【黒い砂漠】「4K撮影」が使えない?無理やり4KでSSを撮る方法

まだ4K & 8Kモードが実装されてばかりの頃は、かなり自由度が高かったはずなんですが。最近は戦闘モーションや座っている状態だと、なぜか4Kモードが機能しない状態です。

そこで思いついたのが「4Kモードが駄目なら、4Kディスプレイが撮ればいいじゃない。」ということ。しかし4Kモニターは高いので、強引にやってみる。

Sponsored Link

グラボの機能「仮想解像度」を使う

NVIDIA製なら「Dynamic Super Resolution」(DSR)、AMD製なら「Virtual Super Resolution」(VSR)という仮想解像度を描写する機能が搭載されています。

これを使うことで、フルHD(1920×1080)のディスプレイに無理やり4K(3840×2160)の映像を出力可能になる。なお、グラボへの負荷もちゃんと増えるので低スペックな環境では注意。

VSRの設定(AMD編)

まずはAMDの設定画面(Radeon Crimson)を開きます。

4K化したいディスプレイを選んで、その中に「Virtual Super Resolution」という項目があるはずなので有効化。

あとはディスプレイ設定に行けば、そのディスプレイの実寸以上の解像度が登録されているので、3840×2160(4K)を選べばOK。

黒い砂漠を起動すると画面解像度から更に大きな解像度を選べるようになっているため…

ここで4Kを選べば良いということ。なお、ウィンドウ画面だと正確に4Kにならないし、全ウィンドウ画面ではUIをクリックできないので「全画面表示」一択です。

4K画面になるとUIが小さすぎて見えない。目的はスクリーンショットを撮影することなので、別にそのままで良いですけど。

DSRの設定(NVIDIA編)

NVIDIAコントロールパネルを開いて「3D設定の管理」へ。そしてグローバル設定の「DSR – 係数」と「DSR – 滑らかさ」を設定していく。

今回は4K画質にしたいので、係数は「4.00x」(4倍の面積)にして、滑らかさはとりあえず「50%」にしておいた。滑らかさはアンチエイリアシングなので、高い数値にすると低性能なGPUではキツイかも(特にVRAM容量)。

設定を終わったら、ディスプレイ設定に行って解像度から「3840×2160」を選ぶだけ。適用したら黒い砂漠の設定で4Kにして、全画面表示にすれば完了です。

4Kで撮る、戦闘モーション

無理やり4KモードSS

最高品質βを適用している状態では、フルHDと4Kには目視でわかるほどの「差」が出ます。SS勢やキャラメイク勢なら、SSの品質は高ければ高いほど良いので、βを適用しているなら4Kで撮りたいところ。

  • 座っている時に4Kモード
  • 戦闘モーションを4Kモード

これに困っていた人はDSRまたはVSRを使ってみてください。

なお、8Kモードの再現は自分の環境では出来ませんでした。DSRもVSRも、係数は4倍が限界っぽいので、8Kにするなら4Kモニターじゃないと無理なのかも。

以上「【黒い砂漠】「4K撮影」が使えない?無理やり4KでSSを撮る方法」について解説でした。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 4K環境なら、DSR係数4.00xで8K解像度(7680×4320)に設定できますが、β最高仕様だとGTX1080Tiでもfps10前後でしたw
    ベリハイでも大して変わらない・・・w
    このフレームレートで戦闘シーンは、ちょっと難度が高いと思う・・・

    ちなみにVRAM使用量は、比較的軽いフィールド上でも8GB以上
    街中だと10~11GB弱くらい使っていたので、GTX1080以下だとメモリ不足になるかも?

    SS用と割り切っても、あまり実用的じゃないと・・・w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。