PUBGで勝てない…ドン勝をつかむためのヒント23個まとめ

うーん…最近だいぶPUBGに慣れてきて、だいぶ勘を掴めてきたのかな。とTPS初心者なりに思っているのですが、上手い人たちはどういう考え方や戦略を持っているのか少し気になったんですよね。

そこで海外で人気のPUBG攻略の動画を見て、ヒントを探ってみることに。この記事では翻訳した「PUBGで勝つためのヒント」を23個ほどまとめてみました。

Sponsored Link

PUBGで勝つためのヒント23個

参考にしたのは約6万人のチャンネル登録数を持つ「FOG of GAMING」さんが投稿している以下2つの動画。

動画を見てみると「いやぁ、単に銃(エイム)が上手いだけな気もするが…」と思ってしまうものの、せっかく色々と英語で勝つため生き残るためのヒントを話しているようなので「翻訳」を頑張ってみた。

 なお、動画が制作されたのは2017年4月頃。今の仕様とは若干違いもあるかもしれないので、その点は留意してください。

1. マップ中央は美味しいので狙うべき

マップの中央(学校あたり)は高い確率でアサルトライフルやスナイパーライフルといった、強力な武器を序盤から入手できる。もちろん、競合プレイヤーも多くなってしまうし、戦いは避けられないだろう。

しかしそれ以上の価値がここにはある。他の競合が武器やアタッチメントを集めてくれるからだ。自分で歩き回って装備品を集めるより、すでに装備を持っている敵から奪ったほうが速いし、リスクも低い。

もうひとつ大事なのは、競合もだいたい同じことを考えていること。彼らも他の敵を倒して装備品を得ようと考え、しばしば戦闘を引き起こす。見かけたら戦いが終わるまで待ち、静まったらアイテムを拾っている生き残りを倒せば良い。

 ただし、良い武器や装備を入手できる確率が高いのは「学校」だけではない。上記のマップで赤丸になっている場所も入手しやすいのでそちらも参考に。

2. 黒いコートは隠れるために役立つ

身を隠す上で黒いコートはとても役に立つ。この画像を見ての通り、敵は自分の目の前の茂みに敵がいるにも関わらずまったく気づいていない。

敵が隙を見せたところでアサルトライフルを接射すれば勝ててしまう。

3. 飛行機の軌道と、降下するタイミングは重要

飛行機の進み方(軌道)と、どこで降りるかのタイミング。多くのプレイヤーは早い段階で降りてしまうが、しっかり場所は選んだほうが良い。

テキトーに降下する場所を選んでいると、このようにちゃんと場所を選んでいるプレイヤーにあっさりとやられかねない。基本的にはマップ中央より少し左右にそれた位置が生存しやすい。

中央より少し左右の位置は、多くのプレイヤーを自分よりも後ろに位置づけられる可能性が高いから。敵の来る方向を予測しやすいので、あとは装備や自分の居場所(屋内、遮蔽物の有無)に合わせて迎え撃てば良い。

4. 降下している敵の位置や数をしっかり把握する

パラシュートで降下している時に、自分の周りにも同じ方向を目指す敵がいないか確認しておくこと。降りるであろう場所まで把握できていれば、どこを警戒し、何人を倒すことになるかが分かります。

5. 鎮痛剤やエナジードリンクはなるべく使っておく

敵を倒すことで、鎮痛剤やエナジードリンクは入手できるので「出し惜しみ」をせずに使っておいたほうが良い。それに使っておくことで戦いに生き残れる可能性が高いし、たとえやられても相手にアイテムを渡すことにはならない。

6. 序盤、敵と遭遇したら追いかけるべき

運悪く、武器のない序盤から他の敵を遭遇してしまったら、追いかけてみよう。

武器を発見したら立ち止まって無防備になるので、その間に殴って倒せば良い。

ほぼノーリスクでキルと武器が手に入る。

7. 零点距離は気にしなくて良い

アサルトライフルやスナイパーライフルには「零点距離」という機能が用意されているが、ほとんど機能していないため過度に気にする必要はない。気にするべきは、弾速と重量の影響だけだ。

