最強の内蔵グラフィックスがAMDから登場、果たして性能は?

AMDが開発した最強の内蔵グラフィックス(iGPU)が「RX Vega M」シリーズ。インテルとAMDがコラボして誕生したCPU「Kaby Lake-G」に内蔵されている。この記事では、RX Vega Mの性能が他の外付けGPUや内蔵グラフィックと比較して、どれくらい優秀なのかを解説するよ。

Sponsored Link

内蔵GPU「RX Vega M」シリーズ

AMDがインテルのモバイル向けCPU「Kaby Lake-G」に搭載するために作ったのが、「Custom Radeon RX Vega M Graphics」です。AMDの作るGPUが、こうしてIntel CPUの内蔵グラフィックスとして採用され、実際に市場に出回るのは初めてのこと。

ただし、Intel HD GraphicsのようにCPUダイに直接組み込まれている(オンダイチップ)わけではなく、殻(ヒートスプレッダ)の中でいっしょに封入された状態です。

これは…厳密に言えば内蔵GPUではなく外付けGPUといえますが、取り出して交換できるわけではないので実質的には内蔵グラフィックスになる。ちなみにKaby Lake-Gは「RX Vega M」以外に、ちゃっかり「HD Graphics」も搭載済みだったりする。

「RX Vega M」は2種類、スペックはどう違うのか

「RX Vega M」シリーズには、今のところ2種類のラインナップがある。

GPUVega M GHVega M GLGTX 1050 Ti
演算ユニット数24206
シェーダーユニット数15361280768
TMU数968048
ベースクロック1063 MHz931 MHz1291 MHz
ブーストクロック1190 MHz1011 MHz1392 MHz
VRAM4GB HBM24GB HBM24GB GDDR5
理論性能(FP32)3.7 TFLOPS2.6 TFLOPS2.1 TFLOPS

「GH」(Graphics High)が高性能版で、24個の演算ユニットを備え、ピークの理論性能は「3.7 TFLOPS」を実現する。「GL」(Graphics Low)は低性能版で、演算ユニットが4個減って性能は「2.6 TFLOPS」。

参考までにNVIDIAの大人気グラボ「GTX 1050 Ti」のスペックも掲載しておいた。見ての通り、入っているコア数(= シェーダーユニット数)だけを見るとRX Vega Mの方が多い。一方クロック周波数では負けています。

そして驚くのが理論性能(FP32)。Vega M GHは内蔵グラフィックスでありながら、3.7 TFLOPSもの性能を叩き出すという。GTX 1050 Tiが2.1 TFLOPSなので、理論上RX Vega M GHは内蔵GPUなのに外付けGPUのGTX 1050 Tiを上回る可能性がある…ということ。

自作歴22台のやかもち
スペック的には、外付けのローエンドグラボ並の性能がありそうです。

Radeon RX Vega M GHの驚異的な性能

INTEL NUC8i7HVK

というわけで、RX Vega Mシリーズ最上位の「GH」(Graphics High)が実際にどれくらいのゲーミング性能を持っているのかを確認します。内蔵グラフィックスで果たしてマトモにゲームプレイが可能なのかどうか…重要なのはやっぱりそこですよ。

参照するデータは米PC GAMERより。Intelの最新NUCシリーズ「Hades Canyon」(ハーデス・キャニオン)から、「Core i7 8809G + RX Vega M GH」を搭載したモデル(型番:NUC8I7HVK)を使って、ゲーミング性能の検証が行われました。

Ashes Escalation

Ashes Escalation / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    65.7
  • GTX 1060 3GB
    48.9
  • RX 570 4GB
    60.5
  • RX 570 4GB
    46.9
  • RX Vega M GH
    51.4
  • RX Vega M GH
    34.2
  • GTX 1050 Ti
    47.1
  • GTX 1050 Ti
    31.4
  • RX 560 4GB
    32.8
  • RX 560 4GB
    22.3
  • Ryzen 5 2400G
    20.0
  • Ryzen 5 2400G
    13.6
  • Ryzen 3 2200G
    16.7
  • Ryzen 3 2200G
    10.8
  • Intel HD 630
    8.4
  • Intel HD 630
    5.7

