画質別に「Fallout 4」のおすすめグラフィックボードをまとめ

Fallout4は今もSteamで売れ続けていて、すでに1000万本以上を売り上げてしまったベストセラータイトル。だからFallout4の推奨グラフィックボードを探している人は意外と多いと思っています。

というわけで、Fallout4が発売されてから2年以上も経過しているので最新のデータにもとづいて「推奨グラフィックボード」をまとめてみたい。

Sponsored Link

Fallout4のグラフィックボード別フレームレート

「GTX 1060を使えば、フルHD画質は問題ない~。」という印象論(これは事実ではあるが)にもとづいてグラフィックボードを選ぶのは、あまり良くない。

ベンチマークスコアを見る方法もいいけれど、Fallout4には専用のベンチマークソフトが用意されていない。だから実際にプレイし、どれくらいのフレームレートで動いたかを記録したデータを見るのが一番正確です。

Fallout4 – テスト環境
CPUCore i7 5930K @4.50Ghz
GPU10種類
メモリG.Skill Ripjaws DDR4-2666 4GB * 4枚
マザーボードGigabyte GA-X99-UD4
SSDSamsung 960 Pro 512GB (NVMe)
Samsung 850 EVO 2TB (SATA)
電源ユニットEVGA 1300W 80+ GOLD
OSWindows 10 Pro 64bit

CPUは6コア搭載のCore i7を使い、更に4.50Ghzにオーバークロックすることで高いシングルスレッド性能を確保している。今の3Dゲームは1コアあたりの性能が不足すると「ボトルネック」が発生する。

だからCore i7をキンキンに回し、メモリーには2667Mhzで動作するそこそこ高速なモデルを使って、ボトルネックが発生する確率を大幅に引き下げています。ボトルネックが出る環境ではデータが歪みやすいですから…。

グラフィック設定について

Fallout4 – グラフィック設定
中間
ウルトラ
 画像をクリックすると拡大します。

Fallout4起動時に、グラフィック設定ができる。60以上のフレームレートを記録するため「垂直同期」は切っています。検証したのは「中間」と「ウルトラ」プリセットの2種。詳細は画像を見てください。

では、以下に画質別(フルHDやWQHD) & グラフィックボード別(GTX 1060やRX 580)の平均フレームレートと最低フレームレート(全体の1%)をまとめていきます。

フルHD画質(中間設定)でのフレームレート

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)/ 中間設定

  • GTX 1080 Ti
    215.9
  • 149.0
  • GTX 1080
    200.9
  • 140.2
  • RX Vega 64
    172.1
  • 115.8
  • GTX 1070
    173.5
  • 127.5
  • RX Vega 56
    165.8
  • 113.2
  • R9 Fury X
    151.0
  • 114.8
  • GTX 1060 6GB
    126.1
  • 101.1
  • RX 580 8GB
    127.8
  • 86.7
  • GTX 1060 3GB
    118.6
  • 88.0
  • RX 570 4GB
    113.3
  • 78.5

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

Fallout4の公式サイトに書いてある推奨スペックは、それなりに重たい感じなんですけど。こうして見ると意外と余裕ですね。発売された2015年から時間も経過し、グラフィックボードの性能も進歩したから当然といえば当然か。

フルHD画質の中間設定で遊びたい、という人はあまりいないかもしれないが、とりあえず「GTX 1060 3GB」を使えば間違いなさそうだ。個人的には6GB版をオススメしますけど。

フルHD画質(ウルトラ設定)でのフレームレート

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    153.0
  • 111.8
  • GTX 1080
    137.3
  • 100.6
  • RX Vega 64
    115.1
  • 83.5
  • GTX 1070
    118.1
  • 83.0
  • RX Vega 56
    112.6
  • 80.6
  • R9 Fury X
    96.3
  • 73.0
  • GTX 1060 6GB
    84.5
  • 64.0
  • RX 580 8GB
    83.8
  • 59.6
  • GTX 1060 3GB
    78.1
  • 58.0
  • RX 570 4GB
    74.3
  • 53.5

