Fallout4を60fpsで遊ぶための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

Fallout4は気づけば2015年11月発売という、2年くらい前の3Dゲーム。核戦争後の荒廃とした広大なオープンワールドを、自由に生き残っていくという展開。サバイバル要素は当然あるものの、クラフト機能や豊富なMODによってマイクラみたいな遊び方も可能。

だから2年経った今でもSteamのベストセラー常連で、長く遊ばれるゲームなんですね。この記事ではその人気ゲーム「Fallout4」の推奨スペックについてまとめてみたい。

Sponsored Link

Fallout4の公式スペック

公式最低動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64bit
Windows 8 64bit
Windows 10 64bit
CPUIntel Core i5 2300Intel Core i7 4790
AMD Phenom II X4 945AMD FX 9590
メモリ8GB
GPUNVIDIA GTX 550 Ti 2GBGTX 780 3GB
AMD Radeon HD 7870 2GBRadeon R9 290X
ストレージ容量30GB

少なくとも「Core i5 2300」が必要で、推奨されているのは「Core i7 4790」。それに対してAMD系で推奨されているCPUが「FX-9590」…公式推奨スペックはだいたいこんな感じだが、ちょっと正確性に欠けますね。

ゲーム向けのCPUはコア数が多ければいいというわけではないし(FX-9590は8コアのCPU)、使うグラフィックボードによって本当に最適なCPUは変わってきてしまう。

そして推奨されているグラボは「GTX 780 3GB」というものの…実は怪しい。Fallout4は2.5~3.8GB程度のVRAMを消費するため、3GBしか搭載されていないGTX 780ではそもそも足りてない…。

というわけで、2015年に発表されてから一度も更新されていない公式スペックはアテにならないため、最新のデータに基づいてFallout4の推奨スペックを確認していく。

Fallout4のグラフィックボード別fps

こちらの記事に大量にデータをまとめてありますが、ちょっと多くて「ややこしい」部分があるので分かりやすく抜粋します。

Fallout4 – テスト環境
CPUCore i7 5930K @4.50Ghz
GPU10種類
メモリG.Skill Ripjaws DDR4-2666 4GB * 4枚
マザーボードGigabyte GA-X99-UD4
SSDSamsung 960 Pro 512GB (NVMe)
Samsung 850 EVO 2TB (SATA)
電源ユニットEVGA 1300W 80+ GOLD
OSWindows 10 Pro 64bit

フレームレートの計測が行われた環境はこの通り。必要十分なハイスペック環境で行われている。

フルHD画質(中間設定)の推奨グラフィックボード

約30分、実際にぼくが計測したフレームレートのチャート

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)/ 中間設定

  • GTX 1080 Ti
    215.9
  • 149.0
  • GTX 1080
    200.9
  • 140.2
  • GTX 1070
    173.5
  • 127.5
  • GTX 1060 6GB
    126.1
  • 101.1
  • GTX 1060 3GB
    118.6
  • 88.0
  • GTX 1050 Ti
    75.0
  • 59.0

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

2017年時点、ゲーミングで主流になっている「GeForce 10」シリーズを使った場合の平均フレームレートと最低フレームレートをまとめたグラフです。グレードが上がるごとにフレームレートも1段階ずつ変化している。

このデータを見る限り、Fallout4をフルHD画質(中間設定)で遊ぶのであれば、GTX 1050 Tiがあれば十分という結論になりますね。GTX 1050 Tiはボトルネックも少ないため、CPUがCore i3などでも十分に動く。

GTX 1050 Tiを使う場合、CPUは「Pentium G4560」または「Core i3 7100」でも快適に動作可能だ。すでにCore i5やi7搭載のPCを使っている人は、グラボを追加するだけで解決するだろう。

フルHD画質(ウルトラ設定)の推奨グラフィックボード

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    153.0
  • 111.8
  • GTX 1080
    137.3
  • 100.6
  • GTX 1070
    118.1
  • 83.0
  • GTX 1060 6GB
    84.5
  • 64.0
  • GTX 1060 3GB
    78.1
  • 58.0
  • GTX 1050 Ti
    49.9
  • 36.0

