【PUBG】意外と大事、パラシュート降下の基本的なこと

普通の生活をしているとパラシュートなんて使わないから、PUBGを初めてプレイして、いきなりパラシュート降下が始まった時は操作の方法すら分からなくて割と焦った記憶がある。ということで、PUBGにおけるパラシュートの基本的なことを書いてみます。

Sponsored Link

パラシュートで飛行できる距離

【PUBG】パラシュートで飛行できる距離(画像)

分かりやすいよう図を作ってみました。飛行機(C-130という名前)が飛んでいる方向が点線で、その飛行機を中心にだいたい1.5~2.1kmは飛行して行ける限界距離。PUBGはマップ上に黄色い枠線が引いてありますが、だいたい1マスあたり1kmです。

これから説明するパラシュートの飛び方を知っていれば1マス分を飛びこえるのは簡単だし、慣れてくると2マス(2km)移動することも可能。そして遠くに飛べると他の敵と遭遇しづらくなるため、生存率アップにもつながる。

  • パラシュートは意外と遠くまで飛べる(1.5~2.1km)
  • 黄色の枠線は1マスあたり1kmとおぼえておく
  • 飛行機の進行方向から横方向に遠くへ飛ぶと、敵との遭遇率が下がる

ということです。

パラシュートの降下のやり方まとめ

1. パラシュートで降りたい位置を決める

【PUBG】パラシュートで降りる位置を確認

PUBGが始まったら、マップを開いてざっくりで良いので飛行機の進行方向を確認します。そして進行方向に対して、横へ行くのか(生存率を狙うか)、縦へ行くのか(軌道上だから敵と遭遇しやすい)、あるいは激戦区(Pochinkiなど)へ行くのか。

今回は生存率重視ということで進行方向からやや横を狙うことにした。マップ上を右クリックすると黄色のピンが表示されると思う。飛行機と黄色のピンが「最短距離」になったかなー…と思ったらFで降下開始。

2. パラシュート降下

【PUBG】方角とミニマップを見ながら...

パラシュート降下が始まったらWを押しながら、上の「方角」と右下の「ミニマップ」を見ながら、さっき黄色のピンを刺したところへ向かっていく。

3. パラシュートの降下スピードを調整する方法

【PUBG】パラシュートを水平にすると飛距離が長い

前を向いて視点を水平にしながらWを押しておけば、時速120kmくらいでゆっくりと移動できる。この方法を使うと少なくとも1マス(1km)は簡単に移動できます。

【PUBG】パラシュートを真下に向けると猛スピード

逆に視点を地面に向けてWだと、猛スピードで地面に向かって急降下していく。この方法を使うと最高速度の時速234kmに達します。激戦区を狙っていたり、自分の周りにパラシュートがいた場合はこれを使って、いちはやく着地する。

 パラシュートの降下速度

水平に行くか、垂直に行くかで時速は2倍ほど違う。

4. パラシュートの飛行距離を長くする方法

【PUBG】滑空を挟んでパラシュートの飛距離を伸ばす

水泳のバタフライをイメージしてもらえば分かりやすいと思います。ずっとWを押しっぱなしにするのではなく、周期的にWを離して一瞬落下します。そしてまた前進に戻る。これを繰り返すと飛距離が伸びるんですよね。

【PUBG】滑空を挟んでパラシュートの飛距離を伸ばす

こんな感じ。途中途中に「滑空」をはさんで飛距離を伸ばすイメージ。スピードメーターをよくみると、滑空をした時に時速130~134kmくらいになっています。水平のまま速度が上がっているので、結果的に飛距離が伸びるということ。

5. パラシュートを開いている状態で「真下」に降りる方法

パラシュートを開くと速度が一気に遅くなる。そうしている間に、降りようと思っていた場所から離れてしまう時ってある…。こういう時は目的地の上空に来たら、グルグルと螺旋状に動けば大丈夫。

【PUBG】グルグルしながら目的地にパラシュートで向かう

多少はブレるが、だいぶ狙いやすくなった。

PUBGのパラシュートまとめ

  • パラシュート降下は「角度」でスピードが変わる
  • 長距離を飛びたいなら前を向いて前進
  • すぐに着地したいなら真下を向いて前進
  • 滑空を小刻みに入れると2マス(2km)ほど飛べる
  • パラシュート開いている状態で真下に行きたい時はグルグルとする

以上「【PUBG】意外と大事、パラシュート降下の基本的なこと」でした。

Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。