【自作PC】予算30万円、Ryzen Threadripperで作る超コスパのワークステーション

とにかく計算が速く、並列処理に優れたパソコン(つまりワークステーション)を予算30万円で作って欲しいという依頼を受けて「自作ワークステーション」を作ることになった。今回の自作PC記事では

  • Ryzen Threadripperで自作したい
  • 小規模ワークステーションを自作したい
  • (予算30万でどんな自作するんだ…)

という2つの要望に応えられると思う。

Contents

Sponsored Link

今回の自作PC、テーマは「Ryzen Threadripperマシン」

予算30万円で、とにかく計算処理に特化した「ワークステーション」を自作することになった。依頼者は2~3年前に製作したCore i7マシンを使っていたが、より高速な環境が必要になってきたので今回やっち(筆者)に自作ワークステーションを依頼することに。

今回の自作PC(ワークステーション)に使うPCパーツは画像の通り。部品点数がやや多めですね…。パーツの選定は悩む部分も多い一方で、非常に楽しかった。選んだパーツとその根拠からまずは解説する。

1. 【CPU】Ryzen Threadripper 1950X

悩ましいのが「CPU」。ライバルの「Core i9 7900X」を選ぶべきか、多少のプレミアム(国内価格が割高)を払ってまで「Ryzen 1950X」を取るべきか。結果的にはRyzen Threadripper 1950Xで決定。

  • 16コア32スレッドという、圧倒的なマルチスレッド環境
  • i9 7900Xと比べて、冷却に大きな問題が無かったこと
  • シングル性能はi9に劣るが、マルチ性能は同価格帯で圧勝していたこと

シングル性能よりもマルチスレッド性能を重視しているのが最大の決め手だった。もうひとつ、Core i9はグリスバーガー状態で熱に課題があるのに対して、Ryzen Threadripperはそこまでではないこと。

それに後ほど紹介する、Ryzen Threadripper専用の空冷ファンが存在することも、今回のCPU選定を後押しした大きな理由ですね。

それにしても…このパッケージデザインが本当に良い。先鋭的でマニアックなデザイン(しかもデカイ)なので、持っているだけで所有欲を満たせるし、最新鋭のCPUを手にした感が良い。

2. 【GPU】NVIDIA GT 1030

もともとグラフィックボードは必要なかったんですが、Ryzenには内蔵GPUが無いため映像出力用に追加。

もともとはASUS製のまったく同じファンレス仕様のGT 730を採用するつもりだったが、あと2000円出せば処理性能が3倍のGT 1030に手が届く…ということでGT 1030を選んだ。VRAMも2倍だし、コスパは良いと思います。

3. 【メモリ】Corsair DOMINATOR PLATINUM 8GB *2 DDR4-3000

Ryzenはメモリーを選ぶと言いますが、基本的にはCORSAIR製を買っておけば問題ない。今回はコルセアが送るハイエンド仕様のOCメモリー「DOMINATOR PLATINUM」を採用。

XMP有効化で簡単に3000Mhzで動作してくれるスグレモノ。Ryzen系はシリーズを通して、メモリークロックが速いほど処理性能も上昇するため、OCメモリーがオススメだ。

4. 【M/B】Asrock X399 Taichi

特別、ゲーミングをやる予定もないし、とにかくCPUの処理性能さえ重視できればそれで良いコンセプトなため、割りと普通なマザーボードを選びました

Asrock製のX399 Taichiは、Asrockのマザーボードの中では割りと標準的なモデル。上位モデルは「Fatal1ty」や「Extreme4」など。X399では「Fatal1ty X399 Professional Gaming」というマザボがあるが、今回は特に必要ない。

でもさ、このX399 Taichiは「標準的」といいつつも意外と凄いんですよ…

  • 11個のVRMフェーズ
  • 4-Way SLI / Crossfire対応(2~4Way対応のブリッジは付属する)
  • 高音質なオーディオチップ搭載(イヤホンで聞いたら確かに音がいい)
  • 8本のSATA3.0
  • 3本のUltra M.2スロット
  • インテル製Gigabit LAN端子が2個
  • インテル製802.11ac Wifi端子が2個
  • オンボードの電源ボタン

国内でもっとも安いX399搭載マザーボードでありながら、仕様は至れり尽くせりでコストパフォーマンス良好

付属品もおいしい。

  • 完全日本語の図解マニュアル
  • バックプレート
  • SLI用のブリッジ:3個
  • SATA3 6Gbケーブル:4本
  • Wifi用アンテナ:2本

