「PUBGは低スペックでも動きますか?」を分かりやすく解説する

PUBGをプレイしたい、という人が日本でも増えてきた。そして「PUBGは低スペックなPCでも遊べますか?」という質問を見かけることが多くなってきた。今持っているパソコンで動くのかどうか、確かに気になりますよね。

というわけで、この記事では「PUBGは低スペックでも動く。」ということをデータに基づいて詳しく解説します。

Sponsored Link

低スペックでPUBG:グラフィックボード編

「グラフィックボード」はこんなパーツ。これが無いとPUBGは動かないよ~。

PUBGは非常に重たいゲームで、ノートパソコンなどによく内蔵されている「Intel HD Graphcs」という内蔵GPUでは快適に動かすことは一切出来ません。もちろん、動かない…というわけではないよ。

  • 解像度は「1024×768」(狭い画面だ)
  • 設定も当然「最低」に

ここまで苦しい環境にして、やっと「平均20fps前後」しか出ません。狭くて見づらい画面に、粗い最低設定のグラフィック…。これだけ環境を悪くしても、平均20fpsが限界。

それが内蔵GPUの限界なんです。だから低スペックでPUBGをプレイしたいなら、少なくとも「グラフィックボード」というPCパーツが絶対に必要だ。じゃあどれくらいのグラボで、フレームレートは何fps出るのか。

これが分からないとグラフィックボードを選べない。というわけで、低性能なグラフィックボードからデータを見ていこう。

ちなみに、HD(1280×720)だとどれくらい動くのか

PUBGは対人ゲームなので視野が狭くなってしまうHD解像度(1280×720)でプレイするのは、かなりキツイ。けれど、その狭苦しい画面ならどれくらいのフレームレートが出るのか、一応データで確認しておきます。

PUBG – HD(1280×720) / 最低設定

  • Radeon RX 460
    106.0
  • GeForce MX150
    79.0
  • GTX 950M
    74.0
  • GeForce 940MX
    43.1
  • GeForce 940M
    42.4
  • Radeon R9 M280X
    31.3
  • GeForce 930M
    34.5
  • GeForce 920M
    12.3
  • Intel UHD 620
    18.0
  • Intel HD 530
    16.3
  • Intel HD 520
    12.4
  • GT 720M
    17.9
  • Intel HD 4600
    17.5

平均フレームレート30FPSを達成したGPU

性能が低いローエンドなグラボから、ノートPCに内蔵されているグラボ、そしてCPUに内蔵されているショボイ性能のIntel HDまで色々と低性能なグラボでPUBGを動かすと…こんな感じになる。

「Intel HD」はどれもダメダメなのが分かります。と、こういう具合で解像度を狭くすれば確かに動くんだけれど、正直そんな狭い視野ではやってられないので「動くには動くんだ…」程度に思ってくれれば大丈夫。

次はもっとも見やすいフルHD(1920×1080)で、どれくらい動くのかを見ていきます。

フルHD(中間設定)は低スペックでも意外と動く

PUBG – フルHD(1920×1080) / 中間設定

  • Radeon RX 470
    71.0
  • GTX 1050 Ti Laptop
    54.1
  • GTX 1050 Ti
    55.1
  • GTX 1050
    39.6
  • Radeon R7 370
    38.0
  • Radeon RX 460
    35.8
  • GTX 965M
    45.7
  • GeForce MX150
    25.5
  • GTX 950M
    26.4
  • GeForce 940MX
    14.8
  • GeForce 940M
    14.2

平均フレームレート30FPSを達成したGPU

全体的に軽くなって、30fpsを出せる低スペックなグラフィックボードも増えてきた。例えば、Amazonで1.3万円で買える「RX 460」や「GTX 1050」でも、35~40fpsは出ているのが分かります。

グラフィック設定は「中間」にしているから、少しは軽いですね。それでもさっきまで何とか動いていた「Intel HD」や「930M」といった内蔵GPUは、そのほとんどが動かなくなってしまいました。

この画質で平均30fps以上を達成できたのは、どれもグラフィックボードばかり。ただし、ノートパソコン用のGTX 1050 Tiだけは例外で、内蔵でありながら真面目に動くGPUもあります。