次はプリセットを「ウルトラ」に引き上げて検証。全体的にフレームレートが30%くらい落ち込みました。AMDの新設計GPU「Vega」もかなり苦戦しており、だいぶ重たいゲームという感じになってきた。

それでもミドルクラスGPUの「RX 570」ですら平均74.3fpsを叩き出しており、フルHD覇者の「GTX 1060 6GB」は平均84.5fpsな上に、最低64.0fpsを出している。60fpsを守りたいなら「GTX 1060 6GB」で確定。

もう少しコスパよく行きたいなら「RX 570」が選択肢だが、国内価格があまり安くないので結局のところGTX 1060を買ったほうが「お得」という状況です…。

WQHD画質(ウルトラ設定)でのフレームレート

Fallout 4 – WQHD(2560×1440)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    125.3
  • 79.2
  • GTX 1080
    95.2
  • 64.0
  • RX Vega 64
    85.3
  • 58.0
  • GTX 1070
    78.7
  • 53.0
  • RX Vega 56
    78.2
  • 51.2
  • R9 Fury X
    69.8
  • 50.6
  • GTX 1060 6GB
    56.3
  • 40.3
  • RX 580 8GB
    56.5
  • 39.4
  • GTX 1060 3GB
    51.9
  • 37.3
  • RX 570 4GB
    50.3
  • 35.5

フルHDは「GTX 1060」で決着がついた。次はその1.77倍重たい「WQHD」画質を確認していく。

平均60fpsを出したいだけなら「R9 Fury X」を使えば良いんだが、約10万円という決して安くはないグラボなのでオススメはしません。「Vega」系も消費電力とスペックの割にフレームレートが伸び悩んでいる印象がある。

結局、消去法で「GTX 1070」あたりが最適な選択肢になりますね。WQHD画質を制覇したもっともコスパの良いグラフィックボードだから、WQHD画質でFallout4をするなら「GTX 1070」でほぼ決まりかと。

4K画質(ウルトラ設定)でのフレームレート

Fallout 4 – 4K(3840×2160)/ ウルトラ設定

  • GTX 1080 Ti
    65.8
  • 54.0
  • GTX 1080
    49.0
  • 36.5
  • RX Vega 64
    44.8
  • 36.2
  • GTX 1070
    40.7
  • 33.3
  • RX Vega 56
    42.1
  • 35.8
  • R9 Fury X
    39.3
  • 34.0
  • GTX 1060 6GB
    28.7
  • 22.0
  • RX 580 8GB
    29.0
  • 23.0
  • GTX 1060 3GB
    26.4
  • 19.5
  • RX 570 4GB
    26.0
  • 21.3

最後は4K画質。フルHDの4倍重たい高解像度なので、ほとんどのグラフィックボードが壊滅状態。唯一、平均60fpsを達成できたのが「GTX 1080 Ti」のみ。最低fpsも54.0と悪くない数値を出しています。

それ以外のグラボは平均で50を超えることはないし、最低フレームレートもGTX 1060以下は30fpsすら守れていない。4K画質でFallout4をプレイするつもりなら「GTX 1080 Ti」で確定かと。

Fallout4にオススメなグラフィックボードまとめ

解像度グラ設定推奨GPU平均fps最低fps
フルHD(1920×1080)中間GTX 1050 Ti7559
ウルトラGTX 1060 6GB8564
WQHD(2560×1440)GTX 10707953
4K(3840×2160)GTX 1080 Ti6654

フルHD(中間)の推奨グラフィックボードは「RX 570」の代わりに、もっと安価に入手可能な「GTX 1050 Ti」を選んでおいた。1.5万円のライトゲーマー向けGPUだが、意外と動くんですよね。

あとは見てきたとおりの結論だ。グラフィックボードが決まったら次は「CPU」を考えなければならない。最初にも書いたとおり「ボトルネック」の問題がありますので。

以上「画質別に「Fallout 4」のおすすめグラフィックボードをまとめ」でした。なお、CPU・メモリー・グラボ、全部まとめて読みたい人は以下の記事を。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。