【黒い砂漠】フォガン族長「ティティウム」の知識を意外な場所で見つけた

黒い砂漠って本当に細かいところまで作ってあるね。まさかあんなところにフォガン族長「ティティウム」の知識が見つかるとは…普通思わない。ヤギと戯れていたら見つかったのでメモしておきます。

この記事を書いてから約2年が経ち…内容が分かりにくいと感じたので書き直しました。
Sponsored Link

ヤギ尾根で見つけた「ティティウム」

バレノスとセレンディア地域を南北に隔てている大きな山脈地帯。それが「ヤギ尾根」です。登るとクロン城跡を見下ろせるくらい、標高が高い。ヤギがたくさん住んでいるので以前は血液採集にも人気だった気がする…。

ヤギ尾根と聞くと「リンチ牧場」の周辺をイメージしますが、そこから更に東へ500メートルほど進むと、もう一つデカイ山脈がある。

この山脈のふもとに木が生い茂っている。

近づいて木の奥まで入ってみると秘密の洞窟が隠されています。さっそく宝箱が出迎えてくれるので「銀の鍵」を使って開封したところ、中身はブラックストーン(武器)でした。

更に奥まで進んでいくと「本」が置いてあります。この本に行動力20を支払うことで。

フォガン族長「ティティウム」の知識が入手可能。闇の精霊のクエストでしか戦えないため、普通にやってるとかなり入手が難しい知識だが、ヤギ尾根なら簡単です。

叫び屋ルービン

「本」から入手すればタダで済むが、一応ルービンが700万シルバーで市販してます。

初めて手に入れたティティウムの知識。

フォガンのリーダー、フォガン族長だ。彼が乗っているヒキガエルはセレンディア地域では見られない希少種で遠方のフォガン族の地から連れてきた貴重な存在らしい。

ほう。こういう風にティティウム渓谷への伏線が張ってあったのか。遠方のフォガンの地って、普通に考えるとティティウム渓谷だよね。名前も同じだし。こういった既存知識から将来実装されるであろう未実装の要素の名前が判明したりしそうだね。

なお、この洞窟は一番奥まで進むと出口がある。飛躍のエリクサーなどを使い、頑張って登ってみたものの…外には出られません。

ワールドマップから見た位置

ティティウムの本がある洞窟は、マップから見ると星印のあたり。とにかく目立っている山脈だから、探すのはそんなに苦労しないと思います。

リンチ牧場の山脈から観察すると、この山ですね。ヤギ尾根の中で恐らく最も標高が高い山脈です。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • やべぇ、新参だけど知ってた…(困惑)。
    山登って景色撮ってて偶然見つけたものだからそこまで気にしてなかった……

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。