ウルトラ設定にすると途端に重たくなって、さっきまで平均75fpsで動いていたGTX 1050 Tiが脱落…。代わりにGTX 1060がいい感じのグラボになってきました。

さて、GTX 1060には3GB版と6GB版の2種類あって、データを見れば分かるが意外と「性能差」がありますよね。そして性能差だけでなく、3GB版はVRAMが不足した時に不安定になりやすいというリスクも抱えている。

VRAM由来のフレームレート急落現象は要注意。

  • 6GB版より性能が5~10%低い
  • VRAM容量に起因するフレームレートの急落リスクあり

GTX 1060は3GBと6GBのどちらがいい?6GB版です。」より

よってフルHD(ウルトラ設定)の推奨グラフィックボードは「GTX 1060 6GB」で確定だ。

WQHD画質(ウルトラ設定)の推奨グラフィックボード

Fallout 4 – WQHD(2560×1440)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    125.3
  • 79.2
  • GTX 1080
    95.2
  • 64.0
  • GTX 1070
    78.7
  • 53.0
  • GTX 1060 6GB
    56.3
  • 40.3
  • GTX 1060 3GB
    51.9
  • 37.3
  • GTX 1050 Ti
    33.6
  • 22.0

処理量が1.77倍へ増加する「WQHD」画質では、GTX 1060ですら平均60fpsを維持することは難しくなってくる。平均ベースで維持しているのが「GTX 1070」。最低ベースだと「GTX 1080」だ。

個人的には平均60fpsを大きく超えていれば十分、体感上は快適なので無理してGTX 1080を選ぶ理由はあまりない。Fallout4のWQHD画質は「GTX 1070」でほぼ確定だ。

4K画質(ウルトラ設定)の推奨グラフィックボード

Fallout 4 – 4K(3840×2160)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    65.8
  • 54.0
  • GTX 1080
    49.0
  • 36.5
  • GTX 1070
    40.7
  • 33.3
  • GTX 1060 6GB
    28.7
  • 22.0
  • GTX 1060 3GB
    26.4
  • 19.5

4K画質はフルHDと比較して4倍ほど重たい。そのため、生半可なグラフィックボードで平均60fpsを維持するのは極めて困難といえます。実際、データもそのようになっており、ほぼすべてのグラボが壊滅している。

シングルボードで唯一、平均60fpsを維持したのが「GTX 1080 Ti」。他のグラボはまったくダメなので、Fallout4を4K画質で遊ぶなら「GTX 1080 Ti」しか選択肢がないということに…。

もちろん、それ以下のグラボでも2枚刺し(SLIやCrossfire)することでGTX 1080 Tiに並ぶ性能を出すことは可能だが、コスパがあまり優秀とは言えないためオススメしない。

※ それに2枚刺しに対応しているゲームは意外と多くない。

 VRAM容量について

基本的に平均fpsが60以上出るグラボを使っていれば問題ないけれど、一応。Fallout4はそれなりにVRAMを消費します。フルHD画質の場合、2.5~3.8GB程度は使うので、VRAMは最低で4GB以上が推奨です。

Fallout4はメモリークロックの影響が大きい

メモリーの容量は「16GB」もあれば間違いないのですが、実はFallout4はメモリークロックの影響が大きいゲームだったりします…。

Fallout4 / GTX 980 Ti / メモリークロック別フレームレート

  • FX-8350 + DDR3-2400
    67fps
  • FX-8350 + DDR3-1333
    59fps
  • i7-4770K + DDR3-2400
    106fps
  • i7-4770K + DDR3-1333
    72fps
  • i3-4360 + DDR3-2400
    80fps
  • i3-4360 + DDR3-1333
    64fps

メモリークロックが1333Mhzの場合と、2400Mhzの場合で平均フレームレートが10~30%も変化してしまう。このため、Fallout4は「DDR4-2400」規格のメモリーも推奨スペックと言い切れる。低速なメモリーを使うと、PCの持つ本来のパワーを発揮できない可能性が高いということです。