特に理由がなく、コスパ重視で行くなら「X399 Taichi」でまったく問題ないだろう。

5. 【SSD】Samsung 960 EVO M.2

実用上は「850 EVO」でも良いんだろうが、全体的にハイエンド構成だったのでSSDもそれに合わせてNVMeの「960 EVO」を選択。リードは3000MB/s超えで、ライトは1500MB/sを超える超高速SSDだ。

6. 【SSDクーラー】Aquacomputer kryoM.2

さて、サムスンの960 EVOは確かにコストパフォーマンスに優れた超高速SSDとして高評価だが、一方で熱が問題になるという悪評があります。「なんでヒートシンクを付属しないんだ。」と言われるくらいの悪評です。

まぁ、性能と価格を両立させているんだから、冷却にまでコストは掛けられなかったんでしょう。というわけで、別途用意します。「Kryo M.2」はSSDをサーマルパッドでハンバーグにして、ヒートシンクから排熱を行えるようになる。

960 EVOは高負荷時に70度をオーバーすることもあるから、安定性を担保するために今回は専用のヒートシンクを買っておいた。といったところだ。

7. 【HDD】Seagate ST4000DM004

容量4TBのHDD。データ格納用に用意した。シーゲイトは一時期「地雷」だった時期があり、ぼくもそれ以来避けるようになったが最近のシーゲイトは生まれ変わったそうです。

実際、最近レビューした「ガレリアAT」(Ryzenマシン)にもシーゲイト製のHDDが採用されており、2016年以降の製品に関してはかなり高品質になったみたい…。

というわけで、今回は「ST4000DM004」を採用。4TBでありながらプラッタは2枚という部品点数の少なさが好印象。普通は800GBプラッタを5枚使って4TBというHDDが多いが、このHDDは2枚しか無い。

8. 【HDD】TOSHIBA MD05ACA800

バックアップ用に8TBが必要になったので、急遽追加。東芝製の安価なHDDはコスパに優れる一方で、動作音に課題を抱えていることが多い。…でもコスパ重視で8TBがほしいなら、これで問題はないだろう。

9. 【電源ユニット】Thermaltake TOUGHPOWER GRAND RGB -850W

Ryzen Threadripperは高負荷時に300W以上も電力を食うことがあるので、余裕のある電源ユニットを選んだ。容量は850Wで、80+ GOLD認証も受けているハイエンド電源。プラグイン方式だから配線もしやすそう。

そして何よりすごいのが「10年保証」という点。製品の堅牢性によほど自信がある…ということがひしひしと伝わってきたので「じゃあこれにしよう。」という感じで選んでしまった。

10. 【CPUクーラー】Noctua NH-U12S TR4-SP3

北欧、オーストリアに本拠地を置くメーカー「Noctua」が製造しているRyzen Threadripper(およびEPYC)専用のCPUクーラー。水冷クーラーにするつもりだったが、どれも接触面が丸いんですよ。

でもThreadripperのヒートスプレッダは「長方形」です。丸では角の方を冷却できない。明らかに非効率的なので悩んでいたところ、NoctuaのCPUクーラーを発見。

もともとは水冷クーラー並に冷えるという「140mm版」を入手したかったが既に売り切れ。残り1品だった「120mm版」で妥協しました。これでも他の簡易水冷に負けず劣らずな冷却性は期待できる(はず)。

Amazonで売っているのは「92mm版」。

120mm版、140mm版はNoctuaの正規代理店で販売されている。2017年9月時点では在庫が切れており、入手は困難な状況。

空冷じゃ不安な人は、ENERMAXが新発売を始めてばかりのスリッパ専用の水冷クーラーもオススメ。受熱ベース部が四角形になり、あの巨大ヒートスプレッダを覆いかぶせるようになっている。

追記:このENERMAXの360mm水冷ファンは、Noctuaの140mm版を大幅に上回る冷却性能があることが判明。ウーン…もっと速く出ていれば採用したのに…悔しい

11. 【CPUクーラー】Thermal Grizzly Kryonaut

今回いつも使っている「MX-4」より、更に冷却性能が高いThermal Grizzly製のハイエンドグリスを採用。リキプロと違って非導電性なので、ちょっと溢れてもマザボがショートしたりしない。

それにポンピング製にも優れている※、という謳い文句も書いてあった。なんというか、MX-4のハイエンド版みたいな位置づけです。個人的にはピンポイントに刺さるグリスですね…。

※Amazonの商品ページには「80℃の高温においても乾燥が進まない特別な配合を行っています。長期間硬化せず安定した特性を維持します。」と書いてある。

12. 【DVDドライブ】HLDS GH24NSD1

動けばいいので無難に日立製を…。

13. 【PCケース】Abee smart J07R

「赤色」というオーダーだったので「Abee」が製造販売している「smart J07R」のワインレッド版を採用。ATX対応で、マウントスペースが170mmも確保されている点も決め手です。

