ローエンドGPU対決「GT 1030」と「RX 550」はどちらが買いか?

2017年に登場した「GT 1030」と「RX 550」は、3年近く目立った進化が見られなかったローエンドGPU市場を大きく沸かせた存在です。しかし困ったのは、両者ともに価格設定は全く同じで、処理性能もおそらくはほぼ同格だろう…ということ。

本記事ではGT 1030とRX 550、どちらを買ったほうが良いのかを解説してみたい。

Sponsored Link

処理性能で対決:GT 1030 対 RX 550

やはりグラフィックボードを選ぶ上で一番最初に確かめなければならないのは「処理性能」です。フレームレートが出ないグラフィックボードは基本的に需要がない※からなぁ…。

※NVEnc(動画エンコードにGPUを使う)、GPUマイニング(暗号通貨を採掘する)など、特殊な用途は例外だったりしますが。

テスト環境

対決に使われたグラフィックボード2種
ボード
GPUMSI GeForce GT 1030 2GH LP OCASUS Radeon RX 550 4G
ダイサイズ74mm2103mm2
プロセスサイズ14nm14nm
ベースクロック1265Mhz1100Mhz
ブーストクロック1518Mhz1183Mhz
シェーダーユニット数384512
TMU数2432
ROP数816
演算ユニット数38
理論性能1127 GFLOPS1211 GFLOPS
VRAM容量GDDR5 2GBGDDR5 4GB
メモリーバス64bit128bit
メモリー帯域幅48.06GB/s112.0GB/s
接続端子PCI Express 3.0 x4PCI Express 3.0 x8
補助電源不要不要
TDP30W50W
MSRP$79$79

性能対決に使われたのはMSI製のGT 1030(VRAM:2GB)と、ASUS製のRX 550(VRAM:4GB)の2種。一応、基本的な仕様(カタログスペック)も確認しておこう。

GT 1030の特徴は、シェーダーユニット数(CPUのコア数みたいなもの)が少ない代わりにクロック周波数は最大で1.5Ghzを超えるなど、かなり高クロックで動作する点です。

逆にRX 550は、シェーダーユニット数や演算ユニット数が50%くらいGT 1030よりも多く搭載されている。しかしクロック周波数は低く設定されていて、最大でも1.2Ghzに届かない。

  • GT 1030:クロック周波数が速い & コア数は少なめ
  • RX 550:クロック周波数が遅い & コア数は多め

これがどのように戦いに響いてくるのか、順番に見ていこう。なお、CPUは「Ryzen 3 1300X」(4コア4スレッド)が使われ、メモリはDDR4-3200で16GB搭載という環境。

今回はどちらもローエンドGPUなので、Ryzen 3程度で十分に性能は足りる。メモリは3200Mhzで動作しているため、Ryzen特有のメモリ由来のボトルネックを心配する必要もほぼ無い。

安心してデータを見ていい…ということだ。

CS:GO

CS:GO / フルHD(1920×1080) – 最低設定

  • GT 1030
    216.0
  • GT 1030
    141.0
  • RX 550
    213.0
  • RX 550
    123.0

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

低性能GPUの検証だから当然「最低設定」におけるフレームレートを確認する。画質は妥協してもいいので、低予算でパフォーマンスを追求したい…というユーザー層はやっぱりいますから。

というわけで、CS:GOに関してはどちらも平均200fps超え、最低100fps超えという中々の性能を記録した。これだけのフレームレートが出ればゲーミングモニターで遊ぶのも余裕。

CS:GO / フルHD(1920×1080) – 最高設定

  • GT 1030
    167.0
  • GT 1030
    110.0
  • RX 550
    166.0
  • RX 550
    105.0

「高設定」に切り替えると全体的に重たくはなるが、それでも平均フレームレートは160fpsも出ている。CS:GOをゲーミングモニターで遊ぶくらいなら、GT 1030で案外余裕ということ。

Overwatch

Overwatch / フルHD(1920×1080) – 低設定

  • GT 1030
    101.0
  • GT 1030
    78.0
  • RX 550
    97.0
  • RX 550
    72.0

次は「Overwatch」を、低設定にて。平均フレームレートは両者ともに100前後で、最低fpsも70周辺で止めるなど、意外とやれるローエンドGPU。

Overwatch / フルHD(1920×1080) – 高設定

  • GT 1030
    57.0
  • GT 1030
    47.0
  • RX 550
    70.0
  • RX 550
    53.0

高設定に引き上げるとさっきまで微妙に負けていたRX 550が頭一つ抜けるパフォーマンスを見せつけた。

理由としては…VRAM容量の違いです。高設定以上になると、1.5~1.8GB程度はVRAMを食うようになるため、2GBしか無いGT 1030ではボトルネックが発生してしまったんですよ。

VRAM容量が残りわずかになるとフレームレートが急落する現象については以下の記事が詳しい。

DOTA 2

DOTA 2 / フルHD(1920×1080) – 最低設定

  • GT 1030
    118.0
  • GT 1030
    66.0
  • RX 550
    114.0
  • RX 550
    52.0

1日のアクティブユーザー数が70万人を超える人気タイトル「Dota 2」はこんな感じ。最低設定なら全然余裕ですね。RX 550は安定性にやや難がありそう。最低fpsで14も差がついてしまっている。