なお、詳細が気になる場合は以下の記事もついでに。

Fallout4のCPU別フレームレート

約30分ほど計測した、CPUの使用率チャート

Fallout4にかぎらず、ゲーミング中はCPUを意外と使います。理由は簡単で、グラフィックボードがこなす処理をCPUも処理しているから。ここで考えるべきことは、その処理にCPUが追いつけなくなった時。

「ボトルネック」と呼ばれる現象が起こること。ボトルネックとは、本来100fps出るグラボを使っているのに、実際には60fpsしか出せなくなってしまった…という現象です。

というわけで、Fallout4の推奨CPUを探り当てよう。そこそこハイスペックなグラボを使ってCPU別のフレームレートを計測したデータが以下だ。

CPU別フレームレート(GTX 980 Ti)

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)ウルトラ設定/ GTX 980 Ti

  • Core i7 6700K
    113
  • 91
  • Core i7 4770K
    106
  • 85
  • Core i7 5960X
    105
  • 84
  • Core i5 3470
    98
  • 80
  • Core i5 4690K
    98
  • 77
  • Core i5 2500K
    93
  • 74
  • Core i3 6100
    88
  • 69
  • Core i3 4360
    80
  • 65
  • FX-9590
    79
  • 63
  • Pentium G3258
    56
  • 24
  • Celeron G1820
    47
  • 20

ボトルネックをデータで確認、Fallout 4の推奨CPU」という記事から一部持ってきました。さて、さっそくだが公式推奨CPUだった「FX-9590」を見てください。

「Core i3」にすら負ける残念性能を見せつけていますね。8コアあっても1コアあたりの性能が低いために、ボトルネックが発生してしまったんですよ。

Fallout 4を含め、ほとんどの3Dゲームは同時に4コアまでの処理にしか対応していないので、単にコア数が多いだけのCPUでは不十分です。「Core i5」や「Core i7」のように、4コアしかなくてもシングル性能が高いCPUの方が良い

なお、コア数が多ければ良いわけではない、という話については以下の記事でも詳しく解説しているので、気になった人はついでに読むのをオススメします。

Fallout4におすすめなゲーミングPC

ここまで長々と各種データを見ながら、Fallout 4の正確な推奨スペックを割り出しました。以下の表にまとめてみた。

プレイ可能な画質推奨グラボ推奨CPUコスパ重視CPU
フルHD(1920×1080)中間GTX 1050 TiCore i3 7100Pentium G4560
ウルトラGTX 1060 6GBCore i5 7600KCore i5 7500
WQHD(2560×1440)GTX 1070Core i7 7700Core i5 7600K
4K(3840×2160)GTX 1080 TiCore i7 7700K

無難な組み合わせになってしまったが、現実にデータはそうなってしまったのだから仕方がない。この推奨スペックに合わせて、いくつか推奨ゲーミングマシンをまとめておきますね。

1. Fallout4をコスパ重視でプレイする

Magnate IH
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i3 7100
3.90 Ghz
2コア / 4スレッド
メモリDDR4-2400 8GB(4GB *2)
グラフィックGeForce GTX 1050 Ti 4GB
マザーボードIntel H270搭載 MicroATXマザーボード
SSDなし(カスタマイズ推奨)
HDD500GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x4
USB 2.0(背面)x2
出力DVI-D x1
HDMI x1
DisplayPort x1
電源ユニット550W 静音電源
キーボード付属
マウス付属
サイズ190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
重量約7.8kg
保証1年間 持ち込み修理保証

フルHD画質(中間設定)で動けばいいので、とにかく低予算でFallout 4をプレイしたい人には「Magnate IH」がオススメ

ゲーミングモデルではないし、知名度も低いがドスパラはこういうマシンも売っているんだな…というポジションのPCです。中間設定で遊ぶ分には十分な性能を持っているので、予算重視ならこれで十分だ。