拡張ベイも大きく取られていて、ドライブを3個、ストレージを5個まで収納可能な拡張性も悪くない。なにより国内で職人によって削り出されたという、アルミ製の筐体がキレイ過ぎる…。

静かに存在感を主張してる感がある。

Amazonではシルバー色しか販売されていないようだ。

赤色はドスパラで販売されています。

パーツまとめ

パーツ構成まとめ
CPURyzen Threadripper 1950X138240
GPUNVIDIA GT 10308542
メモリーDOMINATOR PLATINUM 8GB*220304
M/BAscrok X399 Taichi52704
SSDSamsung 960 EVO16370
SSDクーラーAquacomputer kryoM.23980
HDDSeagate ST4000DM00411420
TOSHIBA MD05ACA80026900
電源ユニットThermaltake TOUGHPOWER GRAND RGB 850W16391
CPUクーラーNoctua NH-U12S TR4-SP39505
CPUグリスThermal Grizzly Kryonaut 1.5ml2909
DVDドライブHLDS GH24NSD11914
PCケースsmart J07R SME-J07R-RE [レッド]20696
合計329875

購入したパーツは以上の13品。合計329875円となった。8TB HDDを急遽追加したので予算をややオーバーしてしまった。HDD抜きで302975円なので、ギリギリ30万円PCです。

で…これが安いかどうか。パソコン工房にて似た構成にカスタマイズし、グラフィックボードの価格分を引いてみるとだいたい38~41万円くらいになります。…今のところRyzen Threadripperマシンは自作した方が安く済みそうだ。

なお、自作PCを安くする秘訣である「OS」ですが…。深くは語りませんし、自己責任でググってください。意外と安く済むものです。OSはPCパーツのように「価格で性能が変化しません」。

Ryzen Threadripper マシンを組み立てる

前回のAMD編と同様に「Ryzen Threadripper」も、普通のインテルCPUと比べるとずいぶんと独特な取り付け方法です。今までと違うソケット、今までとは違う取り付け方式は、導入の妨げになってるかもしれない。

というわけで、組み立てを順番に解説していきます。手順は以下の通り。

  1. マザーボードにCPUを取り付ける
  2. メモリーをマザーボードに刺す
  3. CPUクーラーを取り付ける
  4. 電源ユニットとつなぎ「動作検証」を行う
  5. 電源ユニットをPCケースに入れる
  6. マザーボードをPCケースに固定する
  7. グラフィックボードを刺す
  8. SSDを冷却ボードに取り付け、マザボに刺す
  9. DVDドライブ、HDDを拡張ベイに取り付ける
  10. 電源ユニットと各種ハードウェアをつなぐ
  11. 「動作検証」をして動いたら、OSやドライバーをインストール
  12. 完成

やること自体はホント、簡単ですね。

1. Ryzen Threadripper の独特な取り付け

「X399 Taichi」を箱から出します。発泡スチロールに結束バンドでがっしり固定されていますが(こういうの嬉しいですよね)、とりあえずはそのままにして取付作業を進めていく。

TR4ソケットの外蓋を外します。カバーに印字されているとおり「3 → 2 → 1」の順番に、Ryzen Threadripper付属の六角ドライバーを使って取り外していく。

外蓋の解除はこれでOK。

そして内蓋も開けて、中にスライドされているソケットカバー(透明のやつ)を外しておく。そして、その外した場所に…

オレンジ色のスライドに備え付けられているCPU本体を入れるだけ。しっかり奥までスライドさせてはめ込んでおく。このまま内蓋を閉じて…

付属のドライバーで外蓋を締める。開ける時と逆の順番(1 → 2 → 3)にネジを閉めて完了だ。斬新だが手順通りにやればほぼ確実に「ピン折れ」に代表される事故が起きないため、個人的にはかなり好感を持てた

基本的にピン数が多い大型CPUソケットほど、ピン折れリスクが高いため、こうやって機械的に取付可能になっているTR4ソケットはかなり先進的ではないか…と勝手に思っているところ。

というわけで、Ryzen Threadripperの取り付けは無事完了。

 マザボの説明書がとても親切

マザーボード「X399 Taichi」の説明書は「完全日本語」になっていて、CPUの取り付けも図解で丁寧に解説されている。ここまで親切だと自作初心者でも安心してできそうだ…。