DOTA 2 / フルHD(1920×1080) – 最高設定

  • GT 1030
    64.0
  • GT 1030
    43.0
  • RX 550
    63.0
  • RX 550
    35.0

最高設定に切り替えると平均60fps前後で落ち着くように。しかし、RX 550はどうも最低fpsが同じ水準にならず、不安定な様子。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege / フルHD(1920×1080) – 低設定

  • GT 1030
    63.0
  • GT 1030
    55.0
  • RX 550
    58.0
  • RX 550
    42.0

R6Sでは、GT 1030が平均60fps超え、RX 550は微妙に超えられていないが許容範囲内だろう。と言っても、やはり最低fpsは落ち着きがない様子で、スムーズが快適さを追求するならGT 1030の良さそうだ。

Rainbow Six Siege / フルHD(1920×1080) – 高設定

  • GT 1030
    42.0
  • GT 1030
    34.0
  • RX 550
    41.0
  • RX 550
    29.0

高設定に切り替えても傾向は変わらない。

World of Tanks

World of Tanks / フルHD(1920×1080) – 最低設定

  • GT 1030
    195.0
  • GT 1030
    130.0
  • RX 550
    191.0
  • RX 550
    122.0

World of Tanksの最低設定は200fpsに迫るパフォーマンス。傾向としてはやっぱりGT 1030の方が強い。

World of Tanks / フルHD(1920×1080) – 高設定

  • GT 1030
    55.0
  • GT 1030
    46.0
  • RX 550
    47.0
  • RX 550
    34.0

高設定に切り替えると途端に重たくなって、60fpsすら維持できなくなり、更にGT 1030とRX 550の差は開いてしまった。

Quake Champions

Quake Champions / フルHD(1920×1080) – 低設定

  • GT 1030
    112.0
  • GT 1030
    89.0
  • RX 550
    91.0
  • RX 550
    66.0

スポーツ系FPSでは有名なQuakeの最新作でのテスト結果。残念ながら、AMD製GPUとの最適化は良くないようですね。理論性能はほぼ同格なのに、実際の処理性能は20%ほど開いてしまっている…。

Quake Champions / フルHD(1920×1080) – 高設定

  • GT 1030
    72.0
  • GT 1030
    58.0
  • RX 550
    45.0
  • RX 550
    30.0

高設定にすると更に差は開いて、40%前後の性能差が出た。Quake ChampionsをプレイするつもりならGT 1030で確定だな。

Battlefield 1

Battlefield 1 / フルHD(1920×1080) – 低設定

  • GT 1030
    58.0
  • GT 1030
    40.0
  • RX 550
    65.0
  • RX 550
    48.0

BF1ではRX 550の方が15%ほど高いフレームレートを出せています。最低フレームレートでは20%も引き離しており、最適化されていればRX 550はちゃんと優秀。

Battlefield 1 / フルHD(1920×1080) – 高設定

  • GT 1030
    28.0
  • GT 1030
    22.0
  • RX 550
    28.0
  • RX 550
    22.0

高設定になると両者ともに性能不足な結果。ほぼ平均30fpsしか出ていないが、1世代前のGT 730と比較すれば大幅に進化したと言える(3年近いブランクがあるので当然ではあるか)。

PUBG

PlayerUnknown’s BattleGrounds / フルHD(1920×1080) – 最低設定

  • GT 1030
    32.0
  • GT 1030
    26.0
  • RX 550
    28.0
  • RX 550
    22.0

Steamでアクティブユーザー数が最も多い超人気タイトル「PUBG」は…やっぱり重たい。最低設定ですら平均30fps前後を出すのがやっと…。しかも、PUBGはVRAMを4GB以上使えるので、おそらくボトルネックも発生してるだろう。

以前作った自作PCで、GT 1030を使ってPUBGをプレイしたことがありますが。やはり実際の数値以上に、体感上の動作は酷いものだったからね。頻繁にフレームレートが急落し安定しないのです。

PlayerUnknown’s BattleGrounds / フルHD(1920×1080) – 中間設定

  • GT 1030
    23.0
  • GT 1030
    20.0
  • RX 550
    17.0
  • RX 550
    14.0

中間設定にすると更に酷い状態に。ここまでフレームレートが下がってしまうとマトモに勝てないと思います。ガタガタなので。

消費電力で対決:GT 1030 対 RX 550

Crysis 3 / WQHD(2560×1440) – 最高設定

  • GT 1030
    125.0
  • GT 1030
    62.0
  • RX 550
    137.0
  • RX 550
    68.0

ゲーミング時の消費電力アイドル時の消費電力

ボート全体の消費電力を、Crysis 3を実行中に計測したもの。GT 1030は125Wで、RX 550は137Wを消費した。9%程度しか違わないので、ほとんど気にしなくていいレベルですね。