 実際のところ、零点距離は無意味というわけではないので以下の記事も参考にしたい。

8. 横一直線に走る敵は、弾速と重力を考慮して撃つ

止まっている敵なら、照準どおりにピッタリと頭を狙って撃てばヘッドショットを狙えるが…

このように走っている敵の場合は、撃ってから着弾するまでに「弾の速度」の影響で時間差があり、さらには「重力」の影響でやや着弾位置が下にそれるため、それを考慮して撃たなければ当たらない。

少しそれました…動いている敵を遠距離からヘッドショットするのは難しいので、とりあえずは進行方向と頭上の少し上を意識して撃てばいい。少なくとも胴体や足には着弾するはずだ。

9. 車をエサに敵を狙うテクニック

特に生存者が30~50人くらいいる中盤によく見られます。空いている車を見かけたら、そこに向かって走る敵がいないかは警戒しておきたい。

もし見かけたら殺害してあげよう。車に乗って逃げてしまおうと考えるプレイヤーが多いので、乗る時の隙がチャンスになりやすい。

10. 他の戦闘は終わるまで待ち、生き残りを倒す

たまたま他のプレイヤーの戦闘を見かけたら、じっと様子を見ておく。

生き残りは周囲をかなり警戒してからアイテムを拾い始めるので、終わるまでじっと待つ。

アイテムをじっくりと拾い始めたら、立ち上がって撃ち始めよう。高いエイム技術が無くてもキルしやすい方法だ。

11. 他の車に追い抜かれたら、追いかけること

このように他の車に追い抜かれてしまったら、追いかけてみるのも戦略の一つ。

ブースト(Shift)なども使って追いかけ回すと、いずれは降りることがある。降りたらその瞬間がチャンス。

ひき逃げするだけ大丈夫。敵がもし自分の車の背後に隠れた場合も、気にせず車に突っ込めばいい。その時の衝撃で背後にいる敵が死んでしまう。

12. 敵のコーナー(横)を捉えると一方的に勝ちやすい

敵を見つけて撃つ時、可能であれば相手がこちらに対して「横姿」を見せている時が有利だ。

特に真横から撃たれると横を向いて敵を視界に捉える間に、かなりのダメージを受けてしまう。結果的に撃ち合いになっても、こちらが生き残る可能性のほうが高い。

13. 敵が背後に隠れて中々出てこない時は、わざと弾をハズす

サプレッサーを持っていれば成功しやすいテクニック。この画像のように、敵が木の裏に隠れてなかなか出てこない時は、あえて別の方向を撃ってみる。

すると、別の方向からも撃たれていると「錯覚」してしまい、木の裏から出てしまうのです。

これをやられた人はよく分かると思いますが、かなり混乱します。まるで全方位から撃たれているような…そしてキルされてしまうと…。

14. サプレッサーが無くても消音効果を得る方法

銃声を抑えるには「サプレッサー」を使うのがもっとも効果的だが、飛行機(C-130)が補給物資を届けにやってきた時はかなり音を抑えて攻撃できるチャンスになる。飛行機の音は、かなりうるさいですから。

15. 投擲物(手榴弾)は、投げる距離を調整可能

投擲物は左クリックで使用可能で、いったん左クリックを押すとピンを抜いた状態になる。あとは左クリックを話すだけで投げます。この時間は最大で4秒ほどで、5秒に達すると…

見ての通り。自分の手元で爆発してしまう。遠くに投げようと思って5秒以上もじっくりと手榴弾を握り続けるのは危険なので要注意だ。以前、4人プレイをした時に、1人がそれをやらかして一気に3人自爆してしまった。