 カスタマイズからSSDを

初期設定では「SSD未搭載」なので、少なくとも「120GB SSD」を搭載することをオススメする。HDDにWindowsを入れると動作がもっさりしてしまうので、必ずSSDは必要だ。

2. ウルトラ設定のフルHD画質でFallout 4をプレイする

GALLERIA DT
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i5 7500
3.40 Ghz ~ 3.80 Ghz
4コア / 4スレッド
メモリDDR4-2400 8GB(4GB*2)
グラフィックGeForce GTX 1060 6GB
マザーボードIntel B250搭載 MicroATXマザーボード
SSD250GB無料プレゼント
HDD1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x3
USB 2.0(背面)x2
出力DVI-D x1
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット500W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mm
重量約8.2kg
保証1年間 持ち込み修理保証

フルHD画質、ウルトラ設定。そして各種MODも導入して遊ぶつもりなら「GTX 1060 6GB」が搭載されているガレリアDTがコスパ良好でいい。CPUが「Core i5 7500」なので安価になっています。

ボトルネックの心配もGTX 1060程度なら問題ない。ただ、あえて難点を言えばメモリーが8GBしかないこと。余裕を持ってカスタマイズから16GBに増設しておきたいところではある。

3. WQHD画質でFallout 4を快適に

GALLERIA XF
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700
3.60 Ghz ~ 4.20 Ghz
4コア / 8スレッド
メモリDDR4-2400 8GB(4GB*2)
グラフィックGeForce GTX1070 8GB Super JetStream
マザーボードIntel H270搭載 ATXマザーボード
SSD500GB無料アップグレード
HDD2TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x4
USB 2.0(背面)x2
出力DVI-D x1
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット500W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量約13.9kg
保証1年間 持ち込み修理保証

WQHD(2560×1440)でFallout 4をプレイするなら「GTX 1070」搭載のガレリアXFを。CPUには「Core i7 7700」(キャンペーンでK付きになる時も)が使われているので、ボトルネックの心配は無用。

i7を使ったことにより、高いマルチタスク性能と圧倒的なレスポンスも実現しているため、やや価格は高いものの買った時の満足度は相当に高い。ハズレないゲーミングモデルと言える。

なお「ガレリアXF」は実際に使ってレビューもしているため、詳細が気になる人は以下の記事からどうぞ。

4. Fallout 4を「4K画質」でプレイする

GALLERIA ZZ
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700K
4.20 Ghz ~ 4.50 Ghz
4コア / 8スレッド
メモリDDR4-2400 16GB(8GB*2)
グラフィックGeForce GTX 1080 Ti Founders Edition 11GB
マザーボードIntel Z270搭載 ATXマザーボード
SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x4
USB 2.0(背面)x2
出力
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット700W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量約13.9kg
保証1年間 持ち込み修理保証

先代ガレリアXZから、大幅にスペックがアップグレードされた「ガレリアZZ」。Fallout 4を4K画質で平均64fpsで動かせる「GTX 1080 Ti」が入っているため、4KでプレイするつもりならガレリアZZ一択です。

4Kディスプレイだけでなく、WQHD画質のゲーミングモニターでプレイする場合も最適な存在だ。WQHD画質の場合、平均125.3fpsを叩き出せるので高リフレッシュレートのモニターも問題ないというわけ。

  • WQHD画質のゲーミングモニター(144Hz~240Hz)を使う
  • 4K画質のディスプレイでプレイする

どちらかに当てはまるなら「ガレリアZZ」を。

以上、「Fallout4を60fpsで遊ぶための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC」について書きました。Fallout4のゲーミングPC探しの参考になれば幸いです。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 以前Palit製のグラボで右側のファンだけコイル鳴きしたり
    熱でファンのシールが剥げたりありましたけど今は大丈夫そうです

    ちなみに良い時期に米AmazonでEVGAのグラボを買うと(個人輸入)
    諸々上乗せ無しでお得な時があります。

    • 米泥のアカウントは持っているので、欲しいグラボが出たら挑戦してみようかな、と思ってます。(なかなか欲しいグラボが出てこないんですよね…)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。