておこう。

取り込んだMASKはこんな感じ。

取り込んだ素のSSとMASKで、合計2枚のレイヤーになっている。実は取り込んだばかりの状態では編集できないので、2枚とも「ラスタライズ」しておくこと。

脅威の「色域指定」で黒を一括削除

MASKレイヤーを選択した状態で、「選択範囲 > 色域指定」に進む。

スポイトツールに切り替わるので、MASKの黒い部分をクリックする。そして「許容値:200」(最大値)までスライドを動かして、限界まで指定する。

指定した黒色だけが「選択状態」になっているはずです。この状態で…

Deleteを押してください。指定している黒だけが消えて、ピンク色だけがキレイに残ります。

2枚のレイヤーの順番を逆にして、素のSSレイヤーを右クリック。「クリッピングマスクを作成」を押してください。

するとこの通り。ピンク色の部分にしか、素のSSが表示されなくなるため、キレイに切り抜けるのです。もちろん精度はほぼ100%です。

ただし、あまりにも精度が高すぎて髪の毛に当たった光の反射まで含めて切り抜くことがありますが…そのあたりは見逃すか、消しゴムで消すしか無い。

それっぽい…合成スクリーンショットを作る方法

次は出来上がった透過画像を使って、パッと見で「自然に見えて、いかにもそれっぽい」レベルのスクリーンショットを合成する方法について解説します。

ある程度それっぽく見える条件は決まっているので、作業はカンタンです。順番に解説していきますね。

自キャラの「影」を生成する

影を作ります。切り抜いたMASKレイヤーを「複製」して、もう1枚用意する。

その上に新規レイヤーを作り、クリッピングマスクを作ります。

「塗りつぶし」ツールを使って、さきほどのクリッピングマスク化した新規レイヤーを真っ黒に塗りつぶす。

こうなりますね。

複製したMASKレイヤーを選択して、次の工程へ。

「編集 > 変形 > 遠近法」に進んでください。

こんな感じで、遠近感を掛けて変形できるので、違和感のない程度に変形して「影」を整えます

終わったら、次は「フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)」を実行する。

影の輪郭がぼやけるので、状況に合わせて調整する。今回は影がすぐ近くにあるので、あまりぼやかし過ぎると違和感が出てしまう。10pxくらいで十分かな。

ちょっと影が強すぎる気がしたので、レイヤーウィンドウの「不透明度」から、影の薄さを調整。70%くらいにすると自然な印象です。

背景に加工して自然ぽく演出

仕上げに、背景に対して「虹彩絞りぼかし」を使い、背景の端っこをぼかして遠近感を演出。別にしなくてもいいですが、この方が背景がうるさくなくて「それっぽい」感じがするんですよね。

ついでにフォントも入れておきます(画像のはサンプルなので、だいぶ手抜きです…)。スクリーンショットのシチュエーションに合わせて、使うフォントや配置を分けると良いです。

今回は水着なので、米Sports Illustrated(略:SI誌)の特集号「Swimsuit Issue」あたりを参考にすると良いと思います。国際的に有名なので、ググれば画像はいくらでも出てくる。

それっぽいスクリーンショットが完成

完成です。MASKの切り抜きに1分未満、影の生成から背景の合成、フォント入れまで4分くらい。合計5分でこのSSを作ることが出来た。

作例をいくつか紹介

「色域指定」という神機能のおかげで、水着の色の変更もカンタン。ただし欠点があり、元のカラーが「白」だと黒色以外の色へ変更するのが難しい。

Sponsored Link

試着ルームの光源と、背景に使う写真やスクリーンショットの光源が一致しないと不自然になりやすい。奥が暗くて手前が明るい画像だと、ピッタリ合いやすい傾向。

まとめ

  1. MASKから切り抜き画像を作る
  2. 切り抜き画像で、素のSSをクリッピング
  3. レイヤーを複製して塗りつぶし「影」を生成
  4. 「遠近法」「ぼかし」「不透明度」を使って自然な影に
  5. 黒い砂漠で背景を撮影(またはリアルの写真でも良い)
  6. 背景を合成し、必要なら「虹彩絞りぼかし」などで整える
  7. 後はフォントを入れて雑誌ぽくするなど、お好きにどうぞ

1~6までの工程は慣れれば本当に5分くらいしか掛からない。フォントは決まるのが意外と難しいので、10分くらい掛かったりします。

というわけで、水着の売り方がひどいので買えないと悩んでいる方は、こういう方法で疑似体験すれば良いかと。やっている内に満足して「もう別に欲しくないな。」と…物欲からも開放されて一石二鳥

以上「【黒い砂漠】MASKで透過画像を作り、合成SSを5分で作る」方法について解説でした。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • いつも拝見させていただいております。
    Photoshop使い始めたばかりですが
    わかりやすくて、すぐにでもやってみたくなりました(*´∀`)
    加工したのを自分のブログに載せた時
    ここを参考にしましたとリンク付けさせていただいてもよろしいでしょうか?

    • < ここを参考にしましたとリンク付けさせていただいてもよろしいでしょうか?
      大丈夫ですよ~。むしろリンクしてくれると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。