中間設定 / 平均fps最高設定 / 平均fps

本当にGTX 1050 Ti超えとは驚き。最高画質だと少し厳しそうですが、設定を落とせばフレームレートはかなり出ます。

Civilization 6

Civilization 6 / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    95.9
  • GTX 1060 3GB
    71.3
  • RX 570 4GB
    104.2
  • RX 570 4GB
    71.8
  • RX Vega M GH
    106.1
  • RX Vega M GH
    46.8
  • GTX 1050 Ti
    91.2
  • GTX 1050 Ti
    42.7
  • RX 560 4GB
    76.0
  • RX 560 4GB
    35.2
  • Ryzen 5 2400G
    48.6
  • Ryzen 5 2400G
    21.3
  • Ryzen 3 2200G
    43.6
  • Ryzen 3 2200G
    32.1
  • Intel HD 630
    14.9
  • Intel HD 630
    5.9

Civilization 6は余裕。GTX 1050 Ti以上の性能です。

Dawn of War 3

Dawn of War 3 / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    97.0
  • GTX 1060 3GB
    77.9
  • RX 570 4GB
    101.4
  • RX 570 4GB
    83.6
  • RX Vega M GH
    77.1
  • RX Vega M GH
    58.4
  • GTX 1050 Ti
    61.1
  • GTX 1050 Ti
    48.3
  • RX 560 4GB
    52.6
  • RX 560 4GB
    40.0
  • Ryzen 5 2400G
    31.0
  • Ryzen 5 2400G
    25.5
  • Ryzen 3 2200G
    26.7
  • Ryzen 3 2200G
    20.2
  • Intel HD 630
    11.1
  • Intel HD 630
    8.6

中間設定、最高画質ともにGTX 1050 Tiよりも優秀。

DeusEX : Mankind Divided

DeusEX : Mankind Divided / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    68.9
  • GTX 1060 3GB
    49.6
  • RX 570 4GB
    76.4
  • RX 570 4GB
    52.7
  • RX Vega M GH
    59.0
  • RX Vega M GH
    40.5
  • GTX 1050 Ti
    38.3
  • GTX 1050 Ti
    28.6
  • RX 560 4GB
    39.4
  • RX 560 4GB
    26.7
  • Ryzen 5 2400G
    21.9
  • Ryzen 5 2400G
    14.8
  • Ryzen 3 2200G
    18.6
  • Ryzen 3 2200G
    12.5
  • Intel HD 630
    9.0
  • Intel HD 630
    5.7

比較的重たいDXMDですが、以外なことにウルトラ設定でも平均40fpsも出ているのは驚異的。それまでトップクラスだったRX Vega 11がわずか平均15fpsであることを考えると、最強クラスの内蔵GPUなのは間違いないかも。

Dishonored 2

Dishonored 2 / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    86.2
  • GTX 1060 3GB
    55.2
  • RX 570 4GB
    73.1
  • RX 570 4GB
    48.4
  • RX Vega M GH
    55.0
  • RX Vega M GH
    39.6
  • GTX 1050 Ti
    54.7
  • GTX 1050 Ti
    36.8
  • RX 560 4GB
    39.4
  • RX 560 4GB
    28.4
  • Ryzen 5 2400G
    25.4
  • Ryzen 5 2400G
    17.2
  • Ryzen 3 2200G
    19.1
  • Ryzen 3 2200G
    13.9
  • Intel HD 630
    10.0
  • Intel HD 630
    7.3

Dishonored 2ではGTX 1050 Tiとほぼ互角の結果。

Fallout 4

Fallout 4 / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    118.6
  • GTX 1060 3GB
    83.9
  • RX 570 4GB
    113.3
  • RX 570 4GB
    74.3
  • RX Vega M GH
    89.6
  • RX Vega M GH
    61.7
  • GTX 1050 Ti
    75.0
  • GTX 1050 Ti
    49.9
  • RX 560 4GB
    54.7
  • RX 560 4GB
    36.1
  • Ryzen 5 2400G
    32.9
  • Ryzen 5 2400G
    22.7
  • Ryzen 3 2200G
    28.9
  • Ryzen 3 2200G
    19.8
  • Intel HD 630
    12.1
  • Intel HD 630
    8.0

Fallout 4は問題なくGTX 1050 Ti超え。Vega M GHは最高設定でも平均60fpsを叩き出しており、ついに内蔵GPUでマトモなゲーミングが可能になった感。

Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto V / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    167.3
  • GTX 1060 3GB
    67.0
  • RX 570 4GB
    162.7
  • RX 570 4GB
    56.5
  • RX Vega M GH
    146.8
  • RX Vega M GH
    44.3
  • GTX 1050 Ti
    161.1
  • GTX 1050 Ti
    46.2
  • RX 560 4GB
    121.0
  • RX 560 4GB
    26.3
  • Ryzen 5 2400G
    62.8
  • Ryzen 5 2400G
    15.8
  • Ryzen 3 2200G
    60.5
  • Ryzen 3 2200G
    14.2
  • Intel HD 630
    28.0
  • Intel HD 630
    4.8

