MSIの「X399」対応ゲーミング向けマザーボードの仕様を見る

Ryzen Threadripperを乗せられるマザーボードは、X399チップセットを搭載の製品に限られる。かなりデカイCPUを載せるマザボって、どんな「仕様」を備えているのか少し興味があったので調べたところ。MSIがゲーミング向けのX399マザーボードを発表していた。それを詳しく見てみようと思います。

Sponsored Link

MSI X399 Gaming Pro Carbon AC

ATXサイズです。大型のマザボでありながら、縦幅を半分近く食っているTR4ソケットの巨大さがすごい…。要するThreadripperはRyzen 7が2個入っているし、IO(インターフェイス類)もたくさん入っているために巨大化せざるを得なかったわけだが…それでもデカイ。

ぎっしり詰まったインターフェイス類。仕様を以下にまとめた。

MSI X399 Gaming Pro Carbon AC
サイズATX
CPUソケットSocket TR4
チップセットAMD X399
対応メモリーx8 DDR4-3600+ (OC)
メモリースロットx8
最大メモリー容量128GB
マルチGPUx4 SLI or CrossFire
PCIex4 Express 3.0 x16
x1 Express 3.0 x2
M.2スロットx3
SATAポートx8
イーサネット10 / 100 / 1000Mbps対応
Intel Dual Band Wireless
Bluetooth 4.2
オーディオ7.1ch High Definition Audio
USBポート前面
x1 USB3.1 Gen2 Type-C
x4 USB3.1 Gen1 Type-A
x4 USB2.0
背面
x1 USB3.1 Gen2 Type-C
x1 USB3.1 Gen2 Type-A
x8 USB3.1 Gen1 Type-A
x2 USB2.0
希望小売価格$380

MSIの希望小売価格は380ドルなので、日本ではやはり5万円前後はするだろう。仕様もさすが5万円といったところで、1万円前後のマザボとは次元が違う。メモリーはクアッドチャネル(4ch)対応。USBポートも脅威の21本。

Ryzen Threadripperはこれだけのインターフェイスを搭載しても、帯域幅が非常に大きいから割りと100%に性能を発揮できるのが強いところ。このマザボはPCIe 3.0 x16を4本搭載しているが、Threadripperは64本まで対応しているからフルに使えるというわけ。

あと、このマザーボードは4箇所光ります。SATAポート周辺、ヒートシンク、オーディオチップ部分のヒートシンク、インターフェイス部分(背面USBとか)の4箇所。MSI Mystic Lightユーティリティから光り方は変更可能。

個人的に便利そうだと思ったのはCPU温度に応じて色を変化させる仕様。ひと目で熱がヤバそうなのが分かるのは良いと思います。他には、G.SkillのTrident Z RGBと同期可能という機能も。他の光るパーツと同期可能ってことですね。

付属品でヒートシンクの色も変更可能。カーボン、ゴールド、シルバーの3色。

以上「MSIのX399対応ゲーミング向けマザーボードの仕様を見る」でした。公式サイト(→ MSI X399 GAMING PRO CARBON AC)。

AMDな記事

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。