新チップセット「Z370」は「Z270」と何が違うのか?

Coffee Lake世代のCPUはソケットの形状自体はKaby Lakeと互換性がありますが、実際には動作しない。チップセットもZ270から「Z370」へアップデートされている。

さて…互換性を消失してまで誕生した新チップセット「Z370」は、従来のZ270からどれほど変わったのか。

Sponsored Link

Z370とZ270の違い

サポート内容Z370Z270
対応している世代Coffee Lake-SKaby Lake-S
Sky Lake-S
ソケットLGA-1151LGA-1151
PCIe構成x16:1本x16:1本
x8:2本x8:2本
x8:1本 + x4:2本x8:1本 + x4:2本
合計16レーン合計16レーン
追加可能なPCIePCIe 3.0:24レーンPCIe 3.0:24レーン
対応メモリDDR4-2666DDR4-2400
対応チャネルDualDual
USB合計x14(x10 USB 3.1 Gen 2x14(x10 USB 3.1 Gen 1
SATAポート(6Gb/s)6本6本
RAID構成PCIe 0 / 1 / 5SATA 0 / 1 / 5 / 10
SATA 0 / 1 / 5 / 10
オーバークロック可能可能
Rapid Storage技術対応対応
RST時対応PCIe3本3本
Smart Response技術対応対応
Optane Memory対応対応

赤字が相違点です。そう…見ての通り、Z270から進化した部分はほとんど無いと言って良いと思います。乗り換えるほどの魅力は感じられないチップセットだが、ちょっと解説する。

ソケットは同じ「LGA-1151」だが

Coffee LGA 1151Kaby LGA 1151

CoffeeLake世代のCPUソケットは従来と同じ「LGA-1151」で、実際にソケットに設置することは可能です。もちろん動作はしません。

見た目はほとんど変わっていない新型LGA 1151は、実は微妙にピンの内容が変更されているのです。旧型LGA 1151に余っていたピン(RSVD)を、新型では電源供給用のピンに置き換えたからです。

細かく言えば、新型LGA 1151では新たに32本の電源供給用のピン(VCC:18本 + VSS:14本)が追加(置き換え)された。

ソケットピンからは判別がつかないため、Coffee Lake用のCPUには見た目で分かるように工夫されています。

と言っても…。確かにピンの本数が1151本から変化していないので名称を変えることに抵抗はあったのかもしれないが、ユーザーに優しくないので「LGA-1151 v2」などに改名してほしい…。

対応メモリークロックが増加

対応しているメモリーチャネルはデュアルチャネルのままで、最大メモリー容量も64GBのままだが、クロック周波数は2400Mhzから2667Mhzへ増加。

USB3.1のサポート

最大で14本のUSBをサポートし、USB 3.1 Gen 2を最大10本までサポートするように。Z270ではUSB 3.1 Gen 1までしかサポートしていなかった。

  • USB 3.1 Gen 1:転送速度5Gbps
  • USB 3.1 Gen 2:転送速度10Gbps

より高速な転送速度になり、最大で100WのハードウェアをUSB経由でサポートできるようになる。

RAID構成にPCI Expressの追加

Z270ではSATAデバイスでしかRAIDを構築できませんでしたが、Z370からPCI Expressに刺したデバイスもRAID構成が可能に。

  • 従来:SATA SSDでRAID 0を構成
  • 今回:PCIe SSDでRAID 0を構成

なんて芸当が可能になります。

個人的にはSATAで満足しているし、そもそもPCIe SSD(NVMe)はRAIDを構築しなくても十分すぎる速度を実現しているため、ほとんどの人にとってメリットにはなり得ない。

結論、Z370は魅力的ではない

  • DDR4-2666
  • USB 3.1 Gen 2
  • PCI Express のRAIDサポート

うーん…乗り換えるほどのメリットは感じられない。既にSky LakeやKaby Lakeでシステムを組んでいる人は様子見になるでしょう。

Coffee Lakeは従来のインテルCPUと比較すれば、確かにコストパフォーマンスが大幅に向上しています。だから3~4年くらい前の古いシステムを持っている人なら乗り換えていいかと。

特に6コア化した「Core i5 8400」は、従来のi7と比べて半額なのに性能はほぼ互角なんて言うコスパお化けですし、4コア化した「Core i3 8350K」もかなり魅力的です。

Core i7 8700K」はゲーミングCPUとして最強の座を手にし、実行処理速度ではレンダリング分野を除いて「Ryzen 7」を超えています。

  • チップセット「Z370」は目立った魅力無し
  • Coffee LakeのCPUたちは全体的に魅力が大きい
  • 古いシステム(3~4年前)を使っているなら乗り換える価値アリ

といったところですね。以上「新チップセット「Z370」は「Z270」と何が違うのか?」について、簡単に紹介してみました。

Coffee Lake世代の詳細記事

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 6700kだけどゲーミングでも6コア環境欲しくなってきたから迷わず乗り換えられるCPUがはやく出てほしい

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。