【黒い砂漠】ダメージの計算式と計算方法(+配布)

2015年の時点で、ある程度韓国では明らかになっていたようです。そして最近になって、覚醒武器の有無まで考慮された新しいダメージの計算式が登場したため、分かりやすく解説してみます。

Sponsored Link

黒い砂漠のダメージ計算式はちょっと複雑

黒い砂漠のダメージは主に「対人」で検証が行われる。攻撃を受け、減ったHPの量からデータを集め、統計的にザーッと推測していくのが基本的なやり方。

そうして導き出された最新(2017年10月時点)のダメージの計算式が以下である。

=INT(最小値モデル) ~ INT(最大値モデル)

ダメージは完全固定値ではなく、最小値モデルと最大値モデル(平均値モデルもある)によって幅が決定され、その中からダメージが毎回選択されるとのこと。

最小値モデル

ダメージの最低値を決定する計算式。覚醒武器の有無によって計算式が若干変わります(式が変わるというより、使用される変数が変わる)。

覚醒武器有り = スキル係数*(攻撃力効率*(覚醒攻撃力-武器の範囲/2-覚醒武器の範囲/2) – 防御力効率*防御力 + 追加ダメージ効率*追加ダメージ*(覚醒攻撃力-(武器の範囲+覚醒武器の範囲)/2)/(覚醒攻撃力-(武器の範囲+覚醒武器の範囲)/2+追加ダメージ))*相性/81

覚醒武器無し = スキル係数*(攻撃力効率*(覚醒攻撃力-武器の範囲/2-相性分散/2) – 防御力効率*防御力 + 追加ダメージ効率*追加ダメージ*(武器攻撃力-(武器の範囲+相性分散)/2)/(武器攻撃力-(武器の範囲+相性分散)/2+追加ダメージ))*相性/81

初めて見るとギョッとする…計算式。四則演算の繰り返しだけれど、数が多いのでややこしくなってくる。

WR(LV1・攻撃力1~500)対WR(LV1・防御力0)を前提として計算したグラフ

ただ、ややこしい計算式に見えてもグラフ化すると非常にシンプルなものが出てくる。Tree of Saviorの計算式は数値が上がるに連れて効果が薄くなる「非線形」のグラフだった。一方、黒い砂漠では線形グラフです。

なお、この計算式は公式が発表したものではなくユーザーの推測に基づいたもの。だから攻撃力が「7」になるとエラーが出る一種のバグが存在します。

最大値モデル

ダメージの最大値を決定する計算式。覚醒武器の有無によって計算式が若干変わります(式が変わるというより、使用される変数が変わる)。

覚醒武器有り = スキル係数*(攻撃力効率*(覚醒攻撃力+武器の範囲/2+覚醒武器の範囲/2) – 防御力効率*防御力 + 追加ダメージ効率*追加ダメージ*(覚醒攻撃力+(武器の範囲+覚醒武器の範囲)/2)/(覚醒攻撃力+(武器の範囲+覚醒武器の範囲)/2+追加ダメージ))*相性/81

覚醒武器無し = スキル係数*(攻撃力効率*(覚醒攻撃力+武器の範囲/2+相性分散/2) – 防御力効率*防御力 + 追加ダメージ効率*追加ダメージ*(武器攻撃力+(武器の範囲+相性分散)/2)/(武器攻撃力+(武器の範囲+相性分散)/2+追加ダメージ))*相性/81

最小値モデルと同様に、非常に入り組んだ構造になっていますが、四則演算しか使われていない。

しかしグラフにするとやっぱり単純です。最大値モデルは最小値モデルと比べてダメージ量が増えやすいわけでもなく、単に一定の距離を維持しているだけ…。

攻撃力が「-7」になるとエラーが出ます。

計算に必要な項目を紹介

ダメージは最小値モデルと最大値モデルで決まりますが、この2つを求めるには非常にたくさんのデータが必要になる。計算に必要な項目について解説していきます。

スキル係数

使用するスキルのダメージ量のこと。WRの「剣術修練X」を使う場合は、298%(2.98)になります。

攻撃力効率

計算に必要な固定パラメータ。今のところは「7」固定のようです。

防御力効率

計算に必要な固定パラメータ。今のところは「6」固定のようです。

追加ダメージ

明確な定義はハッキリとしていませんが、エリクサーや武器の「人間族追加ダメージ」やクザカ武器の隠しオプションなどを含むとのこと。

実測値と理論値のズレから、隠しオプションや他のパラメータを暴くことも可能。

追加ダメージ効率

計算に必要な固定パラメータ。「攻撃力効率 * 110%」で求められる。

覚醒攻撃力

覚醒武器を装備した時の計算に使われるパラメータ。

= 2.7/7 * 攻撃力の合計値 + ( 覚醒武器とアクセサリーなどの攻撃力 )