GTA Vはやや苦戦気味で、GTX 1050や1050 Tiに抜かれてしまいます。それでもウルトラ設定で平均44fpsも出ているのは驚きでしかない。

Hitman

Hitman / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    114.2
  • GTX 1060 3GB
    55.9
  • RX 570 4GB
    126.2
  • RX 570 4GB
    78.3
  • RX Vega M GH
    84.7
  • RX Vega M GH
    58.8
  • GTX 1050 Ti
    75.1
  • GTX 1050 Ti
    38.3
  • RX 560 4GB
    63.3
  • RX 560 4GB
    37.5
  • Ryzen 5 2400G
    33.6
  • Ryzen 5 2400G
    20.8
  • Ryzen 3 2200G
    31.1
  • Ryzen 3 2200G
    17.7
  • Intel HD 630
    12.7
  • Intel HD 630
    6.9

HitmanではGTX 1050 Ti以上。ウルトラ設定だとGTX 1060 3GBすら超えるフレームレートを叩き出しているのがスゴイ。

Shadow of War

Shadow of War / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    99.6
  • GTX 1060 3GB
    46.4
  • RX 570 4GB
    92.9
  • RX 570 4GB
    44.1
  • RX Vega M GH
    66.6
  • RX Vega M GH
    30.8
  • GTX 1050 Ti
    62.0
  • GTX 1050 Ti
    33.2
  • RX 560 4GB
    43.0
  • RX 560 4GB
    20.8
  • Ryzen 5 2400G
    25.2
  • Ryzen 5 2400G
    12.7
  • Ryzen 3 2200G
    22.4
  • Ryzen 3 2200G
    11.8
  • Intel HD 630
    9.7
  • Intel HD 630
    4.7

シャドウ・オブ・ウォーはGTX 1050 Tiと互角。

Rise of the Tomb Raider

/ 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    81.1
  • GTX 1060 3GB
    45.5
  • RX 570 4GB
    83.3
  • RX 570 4GB
    48.7
  • RX Vega M GH
    62.9
  • RX Vega M GH
    36.7
  • GTX 1050 Ti
    50.4
  • GTX 1050 Ti
    32.6
  • RX 560 4GB
    41.5
  • RX 560 4GB
    24.4
  • Ryzen 5 2400G
    24.9
  • Ryzen 5 2400G
    15.4
  • Ryzen 3 2200G
    20.9
  • Ryzen 3 2200G
    12.3
  • Intel HD 630
    9.1
  • Intel HD 630
    5.1

Rise of the Tomb Raiderでは、中間設定で平均60fps超え、ウルトラ設定で平均37fpsでした。どちらもGTX 1050 Tiを超えるパフォーマンスです。

平均パフォーマンス

平均パフォーマンス / 最高 & 中間設定(1920×1080)

  • GTX 1060 3GB
    99.5
  • GTX 1060 3GB
    60.2
  • RX 570 4GB
    99.4
  • RX 570 4GB
    60.5
  • RX Vega M GH
    79.9
  • RX Vega M GH
    45.2
  • GTX 1050 Ti
    71.6
  • GTX 1050 Ti
    38.8
  • RX 560 4GB
    56.4
  • RX 560 4GB
    29.8
  • Ryzen 5 2400G
    32.6
  • Ryzen 5 2400G
    18.0
  • Ryzen 3 2200G
    28.9
  • Ryzen 3 2200G
    16.5
  • Intel HD 630
    12.5
  • Intel HD 630
    6.3

中間設定 / 平均fps最高設定 / 平均fps

平均パフォーマンスでおおまかな傾向を確認。GTX 1050 Tiが中間設定で「平均71.6fps」、最高設定で「平均38.8fps」に対して、Vega M GHは中間設定で約16.4%高い「平均79.9fps」、最高設定で約11.6%高い「平均45.2fps」でした。

今までRyzen APUに搭載されていた「Radeon RX Vega 11」が内蔵GPUとしてトップの座についていた。それを同じくAMDが「RX Vega M GH」によって、2.5倍も性能を塗り替えてしまいました。

外付けグラフィックボードであるGTX 1050 Tiすら超える性能を持つ「内蔵GPU」は過去に例がなく、ぶっちぎりの性能差をつけて「最強の内蔵グラフィックス」としてのポジションを獲得したことになります。