アイドルではGT 1030は62W消費し、RX 550は68W消費した。こちらも10%程度の差でしか無いため、消費電力の違いは両者を選ぶ上での理由には成りえない…。

GPUエンコードについて

「別に気にしないけど。」という人のほうが多そうだが、一応大きな違いがあるので書いておきます。NVIDIAの場合は「NVENC」が、AMDの場合は「VCE(Video Coding Engine)」というエンコーダが用意されている。

NVENCはPascal世代には問題なく搭載されているはずなんだが、GT 1030は例外でNVENCに対応していません

逆にRX 550(Polaris世代)は問題なくVCE 3.0が搭載されているため、A’s Video ConverterなどVCEに対応したソフトを用いたH264 / H265の動画エンコードが可能です。

GPUエンコード目的でローエンドGPUを探している人は、GT 1030がNVENCに対応していない点に注意したい。

総合的に見ると「GT 1030」の方がオススメできる

現状はNVIDIAに最適化されているソフトのほうが多く、クロック周波数も依然としてパフォーマンスに与える影響が大きいため、ゲーム用途であるなら「GT 1030」で間違いないです。

実際に低設定においてRX 550が勝てたのは「Battlefield 1」のみで、それ以外のタイトルでは全てGT 1030がRX 550よりも高いフレームレートを叩き出した。性能重視なら本当にGT 1030で良いだろう。

「RX 550」は価格面でもアドバンテージを抱える

2GB版なら、RX 550もGT 1030も同様に「79ドル」で購入可能。しかし、国内の場合はRX 550の方がかなり割高な価格設定になっていて、せっかくのコストパフォーマンスが台無しになっているんです。

  • GT 1030:8000円前後
  • RX 550:11000円前後

こういう事情もあって、尚更「GT 1030」の方が選択肢として魅力的になってしまっている。11000円出すなら、あと2000円追加して「RX 460」や「GT 1050」に手が届くからねぇ。

「GT 1030」の悩ましいところ…

一方で、GT 1030もある欠点を抱えている。予算厳守と決めている人なら問題にはならないだろうが、「あと少し出せば、一気に性能が伸びるのか…」と考えてしまう人には悩ましいところです。

PlayerUnknown’s BattleGrounds / フルHD(1920×1080) – 中間設定

  • GTX 1050 Ti
    56.3
  • GTX 1050
    48.9
  • GT 1030
    23.0

これを見ての通り、GT 1030からワンランク上のGTX 1050にするだけで平均23fpsが一気に平均48.9fpsまで改善する。50%くらいの追加コストに対して、性能は倍以上に伸びているのである。

Amazon最安値 / 平均フレームレート = 性能あたりコスト

  • GTX 1050 Ti
    271
  • GTX 1050
    265
  • GT 1030
    377

そこで、Amazonでの最安値を、PUBG(中間設定)の平均フレームレートで割り算し、性能あたりのコストを出してみた。数値が低いGPUほどコスパに優れていることを示します。

「GTX 1050」と「GTX 1050 Ti」はほぼ拮抗しており、「GT 1030」はやや割高な状態ですね。しかもGTX 1050以上になればNVENCも使用可能になるので、GPUエンコードを考えている人にとっても最適だ。

まとめ

「GT 1030とRX 550のどちらが良いのか?」という戦いになれば、GT 1030で問題ないという結論です。

  • ローエンドGPU好きな
  • GT 730から乗り換えたい
  • グラボには絶対1万円以上は出せない

こういう人にとって、GT 1030は最良の選択肢と言える。GT 1030は1万円以下のGPUとしては最高の性能(2017年時点)を持っていますから。

  • NVENCを使いたい
  • 重量級タイトルをプレイしたい
  • 多少予算はオーバーしてもいいから、性能を重視したい

逆にこういう人にとってはGT 1030は悩ましいライン。かなり確率でGTX 1050 ~ GTX 1050 Tiなどを検討した方が、QOLは高いと思われます。

オススメなGT 1030搭載ボード

GT 730と同じく、やはり王道はASUSが製造しているファンレスモデルだ。高負荷時(PUBGなど)には温度が80度近くまで上昇するが、音はビックリするくらい静か(ファンレスだからね)。

特にハードなゲーミングをするつもりは無い、という人ならASUSのファンレスモデルで問題ない。

無難にしっかり冷えるモノが良いなら、シングルファン搭載のMSI製GT 1030がオススメ。

GT 1030搭載BTO

「GT 1030が搭載されている安価なPCってあります?」という人には、ドスパラが売ってる「Magnate IC」がコスパ良好でオススメ

一応、パソコン工房とマウスコンピューターでも似たような構成を探したんですが、そもそもGT 1030搭載BTOが無かったり、あるけれどSSDにカスタマイズする差額が大きすぎるなど問題が多かった。

「Magnate IC」だと、「HDD 500GB → SSD 120GB」と「メモリ 4GB → メモリ 8GB」を施しても価格が1万円以上変化しなかったので、一番コスパは良いですね。

以上「ローエンドGPU対決、GT 1030とRX 550はどちらが買いか?」について解説しました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。