【PUBG】3通りあるグレネード(投擲物)の投げ方+αについて解説

最近DUOをやっていて「今のグレネードの投げ方便利そう。普通の投げ方だと飛びすぎるんだよね。」と言ってきた。というわけで、投擲物の投げ方について解説してみることに。動画もつけたので分かりやすいと思います。

Sponsored Link

グレネード(投擲物)の投げ方

PUBGのグレネード(投擲物)には、3種類の投げ方が用意されている。

普通の投げ方:左クリックして離す

左クリック or Rを押すと、グレネードからピンを抜きます。PUBGの投擲物は種類を問わず、ピンを抜いてから約5秒後に起爆するため、右クリックをずっっっっっと押しっぱなしにするのは危険。

 以前、SQUAD中に味方がそれをやらかして、一気に2人が死亡するという珍事を引き起こした。

5秒以内に狙いを定めて左クリックを離す。すると、投擲物をポーンと投げてくれる。なお、長押しした時間にかかわらず投擲距離はほぼ変化しない※が、爆発するタイミングは調整可能

※あとで解説する通り、投げ方で飛距離は変化します。

たとえば、1秒押してから投げれば、着地して跳ね返ったくらいで爆発する。逆に4秒押してから投げると、目標に着地して直後に爆発する。確実に目標を仕留めたい場合は、5秒ギリギリまで長押ししてから投げればいい。

手榴弾の参考動画。

近くにそっと投げる:左クリック後、右クリックして離す

ピンを抜いた後に、右クリックすると投げ方が変わります。普通の方法だと上に向かって投げるが、この方法では下からそっと投げる感じに。

この方法だと、すぐ近くの岩山の裏に投げたいとか、近くの建物の窓から投げ入れたいとか、そういう時に便利だ。なお、この方法も5秒後には爆発してしまうため持ちすぎに要注意。

その場に落とす:Xキー

右クリックでピンを抜いた後Xを押すと、持っている投擲物を足元に落とす。

ピンを抜いた直後に落とせば、その爆弾は5秒後に爆発する。屋内で敵に追いつめられた時に使えば、追いかけに来た敵が床に落とされた爆弾によって死亡する…という具合になることも。

あとは自爆したい場合も便利。手榴弾を足元に落としておけば、確実に死んでしまう。

 投擲物のショートカット

投擲物にはすぐに切り替え可能なショートカットが用意されています。初期設定ではGにグレネード(手榴弾)が設定済み。他の投擲物には設定が無いので、気になる人は設定をすればいいかと。

知っておくと便利なグレネードの豆知識

グレネードの基本的な投げ方3つについては解説したので、後は「+α」の部分について解説しておきます。知っておくと中々便利だと思ったので。

間違えて爆弾を起動してしまった場合

うっかりグレネードのピンを抜いてしまった場合は、焦らずにマウスホイールを回して他の武器を切り替えよう。そうすると起爆がキャンセルされる。これを知っておけば事故死などを回避できるはずだ。

ピンを抜いてから起爆までの時間

【PUBG】グレネードの起爆時間
  • 手榴弾(フラググレネード)とスモークグレネード:5秒
  • スタングレネード:2.5秒
  • 火炎瓶:着弾してビンが割れるまで

スタングレネードは2.5秒と、かなり早い段階で爆発してしまう。狙いを定めすぎると空中爆発しやすいのでそういうことか…。

グレネードの飛距離は調整可能

グレネードは45度の角度から投げると最も長い距離まで投げられる。そして、その時の「投げ方」によって最大飛距離も変化します。

投げ方飛距離
匍匐で投げる

40m

匍匐で前進しながら投げる

50m

立ったまま投げる

50m

しゃがみ状態で投げる

50m

立ちながら走って投げる

60m

しゃがみで移動しながら投げる

60m

立った状態で走り、投げると同時にジャンプ

100m

車両で移動しながら投げる

100m以上

投げる瞬間の一工夫で20mくらいは簡単に飛距離を伸ばせる。立って投げるなら、少し小走りを入れることで飛距離を+10m出来る…という具合に。

なお、車で走りながら投げると100m以上も飛ぶことがありますが、狙いを定めるのが難しいのであまり実用的ではありません。

グレネードの種類によって飛距離が変わることはない。

グレネードが貫通できるモノ

今のところは「窓」だけ。建物内に敵がいると思った時は、窓を狙って屋内にグレネードを届けることが可能ということだ。

なお、壁や木製のドアは一切貫通できないし、車両の窓も貫通できないので注意。

火炎瓶はドアを破壊可能

【PUBG】グレネードの投げ方 - 火炎瓶はドアを破壊可能

グレネードはドアを破壊することは出来ないが、「火炎瓶」(モロトフ)については例外です。火炎瓶は着弾時に起爆するので、このようなことが可能らしい。

スタングレネードは意外と範囲が狭い

【PUBG】スタングレネードの効果

スタングレネードが爆発した場所を見ていないと、全く効果を与えられない。前を向いている敵の真横で爆発しても、全く効果がないということ。

当たればかなり美味しいけれど、当てるのはかなり難しいと言わざるをえない…。

壁で反射させて狙う

【PUBG】グレネードを反射させて狙う

グレネードを狙いづらい位置に敵がいる場合は、このように壁を狙ってグレネードを投げて反射を利用する。見えない位置にいる敵にも、これならかなり狙いやすくなります。

投擲物の投げ方まとめ

  • 左クリック後、普通に離す:普通に投げる(長押しの時間で「起爆タイミング」、角度で「飛距離」を調整可能)
  • 右クリックで投げ方変更:安定して近くに投げられる
  • Xキーで足元に落とす:ちょっとした「罠」を作ったり、「自爆」したい時
普通に投げるのが「オーバースロー」で、近くに投げるのは「アンダースロー」と言うらしい。

グレネードの豆知識まとめ

  • 武器切り替えで起爆キャンセル
  • グレネードによって起爆までの時間は違う
  • 投げ方によって飛距離は変わる
  • グレネードは窓しか貫通できない
  • 火炎瓶はドアも破壊可能
  • スタングレネードは効果範囲がとても狭い
  • 壁を利用すれば見えない敵も狙えるかも

以上「PUBGのグレネード(投擲物)の投げ方について3通り+αを解説する」でした。

Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。