まとめ:「内蔵GPUは軽いゲームが限界」を覆す

「RX Vega M GH」以前の内蔵グラフィックスでは、CS:GOやOverwatch、フォートナイトといった「軽いゲーム」なら問題ない。というのが常識でした。

こちらの記事にもまとめてあるとおり、従来の内蔵GPUは決して満足にゲームができるようなモノではなかった。Ryzen APUが登場したおかげで、最近やっと内蔵GPUの性能が急上昇を始めたばかりです。

そのRyzen APUで、だいたいNVIDIA GT 1030(ローエンドグラボ)と互角レベルというところまで来たと思ったら、「RX Vega M GH」はGT 1030なんて余裕で飛び越して、一気にGTX 1050 Ti超えですからね。

「RX Vega M GH」の性能は素直にスゴイが…

というわけで、グラフィック性能だけを見れば「Sランク」の出来栄えですが。残念ながらi7 8809Gはモバイル向けCPUとなっているため自作PCで活用することはできず、コスパが今ひとつなのがマイナス点。

i7 8809Gを搭載するIntel NUCは本体だけで約10万円もかかるため、最近紹介した「予算10万の自作ゲーミングPCの自作プラン」のように、同じ予算でもっと高性能なマシンも選択肢に入ってくる。

「Core i3 + Vega M GH」が25000円~28000円くらいなら革新的な存在になった可能性はとても高いが、現状はNUCや超小型PCそして薄型ノートPCの性能限界を高めた程度で、インパクトが薄いのは否定できませんね。

「RX Vega M」搭載のPCまとめ

最後に、「RX Vega M」を搭載しているNUCやノートパソコンをまとめておきます。

INTEL NUC8i7HVK

Intel純正のNUC(ベアボーン)の最新シリーズ「Hades Canyon」には搭載済み。ベアボーンなので、DDR4メモリー・SSD・OSを別途用意する必要があるので注意。買ったままの状態では使えない。

HP Spectre x360 15.6

HP Spectre 360はアナウンスのみで詳細は不明。重量は約2kgと、特別軽いわけではないのが何とも微妙。2kgで良いなら、他にも同じ性能のゲーミングノートがあるからね。

Dell New XPS 15 2-in-1

Dellの2 in 1版、XPS 15もKaby Lake-G搭載が決定。ただし、どれも「Vega M GL」で「GH」モデルはないみたいです。どのモデルも重量が1.98kgなので、しっくり来ない。


今のところKaby Lake-G搭載のマシンはどれもコストパフォーマンスがかなりイマイチですね。

  • AMDとIntelが初めて共同で作ったCPU
  • 圧倒的に最強な内蔵グラフィックス

この2点において大きな意義があるけれど、それ以上の価値は現状見いだせない。インテルとしてはマジメにこのCPUを普及させるつもりはなく、マーケティングと市場調査的な意味合いのほうが強そうな感じ。

自作歴22台のやかもち
結論、内蔵GPUとして「最強」だけど替えが効きやすいのが「弱点」です。

以上、「最強の内蔵グラフィックスがAMDから登場、果たして性能は?」について解説でした。

Sponsored Link

9 件のコメント

  • HBM2自体が高価なのもあってコスト面では不利なんですよね
    IntelとしてはEMIBを利用した製品を世に送り出すのを優先したと言う形なんでしょうね

  • ただ4Kの動画を見るだけだったら、
    Raven Ridgeで十分ですかね?
    あとRX Vega Mの高負荷時の温度が気になります

    • 実際にLenovo Ideapad 720S(Ryzen 5 2500U)で、MKV形式の4K動画を再生したところ特に問題なく動いたので大丈夫ですよ。
      ※追記:電源オプションは「省電力プラン」で試したので、「高パフォーマンス」にすればもっと余裕です。

      温度は筐体デザインで大きく変わるので何とも…、NUCのように分厚い筐体なら大した問題はないと思います。

  • 内臓GPUだからやっぱメモリ速度で結構性能変わるのかなー
    しかしAMDのAPU見たいな+GPUで性能あがるとかなんらかの面白技術あったらいいのになぁ

    • 内蔵とは言え、専用の「4GB HBM2」をVRAMに据えているので、DRAMを共有するRyzen APUと比較すればメモリークロックの影響はかなり少ないと思います。

  • あぁスペックの表よく見てなかったHBM2ってなんだろって思ってた
    しかしそうなると本当に外付けGPUだなぁ・・・

    • 1536SP 96TMU HBM2でGTX 1050Tiと比較されてしまうくらいならグラボとして売ることは難しいでしょうからこの形になったのでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。