2. メモリーの取り付け

次はコルセアのDominator Platinumを2枚、マザーボードに取り付けます。

取り付ける前に説明書を確認して、差し込む場所をチェック。今回は2枚しか刺さないのでA2とB2の位置に取り付ければいい。

事前にメモリーのツメを外しておく。

ツメがカチッと言うまでしっかりと差し込みます。

2枚とも取付完了。

3. 大型の空冷CPUファンを取り付け

「Noctua NH-U12S TR4-SP3」を取り付ける。付属品にはCPUグリスなど、いろいろ入っていますが今回使うのは付属の六角レンチのみ。

英語の説明書。図解がしっかりしているので意味は十分に分かる。

ガッツリ取り付ける前に、とりあえず置いてみて干渉が無いのかチェック。メモリーは大丈夫そうだな。

直下のPCIeスロットも問題無さそうだ。このクーラーは最大6mm位置の調整ができるオフセット機能がついているのだが、特に干渉する部分はないので今回は出番は無さそう。

さて取り付ける。まずはヒートシンクから取り付けるので、CPUファンを外します。フックを引っ張れば簡単に取れる

ここで「Thermal Grizzly」のCPUグリスを用意。通称「クマグリス」です。付属のアプリケーションを使えば薄く塗布できて便利そうですが、それは使わずに説明書どおりのやり方を実行する。

画像のとおりにグリスを配置すれば「圧着」でキレイに塗布できるとのこと。ぼくは不器用だから、圧着の方が好きなんだよね。

こんな感じ。

ヒートシンクをネジ穴に合わせて設置し、付属のレンチで四隅のネジをしっかりと固定する。X399 Taichiにはバックプレートが取り付けられているので、ネジを締めるのに苦労はしないはず。

固定完了。ちょっとだけグリスがヒートスプレッダからはみ出しているが、こぼれてはいないので特に問題はない。しっかりと塗布できていることが分かりますね。

あとはCPUファンを元通りにすれば完成。CPUファンコネクタを接続するのも忘れずに。

4. 電源ユニットと接続し「動作検証」

ものすごくプレミアムな仕様でちょっと感動。プラグイン式は必要なケーブルだけを電源ユニットに取り付けられるので、配線がゴッチャリせずに済む。

どのケーブルが何のケーブルか迷わないように、ちゃんと印字もされている。

マザーボードにATX(24pin)コネクタと、CPU(8pin)コネクタを接続し、電源ユニットにコンセントを差し込みます。

X399 Taichiには「オンボード電源ボタン」が備え付けられているので、PCケース側のケーブル類を接続せずとも動作検証が可能。とても便利だ…。

ちゃんと動いてますね。ボタンをちょん押ししたら「プシュン」と電源が落ちたのでBIOSも問題なく動作している。検証は終了し、組み立てのつづきをしていく。

5. PCケースに電源ユニットを取り付け

「Abee smart J07R」は、天板側に電源ユニットを取り付ける仕様。

電源ユニットのファンを下向きにして設置するのを忘れないように。前回の「5万円で作る低予算ゲーミング自作PC」では、上下逆に取り付けるという凡ミスをやらかしましたから…。

付属のネジでしっかり固定。電源ユニットの取り付けはこれで完了だ。

6. マザーボードをPCケースに取り付ける

事前にスロットを取り外しておく(画像では2枚取っているが、今回使うGT 1030は1スロットしか使わないので実際には1枚取れば良い)。

マザーボードに付属するバックプレートをつけるのも忘れずに。

そしてPCケースに付属している「アジャスターボルト」をPCケースに取り付けるのも忘れないように。今回使うX399 Taichiというマザーボードは、割りと分厚いバックプレートがついています。

そのままの状態でPCケースに入れても隙間が出来るせいで上手くネジ止めができません。だからアジャスターボルトを取り付けて隙間を埋め、固定がうまくいくようにするんです。

画像の通り、10箇所にアジャスターボルトを取り付け完了。

これでマザーボードの固定がしっかりと出来た。

7. グラフィックボードをマザーボードに差し込む

グラフィックボードは基本的に、この横長い「PCI Express X16」という端子に差し込みます。取り付ける場所は、事前に右側のフックを解除しておくこと。

グラボを差し込み、左側のスロットをネジ止めして固定。これでグラボの取り付けは完了だ。

8. 冷却ボードへの組み込み & SSDの取り付け

チューインガムとほとんど変わらない「小ささ」にビックリ。M.2 SSDはこんなにも小さいのか…。さて、これを冷却ボードに組み込んでから、マザーボードに取り付けます。

「Aquacomputer kryoM.2」を開封。簡単な説明書、サーマルパッド2枚、ネジ、PCIe変換ボード、ヒートシンクが付属している。

サーマルパッドは2枚あって、それぞれ厚みが違うので注意。まずは1.8mmのサーマルパッドから使う。

PCIe変換ボードに1.8mmのサーマルパッドをペタッと貼り付けて…

960 EVO本体を差し込み、ネジ止めして固定します。

残った1mmのサーマルパッドをヒートシンクに貼り付ける。注意点として、画像のようにサーマルパッドを貼り付けること。反対につけると上手くSSDを挟めなくなってしまう。

