PUBGは低スペックPCでも動くのか、2台使って検証した結果

PUBGは10代のユーザーからも「プレイしてみたい。」と支持を集めている実態がある。よって低予算な低スペックPCでもPUBGは出来るのか、という質問はよく見かけますね。

というわけで、実際に格安ゲーミングPCでPUBGをプレイしてみて「どれくらい動くのか」検証してみました。

Sponsored Link

低スペックでもPUBGは動くか?

テストに使ったのは約51000円で自作した格安ゲーミングマシンだ。

テスト環境
CPUPentium G3258 @4.0Ghz
GPUNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB
メモリDDR3-1600 8GB(4GB*2)
マザーボードAsrock H97M Pro4
ストレージDREVO X1 SSD 120GB
電源500W 80+STANDARD

中身はこの通り。ぼくが書いたPUBGの推奨スペックによれば、少なくとも「Intel Core i5」以上のCPUを推奨しているものの、低スペック(低予算)ではCore i5は無理だ。Core i3でも高いので、やむなく「Pentium」を採用しています。

CPUがしょぼいのでグラフィックボード(GPU)もあまり高性能なモノは使えません。なぜならボトルネックが発生して性能の足を引っ張るからだ。よって「GTX 1050 Ti」を採用した。

メモリは正直なところ16GBは欲しいのですが、8GBでPUBGを実行したところ…意外と問題なく動作してしまったので8GBのままにしている。8GBだとエラーが出ることがあるんだよね~。

実際にこの低スペックマシンでPUBGを実行

まずはアンチエイリアシングとポストプロセス以外のグラフィック設定を「非常に低」にして計測を行いました。体感上もかなり重たく、お世辞にも「快適」とは言えないが動いてはいます。

MSI Afterburnerで計測したフレームレートはグラフの通り。負荷が軽い場所だと60fpsを超えるが、市街地(Pochinki、Rozhokなど)に入ると一気にフレームレートがガタッと落ちて20~30fps程度になってしまう…。

「事故死」つらい。なぜ画面が止まってしまったのか。

しかも、銃の撃ち合い中に「カクンッ」と画面が急に飛んだりする現象も確認できたため、やはりCPUに「Pentium G3258」という雑魚いCPUを使ったのは良くなかったかも。いや、動いてはいるんですよ。

次は「カスタム設定※」に変更してフレームレートを計測してみた。やはり…設定を上げると一気に安定性が落ちてしまいました。平均フレームレートは34.8fpsとかなり悪い。

 ※PUBGの設定

  • アンチエイリアシング:ウルトラ
  • ポストプロセス:ウルトラ
  • 影:中間
  • テクスチャ:高
  • 効果:非常に低
  • 植生:非常に低
  • 距離を表示:非常に低

PUBGのフレームレートを改善する軽量化設定のやり方」も参考に。

グラフィックボードを更に低スペックにしてみた

「GTX 1050 Ti」から更に処理性能が劣る「GTX 750 Ti」に変更してテストを行ってみた。設定は「非常に低」にしています。結果は意外と動いているが「悪化」した。平均フレームレートは38.6fpsです。

体感上のプレイは決して「快適」とは言えず、建物に入るだけで妙なカクつきが目立つなど、事故死の原因にもなりそうだ。処理が集中すると固まることもあったから色々と怖い…。

 事故死 = 撃ち合い中にプチフリーズ(数秒間固まる)して、やられてしまうこと。車にひかれるわけではない。

低予算BTOマシンでPUBGを試す

というわけで、無理やり5万円で組み上げたPCでは「割りとキツイ」ということだ。もう少しマシにはならないか考えた結果、ドスパラが売っている低予算モデルならどれくらい動くのか気になってきた。

さっそく試してみました。「Monarch IH」というゲーム用ではない一般向けPCです。しかし中に搭載されているパーツは明らかに「低予算ゲーミングPC」って感じなので、意外と動くはずだ…と思ったんですよ。

「ウォーン…。」と、なかなかファンがうるさいけれど、PUBG自体はちゃんと動いてます。

最低設定でプレイしたところ、自分でもびっくりするくらいのパフォーマンスを発揮できました。平均フレームレートは59fpsで、ほぼ60fpsに迫っているし、体感上も割りと問題ない感じだ。

低スペックでPUBGをするなら…

  • 無駄のない構成(Core i3 + GTX 1050 Ti)
  • ボトルネックの心配無用
  • 10万を割る低予算モデル
  • PUBG(最低設定)がほぼ平均60fpsで動く

というわけで、低予算 & 低スペックなゲーミングPCをお探しならドスパラの「Monarch IH」を推奨します。更に詳細を知りたい場合は、以下の実機レビューもおすすめ。

細かいことは良いので公式サイトで確認したい、という人は以下からどうぞ。

以上「低スペックPCでもPUBGは動くのか、マジメに検証した結果」でした。

以下、余談

やかもち
低スペでも動くよ~、っていう人はいるけど本当なのか怪しかった。
自作歴16台のやかもち
2台の実機で動作を確認したので安心だね。低スペでも動きます。
やかもち
GTX 1060 3GB搭載の「LEVEL-M022-P-RNJS」iconはどうなの?
自作歴16台のやかもち
CPUがPentium G4600だからな…15%前後のボトルネックは覚悟しないとダメだよ。
やかもち
なるほど。無駄が無いのは「Monarch IH」なのね。
自作歴16台のやかもち
そゆこと。

読むと良い記事

PUBGの推奨スペック(推奨GPU、推奨CPU、推奨メモリ)について、データに基づいて正確にまとめた記事。オススメ。

おすすめの低スペックについて、もっと知りたいという人はこの記事がオススメ。

Sponsored Link

6 件のコメント

  • いきなりのコメント失礼致します。いつもの楽しく拝見させて頂いております。 PC初心者なのです。少し教えて頂きたいのですが、先日CPUを交換しようと思いi3 6100からヤフオク(ジャンク標記)で購入したi7 6700kに換装した所、電源ボタンわ押したら画面が映らずBIOSも起動しませんでした。数秒後、電源ボタンの光まで消えてしまいました。これってCPUが完全にジャンクなのですか?i3に戻したら問題なく起動しました。

      • 御回答有難うございます。やはりジャンクなんですね… BIOSがCPUに対応していないからBIOSのアプデとか電力不足とか考えたのですが…

    • CPUソケットが対応していれば、基本的には立ち上がるものです。新品でも立ち上がらない場合は、メモリーの接触不良・初期不良、電源ユニットの容量不足(グラボなどを刺さない、最小構成なら問題ないはず)、マザーボード側の初期不良(ピン折れ)、ATXコネクタ・CPUコネクタの差し込みが甘い、などなど色々と原因は考えられます。あとは…放電を行ったり、CMOSリセットを行うことでも、解決することはありました。

  • お忙しい中、御返答下さり有難う御座いました。やはりジャンク品には手を出すべきじゃ無かったと身に染みました。
    最新のPUBGの記事とても為になります!!
    これからも楽しく記事を拝見させて頂きます!! 有難う御座いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。