攻撃力の合計値

計算モデルに直接使われないが、間接的に使用されているパラメータ。

= 基本攻撃力 + 武器攻撃力 + ( LV * LV攻撃力係数 )

基本攻撃力

職業によって変動。

  • WR:32
  • VK:32

他のクラスは不明。

LV攻撃力係数

職業によって変動。LVが高いほど攻撃力が上昇するパラメータ。

  • WR:0.5
  • VK:0.5
  • BD:0.333…

他のクラスは不明。

武器攻撃力

覚醒武器を含まない計算をする時は「メイン武器 + アクセサリーなど」を合算した値を使う。含む場合は「メイン武器」のみの値を使用する。

防御力

防御力の合算値である。中身は以下の通り。

= 基本防御力 + 防具による防御力 + ( LV * LV防御力係数 )

基本防御力

職業によって変動。

  • WR:32
  • RG:0
  • SR:2
  • GR:5
  • LS:0
  • BD:3
  • VK:5
  • TB:3

他のクラスは不明。

LV攻撃力係数

ほぼ全てのクラスで「0.55」固定のようです。しかし、NJ / KN / WT / WZ / DK / KT / MTは不明。

防具による防御力

+20極・グルニルヘルムを装備しているなら「78」という具合。

相性(職別相性)

計算に必要な固定パラメータ。実測値を計測できない対MOBに存在するかは不明だが、対ユーザーでは確実に存在するとのこと。

職別相性ウォーリアレンジャーソーサレスジャイアントリトルサマナーブレイダーヴァルキリーツバキ
ウォーリア0.7500不明不明不明不明1.16141.0714不明
レンジャー1.10000.9779不明
ソーサレス0.43500.5400
ジャイアント0.34640.6271
リトルサマナー0.42140.5850
ブレイダー0.75000.71430.6071
ヴァルキリー0.75001.08931.0714
ツバキ0.75000.7143不明

WR対WRなら「0.75」だし、VK対WRなら「1.0714」という具合に数えます。

相性(分散)

覚醒武器を使用しない時のダメージに影響を与えているパラメータ。職ごとに固定値だが、試しに数値を大きくするとダメージのバラツキが大きくなるのが分かります。

相性(分散)ウォーリアレンジャーソーサレスジャイアントリトルサマナーブレイダーヴァルキリーツバキ
ウォーリア10不明不明不明不明76不明
レンジャー105不明
ソーサレス66
ジャイアント67
リトルサマナー64
ブレイダー8126
ヴァルキリー1066
ツバキ810不明

戦う相手によってバラツキが変動することを示す。

武器の範囲

今のところは完全な固定パラメータ。「4」。

覚醒武器の範囲

同様にこれも完全な固定パラメータ。「9」。

計算式のまとめ

これで計算に必要なパラメータについて、だいたい解説できたが。正直…要素が多すぎて頭がこんがらがると思います。

なのでExcel(Open Office / Libre Officeも可)で使える計算表を作りました。以下からダウンロード可能です。

“黒い砂漠のダメージ計算表” をダウンロード BlackDesert-DamageTable.xlsx – 109 回のダウンロード – 10 KB

  • 隠しオプションの効果を見つけたり
  • PVP時のダメージ減少率を計測したり
  • 装備やアイテムがカタログスペック通りに機能しているか
  • ひっそりと下方修正(上方修正)がされていないか

などなど、色々と用途はあるかと。

実際にやってみると…ズレる

実際にLV56同士のVK対VKでやってみたところ、計算値とズレてしまいました。

  • 計算値:60~62
  • 実測値:45~47

フィットネスを考慮してもズレるため、今回の計算式で考慮されていない「庇護の炎」などが影響しているのかも。それでも25%ものズレは説明できませんが…。

ただ、計算式の発案者さんによれば

3. 주무기:각공 데미지 비율은 2.7:7.0이다. (2.8:7.2로 생각해도 무방함)

3.主な武器:ガクゴンダメージ比率は2.7:7.0である。(2.8:7.2で考えてもよいこと)

데미지 공식 정보&계산기1.0 より

と書いてあり、62 * 0.72 = 44.62と実測値に近い数値になります。このあたりはもうちょっと詳しく調べてみる価値があるかも…?

ひとまず黒い砂漠のダメージ計算についてはこれで終わります。以上「【黒い砂漠】ダメージの計算式と計算方法(+配布)」についてでした。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。