あとはそのままヒートシンクを取り付けて、SSD本体をサーマルパッドのハンバーガー状態にします…これでしっかりと放熱が可能になった。

ヒートシンクを付属ネジで固定して完成。この完成したボードをマザーボードの「PCI Express x16」端子に差し込めば良い。

ここでまさかのトラブル。なぜかスロットが合わなくて、「PCI Express x16」に差し込めない…。仕方がないのでKryo M.2のスロットを外してPCIEに差し込んだ。

ネジが合わないので代わりに結束紐を穴に通して、スロット側とボードを固定。これで問題ないですね。

 Amazonレビューにも「合わないことがある」という記述が

まぁ、合わなくても今回のように意外となんとかなってしまうので、NVMe SSDを冷却したいならKryo M.2はかなりオススメ。

9. DVDドライブ、HDDを拡張ベイに格納

両側からネジ止めして格納。なお、この時点でHDDにSATAケーブルなどを接続するかどうかは個人の好みでかまわない。ぼくはSSDだけの状態でOSをインストールしてから、他のHDDを接続する派なんですよ。

以前、なぜかOSの一部が他のストレージにインストールされる現象があったので、それ以来OSのインストールはストレージを1つだけ接続してやってます

10. OSや各種ドライバをインストール

SSDだけを接続した状態でWindows 10をインストールしました。問題なく動作しているので、あとはHDDを接続し…

11. マザーボードとHDDを接続し、配線を行う

SATA用の電源ケーブルをHDDに取り付けて、マザーボードに付属しているSATAケーブルもHDDに接続すれば完了。あとはケーブルがCPUファンやグラボに干渉しないように配線するだけです。

12. 完成

無事、組み立てが終わりました。アルミで出来たワインレッドの筐体が本当にキレイです。

付属のシールも貼り付けた。個人的にはNoctuaのやや厚みのあるバッジ風シールが一番うれしかった。またNoctua製のCPUファンを買おうかな…と思わせてくれる。

Ryzen Threadripper マシンのパフォーマンス検証

組み立てが終わった。あとは実際にパソコンにいろいろとソフトウェアを入れて、ベンチマークソフトを回したりして「どれだけの性能を発揮できるか」を検証していきます。

CPUが16コア32スレッド仕様の「Ryzen Threadripper 1950X」なだけに、パフォーマンス検証は余計に興奮する…。

タスクマネージャーの様子

…。窓が32個もある。こんなCPUをインテルで入手しようと思ったら20~30万は吹っ飛びますが、Ryzen Threadripperなら999ドル(国内12万円前後)で済む。すごい時代になったな…。

Cinebench R15をやっているとこんな感じ。すべての窓(スレッド)が使用されていますね。

CPU-Z Benchmark

Ver1.80のCPU-Zにてベンチマークを実行してみた。するとシングルスレッド性能は「Ryzen 1800X」(8コア)より10%ほど高い「448.5点」で、マルチスレッド性能に至ってはほぼ2倍の「9061点」をマーク。

ちなみにCore i7 7700Kだと「2200~2400点」くらいなので、単純にスコアで比較するならRyzen 1950Xはその4倍もの処理性能を持っていることに。

 ただ、CPU-Zのマルチスレッドスコアは「かなり盛られ気味」なので、参考程度にしたほうが良いです。

Geekbench

シングルスレッド性能が「4429点」で、マルチスレッド性能は「25944点」という評価。「ガレリアXF」で計測したスコアは、シングルが「5296点」、マルチが「15699点」だった。

1コアあたりの処理性能はやっぱり負けてしまうが、CPU全体の処理性能は圧倒的ということだ。

Cinebench R15

定格でCinebench R15を回してみた。マルチスレッドスコアは「2945 cb」と圧巻の性能を示し、1000ドル以下のCPUとしては最強の性能に君臨しています。

あと、意外と驚きなのがシングルスコアの高さ。「Ryzen 7 1700」だと140 cb前後なので、上位5%の選別品がThreadripperに使われているという話は本当のようですね。

1コアあたりの性能が17~20%程度高いので、普通のRyzenよりもゲーミング向きであることを意味しているんですよ、これ…。

x264 HandBrake

「HandBrake」という無料のエンコードソフトを使って検証。

  • 元ファイル:1080p / HEVC / 1.03GB
  • エンコード後:480p / x264 / 0.06GB

x264でエンコードして、終了までの時間を測ったところ…。

85秒。秒間114.3fpsというぶっ飛んだ速度でエンコードしていました。「Core i7」「Ryzen 7」とは次元の違うCPUということです。ちなみにCore i7 7700Kだと秒間60fpsくらいが限度。

x265 HWBOT

x264のエンコードと同様に、x265のエンコードも概ね似たような結果に。Core i7 7700Kだと34.77fpsだったのが、Ryzen 1950Xでは60.89fpsと「60FPS超え」を達成。