16. ドアの状況で敵の位置はある程度「予測」できる

とある民家を見かけた時の一例です。左側にある2つの民家はすでにドアが空いていることが分かる。

しかし、少し進むとこちらの建物のドアは閉まったままなのがわかります。ここから推測できるのは、敵はこちらの建物に入って武器などを探している可能性が高いということ。

慎重に近づいて足音を聞き、敵がいることが分かったら待ち伏せておく。出てきたところキル…。

17. ドアの裏側に隠れて待ち伏せ

ドアは自分の進行方向に対して開くようになっています。これを利用して、このように開けておくことで、内側から敵が来た時に「死角」を意図的に作り出せる。

18. Altキーの「自由視点移動」(フリーク)は必須

このように狭い場所で匍匐をするような状況では、カメラを普通に回しても体が壁にぶつかったりして上手く見回せない。

Altを押しながらカメラを回せば、体を一切動かさずにカメラだけを動かせる。「フリーク」と呼ばれる方法で、体を動かさずに周辺(背後も可)を見回せるため、知っておくとかなり便利。

19. 「単発」と「フルオート」(バースト)の使い分け

Bを押すと、「単発」と「フルオート」に切り替えられる。単発は中長距離で敵を捉えられている時に使いやすい。

フルオートはこういった近接戦で重宝しやすい。VectorやUZIといったサブマシンガンは、近距離フルオートを行うことで一瞬で相手を沈黙させられる。

20. カメラの左右視点の切り替え

Eで右肩視点。Qで左肩視点に切り替えられる。注意を向けたい方向に合わせて、その都度左右視点を切り替えておきたい。

このように、壁に隠れて敵を確認したい時に、視点切り替えを行うことで有利に敵を視認できる。

これは撃つ時も同じです。

21. 乗り物の駐車位置に時間を掛けすぎない

乗り物は動いているだけで周囲125Mに音を撒き散らす。車を停めるのにこだわっていると…

このように襲われてやられてしまうかもしれない。さっさと止めた方が良いでしょう。

22. 車は積極的に「武器」として利用を

車は武器として意外と有用なので、ためらわずに使ってみたほうが良い。橋を渡っていると走っている敵を見つけました。直線状に捉えられたら…

Shiftでブーストを掛けて、一気に距離を詰めると良い。こんな感じにひいて倒すことができる。

自分に向かって突進してくる車に対して、敵は意外と驚いてしまうことが多い。しかも相手が匍匐状態であれば、ひき倒すのは容易です。

これは序盤の話ですが、相手は車を入手したにも関わらず銃を持っていない自分をひきに来ることはなかった。ひいて倒すべきなのに、理解に苦しみますね…。

23. 橋をわたるときは、その下を泳ぐのは有効

橋には「検問」と呼ばれる手法を使うプレイヤーがいる。橋を通ってくる敵を狙い撃ちにするのが目的で、検問されている場合は橋を渡りきるのが難しくなる。その場合は橋の下を泳いでいこう。時間は掛かるが、かなり安全に通れる。

まとめ & 感想

既に知っていたり、体感でなんとなくそうなんだろうな…と思っているヒントもあったが、全く知らない方法も多くて勉強になりました。解説と映像がかなりザックリとしていて、理解 + 日本語化には少し時間がかかりましたが。

特に使えそうだと思ったのは…

この7つのヒントでした。特に6、11、13、17のテクニックは実際に使われてキルされたことがあったので、ちゃんと自分も使える側になりたいな…って思いますよ。屋上に出て、ドアの裏にいた敵にショットガンでドアごとやられた時は悲しかった。

6番も初めてやられた時は「なんだなんだこいつ!?」と思ってて、銃を見つけてラッキーと思ったら撲殺されるという悲しい展開。いや、ほんと辛かった。

18番のフリークは屋上で芋る時だけでなく、サークルに向かって走る時も有効。まっすぐ走ったまま左右や後ろを確認できるので

  • 背後を追いかけているやつはいないか
  • いっしょにサークルに向かって並走しているやつはいないか

を簡単に知ることが出来るからAltはオススメ。

以上「PUBGで勝てない…ドン勝をつかむためのヒント23個まとめ」でした。

PUBG攻略な記事

Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。