というわけで…

このどちらかがあれば、PUBGを平均30~40fpsくらいで動かせるようになる。RX 460とGTX 1050、両方とも13000円くらいの安いグラボです。とりあえず動いてほしいなら、GTX 1050を使えば問題ない。

ちなみにGTX 1050と似た性能のグラボはいくつかある。

GTX 750 Ti

GTX 750

GTX 660

このあたりの低性能グラフィックボードも、PUBGを少なくとも平均30fpsで動かせるよ。

低スペックでPUBG:CPU編

低スペックの場合、CPUもかなり性能が悪い場合が多いですよね。ゲームの場合はグラフィックボードが一番大事ですが、CPUの性能が悪すぎると快適に動かないことも多い。

というわけで、別の記事(→ Core i3泣かせなCPU「Pentium G4560」を徹底解説する)から参考になるデータを持ってきました。

GeForce GTX 1060 6GBの場合

  • Core i7 6700K
    92
  • 83
  • Core i5 7600K
    90
  • 78
  • Core i3 7350K
    85
  • 68
  • Pentium G4560
    82
  • 63

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

例えば、そこそこ性能のいい「GTX 1060」を使った場合。Core i7だと平均92fps出て、Pentium(安いCPU)だと平均82fpsまで落ち込んでいますね。でも、意外とこんなもんなんです。

ということは、GTX 1060(約3万円)のグラフィックボードより更に性能の悪いグラボなら、CPUの性能がショボくても問題なく動くんじゃないか…?

と思いますよね。ではグラボをGTX 1050 Ti(約1.5万円)に落として、CPU別のフレームレートを見てみよう。

GeForce GTX 1050 Tiの場合

  • Core i7 6700K
    52
  • 46
  • Core i5 7600K
    52
  • 46
  • Core i3 7350K
    52
  • 46
  • Pentium G4560
    52
  • 43

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

ほとんど「差」がなくなりました。つまり、安くて低性能なグラフィックボードを使う場合なら、そこまで高性能なCPUじゃなくても大丈夫ということだ。低スペックで行けるCPUをいくつかまとめておきますね。

5000~8000円のCPUで案外行けるものです。ただし、これよりも古いCPUだとキツイと思います。例えばPentium 4や、Core 2 Duoなど。さすがに数年前の低予算CPUでは無理なので、少なくとも上記に挙げたCPUをオススメします。

PUBGが動く低スペックをまとめ

低スペックまとめ備考
CPUCore i3 7100もっとも安心できる
Pentium G4560低予算CPUで一番オススメ
Celeron G3930必要最低限です
グラボGTX 1050 Ti低スペックグラボで一番いい(平均55fps)
GTX 1050なかなか動く(平均40fps)
GTX 750 Ti割りと動く(平均38fps)
GTX 660必要最低限のライン
GT 1030キツイ…酔います
メモリ8GB必要最低限8GB無いと、PUBGが動かない
SSD最低120GBHDDを使っている人は、ぜひ「SSD」を
体感で分かるほどPCがキビキビと動くよ
OSWindows 7 64bit個人的には「7」「10」のどちらかがオススメ。そして必ず64bit版を。32bit版ではメモリが3.2GBしか認識しない。
Windows 8 64bit
Windows 10 64bit

ということです。

メモリーは出来れば16GB欲しいけれど、起動オプションや対処法を行えば8GBでもなんとか動きます。予算重視なら8GBで、安心を買うなら16GBを。

以上「PUBGは低スペックでも動きますか?を分かりやすく解説する」でした。

追記:低スペックで実際にPUBGを遊んでみた

データではよく理解できたけど…「本当に動くの!?」と、疑い深い人はこの記事もどうぞ。2台の低スペックマシンでPUBGを試した記事です。

追記2:低スペックでオススメのゲーミングPC

こちらの記事を参考にしてください。10万円以下で買える「Monarch IH」という低予算PCを実際に入手して、PUBGを試してみた記事になる。意外と動くんですよ~これが…。

Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。