このテストでは30FPSを突破すれば十分に速いといえるが、その2倍の60FPSオーバーは超高速と表現しても問題ないと思います。

7-Zip Benchmark

圧縮は40000MIPS超え。解凍に至っては約90000MIPSに迫るなど、16コアらしい処理性能を発揮。なお、i7 7700Kは圧縮が20000MIPS台、解凍も20000MIPS乗せだったため、1950Xの性能は圧倒的。

VeraCrypt Benchmark

アルゴリズム系のベンチマークもやっておく。特に注目されるのは一番下の「Serpent(Twofish(AES))」という項目です。Ryzen 1950Xは2.1GB/sを記録していますね。

これが「ガレリアXF」にて計測したベンチマーク。「Serpent(Twofish(AES))」は0.6GB/sを記録しているので、Ryzen 1950Xは約3倍以上の計算速度を実現したことになる。

Mozilla Kraken 1.1

うーん…Ryzen 7よりはマシになって1秒(1000ms)割れを実現できた。それでもi7 7700Kの885msには届いていないため、1コアあたり性能の低さが敗因でしょうね。まぁ…1000ms割れなら十分高速ですけど。

PCMark 8

Home

4340点をマーク。ガレリアXFと比較すると「Casual Gaming」と「Advanced Photo Edi….」という項目で派手にやられている。これ、グラボの処理性能もスコアに加算されているんですね。

ただし「Writing」でもかなり負けているので、1コアあたり性能の低さも敗因だろう。

全体で見ると上位25%のPCらしい。PCMark 8はかなり一般化されたベンチマークだから、CPU処理性能に極振りの構成では不利かなぁ。

Creative

なぜかエラーが出て計測できず。色々と手は施したがダメだったので無視。

Work

5109点をマーク。ギリギリ「ガレリアXF」に負けている。「Writing」「Libre Office Calc…」など、1コア性能が効きやすい項目で負けたのが敗因か。

Glary Utilities

i7 7700Kにも同じことが言えますが、Ryzen 1950Xもこういう処理はビックリするくらい速いですね。「シュンッ」という感じで終わってしまうのは中々快感。

一応ゲーミング性能を「PUBG」で確認

グラフィック設定は「アンチエイリアシング」「ポストプロセス」以外をすべて「非常に低」に設定した。計測されたフレームレートは以下のとおりだ。

体感でも分かるほど重たかった。平均フレームレートは26.5しか出ていない。VRAM使用量は上限の2GBに振り切り状態だったため、VRAM不足に起因するフレームレートの急落現象も確認できました。

GT 1030程度の処理性能ではボトルネックもまず発生しないため、これがGT 1030の実力ということ。

各ストレージの性能

Samsung 960 EVOTOSHIBA MD05ACA800Seagate ST4000DM004

今回購入した3つのストレージの基本的なスペックも乗せておきます。

PCI Expressで接続した「960 EVO」のシーケンシャルリードは驚異の3000MB/s超え。RAIDをまったく施していない状態でここまでスピードが出るなんて…サムスン恐ろし。個人で簡単に入手できるSSDとしては最強クラスだろう。

次の意外だったのが東芝の8TBモデル。安価な割に読み書きともに200MB/s超えで、10GBを超えるような巨大ファイルのコピーも苦にならないスピードです。ただし…動作音は定評通り、やや気になります。

懐かしい感じではある。「ウーンゴッゴッ…ウィーンゴッゴッ」という。まぁ安価モデルの割に読み書きは速いし、8TBも容量あるし、動作音は気にせずにしておきましょう。

最後はシーゲイト製の4TB HDD。こちらはごく標準的な性能。普通に使う分にはまったく気にならない十分な性能です。あとは耐久性の問題だが、5 → 2プラッタ化されているのでそう簡単に壊れない(と期待したい)。

Ryzen Threadripperをオーバークロックする

BIOS(電源を入れた後、F2またはDelete連打)に行って「OC Tweaker」というタブを開けば簡単にオーバークロック可能。

  • CPU Frequency and Voltage Change

この項目を「Auto」から「Manual」に変更すれば、クロック周波数の倍率設定とコア電圧設定が入力可能になる。とりあえず…

  • CPU Frequency(MHz):3800
  • CPU Voltage(V):1.25000

クロック周波数を3.80Ghzに固定し、コア電圧を1.250Vに設定した。

Cinebenchを回すと3183 cb(定格より+8.1%)に性能アップ。さて…

  • CPU Frequency(MHz):4000
  • CPU Voltage(V):1.32500

クロック周波数を4.00Ghzに固定し、コア電圧を1.325Vに設定して再度Cinebecnhを。

3333 cb(定格より+13.2%)をマークした。良い感じだ、安定して3000 cbを突破できるようになってしまった。

OC時のCPU温度

Cinebench R15中にHWiNFO64というソフトを使ってCPU温度をモニターした。「Noctua NH-U12S TR4-SP3」はよく冷えていて、接触面を長方形にしたことによる効果はかなり大きいことが伺えます。

高負荷時でも70度前後なら、4.00 Ghzでの常用は可能そう。Noctuaの140mm版が手に入っていればもっと冷やせただろうな…とちょっと後悔。

メモリーのオーバークロック

コルセアの「DOMINATOR PLATINUM」(DDR4-3000)はBIOSからXMP有効化で簡単にオーバークロック可能。選別品のNANDチップに、特許技術を投入した大型ヒートシンクの効果で、いとも簡単にメモリクロックは上がってしまった。

行った設定はBIOSの「OC Tweaker」より

  • XMP Profile:XMP 2.0 Profile 1
  • DRAM Frequency:DDR4-2933

これだけで簡単に2934Mhzで動作している。なお、Ryzenはメモリーとの相性がインテルCPUと比較して多い傾向にあり、メモリーによっては上手くオーバークロック出来ない場合や、認識しない不具合がある。

AMDが公表している「サポートメモリ一覧表

だからハズレを引きたくない人は、ぜひ「AMD公認のメモリー」を選ぶようにしよう。今回選んだDDR4-3000規格のDOMINATOR PLATINUMも、ちゃんとここに載っている。

Ryzen Threadripperで自作PCをやってみて【感想 / まとめ】

30万円で作るワークステーションとしては、中々「異質な性能」を誇るマシンが出来たと思ってます。ワークステーションといえば国内ではDELLの製品が有名なようですが、かなりボッタクリな傾向ですからね。

DELLの30万円台のワークステーションを見てみると「Xeon E5 2603v4」というプロセッサを2個積んでいることが分かる(デュアルソケットだと…)。

Passmarkによれば「Xeon E5 2603v4」は単体で5621点をマークしているため、2個使えば9500~11000点くらいのポテンシャルはある。対するRyzen 1950Xは22413点をマークしているため「圧勝」です。

ドスパラのワークステーションもCPUは「Xeon E5 1620v4」で、Passmarkは10042点。Cinebench R15は740~790cbという具合。税込み275000円くらいのマシンでその程度。国内の企業様はぼったくられ放題なのではないか…。

 なお50万円出しても「Xeon E5 2620v4 2基」のワークステーション。Cinebench R15は1900~2000cb程度なので、やっぱり今回作った30万ワークステーション最強だよ。

といわけで…今のところ30万円でこの性能を叩き出せるマトモな製品は無いみたいなので、満足度は全体的に高めです。自作ならではの「自由な冷却」も良いところ。特に「SSDの冷却ボード化」は自作ならではのやり方です。

で、性能面以外でも今回の自作ワークステーションは楽しかった。とにかく組み立てが面白くて、写真撮りまくってのんびりやってたら6時間くらい潰してしまった。普通にやれば2時間もかからない内容なのに。

Ryzen Threadripperの取り付け方法は「誰がやっても故障リスクが限りなくゼロ」という親切な設計思想がツボにハマるし、Noctuaのクーラー取り付けもネジ止めでがっしりしてて安心感が持てた。

プッシュピン式も嫌いではないが、やっぱりバックプレートへのネジ止めと比較すれば「固定している感」は劣っていますから。M.2 SSDの冷却ボード化も、ハプニングはあれど…やってて普通に面白かった。

今回使ったPCパーツの評価

パーツ構成 & 評価
CPURyzen Threadripper 1950X国内価格が割高であることを除けば、おおむね満足なCPU。999ドルで最強の処理性能と、上位5%選別品ならではのオーバークロックのしやすさ。CPU処理性能を重視するなら「最高の選択肢」の一つであることは間違いないです。
GPUNVIDIA GT 1030重量級の3Dゲームも動いていたし、価格を考えればなかなか高性能のGPUだ。しかし…なぜ、NVEnc非対応なんだろう。依頼者からは「GPGPUは一切使わない、CPUオンリーだ」と言われていたから、まぁこれにしたんだけどね。
メモリーDOMINATOR PLATINUM 8GB*2よく冷えているし、安定性も抜群。XMP有効化でちゃんとオーバークロック可能。不満が見当たらない。ただし、背は高いのでクーラーとの干渉は事前に調査が必要。
M/BAscrok X399 TaichiX399対応マザーボードで、もっともコストパフォーマンスに優れた逸品。これでもか、というくらい様々なインターフェイスと機能が詰め込まれている(あまり活用できていません)。あと、オンボードにしては音質が非常に良い。
SSDSamsung 960 EVO余裕でリード3000MB/s超、ライト1500MB/s超は「圧巻」の性能。850 EVO以来、サムスン好きだが、ますますそれに拍車をかける良い製品です。
SSDクーラーAquacomputer kryoM.2よーく冷えてます。普通に使っている分には30~39度で推移していたので、SSD本体の高寿命化にも期待ができます。(と言っても、SSDなんて簡単に壊れるモノじゃないけどさ)
HDDSeagate ST4000DM004久しぶりのシーゲイト製。自分が初めてHDDの故障に遭遇したのが、まさしくシーゲイト製だったが、2プラッタ化したし、評判も意外といいし。ということで採用。読み書き速度は不満もなく、動作音も東芝より静かで、これといった不具合は無い。「コスパ神品」の可能性を秘めている。
TOSHIBA MD05ACA8008TB HDDではもっとも安価。その割に読み書きは200MB/s超えのハイスピード。動作音が気になることを除けば概ね満足。
電源ユニットThermaltake TOUGHPOWER GRAND RGB 850W不満が見当たらない。プラグイン式があまりに便利ですし、10年保証の嬉しい。
CPUクーラーNoctua NH-U12S TR4-SP3Ryzen Threadripper専用ということだけあって、空冷としては非常によく冷える。巨大なヒートスプレッダを100%覆いかぶせる、大きな銅製接合部が非常に強力ということだ。
CPUグリスThermal Grizzly Kryonaut 1.5ml「MX-4」を超える冷却性能を持ちながら「MX-4」のように扱えるから好きになった。ヘラで塗るのが苦手だから「圧着」で行きたい、けれど冷却性も欲しい。という人には大変オススメ。
DVDドライブHLDS GH24NSD1ちゃんと動くし、特に不満はない。
PCケースsmart J07R SME-J07R-RE [レッド]非常にしっかりとした造りです。削りだしの高級感溢れる「アルミ筐体」がとにかくすごい。…あえて不満を挙げるなら、メンテナンス性の悪さですね。拡張ベイへの取り付けは「スライド式」ではなく「ネジ止め」なので面倒と言えば面倒。ただ、普通に使う分には気にならないから、やっぱり概ね満足だ…。
合計329875

全部、良いパーツでした。

Ryzen Threadripper 1950Xのおかげで、30万円という予算の中ではかなり高性能なワークステーションが出来た。以上「【自作PC】予算30万円、Ryzen Threadripperで作る超コスパのワークステーション」でした。

他にもある「自作PC」記事

たったの5万円でゲーミングPCを作ってみようという、一見すると無茶な案件。でも、意外と行けました。

「Ryzen 5」を使ったAMDマシンを自作しようという記事。9万円で作れたPCとしては、なかなか高性能で満足してます。

Sponsored Link

6 件のコメント

  • 検証お疲れ様です、やはり良い数値出ますね
    これならメモリ4ch64GB挿しても充分に元が取れそうです

  • Dellの値段に関しては、メーカー保障とサポート付き、メモリもECCでしょうし、
    こんなものなんじゃないですかね。
    マザーボードもサーバー用はまったく値段が違うので比較するのは乱暴なのでは。
    supermicroのページで値段確認したほうがいいですよ。
    OSもLinuxやWindows7など枯れてるOSばかりですし、用途が違うんでしょう。

    信頼性という個人や小企業が求める性能とはまったく別の種類の指標があることは
    覚えておいたほうが良いと思います。

    理解できないものが売られているというのははかる物差しが自分とは違ってる
    ということなのではないのでしょうか。

    • その通りですね、信頼性より高い物はないです
      あとエンジニア的にどのような環境が都合が良いかというのもありますし
      サーバー向けは全く別のカテゴリーであり他とは比べようがありません
      ワークステーション目線で言ってもXeonやQuadroが欲しいと言ったら
      それはもう明確な意思や用途があってのことですからね

      パーツ物は固定ファンが居たり一般向けとは全く指標が違ったりで
      私情を挟んだり未知の物に触れると難しい場合も多いかと思います
      それでもつい先日までPentiumGで充分i7美味しいの?と言ってた筆者が
      ゲーマー目線に上がり必死に書き進めていく姿は応援したくなります。

  • あれ?2012年以降、保護のかかってるDVD/BDのRipは違法だったような…
    偶然ファイル名が同じだけのホームビデオですよね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。